5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

前スレ:☆歌詞を好きなだけ書き込むスレ☆その…

1 :名無しさんの初恋:2006/11/17(金) 16:16:13 ID:SMtIVy/w
前スレ:☆歌詞を好きなだけ書き込むスレ☆その…
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/pure/1159974253/

ラッシュに飛び込んでく Monday 気に入らないスーツで Tuesday Wednesday
コピーにつまづいてる Thursday 切り抜けただけの Friday ずっと

待ち続けても 幸福のメール 届くはずもない

Your Sunny day Carry the day 口ずさんで
何だかほら 軽くなるよ
探して 夢見て 答え出して 時々 um でも大丈夫
選んだのは 私だもの

会えないまま 過ぎてく Weekday 空白になったまんまの Saturday
突然 彼氏のTEL Sunday 口ゲンカ だらけ BADな Holiday

泣き虫だけれど 涙でこの街 透き通ってみえる

Your Sunny day Have a nice day 溢れ出して
夢の途中 歩いてみて
負けないで 泣かないで 頼らないで 理想を今 イメージして
いつかは ほら 強くなれる

負けないで 泣かないで 頼らないで 誰のせいでもない It's your life
探して 夢見て 答え出して 選んだのは私だもの

Your Sunny day Carry the day 口ずさんで
何だかほら 軽くなるよ
探して 夢見て 答え出して 時々 um でも大丈夫
選んだのは 私だもの

2 :マスター ◆kc./yINhGA :2006/11/17(金) 16:17:06 ID:nN843ycV
新しいタイプのスレタイだな。

3 :名無しさんの初恋:2006/11/17(金) 20:00:29 ID:BfBEmiLh
>>1
乙!!!!
たしかに新しいタイプのスレタイだねぇ


悲しい話は消えないけれど もっと輝く明日

4 :1:2006/11/17(金) 23:43:47 ID:SMtIVy/w
単純にスレタイつけるときにいらないとこまで貼り付けちゃったんです。。
曲は一番好きなのを載せたんですが、できればこのままdat落ちを・・。

5 :名無しさんの初恋:2006/11/18(土) 05:32:13 ID:d4B/L0ZI
いやいや これでいいさ

6 :名無しさんの初恋:2006/11/18(土) 09:38:46 ID:IFH5KOHZ
>>5
そうですか。そう言ってくれると助かります。
前スレの続きとして使って頂くのもいいのでしょうかね。
それとも重複になってしまいますが、立て直した方がいいのでしょうか。

7 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 00:19:42 ID:zPXL7uyD
これでいい★

8 :sakura ◆SAKURA/P3g :2006/11/19(日) 03:58:56 ID:SKGTgk/o
君から目を離せない 瞳の奥 閉じ込めたい
僕は君ほど 誰かを愛せない
今 愛しさ溢れて 消せないから

古びた写真の中 いつも君は微笑みかけている
失くした時間の部屋で まぶしすぎる思い出さまよう
ひび割れた夢 渇いた記憶
今 静かに 想い抱きしめた

君から目を離せない 瞳の奥 閉じ込めたい
僕は君ほど 誰かを愛せない
今 愛しさ溢れて 消せないから

9 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 06:35:03 ID:1D10hFLv
いつかまたどこかで出会ったとしたならば
笑顔で話せるように
いい恋をしてまたいつか
新しい私を見てほしい

10 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 06:37:06 ID:iHZYAqZs
急げ悲しみ 翼になれと 急げ傷跡 羅針盤になれ

                 中島みゆき「銀の龍の背に乗って」

11 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 10:34:27 ID:LptxM50U
そんな哀しいことを
口にしないで
一人でなんて生きれないよ強くもないし
ただあなたが好きなだけよ

12 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 19:29:26 ID:InXvvY47
>>7
ありがとうございます。
前スレ:ってのは目についてしまいますが、
それでもよければ使ってあげてください。

13 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 19:38:48 ID:InXvvY47
昔よく見たあの飛行船を
昨日と今日の帰り道で見た
深紫の淡い思い出が
次から次へと溢れ出してきたんだ

どこまでも徒然なるままにあれ

可能な限り無限に広がる
この窓から見える景色は素敵で
天気予報じゃしばらく雨でも
燃えたぎるコショーでネクストステージへGO!

どこまでも徒然なるままにあれ

Let's go crazy get tomorrow
Tell me Tell me release yourself
Let's go crazy get your soul
Scream and shout again and again

14 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 19:42:56 ID:InXvvY47
錆びて使えないこの安仕掛けや
見せかけの自由はもういらないんだ
直流交流転がる石とか
黒い安息日にくちづけをかわそう

毎日がチャンスなんだ逃すなよ

Let's go crazy get tomorrow
Tell me Tell me release yourself
Let's go crazy get your soul
Scream and shout again and again
 
虚像 矛盾 社会 圧力 負けやしない
理想 現実 いつだって その答えは
Through the radio

Let's go crazy get tomorrow
Tell me Tell me release yourself
Let's go crazy get your soul
Scream and shout again and again

Let's go crazy get tomorrow
Tell me Tell me release yourself
Let's go crazy get your soul
Got to get to Rock'n Roll 

15 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:11:54 ID:JNIfbsk0
遠くに光るあの星二人見上げて
君に出会った運命を思う
何気ないふりで手の平触れてみるけど
君は優しく微笑むだけで

気持ちが強くなると不安の数も増えてゆくから
一度抱きしめた心はどんな時も離さないで

広い宇宙に一人だけの
君が側にいてくれるなら
壊れた時の針もやがて
ゆっくり動き出す未来へ
君はそのままでいて

流れる星に願いをそっとつぶやく
君と一緒にいられますように
この時間だけをガラスの箱に閉じ込めて
ずっと眺めていれたらいいのに

優しい君の笑顔不安で曇らせたくないから
泣き出したくなる時にはこの夜空を思い出すよ

広い宇宙にたった二人の
幸せの場所を見つけたね
ここにあるのは月と星と
二人を包む夜の風と君への思いだけ

遠い国から辿り着いた
君はあの光る星 絶えまなくそう瞬くよに
未来も君も抱きしめると この夜空に誓う

16 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:13:55 ID:JNIfbsk0
ありがとう言わないよ 
ずっとしまっておく
さよならは翳(かげ)りない
夢のあと静かに降り立つ

両手には降り注ぐかけらを
いつまでもいつまでも抱いて
最後まで笑ってる強さを
もう知っていた

おはよう 
目覚めは眩しくて悲しい
さよなら 許せない
僕たちの弱さがよかった

ふたりにはありふれた優しさ 
花のように恋のように移ろう
低い雲 風を待つ静けさ 
もう聞こえない

両手には降り注ぐかけらを
いつまでもいつまでも抱いて
最後まで笑ってる強さをもう知っていた

もう泣かない もう泣かない もう泣かない 泣かない

17 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:19:10 ID:JNIfbsk0
まっすぐな瞳で見つめ、決心したように言うけど
女心は何もわかってないね

不器用だから好きになった
あの日から今日まで
一度もきれいな恋なんて思ってはいないけど

もしも、あなたがサヨナラ告げて
あの娘が泣いたなら
この言葉は忘れて
本当はただ、側にいたい
だけど… あの人を傷つけないで
ずっとあなたに言っていたけど、本音じゃなくて
いつか自分が傷ついて、独りで眠るのが怖くて
綺麗事を並べて、笑っていたの

言い知れぬ不安と戦う夜を数えながら
ヒザを抱えて待っているのは、私だけじゃないよね
もしも、あなたがこの部屋のドア叩かない
夜が来たら 思い出さえも忘れて

朝はきっと迎えに来る
だから…
もし、帰り道の途中
一番大切にしたいのは、あの娘だって気付いたら
私の事は記憶から消して…
全て…夢と忘れて…
いつか、想いも
空の彼方、消えるから…

18 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:21:51 ID:JNIfbsk0
長い間悩んだ 寂しさと人の心

君が語りかけた 優しさに気づかないで居たころ
もう一度戻れるなら 抱きしめて笑ってあげたい

だから ひろげた手を青い空に
振りながらそっと涙をぬぐっている
そして 巡り会えた君との日々
いつまでもずっと
忘れないからと笑顔で見送る


いくつかの悲しみと 優しさと人の涙
繰り返した思い出の中 みんな生きてたんだね

君が言いかけてた あの時の言葉がわからなくて
もう一度戻れるなら 抱きしめて心に触れたい
きっとさよならから始まる日は
そっと優しさに包まれて訪れる

君は 振り向かずに歩きはじめる
遠くない未来 
きっとまた会えるその後姿に

ひろげた手を青い空に
振りながらそっと涙をぬぐっている
そして 巡り会えた君との日々
いつまでもずっと
いつまでもずっと 忘れずに行くから

19 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:22:35 ID:JNIfbsk0
短い昨日の 残した思い出に
手を伸ばして 君の夢を見る

伝えたい事が 沢山ありすぎて
もう少しで 抱えきれなくて

なにもかも変わってく 今までの私は
二人で歩く日々の中で 変わっていく

かなしくて涙落とした夜にも
抱きしめてくれた なにもかもを癒すように

巡り合い支えあう日々のなかで
忘れはしないよ 君と出会えた事の奇跡を

新しい朝を ゆっくりつかまえて
目を覚まして 君の夢をみる
いくつもの寂しさを 分かち合える君と
今からいつまでもよりそう このままで

羽ばたいたふたりの許された日々
何も言わないで おわりまでずっとそばに
巡りあいささえあう日々の中で 忘れはしないよ
君と結ばれたこの季節を

何もかも変わってく
今までの私は二人の絵に心の色を重ねてく
悲しみは時の流れの途中で
繰り返しながら いつか強さへとかわる
微笑んで支えあう日々の中で
忘れはしないよ 君と出会えた事の奇跡を

20 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:41:01 ID:A0LxuynF
諦めたくなっても あなたまたほら、優しくするでしょう

同じ気持ちじゃないなら そんな言葉や態度なんていらない

だけど愛しいほど あなたが愛しい あなたの傍にいたい どんな形でも



21 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:54:48 ID:1/ZVYRHL
好きだよと今日も言えないまま 見送った 今まで一緒にいたのに
逢いたくて君の好きなうたを繰り返し 口ずさんだ帰り道


どこにいても
何をしてる時も
君の事が頭から離れない

教えてくれた
届かぬ辛さ
恋の切なさ
愛する喜びを

その笑顔も受話器越しの声も 人ごみが苦手な小さな身体 悪い癖も 君にしかないもので輝いている
全てがone and only

僕の中で君を想う事が生きる力に変わってくもしむきあえたなら
同じ歩幅で信じ合える道を歩いていこう

こんなにも君を想うだけで 苦しくて愛しさ募る気持ち

逢いたくて 君の好きなうたを繰り返し 口ずさんだ帰り道

22 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 21:56:39 ID:JNIfbsk0
あんなに笑って こんなに泣いて
強い愛感じて 孤独を感じて
鏡の中 自分を見つめ
乾いた涙の 残り跡で震える唇 近づけて...
言葉と言葉の ぶつかりあい
わかりあえない 通じない

数えきれない笑顔と...
いきつく場所が 誰も知らない
続くほどつらい物語

今日の一日 昨日も...
きっと明日も べつに 不満はないけど
納得してない どっかで何かに
怯えて なにがなんだかわからずに
泣きつづけて 自分で自分に問尋ねて

きっともっといくと思った
うまく事が 進むと思った
みんなつらいはずだけど
見えない素顔 どこで見せるの
 
キュンとなった あの頃は
誰も気にせず 裸になってた
今はすべて 肌を見せたって
世界は 驚かない
刺激になれすぎてから 随分たってる
 
やさしさだけじゃ 生きてゆけない
でも やさしい人が好きなの
夢を叶えることは 素敵で
でも何か 物足りなくなってゆく

23 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 22:11:36 ID:hoU7YnML
白い息が 冬をつげる
君の町にはもう 雪が降ってる

遠く遠く 感じるのは
距離なんかじゃなく心がおもう

2人の願いは いつからかずっと
私だけのものになり

それでも一緒にいたいのはきっと
弱さなんかじゃないよね

君と見るこの景色が あるならば何もいらない
君がいないこの景色は 雪の中で見るとまった世界 

24 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 22:11:52 ID:bovFd/Yg
悲しみの涙が今 まぶた震わせる
切なくて ただ悲しくて
心から愛したから
願いかけたから
目の前で崩れるとき
息も出来なかった

君じゃない誰かに心委ねて
街を歩いても
あなたの影映していた
押し殺した感情なのに

忘れることなど出来なくて

ただそばで笑い合えてた
何気ないその毎日が
目に浮かぶよ
走馬灯のように
今も 笑顔もすねた顔も
回り続ける
あの時はもう 幻のように

25 :名無しさんの初恋:2006/11/19(日) 22:43:31 ID:R4FvUT1m
忘れます、忘れます
新しい私になって
忘れます、忘れます
忘れられると
おもいます

26 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 00:25:24 ID:N+W4D5Ew
とめどなく流れ出した
記憶は胸をしめつけて
あの優しさも
あのときめきも 持ってくよ
時に抱かれて
into the Silence

27 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 01:07:28 ID:JqKDP0fy
きっとあなたには 急に恋しくなったり
焼きもちを焼いたり 愛をたくさんくれて
愛をあげたい人がいるからただ小さい小さい光のような
私の恋心には気づかないでしょう
でもそんなあなただからこそ
輝いて見えるのだから
きっと今のあたしには あなた以上はいないでしょう教えてください神様
あの人は何を見てる?
何を考え 誰を愛し
誰のために傷付くの?
生きてゆく力が その手にあるうちは
笑わせてて いつも いつも側にいて 欲しいよ

28 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 01:10:25 ID:Y1qeAcpl
暗号のような塞いだ言葉

29 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 03:24:11 ID:+zXnZXPl
愛しかない
それが世界を動かしている
それなしでは何も出来ない
だから全ての愛を
与えてくれる人がいたら
心して受け取り
逃がしてはいけない

30 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 09:20:43 ID:S9oNqNUY
so faraway just faraway 何処まででも
誰だって 苦悩して 歩いてく

あの丘の地図さえ (見失って)
色あせてく このときめき
三日月のこもれ日 (いつの間にか)
僕照らしてる この場所から 始めてみよう

so faraway just faraway 何処まででも
誰だって 苦悩して 歩いてく
night & day
そう叫んで 傷ついても
just day by day
明日を見つける

夜だからあの星は (輝けるよ)
知ってますか? 思い出して
ひび割れた大地に (水あげよう)
一つぶづつ 両手で雨 集めてみよう

そう笑って 笑って くやしくっても
誰だって 苦悩して 歩いてく
泣かないで 僕だって 独りなんだよ
君にしか 見えない so faraway

so faraway just faraway 何処まででも
誰だって 苦悩して 歩いてく
night & day
そう叫んで 傷ついても
just day by day
明日を見つける

31 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 15:06:18 ID:sxKMZNo3
起きても起きても朝
ユメかウツツか警報機
やさぐれ気分で今日も
下り電車を眺めてる
生きても生きても空
辿り着けない君の部屋
バックレた気分で今日も
昨日の上着羽織ってる
君はどこに
君はどこに
君はどこに
夢の果てに

32 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 15:23:08 ID:M9zWyTy5
僕の恋人、東京へ行っちっち

33 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 15:45:14 ID:MGO62cT3
大好きだ 大好きだ
ってとうとう言えないまま

君は遠くの街に行ってしまうけど


何回も何回も 書き直した手紙は
今も僕のポケットのなか

34 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 22:27:01 ID:ffTvAdvU
一人ぼっちになった
寂しい夜 大安売り

35 :名無しさんの初恋:2006/11/20(月) 22:33:02 ID:r5qePqbt
大丈夫僕は あの時の夢を 決して忘れてなんかいないさ
あの丘は知ってる 何よりも光 輝いた僕がいることを
まっすぐに 歩いてく

溜息が続いて 小刻みに震えた
現実は そんなには 易しくは ないと知ったよ

大丈夫僕は あの時の夢を 決して忘れてなんかいないさ
簡単にすぐに 手に入る事じゃ 満足する訳がないはずさ
僕だけが開く道

孤独とか不安とか 押しつぶれそうでも
なくなって いきそうな バランスを 保ちながら

どうしても僕が 悲しくてそして 窮屈で動けなくなったら
君たちの待ってる 約束の丘で もう一度 思い出す あの日を
晴れ渡る 風の日を

失望の嵐 たたきつける雨
重ねた涙で 夢は・・・・・・

大丈夫僕は あの時の夢を 決して忘れてなんかいないさ
あの丘は知ってる 何よりも光 輝いた僕がいることを

どうしても僕が 悲しくてそして 窮屈で動けなくなったら
君たちの待ってる 約束の丘で もう一度 思い出す あの日を
まっすぐに 歩いてく


36 :名無しさんの初恋:2006/11/21(火) 05:44:46 ID:3DcwxupG
>>15
誰の何という詩ですか?

37 :名無しさんの初恋:2006/11/21(火) 10:39:17 ID:/vnHUUJ0
朝靄に信号待ちが長い
歩き慣れているはずの交差点に立つと
繰り返し刷られてく街の画の
隙間に挟みこまれてる思い出が痛い
大事なものは抱えきれず
零しても壊しても
振り向かず歩いてきてる

冷たい風に吹かれて 僕の肩が手探りで
あの頃の自分に戻りたがるみたいに 少し震えた
わかりもせずに「強さを持て」とか 誓ってみるけど
優しい気持ちに また 鈍くなってしまってるだけ

捨てられない不安も あの夢と
背中合わせにあるなら 輝くはずなのに
大人のルールを何となくまとい始め
何もかも何となく くすんでいってる

もうすぐ雨が降るなら 元の僕に塗り重ねられてきた
いろんな余計なものが流されてしまえばいい
柄じゃないのに「優しくあれ」とか言い聞かせるけど
気づけば 今までより 脆くなってしまってるだけ

そぎ取って はぎ落として その後に 今僕に残るのは?

もうすぐ雨が降るなら 元の僕に塗り重ねられてきた
いろんな余計なものが流されてしまえばいい
風に吹かれて 僕の影が 淡く遠く伸びてく
明日の 自分のことを 確かめたがるみたいに

変わっちゃいけないものを守れるように変われたら

38 :名無しさんの初恋:2006/11/21(火) 17:02:24 ID:kcujAvxA
>>36
Shooting Star
作詞:折戸伸治/編曲:高瀬一矢/ 歌:KOTOKO

39 :名無しさんの初恋:2006/11/21(火) 17:30:13 ID:Y4dEH3c/
ドコに居ても
何をしている時も
君の事が頭から離れない
教えてくれた
届かぬつらさ
恋の切なさ
愛する喜びを


40 :名無しさんの初恋:2006/11/21(火) 20:15:33 ID:zNgf4wE8
>>38
ありがとうございます。
何だかすごく心惹かれたので聴いてみます。
おかげで少し元気出ました。ありがとうございました。

41 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 00:48:45 ID:oDqgmcbg
胸骨と胸骨のすき間に真ん丸い大きな穴があいたので
僕は、
踏み切りでボーッとして立ってたらカマイタチに滑り込まれてしまったので
顎がグラグラですよ。

頭蓋骨と尾底骨があれば人間って呼ぶわけじゃないみたいなんだ
知ってた?
腑に落ちない今日の日のご褒美に温かい缶コーヒーを買ったつもりが
コカコーラはもういらん。

「夕暮れです 夕暮れです 夕暮れ」ってサイレンがサイレンが鳴る
夕暮れ 死者数名。

夕暮れのオレンジの粒子が蒸発して反射して光ってる様が
好きなんだ。
よろしくない今日の日のダメージが明日になって痛むのが怖くてうんざり
最近なんか毎晩そう。

夕暮れが 自転車が 電車が スーパーが アパートが ポストが
少年が スプーンが フォークが キャロットタワーがオレンジになった

「夕暮れです 夕暮れです 夕暮れ」ってサイレンがサイレンが鳴る
夕暮れ 死者数名。

42 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 03:31:52 ID:8DghdWgv
生きたくても生きれねえ奴がいるんだって
そんなもん考えないで生きてる
君なんだってそうだろ
だってそうだろ
俺たちって只の人間て言われて終わりかもしんないけど
人間として生きてる命として息してる
これ以上素晴らしい事は無いとわかってる
心でわかってる
思いでわかってる

歌詞カード見てないから文字使い違うやも。

43 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 20:13:56 ID:CzaZKAOH
>>39 私も好き。

こんなにも君を思うだけで
苦しくて愛しさ募る気持ち
会いたくて君の好きなうたを繰り返し
口ずさんだ 帰り道

44 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 21:01:56 ID:KHlK06Lf
夕暮れ間近のプラットホームで君がなにかを言いかけてやめた いつもいつまでも色褪せないもの心燃やして小さくこぼれた
あなた彼方小さく揺れて僕の心まで焦がした 揺れる揺れる心が揺れるあの夏の思い出と あなたは彼方みずいろの町

切なくて切なくて眠れない夜を越えて

あなた彼方帰らぬ日々と 僕は心まで忘れて 揺れる揺れる時間を越えて君に会いに行けたら
強く強く心が揺れて君の面影を燃やした 巡る巡る季節を越えてまた君と出会いたい
だからずっとぎゅっとその手をはなさないで だからずっとずっと夢なら覚めないで
みずいろの町へ

45 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 22:06:18 ID:CzaZKAOH
やわらかな 風に吹かれ
夢中で駆け抜けた
遥かなる日々よ
どんなにつらくたって
愛してくれる人達がいること
忘れないで

46 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 22:12:26 ID:k1fFe7t9
だから もっと遠くまで君を奪って逃げる
力尽きたときはその時で 笑い飛ばしてよ

47 :名無しさんの初恋:2006/11/22(水) 22:17:55 ID:CE3rtKW4
長い月日を僕が強く生きて行けたら
そばでいくつもに色を変える君と出逢いたい
誰も知らない悲しみさえも
少し照れくさい優しさも
うまく表現できないけど
僕も同じくらい切ないはずだよ
すきだよ すきだよ

48 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 00:23:24 ID:Fys7u+uQ
もう戻れないよ
どんなに懐かしく想っても
あの頃確かに楽しかったけど
それは今じゃない

思い出している いつも不器用な
幕の引き方をしてきたこと

君はどこにいるの
君はどこへ行ったのか
遠い旅にでも出たんだね
一番大切な人と


49 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 01:08:09 ID:J8S7n9xk
深い深い森の奥に 今もきっと
置きざりにした心 隠してるよ

探すほどの力もなく 疲れ果てた
人々は永遠の 闇に消える

小さいままなら きっと 今でも見えたかな

僕たちは 生きるほどに 失くしてく 少しずつ
偽りや 嘘をまとい 立ちすくむ 声もなく

蒼い蒼い空の色も 気付かないまま
過ぎてゆく毎日が 変わってゆく

つくられた枠組みを越え 今を生きて
錆びついた心 また動き出すよ

時のリズムを知れば もう一度 飛べるだろう

僕たちは さまよいながら 生きてゆく どこまでも
信じてる 光求め 歩きだす 君と今

僕たちは 生きるほどに 失くしてく 少しずつ
偽りや 嘘をまとい 立ちすくむ 声もなく

僕たちは さまよいながら 生きてゆく どこまでも
振り返る 道をとざし 歩いてく 永遠に

立ちすくむ 声もなく
生きてゆく 永遠に

50 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 02:06:22 ID:ckT6U0hg
巡り会えたのもきっと偶然じゃないよ

51 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 09:25:44 ID:4fD2DeTl
もう少し ねぇ もう少し あなたの側にいさせてよ
本当はずっと ここにこうしていたいから

52 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 10:23:54 ID:J4WjrtLS
広場に はためいた 万国旗 my town
今年も 小麦が good job

Let's crap your hands

いざ 踊り踊ろうよ リズムに合わせて
さあ 歌い歌おうよ ワインを飲みほし

花火が 山々に 鳴り響く my town
今年も 神様に 感謝して good day

Hold tight your hand

いざ 踊り踊ろうよ 老いも若きも
さあ 笑い笑おうよ 今日は Thanksgiving Day

Let's crap your hands

いざ 踊り踊ろうよ 私を見てね
さあ 踊り踊ろうよ 去年より綺麗?
また 雪が積もったら 逢いに行けない
ねぇ 春になったなら 暮らしてみない?

いざ 踊り踊ろうよ リズムに合わせて
さあ 笑い笑おうよ アリガトウ

53 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 10:24:39 ID:J4WjrtLS
間違い。。
今年も小麦が取れましたgodjob
です

54 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 10:26:09 ID:J4WjrtLS
取れ→獲れネ・・

55 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 10:58:44 ID:ou9a9rIa
忘れようとしまいこんだ
僕の胸は今もまだ痛むけど
ほんの少し優しくなれたら弱い僕にサヨナラ
あの日に見た月明かりの下で

56 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 11:10:45 ID:X32gwS3d
彼氏だとか彼女だとか
呼び合わないけれど君が好きだ
なぞなぞは解けないまま
ずっとずっと魅力的だった

57 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 11:33:33 ID:wpXyWin3
君を想えば何も 何も怖くは無いほど
僕の中は君でいっぱいさ
壁の落書きのように 溢れだすままつづった
この想いが ほら今 歌になる

気のきかない言葉ばかりで 飾り立てる術など知らない
でも強く強く 誰より君を・・・

言葉にはならない想い 心の中 伝えたくて きつく抱きしめてる
「君の全てをいつしか いつの日にか 支えるから」
なんて言えたらいいなぁ・・・!!

58 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 11:42:00 ID:J4WjrtLS
ためらいがちの 虚ろなジョニー
五月雨のファニー まどろむエモーション

今日は eカンジ
そう 君と同じ
さぁ その扉を 開けよう

心弾む このときめきとか
伝えたい
新しい わたしに 生まれ変わってく
つかめ 今

馴れ合いだけの 飛べないメアリー
気まぐれなテンション 思い出のファンタジー

あ〜 嫌な事や
忘れたい 過去なんかは
もう 捨てちゃおうよ 今すぐ

時を越えて 強くまっすぐに
歌いたい
溢れる 情熱 宇宙の果てまで
届け 今

心弾む このときめきとか
伝えたい
新しい わたしに 生まれ変わってく
つかめ 今
響け 今
届け 今

59 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 11:42:02 ID:7FrRcbmf
>>45は何という歌詞ですか?

60 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 12:04:47 ID:d+o0mYwi
どしてなんだろう 気付くのが遅すぎて
楽しかった時間だけ 思い出の中映し出される

サヨナラバスは君を乗せて静かに走り出す
手をふる君が少しずつ遠くへ行ってしまう
立ち尽くす町並み 一人ぼっちには慣れてるのに
どうして涙が止まらないんだろう

サヨナラ サヨナラ 
また笑って話せるその日まで 僕は僕らしくいるから

61 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:19:39 ID:OUiXnM7k
追いかけても 追いつけない あなたはただ悲しく笑うね
遠くを見るその瞳に 吸い込まれて身動きがとれない
抱きしめても 抱きしめても 君の心判らなくなるよ
その笑顔の奥に眠る 誰かにそう気付いてしまった

この想い叶うなら Give you my heart Give you my soul
言わないで聞かないで笑わないで もう

君を連れ去ってもいいの? 離れられない
たとえ全て壊れても 心乱れてく
勝手なのは判っている 止められない

溺れてゆく 見えなくなる 叫び声は波に消されて
孤独な夜包まれてく 君の嘘が胸に突き刺さる
もう少し あと少し Through the night Hold you tight
手に入れるためならば構わないよ さあ

君を連れ去ってもいいの? 離れられない
たとえ全て壊れても 心乱れてく
勝手なのは判っている 止められない
君に触れると どうして何も見えないの?

迷い込んだ子猫みたい Walk on TIGHTROPE together

もう少し あと少し Through the night Hold you tight
手に入れるためならば構わないよ さあ

君を連れ去ってもいいの? 離れられない
たとえ全て壊れても 心乱れてく
勝手なのは判っている 止められない
君を好きになっていいの? ここにいてもいい?
不安な夜に包まれて Walk on TIGHTROPE together

62 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:22:12 ID:OUiXnM7k
目と目が合った瞬間 僕の心の中に眠る
遠い昔に置いてきた 恋心がはじけて
何だか不思議なくらい 自分が自分じゃないみたい
見る物全てが輝き 空も飛べる気がした

曇りガラスの向こう側に 何があるというの
光溢れるこの広い空の下で 今二人風になったんだね

いくら考えても答えなんてないさ
君がいる 僕がいる ただそれだけでいい
明日のことなんて誰にもわからない
神様が僕達にくれた出会い なんて素敵なんだろう

夏の陽射しに誘われ まっすぐ海まで続く道
君と二人風に吹かれ よく行ったねあの場所

砂に書いたメッセージ 波にさらわれてしまう
Can you feel it in your heart?

風に吹かれる君の長い髪に心溶けて
君の笑顔を見る度に だんだん勇気が沸いてくる そんな気が
した

いくら考えても答えなんてないさ
君がいる 僕がいる ただそれだけでいい
明日のことなんて誰にもわからない
神様が僕たちにくれた出会い なんて素敵なんだろう
この広い世界で 君と巡り会えた
不思議だね 夢ならば このまま覚めないで
恐がることないさ きっとうまくいくさ
このままじゃ終わらない 素晴らしい世界が待ってるんだろう

63 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:24:16 ID:OUiXnM7k
ねぇまだ… 今でもひとりここにいるよ
かかげた夢の跡 絶えずひきずっていても
あれから。 
全てを見たよ、君の側で
絶望も希望も時にはかない夢さえ…

凍りつく夏の風 晴れすぎた朝
深い霧が包んでく 君に想いが届くまで、きっと…
果てしない海を泳ぐだろう

容赦なく傷つけられて、傷つけてく
こんな繰り返しが、あとどれくらい続くの?
誰かに笑ってほしくて、この心は
傷も消せないまま、あたたかな場所探した…
遠ざかるあの空に、手が届かない
どんなに飛びたくても…
永久に、羽なんて生えないと
ずっと 何度となく思い知る

あの涙、誰が拭うの?誰が君を抱きしめる?
どうして? 守れない? いつも…
いちばんに大事なものだけ
心、蹴りたおしたら「すべて壊すの?」どうか叩き壊して

二度と戻りはしないもの そっと、割れていく硝子のように
最終章のページ 憧れたその、君の優しい手の中
すべて、すべてがそこにある
きっと…
いつの日も忘れずに笑って

64 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:26:44 ID:OUiXnM7k
昨日涙ながして今日も泣いていた
明日はもしかしてもう誰も隣にいないの
離ればなれの大切な二人の道でも
悲しくて辛くて時々立ち止まりたい

遥かな遠い街を空に反射させるように
少し目を細めてみてあなたをイメージしてみる
汗を流してるかな怒られているかな
悔しがっているかな辛くなっているかな
どうしようもなく胸が痛くて風が吹いて
飛び出したくてただ走って走って近づきたいの

同じ雲を追い掛け別な場所に立つ
どんなに時がたってもあなたは色あせない
大声出しているかなうつむいているかな
寂しがっているかな元気だしているかな
どうしようもなく胸が痛くて風が吹いて
our days


65 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:33:08 ID:OUiXnM7k
低い雲が通り雨を 予感させる蒸し暑い日
少し高い波の間 あなたが遠くから見てる私に
気がついて何か言ってる
うれしさに素直になれず 無視したり
トモダチ以上になれない運命じゃないよね 教えて
明日をうつす鏡あれば怖くないよって思ったり
一人きりで海を眺め 青い夏が過ぎる

浮かんでゆく 忘れてゆく
今日もなぜか 終わってゆく
誰も知らないくりかえしを教えたくない もう

かなしいと無理に笑顔で ゴマカシテどーにか来たけど
あなた感じはじめてから できない
高架下 壁のラクガキ 青い月に照らされてる
“愛してる”のなぐり書きが まぶしくて
涙がこぼれる気持ちに
強がってられない 今夜は

明日は忘れられない日になって欲しいって願ったり
一人きりで星をながめ ゆっくり夏がすぎる

浮かんでゆく 忘れてゆく
今日もなぜか 終わってゆく
誰も知らないくりかえしを教えたくない もう

あつく あつく あなたとなら
もっと もっと 本当の顔
つよく つよく 表現して夏を演じるのに
流れてゆく 街の風景 うそは何もついていない
素顔だけじゃ 生きていけないもう

66 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:34:38 ID:OUiXnM7k
夜のない街にいつもあこがれた
君のいない場所はどこも嫌いだよ
負けたらダメだって 言いきかせてたよ
君以外の何が欲しかったの?

星のない夜空 君のいない場所
流れ星見つけ はしゃいでたあの日
今でもまだメモリー 消せないままだよ
この痛みが私のすべて

夜のない街を今も歩いてる
君のいない場所はどこも嫌いだよ
負けても何もかも もうなくしていい
君以外 何もいらないよ

67 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:38:09 ID:Ccvzvp/G
何もいらないよ じゃなくて、今日はカードが必要だったのよ。。

私以外にカード。カードが必要だったのよ。。

68 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:41:10 ID:OUiXnM7k
僕たちはあやまちを犯す 僕たちはすぐに立ち止まる
ささいな小石にさえも 躓いて
誰かの言葉を信じ 誰かの手の中にいる 最後は一人なのに

自分が気付いている弱さ 自分に耐えられない脆さ
見えないふりしたまま 生きてゆく
どうしようもない苛立ち どこも宛てない旅立ち くり返して
長い橋 引き返す 勇気もなくて
こばれてく 両手から 大切なもの

舞いだした粉雪は 積もるのでしょう
冬を耐え抜いてゆく 強さが欲しいよ
君の胸の片隅に 残したトゲを
やがて来る春までに 溶かしてあげたい

僕たちはあやまちを犯す 僕たちはすぐに立ち止まる
全てを受け入れる程 強くない
氷の欠片を集め 心の瞬間は今も 埋め尽くせないまま
はしゃいでた街の沈黙 果たせない二人の約束
触れてしまえば消える 雪のように

僕が見失ったもの 君を見失ったこと 気付かなくて
柊は 冬の訪れ 告げる花
僕たちを ただそこで 見下ろしている
長い孤独な夜に つぶされそう
満たされぬ現実が 押し寄せてくるよ
君を守り抜きたい この冬から
やがてつく赤い実を 二人で待とう
舞いだした粉雪は 積もるのでしょう
冬を耐え抜いてゆく 強さが欲しいよ
君の胸の片隅に 残したトゲを
やがて来る春までに 溶かしてあげたい

69 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:42:56 ID:OUiXnM7k
初めて目が合ったその日から
毎日 一緒に過ごしたね
暖かい腕の中いつも あなたの寝顔 見つめてた

微笑みあった日々が今でも
忘れられずいるんだ痛む心
見えない背中いつまででも
追いかけてまた ふと我にかえってしまう

あなたの存在大きかったこと今になってやっと気付いた
いつまでも この胸に しまったままで

鳴らないCall 期待をしても
同じと 本当は 分っているのに
最後に心から愛した あなたへと この想い 届かぬままで

胸に込み上げ 溢れる涙
止めるこのももう 出来ない私
いつまでも続く現実が儚い夢になるとは

これからずっと側で笑って
幸せになる そう誓ったのに
今でも残る 思い出たち
これからも この胸にしまったままで

70 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:52:15 ID:OUiXnM7k
ひまわりのように 眩しいほどの笑顔絶やさずに
真っ直ぐ明日を 見つめて時代を乗り越えて行く

過ぎてく時間は 忘れてしまうけど
それでも 消えない絆心にあるから

かけがえのない 大切な物 
そっと優しく壊さないように抱いて

ひまわりのように 眩しいほどの笑顔絶やさずに
真っ直ぐ明日を 見つめて時代を乗り越えて行く

要らなくなった物は どこに捨てたの
築いた僕らの夢は無くさないように

変わらない 思いがある限り
きっと扉を開け放つ事できるよ

あの鳥のように 自由な翼持って僕らは
飛んで見せるから両手に新しい風感じて

かけがえのない 大切な物 
そっと優しく壊さないように抱いて

ひまわりのように 眩しいほどの笑顔絶やさずに
真っ直ぐ明日を 見つめて時代を乗り越えて行く

あの鳥のように 自由な翼持って僕らは
飛んで見せるから両手に新しい風感じて

71 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:54:32 ID:OUiXnM7k
好きなモノだけを 選んでくのが無責任だってワケじゃない
好きなモノさえも見付けられずに責任なんて取りようもない
背負う覚悟の分だけ可能性を手にしてる

いらないモノならその同情心 まるで役にも立たないね
大事なモノならそこに必ず痛み伴うはずだよね
ひとりぼっちで感じる孤独より
ふたりでいても感じる孤独のほうが辛い事のように

どんなに孤独が訪れようとどんな痛みを受けようと
感覚だけは閉ざしちゃいけない たとえ言葉を失くしても
いくらどうでもいいなんて言ったって
道につまづけば両手ついてる守ってる
そんなモノだから

指切りをしたあの日の約束は ひとりじゃ守りようがない
語り明かしたいつかの夢だって ひとりじゃ叶えようもない
誰にも言えない誰かに言いたい あの人が誰より大切って

どこにもない場所で私は私のままで立ってるよ
ねえ君は君のままでいてね
そのままの君でいて欲しい

どこにもない場所で私は私のままで立ってるよ
ねえ君は君のままでいてね
いつまでも君でいて欲しい

72 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:55:43 ID:OUiXnM7k
いつかふたりがまだ 恋人と呼び合えた
あの頃訪れた海へ ひとり来てるよ
そしていつからか 忘れてた景色達探しながら
聞こえる波音が 何だか優しくて
泣き出しそうになっているよ

新しく 私らしく あなたらしく 生まれ変わる
幸せは 口にすればほら 指のすき間
こぼれ落ちてゆく 形ないもの

あなたが“自分を取り戻しに行く”と
出かけた想い出の地にも海は広がり
どこかで出会ってつながって流れてる きっと同じ景色見てる

人は皆通過駅と この恋を呼ぶけれどね
ふたりには始発駅で 終着駅でもあった
そうだったよね
もうすぐで夏が来るよ あなたなしの..

73 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:56:56 ID:OUiXnM7k
自分よりも不幸なヒトを見ては少し 慰められ
自分よりも幸せなヒト見つけたなら 急に焦ってる

だけどきっと だから時々どうしようもなく 惨めな姿に
気が付いて 現実にぶつかる

私は何を想えばいい 私はなんて言ったらいい
こんな私の事 解ろうとするなんて君が初めてだった
ひとりとして 傷も付けずに生きてくなんて 出来るわけもない
犠牲者だなんて想うなら
全て失くしても 構わない覚悟で 最後まで演じきればいい

君が何を明日へと願い 暗く続くどんなに長い
夜さえも越えて
行こうと思えるのか いつか聞かせて欲しい

私は何を想えばいい 私はなんて言ったらいい
もてはやされたって 羨まれたって
解ってるのかさえ解らない

私は何を想えばいい 私はなんて言ったらいい
こんな私の事 解ってくれるのなんて
きっと君だけだから

74 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 16:58:25 ID:OUiXnM7k
誰もが探して 欲しがっているもの
「それ」はいつかの 未来にあると
僕も皆も 思い込んでいるよね
なのにねまさか過去にあるだなんて
一体どれ程の人間気付けるだろう
予想もつかない

確かにひとつの時代が終わるのを
僕はこの目で見たよ
だけど次が自分の番だって事は
知りたくなかったんだ

そうだねもう少し 噛み砕いてみて
伝えたなら「それ」は記憶を
ただ繋げて 並べただけって事に
なるよねだとしたなら 誰もが皆
知らないウチに手にしているのだろうから
気付いて欲しいよ

確かにひとつの時代が終わるのを
僕はこの目で見たよ
そして次は自分の番だって事も
知っている本当は

君なら見つけてくれるだろう
君なら見つけてくれると
信じて賭けてみるよ

確かにひとつの時代が終わるのを
僕はこの目で見たよ
だけど次が自分の番だって事は
知りたくなかったんだ

75 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:00:37 ID:OUiXnM7k
静かに街を冷やす雨は
疲れ果て眠るふたりにこぼれて
愛がまたひとつとね 消えてく…

君はどこへ向かってるの?君は何を探しているの?
私にその手をさしのべずに

君の幸せを誰より 祈ってたけれど
もう明日さえ見せられない
君への最後の思いやり 精一杯のさよなら
真実はあまりにも繊細だからいつも曖昧にしてきた
あの日に見つけた真実とはちがう道へと…

君を愛したすべての時間 君はいつだって君のことばかり
信じてたすべてが私を壊す
涙さえこぼれる居場所を探せず
もどかしさを何度くりかえしてきただろう
やがてまわり道をして辿り着く
私の居場所を君が知ることは
決して二度と来るはずもないでしょう
君への最後の思いやり 精一杯のさよなら

ふたり出来なかった ともに育むことの意味をそれぞれ探そうね
君への最後の思いやりいつもすぐそばにある ゆるぎない真実から逃れようとしないで
君への最後の思いやり精一杯のさよなら

76 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:01:59 ID:OUiXnM7k
人は今まで何を握りしめつづけてきたのだろう?
それが見栄や偽りや見せかけなんだと知ったときに
積み重ねてきたものは意味のないものばかりで
そんなものに身をかがめては
自分を守ろうとしてた

僕らはかばいあうようにみえて
誰もが誰かの先を急ごうとするんだ
人は一人きりじゃ生きられないと
言いながらも二人で分かち合うことさえ十分に出来はしないのに

いつから人はこんなふうに
生まれついてしまったのだろう?
感じることに理屈なんて
いらないはずなのに 僕らは
どう感じてくことが完全なものなのかと
思い悩んでは誰もが自分をおしころしてるよ

僕らは傷つけあって生きてくことから
逃れようとするけれども
真実やほんとの思いやりを口にすれば
誰もが傷ついてゆくものだとね
知ってるから曖昧にしかできない

僕らは何に従おうとして従うべきなの?
手さぐりの中まだかすかな明日への
ひかりを探してるよ僕は僕のままで
走り続けてもいいよね
生まれてきた意味を探すため

77 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:02:45 ID:6dviQAgX
しがらみ無く過ごした少年時代の 絶え間無く響く笑い声も 無責任に描いた夢も
過去の話今じゃもう 鳴り止まない頭痛の種は増え 膨らみだす時間の波に脅え
逃げ場探す暇さえなく 刻一刻と刻む流れに揺られ
それでも僕をそっと 包みこむ君のぬくもりずっと
続くのに 届くのに 僕は止まったきりで何もせずに
それじゃ始まらない 眠りの中に救いはない
だから僕は自分の意思で歩く 不思議と今は戸惑う事なく

78 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:04:33 ID:OUiXnM7k
地の底で唸る声は 天を突き空を切り裂く
その傷を滴る水は
この大地潤し 夢を宿した

外の世界は何色?
右も左も今は怖くはない 無知の種

この体で受けた奇跡を 枯らさないように
はじめて見た光は眩しかった
ねえ ほら のびてゆくよ

照りつける熱い日射し 殴るように吹きつける風
その涸れた喉に沁みる 潔く打ちつける雨は恵み

目にした夢は七色
未熟な力今は武器に変える 未知の種

その体で知る現実が 臆病にさせる
でも確かに光は眩しかった
さあ ほら のびてゆくよ

この体で受けた奇跡を 枯らさないように
はじめて見た光は眩しかった
さあ ほら
そしていつか 奇跡の花 咲いて…

79 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:05:58 ID:OUiXnM7k
届かせて息もできないほど
締め付けた思いが閉じ込めたページを開く

問いかけた今望むは心が欲しいだけなのに
遠ざかる君だけが無重力の
中で人波を隔てている 透明なライン肌を切る
どうすれば飛び越えられるの?
分かってとか寂しいとかじゃなくて
そばにいたい 同じときを平行線で見ていたい

傷つけて 心が触れるなら君の欠片に
刺された痛みならかまわない
内気な夢にあふれた雫が落ち汚してく
白い日記帳に 許される文字増えてゆく

うなずいた 今捧ぐはこの心身体全て
どうすれば届けられるの?
悔しいとかもどかしいとか
言えず自分の胸強く叩く音にどうか気づいて

傷つけて 言葉交わせるなら
ありきたりな甘い囁きなんて要らない
書きなぐるような思いを痛くしたって構わない
私に焼き付けて

届かせて泣きじゃくる思いを
君のページを切り裂く欠片それになれたら
一瞬でいい記憶の深い場所に触れたら
君の日記帳で永遠の面影になる

80 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:07:49 ID:OUiXnM7k
昼下がりの午後 太陽も雲間で一休み
暖かな土の香り 二人包み込んだ
隣でうつろな君に 胸の内想いを込めて…

今にも眠ってしまいそうな君に 呟いてみたのに
君はいつも気づかないで 寝ぼけた目で外を見てるだけ

雨上がりの道 水溜まり小さく波を打つ
映し出す
押しては引いてゆく
何気なく手を解いて 目の奥に願いを込めて…

ふらり歩く君の一歩後ろから 背中を見つめても
やっぱり君は気づかずに 目を細めて空を見てるだけ

こんなにも 側に いるはずなのに…

あきれるほどくだらない わかっててもまた
風に思いを乗せて

今にも眠ってしまいそうな君に 呟いてみたのに
君はいつも気づかないで 寝ぼけた目で外を見てるだけ

ふらり歩く君の一歩後ろから 背中を見つめても
やっぱり君は気づかずに 目を細めて空を見てるだけ

81 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:09:40 ID:OUiXnM7k
掬い上げた砂が零れ落ちてく
「捕まらないよ」と 私を笑うよに
手のひらを擽っては 瞬間に消えてった

握り締めた手の中に残る感触 それは現実のいたずらの残骸?
まだ夢の中で眠る 幻の一欠片?

気持ち押し殺しても顔を出す感情
お願い眠らせてと強く目を瞑った
触れ合った喜びより 失った快感に
焦がれて焦がれて…生きてゆくの?
涙の粒が作った大きくて深い海に溺れて濡れて また泳いで… 

落ちそうなほど膨らんだ満月
そしていつか欠けてゆくそんな月に
ふと過ぎる孤独感を何気なく重ねてた

突然背後から襲うような残像
いっそ連れ去って欲しい 戻れなくてもいい
その満ちた安らぎより 消えてゆく刹那さを
求めて求めて…歌ってゆくの?
このままじゃ多分人は 満たされる事ないまま彷徨う道に倒れ眠る… 
悲しみに身を投げ ある日目が覚めた時 朝は明けているの?

逃げていった儚さに 手が届いたなら
また探して求めて…生きてゆくの?
このままじゃ多分人は 満たされる事ないまま
彷徨う道に倒れ眠る

触れ合った喜びより 失った快感に
焦がれて焦がれて…生きてゆくの?
涙の粒が作った大きくて深い海に溺れて濡れて また泳いで… 

82 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:13:38 ID:OUiXnM7k
言葉に出来ないと欲しいものも逃げてく
それは必然の巡り会わせなのですか?

小さな暗闇を見つけた
あの夜から捕らわれていく気持ち消してしまいたくなった
吐いた息だけが明日を探している

水晶に問いかけて涙を映してた
願えばきっと いびつな夢 いつか形を変えて

遥かな旅を終えた川の水のように
百の色で 心染めて全てを包んでゆくの
言葉を重ねれば 何かが見えなくなる
こんなにも歯がゆさを爪の先で潰してた

胸の音だけが昨日を許している
水晶に手を触れて涙を壊してた
鈍い音でひび割れていく まるで あの月のよう

黄砂の大地をゆく川の水のように
止まることも出来ないまま 深く染み込んでゆく

水晶に問いかけた涙が答えてた
偽りだって月の下で同じ光になると
遥かな旅を終えた川の水のように
捨てられていく夢を集め そっとあなたをめざす

83 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:17:35 ID:OUiXnM7k
何も言えない何一つ感じられない
蒼い夜空の月が照らし出すだけ

そこにあるもの慣れすぎた風景には
別れの文字は悲しすぎて溢れた
愛しい者にあの時気づいた
そばにいるそれだけでそう良かった
寂しい事にあの時気づいた

いつかまた会えたらさよならは言わない
こんな日々もかけがえの無い怒りだと愛せる
今日の空はまるで僕の心の様で
静か過ぎる夜風の中に幻を見つけた

変わりはしない歴史はもう越えられない
手来る思いが時を歪め始めた
恋しい場所にあの時気づいた
ゆっくりと流れ出すそう何かが
虚しい事にその時気づいた なのに・・・

きっとまた会えるね笑うはずな夢に
一人話すかき消されてく この夜も消えてく
今日の空のような丸い光の中
行方の無い思いを書いて真実に迷った
愛しい者にあの時気づいた
そばにいるそれだけでそう良かった

寂しい事にあの時気づいた・・・だから
いつかまた会えたらひとつだけ誓おう
どんな時も心を見てる いつだって見ている
今日の空はまるで僕の体の様で
冷たすぎる闇にポツリと月明かり見上げた

84 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:20:32 ID:OUiXnM7k
高らかな天を仰いだ 飛び立つ白い鳥の群れに
のせた夢はどこへゆくのとたずね
風に飛ばされて 思いもよらない迷路に迷っても
探しにゆこう 流れる雲 追いかけ
                      
例えば この先 どこかで道が途絶えても
続く大地に 果てしない地図を描こう
間違いなど恐れることはない
                       
ここから始まる無限の物語は 放物線を描き
地平線の向こう側まで続いてゆく
どんなに悲しい事があっても 涙の跡は きっと
誰かが旅をする 希望の道になるよ    
答えのないパズル 解いて 階段を一つ登って 
少し高い目線に 何が映る?
初めて枝から飛び立つ 小鳥のように胸をはって
震えながら 揺れながらも 羽ばたこう

例えば この先 大地がそこで途切れても
翼広げて 大空の彼方を目指そう
終わりを決めるのは 簡単だけど
ここから始まる無限の物語は プリズムの中揺れる
七色の光を輝らして進んでゆく
変わってゆくこと 恐れないで 遠回りの道にも 
決して無駄ではない 何かが咲いているよ

例えば この先 空が雲に覆われても
共に手を取り 空色の道を創ろう 留まること 今は選ばないで
ここから始まる無限の物語は 放物線を描き
地平線の向こう側まで続いてゆく
どんなに悲しい事があっても 涙の跡は きっと
誰かが旅をする 希望の道になるよ

85 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:22:21 ID:OUiXnM7k
あの焼けた雲に残る影追って…

空をわけた 声を頼りに眠りに似た 道を歩く
飛び方など 誰も知らない 辺りに 散らばった不条理

渦巻いた大地なら きっと会える
美しく着飾った 道化顔のリアル
なぜ ここに生まれ そこを歩くのか?
積み上がる壁に 限りのない夢 幻 群れをなす
姿は見えない 記憶を掠めた 影追って
誘い水の香りの中 今が続くのなら
逃れられぬこの夢を 纏いながら明けの陽を見つけにゆこう

目蓋閉じて 指を伸ばせば確かに在る 息の温度
素顔のまま 訳も解らず 流れて 傷跡を晒した

うねる炎のように 形を変え
踊り狂う感情 冷めた顔の リアル
なぜ ここに生きて 声を嗄らすのか?
欲望の魔法 弧を描いて弱い肩を 抱きよせる
飽きるほど強く 強く願ってた
この先も夢のような現実が ずっと続くのなら
かすかなこの温もりを 朝の来ない果てへさえ連れてゆくと

なぜ ここに生まれ そこを歩くのか?
失った鼓動 遠い闇に木霊している 呼んでいる
なぜ痛みだけが記憶を掠めてゆくのだろう?
見えるのなら 聞こえるなら 今が真実なら
鈍く光るこの道の いびつな砂 つま先に感じてゆこう

86 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:24:19 ID:OUiXnM7k
探りあう心の微妙な距離が辛くて
壊すこと それも出来なくて
「三人で会おう…」と またはぐらかし逃げてる
大切なもの 手放せない

こんなに揺れてるのは 君が優しいから
”友情” それは弱い僕達の言い訳
会いたい思いが 加速度をつけてゆくけれど
過ごした時間が 僕らの邪魔をする
見つめてそらした 瞳の温もり 消せないね
隠した気持ちが 今 溢れてくるよ

一番大切にしたい君のその笑顔壊すこと それだけ恐くて
はみだす感情を握りしめて堪えてた
戸惑いながら距離を近づけてゆくの?
”友情”そんな言葉 捨てられたらいいのに…

  傷つけあうこと 恐れて涙を拒むけど
  愛しい思いで 胸が苦しくなる
  会えなくなるなら このまま
  今のままでいいと
  揺らめく願いを この手で壊したい


  会いたい思いが 加速度をつけてゆくけれど
  過ごした時間が 僕らの邪魔をする
  切ない想い出 このまま増え続けるのなら
  もう僕は逃げない君を抱きしめるよ

87 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:26:16 ID:OUiXnM7k
冬の夜空 舞う白い欠片
肩に降りて季節を伝えに来るよ
かじかむ指に吐く白い息が無限の距離を そっと近づけるね

雪が歩道も街路樹も窓の灯かりさえも
全て包み込んで 静けさだけ押し寄せる
二人の足跡も消えてしまうけれど
繋いだ手の温もり 鼓動を感じて

二つの影たたずむ 凍えた心を抱えて
真っ白な世界 出逢えたのは奇蹟
もう 独りきりじゃないこと言葉より 星の見えない
まわる空に snow angel探している

冷たい頬 両手で包んで突き刺さった冬の風 温めて
ひび割れそうな唇 重ねて うずもれて行く欠片 すくいあげて

いつか微妙にずれてゆく温度が寂しくて
側にいることも 苦しく思えたりしたけど
二人の足跡は少しづつ近づき 春へと白い雪も心も溶かすよ

曇りがラスに書いた永遠を綴った文字が
涙を流すの 二人で見ていた
もう 凍った結晶達のように壊れてしまわぬよう
抱いた腕に all my might 力こめて…

二つの影たたずむ 凍えた心を抱えて
真っ白な世界 出逢えたのは奇跡
もう 独りきりじゃないこと 言葉より 星の見えない
まわる空に snow angel祈っている

88 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:29:17 ID:OUiXnM7k
一人きりの部屋 壁の写真 輪郭なぞってはため息つく
声が聞けなくて胸が騒ぐ
わからない あなたはいつでも優しいけど

「秘密だよ」と触れたこの手のひらの重さが
偶然じゃなく出会えたこと教えた
私のこと好きでいられる ただ誓って
笑うあなたの強さを信じたくて

まだ知らない過去打ち明けても
過ぎてきた時間は戻せないね
あなたの全てをわかりたくて

夜明けまであくび我慢して話したのに

たくさんある大切なもの拾い集めて
私は何番目なの ねぇ答えて
これからまだずっとずっと近くなる心が
離れてしまわないよう見つめていて

いつの間にか私を変えてしまってたもの
あなたが話す言葉が創る世界
飛ばす心 あたためそして守り抜くから
すぐにつまずく私を支えていて 

89 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:29:49 ID:OUiXnM7k
傷ついても壊れないものを探し続けた...

交差点で手を握り締めた
走る夢が離れないように
振り向いた心 試す言葉
わざと君に言ってみた

痛み 窓硝子 戸惑う空は
眼差しの世界に暮れていく

傷ついても壊れないものを探し続けた
独り善がり寂しくて
君に包まれ友達の意味を知ったんだよ
「ありがとう..」消えるように呟く

戸惑いの横顔に感じる
光る翼 君に見せたい
こんなにも心脆く錆びて
街の音に呑みこまれた

無口な曇り空 雨の匂い
路地裏隠れた苦い想い

時に大事な人を傷つけてしまうんだね
素直になれそうもない
君の笑顔で失う怖さを知ったんだよ
少しずつ心を溶かしてく...

90 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:30:20 ID:OUiXnM7k
この青い空のどこかに突然出会う人がいる
夏の太陽が眩しく照らす

路面電車に揺られてく 変わらない街を抜けて
変わらない季節 風が運んでく

恋する気持ちを忘れないよ
ちっぽけな約束も私には宝物

あの頃の想いは遠く離れてても
私の胸の中 色褪せない
くちびるを開くとあふれるメロディが
窓を流れていく 道は続いてる

何かを求めすぎてたり言葉が足りなかったために
恋人はいつもテストを受ける

あなたと私はどうかな 心は迷子になって
何気ないことで傷つけあうかな

大切なものを掴みたいよ
ぽっかりと浮かぶ雲 その全て受け止めて

ポケットのハーモニカ そっと息を吹くと
心が急に切なくなるよね
涙が頬伝い悲しみを乗り越え
二人で夕暮れを瞳に映したい
想い続けている いつの日かきっと逢えるから

91 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:33:32 ID:OUiXnM7k
日差しの中で手を振るきみ
静かな朝の風景
教会の鐘の鳴る音響けば今日も始まるSlowly days

12時の鐘ときみのバスケット
開いた中のWonder land
肩寄せ空を見て手にしたのはきみがくれるSweet sweet hearts

静かな風にゆれる花 
波のさざめく湖と坂道 のぼる草原の緑のベッド 
その上で日差しの中に 瞳閉じれば聞こえるきみの歌声

うたってそっと優しいうたを
I feeling to gentle Days
茜色染まる夕暮れ時 長くなる影を引いて
静かに終わる一日のことをそっと振り向くDarling time

夜露に光る草花の真夜中の匂いのなかで
雲に隠れた月がいま夜を照らし出していくよ
眠りのそばにきみの歌声
聞かせて優しいメロディ
うたってそっと優しいうたを
I feeling to gentle Days

眠りの中に見つけた夢
響いたうたはきっと優しいきみが一番上手に
うたってくれるSweet songs

92 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:36:07 ID:OUiXnM7k
太陽さん ごきげんよう
そろそれ 準備して出掛けなくちゃ
今日は何着ようかな?
さてさてキミのお気に入りはどれかな?
ピンときて きゅんとなって しっとして
それでもガンバで背伸びして孫にも衣装だ!!って
ステキなあの娘の真似してみるけどイマイチね

でも ちょっと待ってて大慌てで追いつくから
キミはそのままそこでにっこり笑ってて
世界で一番スキって言ってくれるかしら?
キミの可愛い子猫になりたいにゃ〜ん
(はいっ!そこのキミ!!免許証見せてみようか〜!
・・・あれ?!この顔は、もしかして・・・
指名手配中のハート泥棒?!たっ、タイホします!!)

やだな 今 よそ見した どれどれ どんな娘を見てたのかな?
あら わりと美人かも でもでも 笑顔ならきっと負けないわ

93 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:37:09 ID:OUiXnM7k
つんとして しゅんとなって、だ〜!って泣いて
それでも やっぱね好きだもの
ままごとみたいだってまわりは言うけど
そんなの気にしてないもんね!

ほら ちょっと待ってて 大急ぎで 着替えるから
キミの好みのままに 変身しちゃうんだ
世界で一番 イイ子にしていられるから
キミの可愛い子犬になりたいわ〜ん

(いらっしゃいませ!こんにちは〜!!
チーズバーガーとウーロン茶ですね。
ご一緒にポテトと、笑顔と・・・ほっぺにチュー!はいかがですかぁ??)

ほら ちょっと待ってて 大急ぎで着替えるから
キミの好みのままに 変身しちゃうんだ
世界で一番スキって言ってくれるかしら?
キミの可愛い子猫になりたいにゃ〜ん

(はい、どうしましたぁ?え?最近、胸がドキドキする・・・
微熱も続いて、頭がぼーっする・・・ふ〜む。。。
それは、重〜い重〜い「恋愛病」かも知れませんね。
すぐにお手当てしなければ大変です。
では、そこに横になって下さい。
そして、ゆっくり目を閉じて・・・深呼吸して・・・
もっとリラックスして・・・ほら、体の力を抜いて下さい・・・・・・)

94 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:39:19 ID:OUiXnM7k
深く暗く落ちてく棕櫚の海
醒めてどこを目指すの? 渦の真ん中で

苛立つような音 もうやめて
逆さまの世界で今、何を見るの?
信じれば波の奥に探してた場所が現れる?
もがく指からこぼれて空を彷徨う
真実はたった一つと遠くから記憶が叫んでる
もがき疲れた手足が覚えている
眠る森の匂い

おいで何も怖くはないからと
知らない方が まだ幸せ
慣れすぎた世界は身を壊してゆく

のまれた波の奥で見つけた幻想の花の群れ
そこに混じって咲くのもいいと迷った
そっとただ待っているのは 変わらぬ故郷の青い空
まだ間に合うと濁った水を蹴った
いつか還る場所へ

95 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:40:19 ID:OUiXnM7k
あなたの言葉 白い闇の止(とど)め
その目で見て来た憂いの境界を
この胸でそっと砕いて記憶は 絡まる銀河

何も望めない傍観者達 その無数の瑠璃の玉
哀し気にじっと見守ってた

たった今 その手で subversively 鈍く光る欠片
握り締めるよ この手に痛みが走っても
こんなに止めどなく inundation 落ちる感情の膿
本当の夜明けが来るまで泣いていいよ

私の言葉 ぼやけた空想画
この目で見て来た空虚な平凡を その胸へそっと転写した
触れてはいけないものに心飲み込まれ
どうにも出来ないと下書き破り捨て
悲鳴だけずっと木霊してた

たった今 この手に glow oozy 赤く光る涙
二人が隠し続けた悲しみの残像
こんなにも美しく so, transiently 叩き割られた影
本当の夜明けが来る頃 星が見える

たった今 心を繋いだ 淡く強い光
数えきれない想いが飛び立って行くよ
こんなにも美しく queer tenderly 刻み込まれた傷
千年後どこかで出逢っても探し出せる

たった今 その手で subversively 鈍く光る欠片
握り締めるよ この手に痛みが走っても
こんなに止めどなく inundation 落ちる感情の膿
本当の夜明けが二人を照らし出すから

96 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:48:56 ID:OUiXnM7k
それがあなたの望むことなら 行方も見えない暗闇に
何も持たず堕ちてゆくこと運命と信じてる
荒ぶる胸の闇に湛えた雫 壊せない静と空が目を焦がすよ
逆らえば逃げて襲う 荒んだ傷み
許された時は尖り身をついばむ

見えないままだったなら 泣かずにいられた
心を潰して なお張りついた熱い罠
それがあなたの望むことなら 日常に背を向けて生きても
いつか天に召される日には 笑えると信じてる
崩れそうに立つ背中抱いて 間違いじゃないと答えてよ
この手に触れたあの時から光は色を変えた

歪めた言葉たちは季節を迷い さまざまに形を変え扉叩く
狂い出す針 小指でそっと留めても ちぎられたこの叫びは届かないね
切ない時は過ぎて 熱さも忘れて
心をなくすのなら 身体ごとかき消して
それがあなたの望むことなら
行方も見えない暗闇に何も持たず落ちてゆくこと
喜びと変わっていく 壊れそうなこの心抱いて
明日への出口教えてよ 罪を知る瞳 射抜かれて
一人じゃ戻れないよ

それがあなたの望むことなら 日常に背を向けて生きても
深い傷跡さえ証に 運命と感じれる
裸になった心 抱いて 夢物語を聞かせてよ
光のように生まれ変わると今だけは信じさせて

あなたの望むことなら 日常に背を向けて生きても
いつか天に召される日には笑えると信じてる
崩れそうに立つ背中抱いて 間違いじゃないと答えてよ
この手に触れたあの時から光は色を変えた

97 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:50:47 ID:OUiXnM7k
桜色のブーツが ああ…早く連れ出してと誘う午後
きっと去年見た景色よりも
高く広く遠く飛べるような鼓動のまま

目の前に立ちふさぐ扉 こじ開けなくちゃ
“ありがとう”伝えたい人がいるの
春の陽射し蘇る 見えない翼みつけた記念日
はち切れそうな鞄にもたれる私が居た
空に描くプロローグ 夢は始まったばかり
風がめくる一頁 キラリ 愛で埋まる

夢は膨らむから ああ…キリがなくて困っちゃうケド
だから人は幸せで涙止まらなくなること知った
“ありがとう”今、大きな声で言えるよ きっと…

思った通りに生きればいいと 優しい声で
導いてくれた たくさんの顔
春の香に似ていた ずっと抱えてた思い
その一つ一つ紡いで 君が与えてくれた
薄い手帳に記した溢れそうな計画
大丈夫だよと笑って 走り続ける瞳に
うれし涙の数だけ キラリ 夢が光る

98 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:52:35 ID:OUiXnM7k
なぜだろう落ち着かない ホントは自信がないのに
ちからに余るような事をしようとしてる

ハテナはとりあえずね 駆け出す時の邪魔になる
後でね後悔だけしたくないと思うから
こんなどうしようもなく好きな事
今まで感じた事ないくらい
どうにも譲れないと思うなら つかむしかない

生意気なくらいくじけなければ
手に入れたいものは少しづつでも近づく
心のかけらを見逃さないで
がんばる時にはおもいきりがんばろうよ

泣いてはいけないんだと強がる自分のいとしい
こんなに罪もなく走る今が好きだから
たまには悩みくらい打ち明けて 優しく言葉ふらりゆれるけど
強がる性格は生まれつきと笑ってみせる
強情なくらい何かのために素直になれたら探してたものにあえる

自分で見なくちゃ信じられない
苦しい涙は後から流せばいいよ
どうにも悩む事もあるけれどやらないよりはやって落ち込もう
この世に生まれ生きるこのときは一度しかない
心のかけらを見逃さないで
がんばる時には思い切りがんばろうよ

自分で見なくちゃ信じられない
苦しい涙は後から流せばいいよ

99 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:53:37 ID:OUiXnM7k
白いページ埋めてゆく悲しい記憶たち
見えないように目を伏せるの

届かないね小さな叫びは闇に消され
耐えられない孤独襲う

優しい笑顔見せないでこれ以上
加速してゆく優しさがとまらないから
涙のあとには消せない想いが乾いた光放つ
あなたのそばで生きて行けるなら
どんな悲しみも乗り越えて行けるのに

抱えている願いの重さに追いつけない
もどかしさが胸をつぶす

痛いくらいあなたへの想い膨らんでく
避けられない寂しい夜
叶うのならばもう一度抱きしめて
あなたが触れたぬくもりが離れないから

涙の答えは明日を占う闇に問いかけてみる
苦しいくらいまっすぐな想い
伝えられるような強い勇気が欲しい

涙の粒にはあなたへと向かう想いが揺らめいている
許されるなら見つめ続けたい
いつかこの胸が壊れてしまう日まで


100 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:54:37 ID:OUiXnM7k
この道に誓う 宿命の灯を絶やさない
思いと言う名の宝石があるから

どんなに早く走っても時には勝てない
新しいシューズじゃまだ上手く歩けない
迷えばすぐ白と黒のカードを選んで
そんなふうに割り切れる精神も持ってない

いいさ シナリオは一つじゃない
裏道めぐるのだって悪くない
朝もやに浮かぶまっすぐな道のがさない
そこに丘があるから登ってく
重力に逆らうつま先に力込めて
明日と言う名のハードルがあるなら

先に行くと言葉の残し去っていく人
それぞれの背中にはそれぞれの汗の跡
急ぎすぎないで止める声
足元すくう罠が見えなくて

真昼の月に写りこむ姿 隠せない
真実はいつも胸にあるから
交差点 引き抜かれた道標探して
流した涙が教えてくれた

夕映えに手の平そっと突き上げて
命は果てないと強く空を抱きしめた
夜の闇が歩むべき道を消してゆくなら
瞳閉じて手探りで進もう この道に誓う
宿命の灯を絶やさない
思いと言う名の宝石があるから

101 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:56:29 ID:OUiXnM7k
本当だった…
偉い人が悟った最期なんて関係ない事と思ってた
時が生んだクダラナイ雑誌に いつの間にか夢中になっていた

誰もが置いていかれないようにと急ぎ足だけど
譲れない愛情さえ使い捨てじゃ淋しすぎるよね

抱いてよ ほら精一杯 ねえ
地球で生きてゆく喜びを
きっと尖てまた落っこって 肩寄せ合ってゆく
君がくれたちっぽけなブルーは
いつの間にか大空になっていた 嗚呼

代わり探せるなら こんなに泣いたりはしない
形あるもの全て いつか壊れると分かってても
受け止めて 精一杯
ああ地球で別れゆく悲しみを
僕等 簡単に捨てきれない 似た者同士だね

答え探している どうしてここにいるんだろう?
後悔はないなんて 肩で息するたび苦しくて

どこまでも精一杯さ 地球で旅する冒険者
いつもがんばって ただ彷徨って 何を探してる?
抱いてよ ほら精一杯 ねえ
地球で生きてゆく喜びを きっとこうやって歩くしか
出来ない同士だね

102 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:58:25 ID:OUiXnM7k
もう一人じゃない
君の声が 今 胸に届く
立ち止まった日々
夢のように ただ 流れてゆく

二人止まったあの時間の終わりから
忘れない道 もう一度踏みしめる

悲しみ咲く花は あてのない旅を
かすかに 照らして 揺れ動く
星の消えた空は 憎しみの果てに
儚く染まって 人を誘うから

あんなにも君は
優しくなること 避けていたね
許し合うことは
逃げることじゃない 目を開いて

指の隙間を 通り抜ける風のように
流れ続ける 君の思い抱いて

はじける雨の糸 痛みと明日の
間で冷たく 絡み合う
逃げられない過去の 想い出抱えて
静かに瞬く 空の星になろう

悲しみ咲く花は あてのない旅を
かすかに 照らして 揺れ動く
逃げられない過去の 想い出抱えて
静かに瞬く 空の星になろう

103 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 17:59:56 ID:OUiXnM7k
かなしいコトがあったの とてもかなしいコトだよぉ
涙落ちるその手前で 立ち止まってしまった

不意打たれ微動だに出来ないまんま笑ってた
それはそれは見られない崩れきった笑顔で

もう何も見えないの 時は流れて
"君だけだよ"の言葉が 木枯らしに変わってゆく
あたしまだ大丈夫だよね? あたしまだ必要だよね?
心がどんどんささくれてく
去年着た流行の服が 部屋の隅すすけていくように
どうか捨てたりしないで…って笑ってる

悲しい夢を見たの とても悲しい夢だよぉ
枕が全部しぼんでしまうくらい泣いてた
もう誰も差し伸べることはなくても
ただ1人だけは変わらず 眼差しをくれるのなら

あたしまだ大丈夫だよね?
あたしまだ止まっちゃだめだね?
凍えそうな心痛むけど 十分と思える時まで
追いかけて 転がって 叫んで
今は木枯らしの中で 笑ってる

あたしまだ大丈夫だよね? あたしまだ必要だよね?
心がどんどんささくれてく
去年着た流行の服が 部屋の隅すすけていくように
どうか捨てたりしないで…って本当は
小さなささくれ痛くて 泣いていた

104 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:01:02 ID:OUiXnM7k
きっと同じ気持ち感情をいだいているの
いつかはせつな過ぎる恋が始まっていたの

あたたかな風ひとり寂しい思いを包むけど涙あふれ動けないわ
春の雪のように そっとそっと降り積もるの
声にならないけど心の片隅 
あふれる思いを今は見つめているだけ
もっとあなたのこと知りたいと思うけれど
いつも隣にいる彼には何も言えない
誰かのことを愛することがこんなに苦しくて辛いなんて
初めて知った

春の雪のように 遠く遠く消えぬように伝えられないけど
いつの日がきっとあなたへの思い届くと信じていたい
春の雪のように そっと降り積もるの
声にならないけど 心の片隅溢れるおもいを
今は見つめているだけ
あなたの心に一番近くで愛が生まれるように

105 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:01:57 ID:OUiXnM7k
駆け出す歩道 つまずいた膝の傷も
いつかは消えて 上手く歩けるようになれるかな?

小さなこの手に 力込めて 重たい扉押し開けられる
そんな勇気を 神様 どうか もっと下さい

君の中に生まれている 夢のかけら
気付いたなら 輝き出す
励ましながら 優しい言葉が舞い降りる
君の側で歌う日々が 明日からも続くようにと
君を愛する永遠まで 祈りつづける

描いた夢の大きさに 前も見えず 行き場を失くし
全て 投げ出してしまいそうになる

泣きそうで 負けそうで しかたなかった
自分の中の弱さを
人を愛して 歌い続ける 強さに変えて

君を守る…そのためなら 未来(みち)を照らす星のように
輝くから 今の私に たった一つ出来る事なら
君がもしも くじけそうな時は
あの日 君にもらった温もりを ただ 声にのせて そっと歌うよ

この世界のどこにいても
同じように 星はいつも 見守ってる
全ての人に 幸せが降り注ぐように
夢を乗せた白い翼 風をはらむ この大地から
遥か遠くへ 今 高く高く飛び立つよ

106 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:02:28 ID:OUiXnM7k
長い間悩んだ 寂しさと 人の心
短い詩を君に送るよ 胸に書いた言葉を

君が語りかけた 優しさに気づかないで居たころ
もう一度戻れるなら 抱きしめて 笑ってあげたい

だから・・・
広げた手を青い空に振りながらそっと涙をぬぐっている
そして・・・
巡り会えた君との日々いつまでもずっと
忘れないからと 笑顔で見送る

いくつかの悲しみと 優しさと 人の涙
くり返した想い出の中 みんな生きてたんだね

君が言いかけてた あの時の言葉がわからなくて
もう一度戻れるなら 抱きしめて 心に触れたい

きっと・・・
さよならから始まる日はそっと優しさに包まれて訪れる
君は振り向かずに歩き始める
遠くない未来 きっとまた会える その後ろ姿に

広げた手を青い空に振りながら そっと涙をぬぐっている
そして・・・
巡り会えた君との日々
いつまでもずっと いつまでもずっと 忘れずに行くから

107 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:03:42 ID:OUiXnM7k
物言わぬクローバー あれになれたら
こんなにもため息ついたりしないのに
好きになった…ただ抱きしめた…
他のモノが何も見えなくなった
側にいつの居ることさえ見慣れていまわないかって不安になった

発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて
物言わぬクローバー あれになれたら
踏まれても折れても 仰ぐ空があった
かたくなすぎてずっと変われないのは
道端に立ってたせいと思えたのに…

会いたかった…ただ苦しめた…
愛が何かなんて解んなかった
君の為と口にすれば あまりのちっぼけさに可笑しくなった

そんなふうに責めないで 思わず吐いた言葉
もっと別に伝えたいことがあったのに

ため息のクローバー君にだったら
無造作に摘まれてボケットの片隅で
季節の音も遠く枯れていっても
優しい想い出だけを残せたのに…
発車のベル鳴り止まぬ初秋間近の駅で
たった一人君のこと思ってるなんて

物言わぬクローバー あれになれたら
叶わぬ言葉を思ったりしないのに
また季節が変わってしまう前に
本当の君の気持ちを ねぇ聞かせて

108 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:04:55 ID:OUiXnM7k
赤い玉、青い玉、全てが流れ流れ行きます
大きな火や木の枝 鴫の羽根 古金貨
みんな急ぐことなく

茜空 遠き雲 全てが君全てが君のもとへ降ります
人の声 時の音 渡る川のせせらぎ そっと湛えて

あの日は帰らない 少し寂しいけど
一つだけ 大切なものに会えたことを覚えてる

さよなら...さよなら...僕は行くけど
その微笑みは消さないと誓って
ずっと ずっと ずっと

赤い玉、青い玉 全てが波の奥へ消えます
好きだったの黄楊の櫛 ほころびた藍絣
みんなつかず離れず

涙空 拭い雲 全てが君のために在ります
春の風 夏の色 秋冬の切なさもそっと称えて

願いは水になり天へと浮かぶだろう
一つだけ 心配な君の寂しがりを抱いたまま
さよなら...さよなら...朝が来るまで
動かなくった僕の手を握って
きっと泣いてるんだろう

109 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:06:13 ID:OUiXnM7k
一人探すの暑すぎる風の中で

あなたは知らない突き刺さるこの想い

つれられずに拾い集めた花は
同じ愛注がれずいつか枯れてく

あなただけに今も焦がれる
倒れそうなひまわり
私だけが消えてしまえば
心は永遠に結ばれるの

幾億数えた消せない過ちの数
涙をたどってこの胸を冒してく

何を守り何を傷つけていいの
一面に咲く花に眩暈覚えた
夏の雨に首を傾げた
倒れそうなひまわり
疲れ果てて見上げた空は
悲しみ色にただ染められてゆくの

焼ける日差しこの身晒した
倒れそうなひまわり
命さえもささげて祈る
私を永遠に忘れないでいて

110 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:07:03 ID:OUiXnM7k
You will never see my love is true
本当に好きだったから
You will never see my heart is in blue 青い雨は降り続く

愛しさが今は切なさになるよ 見つめたい見つめられない君の事
優しさも今は 胸の奥痛い 戻れない取り戻せない 二人の事
君が投げた小さな紙飛行機 ごめんね うまく受け取れなかった

静かに流れてく 雲をずっと見てる 同じ空の下で 違うとき生きてる
You will never see my love is true
本当に好きだったから
You will never see my heart is in blue
青い雨は降り続く

寂しさが今は 私にも分かるよ 恥ずかしくてはぐらかしてた 私の事
あんなに楽しかった教室も彼女を見るたびこんなに辛い

静かに暮れてく 空をひとり見てる
追いかけて追いつかれた 二人で歩いた道
You will never see my love is true
本当に好きだったから
You will never see my heart is in blue 青い雨は降り続く

今でも好きだから名前呼んでみたよ
愛しさにねぇ胸が張り裂けてしまいそうだよ
静かに流れてく 雲をずっと見てる
同じ空の下で 違うとき生きてる
You will never see my love is true
本当に好きだったから
You will never see my heart is in blue 青い雨は降り続く

111 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:11:48 ID:OUiXnM7k
朝日が見える丘に登って昨日の夢の続きを考えてた
いつかは見慣れたこの景色も
なつかしいと思い出にして
どこかで誰かと新しい香りに包まれ

きっと不安も希望に変えて行けるから
こぼれる笑顔を詰めたアルバムだけを連れて
駅のホームたたずめば窓から見える景色が、春色に変わってく
もう迷いはないよ 泣き虫だけど…手を振る私を 見守って
途切れる会話と、照れ隠しと
優しい嘘と、見慣れてる大きな手と
全てがノートの中の文字に変わって行くとしても

今、目の前の君がやわらかい親指でそっと
頬にあふれた涙を拭ってくれるなら
何気ない時の笑顔 忘れはしないからね

ずっと愛しているなんて、確かめようが無いから
約束はしないでね

春の風は少し淋しさを運ぶ 深呼吸したら、手を振って
見違える様になって帰って来るよ、きっと夢を叶え、そのうちに

この町ももう少しで春色に染まってく
誇らしげな風が背中を押すから
もう行かないとね
こぼれる笑顔を詰めたアルバムだけを連れて
駅のホームたたずめば 窓から見える景色が、春色に変わってく

もう迷いはないよ 泣き虫だけど…
手を振る私を 見守って

112 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:12:40 ID:OUiXnM7k
せつなさ抱きしめて この想い胸に秘め
また逢えるその日まで忘れない 温もりを
幾千もの星が夜を過ぎた
遠い明日 夢を見つづけ

青い月見つめ 静かに手を伸ばし 触れたい
あなたを探しいつまでも
ああ いつもいつも
待ちつづける あなたのそばで
永遠の誓い あの空に届け


あの日の思い出は どこまでも続く道
一瞬が降り注ぐ 忘れない きらめきを
悠久の時が 二人分かつ
欲しいのは 切れない絆

遠い空の下 過ぎ去る季節達の声に
あなたを求めどこまでも
ああ ずっとずっと
触れていたい あなたの肌に
遠く離れても 見守りつづける


青い月見つめ 静かに手を伸ばし 触れたい
あなたを探しいつまでも
懐かしい風に 愛しさ 縛られつづけても
あなたに向かい走り出す
ああ いつもいつも
待ちつづける あなたのそばで
永遠の誓い あの空に届け

113 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:18:09 ID:OUiXnM7k
赤に染まってひらりと落ちる木の葉の小道
振り返らない思い出は目に焼き付けたから
君と過ごした瞬きのよな景色の中で
僕らがいつか忘れた何か気づき始めた
ささやかな幸せを求めさまよいはもう
未来へ向かう確かな一歩に違いないんだと
明日は(叶わない夢を)また一人で(君に会えない場所で)
同じ風の中(きっとまた強くなれる)
自分を信じて生きよう(そしてまた)昨日(さよならはいつか)よりは少し(巡り合える約束)
高くから見える(それは取れぬ今進むその先は)
見慣れた風景(夢の見れる夜)希望に変えてゆけるよ

わがままでしか素直になれずぶつかり合って
逃げることでしか自分を守る事できなくて
諦めたその時に道は途絶えてしまう 
支えたなら少し休んで歩き出せばいい
明日も(泣いてばかりいた)君の事を(幼い日々の中で)思い出すけれど(そっと泣くよ)
約束を胸に生きよう(微笑みのくさ優しさを胸に)昨日(涙でにじんだ)
よりも早い(思い出の風景を)スピードで進む(忘れはしない)
季節にせかされ(これからの僕は支えてく時代と)それでも前を向こう

伝えられなかった言葉をいつの日にか
届けに行くこの涙を無駄にはしないから
明日は(叶わない夢を)また一人で(君に会えない場所で)
同じ風の中(きっとまた強くなれる)
自分を信じて生きよう(そしてまた)昨日(さよならはいつか)
よりは少し(巡り合える約束)
高くから見える(それは取れぬ今進むその先は)
見慣れた風景(夢の見れる夜)希望に変え
明日も(泣いてばかりいた)君の事を(幼い日々の中で)思い出すけれど(そっと泣くよ)
約束を胸に生きよう(微笑みのくさ優しさを胸に)昨日(涙でにじんだ)・・・

114 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:21:19 ID:OUiXnM7k
赤に染まってひらりと落ちる木の葉の小道
振り返らない思い出は目に焼き付けたから
君と過ごした瞬きのよな景色の中で
僕らがいつか忘れた何か気づき始めた
ささやかな幸せを求めさまよいはもう
未来へ向かう確かな一歩に違いないんだと

明日はまた一人で同じ風の中
自分を信じて生きよう
昨日よりは少し高くから見える
見慣れた風景 希望に変えてゆけるよ

わがままでしか素直になれずぶつかり合って
逃げることでしか自分を守る事できなくて
諦めたその時に道は途絶えてしまう 
支えたなら少し休んで歩き出せばいい

明日も君の事を思い出すけれど
約束を胸に生きよう 昨日よりも早い季節にせかされ
それでも前を向こう

伝えられなかった言葉をいつの日にか
届けに行くこの涙を無駄にはしないから
明日はまた一人で自分を信じて生きよう
昨日よりは少し高くから見える見慣れた風景
希望に変え
明日も君の事を思い出すけれど
約束を胸に生きよう 昨日・・・


115 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:22:14 ID:OUiXnM7k
夢の中 二人抱きしめあう夜
信じる気持ちを 胸に刻み込む
失うことで知った この想い
届かない指が ただせつなすぎる

ありふれた言葉 懐かしすぎて
わがままに走り出す
君に向かうよ
欠けた心 今 僕で埋めるために


覚めない眠りが 二人の時間
夜明けに怯えて 瞳を閉じる
眩しさ求め 寄り合う想いが
いつもそばにある 今もずっとここに

ありふれた言葉 懐かしすぎて
わがままに走り出す
君に向かうよ
欠けた心 今 僕で埋めるために


言いたい言葉 口に出来なくて
触れた唇を噛む
もう迷わない
君への道 愛している you are my soul,forever

ありふれた言葉 懐かしすぎて
わがままに走り出す
君に向かうよ
欠けた心 今 僕で埋めるために

116 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:23:31 ID:OUiXnM7k
夕焼けを映し出す鏡の湖に
そっと葉を浮かべ流れの行方を見ていた
悲しみも怒りも虚しさも忘れて
この大空にかざして眉をあげてみる

ほんの少し前になくした
あの温もりだけに残してた
あなたの影も壊したから

今 羽が頬を撫でるから雲をはらうから
この胸に住みつく想い出を空に投げるから

幼いことはなんて幸せだっただろう
優しい言葉 そのまま信じていられた

ぐっと堪えていた涙も
この淋しさに比べたら そんなもの
手の平に乗せ 吹き飛ばせた

今 羽が頬を撫でるから空が落ちるから
この胸に住みつく想い出を水に溶かすから

ほんの少し前になくした
あの温もりだけに残してた あなたの影も壊したから

今 羽が頬を撫でるから雲をはらうから
この胸に住みつく想い出を空に投げるから

117 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:24:57 ID:OUiXnM7k
仲間達の声が響く校舎では
時を忘れ佇む影 長くなってゆく
宝物だったと いつか気づくけど
戻れないね
あの日の風は向きをかえた

チョークの文字以外に 僕らは何を見つけたの?
まだ大人だなんて言えないよね、今も…

遥かに見えた憧れの地に 僕らは近づいているかな?
背伸びしていたつま先だけが 夢への距離を知ってたんだ


なめらかに語った君の瞳の奥の
強い光 見つめられず 雲を眺めてた
星屑の数ほど 想い めぐるのに
上手く言葉 見つからなくて 草をちぎる

変わってゆけることも 水のように受け止めよう
それは哀しいことなんかじゃない きっと…

叶わぬ夢はどこにもないと 強がって呼吸を速めた
冷えた大地に触れたかかとがちいさな足跡をつけてた


瞼の裏に残る面影 いつか取り戻しにゆくから
夜があければ また動きだす日々に今はのみ込まれても

遥かに見えた憧れの地に 僕らは近づいているかな?
泣くことさえも忘れて今は この道を歩いてゆくんだ
踏みしめた大地 信じて・・・・・・

118 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:25:50 ID:OUiXnM7k
目を見るだけで いつも
あんなに どきどきしてたのにね

今では 君のこと 笑わせたくて
おどけた顔で 口笛吹く

一番 辛い時には
一番 側にいる
だから一緒に歩いてこう
どんな時でも

都合が悪くなって
慌ててごまかす口癖も

もう覚えて 何一つ 隠せないけど
泣きたい時も すぐ解るよ

一番 悲しい時も
一番 晴れた日も
ずっと一緒に歩いてこう
長い道でも

一番 辛い時には
一番 側にいる
だから一緒に歩いてこう
どんな時でも

一番 大事なものは
一番 側にある
ずっと一緒に生きてゆこう


119 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:26:55 ID:OUiXnM7k
また消える渡り鳥の声
幼い日を甦らす一欠片

そうさ きっとこの世はほんの一瞬
どうせ一人 最期の日も

足下伸びる影に そっと投げかけた言葉
本当の終わりを今は探せないこと分かってた
駆け抜ける空は…lament


目を閉じた 光を失った
耳塞ぐ 遠くなる歌声

そうさ きっとこの世は雑音だらけ
どうか一人 時間に溶けて

足下照らす影は 朝日を背に燃えている
孤独な夢に心焼け付いて立ちすくんだだけ
歩き出す道は…lament


そうさ きっとこの世はほんの一瞬
どうせ一人 最期の日も

足下伸びる影に そっと投げかけた言葉
本当の終わりを今は探せないこと分かってた
足下照らす影は 朝日を背に燃えている
孤独な夢に心焼け付いて立ちすくんだだけ
歩き出す道は…lament

120 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:27:54 ID:OUiXnM7k
外は やわらかな風の声が
まるで 目覚めたばかりの朝
誘っているような
きっとあなたと出会う予感を
そっと私の心の中教えてくれた

いつまでも熱い想い
白い波と空とに重なって揺れ動くよ
さみしくなるよどこまでも青い夏の
二人染まる 季節の雫

いつもおだやかにすぎてゆく日が
今はなんだか急ぎ足で
背中をたたくの
きっとあなたと始まる瞬間を
少しだけ 少しだけ長く輝かせるの

砂の上 長く伸びる
寄り添う二つの影夏の夜に溶けてゆくよ
空に浮かぶ星達に抱かれながら
いつの日か思い出に変わる

いつまでも熱い想い
白い波と空とに重なって揺れ動くよ
高く浮かぶ星達に抱かれながら
いつの日か思い出に変わる

121 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:28:45 ID:OUiXnM7k
誰もみんな傷つくことを
見ないふりしてる いつまでも
明日なんて今日と同じの色を並べているだけ
迫る日常つまらない夢
このまま流されてわからない
本当に嬉しかった瞬間もう一度

廻る巡る時間の中で
手を差しのべて掴む影と光
壊れかけた迷いの果てに
ただ一つだけ信じること忘れないよ

揺れる景色いつもの風に何故か違うものを感じた
あの日出会う二人の未来
束ねるように時代はすぎてく

よせる苦しみ越えて行こう このまま離れずに
こぼれる涙を糧にしよう 立ち止まらないで

白く染まる夜明けの向こう
歩き出す夢 一握りの希望
崩れ落ちた迷いの果てに
ただ一つだけ愛する人離さないで

廻る巡る時間の中で 手を差しのべて掴む影と光
白く染まる夜明けの向こう
歩き出す夢 一握りの希望
崩れ落ちた迷いの果てに
ただ一つだけ愛する人離さないで


122 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:29:20 ID:OUiXnM7k
澄み渡る青空の下で私だけが
いつまでも寂しさと背中合わせで
そんなことばかり考えてた 今日までは

人とは違うあなたに巡り会えたの
空しさも何処かに消えてくね
限りなく溢れる希望に手をかざすの

諦めないで一人じゃないから
涙溢れる日も 見守ってる
この手の中の 乾いた砂の粒を
輝く宝石に いつか変えてみせる

とりとめのない生き方 私と同じだね
何処までも落ちていく そんな気がして
切なさがこみ上げる私の思い出に
いつまでこの気持ち忘れない

果てしない人生 少し歩こうよ
思い出の足跡 ずっと続く
投げ出さないで 夢をつかもうよ
何処までも続く空より 近くにある

空しさも何処かに消えてくね
限りなく溢れる希望に手をかざすの
悲しまないで 一人じゃないから
壊れそうな時も 見守ってる

この手の中の 乾いた砂の粒を
輝く宝石に いつか変えてみせるから

123 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:35:40 ID:OUiXnM7k
涙の数だけ大人になれると信じてきたけれど
届かぬ想いに目眩覚えて立ち止まる
「さよなら」と動いて見えた君の唇が哀しくて
もうどこにも行かないでと痛いほど抱きしめた

こんなにも側で笑っているのにまだ知らない君に片思いさ
上手く言葉に出来ない気持ちに気づいて

時を止めて待っていた たった一人君を探してた
置き忘れた時間たち動き始める
切ない事だらけでも寄り添いあい人が生きてる
空に浮かぶこの星で出会ってしまった

誰かに話してしまうと消えてしまいそうな恋だから
二人きり過ごす時間が大切な宝物

独り占め出来るはずは無いけど
みんなに優しいと不安になる
日に日に増してく独占欲が辛いよ...
特別だと言えるから 嘘なんかもう必要ないから
素直なまま動き出す気持ち見つめて
切ない事ばかりなら もう恋などしたくはないと
あの日決めたはずなのに出会ってしまった

約束も出来ないままで別れた夜には淋しくて眠れないよ
お願い本当の君の気持ち教えて...
時を止めて待っていた たった一人君を探してた
置き忘れた時間たち動き始める

切ない事だけじゃない ここで二人明日を見ている
広い広いこの宇宙で出会えたのだから

124 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:37:38 ID:OUiXnM7k
迷い込んだ夢の破片 こぼれて落ちる
雨の音が響く だけど逃げ出せなくて

止まったままの時間 心まで動かなくなってく
目を閉じればそこには消える夜 どこにも帰れない

星が消えてく 四角い空まで続く
誰にも届かない 私の声が枯れても

壊れそうに揺れるキモチ 流れて消える
ゆるやかに傾く だけど 凍り付いてく

錆ついたまま明日 後ずさる囚われた現実
手を伸ばせばそこには堕ちる月 昨日に戻れない

折れた翼を 広げて飛び立てるなら
叶わない願いを・・・私の言葉気づいて

止まったままの時間 心まで 動かなくなってく
目を閉じればそこには消える夜 どこにも帰れない

星が消えてく 四角い空まで続く
誰にも届かない 私の声が枯れても

折れた翼を 広げて飛び立てるなら
叶わない願いを・・・私の言葉気づいて

125 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:39:23 ID:OUiXnM7k
夜空の星 見上げるたび
あの日の約束 思い出すの
遠くても君をいつも見守ってるから 負けないでと

今、流れ星が 想い運ぶからね
遥かな空の下で きっと 待ってて

忘れない 夢だけは どんなに切ない夜も
あの日の温もりを思い出して 泣かないで
いつの日か お互いに夢がかなう時が来る
その日まで 涙は胸にしまっておくよ

友達から聞いた噂 私を不安にさせるけれど
今すぐに会いに来てと本当は言いたいのに 言えなくて

胸を締め付けてる 孤独や強がりは
あなたに伝わらない 不器用な弱さ

届かない 淋しさが毎日増えてゆくけど
あなたの言葉なら残らず思い出せるよ
今日だけは 許してね 涙があふれてくるよ
泣かない約束は守れそうにもないね

あなたへと届けたい 時にはくじけそうでも
夜空の星達が 二人を繋いでいるよ
幸せを探してる 二人は旅人だけどいつかは結ばれる
運命だけを信じて・・・

126 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:40:34 ID:OUiXnM7k
陽だまりに揺れた白い風
おはようの精が窓に降りた
生温いスープ飲み干したら ほら
新しいシャツ着て出掛けよう

転がる坂道に不安抱いて
しゃがみ込む背中を 鵯の声が撫でてく

ここから見える明日を追いかけていたい
小さくたって汚れてたって他にはない
遠く広がる丘に登りつめた時
何よりも輝いて僕等を照らし出すから

雨粒に濡れて傾ぐ花 まるであの時の君のようで
虹色の傘を差し掛けてみた
また笑顔を取り戻すといいな

長過ぎる坂道 空は遥か
すり変わる景色に行き先も見失うけど
ここから見える明日にエールを贈ろう
切なさだって淋しさだって胸の波動
降り止まない雨などここにはないから
僕にだけ頷いて その涙もう拭きなよ

振り返る坂道
時に泣いた弱虫な僕等の足跡に花が咲いてた
ここから見える明日の絵日記描こう
平凡だって歪んでたって それが証し
何気ない顔をした朝日に会えたら
そよ風の真似をして この道歩いてゆこう

127 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:43:19 ID:OUiXnM7k
足下に風 光が舞った
日常にだけ積もったぶんの奇跡が
見上げれば雲も遠くへの帰路
幼い日の自分よりも早く
雪解けを待っていた子供のように
走る 光る滴 飛び跳ねてる
明日の出会いさえ気づかずにいる
季節たちの中で輝いているよ
世界中にはどんな想いも叶う日がくる
ずっと旅をしてゆく僕らに
小さな精たち舞い降りる

出会った場所も緑をなして
ゆるやかにも流れる時に委ねて
遙かに仰ぐ町並みの路地
幼い日の自分がまだ駆ける
あの遊歩道から聞こえてくる
木々の声や日々のざわめきに似た
奇跡の足音に気づいたら
こんなにまた強くなれるふたりだね
世界中溢れる想いに風が向いてる

ずっとこんなこと繰り返して
さよならのない旅をする

128 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:49:39 ID:OUiXnM7k
今日も 街を包む 騒めきの中
ただ時間だけが 過ぎ去ってゆく
君の着信音 好きな歌なのに今は聞けない

ふいに 立ち止まると 鏡に映る 私の姿に 苦笑いして
そんな私なんて 見たくなかったの 目をそらしてた
気がつけば 思い出しているよ
君の笑顔 受話器から聞こえる声
週末は 寄り添いながらあきれるほど キスをしてたね
どうして どれくらい君を傷つけてしまったんだろう
どうして あの時に気づくことできなかったんだろう…

隙間 うめられずに かすかに残る
"君のヌクモリ"で まぎらわしても
「好き」と言ってくれる 君はもう居ない
言い聞かせてた
わがままで 素直じゃない私 優しい君 いつも困らせていたね
辛いとき つまずいたときいつもそばで 見守ってくれた
こんなに 大切と失うまで分からないなんて
こんなに 感じてる涙した日々にさようなら…

でもね今 あの頃の 私には
見えなかったものや 夢や希望 見つけた
過ちに 迷い込んでた日も
きっと全て 今なら受け止められる
新しい 出会いのために悲しみから 笑顔に変えて

ねえ 出会えて よかったと同じ気持ちでいてほしいから
いつの日か 心から輝いた私を見せたい
"ありがとう"君に届くかな

129 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 18:50:39 ID:OUiXnM7k
『サヨナラ』と心の中で 呟き君に手を振った
幼き願いは 幕を閉じていく

同じ場所で笑い合って 同じ季節に涙をした
小さな頃 約束した二人だったのに

あの日 笑顔の君の隣で笑ってたのは
私と正反対の口紅の似合う女性

瞳の奥にはいつでも 冗談言う君の姿
気がつけば今日も君を捜してる
あの頃のようにもう一度 無邪気に手を繋ぎたくて
見え隠れしてる気持ちに戸惑う

せめて君といる時間は 楽しいフリするしかない?
待つ事さえできないかな? 募るこの想い

いつも妹の様に頭撫でるその手で
彼女の髪触るのは 見なかった事にして

言葉に出来ない想いも 二人過ごした時間さえ
胸にしまい込み 今カギをかける
『サヨナラ』と心の中で 呟き君に手を振った
幼き願いは幕を閉じていく

言葉に出来ない想いも 二人過ごした時間さえ
胸にしまい込み 今カギをかける
『サヨナラ』と心の中で 呟き君に手を振った
幼き願いは幕を閉じていく

130 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 19:17:59 ID:J8S7n9xk
誰もが 皆 知ってる 消せやしない 傷を
どれくらい 続くの? もう いらないよ

誰もが 皆 待ってる 争いのない 日々を
戦場の 兵士たち 思い出してよ
今 母の温もりを

この果てしなく 広い世界に 自分だけの地図 描いて
涙こらえて 僕等は 歩いてゆこう

立ち上がれ今 ほら何度でも 眠れる獅子 呼び起こして
生きてゆくんだ 明日へ

誰もが 皆 持ってる 一欠片の 愛を
憎んでも 何一つ 生まれないんだよ
そんなのもういらないよ

この限りある 時間の中で まだ見ぬ 楽園目指して
どこまでだって 僕等は 歩いてゆこう

振り向かないで 前だけを見て その身体 朽ち果てるまで
生きてゆくんだ 未来へ

思い出してよ 今 母の温もりを…

この果てしなく 広い世界の まだ見ぬ 楽園目指して
どこまでだって 僕等は 歩いてゆこう

振り向かないで 前だけを見て その身体 朽ち果てるまで
生きてゆくんだ 未来へ

131 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 20:05:38 ID:J8S7n9xk
夜の闇に紛れ僕等低空で飛び続けた
月は何も知らず低くエンジンが響いてた

そこにどんな人が暮らし笑い合っているのでしょう
そこでどんな夢が生まれ育まれていたのでしょう
地図に示された名も読めない町
今夜も正義を御幡に
生きとしいけるもの全て
焼き尽す紅蓮の炎が真下に流れる
予定どうりに機首上げて
弾薬庫の蓋閉じて勝利の旋回
何も見ない 何も聞かず 何も 何も 何も 何も

まるで祝うように花火ささやかに打ち上げてる
怒り嘆き悔やみそして憎しみを受け止める
朝日より早くまぶしい光が突然ガラスを砕いて
生きとしいけるもの全て
同じ色真紅の血が胸から流れる
力なく握る操縦桿
振り向き叫んでみても誰も答えない
月が遠く 霞み消える 母も 父も 友も 君も

生まれた国が違うなら
こんな砂漠の朝焼け見ずに生きてゆく
暁の空に夜鷹がはぐれてもう戻れない
流れ星になる
生きとしいけるもの全て
同じ色真紅の血で命を育てる
どんな正義をかざしても
流れる真紅の血を止められはしない

夢を見てた 長い夢を 長い夢を 長い夢を

132 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 22:04:37 ID:+0uBaqga
I had the last waltz with you
Two lonely people together
I fell in love with you
The last waltz should last forever

http://www.youtube.com/watch?v=GSFueb9wxlk
いい曲だわぁ。。。

133 :名無しさんの初恋:2006/11/23(木) 23:56:47 ID:AwDAc6z8
つかまえられないAngel 手に取れるのは一瞬の
時間と幸せだけで すぐ飛んでいってしまう
この地上にいるAngel 私をもどかしくさせる
誰でも心に羽はあるよきっと 私の羽はあなた 

134 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 01:44:54 ID:T2nNZaVd
出会えた二人を惑わすように
街は黄昏に暮れ始めている

思いがけない短い時間の中で
あなたは私に何を伝えるの

忘れられないあの日の場面の
まるで続きみたい笑い合うけど

忘れたくないあの日の出来事は
ずっと私の一つだけのお守りだった

曇り空の日は太陽が外に
顔のぞかせたり隠れたりしてる

私も似てますね 元気な時や
駄目になってしまうそんな時もある

恋人の腕に抱かれていても
どれだけ時間が過ぎたとしても

上手く終らせられなかった恋には
まだ少しの体温が残っているの

歩こう 夜がくるまえに
誰も知らない道草しよう

思い出はきっと通り雨のように
この景色をきれいにして
そして消えてく

135 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 02:40:14 ID:mYbHYoR0
どんな言葉で 今はいやされているの
君にはもうすてきな人が どこかにいたりするかな

この思い感じていたい 叶わないと知っても
今 僕の気持ちは一つだけ

136 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 03:09:07 ID:T2nNZaVd
でたらめな夢を好き勝手ばらまいて
オモチャにしていつまでも遊んでいた
“見えすいた明日が一番くだらない”と
気ままに生きたあの頃
Ah…せめて僕たちが一度背を向けたら
二度とは戻れない場所なんだと知ってたら
ハンパな夢のひとカケラが不意に誰かを傷つけていく
臆病な僕たちは目を閉じて離れた
君に言いそびれたことがポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては感じる懐かしい痛みが

何かに近づくために歩いたのか
遠ざかるためにただ歩いてくのか
Ah…あの時のこともあれからのことも
間違ってなかったのかホントはまだ知らない
強がるわけじゃないんだけど
立ち止まっちゃいけない気はしてる
想い出の僕たちを責める気はないから
君が置いてった言葉だけポケットの中で握りしめた
手のひらになじんだ感触を忘れたくないから

あれから君はどう生きてるの? 変わったのかな…
君が最後に詰めた夢のカケラたちは今どうしてる?
僕は二度とは戻れない時代なんだと気づいた

ハンパな夢のひとカケラが不意に誰かを傷つけていく
臆病な僕たちは目を閉じて離れた
君に言いそびれたことがポケットの中にまだ残ってる
指先にふれては感じる懐かしい痛みが

君は今何してる? 月が僕たちを見ている

137 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 11:53:29 ID:T2nNZaVd
青く冷たい風が吹く
あらゆる世の儚さを 叩き付けるかのように胸を打つ
そんな寂しささえも 解き放ってくれたものは
あなたの笑顔でした

ナンデいつも剥きになって傷つけてしまうんだろう 吐き出すと同時に後悔したって
今にも泣き出しそうな 歪んだその笑顔が消えるワケじゃないのにね
いつか小さなこの手をぎゅっと握りしめていた あの強さ残ってる痛い程に

あのドアを開けたその瞬間から 暖かい光溢れ 木漏れ日のように優しく包まれてた
I felt there is your love, so always in my life

何でも話せるくらいの心地よさがここにあって 当然のように甘えて来たよね
ちょっと照れくさくってあまり言葉に出来ずにいた
「いつもありがとう」
ここにあなたが残した奇跡誇れるように、と 汚れずに真っすぐに生きてゆくよ

花のように憂い眩ゆい微笑み いつでもそばにあった
離れていたって何より強い絆 躰に流れている
あなたの笑顔が あなたのその手が あなたの強さが
ずっと守ってきたもの ほら今輝くから
I felt there is your love, so always in my life

花のように憂い眩ゆい微笑み いつでもそばにあった
離れていたって何より強い絆 躰に流れている
あなたの笑顔が あなたのその手が あなたの強さが
ずっと守ってきたもの ほら今輝くから
I felt there is your love, so always in my life

138 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 17:06:59 ID:HYNud+yk
僕たちはすぐに立ち止まる
全てを受け入れる程
強くない

139 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 17:12:37 ID:HYNud+yk
最後に何か君に伝えたくて
さよならに変わる言葉を
僕は探してた

140 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 17:23:11 ID:iq2H+VsM
>>138
>>68

141 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 17:45:03 ID:q/7LyQ8L
D・A・Iですか?
浜崎あゆみの曲もありましたね。。

結構好きです。。

伴都美子は美人だけど偉そうな声と顔ですね。。
D・A・Iはブサメンですが、マッキー程ではないですね。。

142 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 19:07:02 ID:29xUo3Pz
気がつけば
しんしんと降り続ける雪が
景色を覆い始める
公園の錆び付いたゴミ箱
ベンチを埋めてく
目に映るこの世界のように
白紙に戻れるものなら
もう一度あの頃のように
お前とやり直せるのに…

143 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 19:12:50 ID:29xUo3Pz
気が付けば
ジンジンと靴の底を伝う
寒さに支配されゆく
濡れそぼつシャツの肩口から
冷たさが広がり続ける
もしもまだ温もりがあるなら
そのうちに乾いてゆくだろう
そしたら迷う事もなく
お前を抱き締めにゆく…

144 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 19:25:31 ID:1pkbDiju
たとえば この背に羽があるなら
旅立った貴方を追い掛けて

145 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 19:29:51 ID:iq2H+VsM
大竹さんの担当はジンジンです

146 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 19:44:06 ID:GQBbL94/
かわす言葉は皆異邦の人のようで
重く時を刻む城壁はそびえる

147 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 20:00:20 ID:SXhwi+fR
>>62
>>99
>>118
>>125
何という詩でしょうか?
複数あるのでもしお手数でなければ教えて下さい

148 :名無しさんの初恋:2006/11/24(金) 22:40:07 ID:ydYPV8ua
千の夜をこえて あなたに伝えたい
伝えなきゃならないことがある
愛されたい でも愛そうとしない

149 :マスター ◆kc./yINhGA :2006/11/25(土) 00:56:33 ID:sPcAQFs7
あの時の2人輝いてた
この恋は永遠と思ってた
僕のとなりには君がもういない
君のとなりには僕はもう…

今まで見た事ない泣き顔を見て
僕は君の手を握ってた
この手を離せばもう逢えないよ 君と
笑顔で別れたいから言う
マタアイマショウ マタアイマショウ

150 :マスター ◆kc./yINhGA :2006/11/25(土) 00:57:28 ID:sPcAQFs7
君の前では強く優しく頼られたかったよ
まさしく負けず嫌い 強がる芝居
最後の最後も素直になれない

あなたの言葉に涙し (涙し)
あなたを言葉で励まし (励まし)
言葉の魔法はもうすぐ
いい思い出となって消え去る

そして傷つけた事は謝らない
でも ありがとう これ以上は言えない
目的地なんてなかった
たどり着いたの あなたの優しさ
君はそんなに強くない

悲しみ 我慢してるのかい?
泣いてもいいよ 僕も泣くから
今日だけは 許してよ神様
(I just say good-bye)

151 :マスター ◆kc./yINhGA :2006/11/25(土) 00:58:13 ID:sPcAQFs7
今まで見た事ない 泣き顔を見て
僕は君の手を握ってた
この手を離せばもう逢えないよ 君と
笑顔で別れたいから言う
マタアイマショウ マタアイマショウ

いろんな人に愛されて
常にあなたは眩しくて
だから嫉妬し ケンカし 涙し
これからはもう それも出来ない
お互い違う人好きになって
お互い違う人生歩んで
僕はとっても幸せでした
(私もとっても幸せでした)

いつか心からいなくなるかも
だからしたいよ 素晴らしい過去に
この恋を未来に誇れます
涙まみれ 笑顔でめくる明日

そしてまず この場で別れ
わかってる きっと逢う事はないって…
だから言います マタアイマショウ
僕なりのサヨナラの言葉よ
(I just say good-bye)

152 :マスター ◆kc./yINhGA :2006/11/25(土) 00:58:51 ID:sPcAQFs7
今まで見た事ない 泣き顔を見て
僕は君の手を握ってたこの手を離せば
もう逢えないよ 君と
笑顔で別れたいから言う
マタアイマショウ マタアイマショウ

気持ちは割り切れないよ 簡単に
反対にその思いを大切にすればいい
整理が出来るまで思えばいい
会えなくて 側に居なくても
思うだけ 忘れない事だけ…
(I just say good-bye)

あなたと過ごした大切な日々
この僕を優しく包んでくれた
でも明日からはもう会えないよ
君と生まれ変わっても 必ず マタアイマショウ

今まで見た事ない 泣き顔を見て
僕は君の手を握ってた
この手を離せば もう逢えないよ 君と
笑顔で別れたいから言う
マタアイマショウ マタアイマショウ

(Yeah 君と僕と)
悲しい別れがあるから 楽しい時 笑えるよな
逃げ出さず 現実を受け止めた
もちろん 君に出会えてよかった

153 :名無しさんの初恋:2006/11/25(土) 02:09:24 ID:7XToPaaM
あたしの心響き渡るあなたの足音
ずっとずっと酔いしれていたい
始まりしか知りたくない終わりなど要らない
あなたの胸にあたしを刻み込んで

ねえこの固まり冷えた心を今すぐ燃え溶かしてよ
知らない振りしてあたしの前をさり気なく通るあなた

落ちぬ取れぬ消えぬあなたへの想いは正に
体中の落書きみたい
こすって赤く腫れてしまうから今すぐ
その手でぎゅっと強く包み込んで

154 :Hrst:2006/11/25(土) 02:42:53 ID:dyhOeXRd
傘もささず 同じ一言を
そっと繰り返し泣いている
雨に打たれて

離れてた この半年
寂しさを埋められずに
一人に負けた君
僕には責める事は出来ない

君の心に帰りたい 雨の中 今叫んでみても
二人の日々は輝いて 深く青く胸を締め付ける
止まない悲しみ

155 :名無しさんの初恋:2006/11/25(土) 07:29:09 ID:1KqujBKW
どんなに困難で 挫けそうでも
信じる ことさ
必ず 最後に 愛は勝つ


156 :名無しさんの初恋:2006/11/25(土) 16:00:44 ID:lOedNGgA
>>147

>>62 wonderfulworld    作詞作曲歌 TETSU69(L'Arc〜en〜Ciel)
>>99 I pray to stop my cry  歌:KOTOKO 作詞:KOTOKO 作曲:高瀬一矢
>>118 いっしょにね 〜幸せのある場所〜  作詞:KOTOKO 作曲:中沢伴行 歌:SHIHO
>>125 Feel in tears 歌:KOTOKO  作詞:KOTOKO 作曲:高瀬一矢






157 :名無しさんの初恋:2006/11/25(土) 16:41:50 ID:00xCILTg
何も欲しくない
同じ気持ちでいることが
愛ってゆうなら
いつかまた笑顔で出会える時が
来ると信じて歌うよ

158 :名無しさんの初恋:2006/11/25(土) 17:12:14 ID:HAbzAxtp
信じるコトが出来なくて
分からないワタシはドコへ
そばにいて、なんて言わないで

信じるコトが出来なくて
別れたいワタシはドコへ
離れたい、なんて言わないで

159 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 09:22:15 ID:w0DMxjiI
遠い日に見た 蜃気楼滲んだ影 これまでを 憂う memory
とてもよく似た 近未来見つける声 これからを 繋ぐ story

願いかける勇気忘れたの 素直に生まれたい
めぐりめぐる記憶の中で 確かな flavor

心閉ざして 止めた世界で過ごした 信頼を 誘う steady
歩み続けて 強いこの世界に来た 現実を 伝う melody

星の数ほどのぬくもりを この手に掴みたい
流星に呼ばれ気づいたの 駆け出す braver

願いかける勇気忘れたの 素直に生まれたい
めぐりめぐる記憶の中で 確かな flavor

星の数ほどのぬくもりを この手に掴みたい
流星に呼ばれ気づいたの 駆け出す braver

160 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 11:14:40 ID:o/6K6Owb
今年のクリスマスに
どうしても欲しい物があるの
baby
真っ赤なリボンにくるむ
ダイアモンドじゃなくて

………………………………
はぁ。
そうなんだよね。


161 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 17:42:26 ID:FJ84yhpX
ご存知の通り僕は素晴らしいROBOT
望まれた通り寝ずに働いてみせる

誰の為に生まれてきたのか

冷たい雨もギラつく夏も 哀しみ喜び感じない
いつしか夢のプログラムだけ どこかに消えてなくなった

カタカナで喋る僕は新しいROBOT
数字は完璧 会議は勝たなきゃ駄目さ

大事なのはマスタースケジュール

背中に君が腕まわしても ぬくもり安らぎ感じない
夜明けになれば明日のイメージ 独り言を繰り返す

錆びついて動けなくなるまで

冷たい雨もギラつく夏も 哀しみ喜び感じない
いつしか夢のプログラムだけ 誰かに書きかえられてる

背中に君が腕まわしても ぬくもり安らぎ感じない
真夜中だって期待されてる 着信だけが

tu ru tu ru tu ru ・・・ ru


162 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 18:12:07 ID:bXabqZOR
叶わない恋に溺れてもこのまま夢からさめたくない can't let go
わがままでいい揺るがない愛がここに欲しいよ


163 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 18:15:07 ID:t5oXbMw7
ぼくはくま くま くま くま
車じゃないよ くま くま くま

歩けないけど踊れるよ
しゃべれないけど歌えるよ
ぼくはくま くま くま くま

ぼくはくま くま くま くま
喧嘩はやだよ くま くま くま

ライバルは海老フライだよ
ゼンセはきっとチョコレート
ぼくはくま くま くま くま

Bonjour! je m' appelle kuma. Cmment ca va?

ぼくはくま くま くま くま
冬はねむいよ くま くま くま

夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま くま くま くま

夜は「おやすみ、まくらさん」
朝は「おはよう、まくらさん」
ぼくはくま 九九 くま ママ くま くま

164 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 20:56:01 ID:VP2TAYyq
罪でもいい 好きと言って

165 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 21:38:09 ID:Fek30OYP
暗い部屋の隅 ぼんやり光る
液晶に浮かぶ 君のアドレス
夜更け過ぎに話すほどの特別な話題など
昨日までも今日からも僕には思いつけないで

いつでも優しい君に会いたい 「気の合う友達」君が言うならそれで

無邪気に惹かれ騒ぐ僕の心を憎めばいいんだろう

好きになりたくなかった

166 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 22:36:34 ID:G5e/qZjK
甘い言葉 耳に溶かして
僕の全てを汚して欲しい
正しいものは これじゃなくても
忘れたくない 鮮やかで短い幻

167 :名無しさんの初恋:2006/11/26(日) 22:42:39 ID:FJ84yhpX
誰かの為に生きるという思いを込めた旗を抱き
拾ってきた笑顔の中に自分の笑顔だけ見当たらない

いつか聞こえた泣き声をずっと探してきたんだね
少し時間が掛かっただけ自分の声だと気付くまでに

星は廻る世界は進む おいてけぼりの心の中に

微かでも見えなくても命の火が揺れてる
風を知って雨と出会って僕を信じて燃えてる

ここに居場所は無いという涙で濡れた土の上で
倒れそうな旗をいつまでも支え続けてる人がいる

汚れた猫が歩いていく「行き」の道か「帰り」の道か
支えてきた旗を今まさに引き抜こうと決めた人がいる

旅立つ人よその行く先を 照らす明かりは君の中に

微かでも見えなくても命の火が揺れてる
歌うように囁くように君を信じて燃えてる

旅立つ人よ声が聞こえる 「愛しい人よあなたの中に」

星を廻せ世界を掴め 僕らの場所は僕らの中に どんな時も

微かでも見えなくても命の火が揺れてる
風を知って雨と出会って僕を信じて燃えてる

歌うように囁くように君を信じて待ってる
微かでも見えなくても命の火を見つける

168 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 01:14:55 ID:N6kNfcGB
逢いたい逢いたい逢いたいと強く願っていれば
何となく届くような気がしてならないのです

169 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 02:04:36 ID:0tl8AEyP
首輪や紐じゃないんだよ 君に身を寄せるのは
全て僕の意志だ

170 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 02:14:28 ID:3VgA4ysF
美しい『焔』を見た 死を抱く暗闇の地平に
憎しみ廻る世界に 幾つかの『愛の詩』を灯そう...

独りで寂しくないように 《双児の人形》を傍らに
小さな棺の揺り籠で 目覚めぬ君を送ろう...
歓びに揺れたのは《紫色の花》 哀しみに濡れたのは《水色の花》
誰かが綴った此の詩を 生まれぬ君に贈ろう……

171 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 07:10:46 ID:LAHo6o2g
だからお願い
僕のそばにいてくれないか
君が好きだから
この想いが君に届くように
願いが叶いますように

172 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 07:21:06 ID:RUEq8boA
さよならは僕から告げた
後悔なら何度したことだろう
時間だけ取り戻せたらいいのに…。

173 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 07:24:14 ID:RUEq8boA
ふときがついたその瞬間に
いつも君が浮かんでくる…
この思い感じていたい
叶わないと知っても
今 僕の気持ちは一つだけ
君以外の他の誰かをまだ
好きになれずにいるこわれそうで。

174 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 07:34:54 ID:lH5UPR8W
お日様ならば ほら目の前の行進の中
君は僕の大好きな口のカタチのまま
この空の下に顔を二つ並べ
時間のような白い雲をその目と目にうつす

僕は君の一番やわらかい所にうずまり
君はぶどうの数を数えながら食べ続ける
そうしないと消えそうでおっかなくって
歌うように君は数を口ずさんだ
この空の下はただまっ平らで

この空の下に顔を二つ並べ
時間のような白い雲をその目と目にうつす
この空の下はただまっ平らで
胸のここ ここら辺が 苦しくって

空の下/滝本晃司(元たま)

175 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 07:58:48 ID:RUEq8boA
僕だけの君ならばこの道をかけだして 会いに行きたい今すぐに…

176 :名無しさんの初恋:2006/11/27(月) 22:07:32 ID:YoplUl68
誰もいない場所へ 逃げ込みたくなる時がある 
生まれたままで
無邪気でいることも思いどおりに生きてくことも
実はムズカシイ

どうして・・・ 傷つけず 傷つかずに いたいだけなのに

眠レナイ夜ハ 眠ラナイ夢ヲ
「素顔」という仮面剥ぎ取って 夜明けを待つから
ワタシのままでいい ワタシなんだから
キズツク・マヨウ・コロブ でもキライじゃない・・・ この道

すこしだけカナシイ すこしだけツラクなる時は
笑顔を見せて
愛しい人の名を 呼ぶたびココロは甘えていく
そこから見てて

いつも・・・ ひとりでいる気がしてた キミに逢うまで

空に向く花も うつむいた花も
ためらうことに気づいて 風に揺れるけど
キミがくれたもの キミにあげるもの
ふたりでいる勇気は ひとりでいても・・・ 消えない

もうすぐ夜が終わる もどれない今日を重ねていく・・・ 夜明け

眠レナイ夜ハ 眠ラナイ夢ヲ
「素顔」という仮面剥ぎ取って 夜明けを待つから
ワタシのままでいい ワタシなんだから
キズツク・マヨウ・コロブ でもキライじゃない・・・ この道

177 :名無しさんの初恋:2006/11/28(火) 03:16:25 ID:1xU2B1vQ
たとえ少し離れていたとしても
がんばって! がんばって!
そう心の中で叫んでいるよ。

178 :Hrst:2006/11/28(火) 04:54:39 ID:JFhCL1Oa
思い通りにならない現実に振りまわされっぱなしだと
見抜けなくなる 流行のマニュアル
だけどもらしくない自分自身に 苛立ってばかりいたくせに
傷つくのが怖くて時々 誰かのせいにしていたよ

なんとなく なんとなく
生きて行くのもいいけれど
それじゃあんまり夢がなさすぎるから
そろそろ本気でWake up!!

24時間何でも売ってる店につい通ってしまう毎日
僕たち体内時計なんだかズレてる
「自由が欲しいよ」と叫んだ頃が きっと一番自由だったね
だけどそれを教えてくれたのは 今日まで重ねた月日

ちょっとずつ ちょっとずつ
変わってゆく景色に惑わされず
僕は穏やかな顔で笑えるのだろうか

どうしても どうしても
嫌なことがあった日は
少しぐらいハメはずしたっていいじゃない
人生はExciting Game

なんとなく なんとなく
生きて行くのもいいけれど
それじゃあんまり夢がなさすぎるから
そろそろ本気でWake up!!

179 :名無しさんの初恋:2006/11/28(火) 06:28:05 ID:1xU2B1vQ
君もどこかで笑ってる
泣きたいときでも きっと…

180 :名無しさんの初恋:2006/11/28(火) 07:52:03 ID:A0Vf80XR
小さいころは神様がいて
不思議に夢をかなえてくれた
やさしい気持ちで目覚めた朝は
おとなになっても 奇蹟は起こるよ

カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

小さいころは神様がいて
毎日愛を届けてくれた
心の奥にしまい忘れた
大切な箱 ひらくときは今

雨上がりの庭で くちなしの香りの
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

カーテンを開いて 静かな木漏れ陽の
やさしさに包まれたなら きっと
目にうつる全てのことは メッセージ

181 :娜朋 ◆cat/Am/PM2 :2006/11/28(火) 09:23:07 ID:LR8ik7V5
月日が流れ
『サヨナラ』の意味が解る頃は
きっと君は僕を忘れて?
君を忘れます
もう会えないから?

182 :名無しさんの初恋:2006/11/28(火) 14:44:08 ID:CaNFjS9L
最後の時が訪れて
夢ならば醒めて欲しかったよ
迷子を探すような月が
今日も光るだけ

183 :名無しさんの初恋:2006/11/28(火) 18:56:30 ID:NJCB9Cnn
I can 迷わずに 進もう 願いに 近づけるよ I see the light
wake up, stand up もう一度明日へ try

Look at my 小さいこの手で Hold on tight つかまえた my precious
なくしそうな visions in me 見失いたくない 自分の way

Do you know that I want it all
心の奥で 輝き続ける その夢を 忘れないで

I can 迷わずに 進もう 願いに 近づけるよ
いつの日にか 溢れる光の花を咲かせよう I see the light
wake up, stand up もう一度明日へ try

Here I am 瞳閉じたら 独りじゃないことに 気づいた
乾いていた心が嬉しい涙に染まる once again

I promise 今から この胸の奥で 動き始めた この鼓動を 感じながら

I will 思い切りつらぬく このまま 走りたいから
いつの日にか 夢見た場所で a-ha-ha と笑っているでしょ
wake up, stand up 何度でも get up and try

carry on... I realize I realize that we can get there

I can 迷わずに 進もう 願いに近づけるよ
いつの日にか 溢れる光の花を咲かせよう

I will 思い切りつらぬく このまま 走りたいから
いつの日にか 夢見た場所で a-ha-ha と笑っているでしょ
wake up, stand up 何度でも get up and try

184 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 00:27:01 ID:bW9tylha
"やっと出会えた"気づいた時は遅くて
大人びた今なら もう少しうまく付き合えそうだよ
今まで それなりに 恋をしたりもしたけど
ふと気づいた その瞬間に いつも君が浮かんでくる

この思い感じていたい
叶わないと知っても
今 僕の気持ちは一つだけ

君以外の 他の誰かをまだ好きになれずにいる こわれそうで
今は 別々の道だけど 僕は全てを受け止める

伝えていいのかも わからない
この気持ち 叶うのかな いつかは
そんなこと言う権利もない
君は今 何オモウノ…

どんな言葉で 今は癒されているの?
君には もう素敵な人が どこかにいたりするかな

この思い感じてほしい
今 僕の恐さや後悔も
全てを打ち明ける

あれから何度も 君に触れたくて 眠れない夜に目をつぶってた
今は 答えを出せずにいる 君を悲しませたくない

伝えきれないほどのないこの愛を 目をそらさずに感じてほしいよ
どんな言葉も受け入れるよ
君は今 何オモウノ…

君だけを愛しているよ

185 :Hrst:2006/11/29(水) 04:48:54 ID:Da8UuC7Z
氷の上に立つように 危なげなことをしたい
思い描いてた夢も形にしてみたい
Forever My Destiny

186 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 14:44:25 ID:AOQCTjUb
ぶつかり合い励まし合い
立ちはだかる闇を越えよう

187 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 18:08:13 ID:3gGhrKDb
素直になれないなら
喜びも悲しみも虚しいだけ

188 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 18:25:06 ID:xUy+RvHh
たわいない時間と 押し寄せる不安に 負けそうな時は
優しく微笑む 君を想うだけで 強くなれるから

遠く離れていても
いつも いつも ひとりじゃない 僕らは

思い出して 忘れかけた
夢路を今 君と歩き出す
見上げた空 涙色に 滲んでも
きっと 笑って また歩き出せるから
信じること

並べた思い出 1つ1つ 光る カタチのないモノ
重ねた季節は 色褪せはしない かけがえないモノ

やわらかな風が今
そっと そっと この背中を 押してるよう

どんな時も どんな道も 上を向いて 生きてく強さと
君がくれた 温もりが この胸 いっぱいに 溢れて
小さな 希望がほら ふくらんでゆく

思い出して 忘れかけた
夢路を今 君と歩き出す
見上げた空 涙色に 滲でも
きっと 笑って また歩き出せるから
信じること

189 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 18:29:33 ID:psNpGPSL
どんなに離れても
その涙を流させぬ様に
小さなその体が
震えてしまわぬように
いつでも側にいる
海のような広い心で
君だけまもりたくて
ここまで歩いてきた


EXILE

190 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 18:33:01 ID:/X0aKrw5
知らないうちに
そこにあった
ただ押し寄せる
あなたへの想い
胸は満ちて息が苦しい
どうか恋よ散らないでいて
還る場所はないハズだから

191 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 18:36:27 ID:Es5iFaw1
サヨナラから始まることがたくさんあるんだよ
本当のことは見えてるんだろう
その想いよ消えないで
その想いを僕に見せて

192 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 20:29:58 ID:QqMc2TA4
悲しい日には 嘘つき歌 
ひとつ 遠く 歩き出そうか

193 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 20:31:48 ID:W7LRPdXe
昨日よりも 明日よりも
今の君が恋しいから

194 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 21:26:38 ID:3d7b7plb
砂の上刻むステップ ほんの一人遊び
振り向くと 遠く人影渚を駆けてくる
不意に背筋を向けて 恋の予感甘く走った
出会いはスローモーション
軽いめまい誘う程に
出会いはスローモーション
瞳の中 映る人



 

195 :名無しさんの初恋:2006/11/29(水) 22:03:01 ID:QqMc2TA4
>>193
その曲、題名なんだっけ?!

196 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 00:05:39 ID:sixqiGP4
このまま忘れられなくて 閉じ込めてはいられなくて

踏み込んじゃいけないと わかってても
この気持ちどうしてもGotta let you know
あつく 激しく
動く時間の中で
欲しいよ君の heart,boy…一瞬でも

叶わない恋に
溺れても このまま
夢から覚めたくない
Can't let go
わがままでもいい
揺るがない愛がここに欲しいよ

甘く 静かに
時はながれてくのに
体がIt's breaking apart boy どうして…

壊れそうな位不安になるだけ Oh why独り占めしたくなるの何も言わずに ただ君の愛がここに欲しいよ

Tellme how to befreeOh baby,oh baby
Will my heart befreeSo tell me一瞬でも…
叶わない恋に溺れてもこのまま夢から覚めたくない
Can't let go
わがままでもいい
揺るがない愛がここに欲しいよ

壊れそうな位不安になるだけ Oh why独り占めしたくなるの何も言わずに ただ君の愛がここに欲しいよ

197 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 00:21:24 ID:WyVnNYjy
いい日旅立ち 夕焼けをさがして 母が教えてくれた 歌を 道連れに
             
われはゆく 心の命ずるままに われは行く さらば 昴よ

死にかけている 僕のたった一つの soul は 違う景色を見たいと もがいてる。
真っ赤に溶けて 注がれる場所を 求め 出発したいと願ってる きっと。
どこか最果ての場所へ

198 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 00:30:47 ID:a/MHMKrq
195さんへ
spitz 「恋のうた」

199 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 00:36:17 ID:d+rzOBp6
忙しすぎるあなたは電話をかけ直してはくれない
寝ても起きて目が覚めても頭の中は君でいっぱい
着信あるたび膨らむ期待
受信するたびにでかくなる不安
心で泣いて顔で笑って



幻のように訪れては過ぎ去ってく時間と思い出
あの時のように二人だけで出かけていく日々はもうなくて

200 : ◆eRDUfXaGp2 :2006/11/30(木) 00:56:13 ID:lNg3UeRY
誰にも気付かれないよう 隠れて泣いてる人
誰より強くいたいと 涙ころし生きる人
頼もしく映るアナタの 周りに増えていく人びと
アタシもきっとその一人よ 誇りに思うのとっても
でも知ってるそれほど 皆が思うほどアナタの
手にはまだ 力ない事も 余裕ない事も

だから そういつでもおいで 怖くなったんなら おいで
一人遠くへ行きそうなら 手 掴んでたげるから おいでよ
そう いつでも おいで 分からなくなったら おいで
どこか遠くへ 行きそうなら 手 捕まえてたげるわ おいで
アタシでよければ 黙っててあげるわ アタシでよければ

楽しげに話す彼等の 顔を思い出せば出す程
吐けない言葉の多さを 知ってしまうのね 酷にも
とめどなく 込みあげる思いも
ウソ 上手くなればなる程
壊れて消えて そして誰にも
自分にさえも知られなくなるのね
分かってるこれほど 辛く厳しい事
どれほどアナタが 耐えてるかって事も 言えない事も

201 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 01:07:28 ID:Cr5iwwLu
きっといまのあたしにはあなた以上はいないでしょう

202 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 01:14:51 ID:64hvoHV1
宝島が見える頃 あなたのお姫様は誰かと腰をふってるわ…

203 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 02:14:07 ID:CwKXYzu0
恋は迷わずに飲む不幸の薬
恋はささやかな悪魔への祈り

204 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 02:27:52 ID:jCy0hxyA
夢見てるから儚くて
探すから見つからなくて
欲しがるから手に入んなくて途方に暮れる

205 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 06:02:08 ID:SmysL89Y
ひとみを閉じて君を描くよ それしかできない
たとえ世界が僕を残して すぎさろうとしても…

206 :Hrst:2006/11/30(木) 07:20:36 ID:D3swph/j
さよならのかけら蹴飛ばして 負けないように未来へ走るよ
何故君は行くの ひずんだ僕の声

もう会えないと 笑えないジョーク
ねえ 出来れば捨て台詞投げかけて
ポケットにあるピアス 指で探った

この街の出会いと別れは コインで決める程簡単なの
さよならのかけら蹴飛ばして 負けないように未来へ走るよ
何故君は行くの ひずんだ僕の声

207 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 12:05:41 ID:PWYiRUBD
窓を開け顔を洗いコーヒーをいれ
時々僕は波間に顔を出すだけ

208 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 15:43:13 ID:+FCiuvc6
幸せの為に何処まで努力していいのだろう
私はただ望んでたいの
退屈で当たり前の日々たちを

209 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 16:17:18 ID:qV8ehBJI
ささやかな幸せと 好きな歌を信じて
好きな歌を信じて 心おだやかな朝
書き出した手紙 いまはすべて輝く
いまは すべて 眩しいほどに
駆け回る子供なら 素直に感じること
風が気持ちいいこと ただ忘れていた
日々は すべて生まれる 
日々は いつも新しくなる
あたりまえの ことばたち
「ありがとう」も「おはよう」も
あたりまえの ことばかり
美しく思える そんな日がある
振り向けばそばにいて おしゃべりして笑って
人につながりながら いま生きていること
時はそっと教える 時がきっと愛おしくなる
あたりまえに来る朝も 光る海も雨の街も
あたりまえの ことなのに
かけがえのない日々

生きる意味は 生きること
探しながら 迷いながら
生きるために 生きること
かけがえのない日々 ただ抱きしめて
いま そこにあるその幸せを・・・

210 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 16:57:19 ID:7HzurEdM
たまにあたしを思い出してね

そして小さな溜息と肩を落とし切なくなってね

211 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:35:28 ID:owyI5hg8
一応神様に伝えてあるんだ
これからの君の幸せのことなんかを

キレイになってくといい
君も僕の心も

さよなら 君のこと全部
さよなら あの心全部
もう僕はそこにはいない そこにいない

救われないな はしゃいだ笑顔も
もう二度とは見れないんだな
なんか無性に部屋の物全て何もかも捨てたくなってきたな…

意外に君が僕に入り込んでたんだトゲのように

さよなら 君のこと全部
さよなら あの心全部
さよなら あの景色全部
さよなら 僕のこと全部と君は
ここにはいない ここにいない

212 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:45:45 ID:lWX3W92A

幸せの形は変わってく

気付かずにのんびりと


213 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:48:49 ID:DEiOcNRr
好きだよ 大好きだよ どこまでもいっしょ
恋するあたしには あなただけなの


214 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:52:13 ID:Mv7V+/ED
あたしがここにいる証はあなたにあったのに
行かないで

215 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:53:38 ID:EV/yx8Em
細い煙草は君の剣 夜の罠から守ってくれる
赤いルージュは厚い埃 素顔の涙隠してくれる
押し流される時に立ち向かう
君は優しいLonely solider girl
Good luck Miss dreamer
眠れない長い夜
Good luck Miss dreamer
溢れ出す不安さえ 君の明日を消せはしない
Good luck Miss dreamer
闘うのは自分さ
Good luck Miss dreamer
信じるのは自分さ
君の夢を掴む日まで

216 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 20:57:44 ID:7HzXrK0e
「あの頃」の「未来」に僕等は立っているのかな…

すべてが思う程上手くは行かないみたいだ…

217 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 21:11:14 ID:6A7zSC0P
もうじきね巡り会えて
二つ目になる冬が来るから
寒がりな君に僕が
してあげられる事があるといいなぁ

218 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 23:26:32 ID:KpaTcGDS
白い雪に一人で
凍えそうな夜でも
君を愛してるのは
僕の最後の勇気

219 :名無しさんの初恋:2006/11/30(木) 23:59:20 ID:5bJhu/ok
ゆらりゆらりゆらゆら 揺れながら月の下で踊りませんか?なんて、
らしくないかな?(笑)
それでも君とこうしてたいんだ
月ノ下・交ワル・甘イ・カクテル

220 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 00:38:30 ID:F3g/7PkE
今まで見たことない泣き顔を見て
僕は君の手を握ってた
この手を離せばもう逢えないよ 君と
笑顔で別れたいから言う
マタアイマショウ マタアイマショウ

君の前では強くやさしく
頼られたかったよ まさしく
負けず嫌い強がる芝居
最後の最後も素直になれない
あなたの言葉に涙しあなたを言葉で励まし
言葉の魔法はもうすぐ思い出となって消え去る
そして傷つけたことは謝らない
でもありがとう これ以上は言えない
目的地なんてなかったんだ
たどり着いたのあなたの優しさ
君はそんなに強くない 悲しみ我慢してるのかい
泣いてもいいよ僕も泣くから
今日だけは許してよ神様

221 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 01:19:28 ID:Fb7kDVGk
じっと抱え込んでた
どんな迷いもどんな心残りも
あどけない微笑みが全部吹き飛ばしてくれた

222 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 02:08:33 ID:dYcO8PhI
離れてから私
恋をしなかったわけじゃない
だけど心にいつもあなたがいたの
゙会えなければ忘れられる"
そう思ってた
でも会わなければ
会わない分募る想い
元気でいますか?
やっぱり声が聞きたい
もう一度受話器をとった
あなたの番号一つ一つ押してみる
でも勇気がなくて…
今恋してますか?
きっともう想い出だよね
あなたの番号最後まで押せなくて
時だけが過ぎてゆく

223 :Hrst:2006/12/01(金) 02:59:57 ID:/3+ePA2Z
浮気ならいいけれど 本気にならないでね
本気になりそうなら 浮気もダメよ

愛され上手と 愛され知らずの影が
暗い部屋の片隅で

ゆら

         ゆら

ゆら

         ゆらり

224 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 03:25:16 ID:lf/UH8Sc
一瞬も一秒も忘れたことなんてない
あなたこの想い知らない

225 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 03:34:22 ID:LY5zkGVN
どこにいても 何をしてる時も 君のことが頭から離れない
教えてくれた 届かぬつらさ 恋のせつなさ 愛する喜びを

その笑顔も 受話器越しの声も 人ごみが苦手な小さな体
悪い癖も 君にしかないもので輝いている
全てが one and only

僕の中で君を思うことが 明日の生きる力に変わってく
もし向き合えたなら 同じ歩幅で信じあえる道を 歩いて行こう


226 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 06:44:47 ID:Q5L1mNAe
永遠の夏の扉 開いて旅立つ
悲しみは足枷じゃない 消えない約束

227 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 06:52:32 ID:Ud/uAWQ+
君を抱き締めたくて
長い季節を越してきた
この想い届く事今
信じてる…
明日君に会えたなら
伝えきれなかったこと伝えられるよ
そしてきっと君といる
僕の前で起こる奇跡


228 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 07:55:02 ID:TBI+GD/K
教えてください、、、神様
あの人は何を見てる?何を考え?誰のために生き続けるの?

GOGO 7188/こいのうた


君と見るこの景色あるならば、何もいらない、、、。
君がいないこの景色は雪の中で見る止まった世界。

コウダクミ/you



【サヨナラ】と言えば君の傷も少しは癒えるだろう・・・。
会いたいよと泣いた声が今も胸に響いてる。

SMAP/オレンジ


無理だとしても心の中に君を描くよ。
素直に言えない僕が嫌になっていくんだ。
HY/CANVAS










229 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 13:19:19 ID:jVfWUli9
思い返せばよく似ていたね
素直じゃない言葉だとか 強がりな後姿とか
それ故きっとお互い様に 飲み込んだ想いもあった
気持ちのまま不安を口にできるほど
強くなくて


230 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 17:02:53 ID:ZxEYSyUy
こうして日々は経つけれど
大きなジャンプもせずに
あなたはどこで何をしているの?
あおぎあおがれどこまでも

231 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 17:18:47 ID:t+NJZAAh
あんな夜の出来事なんて
誰にだってある事だから
失敗しちゃっても笑顔でかわそう
出会い別れ繰り返してる
そんな日々は地球の上で
きっと一番短いHistory
傷付いた翼そっと休めて
何もないこの場所から一人歩きだそう
ゼロになって始まる 全てが今生まれる
もう泣かない二度とは
振りかえらないよ

232 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 17:35:48 ID:W8rS1Xcz
もう1度生まれ変わってもまた二人出会いたいと想う毎日が来るたびにきっと
その想いは増えていくでしょう

大塚愛/Strawberry Jam

233 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 19:16:22 ID:a+hu5ge/
駆け引きなんていらないの信じたいだけ

過去も今も虚像の中
巡る巡るこの現実
疲れ果てたこの体に
愛の媚薬をちょうだい

欲望に溺れたいのにあなたがいない

罪も嘘も許しましょう
揺れる揺れるこの幻
遠い遠いあなたの声
もっともっと感じてたい
過去も今も虚像の中
巡る巡るこの現実
抱かれ乱れ壁にもたれ
滲む影が彷徨う

234 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 19:37:38 ID:2bz2NK2h
優しさだけじゃ 生きられない 別れを選んだ人もいる 再び僕らは出会うだろう この長い旅路のどこかで

235 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 19:38:02 ID:4E6oOXTJ
叶わない恋だと知っているから気持ちはもっと熱く強くなりあなたの前じゃ笑う事しか出来ず



さよなら君の声を抱いて歩いてゆくあぁ僕のままでどこまで届くだろう

236 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 20:38:36 ID:a+hu5ge/
途切れない軌道
確かな意味と何度はぐれても言える
「全てはきっと私そのもの」だと

跡形さえ無くなった心が私を抱き
「貴方の方が少し脆いだけ」と言う

行き場を失う衝動に
横たわったなら思い出して

途切れない軌道
確かな意味と何度はぐれても言える
「全てはきっと私そのもの」だと

「信じようとぶつかる壁を恐れないで」
破けた靴が私を連れ戻す

幾ら階段を踏み外しても
幾ら迷っても言える
「こんな足でも歩けない筈はない」

途切れない軌道
確かな意味と何度はぐれても言える
全てはきっと私そのもの
微かな糸に変わって行く

自分が自分を見失ったり絶望に潰れそうな時
思い出すだけ
何にも失くしてない

237 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 20:55:04 ID:9JOAO1Er
そして僕の願いは
君が笑うそのことが
何よりもただうれしくて
君に贈るよ
僕からの
このキモチ
ありのまま
伝えたい
白く光る季節を添えて





238 :愛家:2006/12/01(金) 21:03:42 ID:jSwjhPic
世界中でこんなにたくさんの人がいるのに
あなたと出会って恋に落ちて同じ気持ちになれたのに
会えない会いたい今あなたに会いたい
会って強く抱きしめて   HY 

239 :名無しさんの初恋:2006/12/01(金) 22:29:23 ID:4V9GUmBT
どこがいいのかって友達に聞かれるけれど
上手く説明できなくてあれこれと理由を探してみる
理想の条件を例えいくつ満たしてても好きになれないこともある
今素直に一緒にいたいだけ
鈍感なの奥手なの
そんな対象じゃないの
結果はこわいけど、結論出したい……!

240 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 00:19:37 ID:Z9gmfFWQ
伝えたい想いは溢れるのに
ねぇ上手く言葉に出来ない
あなたに出逢えていなければこんな
もどかしい痛みさえも知らなかったよね

241 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 00:44:59 ID:46ur9pwR
手をつなぐ位でいい
並んで歩く位でいい
それすら危ういから大切な人は友達くらいでいい

242 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 01:13:44 ID:yURNSa2u
君を忘れ 何も変わらずに きっと暮らせるだろう
そんな平和な日が来たとしても 物足りないだろう
燃え盛る炎を飛び越えて そこまでいってみよう
今でも君が微笑むのなら 何も怖くないよ
道は何処までも続くよ まるで流れる川のように

243 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 01:42:09 ID:pkc5WdX7
私にとって大事な人間
大事な宝物だから
忘れない 忘れない
大好きだから
私にとって あなたのことを
一人の人として 大好きで 大好きで
誇りに思います
愛しさを僕にありがとう
やさしい君の愛を 愛しさを僕にありがとう
君の愛をもう一度…



244 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 01:59:04 ID:fMP12Mjs
本気で忘れるくらいなら
泣けるほど愛したりしない

245 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 02:46:16 ID:+Erpq0Is
どうか灯火を頼って
傾く世界に祈りを

凍えた心は家路に返して

もっと側へ
今は最高の魔法で
積もる雪も翼に変え
貴方の肩を暖めよう
眠れるまで

希望の瞳を落としても
それを探す腕は残っているから

忘れないで
約束なんて要らない
寒い夜も奇跡に変え
貴方の元へ飛んで行こう
どこに居ても

この静寂をなぞる不安さえも
抱いてあげよう
負けない力で
強く

もっと側へ
今は最高の魔法で
積もる雪も翼に変え
貴方の肩を暖めよう
眠れるまで

246 :名無しさんの初恋 :2006/12/02(土) 03:55:45 ID:e0GnxPSZ
垂れ流すだけで 首ごと泣いてる
他に日陰すら つくれないでいる
降りしきる太陽 かわききらない風

川の向こうで けむりがゆれる
しわを寄せては 気温が上がる
大したものはないだろうと言う
それでもいいと あの娘は笑う

247 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 05:07:21 ID:48a+J4u+
匂うように笑うように雪が降る〜白い景色逃げるように汽車は走る〜さよならが夢ならば引き返すけど〜あの頃が夢ならばこのままゆく〜

248 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 06:07:11 ID:tQG7TT8Q
君に伝えたいことばかり 後から溢れるから
明日また会えるんだけど もうちょっと傍に居たいと
思うのは贅沢かな

249 :Hrst:2006/12/02(土) 06:15:01 ID:yF6bo2E+
In a little while from now,
If I'm not feeling any less sour
I promised myself to treat myself
And visit a nearby tower,
And climbing to the top,
Will throw myself off
In an effort to make it clear to who
Ever what it's like when your shattered
Left standing in the lurch, at a church
Where people 're saying,
"My God that's tough, she stood him up!
No point in us remaining.
May as well go home."
As I did on my own,
Alone again, naturally

250 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 18:26:39 ID:HQGJM5Mk
泪をふいて空を見上げて
君の微笑みが世界を変えるスマイル

同じ地球で生まれ僕らは生きている
意味のない事なんて一つもないんだ
足りないものを探して争い合う事よりも
そのままの君が何よりすばらしいから

一人ぼっちの夕暮れの帰り道
例えばそんな時だっていつも

泪をふいて空を見上げて
君の微笑みが世界を変えるスマイル

遠くにいてもホラ君の事を想い出しているよ
君は今日も元気でいるかな
忘れていた大切なモノ君は教えてくれた
たくさんのありがとうを伝えたいんだ

悲しい気持ちを優しさに変えて
君も僕も変わりはしないさ

勇気を出してこの手を握って
信じる心が世界を変えるスマイル

泪をふいて空を見上げて
君の微笑みが世界を変えるスマイル

君の微笑みが世界を変えるスマイル



251 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 18:38:30 ID:HQGJM5Mk
一人君は泪を流していたね騒がしい街を背に
どうしようもないくらいに不器用な君の優しさに僕の心は奪われた

その笑顔の裏に隠していた痛みを
僕にそっとあずけて だから

旅立つ君の手はほんの少し震えてるけど
幸せの扉を今その手で探しに行こう

共に歩く毎日の中ですれ違ってしまいそうな時も
聞こえているかいいつだて君の名前を呼んでいるよ

言葉に出来ればもっと深く伝えられるはずなのに
伝えきれない想いを空に向けて

飛び立つ僕らの羽は今はまだ小さいけれど
幾つかの傷跡を胸に受け止めて行こう

それぞれの悲しみを知ってゆく事から愛を探す旅は始まる…

だから旅立つ君の手はほんの少し震えてるけど
幸せの扉を今その手で探しに行こう
幸せの扉を探しに行こう

一人君は泪を流していたね騒がしい街を背に
どうしようもないくらいに不器用な君の優しさに僕の心は奪われた




252 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 18:58:35 ID:HQGJM5Mk
小さな事ですぐ悩む僕を
「大丈夫」って君が何気なく笑ったなら
冬の風は今日もずいぶん冷たいけれど
どうにかなるさと不思議と想えた

ダーリン…君の前ならいつだって素直になれる
ダーリン…情けない自分だって受け止められるよ
だからこのまま…

どんなことがこの先僕等をまっていよう
迷い込み目を背けたくなるそんな日も
君を想っていよう…
君を想っていよう…

突然降り出した雨に
路地裏に逃げ込んで雨宿りをしていた
悲しい目で遠くを見ている
君をそっと抱き寄せた

ダーリン…もう一人ボッチなんかじゃないんだよ
ダーリン…教えて欲しい小さな肩震わせて流す泪のわけを
そっと僕にだけ…

同じ早さ同じ歩幅で二人歩いてゆきたい
見失わない様に強くその手を握り締めて
君を信じていよう…
君を信じていよう…




253 :切ない片思いだな:2006/12/02(土) 18:59:43 ID:bZfQ8G9c

君の瞳はどんな鏡よりも美しく残酷だね
君の瞳に私が映るとね 信じられないくらい幸せな気分だよ

だけど君の瞳の中には 私の居場所はないんだよね

切ないよ
苦しいよ
悲しいよ

言葉に出して消えるなら何度でも叫び続けるよ 喉が枯れるまで

ほらね 君の瞳は今日もあの子を求めてる
私ではないあの子を一生懸命その瞳で追いかけてる

君の瞳とあの子の瞳が合ったとき いつも君は少し照れながら素敵な笑顔するでしょう?
私はその笑顔をいつも遠くからみてるだけ 眺めてるだけ

そのたびに私の心が涙するなんて 君は考えたこともないだろうね
あの子になりたいな なんて思ったりしてね

君の瞳に映った私はどんな鏡でみるよりも輝いて見える
少し悲しみ押さえながらも私は笑うの あなたの瞳の中で

叶わないことがわかっているから辛いの 一歩を踏み出せないの
私の瞳に映った君は 歪んで見えたことでしょう

涙という障害物で



254 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 19:02:43 ID:HQGJM5Mk
愛してる愛してる
理由なんていらない
誰になんて言われても構わない
ただ君に触れていたい…

生きている生きている
金も名誉も
くだらないプライドも捨てて
ただ君を感じていたい…

だからもっともっともっと
そばに来て
今はそっとそっとそっと
抱きしめさせて…

そしてずっとずっとずっと
こうしていよう
君をやっとやっとやっと
見つけたから…




255 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 19:06:01 ID:15eXOXGX
世界さえも終わりそうで
堕ちてく夢に抱かれる

256 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:14:12 ID:wiY8oEJZ
どこまで続いてんだー? この青い空
暑い夏の日射しがー やって来るんだぁー

その両手広げて すぐに水あげよう

裸足になってよ Be Free 解放して ほしい
今、ありのままの君を見せてよ
何度も You got to believe マジ 簡単だし
強く願えば何かが変わるさ できない事なんてない!!

夢にまで見た週末 今日は何もしない
昨日までの涙は どっかに行っちゃたぁー

時々不安になるし たち止まったりしちゃう

裸足になってよ Be Free 感じてみて ほしい
難しく考えないんでいいんだ
ひらめきを discovery まぶしすぎる 瞬間
僕らは何か見つけていくんだ なんにだってなれるんだよ!!

時々不安になるし 立ち止まったりしちゃう

裸足になってよ Be Free 解き放して ほしい
今、ありままの君を見せてよ
何度も You got to believe マジ 簡単だし
強く願えば何かが変わるさ

裸足になってよ Be Free 感じてみて ほしい
難しく考えないんでいいんだ
ひらめきを discovery まぶしすぎる 瞬間
僕等は何か見つけていくんだ なんにだってなれるんだよ!!

257 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:28:29 ID:dhjwGTRp
ほんの小さなすれ違いだけで
全部壊れてしまうのか?
そんな儚い絆ばかりじゃないだろう
さぁ、見つけるんだ
僕達のHOME

258 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:36:18 ID:650j8TwT
また少しだけ君のこと
無断で好きになったけど

259 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:44:59 ID:+Erpq0Is
スピッツの空も飛べるはず

260 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:46:57 ID:ThKa0oGm
スピッツは悪魔の手先だそ

261 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:52:29 ID:pn89eup9
あなたが生きているこの世界に僕は
何度でも感謝するんだ

溜め込んだ涙が腐ってしまう前に
ハロー ハローグッバイ

藍坊主/ハローグッバイ




君は人間洗浄機
この機会にどのご家庭にも1つは用意して頂きたい
こりゃ買わない手はない 嘘ではない

驚くべき効果を発揮します
正しい自分に出会えます
ただ中毒性がございます
用法用量をお守りください

こんなキャッチフレーズを書こう
やっとこさ君のクローンが成功した時にでも
だって 君は世界初の肉眼で確認できる愛
地上で唯一出会える神様

RADWIMPS/有神論
 






262 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:54:18 ID:CpUGbSwE
だからお願い
僕のそばに
いてくれないか
君が好きだから
この想いが
君に届くように
願いがかないますように

263 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 20:59:50 ID:+Erpq0Is
スレ間違えた… 失礼しました。。

264 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 22:27:34 ID:CeSdJamG
>>260
なんでww

飾らずに君の全てと混ざり合えそうさ 今さらね
恋人と呼べる時間を 星砂ひとつに閉じ込めた

265 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 23:10:11 ID:Btu3BUhB
いま何してるの?
僕は歌ってるよ

みたいな歌詞の曲って何?

266 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 23:36:17 ID:rdusuXoo
気持ちが不安定なんだ
君が居ないと
会いたいときに会えないってことがこんなに苦しいなんて…

267 :名無しさんの初恋:2006/12/02(土) 23:53:08 ID:Hvb0b5tq
265
たしか19の以心伝心だった気がします!!

268 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 00:19:49 ID:6UXgbzXB
流れゆく時は何もかも変えるけど
だけど 僕のこの気持ちは変わらないよ

269 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 00:24:02 ID:ajwUjfkd
燻製うんこをひねり出す

270 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 00:24:21 ID:3KZkj6bA
今まで全て
忘れてしまうんだろう
口づけた後

271 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 00:38:33 ID:AeFgjLvj
>>264
飛べそうだ

272 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 00:45:34 ID:WGx0f8kc
理屈ばかりこね回して
すっかり冷めた胸の奥が
ただ一度の微笑みで
あんなに見事に燃えるとは

273 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 01:03:39 ID:F5l+PpMy
もっと心の中を
二人見せ合えたなら
答えは掴めるよ

274 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 01:27:42 ID:yQnwajiU
クリスマスがちょっと嫌いになる

会いたい人には会えない


275 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 01:51:54 ID:np55N1G2
強がるほどに弱さが見えるよ
牙をむくほど痛みが見えるよ
まるで笑うように涙を流して
まるで泣くように笑うあなただから

276 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 01:55:55 ID:AiLxjW7j
出来るだけ高い場所で
次の風が吹くのを待とう

277 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 02:17:37 ID:QeTqhcMi
無理だとしても心の中で君を描くよ
素直に言えない 僕が嫌になってくんだ

278 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 02:53:50 ID:FEcED73f
探さなきゃね 君の涙のふるさと
頬を伝って落ちた雫が どこから来たのかを

出掛けるんだね それじゃここで見送るよ
ついていけたら嬉しいんだけど 一人で行かなきゃね

リュックの中は空にしたかな あれこれ詰めたら 重いだろう
その濡れた頬に 響いた言葉 それだけでいい
聞こえただろう

「会いに来たよ 会いに来たよ 君に会いに来たんだよ
君の心の内側から 外側の世界まで 僕を知って欲しくて 来たんだよ」

見付けなきゃね 消えた涙の足跡
彼の歩いた道を逆さまに 辿れば 着くはずさ

見つめなきゃね どんな淋しい空でも
彼も見てきた 空だと知れば 一人じゃないはずさ

逃げてきた分だけ距離があるのさ 愚痴るなよ 自業自得だろう

目的地は よく 知っている場所さ 解らないのかい
冗談だろう

「会いに来たよ 会いに来たよ 消えちゃう前に来たんだよ
君の涙のふるさとから 遠ざかる世界まで 君を知って欲しくて 来たんだよ」

279 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 02:55:21 ID:FEcED73f
到着だよ ほら 覚えてるかな
いつか付いた傷があるだろう
君の涙が生まれ育った ふるさとがあるだろう

新しい雫がこぼれたよ 治らない傷を濡らしたよ
全てはこのため この時のため とても長い旅を越えて

「会いに来たよ 会いに来たよ 消えちゃう前に来たんだよ
消せない内側から 遠ざかる世界まで ちゃんと見て欲しくて」

「会いに来たよ 会いに来たよ 君に会いに来たんだよ
君の涙のふるさとから 乾ききった世界まで
君を知って欲しくて 僕を知って欲しくて 来たんだよ」

笑わないでね 俺もずっと待ってるよ
忘れないでね 帰る場所がある事を

280 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 03:23:00 ID:FEcED73f
スローモーションで 時間通りに
君を乗せた 電車がそっと滑り込む

吐息も白い 改札口で つま先立ちして 君を待っている
昨夜は寝ないで 考えていた 答えは探せず 朝はやって来た

もう 何も言わないよ
ふたつ缶コーヒー 握りしめた ままで

誰でも躓き 少し疲れて 泣きたくなる
うつむかないまま ため息つかず 胸を張って
聞かせて下さい 「タダイマ」と

上手くいかないと 手紙も減って はしゃいだ笑顔も 写真立ての中
9ヶ月振りの 留守番電話 到着時刻と 微かなすすり泣き

そう 勝った負けたかは
君が決めること これから ずっと 先に

スローモーションで 君がやってくる 見えてるかな
重すぎる荷物 片方持つよ 照れてないで
笑って下さい 「タダイマ」と

斜めに差し込む 朝日の中で 君はきっと
思い出している 忘れかけてた この街並

駅から海へと 続く坂道 下りながら
何にもないけれど つまらないけど 君の街は
答えてくれる 「オカエリ」と

281 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 13:57:48 ID:dP+HFq4U
忘れはしないよ 時が流れても
いたずらなやりとりや 心のトゲさえも 君が笑えばもう
小さく丸くなっていたこと



282 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 14:06:51 ID:sFOlABzd
愛さない 愛せないのよ 別々の道を歩き始めた
憎まない 憎めないのよ 一度は愛した人だから
キスの仕方も温度も覚えているけど
声を殺して泣くことに慣れてしまったみたい

283 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 14:19:52 ID:p4ozKTHm
まだ好きなの?と言われそうだから 誰にも言えないこの想い
細い糸を紡ぐ様よ切れないであたしの心

逢いたい逢いたい逢いたいと強く願っていれば
何となく届くような気がしてならないのです

284 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 14:58:02 ID:9bjiIlKr
守るべきものを
やっと みつけたのに
近くにいるのに 守れない

夢と現実交差する…

淋しいと思う 夜に
雪となり 空から舞い降り君のことを
包み込み今すぐ抱き締めるから
忘れないで二人過ごした時を

側にいたい そんな運命と信じて

285 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 15:34:37 ID:8A0nJ4f2
泣きだしたガールフレンド
いつになく大きな声をあげる
あたりかまわずに
笑えばいいのさ
他人の視線を釘付けにするほど抱きしめる
わかりあえなくてもいいのさ

何度もココロの言葉並べても
同じ時間過ごしたとしても
枯れることのない涙は潜んで
小さな隙間へと流れ込む
悲しいことがあっていいのさ

フワリ春の風 少しだけ吹いた
冬を越え 痛みわけて 愛が育ってく
フタリ花のトゲ 触れて気がついた
そっとココロ癒せるから 離れられない

フワリ春の風 少しだけ吹いた
スキだから 求めるから 愛が巣立ってく
ヒトリ海越える渡り鳥のように
きっと人は孤独だから そばにいて欲しい

286 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 16:04:44 ID:HvZUlKVD
君が雨なら
僕の体中ずぶ濡れになるよ

287 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 16:52:42 ID:SMpmeWDD
神が瞬きしたすき悪魔は囁き
その次に神が囁きかける時
人は瞬きしたまま過ち犯す

一生はまるで短編小説
ドラマティックに完成しようぜ
時に助け合う男と女で
がむしゃらに生きるぜとことんまで
一生懸命を恥ずかしがるな
堪らず流れだす涙すら 幾千の時と
幾千の命が めぐりあった必然

288 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 20:25:00 ID:4D4DQfKX
ほどけないよ絡まるばかり あなたは今どうして悩んでいる?
助けてやれない私は見守るしか出来ない

気が付いたら道は無くてどこに行けばいいかも分からない
愛する君 傷つけてしまうかもしれない

あなたの中に入って全てを知りたい
誰かこの場所から逃げ出す方法を教えてよ

たった一つそれだけでいい あなたが悩んでるものが見えたら
分からないんだ それさえも走っても見えない
力になりたい それ程あなたは私の一部で
君が僕にくれた愛で 乗り越えてみせるから

一人にしないでこんなに求めているのに
伝わっているでしょ?私の気持ちが
傷つけてもいいから 泣かせてもいいから
傍にいたいの あなた一人の為に

ねぇ憶えてる?あの海で凄く光ってる星を見た事
ずっと一緒だって言った後 君は泣いてたね

      忘れないで





289 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 21:52:33 ID:qFi+MXGY
もし君を失ったとしたなら
星になって君を照らすだろう
笑顔も涙で濡れてる夜も
いつもいつでも傍に居るよ…


290 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 22:20:28 ID:A3mx4/9C
誰もが君の笑顔みつめ 僕だけうつむき君のスニーカーみつめる
それでもそばにいられるなら 微妙な距離さえ愛おしくて・・・

291 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 22:39:37 ID:zIukr740
La La La・・・ La La La・・・
君が泣いてる 声が聞こえる
Ah 目覚めた 太陽は 全てを照らす
現実に 目をそらしても 真実は見えない
君の瞳の 奥に隠れた
悲しみも痛みも 強さに変えて Ha
もう一度 この手を つなごう
どんなに 離れていても もう一度 愛を歌おう
この美しい地球の果てまで

La La La・・・ La La La・・・
君が泣いてる 声が聞こえる
Ah 流れる 沈黙に 祈りを 捧ぐ
時代を刻んで 世界を結ぶ
翼があるならば 何処へでも行こう Ha
もう一度 この手を つなごう
どんなに 離れていても もう一度 愛を歌おう
この美しい地球の果てまで
La La La・・・ La La La・・・
もう一度 愛を歌おう
この美しい地球の果てまで
もう一度・・・ 歌おう・・・
もう一度 この手を つなごう
この美しい地球の果てまで
La La La・・・

292 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 23:06:28 ID:wuMmKAwb
話す声のトーン、視線の先、他の誰かと交わす言葉さえ…些細な君の仕草が僕を惑わせる
君の気持ちが同じ様に、答えが此処でありますように…
きっとずっと待った奇跡よ、起こるなら今此処で…
「好きだよ」と今日も言えないまま見送った 今まで一緒に居たのに…
直ぐに逢いたくて、君の好きな歌を繰り返し口ずさんだ帰り道…

293 :名無しさんの初恋:2006/12/03(日) 23:20:52 ID:wuMmKAwb
何処に居ても、何をしてる時も君のことが頭から離れない
教えてくれた、届かぬ辛さ 恋の切なさ 愛する喜びを…
その笑顔も 受話器越しの声も、人込みが苦手な小さな身体
悪い癖も君にしか無いもので輝いている
全てがONE AND ONLY
僕の中で、君を想うことが明日を生きるチカラに変わっていく
もし向き合えたなら、同じ歩幅で 信じ合える道を歩いて行こう

294 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 01:15:59 ID:F4j9tM5t
A dream is a wish your heart makes
When you're fast asleep
In dreams you will lose your heartches
Whatever you wish for you keep
Have faith in your dreams and someday
Your rainbow will come smiling through
No matter how your heart is grieving
If you keep on believing
The dream that you wish will come true

295 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 08:49:04 ID:nmiUV40x
欲しがってたドレスを手に入れたあとの優越感に似ているの
今はクローゼットの中

296 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 11:06:29 ID:zxQ5WeXc
砂漠の中 歩きなれた風のようね
通りすがり この町にも馴染んでるわ
淋しくないのかとたずねるあなたへ囁く
熱く 熱く 生きてる
赤く 赤く 燃えてる
ひとりの朝 ひとりの夜 自由な日々
振り向くのが遅すぎたなら 見えなかったわ
それでも時々は 渇いた心を潤す
愛が愛が 懐かしい
抱き締めて ひとときでも その時が全て
I'm a woman keep on burning
I'm a woman keep on burning
情熱の炎果てるまで

297 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 12:52:12 ID:L9E8v7VE
生きてるうちは 思い出すもう一度だけ
信じて 偽りのない想い
君がくれたもの 想いまでもずっと
なくさぬように しまってた
また想いがあれば過ごせると思った
1番遠い人よ

298 : ◆o0JMpFh/TM :2006/12/04(月) 14:00:19 ID:pJzgDp3v
round and round the world'll spin
Oh the circle never ends
you know that I'll be coming home

299 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 14:23:15 ID:ucNeGVgu
落ちぬとれぬ消えぬあなたへの想いはまさに
体中の落書きみたい
こすって赤く腫れてしまうから今すぐ
その手でぎゅっと強く包み込んで

300 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 19:48:10 ID:aXxYIdkf
感情持っていくんだ もう絶対邪魔させない
汗が噴出す どうなってんだこの心

汚れた手で 高みによじ登り

301 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 20:00:24 ID:osnkAb2A
白い雪に一人で凍えそうな夜でも
白い雪に二人の手が届くその日まで
君を愛してるのは 僕の最後の勇気

302 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 20:13:51 ID:6hVYs2Xs
夜明けの Sweet Destiny
今も深まってゆく 君への愛情

寂しい夜いくつ君と越えただろう
見知らぬ街
夜遅くまで話し込んでは 送ってくれたね
I wanna be with you, but you're far away
孤独だけど きっと叶えるよ
少しでも 伝えたくて
君に届け let's make your dream !

Nobody else in sight
And I am feelin' good just holding you tight
I close my eyes

You make me smile
I will be dreaming of you

たとえ遠く離れてても
I hear your voice 君の声が
倒れそうになった時 確かに声が聞こえた
明日のこと 判らなくても
君といると 笑っていたよね
You make me smile 忘れないで
君に届けきっと… Get U're Dream !
you make me smile 変わらないで
君に届けきっと… Get U're Dream !




303 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 22:12:11 ID:9Q81Rc0/
「心から好き」とか喜んだ顔とか
そんなものばかりで溢れます様に

304 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 22:40:00 ID:uuHByTSY
涙のしずくで 花を咲かせよう
肩のチカラ抜いて 今 感じよう
渇いたココロに 花も咲くはずさ
君が抱えるもの ほら降ろせばいい

305 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 23:01:44 ID:WTnTwBk3
Ah 君のこと 思い浮かべちゃって 眠れない夜の記録を伸ばしている
Ah きりがない 膨らむ想いは 報われなくても僕には意味があるさ
たばになって かかってもかなわない 
無敵なんだ 彼女の声が今すぐ聞きたい 聞きたいなあ

僕の涙を 乾かせるのは 街に溢れる優しい歌じゃない
世界中探しても君しかいない 歌ってよダーリン


Ah 僕を見て 捨て猫のような君が 甘える幻に酔っている
Ah 雨の日に 傘をふたつ持って ウロウロしてる あの犬は僕なんだ
年をとって 変わってもかまわない すてきなんだ 瞳の奥の闇をのぞきたい のぞきたいな

君の孤独を 見破れるのは 変な名前の占い師たちじゃない
世界中探しても僕しかいない わかってよダーリン


君の孤独を 見破れるのは テレビで稼ぐ心理学者じゃない
僕の涙を 乾かせるのは みんなの好きなくだらない歌じゃない
世界中探しても君しかいない 歌ってよダーリン 
わかってよダーリン ダーリンダーリン…

306 :名無しさんの初恋:2006/12/04(月) 23:49:24 ID:1r1xNSRw
おもっていたより
甘くはないみたい
いっそ今ごと
とっぱらってきて欲しい空でうたえない
小鳥の声みたい
どうしても遠い
だけど
あなたじゃなきゃ

307 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 00:10:02 ID:eJJiQXS0
淋しさなら忘れるさ繰り返す事だろう
どんなふうに夜を過ごしても昇る日は同じ



強く手を振って君の背中に
サヨナラを叫んだよ
そして現在地 夢の設計図
開く時は どんな顔
これが僕の望んだ世界だ
そして今も歩き続ける
不器用な旅路の果てに
正しさを祈りながら

308 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 00:23:20 ID:gWMnCUzL
いままで出逢えたすべての人々に
もう一度出逢えたらどんなに素敵なことだろう

309 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 01:04:12 ID:uf4qaml0
この愛のはじまりも、恋の終わりも電話だけが知っている。Love is over…

310 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 01:34:16 ID:RKZaBbeO
会う度に抱かれる夜もいびつな愛の形と信じているから。
なぜ抱き締めるの?
なぜキスしてるの?
なぜ愛してはくれないの?

311 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 01:53:05 ID:JSoW7muG
出会えた喜びはいつも一瞬なのに、どうして別れの悲しみは永遠なの…

312 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 02:06:06 ID:SVqLqkXp
いなくなってしまえ憂鬱といっしょにあなたがいなけりゃ

あとは寂しさに耐えればいいつまらない毎日を送ればいい

もう何もない意味さえないYes,justYou&I

きっと良かったんだろう僕たちはめぐり会えて

313 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 03:32:06 ID:zUyxFQmS
何年経っても
新しい恋をしても
あなたの優しさと
比べてしまうの
今でもどこかで
笑ってますか
たまにはあたしを
思い出しますか
立ち止まり 伸びた髪
失った時間
夜の空見上げれば
星がこぼれた
馬鹿だな あなたを
許せるまでに
こんなにもこんなにも
時が流れた

314 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 03:40:54 ID:U76UGK4h
いっそ曖昧でいいや
行動に理由探すように
なるのなら
次に会う日には
きっと強くなる

飛んで行きたい
今すぐ会いたい
自分の耳で
愛してるって聞きたいの

信じていたい
守ってゆきたい
繋がっていたい…

315 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 03:43:51 ID:A815axrY
こんな夜は涙見せずに,また逢えると言って欲しい。

316 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 04:00:38 ID:U76UGK4h
心変わりじゃない
誰のせいでもない
出会う前から分かってた事
恋に落ちるまでは

想いは想いのままで
熱を失うだけ
あなたは帰る
あの日の場所へ
僕は僕の道へ

317 :名無しさん:2006/12/05(火) 04:07:31 ID:DBhpko4c
好きですと言えない事が こんなにも切ないものか ただ四文字の言葉じゃないか それが僕をくるしめる

318 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 07:43:38 ID:/KQrwV+f
大切なことは
そうここにある
世界で一番

君を愛してる…。

319 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 15:08:30 ID:XjTrQEpa
新しい愛の歌を今 聴かせてよ どうしようもないくらいに
あなたの声で 体温を感じたいから

それなりの日常で それなりに来たけど
こんなにも満たされる事なかった

だから今 確かめて 愛があればイイのかもね
ウンザリだった この世界に眩い程の光が見える

What is so funny?
ふざけて笑う無邪気さに
ちょっと羨むくらいで
ねぇ あたしどんな顔してる? うまく笑えてる?

"あなたを好きでいられる事が
何より生きていく糧になることでしょう…"

ホラ聞こえる? 胸の中に駆け込んだこの想いが
裏切れないこの世界を変えてゆける… そんな気がした

320 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 16:28:41 ID:Y4zrLz39
でも
ジーザス ジーザス

彼は友達
恋の相談も受けちゃう
なんて切ない恋の話

伸ばした長い髪のワケは
彼に触られたかっただけ
なんて悲しい恋の話

おはなしはつづく

321 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 16:57:24 ID:sJ859A+y
どんなことばで 今はいやされているの
君にはもうすてきな人が どこかにいたりするかな

この思い 感じてほしい。

322 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 17:05:37 ID:JTSXTtsx
盗んだバイクで走り出す

323 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 17:39:59 ID:owUKzoZ/
グレーな雲が流れたら この空が泣き止んだら
君の声で目を覚ます ちょっと長めの眠りから

君はそっと見守った この背の翼 飛び立つ季節を待って

『青い空を共に行こうよ 白い砂浜を見下ろしながら
難しい話はいらない 君が笑ってくれればいい』
そう言って僕に笑いかけた

言葉は必要なかった 居場所がいつもここにあった

太陽が眩しいと つぶやきながら 潤んでく瞳をごまかす

『青い空を共に行こうよ どこへ辿り着くんだとしても
もしも傷を負ったその時は 僕の翼を君にあげる』
そう言って君は少し泣いた

君はそっと見守った この背の翼 飛び立つ季節を待って

『青い空を共に行こうよ 白い砂浜を見下ろしながら
難しい話はいらない 君が笑ってくれればいい』

『青い空を共に行こうよ どこへ辿り着くんだとしても
もしも傷を追ったその時は 僕の翼を君にあげる』
そう言って君は少し泣いた
こらえきれずに僕も泣いた

324 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 17:43:58 ID:y1NaTDN7
喉が乾いて
ただ痛いだけ
照りつける日差し
かわいくないわ
泣きたかったのに
あたしの顔は
認めるしかないと
わらった

325 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 20:19:57 ID:pFj3FfOC
かまってかまって私にかまって
かまってかまって私にかまって
かまってかまって私にかまって
かまってかまって私だけ

326 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 20:35:25 ID:QrI728Tf
このまま
遠い星になればいい
あの時 感じた運命だって 結局 儚く忘れゆく 離れた心戻らない

327 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 20:43:38 ID:iZw2udKd
なんでだろう? 涙がとまらない
なんでだろう? 君から逃げられない

328 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 22:20:38 ID:eJJiQXS0
やわらかな 風に吹かれ
夢中で駆け抜けた
遥かなる日々よ
どんなにつらくたって
愛してくれる人達がいること
忘れないで

329 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 22:45:21 ID:q3rMv3R1
抱きあって 笑いあって
語りあって 今になって僕が
君を失ってしまうのは
つらいよって つらいよって
つらいよって 泣いた
君を見失ってたんだと気づいた

330 :名無しさんの初恋:2006/12/05(火) 22:48:57 ID:JXxPcMyD
この小さな街でこの時を生きて
僕らは出会ったあの眩しい夏の日
 
僕らはいつも明日を見ていた
ほんの少し背伸びするようにして
 
やがていつからか 
君といる場所が僕の生きていく世界になった
初めて君を 見つけたあの日
突き抜ける青い空が ただ続いていた

331 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 00:09:05 ID:5aH7blNf
隠れてないで 出てこいよ この部屋は大丈夫
鼓動の音はふたつ ふたつ以上も以下もない

逃げ道の途中 飛び込んだ この部屋の中で
君は僕に見つかった 首輪の無い姿で

震えてるのはきっと 寒さのせいだけじゃないな
どんな台詞もきっと 役に立たないな

腕の中へおいで 抱えた孤独の その輪郭を 撫でてやるよ
明かりの無い部屋で 言葉もくたびれて
確かなものは 温もりだけ


332 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 00:09:46 ID:5aH7blNf
君が そこに居ないと気付いたら とにかく探すだろう
「そこに居る」のに「居ない」と気付く時もあるだろう

この眼が視力を無くしても 僕は君を見るだろう
体中の細胞 フル動員で 君を見るだろう

呼吸の音がする 柔らかな匂いもある
全てこの手のひらに 集めて閉じ込めるよ

腕の中へおいで 隠した痛みの
その傷口に 触れてみるよ
時間の無い部屋で 理由も忘れて
確かなものを 探しただけ 見つけただけ

腕の中へおいで 醜い本音を
紡いだ場所に キスをするよ
命の無い世界で 僕と同じ様に
生きてるものを 探しただけ

腕の中へおいで 怖がらないでおいで
生きてるものを 見つけただけ

確かなものは 温もりだけ

333 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 00:12:30 ID:HRnruhqY
Don't leave me
信じられない
こんなに 胸が痛いのに
いつか忘れるなんて

334 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 00:14:36 ID:ci2RYmtX
'Cause I'll never be with you

335 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 12:18:19 ID:5aH7blNf
家路急ぐ 人の群れ吐き出す
地下鉄のホームは 息が詰まりそう
狂喜の夜繰り返すよ

ウィンドウに映る 蒼いシェイプ
見分けつかないほど 皆んな無表情
連れ出してよ ここからすぐ

いつ無防備じゃだめだって教えられたの?

現実に幻想が敗れたら
どんな顔をするの?
悲しみで幸せが 曇っても
笑っていられるの?

ダイヤモンドだけじゃ 足りないこと
僕等気付いてる なのに見とれてる
知りすぎたね 時の中で

もっと上手に生きても渇くばかりね

憧れが失望に出会うとき
どんな顔をするの?
一瞬が永遠を 撮らえても
冷めたままでいれる?

ずっとうつむいたままじゃ虹も見えない

悲しみも幸せも この胸で
創り出してくなら
もどかしさ 解きたい
誇らしく 向かい合いたいから

336 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 14:21:30 ID:WhSHYqGy
<<265
泣いている人 かと思った



337 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 16:09:23 ID:RngCY3CB
茜色に染まってく 空と君とグラウンド
急ぎ足の夕暮れを いくつ眺めただろう?

仲間同士で 眩しい未来の地図広げても
秘めた想いを 私は言葉にできなくて

教室で1人ないた放課後
教科書のかたすみに小さく書いてた夢
「この街を出てゆこう」と心に決めた
あの日も同じ夕焼け見ていたんだ
うたいながら

通いなれた坂道も いつの間にか遠くなる
今日の背中は そこからどんな風に見える?

進みかけては つまづき
失くすものもあったれけれど
そんな時には大事なことが少しわかる

帰り道 遠回りしたあき地に咲く花達のように
ヤサシクツヨクなろう
吹く風の匂いは ほら今でも変わることない
きっと何かを変えれるのは
自分なんだ

教室で1人ないた放課後
教科書の片隅に小さく書いてた夢
「この街を出てゆこう」と心に決めた
あの日も同じ夕焼け見ていたんだ
うたいながら

338 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 16:37:14 ID:RngCY3CB
僕達はきっと 未来の行方を
目指して 歩き出したばかり
邪な style に 変われない story
過ごして 戸惑い感じてた

ため息で星を隠した 無限の夜空は
試すような目で 僕をあざ笑い続ける

go away きっかけは every day そこにあって
僕が僕であるために 今 自由勝ち取って yeah
Ah 信じていたい うまくいくよ絶対
限りあるその未来に ほら光差し込んだ
I know. I'm shinning on you I'm looking for myself

何が悲しくて そんなに泣いてる?
それは遥か遠い記憶

小さすぎた僕の背中に教えてあげよう
もう泣かなくていい 怖がるものなど何もない

go away いつかきっと every day 笑ってる
僕が僕に逢うために 今 時空を越えて yeah
ありふれていたって 何が大事かって
わかる時が来るだろう さあ光指す方へ
I know. I'm shinning on you I'm looking for myself

go away きっかけは every day そこにあった
僕が僕であるために 今 自由勝ち取って yeah
Ah 信じていたい うまくいくよ絶対
限りあるその未来に ほら光差し込んだ
I know. I'm shinning on you I'm looking for myself
I know. I'm shinning on you I'm looking for myself

339 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 16:40:04 ID:rB7yaXTD
いつか 時が来たら 打ち明けよう この胸の奥
さよなら シークレット ラブストーリ 夜から朝に駆け抜けた恋

340 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 16:44:22 ID:2ShfSeVx
涙隠したね
もう2度とは戻れないと
わかってたのにね
またねと手をふって別れた
いつものように別れた

距離は何を少しずつ遠ざけるのかな
時が流れ少しずつ忘れてくのかな

サヨナラいつまでも色あせない人
サヨナラさえも上手く伝えきれずに…
It's over

341 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 17:14:48 ID:OAdTxWlw
そっと触れられて
この頬の冷たさにやっと気づいた
朝、目が覚めて鳥の声に初めて気づくように突然

まだ知らない何も
心が求めてるもの
知らないの

空ばかり見ていた
いつからこうして
あの雲の真下へ思いを飛ばして

夢の続きを生きるみたい
頼りない私でも愛して

胸の泉にある涙はどんな色なの
悲しみは?

朝の光が今孤独を包んだ
あなたが目を開けて微笑む瞬間

空ばかり見ていた
窓から遠くへ
あの雲の真下へ連れていって

両手にはあふれ出す
きれいな感情
あなたに捧げたい

342 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 17:29:37 ID:uSEXQj1F
この素晴らしい 煩わしい気持ちを
真空パックしておけないもんかなあ
絵に描いたとしても
時と共に 何かが色褪せてしまうでしょう
永遠はいつでも 形のない儚い幻影
君と共に 僕の元に


この素晴らしい 慌ただしい人生を
二人三脚で越えていけるかなあ
どんな場面でも
僕の絵には 必ず君が描かれていて
目を閉じたまま 深呼吸してみればわかる
君はいつも 僕のノートに



343 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 18:32:33 ID:5aH7blNf
無理かも知れないように 思えても僕は
一番叶えたい事を夢に 持って生きてくよ
日が暮れたのに気づかず 夢中で頑張って
出来るようになった逆上がりも あの頃の僕の大事な夢だった
どれだけ時間がかかっても その夢を叶えるその時まで
あくびもせかす事もせず 未来は待ってくれていた

夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない
その二つがちょうど交わる場所に心の望む未来がある
夢を携えて目指すその場所に 僕がつけた名前は「約束の場所」

それがどんなに大きな夢に 思えても僕は
一番叶えたい事を 夢に持って生きていくよ
あのときやっぱり 諦めなきゃよかったと
ふとした拍子に 思い出しては 悔やむことなんてしたくはないから
途中でもし死んでしまっても ひたむきに夢と向き合えば
きっと同じ未来を描く 誰かが受け継いでくれる

夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない
その二つがちょうど交わる場所に心の望む未来がある
どんな夢も同じさ誰かの幸せ願う 君の夢も叶う「約束の場所」で

どうか君の夢を諦めないで 途方もない夢としても
叶う未来には 途方もない数の笑顔があるはず

夢は時間を裏切らない 時間も夢を決して裏切らない
その二つがちょうど交わる場所に心の望む未来がある
夢を携えて目指すその場所に 僕がつけた名前は「約束の場所」

僕らの夢が叶うその時を未来は待ってる

「約束の場所」で

344 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 18:52:08 ID:xmiWReNs
怖がらないで 闇の向こうへ
手を伸ばす前の回り道
全ての意味を 作り始める
あまりに青い空の下
もう二度と君を離さない

345 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 19:31:33 ID:jSz3DPVu
フレー フレー フレー
フレー フレー フレー

346 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 19:54:21 ID:m7KK8+Bn
彼氏じゃないの?彼女じゃないの?
マンネリの関係
言葉以上に態度見せてよ
心変わる前に…!

347 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 19:59:45 ID:OnUWfc3/
一生一緒に居てくれや

348 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 21:33:55 ID:Erf+cLGm
あなたを忘れてしまうほどの 恋が胸を焦がす日まで
この道は誰とも歩けない あの日のように

349 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 23:16:56 ID:RngCY3CB
涙の数だけ強くなろうよ
アスファルトに咲く花のように
見るものすべてに おびえないで
明日は来るよ 君のために

涙の数だけ強くなろうよ
風に揺れている花のように
自分をそのまま 信じていてね
明日は来るよ どんな時も

明日は来るよ 君のために

350 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 23:22:14 ID:4k6OYs5T
>>342
その唄切ないよね

351 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 23:37:50 ID:5z+mIOTW
ただ「あなたが元気で幸せでいればそれでいいの」と並べた言葉は嘘

逢えないのも触れないのもあたしがいないのも全部嫌
本当は結局はそんな場面想像するだけでも嫌

考えすぎたあなたのこと
最高と最悪を一度に思い描きどうにかなってしまいそうよ

352 :名無しさんの初恋:2006/12/06(水) 23:41:10 ID:+JLueBlO
世界中の人が手を繋いだら何人くらい傷つけあうだろう
世界平和なんて望む前に誰かの事 命をかけて愛そう
体いっぱいに風尾w感じたら抗生物質の臭いがした
薬品を超えて科学を超えて誰かの事 命をかけて愛そう

人らしく 人らしく
人らしくないほどに
人らしくないほどに優しさを使って

世界中の人が手を繋いだら何人くらい微笑むだろう
想いは輝き光は未来へ
誰かの事 命をかけて愛そう

人らしく 人らしく
人らしくないほどに
人らしくないほどに憎しみを捨てて

世界中の人が手を繋いだら何人くらい生まれるだろう
骨は土還り風と共に消える
誰かの事 命をかけて愛そう
誰かの事 命をかけて愛そう

353 :342:2006/12/07(木) 00:42:19 ID:Tz8MjwTI
>>350
切ないよね。・゚・(ノД`)・゚・。
アンティークの再放送見てたら急に聴きたくなって、最近こればっか聴いてる。

354 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 01:31:14 ID:rcMWaATh
王様の声に逆らって ばれちゃった夜きみは笑っていた
オーロラに触れる丘の上 両手をのばして僕を誘っていた
ほどけてバラバラになったビーズ 綺麗だねって夜空にプレゼント
君の夢がかなうのは誰かのおかげじゃないぜ 風の強い日をえらんで走ってきた

355 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 02:04:22 ID:lcxCarh6
世界で一番好きなものは
Ohそれは君だよ する〜する〜する〜
Ohする〜する〜する〜する〜する〜
Ohする〜する〜する〜する〜する〜

356 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 10:10:51 ID:uPri1zI1
そばにきて君無しではいられない

357 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 11:11:53 ID:sun/Zfwz
人間という仕事を与えられて どれくらいだ
ふさわしいだけの給料 貰った気は少しもしない

いつの間にかの思い違い 「仕事ではない」 解っていた
それもどうやら手遅れ 仕事でしかなくなっていた

悲しいんじゃなくて 疲れただけ
休みをください 誰に言うつもりだろう

奪われたのは何だ 奪い取ったのは何だ
繰り返して 少しずつ 忘れたんだろうか
汚れちゃったのはどっちだ 世界か自分の方か
いずれにせよ その瞳は 開けるべきなんだよ
それが全て 気が狂う程 まともな日常

358 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 11:15:26 ID:sun/Zfwz
腹を空かせた抜け殻 動かないで 餌を待って
誰か構ってくれないか 喋らないで 思っているだけ

人間という仕事をクビになって どれくらいだ
とりあえず汗流して 努力をしたつもりでいただけ

思い出したんだ 色んな事を
向き合えるかな 沢山の眩しさと

美しくなんかなくて 優しくもできなくて
それでも呼吸が続く事は 許されるだろうか
その場しのぎで笑って 鏡の前で泣いて
当たり前だろう 隠してるから気付かれないんだよ
夜と朝を なぞるだけの まともな日常

愛されたくて吠えて 愛される事に怯えて
逃げ込んだ檻 その隙間から引きずり出してやる
汚れたって受け止めろ 世界は自分のモンだ
構わないから その姿で 生きるべきなんだよ
それが全て 気が狂う程 まともな日常

与えられて クビになって どれくらいだ 何してんだ
望んだんだ 選んだんだ 「仕事ではない」 解っていた

359 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 11:41:38 ID:sun/Zfwz
涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった
誰にも会えない顔なのに もうなんだよ どちら様?
「名乗る程 たいした名じゃないが 誰かがこう呼ぶ "ラフ・メイカー"
アンタに笑顔を持って来た 寒いから入れてくれ」

ラフ・メイカー? 冗談じゃない! そんなモン呼んだ覚えはない
構わず消えてくれ そこに居たら泣けないだろう

ルララ ルラ ルララ ルラ

大洪水の部屋に ノックの音が飛び込んだ
あの野郎 まだ居やがったのか 消えてくれって言ったろう
「そんな言葉を言われたのは 生まれてこの方 初めてだ
非常に哀しくなってきた どうしよう 泣きそうだ」

ラフ・メイカー? 冗談じゃない! アンタが泣いてちゃ仕様がない
泣きたいのは 俺の方さ こんなモン呼んだ覚えはない

ルララ ルラ ルララ ルラ

二人分の泣き声遠く……

360 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 11:44:11 ID:sun/Zfwz
ドアを挟んで背中合わせ しゃっくり混じりの泣き声
膝を抱えて背中合わせ すっかり疲れた泣き声
今でもしっかり俺を 笑わせるつもりか ラフ・メイカー
「それだけが生き甲斐なんだ 笑わせないと帰れない」

今ではアンタを 部屋に入れてもいいと思えたが
困った事に ドアが開かない 溜った涙の水圧だ
そっちのドアを押してくれ 鍵なら既に開けたから
ウンとかスンとか 言ってくれ

どうした? おい、まさか

ラフ・メイカー? 冗談じゃない! 今更俺一人置いて
構わず消えやがった 信じた瞬間裏切った
ラフ・メイカー? 冗談じゃない! 逆側の窓の割れる音
鉄パイプ持って泣き声で 「アンタに笑顔を持ってきた」

ルララ ルラ ルララ ルラ

小さな鏡を取り出して 俺に突き付けてこう言った
「アンタの泣き顔笑えるぞ」

呆れたが なるほど 笑えた

361 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 16:21:00 ID:sun/Zfwz
白いブラウス似合う女の子 何故いつも哀しそうなの
窓ぎわに置いたコスモスも 綺麗な顔うなだれてる
青いスカート似合う女の子 自分の場所を知らないの
窓ぎわに置いたコスモスも花びらの色を知らないの

いつか君はブランコに揺られて いたいけな目を少しふせて
哀しい顔でうつむいた 「私は独りで平気なの」

ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから
日なたに続くブリッジを探しておいで
哀しい時は目の前で 大声出して泣いてよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで
アルエ…

362 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 16:23:49 ID:sun/Zfwz
僕の大切なアルエ 一人で見ていた夕焼け
僕も一緒に見ていいかい 僕も一緒に居ていいかい
僕の大切なアルエ 本当はとても寂しいんだろう
僕はいつでも側に居る 僕がこれから側に居る

君は人より少しだけ 不器用なだけの女の子
「嬉しい時どんな風に 笑えばいいか解んない」

ハートに巻いた包帯を 僕がゆっくり解くから
笑顔を映すスライドの準備しといて
嬉しい時は目の前で 両手叩いて笑ってよ
そんな寒いトコ今すぐ出ておいで
アルエ…

ハートに巻いた包帯も もうすぐ全部解けるよ
怖がらないで素顔を見せてごらんよ
嬉しい時に笑えたら 哀しい時に泣けたら
そんな寒いトコ今すぐ出て こっちにおいで

ハートに咲いたコスモスが 枯れない様に水を遣ろう
青空の下で揺れていてすごく綺麗さ
ブリッジで撮ったスライドは 君が生きてるって証拠さ
暖かい日溜まりの中で一緒に 手を叩こう

363 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 18:59:09 ID:LCH+ZR7p
ひとりぼっちを嫌がったあの日の僕は
無傷なままで人を愛そうとしていた

364 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 19:26:47 ID:kNqrPa5J
君と書いて「恋」と読んで 僕と書いて「愛」と読もう
そうすりゃ離れそうもないでしょう? いつかそんな歌作るよ

君と僕が出会えたことを人は奇跡と呼んでみたいだけ
奇跡が生んだこのホシで起こるすべて奇跡以外ありえないだろう

六星占術だろうと 大殺界だろうと 俺が木星人で君が火星人だろうと
君が言い張っても
俺は地球人だよ いや、でも仮に木星人でもたかが隣の星だろ?

一生で一度のワープをここで使うよ

君と僕とが出会えた 奇跡を信じてみたいんだ
君と僕とが出会えたことが奇跡だろうとなんだろうとただありがとう

365 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 19:55:55 ID:/GxgSmiB
都合よくはばたけたなら ここにいなかった

366 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:06:43 ID:uPri1zI1
君がいてくれるならそれだけでいい
君が僕の幸せだよ

367 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:18:00 ID:bmOfi2Xu
見上げた空から跡辿って追い掛ける
気まぐれな雲に君の顔が浮かぶよ

368 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:19:46 ID:xCImVPP9
守るべきものを
やっとみつけたのに
近くにいるのに守れない 夢と現実交差する

369 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:25:01 ID:FWvjxm3P
HEY! FRIENDS すったもんだを 繰り返す日本を
どうにかしたいなんて熱いこと 言えば引かれるけど
HEY! FRIENDS 勝ち組と負け組に どこで別れるのかな
追いかけてる夢の尻尾ぐらいは その手でつかまなきゃ

街角の LONELY GIRL (You're Shinning Star)
行き場ない YOUNG MAN (Never Give Up, Give Up)
誰もが生きる意味を探して 疲れているね 夜の中で

FRIENDS もう一度 FRIENDS 自分を信じてみないか?
押さえきれないほど 見果てぬ夢があるだろ
FRIENDS 繋がる FRIENDS 涙した昨日に GOOD-BYE
同じ時代の中で生きている僕ら
手を伸ばせば そこにいるさ

370 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:26:22 ID:FWvjxm3P
HEY! FRIENDS なんだかんだと 色々モメながら
少しは世の中 マシな方へ 向かっているの?
HEY! FRIENDS 今日はウソつかず 笑って過ごせたのかなあ?
時にはミスして転んでも 自分で立たなくちゃ

不器用な BAD BOY (You're Shinning Star)
恋探す LADY (Never Give Up, Give Up)
ホンの少しの違いだけで 噛み合わないね 人と人は

FRIENDS 今夜は FRIENDS 夢を持ち寄ってみないか?
さばききれないほど 悩みばかりあるけど
FRIENDS 一緒に FRIENDS 憎しみの世界に GOOD-BYE
想い描いた明日へ行こうよ 僕ら
きっといつか 着けるはずさ

We can change the world
We make a brand new day

FRIENDS もう一度 FRIENDS 自分を信じてみないか?
押さえきれないほど 見果てぬ夢があるだろ
FRIENDS 繋がる FRIENDS 涙した昨日に GOOD-BYE
同じ時代の中で生きている僕ら
手を伸ばせば そこにいるさ

371 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:31:22 ID:nbPN3N5q
だからいま 会いにゆく そう決めたんだ
ポケットの この曲を 君に聴かせたい

そっとヴォリュームを上げて 確かめてみたよ

oh Good-bye days いま 変わる気がする 昨日までに so long
かっこよくない優しさがそばにあるから
〜with you

片方の イヤフォンを 君に渡す
ゆっくりと 流れ込む この瞬間

うまく愛せていますか? たまに迷うけど

oh Good-bye days いま 変わり始めた 胸の奥 all right
かっこよくない優しさがそばにあるから
〜with you

できれば 悲しい 想いなんてしたくない
でもやってくるでしょ?
そのとき 笑顔で Yeah hello!! my friend なんてさ
言えたならいいのに…

同じ唄を 口ずさむ時 そばにいて I wish
かっこよくない優しさに会えてよかったよ

…Good-bye days

372 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:33:34 ID:gpdEcnVp
半年以上くすぶらせてるイメージに火を灯して

373 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:40:19 ID:FWvjxm3P
ざわついた夢の中 目覚ましでやってきた朝
絶妙にカーブする アイライン巧くキマって

今日はツイてんるんじゃない? 鏡の中で微笑む
後押しするように空も 晴れ渡って

I walk under the sun 太陽とダンス 変わってく予感 いいんじゃない?
Hi, Can you understand? 待ってるスタンス 無駄だよ時間 動かなきゃ
会話の中 耳ざわりな 言葉ばかり ウンザリ
だからいつも あたしらしく 明日への花 咲かそう

目の前に課せられた 問題は君じゃ無理だと
頭からそんな事 親切に誰が決めたの?

ムチ打つ心が揺れて 後悔してモガイテル
ほら今深呼吸して 歩き始める

Please let me feel so nice 満足してない! こんなもんじゃない! つかみとれ
『右向け左』 向いちゃ間違い? 扱いにくい じゃじゃ馬
全て同じ 形なんて おあいにく様! 趣味じゃない!!
だけどいつも あたしらしく 明日への花 咲かそう

いらないものだけ全部 ツマミ出して捨ててゆけ
『自信がない』ナンテ事 あたしらしくない!!

I walk under the sun 太陽とダンス 変わってく予感 いいんじゃない?
Hi, Can you understand 待ってるスタンス 無駄だよ時間 動かなきゃ
会話の中 耳ざわりな 言葉ばかり ウンザリ
だからいつも あたしらしく 明日への花 咲かそう

I walk under the sun
I don't look back again

374 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 20:43:24 ID:1cFQh1sY
誰もが素直さを愛する
誰もがやさしさを信じるわけじゃない

375 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 21:13:58 ID:FWvjxm3P
夜が明けて ここから歩き出そう
世界はまだ 終わりを告げやしない

すれ違う人に 紛れ
今日もまた 作り笑い覚え
だらしない毎日の中 彷徨う
激しい 時代の波
いつからか 君の姿さえ
見失いそうに なっていた

僕らがやがて 時代を変えてみせる
世界はまだ 終わりを告げやしない
自由は 与えられるものじゃなくて
この手で掴むものと 気付いたから

乾いた この大地の
彼方には 当たり前のように
眩しい光が ほら やってくるさ
余計なものは 全て
足元の 砂に深くもう
埋め尽くしたなら 見上げよう

二度と悔やみはしない 負けはしない
世界はまだ 終わりを告げやしない
例え僕が全てを 敵にしても
かかげたこの旗だけ 守り抜ける

夜が明けて ここから歩き出そう
世界はまだ 終わりを告げやしない
僕らがやがて 時代を変えてみせる
僕らはまだ 終わりにさせやしない

376 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 21:24:52 ID:FWvjxm3P
退屈な毎日だ でもポケットには
でっかい夢を隠してるんだ

躊躇して 投げ出して 後悔するのなら
やりたい放題でも いいんじゃない?

冒険したい 感情を
抑えきれない 僕達は Fly!

この青い空の下 手をつないで歩いてゆこう
愛と勇気を抱きしめ 越えてゆこう 七つの海

人生はチャンスを見つけるゲーム
宝探しみたいなもんだ

平坦な道なんて 用意されちゃいないさ
凸凹道を歩こう

人間は贅沢な 生きもんなんだ
全てが欲しい Please!

こんな時代を生きよう こんな時代を変えてゆこう
愛と勇気を抱きしめ 越えてゆこう 七色の虹

運命と偶然が交差して
始まる僕らの時代 Yeah!

愛と勇気を抱きしめ 越えてゆこう 七つの海

愛と勇気を抱きしめ 越えてゆこう 七色の虹
la la... 越えてゆこう

377 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 21:55:15 ID:/GxgSmiB
腕からませた
弱いぬくもりで 冬が終わる気がした

378 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 22:12:08 ID:Pr6aRYU/
一人ぼっちが好きとふいてまわった
心細くて死にそうな夜を越えるために

379 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 22:34:22 ID:sun/Zfwz
ゆっくりでいいから君が本当に笑って泣けるような2人になろう

ちょっとずつアルバムを重くしよう 何でもない日も記念日にしよう
どんなにめくっても終りがないかわりに続きがある2人のアルバム
まほうのアルバム

これからどこにいこうか僕ら
静かな場所ににぎやかな場所
どこでもいいんだよね それぞれの場所に
君らしいキミがいれば そこはまさに
地図にもない場所で手をつないで
インスタントのカメラももって
僕は花をつんで「きみに似合う花なんだろうか」なんて本気で首かしげたりして

380 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 22:35:39 ID:sun/Zfwz
単純な僕の単純な唄 大事な人の為だけの唄
よくあるLOVE SONGでも2人の前でトクベツであればいい
よくある唄でいい

誰でも見かけほどに強くないし
自分で思うよりも泣き虫だから
「一人で大丈夫なんて絶対に言わせない」
嫌がったってムリやり連れていくよ

地図にもない場所へ 手をつないで 君の大切な犬もつれて
時々口ずさむその唄少し覚えたから
ちょっとでも一緒に唄わせて
OH YEAH!

小鳥が夜明けを唄であいず とっておきの声でリズムとって
何でもない日にも小さなドラマがあるって気付いたんだ
単純な僕の単純な唄 ナミダを止める為にある唄
不安のつのる夜は思い出して欲しい
この日を僕は確かめて生きる
この日に君を見つけて生きる
この何でもない日が記念日になる
だからどんなに大きな地図にもない場所へ
手をつないで魔法のアルバムに続きを

不安のつのるヨルは忘れないで 君のタメの唄があること
地図にもない場所へ 手をつないでテヲツナイデ
ゆっくりでいいから 君が本当に笑って泣けるような
地図にもない場所へ

(手をつないで)

381 :名無しさんの初恋:2006/12/07(木) 23:00:01 ID:2YwMZ0Hu
>>372
なんだっけ なくしてしまったもの
それでもいいんだって 僕らの引力で引き合い求めあうのだろう
それはワルツのようだね すてきさ 呟くようなさえずり聞きながら
まるでワルツのようにね ふたりが描き出してゆくもの


出会ってしまった僕達は なぜか不安だ いつも
夢を見れず泣いた日も 僕は君の味方

じょうずに歌えなくたって届いた声 気づくんだ 独りじゃない
育った街も声も違うけれど いつだって同じ月を見てた

君のいない風景は 君のいない生活は 白黒の映画で もう…
君といる世界を僕は歌うよ

出会ってしまった僕達へ どんな未来を描く
出会ってくれてありがとう 君に会えてよかった

382 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 04:30:12 ID:c/EhydkD
もしも誰かを愛したら
素直なその気持ちを
その人に伝える
それがこの世界へ
産まれ落ちたりゆうだから
とまどいながら話す言葉は何よりも綺麗さ

黒いガラスの破片バラバラに砕け散ってる
いつの日にかみんなどこかへ消えてしまう気がする
伝えなくちゃ
素直な気持ちを今すぐその人に

383 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 11:36:16 ID:VoWTf6/t
あ゛ー なんで こんなんで 涙 出ちゃうんだろ?
もうチョット もうチョット うまく言えたならな
ねえ! どうしたらいいの?
太陽が嘲笑う ダメダメな僕等
「すばらしき 夏が逃げてくゼ」

Don't mind その涙を拭いて
Stand up for you life!
貴方の代わりなんていないんだ

やりたくて できなくて なんかつまんないんだ
強がって 意気がって なんもしたくないんだ
ねぇ! どうしたらいいの?
他人のせいにしたり 逆ギレしたり
ダメダメな僕等 消えて行け!

Hey guys そのプライドを捨てて
Go to your next stage
自分を乗り越えて
Change the world

Don't mind その涙を拭いて
Stand up for you life!
貴方の代わりなんていないんだ
今、Change the world
Do the best of you

君だって 僕だって 気付いていないだけ
雨だって ダメだって 本日ハ晴天ナリ
君だって 僕だって 気付いていないだけ
雨だって ダメだって 本日ハ晴天ナリ

384 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 13:22:39 ID:PHGd2nZC
僕が僕であるために きっとそうだね
君が君であるために きっとそうだね
僕が僕であるために 君が君であるために
でも 愛していたことは 確かだ

385 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 19:47:40 ID:sbP+NHlS
君がいた夏の日から止まらないメロディー
まっすぐに咲いた白い花

386 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 19:59:18 ID:XcSwRJkn
今日も見つけたキミの姿
つい見とれて前も見えない

この想いを胸に秘めたままキミをそばで感じていよう

387 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 21:42:14 ID:PQm8iEDo
錆び付いた車輪 悲鳴を上げ
僕等の体を運んでいく 明け方の駅へと

ペダルを漕ぐ僕の背中
寄りかかる君から伝わるもの 確かな温もり

線路沿いの上り坂で
「もうちょっと、あと少し」後ろから楽しそうな声

街はとても静か過ぎて
「世界中に二人みたいだね」と小さくこぼした

同時に言葉を失くした 坂を上りきった時
迎えてくれた朝焼けが あまりに綺麗過ぎて

笑っただろう あの時 僕の後ろ側で
振り返る事が出来なかった 僕は泣いてたから

388 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 21:43:45 ID:PQm8iEDo
券売機で一番端の
一番高い切符が行く町を 僕はよく知らない

その中でも一番安い
入場券を すぐに使うのに 大事にしまった

おととい買った 大きな鞄
改札に引っ掛けて通れずに 君は僕を見た

目は合わせないで 頷いて
頑なに引っかかる 鞄の紐を 僕の手が外した

響くベルが最後を告げる 君だけのドアが開く
何万歩より距離のある一歩 踏み出して君は言う

「約束だよ 必ず いつの日かまた会おう」
応えられず 俯いたまま 僕は手を振ったよ

間違いじゃない あの時 君は・・・

389 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 21:45:39 ID:PQm8iEDo
線路沿いの下り坂を 風よりも早く飛ばしていく 君に追いつけと
錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 精一杯電車と並ぶけれど
ゆっくり離されてく

泣いてただろう あの時 ドアの向こう側で
顔見なくてもわかってたよ 声が震えてたから

約束だよ 必ず いつの日かまた会おう
離れていく 君に見えるように 大きく手を振ったよ

町は賑わいだしたけれど
世界中に一人だけみたいだなぁ と小さくこぼした

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ
残された僕を運んでいく
微かな温もり

390 :名無しさんの初恋:2006/12/08(金) 23:59:33 ID:hINtub1S
だから待ってていらいらせずに
押しの弱さつっかえ棒みたいで血管に詰まった石みたい

391 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 00:16:59 ID:29zY16yO
償う人の背に降り続く雨
綺麗な水をあげよう 望むまま
戸惑う人の目に吹きつける風
見えぬなら閉じればいい 手をとってあげよう

僕を知っているだろうか いつも傍にいるのだけど
My name is love ほら何度でも僕たちは出逢っているでしょう?
そう 遠くから近くから君のこと見ている

幼い恋の瀬に一緒に泣いてくれた
友の隣で微笑んでいた
旅立つ君をただ黙って送った
父の背中の涙を受けとめていた

君は知っているだろうか 悲しみも喜びも
My name is love 僕が持つたくさんの名前のひとつだから
そう 一瞬で永遠で君にとってのすべてだ

花が空に伸びゆくように 海を越える旅人のように
いつも導かれているのでしょう 愛が呼ぶほうへ

僕を知っているだろうか いつも傍にいるのだけど
My name is love ほら何度でも僕たちは出逢っているでしょう?
そう 永遠で一瞬で君にとってのすべてだ
遠くから近くから君のこと見ている

392 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 13:13:59 ID:pMCnPdZy
あなたにあたしの何もかも透けてしまったらと
思った途端恥ずかしくて怖くなったんだ
誇れるもの見失ったら晴れたり曇ったりする事も
必要ないと言われた気がした

ねぇあのひまわり畑も下を向いてる
目も合わせないあたしにあなたは笑わなくなったね
もう決してあなたと同じ気持ちで泣けないことも知ってる
だけどだけど

好きだったよ

393 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 15:09:06 ID:k7USB5Na
泣きたくなれば君を想う
君を想ったら
また泣けてしまうから
切ない気持ち
ひとつひとつ
白くて冷たい
吐息に消して
何も最初から無かった

394 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 15:18:34 ID:5pAp5/qL
優しくされると切なくなる
冷たくされると泣きたくなる

395 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 15:41:43 ID:29zY16yO

いくつもの熱く胸をめぐる 感情は瞳に溢れてくる
いつでも泣きたい時泣けばいい ありのまま思う涙に
ただこらえて気持ち抑えて 一人で強がることはやめて
人影に逃げずに俺と二人で こぼれた滴強さに変えて

涙は乾き目の前の鏡に 写る瞳の輝きは
忘れないもう隠さない 泣いても最後にまた笑いたい
これから生きていけば涙するもの これこそが君が今生きること
(そう)今は何も言わなくていい 涙を流すそれだけでいい

溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため

君と出会って夢追っかけて 少しずつ形になってまた悩んで
何でだろう?悩んでだろって やけになり独り身のnight and day
の中で傷つき 時にムカツキ自分の弱さに気付き
ズキズキする胸の鼓動を 抑える感情論を

唱え出すことでこらえたところで 答えは壊れたと心で
泣いて泣き疲れるまで 湧いて湧き溢れ出てくるだけ
夢に一杯にため込んだ涙と引替えに この機会に
また一つずつ強くなりつつ古い靴脱ぎ捨ててゆく 

胸に溢れたその想いを 泣いて (泣いて) 笑って (笑って) 表せるなら
孤独に泣いた夜も聞かせてよ (泣いて) 笑って (泣いて) 何度でも

溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため

396 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 18:37:12 ID:CLsPg+Bc
生き抜くことに戸惑い死に行く事に怯えて 僕等の呼吸には哀しみが宿る
叫びは孤独に失せて涙の滴を啜り 誰もが一人きり荒野を流離う
あれは月の夢か白く光る花 けぶる丘の彼方煌めき手招く
胸に響く悠久の音楽に耳を済ませ
風に惑う砂のように刹那へと消え失せても
どこまでも果てしのないこの道を荒野の向こうへ

僕等はきっと暗闇の腕から生まれてきた 
かなわぬ恋をするように光へと彷徨ってく
どこまでも果てしのないこの道を帰る術はない
彼方へ・・・・・・

397 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 18:47:56 ID:4WcOWOuq
なんて愚かな汗に塗れているのよ
それじゃこの空がいくら広くてもしょうがないわ
両足に付けた 鉛の重さにさえ
慣れてしまってる自分を救ってやれれば

398 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 18:58:09 ID:yqzkb/gd
早く急いでつかまえなきゃ
去っていってしまうから
頬を伝う涙の粒がテーブルを濡らす前に
>>394
誰より好きなのに

399 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 19:07:07 ID:yqzkb/gd
くじけない
負けない
止まらない
『しょうがない』は無い!
顔で笑って心で泣いても
元気出していこう!Peace!

400 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 19:19:33 ID:GyL5U4bp
似てない僕らは細い糸で繋がっている
よくある赤いやつじゃなく
落ち合った場所は大きな木もざわめき やんで
ふたりの呼吸の音だけが染みていく


401 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 19:26:11 ID:o6K21AL9
季節に逆らい想いつづけて
いまもあなたを

好きなままよ

402 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 19:42:28 ID:k7USB5Na
今まで何度も思った
僕たちはよく似てる
あの時2人で消えてしまえたなら


403 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 19:50:28 ID:jHZTmh5L
あんたと付き合うのまじ超たいへん まじギレ寸前でもうやってけん だけど心に嘘はつかれへん やっぱあんたしかおれへん
腐れ縁でも縁があったから きっと二人ここまで来たんだわ 覚悟しいや『いやや』なんていわせへん やっぱあたししかおれへん

404 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 21:17:11 ID:/UQDVkeA
恋愛の成功率はね 散々でね いつだって成就しないまま
とはいえ好きになっちゃうんじゃ もう嫌になるよ
どうかいなくなれ こんなんなら存在自体よ消えちまえ
そう思ってどのくらい経つだろう
来週はいつ会えるんだろう

405 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 22:44:33 ID:KHb3vaQV
全て判ってる わけぢゃないけど わたしが持つもの 出来る事全て 捧げたいよ あなただけに この想い この声に乗せて

あなたがもしも悩んだ時は手を引くのが私であるように

わたしがもしも悩んだ時は 笑わせて そう抱き締めて 強く そう 強く

406 :名無しさんの初恋:2006/12/09(土) 22:57:46 ID:PjeLKreN
届いてくれるとイィな 君のわかんなぃところで僕もいま奏でてるよ
育たないで萎れてた新芽みたぃな想いを2つ重ねて 鳴らすハーモニー



407 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 01:51:01 ID:bJ/nt0kk
嘘をついて このまま騙していてね
髪を撫でる指の先から
もしあなたと始まることになっても
構わないと 今なら強く言えるの

408 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 02:41:01 ID:wtyh5apB
繋いで 繋いで 揺りかごに揺られ
わたしとあなたを わたしとあなたで
許して 許して 殺して 柔らかく抱いて

409 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 07:50:36 ID:Cg4RADib
だから甘い夢 見るんじゃない できないんだから
1と10だけをみつめては ニヤけているだけ
簡単な方程式さえ 解けないんじゃない
ニュアンスだけ判ったつもり 空笑いさせて

計画性もなく ひた走り 息切れしている
石橋を叩いて壊してジタバタ踊って
あまりにも 滑稽な姿 見てはいられない
目先の事ばかり片づけ ツボも分からすに

バカなフリ いつまでして そのウ゛ェール 早く脱ぎなよ
本当のあなた見せて やりきれない 今のままじゃ

誰かが決めたルールなんて 踏みつけ歩いて
“証”たるもの全て最後 答えは見つかる
理由が分かっているならば 考える事はない
言い訳はもう聞き飽きたから 実像を見せてよ

たちはばむ 現実さえ 突き破れ あなたらしく
怖じ気づく必要なく 眠りゆく力起こせ

バカなフリ いつまでして そのウ゛ェール 早く脱ぎなよ
本当のあなた見せて やりきれない 今のままじゃ

410 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 07:57:17 ID:Cg4RADib
無我夢中から暗中模索
支離滅裂な試行錯誤だ

君等は近頃 どーかな?

Let's get yourself
響かせて 極限の魂を
Try again
何度でもその壁を壊して

四面楚歌 自業自得だけど
切磋琢磨して大器晩成

僕等はここらで いいのかい?

Let's get yourself
その体 枯れるまで叫んで
Change your way
過去よりも 変わってく未来へ

Let's get yourself
響かせて 極限の魂を
Try again
何度でもその壁を壊して

Let's get yourself
その体 枯れるまで叫んで
Change your way
過去よりも 変わってく未来へ

411 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 08:10:51 ID:Cg4RADib
隙間ない入道雲の下
あの日は 母と二人
日傘を差して 手を引かれ
歩いてた 夏の道

蝉時雨に消えそうな声で
何度も言った
「みんな1人で生きてゆくもの
振り返らない」

幼すぎる私はきっと
答えられない事を聞き
あなたの背中で いつしか
眠ってた 泣きもせず

これからくる夕立ちの予感
響く遠雷
あれからの私達をまるで
占うような

あの日のあなたに近づいて
はじめてわかる
突然しゃがみ込んで流した
最後の泪

あなたの気持ち
あの夏の匂い

412 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 09:07:21 ID:Cg4RADib
決まって 彼氏の話で始まる その席は
頭は半分 聞いてはいないけど お互い様

でもみんな ただ話せれば それでいい

女同士で 分かり合う ことさえも
捨てたもんじゃない 楽しく 騒ごうよ!
明日への糧となれ

「たまには仕事の愚痴とか、上司の愚痴だとか
相槌打っては 頷き返して くれればいい」

朝がきて お互い化粧も くずれて

ストレスなんて 吐き出し 軽くなろう
大きな声で 歌えば 忘れるよ
明日への糧となれ

女同士で 分かり合う ことさえも
捨てたもんじゃない 楽しく 騒ごうよ!

ストレスなんて 吐き出し 軽くなろう
出逢えた事を 誇りに 思えるよ
明日への糧となれ

413 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 09:19:52 ID:Cg4RADib
かならず明日になれば 笑えるから
いつでも僕らはここに 立っているよ wow

約束の丘は今でも、何ひとつ変わってないさ
あの日聞かせてくれた夢、この丘は憶えてるから

泣きそうな気持ちと いらだった生活
人ゴミの真夜中 月の光、見失って

かならず明日になれば 笑えるから
確かに僕らはここに 立っているよ wow

誰よりも1番強気で 真っすぐに空見上げてた
余りにたくさんの現実は 少しだけ君を臆病にしてる

どんなに離れても どれだけ遠くても
眠れない夜には 瞳閉じておもい出して

言葉にすれば涙も 消えるでしょう
ここには君が失くした 夢もあるさ ah

果てしない緑と、吹き抜ける西風 wow
雨上がりの匂い、いつでもいい、待っているよ

かならず明日になれば 笑えるから
いつでも僕らはここに 立っているよ

かならず明日になれば 笑えるから
確かに僕らはここに 立っているよ wow

414 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 09:58:48 ID:JPAUQtk5
ひとりじゃ足りない宇宙で
壊れそうな思い抱いていても
恥じらうあなたの
「好き」と言う言葉が
美しいことを知って欲しい
抱き締める
世界の果てで

415 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 10:17:48 ID:Cg4RADib
アスファルト吹き抜ける風受けて 何か見失った
いつの日か笑えない毎日が 僕ら悩ませた

独りで塞いでもしょうがないよね

この蒼い風に乗り あの雲のむこうまで 飛んでいこうよ すべて忘れて
その翼広げて 鳥になるんだよ 今から

悲しみや 嘘のない どっかの街まで 飛んでいこうよ 力ある限り
まだ見た事のない 輝いている君の笑顔に 会いにいこうよ

どこまでも続いてるあの空は 本当にデカくて
昨日まで悩んでた いろんな事 バカらしくなった

もどかしい毎日は 置いていこう

この蒼い風に乗り あの虹のむこうまで 飛んでいこうよ 振り向かないで
いつも夢を見てた 少年の僕らを 探そう

誰だってできるよ 君だってできるんだよ 恐わがらいで 心開いて
忘れかけてた 君だけの何かが必ず そこにある

この蒼い風に乗り あの雲のむこうまで 飛んでいこうよ すべて忘れて
その翼広げて 鳥になるんだよ 今から

悲しみや 嘘のない どっかの街まで 飛んでいこうよ 力ある限り
まだ見た事のない 輝いている君の笑顔に 会いにいこうよ

416 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 11:01:28 ID:US1aW7k+
まだ触れないで その震える指先は
花盗人の甘い躊躇い
触れてもいい?その深い胸の奥にまで
奪う自信があるならば
白馬の王子様なんて信じてるわけじゃない

417 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 11:20:02 ID:fntTxkEW
あの時見送った背中
声からし止めれば良かったの?
暗い後悔ばかり
幾度となく駆け巡ってくの

見えてない答えがあるとすれば
消えてない窓の隙間から見える太陽
私の震える肩 温めて
目を閉じて
気付けなかった答え
見つけた

418 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 14:04:42 ID:Cg4RADib
太陽はずっと 俺らを 照らす Oh
君が 辛いときも ずっと空の上で
これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh
たまの雨の日も 晴れわたるように
太陽の子でいよう

太陽は今日も昇る青い空へ 白い雲は流れ時に降る恵みの雨
晴れては曇る 曇り空に雨降る 常にこれを繰り返す 今までも
真上を飛ぶ鳥のように 逃げてなりたいな 自由に
でも負けじと辛さ乗り越えた時 見た空 いつもよりも青かった
太陽に照らされて月は輝く その光る月を見て何思う
人は陽のあたる所ばかり選び歩くと いつかはその影が見えなくなる
辛い暗い夜は続くが 今にすぐにこの夜は明ける
今日は暗く落ち込む日でも 明日は東の空へまた陽が昇る

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh
君が 辛いときも ずっと空の上で
これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh
たまの雨の日も 晴れわたるように
太陽の子でいよう

419 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 14:05:40 ID:Cg4RADib
太陽の真下から走り出した 何で俺は此処に やってしまったことに
悩んでる時 見上げればそこに 変わらず俺を 照らしてくれる
太陽は今日も回る そして俺らに物語る
ただ背中を優しく押し出すように 俺の進むべき道のように
晴れのない来ない日はないというが
気にしないで生きる人はわりと優雅
なんでそんなに 俺のことを見ている?
なんでそんなに 俺のことを知ってる?
高らかな気持ち 気負いなく進む 新たな道は
どこまでも続く しかしながら なだらかだと思わせるだろう
そんなひかり 太陽を 俺は浴びてたいの 共にまいろう

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh
君が 辛いときも ずっと空の上で
これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh
たまの雨の日も 晴れわたるように
太陽の子でいよう
太陽が暮れても 太陽の子でいよう 太陽の子でいよう

420 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 14:06:38 ID:Cg4RADib
変わらずやわらかく射す太陽 降り注ぐ光に何思う
必ず暖かく待つ太陽 突き進む未来に舵を取る

今があって 過去があって 君になって
いつしか夢を持って 時がたって イヤになっても
でも笑って行こう 辛くなっても
成功を見守る太陽を背に 雨降りの日は太陽を胸に
結果を恐れず太陽のせいに すればいい 君は太陽の子

曇りの日も 雨の日も 同じ空の下
いつの日か 今日か明日 また晴れる日を待つ
曇りの日も 雨の日も あの雲の上
太陽は 見えなくても 僕らを見守る

太陽はずっと 俺らを 照らす Oh
君が 辛いときも ずっと空の上で
これからも 太陽はもっと 俺らを照らす Oh
たまの雨の日も 晴れわたるように
太陽の子でいよう
太陽が暮れても 太陽の子でいよう 太陽の子でいよう

421 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 16:43:18 ID:Cg4RADib
紅く滲む 太陽は全てを
照らしてきた 今も昔も
この夕闇に 描いている想像は
果たして この手におえないものなのか?

もっと今以上に 裸になって
生きてゆく術 教えてよ
ほんの少しだけ 私を汚して
そうやって独り 傷ついたり
周りを失くしたとしても
真実の詩は この胸に流れ

争いはまだ続くんだろう
どの道今が大切なのさ
がむしゃらになって 見落としてきたもの
例えば誰かの やさしい微笑みも

永遠を知れば どんな暗闇も
痛みも いつか消えて
そうやって今は 私を汚して
ずっと昔見た 天空の城に
いつかは たどりつける
真実の詩を 道標にして

永遠を知れば どんな暗闇も
痛みも いつか消えて
真実の詩は この胸に流れ

もっと今以上に 私を汚して
ほんの少しだけ 私を汚して

真実の詩を 道標にして

422 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 17:16:06 ID:GHZ8Roid
大切な人に唄いたい 聴こえているのかも分からない
だからせめて続けたい 続ける意味さえ分からない

一人で見た真っ赤な空 君もどこかで見ただろうか
僕の好きな微笑みを 重ねて浮かべた夕焼け空

ただ一度の微笑みに こんなに勇気をもらうとは
こんなに喉がふるえるとは


423 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 19:00:45 ID:p7A3bnx3
いつまでもいつまでもあなたに向かっていこうと決めた
もしあなたがこの部屋に来る事があったら同じ様に星を見せたい
一度きりのあたしの物語
あなたがいないといけない

424 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 19:13:53 ID:f70mS7Wx
歪む世界螺旋の焔 輪廻を貫いて
凛と緋く血塗れくちづけ 恋人を射ち堕とす・・・

425 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 19:51:31 ID:phjjjuxy
君はやってきた あの坂道を
駆けのぼってやってきた
どうでもいいはずの 小さい思い出を
拾い集めたりしながら

ゆううつな迷い子を撫でるように 風は吹き抜けてく
旅の途中

426 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 21:48:36 ID:u/TDTQxi
真夜中に始まる電話 足の指少し冷たい
何も知らず 嬉しくてただ鼻をすすってた

427 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 22:45:15 ID:/KXxQATv
やっぱおっぱいは触り〜た〜いの〜♪

428 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 23:07:49 ID:1NhTOU+/
愛されたい愛されたいばかり 
アタシ言っていたよね 求めるだけじゃダメね
子供の頃はママの事 酷く傷つけた日もあったよね
変わりたい今全部

429 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 23:20:31 ID:wtyh5apB
いつだって始めるため 終わらせた季節
想像を超えるため 置いてきた答え
いつだって旅立つのは 少し怖いけど
存在を手にするため 暗闇の中へ

ロールエンドロール 目指すのは 君がいる世界
不完全な筋書きさえ味方になった夜

ロールエンドロール 願わくば 永遠の先へ
未完成な物語 君だけのドラマ

430 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 23:23:22 ID:wtyh5apB
旅立ちの時は すぐに訪れた
傷だってまだ癒えてはいなかった
妙な情に駆られたら それこそ厄介だ
珍しく表情を変えた君が言った

僕らは進まなくちゃ 先を急がなくちゃ
足が言うことを聞いてくれるうちは
君らは残らなくちゃ 後を担わなくちゃ
星が闇を削ってくれるうちは

431 :名無しさんの初恋:2006/12/10(日) 23:49:12 ID:IS2Ug5+j
君の嫌いになり方を僕は忘れたよ
どこを探しても見当たらないんだよ

あの日どうせなら

「さよなら」と一緒に教えて欲しかったよ
あの約束の破り方を 他の誰かの愛し方を
だけどほんとは知りたくないんだ

432 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 01:10:17 ID:a6bhAb7k
生き急ぐ人達 くぐり抜けて家路につく
迎え入れる先は 無言の箱 冷えた空気

テレビをつけ溜め息 暗い部屋でポツりと
不安のたね募らせ 夢により鎮めるの

こぼれおちそうな星のパレード 揺れる魔法に火をふく
凍てついた心 溶かして 溜まるしずくは透明

飲み干したグラス傾ければ 廻りはじめる merry-go-round
ピアスにぶらりくくりつけ 変わり磨かれる世界

日曜の朝は 期待外れ 沈んだ空
気持ち 雲間切れず また1人の夜になるの...?

冷めた料理眺めて 少し涙こぼれる
頬杖つき一体 あたしはなに望むの...?

窓にはりつく水跡みつめ 席をたち あなたのため
鍋にまた炎をからめて また少し期待しよう

おいしそな匂い部屋に満たし 優しい微笑み待つの
残酷な時計の針は とめてまた席につこう
笑顔で過ごすこの夜

あふれだしそな星のパレード ひらけ心のシリウス
くたびれた心 燃やして 残るホコリは純粋

飲み干したワインまたつぎ足し 廻りつづける merry-go-round
向かう先にはささやかな ふくれた愛の喜び
変わり磨かれた世界 きらり輝くこの夜

433 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 01:18:52 ID:qHBAFFhM
今の自分の恋がHYのNAOが見事にハマってる。
携帯なので割愛。

434 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 01:37:51 ID:a6bhAb7k
泣き疲れてたんだ 問いかける場所もなく
迷いながら つまずいても 立ち止まれない

君がくれた笑顔 落とした涙は
僕の胸の 深い傷に 触れて消えた

I feel my soul Take me away そうたったひとつを
きっと誰もが ずっと探してるの
それは偶然ではなくて 偽りの愛なんかじゃなくて
You're right all right
You're all right Scare little boy

何度も繰り返す どうか行かないで
ささやくような君の声は 愛しくて

I feel my soul Take me away もう振り向かない
きっとこの手で いま確かめたいよ
いつも単純なほど 苦しんで 生きてゆく意味を知りたいから
You're right all right
You're all right Scare little boy

そっと つぶやいた 君の言葉 You say it
動き出せ 見えないけど 道は開かれている

I feel my soul Take me away そうもがきながらも
きっとこのまま ずっと歩いてゆける
それは偶然でもなくって ありふれた夢なんかじゃなくって
You're right all right You're right all right

435 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 02:20:41 ID:lYpmdPdz
出会いがあれば別れもあるなんて他人は当たり前のように言うけど
全てを忘れることは難しくて あの場所を通る度に捜してしまう
頑張っても 頑張っても 振り向かない時もある
愛しても 愛しても 届かない想いもある
だけど信じた自分を忘れないで それはあなただけの恋の跡
あきらめた自分を責めないで 駄目な自分も受けとめて
全てはいつか あなたの風になるのだから

436 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 11:37:14 ID:adKw8bxo
季節はずれの 風が運ぶ 思い出たち
なつかしい笑顔の 君は遠い故郷

宝物だと 呼べる物は 何ひとつも
見つけられないまま 大人になってゆく

何もかもが 全部このままじゃ 終われない

誰もがいつか 越える坂道 その先には
まるであの日の 素顔のままの 僕等がいる
遠まわりでも 必ず たどりつける
きっと きっと いつか

変わってくもの 変わらない物も 増えるけれど
ひとつひとつが ただ愛しく思える

思い出して 途切れていた メロディー 胸にそっと!!

戻れない道 振り返るたび たち止まってしまうよ
悲しみのドアを 笑いとばして 壊せるなら
もう迷わずに まっすぐ 歩いていこう
ずっと ずっと 君と

誰もがいつか 越える坂道 その先には
まるであの日の 素顔のままの 僕等がいる
遠まわりでも 必ず たどりつける
きっと きっと いつか

437 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 11:43:05 ID:mpQoRwlT
この気持ちは枯れない花のように揺らめいて
君を想う

438 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 11:53:57 ID:r7v7ZyJI
会いたかった 会いたかった 会いたかったYes !
会いたかった 会いたかった 会いたかったYes !
君に・・・

439 :名無しさんの初恋 :2006/12/11(月) 11:58:20 ID:qghG9Rb5
息も出来ない程に 君が好きだった

永遠 信じてた恋
そっと肩を寄せ合って 撮ったポラロイド
アルバムに 今 しまうよ この想いと共に…


440 :名無しさんの初恋:2006/12/11(月) 21:02:56 ID:adKw8bxo
咲き乱れる花 レモン色の風
透き通る笑顔 ときめきの香り

愛なんて 知らんけど こんなん 悪かない
ココロのひもとか ほどけてく

I say Hello, You say Hello,
いつも kiss the sky
春夏秋冬 すばらしい世界
きままに 歩いていこう
空まで 続く道を

まだ飛べない鳥 雲がくれの月
曖昧なセリフ 誰もいない夜

ワンピース足んないけど 結果オーライでしょ
考えすぎじゃない? やめとこう

I say Hello, You say Hello, だから kiss the sky
これからは "Good for you" 僕等の時代
たまには くやまないで
ポジティブ シンキンでいこう

I say Hello, You say Hello, いつもkiss the sky
春夏秋冬 すばらしい世界
空まで続く道を 歩こう

I say Hello, You say Hello, だから kiss the sky
これからは "Good for you" 僕等の時代
たまには くやまないで
ポジティブ シンキンでいこう

441 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 00:05:56 ID:v5WkCzAA
探そう 夢のカケラ拾い集め 切なくても 今なら探せるだろう
めくるめく 毎日の形変えて 切なくても 確かな今を感じよう

見かけよりも単純で だけど伝えきれなくて
言いたいコトは いつもポケットにしまってるネ

子供じみたコトなんて 今さら言えない
時が解決するとか言うけど わかりあえずに

24時間 君を信じてるよ 見つめてるよ ありふれた言葉でも
時はいつも 急ぎ足で笑う 想い出より 求めたい今を見つけよう

動き出さなきゃ始まんない 悩みだすと止めらんない
一夜かぎりの夢に 甘えていたくはないし

乙女チックな願いも そのまま置き去り
愛が全てサ 僕らの時代は ここからはじまる

空を突き抜けてく 鳥みたいにネ 大空舞う イメージが動きだす
歩こう 道は遠く続くけれど いつの間にか 輝きだすダイヤモンド

24時間 君を信じてるよ 見つめてるよ ありふれた言葉でも
時はいつも 急ぎ足で笑う 想い出より 求めたい今を見つけよう

探そう 夢のカケラ拾い集め 切なくても 今なら探せるだろう
めくるめく 毎日の形変えて 切なくても 確かな今を感じよう

442 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 02:17:00 ID:0YdXepYV
傷つかない愛なんてない
あなたの気持ちに媚びは売らない
馴れ合いの愛なんていらない
だから私は終わらせる方を選ぶよ
失うかもしれない
傷つけ合うかもしれない
裏切り合うかもしれない
だけど逃げ出したりしない

443 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 03:08:10 ID:s636Q+YA
君に逢いたい今逢いたい離れた一秒も
僕の想いは夜空さまよう白い羽さ
君を抱いて羽ばたいて永久よりも彼方へ
消えないでいて

444 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 11:05:29 ID:s636Q+YA
だって僕たちは速くもゆっくりもできるんだから…どっちでも君の望む走り方で まずは君に飲み物をおごらせてよ
指輪はまだいいよね
君のお望み通りに…君が本命になるなんて誰が考えただろう…

445 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 11:10:39 ID:s636Q+YA
君はオレがずっと憧れてた人なんだ 夢を見るときは君のことを夢見てる
いなくなったら 君を求めて泣き叫んじゃうよ だからオレの女になってくれないかな
君をディナーに連れて行って 映画とか見よう いくら二人で過ごしても全然満足できないよ

446 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 11:16:30 ID:kolEpcuB
黒い煙吐く鼓動と
ボンヤリ消えてく光
伝えきれない想いで
息もできない

冷めた目ですれ違ってく
人の群れ 何望んで
何処に向かってゆくのか
追い詰めるよに 瞬きもせず
選ぶ事さえ 許されぬよに

夢も見ず生き 何も聞こえず
喜びさえも 感じずにいた 私達は

いくつもの窓の灯りが
一つずつ消えてくように
閉ざされた壁の中では
残された命

見つからないまま
時間の 錆びた鎖で繋がれた
心じっと見つめて
巡らせた思い 見落とさぬ様に
書き映してく 今見たまま

真実さえも 見失うなら
このまま ずっと 魂捧げ 祈る様に

この世に生きて どんな風にして
私であるか 見つけられたら
生まれ変わる

447 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 11:46:34 ID:s636Q+YA
とんでもない女の子だ 君は実に素晴らしい 君が現れてすっかりやりこめてしまうやり方には ぶっ飛んじゃうよ 今夜はうまくやらなくちゃな うまくやらなくちゃ

448 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 12:03:36 ID:s636Q+YA
彼女は僕を愛で酔わせる 絶対良くない女だよ そして彼女はそのことを知っている 知ってるはずさ 彼女は型破り 自分でそれをわかってる 彼女は型破り そこが好きなんだ

449 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 12:16:10 ID:yPZMIJON
あなたは今どこで何をしていますか?
この空の続く場所にいますか?

450 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 12:30:40 ID:s636Q+YA
僕の愛する人になることだけ
だから裏切らないで僕の愛する人 だから裏切らないで 僕の愛する人
だから裏切らないで
君の地位に取って代われる人なんて他にはいないよ

451 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 17:18:02 ID:s636Q+YA
獲物への話しかけ方が好き 僕たちは似たもの同士なのかも 今やアルコールの酔いも醒めた君 たぶんあとで君に電話するよ 僕はそっと抜け出すけど また君のところに戻ってくる 電話したら はぐらかしたりしないでくれよ

452 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 17:25:02 ID:s636Q+YA
僕は君の奴隷だ
オイタをしたら鞭で打ってもいいよ とにかく誰もこんな気分にはしてくれないから

453 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 17:37:30 ID:QVaO6Mp0
>>449
失ってしまった代償は とてつもなく大きすぎて
取り戻そうと必死に 手を伸ばしてもがくけれど
風のように指をすりぬけて 届きそうで届かない


454 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 19:14:15 ID:mKLGuJQG
祈り続けるのは誰でも出来る 停まる屋根があれば
鈍く畝る雲を裂けて 来ない「瞬間」を待てばいい
ポケットの中 詰めた過去より変わりゆく今を愛そう
日記の文字眺めてても 明日は見えない

Stand Out
大地を踏む 高鳴るステップを聞いていたい
Hang On 
擦り切れてく萎びた靴底に 乱れてく吐息に
心を染めるように

455 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 20:50:56 ID:fIp8sfxy
あふれそうな気持ち 無理矢理隠して
今日もまた遠くばかり見ていた
君と語り合った くだらないあれこれ
抱きしめて どうにか生きてるけど

456 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 20:58:17 ID:ehkmjZcX
あの娘のハートが揺れて動くから 悲しみはきっと ここで生まれてる

457 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 21:03:57 ID:QXSVu2GL
手の中には愛すべき人さえも華々しく散って

458 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 21:10:42 ID:0ECMiddS
をんなは嘘を吐いたって好いぢゃないか
大概が茶番さ
粧しこんで居なくちゃきっともう狂って居るって

いけない男、色男
わっち悪くないわいな

切っても切っても切れぬ
ああ!幕の内

459 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 21:21:16 ID:kolEpcuB
誰もいない街
無情にも 始まり出す私を残して
朝日は 逃げずに そこにあるのか

目に映る すべてのものが 私を惑わすばかり
言葉にすればする程に からまる心の矛盾

流れ流され 夢に見とれないように

誰もいない街
静かに 朝日は私の影落として
明日は 逃げずに そこにあるのか
運命の 糸を見つけて
自分のこの手で つかんだなら
自由の海へと たどりつくまで
今は 私らしくいられますように

真実は 心で決める 過ちは 時を止める
とがった生活の中で 踊らされているんだよ

1つ手に入れ また1つ失う どうして?

容赦なく 雨にうたれて
つぶれそうに なりながらも まだ
巨大な迷路の中を 彷徨う

誰もいない街
無情にも 始まり出す私を残して
明日は逃げずに そこにあるのか
今は 私らしくいられますように

460 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 21:43:57 ID:WaThsFej

言葉にすればする程に からまる心の矛盾(笑)

461 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:26:06 ID:kolEpcuB
どこまでも どこまでも 堕ちてゆく こんな時代を
縦横無尽に私は 歩いてく 明日のために

朝 起きてみりゃ お隣の部屋から ワイドショーが今日も 溢れ出している
No thank you な情報の垂れ流しだけで 明け方のジャンクがここまできてる

Say そのスタイル いいんですか? Say そのグルーヴ まだ続くの?

どこまでも どこまでも 堕ちてゆく こんな時代を
縦横無尽に私は 歩いてく 明日のために
モラルなき十代の分裂が 増えてるけど
私だけのやり方で 軽やかにかわしていこう

オイラも オイラもと 名乗り上げてる めかし込んじゃってる 偽善者たちは
「私が変えます これからの135を」 でも 変わるのはサイフの中身だけじゃん!!

Say そのプライド いいんですか? Say そのゲーム まだ続くの?

偽物が 本物の 顔してる こんな時代は
過激で美しくある しなやかな私でいたい
溢れくる 虚しさと 悔しさを 吐き出して
これから来る君だけの未来へと 行くしかないだろう!!

Say そのスタイル いいんですか? Say そのグルーヴ まだ続くの?

どこまでも どこまでも 堕ちてゆく こんな時代を
縦横無尽に私は 歩いてく 明日のために
溢れくる 虚しさと 悔しさを 吐き出して
これから来る君だけの未来へと 行くしかないだろう!!

462 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:29:21 ID:kolEpcuB
>>460
どうでもいいけどIDがWaT

463 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:37:46 ID:cJCut7wN
積み木遊びに疲れて眠る子供の様穏やかに
二人の愛は終わりをつげた 静かすぎる月の下
大好きだから別れたかった少しおかしいと言われても
もう行かなくちゃ朝が来るから
口を尖らせ強がりをいう不安だらけの君の顔が
瞼に残り決断の時迷ってしまったりしたけど
腐った海で溺れかけている僕を救ってくれた君には
もう嘘はつけない愛しているから

自分が嫌いになった今
君さえ守れない弱虫なんだ
僕のわがままにつき合わせてごめんね
今まで
ありがと
さよなら

464 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:40:59 ID:T2lkR8m8
足踏みしてる 言い訳ばかりをかき集め続けても何処へも進めないまま

バランスとって足を踏ん張って 立ち尽くし続けても
昨日をくらかえしてるだけじゃ
きっと僕は 何処へも辿り着きはしないまま

465 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:45:04 ID:T2lkR8m8
その場しのぎの間違い探しを 繰り返し続けても
答えはみつけられないまま…
迷ったときも怯えてるときも
隠れていた明かりが 向こうで今輝いたように
ずっと僕が歩けば景色だって
変わってゆく

466 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 22:58:56 ID:b/JnRHpr
言葉にはならない想い 心の中 伝えたくて きつく抱きしめてる
"君の全てをいつしか いつの日にか 支えるから"
なんて言えたらいいなぁ…!!

467 :名無しさんの初恋:2006/12/12(火) 23:24:35 ID:htHY7911
IDがHY記念に

好きというただそれだけの気持ちで
動いた大きな片思い

468 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 00:23:10 ID:8R/yIyxH
私からサヨナラ
しなければ 
この恋は終わらないのね
ずるいひと…
大人の手口ね
ため息ひとつ
また催眠かける
ときめきが理性に
目隠しする
これ以上進んだら
自信がないわ
戻りたい 戻れない 
気持ちうらはら
あそびならまだましよ
救われるから
他のひと愛せれば
いいのだけれど…
それはちょっと
できない相談ね

469 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 01:47:57 ID:86hmaaDd
ざわめく街が 眠りについて
言いようの無い不安が 首をもたげる

夢も願いもつかまえたくて
追いかければ追うほどに 距離を感じる

二度とない この瞬間 逃げずに
止まること 泣くこと そんなの
いつでも 出来るね

ふと気がつくと 怖じ気づいてる
日常の繰り返しに 慣れ始めてる

ひたむきに 求めて 傷つき
駆けていた 揺れてる 時代を
あの頃 僕らは

「元気だった?」 受話器のむこう
いつもの声 勇気をくれるよ

微笑みも 涙も 全てを
受けとめて 生きてく 未来に

いつの日か いつかは 必ず
僕達の願いは 届くと
信じているから

470 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 01:50:50 ID:86hmaaDd
新しい朝を迎えたら 大きく手を広げ深呼吸
昨日の悲しい涙を 太陽は忘れさせてくれる

今度会える日まで きっといろいろあるね
でもね それは それで 必要なことです

いっぱい泣いたりもして やっと笑顔の意味が
わかるようになれば 怖いものナシだ
そう ここから新たなスタートだ!!

3年前と今 比べるより 10年先のこと イメージしたい
なんとなくさえない毎日も 未来に つながっているから

今度会える日まで 約束はないけど
でもね それは それで しょうがない事なんです

いっぱいぶつかり合って 半人前の僕が
君に唯一できることはただ一つ この愛の歌届けることだけ

いつもどんな時も 君の笑顔を見せて
だってそれが僕の宝物なんです

今度会える日まで 約束はないけど
でもね それは それで 大切な事です

いっぱい泣いたりもして やっと笑顔の意味が
わかるようになれば 怖いものナシだ
さあ ここから新たなスタートだ!!

471 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 01:57:33 ID:yUPc5zK9
『好きです』と言えないことが こんなにも切ないものか
ただ『4文字』の言葉じゃないか なんで僕を苦しめる

472 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 02:07:12 ID:8fHQDITM
ときめきは君の隣で 繰り返し溢れるから

このままただそばにいて

1秒も離したくはない 愛している

I'm in love with you

473 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 02:46:58 ID:tnaDC2eF
大好きな君に 会いに行こう
風に抱かれて 走って行くんだ

大好きな君に 早く会いに行こう
君のあの家に 灯りが ともる頃

474 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 03:52:21 ID:S0v3AXUS
その気があるのなら どうぞ、そうしてちょうだい
みんなあなたにあげるから 私を自由にしてちょうだい

ずっと待っていたのよ いつか、気づいてくれると思って
なのにあなたは逃げてばっかり おかげで私は惨めさとお友達 
目を開いてよ わからないの、人生は一度きりなのに (中略)

あなたはただ、身を投げ出せばいい
あなたの心の痛みもみんな 虚しい魂の涙もみんな
あなたは堂々巡り 私はイカれた精神病患者
目を開いてちょうだい 
気づかないのかしら 時間を無駄にしているだけだって

あなたが何をしようとも 私はあなたに首ったけ
目を開いてよ
気づいてよ あなたの人生なんだから

「SURRENDER」 song by アシュリーシンプソン 

475 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:01:04 ID:S0v3AXUS
あれから3日・・・
どこを向いても、目の前にあなたがいるの
どうでもいいわ あなたが何をしてきて
どうやってここへ辿り着いたとしても
私をものにしたつもりなら
待ってなさいよ、これからもっと冷え込むから

ほらね 私はこれで完璧よ
今にわかるわ
ありのままの私を愛して
離れないでね
別れたくなる女とは違うから
今にわかるわ
ありのままの私を愛して

ずっと待っていて
ようやくあなたを見つけたのよ
だからあなたを退けておいて
割れたガラスの上を這ってでも
あなたが私を求めてきたら
その時は、一緒にいさせてあげる

[LOVE ME FOR ME]

476 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:04:39 ID:TIb9DV7f
なぜあなたが時計をちらっと見るたび
泣きそうな気分になるの

477 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:11:53 ID:S0v3AXUS
見つからないまま残してきたものがあるから
私は虚しくて、納得いかなくて
あなたが必要なのよ
そう、あなたが必要 行かないで
今すぐ私に触れてちょうだい、確かなものを感じずにはいられない
愛情を私に思い出させて欲しいの
あの頃の二人が、とても愛しいわ
息ができないの、あなたが居ないと呼吸もままならない
あなたもそう感じているかしら?



478 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:17:58 ID:S0v3AXUS
闇に包まれて独りでいると
あの扉からあなたが入ってくる夢をみて
それで初めて、私の心は満たされるの
泣く理由なら、いくらでも私にはあるわ
布団をぎゅっと掴んで、そして目を閉じる
独りになるのはイヤだから

誤魔化せない 憎めないそれなのに、私の心、今にも壊れそうよ
必要なのはあなただけ

ほら血を流しているわ どうか聞いて欲しいの
降参よ、白状するわ 貴方が欲しい 間違いない

479 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:19:54 ID:S0v3AXUS

「UNDISCOVERED」ashlee simpson


480 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:20:08 ID:e00GMWM9
この声が枯れるくらいに
きみに好きと言えばよかった

481 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:28:46 ID:BF/Vni4b
今思えば不安だったあの頃


「ありがとう」っていったら、永遠にさよならになる

482 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:38:22 ID:e00GMWM9
>>481それだれだっけ?

483 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 04:54:35 ID:YzNuo3rr
もし僕が君と出会わなかったら 僕たちはどんな二人だったでしょうね
例えば君は結構幸せな二児の母で 僕はもっと不安気な理論家で

ああ 愛しき君と出会えたこと いつも心に 永遠に 大切だから

もしも恋事に罪を犯したらその罰は僕に受けさせてください
例えば僕がちょっと痛がっていても少しの間だけ向こう向いててください

ああ 愛しき君よもう泣かないで いつも隣に 永遠に 僕はいるから

ああ 君が笑ってる
ああ 僕に笑ってる
いつもそんなことばかりを夢で見ては ああ 来る日行く日を過ごします

僕の表現が大袈裟すぎて君は気にせずに歩いててください
例えば僕の存在が君の重荷になるならその荷物も僕が持ちます

ああ 愛しき君よもう泣かないで いつも隣に 永遠に 僕はいるから
とまれ隣に 永遠に 僕はいるから

484 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 05:07:39 ID:S0v3AXUS
>>483
誰の歌ですか?

485 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 05:09:03 ID:YzNuo3rr
変わらぬ愛と信じきっていた二人 移りゆく季節を歩いてきた
「若気の至り」なんて人は言う ありふれた者同士のLove Story

彼は重い鞄を引きずって街中を駆け回っているビジネスマン
追われるように過ぎ去っていく暮らし 夢見たものと遠く離れていた
苛立っていた 戸惑っていた

映画にあるような出会いなど滅多にはないから
知人の伝なんか頼っては恋を探してた
彼女は生まれた町から都会へ出たばかり
猜疑心と好奇心両手に抱え悪戦苦闘繰り返してる毎日で…

そして恋は生まれた 運命の糸が操っているようにも思えた
愛は尽きることない 想いは揺るがない そう信じてた

486 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 05:11:37 ID:YzNuo3rr
やがて二人は暮らし始めた 若さの割に優雅なマンションで
互いのプライバシーを尊重して巧くバランス取ってるはずだった
でも人生とはいつも困難で

いつしか二人 嫌なムード いがみ合うばかり
冷めてく想いをわかっているくせに気づかぬ振りでやり過ごしている
大人を気取れど自我を捨てれない 辻褄合わせるように抱き合って眠る

「愛は消えたりしない」「愛に勝るものはない」なんて流行歌の戦略か?
そんじゃ何信じりゃいい?「明日へ向かえ」なんていい気なもんだ
混乱した愛情故に友情に戻れない 男女問題はいつも面倒だ
そして恋は途切れた 一切合切飲み込んで未来へと進め

487 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 05:21:37 ID:8MF9VYMY
>>484
永遠/KAN

488 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 06:33:19 ID:p4zd8JgJ
クリスマスローズ/CHEMISTRY
必ずいつでも 味方してあげるから そのまま明日へ 君のままで行こうよ 誰もが ひと目で恋をしていると気づく

489 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 06:42:43 ID:Eu6p8DfL
閉ざされたドアの中だけが私になれる場所 ここであなたが見せる優しさに偽りはないけど どうしてこんなに寂しい?夜明けの足音近づいてくると

490 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 06:43:58 ID:Eu6p8DfL
私より本当はもっと孤独な誰かがあなたの帰り待ってるわ すれ違う心の奥見透かしながら…

491 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 06:44:43 ID:Eu6p8DfL
どうして愛してるだけじゃ満たされなくなる?…愛されるまでは。

492 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 06:46:41 ID:Eu6p8DfL
長すぎる一日を持て余しさまよえば、悲しいくらい自由なの…。町の灯が夕闇にともり始める頃に あなたもきっと感じてる、ほろ苦い昨夜のキスのその余韻を…。

493 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 08:21:16 ID:p4zd8JgJ
CMで流れているから口ずさんでる俺がいる。笑。うわぁ〜

君に会いたい。今、会いたい離れた1秒も。僕の想いは夜空さまよう白い羽さ〜by キンキ

494 :さいだあ:2006/12/13(水) 15:07:49 ID:LPECvhDt
まゆみ 最近の君はどう
ぼくはね 少しふてくされてるよ
まゆみ つまらない時のために
なんとなく なんとなく
うたなんかをつくってみたんだよ

まゆみ 君は都会のすみで
こっそりとわらってた小さな花で
まゆみ ぼくは見てるだけだけど
知らない誰かが
つみとってくのも少しこわいんだよ
*可もない 不可もない そんな生活に*
話したい 伝えたい いつも言い出せなくて
これじゃない あれもいや それは深刻で
だましあい なぐさめあい 心もたないよ

まゆみ 君は時々 つもる悲しみを
いったい どこへ流すの
まゆみ たまには 大きな声で
さわいだり さけんだり
ぼくにあたったりしてもいいんだよ

決して自分のことせめたりしないで

495 :さいだあ:2006/12/13(水) 15:08:31 ID:LPECvhDt
*間繰り返し
好きじゃない 悪くない 責任とれなくて
あれがいい それはいや これも深刻で
帰りたい でも帰れない

ひとはだれもみな
それぞれの悲しみを抱きしめ

いつも夢を見てるよ
きっとだれかに
小さな叫びがとどく日まで

まゆみ 一番 透き透ってて
美しい水って なにか知ってるかい
まゆみ 恋をして せつなくて
がまんして がまんして
こぼれた涙がきっとそうだよ

こんなことしか言えないぼくを許して

496 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 15:20:27 ID:LPECvhDt
http://www.youtube.com/watch?v=X7co59ie-5c

497 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 22:38:39 ID:PnwB1Fni
もう戻れないよ
どんなに懐かしく思っても
あの頃確かに楽しかったけど
それは今じゃない



498 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 22:47:01 ID:Eu6p8DfL
今はもう…誰にも触れたくない。壊されたくないから…目覚めずこのまま、眠っていた方がいいんだ…
L'Arc〜

499 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 23:03:13 ID:/46G2RX5
願いが叶うなら
あの娘を抱いてみたい

500 :名無しさんの初恋:2006/12/13(水) 23:40:12 ID:T8NvW8aO
未だに信じられないよ 君の髪も声も 電話番号も明日の予定も
まとめてみんな僕のものになったなんて
超HAPPY LUCKEY もう毎日がSUNDAY
今の僕なら英語ぺらぺらで外人みたいにぱっとバンジージャンプ そんなfeeling

絶対断られると すっかり諦めてたよ
駄目元で考えてたんだ そう 自分慰める言い訳を
だけど君のANSWER unbilievavle ANSWER
早稲田に慶応なんと東大まで 一気に受かった そんなfeeling

君のやりたいことすべてtell me いつも思い通りの恋をしようよ
うまく行くか行かないかは全部僕のcapacity
もしも行く先をmissing 見失った午後は会いに行くよ
間違えなく君は Sunshine of my heart

ときどき変な噂 飛び込んでくるけど 全くもって I don’t care
だって今の君を一番知っているのは僕だもんね そうさ君はparfect
完璧すぎてみんな諦めてしまうような二人で居よう

君の欲しいものすべてshopping 
もっと大事なものがあるってこときっと気付かせるよ それも僕のcapacity
もしも足下がdizzy 定まらない夜も 会いに行くよ
紛れもなく君は Sunshine of my heart

Oh tell me すべてさらけ出して愛し合おうよ
間違えなく君は Sunshine of my heart
6僕を照らすよ Sunshine of my heart

501 :481:2006/12/13(水) 23:56:18 ID:BF/Vni4b
>>482
上がケツメイシの「トモダチ」

下は松たか子の「桜の雨、いつか」です
泣きたい人にお薦めです

502 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 01:43:28 ID:qZczk97A
ねぇ
会いたいよ
あの人に会いたい
もう一度触れたい

503 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 03:15:13 ID:CRqxQDDi
疲れ果てた身体で眠りについた君を
僕は息をひそめて見ていた
世界中でただひとり
僕だけが知っている無防備で愛しい横顔


浜崎あゆみ JEWEL

504 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 07:46:13 ID:gRiYjOCB
もしも…
本当にもしも…
君も僕のこと思ってくれてたら
なんて考えてる僕を
どうか叱ってやってくれないか



505 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 08:35:32 ID:jt2fssPW
お願い
私からあなたを好きな気持ち
奪わないで 何にもいらない
あなたはこれからも そのままでいいから

506 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 15:51:31 ID:mx189it0
教えてください 神様
あの人は何を見てる?
何を考え 誰を愛し 誰のために傷つくの?

507 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 17:28:36 ID:kDfO/VSq
撃つ気もない銃を地面に置くのはどう?
中途半端な雲が揺らぎを増す事で

認めるの 誰が手助けなど
虚ろな罰で追い込まれる前に

手に入れた抵抗は 崩れ行く砂の盾
伏した弱さを手放すために

ブレーカーにはいつも触れない様に
吐き続けてた嘘で軸を型取った

認めるの 誰が食事など
目に障る単調な安らぎも

偽りの栄冠を かばうのは砂の盾
譲れる筈も無い
このままじゃ

一体何を引きずり環るの?
一体誰が背中を押すの?

顔を伏せないで

手に入れた抵抗は 崩れ行く砂の盾
偽りの栄冠を かばうのは砂の盾
譲れる筈も無い

このままじゃ

508 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 17:48:54 ID:kDfO/VSq
狂ったふりが板について 拍手モンです 自己防衛
それ流行ってるわけ? 孤独主義 甘ったれの間で大ブレイク
意味は無いとごまかすなよ 汗まみれでよくもまぁ
爪先まで理論武装 何と張り合ってるんだか
誰と戦ってるんだか

誰かが呟いた 「汚れてしまった」
その肩を叩いた その手も汚れてた

与えられた餌の味 解らないけど 先ず批評
美味い・不味いの基準は 隠れて読んだ週刊誌
変わったふりを見透かされて 芸術的な言い訳
わきまえた大人の顔 守るモノでもあったの
それとも既に飽きたの

誰かが呟いた 「忘れてしまった」
その声が聞こえた事すら忘れたの

冷めたふりがしたいなら もう少し賢くやれ
今更何を怖がる 嘘を嘘と思わずに
人を人と思わずに
キャンバスに塗り潰した跡 そこに何を描いてたの
生まれた事を恨むなら ちゃんと生きてからにしろ

誰か呟いた 「気付いてしまった」
慌ててこっそり逃げた それも気付かれたぞ

現実と名付けてみた妄想 その中で借り物競争
走り疲れたアンタと 改めて話がしたい
心から話してみたい

509 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 18:07:27 ID:kDfO/VSq
永遠に満たされぬ 孤独に怯えながら
いつか来る輝きを 求め人は歩き続ける

一度だけでもいい…
喜びに声を上げ泣いてみたい

心の傷跡も 忘れられぬ過去も
その肩に積もる冷たさも ゆっくり溶けて流れゆく

本当は誰もみな 声にならぬ叫び抱えて
もがいては諦めて 今日という日を塗り潰してる

届かなくてもいい…
心から愛の歌 響かせたい

彷徨う悲しみも やり切れぬ矛盾も
この空に浮かぶ虚しさも 時が忘れさせてくれるから

凍える瞳の奥が今 答えを求めてる
言葉にならずただ抱きしめた
震える唇 重ねた温もりを胸に…

心の傷跡も 忘れられぬ過去も
その頬を濡らす温もりが ほら輝きに変えるから
あなたの優しさが あなたの喜びが
その指を照らす微笑みが いつも2人を包むから

510 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 18:35:09 ID:wlbVpXVE
KANってあらためていいなと思ったけど、

マッキーよっしー?Wなみなのよね。。


残ね〜ん..

511 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 18:43:01 ID:wlbVpXVE
マッキーよっしーか〜ん(残ね〜〜ん)

ブサメンとりをW

512 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 22:01:57 ID:HyRIJteT
もう気持ちだけは どこにも行かないよ
いつまでも君を感じてる

終わらない悲しみの中、涙を抱きしめ眠ろう
目覚めたときに新しい風がきっと包んでくれるから
遠すぎる過去 もう二度と戻れないあの頃の二人が見た夢
ガラスの思い出 壊れそう

もう気持ちだけは どこにも行かないよ いつまでも君を感じてる
もう風が吹けば そっと目を閉じながら季節のなかで君を感じてる
その優しい風で包んでよ あの光のもと 僕を導いて
泣かないで ずっと変わらないから
もう空のままでいて…


513 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 22:55:16 ID:MIrBSC4B
いつまで泣いたっていいけど
もう そろそろ疲れたでしょ
両手を差し出す 抱き合う
ためらわずに繋ぎ合う
きっと誰もが弱いんだ
だって本当は僕も怖いんだ
去って行く 迫り来る時に
怯える 少しずつ…

514 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 22:55:39 ID:kDfO/VSq
池の水が鏡みたいに空の蒼の色を真似てる
公園に住む水鳥がそれに命を与える
光と影と表と裏
矛盾も無く寄り添ってるよ
私達がこんな風であれたら...

愛 愛 本当の意味は分からないけど

誰かを通して 何かを通して 想いは繋っていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今言えるのはそれだけ
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ

515 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 22:58:45 ID:kDfO/VSq
瓦礫の街のきれいな花 健気に咲くその一輪を
「枯らす事なく育てていける」と誰が言い切れる?
それでもこの小さな祈りを 空に向けて放ってみようよ
風船のように色とりどりの祈り

愛 愛 それは強くて だけど脆くて

また争いが 自然の猛威が 安らげる場所を奪って
眠れずにいるあなたに 言葉などただ虚しく
沈んだ希望が 崩れた夢が いつか過去に変わったら
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

愛 愛 本当の意味は分からない
愛 愛 だけど強くて

雨の匂いも風の匂いもあの頃とは違ってるけど
この胸に住むあなたは 今でも教えてくれる
悲しい昨日が 涙の向こうで いつか微笑みに変わったら
人を好きに もっと好きになれるから
頑張らなくてもいいよ
今を好きに もっと好きになれるから
あわてなくてもいいよ

516 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 22:59:42 ID:MIrBSC4B
君の心が弱くとも
弱いばかりではないでしょ
雨に打たれても
何も言わないで
知らぬそぶりしてみたり
繋げていけば皆 輪になる
日だまりに咲く
ヒマワリになる
君が君らしく君でさえ
あれば僕はそれが愛おしい

517 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 23:15:02 ID:/53731Zs
自分の鼓動で目が覚める
あなたの鼓動とピッタリ合っている
物思いに沈み込み、どこか冷めたほろ苦い気分
反復される愛
私のものの見方はあなたとまったく同じ
そっくり真似ている
私は心を欺かれたくない
Baby 頭の中はあなたの事でいっぱいなの

私の頭の中で響くあなたの声
私が求めるものすべてもっているあなた
そう思い込むことで
私はまた寂しい夜を何とかやり過ごす事ができるの

あなたの強い力に護られ
私は自分に言い聞かせる
この先もあなたさえいれば他には何もいらないと
あなたさえいれば

518 :名無しさんの初恋:2006/12/14(木) 23:28:26 ID:/53731Zs
私は自信に満ち溢れ 同時に懐疑にうちひしがれる
すべての答えを知りながら 何も解決できていない

独りでいるのは好きだけど
独りぼっちは大嫌い
上がったり 下がったり
でもそれも全部楽しい計画の一部
私の姿のほんの一部
私は百万の矛盾
訳が解らないときもある
完璧なときも メチャメチャなときも
自分が誰かさえわからない

時には惨めで 時には哀れ
でもそれも私の姿のほんの一部
私の姿

HILARY DUFF 「I Am」


519 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 00:45:15 ID:DPow5jDD
声を張り上げて縛られた炎の中
殺せない その歪んだ愛
燃えゆく身体は灰になって奪われても
汚れてなかったなら
その時は貴方が連れて行って
そしてそっと抱いて

L'Arc〜en〜Ciel「いばらの涙」

520 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 01:04:16 ID:WLWOLcnL
あぁ どこまでいけば分かりあえるのだろう
歌や詩になれないこの後悔と憎悪

君に触れていたい
痛みすら伴い

歯痒くとも 切なくとも

微笑みを もう一度

521 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 01:56:59 ID:+gnb+ToF
Lovin you
More and more
I can feel the glow of your kiss
I don't have the strength to resist
More and more
Baby just more
Into your trap
I will foll
I will give all I have
For a chance
To love you more

522 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 03:59:43 ID:WQmHDr5E
「ごめんね」どうして素直に言えないんだろう
「ありがとう」本当はね いつでも思ってる
口べたなとこ 背が高いとこ 嫌いじゃないかな
好きになってくれるかな

愛したい あなたに逢いたい
いまこの胸の奥で叫んでるよ
愛される明日を夢見る
もうこの心 ぜんぶあなたのもの
あなただけのもの

「馬鹿だな」笑ってたまに叱ってくれる
「頑張れ」本気でね 励ましてくれる
わたし哀しい恋をしてたこと 知っているから
あなたやさしくするのかな

でも大好きよ あなたに逢いたい
また眠れぬ夜の終わらない祈り
お喋りしたり 手を繋いだり
今夜 夢で逢えたら 嬉しすぎて
泣いてしまうかも

同じバス停 雨の坂道 ひとつの傘で
もらったミルクティ 教えてくれた歌
そのすべてが暖かくて

愛したい あなたに逢いたい
いまこの胸の奥で叫んでるよ
愛される明日を夢見る
もうこの心ぜんぶあなたのもの
あなただけのもの

523 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 07:30:20 ID:WQmHDr5E
終わらない争いや ありえない空模様
おかしくない? Blueになるわ
警官の横領とか 役人のセクハラ
おかしくない? Blueになるわ
今日もまた

予測不可能な未来だ 明日はあるの?
僕は振りしきる この雨
行こう Go my way

こっちが白いのか そっちが黒いのか
分からない もう分からない
こんなに病んでいる 時代に処方する薬は
何処探しても 無いものか?

涙流しても 何にもなりゃしないんだ
僕は降りしきる この雨
行こう Go my way

予測不可能な未来だ 明日はあるの?
僕は振りしきるこの雨
行こう Go my way
行こう Go your way

524 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 07:48:30 ID:WQmHDr5E
夢で見たあなたはとても小さく
細い道あてもなく歩いてた
暗い闇あたりを覆い始め
探してた 「宝物みつかる」と…
いくつもの季節を過ごしてきた
この体引きずりまわすように
古ぼけた時計を巻き戻せば
悲しみの痛みはやわらぐのか
叫び声がこだまのように
響きわたる ah ah
失くした場所思い出せず
泣きじゃくるよ ah ah ah

明日又、同じ道歩むなら
そばにいる私を連れて行って
いたずらに無駄にすることもなく
立ち向かう自分を愛せばいい
砕け散った赤い記憶
空に消える ah ah
こぼれ落ちた声も今は
風がさらう ah ah ah

叫び声がこだまのように
響きわたる ah ah
失くした場所思い出せず
泣きじゃくるよ ah ah ah
砕け散った赤い記憶
空に消える ah ah
こぼれ落ちた声も今は
風がさらう ah ah ah

525 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 07:51:14 ID:kHpU6pm2
>>523 そうしていつか人類は滅亡するのさ(笑)
   まあ、私たちが生きてる間はまだ大丈夫でしょW。。

526 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 20:30:20 ID:ktykxvXn
むずかしい言葉であなたの居場所を告げないで 探せないから
風のように距離を 雨のように時を わからせて 呼び寄せて

めぐり会えるまでの 古い出来事など忘れましょう 波の彼方へ
さまよった足跡 凍えきった涙 引き潮にまかせましょう

寄り添えば 温もりはどこにでもあると思えた
なのに幻はどこにでもあると知ったの

思い出だけではつらすぎる ありえない 窓は開かない
本当の鍵はただひとつ 永遠にあなたが持ってる

さまよった足跡 凍えきった涙 引き潮にまかせましょう

大切な何もかも たやすくはさがせないのに
寒いニセモノはどこにでもあると知ったの

思い出だけではつらすぎる 今すぐに抱きしめていて
本当の鍵はただひとつ 永遠にあなたが持ってる

恐れを覚えて 大人になりすぎて
あとわずか爪先踏み出せなくなりそうで

思い出だけではつらすぎる 今すぐに抱きしめていて
本当の鍵はただひとつ 永遠にあなたが持ってる

527 :名無しさんの初恋:2006/12/15(金) 21:39:47 ID:o5WCeE1w
どうせいつかは嫌われるなら 愛した人に憎まれるなら
そうなる前に僕の方から嫌った僕だった

だけどいつかは誰かを求め 愛されたいとそう望むなら
そうなる前に僕の方から

愛してみてよと

528 :名無しさんの初恋:2006/12/16(土) 08:01:08 ID:sqJqsuq9
ただ
出会えたことに ただ
愛したことに
想い合えなくても

529 :名無しさんの初恋:2006/12/16(土) 16:14:32 ID:+WWp9lER
熱が出たりすると 気付くんだ 僕には体があるって事
鼻が詰まったりすると 解るんだ 今まで呼吸をしていた事

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の大事さは 居なくなってから知るんだ

延べられた手を拒んだ その時に 大きな地震が 起こるかもしれない
延べられた手を守った その時に 守りたかったのは 自分かもしれない

君の存在だって もうずっと抱きしめてきたけど
本当に恐いから 離れられないだけなんだ

人と話したりすると 気付くんだ 伝えたい言葉が無いって事
適当に合わせたりすると 解るんだ 伝えたい気持ちだらけって事

君の存在だって こうして伝え続けるけど
本当のありがとうは ありがとうじゃ足りないんだ

僕らの時計の中 ひとつだけでもいいから
本当を掴みたくて 本当を届けたくて

年を数えてみると 気付くんだ 些細でも歴史を持っていた事
君を失くした後で 見つけ出すんだ 君との出会いがあった事

誰の存在だって 世界では取るに足らないけど
誰かの世界は それがあって 造られる

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の存在は 居なくなっても ここに居る

僕らの時計は 止まらないで動くんだ

530 :名無しさんの初恋:2006/12/16(土) 16:56:12 ID:iZnIqQfg
きっとあなたには
急に恋しくなったり
焼きもちを焼いたり
愛をたくさんくれて
愛をあげたい人がいるから
ただ小さい小さい
光のような
私の恋心には気づかないでしょう

でもそんなあなただからこそ
輝いて見えるのだから
きっと今のあたしには
あなた以上はいないでしょう

教えてください神様
あの人は何を見てる?
何を考え誰を愛し
誰のために傷つくの?




531 :名無しさんの初恋:2006/12/16(土) 21:49:40 ID:lZGEuP2e
人もをし
人も恨めし 味気なく
世を思ふ故に 物おもふ身は

532 :名無しさんの初恋:2006/12/16(土) 23:41:44 ID:CgrJBIHb
何気ないわたしのひとことに 笑ってくれた時に
もうすきだった だめだった
“ズキン”って音が 聞こえた気がした

533 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 01:21:57 ID:znroWR9A
ヘレ、ォ、ハテマケ、ホア熙ャオァ、・ウ、ア、ソソヘ、セニ、ュソヤ、ッ、ケ

534 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 08:26:51 ID:8O8jdl+I
信じ続ければ真実になると僕の世界を探し続けた あの日 愛する痛みも憂鬱な孤独も すべてこの手で選んで描いた地図 誰のために君はいる? 今なら答えられるさ
君へのline light永遠に Shine line 愛の唄を その瞳に 歌うために

535 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 09:50:26 ID:8O8jdl+I
想いを今届けたい この先ずっと…あなただけを今でもここで見ている

536 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 10:28:46 ID:v9Cu4BRD
重ね合う 声も指も 満ち溢れる夢も
今はただ この瞬間 見つめさせて

すれ違う度に空を 眺めて舞い落ちる
昨日の雪なら今頃 想いへと積もる
かき集めた記憶には 何も映らない
抱きしめてる言葉だけを この風に乗せて

何処までも響き 消えないなら
せめて今日は切ないまま
ああ これ以上 傷つく勇気もない

唇が 伝えたくて 光よりも 早く
きらめいた 言葉が今 羽ひろげる

追い掛けて強がっても 何も生まれない
暖めている想いだけが この冬を溶かす

いつまでも揺れて やまないなら
せめて今日は切ないまま
ああ これ以上 傷つく勇気もない

重ね合う 声も指も 満ち溢れる夢も
今はただ この瞬間 見つめさせて

凍える世界だって まぶしいくらいのキラメキが
今の二人をきっと 照らしてくれるはずよ

透き通った 心が今 私を 包むから
鮮やかに 色づいてく 生まれ変わる

537 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 10:33:10 ID:8O8jdl+I
dance now 〜♪
みんなが揃たらWe Gona Hearty Holy Party Tonight 忘れかけた笑顔とり戻すのよ ささやかなひととき 踊り始めたら時間も悩みも消えてく

538 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 11:21:12 ID:8O8jdl+I
常識だとか 建て前だとか 縛りばかり多いけど それですべてが流れてるなら 今の世の中矛盾だらけさ 時にはうまくすり抜け 時には破り捨てても 叶わない覚悟がなきゃそう何もできない

539 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 11:39:41 ID:8O8jdl+I
何もかもが 上手く行きかけて いる日には なぜか いつも寂しげな 顔しているね はしゃぎ過ぎながら 強気になる声に らしくもないよと 君が泣いていた 気まぐれな 君の目に つい不安になる

540 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 11:55:08 ID:8O8jdl+I
君に逢いたい 今逢いたい 離れた1秒も

541 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 11:59:51 ID:8O8jdl+I
ときめくだけの恋は 何度もあるけれど こんなに切ないのは きっと 始めてなのさ

542 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 11:59:52 ID:OSA6UWoi
君と二人笑い合うたび あと何度笑えるのこの先
考えるたび心うずく この幸せはいつまで続く?
また会える?
気持ち確かめることもなくまた想いを溜める
共に過ごす時 想い募るのに
こみ上げるこの寂しさはなぜ?

543 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 12:04:33 ID:RGujD3gd
蒼々とした 夜空の下で
あなたが見てた 後ろ恋姿

時折見せる 無邪気な寝顔
あたしが見てた 恋しい姿

どんなひとときもすべて 忘れないように
夢中でシャッター切るあたしの心は 切ない幸せだった

「ただ・・・君を愛してる」
あなたがくれた幸せよ

「ただ、君を愛してる。」
ただそれだけでよかったのに

小さな部屋に飾られている
2人の笑顔 恋愛写真



544 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 12:09:36 ID:8O8jdl+I
かわらないで かわらないで 君の声が聞こえる その声を頼りに叫び続ける かわらないで かわらないよ あの誓いは消せない キズナは 今でも あの時のまま だから 心配いらないよ それが 僕達の style

545 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 12:11:22 ID:nSGAyf8F
そこから旅立つことは
とても力がいるよ
波風たてたれること嫌う人ばかりで
でも君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?僕をだましてもいいけど
自分はもうだまさないで

546 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 12:18:40 ID:RGujD3gd
キラキラ星 光るタワーが
映りこむ 2人で金の粒をのむヨ

おしゃれな椅子深く座って
髪飾り揺らして 今夜は話そう

きっと笑うだろう きみがいなくちゃ
つまらないし 寂しい

クリスマス前に予約した店は よかったけど
幸せそうにしているきみとで完成

うわべの好きとか嫌いとか
過去とか嘘 全部 必要なくなるように
気にならなくなるように


547 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 12:52:35 ID:RGujD3gd
もう離さないよ 今までの僕とは違うから

スキ 君とずっと手を繋ぎ歩きたいよ

二人足音 重ねながら

君と僕の Love Story 続く永遠に・・・


548 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 13:31:38 ID:12rQj2FI
殺害せよ 殺害せよ 殺害せよ

549 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 16:31:01 ID:rLDnDryA
有害な正しさをその顔に塗るつもりなら私にも映らずに済む
燃え盛る祈りの家に残されたあの憂鬱を助けたりせずに済む

小さな腫瘍は脈を速め 荒々しい愛の指揮が私の戦慄を辱める
焼け野原には 選択のカードが散らばる
それでも貴方の脳はケースの中に?

私の怒りを吸い上げるヴィーナス
僅かな覚醒を見看る日々さえ
愛して 激しさで見失う正義のナーヴァス
生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて

完全な醜さで自分を越えて行けるのなら何度でも泥を纏おう
不完全な瞬きで綺麗なもの以外全てを消すのならこの眼を捨てよう

いつも通りの風が勇気をさらい 乱れに棲み着く鼠達がこの肺を蝕んでく
鏡の中で 遠ざかる確信を追わずに
それでも貴方の脳はケースの中に?

私の焦りを吸い上げるヴィーナス
貴方が似合うと言ったこの抗いの
ドレスを咲く程の答えと正義のナーヴァス
生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて

海を開けて 二度と振り向かないように
闇へ続く道でも 後ろなど振り向かないように

私の怒りを吸い上げるヴィーナス
僅かな覚醒を見看る日々さえ
愛して 激しさで見失う正義のナーヴァス
生きて 生きて 生きて 生きて 生きて 生きて

550 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 16:39:22 ID:rLDnDryA
訂正。。
風→南風 と ドレスを咲く→ドレスを裂く です。。


551 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 19:18:31 ID:v9Cu4BRD
科学がくれた最後の夜 永久に続く 明けぬ夜
人は闇を作り出せる 神に代わり一度だけ

一番高い瓦礫の上 膝を抱え 眺めてる
黒い雲は天を隠し そそぐ灰は雪化粧

それぞれの描く 未来図は 紅蓮の炎で燃えゆく

LOVE & PEACE
遅すぎた 願い事を 一人つぶやいて
nobody knows
口笛の 子守唄が 空に響いてく
この都市も私達も皆 おやすみなさい

誰かが決めたピリオドだし 戻ることは 許されない
悲しすぎるこの景色は 全て越えて 美しい

この地球は深く 眠りゆく 幾千年もの彼方へ

LOVE & PEACE
争ってた国境線も 今は消えうせて
nobody knows
静寂の 白い世界 何を待ってるの
絶望の流れ星がまた 空を切り裂く

LOVE & PEACE
遅すぎた 願い事を 一人つぶやいて
nobody knows
口笛の 子守唄が 空に響いてく
この都市も私達も皆 おやすみなさい

For our future, LOVE & PEACE

552 :名無しさんの初恋:2006/12/17(日) 19:52:49 ID:v9Cu4BRD
だってまだまだショボくて ほらまた迷って とめどなく Wasted
わがまま Lady 振り出し戻って 理想はデカくて 未だに不確定

Close your eyes 感じてみて このスピードを
Feel your dream 限りのない そのフィールドで

勝ちをつかむまで その足止めるな
一か八かでも やるときゃやるのさ
君がいつも見ていた TVヒーローのように
自分だけのゴール目指して行け

It's gonna be crazy そのヘソ曲がって また自分勝手 すべて Monkey Business
わがまま Lady すぐに泣きやんで すばらしき人生 がむしゃらでOK

Can you hear? なりやまない この声援が
Play the truth 輝いてる そのステージで

うわさ話なんて 気にしなくていいんだよ
一か八かでも やらなきゃならんのさ
君がいつも見ていた TVヒーローのように
奇跡なんて 軽く呼び起こしてけ

勝ちをつかむまで その足とめるな
一か八かでも やるときゃやるのさ
君がいつも見ていた TVヒーローのように
自分だけのゴール目指して行け

奇跡なんて 軽く呼び起こしてけ

553 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 00:18:26 ID:LkUFuFdF
見慣れたはずの町並みも ド派手に映す愚か者

言葉に出来ない気持ち ひたすら伝える力
表の意味を越えてやる それだけで
超えてやる それだけで

554 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 01:21:02 ID:xL/AlowY
ゆらゆら

誰かの肩越しにいつも
あなたを探して 瞳はさまよう
幾つも背中を隔てて
見つけた横顔 息を止めたまま

ゆらゆら ゆらゆら 揺れてる心が
知らず知らずに頬を染めてゆく ほら
ゆらゆら ゆらゆら ゆらゆら
止まらないときめきの そのわけは

誰かの呼ぶ声にいつも
夢から覚めては瞳をそらして
誰かに打ち明けたいけど
言葉にするには あまりにはかない

ゆらゆら ゆらゆら 揺れてる心が
知らず知らずにあなたの名をつぶやく
ゆらゆら ゆらゆら ゆらゆら
止まらないときめきの そのわけは
そのわけは



555 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:13:48 ID:UGj5CRVG
待ってるだけの昨日にアディオース

556 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:15:15 ID:UoaFwUEz
どうやって勇気って心に芽生えるの?

557 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:17:06 ID:0nGV5soQ
勇気はないの
衝動だけ

558 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:17:42 ID:CHtkyvZx
あたためる

559 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:19:31 ID:M9sdCyBK
世界で一番綺麗な夜にあなたを殺して僕も死にたい

560 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:22:24 ID:cdX+CIxs
見上げた空綺麗でした
君の事を想いました
君のように強く前を向いて
歩いて行けたらと

こんな声は届きますか?
君の胸へ響きますか?
君の背を生きる道標に
今日も歩いています

561 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:24:07 ID:4YWHZJ4I
軽蔑してた愚かな愛に
この手のばして

今嘆きのキスを…

562 :名無しさんの初恋:2006/12/18(月) 23:25:27 ID:59k94YN6
ことしのクリスマスに
どうしても
欲しい物があるの
BABY
真っ赤なリボンにくるむ
ダイヤモンドじゃなくて
サンタクロースになれなくて
あなたは
しょんぼりしてるけど
何よりも大切な物をくれた…

563 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 01:49:23 ID:3y/Wb/vq
世界で一番綺麗な夜にあなたを殺して僕も死にたいW

564 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 02:01:27 ID:pL20MG5R
そこいらじゅう ワッカかけては
たぐり寄せとけってば…
底意地のワルい「ルル・ベル」
脇目もふらず GET ON YOU
チラつかす CANDY ペロッて
この PARTY こっそり抜け出して
「DARLIN… CAN YOU GET A LITTLE ☆… WIT ME??!」
って君に言う
(ルル・ベル/SOUL'd OUT)

565 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 06:23:24 ID:wL9cb667
世界中の誰よりきっと果てしないその笑顔
ずーっと抱きしめていたい季節を越えて、いつでもー。
ずーっと抱きしめていたい季節を越えて、いつでもー。

まためぐり合えたのもーきっと偶然じゃないよー心のどこかで、
待ってたー。

すれ違って、気がつく、あなたのやさしさに。愛に。ごめんなさい。
寂しくて仕方ないです。ありがと。いつもいつも・・。会いたい。

566 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 18:27:35 ID:jmhe3vO5
その手を上げたなら どこでも止まるよ
夢の続きでも 探しに行こうよ

とても簡単な事

明日は晴れだろう
昨日は置いてこう
Welcome to R&R BUS!!

何にも気にしないで リズムに任せて
悩む事なんて 誰でもできるよ

今は一度しかないんだよ

あたしに任せてよ
涙は乗せないよ
Welcome to R&R BUS!!

道は続いてるんだよ

明日は晴れだろう
昨日は置いてこう
あたしに任せてよ
涙は乗せないよ
Welcome to R&R BUS!!

567 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 19:21:16 ID:jmhe3vO5
今日も太陽は いつもと同じ 変わらぬ 光送り続け
目覚める朝に 力を託し 見つめている

繰り返す日々 気晴らしでさえ 時間に追われ 焦ってゆく
比べるごとに 疲れてはまた 求めていた

春が口笛 吹いたら 深く息吸い込み
混ざり合う 過去も未来も 今を抱きしめていたい

近道求め 探し歩いた いつしか まわり道ばっかりで
落し物さえ 気付けないほど やるせなくて

新しきモノ 咲き墜ちてゆく 全ての流れ 包み込んで
麗し奇跡 温もりの中 生まれてゆく

春が口笛 吹いてる 聞こえるよ 僕らに
果てしなく 続くこの道 今を感じていたい

春が口笛吹いたら 深く息 吸い込み
混ざり合う 過去も未来も 今を抱きしめていたい

春が口笛吹いてる 聞こえるよ 僕らに
果てしなく 続くこの道 今を感じていたい

568 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 20:51:02 ID:rbSv2Yt9
泣き虫だったね
君と出会ってから変わった
神様にもわからない
宇宙一の恋


569 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 22:48:19 ID:oRuvthGY
手を広げて十字架を真似た

愛していたのは本当だから

その記憶に負けないように

頑張って 頑張って 弱いこの僕

570 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 22:52:33 ID:gEvRmvQg
泣きたくなれば君を想う
君を想ったらまた泣けてしまうから
切ない記憶ひとつひとつ
白くて冷たい
吐息に消して
何も最初からなかった


571 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 22:55:33 ID:wKeEJHZz
好きだってもっと言いたかった
少し嫌になる事もできず
君が知らない明日をこれから僕はどう生きればいい?

572 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 23:02:29 ID:BrO82B3j
逢いたい逢いたい逢いたいと強くねがっていれば
何となく届くような気がしてならないのです

573 :名無しさんの初恋:2006/12/19(火) 23:12:20 ID:o4iiDnzg
ピンクスパィダー
もうだめだ

574 : ◆74tan//c/E :2006/12/19(火) 23:16:26 ID:QkepBZZ5
ありがとぉー ありがとぉー

575 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 10:22:28 ID:lHrDhWhq
君が僕の前に現れた日から、何もかもが違く見えたんだ。
朝も光も涙も歌う声も、君が輝きをくれたんだ。
抑えきれなない思いをこの声に乗せて、遠く君の街へ届けよう。
例えばそれがこんな歌だったら、僕らはいつもどんな時も繋がっていける。

576 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 10:53:24 ID:0cVDKTJc
こんな星の夜は
全てを投げ出したってどうしても君に会いたいと思った
こんな星の夜は
君が居てくれたなら何を話そう
とか

577 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 11:06:45 ID:KrjDrv7P
デター クソエルレ クソエグザイル クソオレンジレンジ
マンセ〜 マンセ〜 キムジョンイル

578 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 21:06:06 ID:j1MZYLkP
いつの日か
追い掛けずに
君を待たせることもせず
同じ位置で 肩を並べ
歩いていけたらな

ずっと甘えてたいけど
支え合わない愛なんて迷う僕を 君は置いて行ってしまう

579 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 22:12:07 ID:zP9TE6Xa
一体何を期待してるというの
握り締めてる電話が震える度
いちいち胸が高鳴ってでもすぐに
ため息に変えてもう何度繰り返し

来る訳ないいつかなんて言葉
いつまで信じてるつもり

ねぇ忘れてしまえばいい
少し夢見ていただけだって
奇跡なんて起こるわけも
ないことくらい
わかってるのに
わかってるのに




580 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 23:16:37 ID:bk1VtVUW
>>575さんの歌詞 読んで感動しました(;_;)誰の曲か教えてくれませんか?

581 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 23:21:45 ID:mAjAMwxa
>>580
575じゃないけど
スキマスイッチの奏だよ

582 :名無しさんの初恋:2006/12/20(水) 23:22:18 ID:zP9TE6Xa
>>580 スキマスイッチの奏という曲です

583 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 00:33:13 ID:LU4Gbn5P
愛しく強く 抱きしめて染め変えてあげる
激しく高く 燃え上がる 恋心よ
I belive in desire

静かにカギをかけて 遠ざかる靴音
無意味なやさしさだけ ソファーで感じている
そう朝日が来て 何もなかったみたいに
会えない時間だけを また刻み始めるよ

約束も現在も 君に求めない
誰かのぬくもりわかっている

愛しく深く 抱きしめて染め変えてあげる
美しく咲く 薔薇のように儚きもの
I belive in desire

今まで過ちさえ知らずに来た私
今までは君の胸で眠りについた私

真夜中のコール とまどい隠せない
誰かの言葉に怯えていた

今すぐ早く 抱き寄せて暖めてあげる
偽りのリングよりずっと確なもの
I belive in desire

ささやく声と手を重ね離れられずいた
寄り添う二人は夜明けを憎んでいた

愛しく強く 抱きしめて染め変えてあげる
激しく高く 燃え上がる 恋心よ
I belive in desire

584 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 00:36:19 ID:X6GVpOqm
君と僕とは
別々の
別れた道を
見つけただけ
見つけただけ


585 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 01:45:25 ID:8A0txg/o
君のすべてを誰よりもそう
こんなに想っているのに

また今日も一人
目が覚めたなら

叶わない夢知りながら
君に溺れてく


586 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 02:23:24 ID:g1SrcGV4
君の嫌いになり方を僕は忘れたよ
どこを探しても見当たらないんだよ

あの日どうせなら
「さよなら」と一緒に教えて欲しかったよ
あの約束の破り方を 他の誰かの愛し方を
だけどほんとは知りたくないんだ

約束したよね 「100歳までよろしくね」
101年目がこんなに早く来るとは思わなかったよ

こんなこと言ってほんとにごめんね
頭で分かっても心がごねるの

だけどそんな僕
造ってくれたのは 救ってくれたのは
きっとパパでも 多分ママでも 神様でもないと思うんだよ
残るはつまり ほらね君だった

587 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 04:07:53 ID:7f8owbAz
離さないでねずっと
捕まえていてねずっと
じゃなきゃあたしどっかいっちゃうよ

588 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 05:01:25 ID:B97Xjyfx
無邪気なお前はどこへ行ったの?そんな顔はお前に似合わないYou looking tomorrow settle down! in now you try get it

589 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 05:30:15 ID:HztO8LLq
あの頃みたいに戻りたいなんて、カッコ悪くて言えないけど
どうしようもないくらい君が好きだよ

590 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 05:39:06 ID:54wrJdWL
僕たちはみんな いつでもそうです。
女の子の事ばかり考えてる
女の子はワガママだ。よく分からない生き物だ。
でも優しくしてしまう。何も返ってこないのに。

591 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 06:36:10 ID:PiEYFOxu
手を鳴らして
呼び続けてね

私はここに

592 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 15:03:20 ID:E+ZrGd1G
監視郷は天を仰ぎ深い溜息をついた

593 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 15:33:55 ID:g1SrcGV4
来るはずもない電話 鳴らないの分かってて
何度も受話器を取ってみたりしてるの
私の心はシャボン玉 あなたの風に流されるわ
一昨日の夜の街で偶然会った時 隣にいた人凄く気になっていたのに
意地を張ってめいっぱい笑ったなら 空しさに押しつぶされた
何度も忘れようって 下唇噛んで見ても
ほらもうあなたがあなたが 溢れている

594 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 19:40:07 ID:tkdXURt6
あの日 突然に
泣き出してごめんね
あなたが 温かすぎて
心が締めつけられた

あなたの笑顔が一番大好きだよ
本当はさみしがり屋で そんなとこは似てるよね

あなたに出逢えて本当に幸せだから
ずっとずっとこれからも一緒に歩いていこう
大切な人へ 心から
 ありがとう

595 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 19:45:30 ID:OTv3c17j
君のこと思いだす日
なんて無いのは
君のこと忘れたwho・・・
時がないから

会いたいよ、ねぇ痛いよ
希望の中も笑顔だけ優しすぎてどうしようもない‥

浜崎 あゆみ HANABI

596 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 20:07:20 ID:khQGQCiu
平凡な
『当たり前』を
ずっと大事に出来たらイイネ

君がいて
僕がいれる
相も変わらず今日も
愛してる

597 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 20:25:40 ID:Cxi1l74T
行き先も目的地もわからない
何もかも見失った感じで
楽しい時間がずっと続くと思ってた頃に
時計の針を合わせてくれないかな
進めない一方通行
ルームランナーみたいな
ただ疲れ果てる
流れ落ちる涙に
どんな意味があったんだろう
もうあの子はいない
意識のない亡骸が
ただひっそりとたたづんでる
伝えたい事も言えなかった事も
もう君だけには届かない
薄れてゆく意識の中で君の声を頼りに
夢の中どこにいても
きっと会いに行くよ
道しるべは二人の絆
消えそうで消えない
ロウソクみたいだ
燃える分だけ失っていく
君だけでいいのに


598 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 20:45:07 ID:iOjsy6Gr

ただ、あなただけ。

ひとつだけこの気持ちはココにしかない


ただ、あなたがすき。
苦しみも重ねて
ただ、それだけ。



599 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 20:48:08 ID:KNQC6xBH
頑張っている人がいるから 僕ももう少しだけはいつくばってみようかな!
あの人の生き方に心揺れるけど…
僕は僕の道を行く!
(歌詞合ってるかビミョー)

600 :名無しさんの初恋:2006/12/21(木) 21:12:35 ID:7wlGcf78
>>530>>532>>542>>578誰の曲ですか?
良ければ教えて下さい

601 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 00:03:49 ID:9c9BEZqU
目を閉じて 耳を澄ませ 音楽を受け止めよう

メロディー あの空越えて
導くメロディー 時間さえ越えて 彼方へ

朝陽が昇る 蒼いサバンナ インパラの群れが 走り行く
誰かが叩く beatの中に 僕は立っている

悲しみや 苛立ちなど とりあえず 鍵をかけて

船に 乗るのか 君も
僕らとの旅は 果てしなくとも いいのか

1962
shoutが生まれ 港町の片隅で
お客もいない 真夜中のパブ
僕は立っている

1969
朝モヤの中 愛と平和が 満ち溢れ
国家を奏う そのギタリスト
僕は見つめてる

さあ この船を出そう 今度は僕ら ゆっくり セイル 上げよう

1999
この渋谷から ささやかだけど歩き出す
何かできるか わからないけど
君に聞こえるか

信じるものが ただひとつある 今の時代に充分さ
信じるものが ただひとつある 籠の鳥じゃない

602 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 00:05:32 ID:9c9BEZqU
いつもそうじゃない あんた悩んでるけど
だってもう決まってるくせに

まだ間に合うんじゃない OK! 今すぐにでも
OK! 返事するだけじゃない

心の奥にある気持ち 伝えなくちゃ ねっ!

"Would you marry me? honey" おめでとう 今
やっと出逢えた 魔法の言葉
とてもささいな始まりがほら とても大きな愛に変わってく

強がる瞳や ちょっと不器用な口 やっぱブサイクな泣き顔
それでもあなたの凛とした姿に ずっと憧れているから

何より大切なことを あなたは知ってる ねっ!

広い世界で 出逢えた奇跡 大げさだけど 運命だよね
やがてふたりが 歳をとっても 喧嘩のあとは キスでもしなさい!

いつかは私出逢うかな? 魔法の言葉に Ah-

"Would you marry me? honey" おめでとう 今
やっと出逢えた 魔法の言葉
とてもささいな始まりがほら とても大きな愛に変わってく

603 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 00:06:51 ID:9c9BEZqU
広場にはためいた 万国旗 my town
今年も 小麦が 獲れました good job

Let's clap your hands

いざ 踊り踊ろうよ リズムに合わせて
さあ 歌い歌おうよ ワインを飲みほし

花火が 山々に 鳴り響く my town
今年も 神様に 感謝して good day

Hold tight your hand

いざ 踊り踊ろうよ 老いも若きも
さあ 笑い笑おうよ 今日はThanksgiving Day

Let's clap your hands

いざ 踊り踊ろうよ 私を見てね
さあ 踊り踊ろうよ 去年より綺麗?
また 雪が積もったら 逢いに行けない
ねぇ 春になったなら 暮らしてみない?

いざ 踊り踊ろうよ リズムに合わせて
さあ 笑い笑おうよ アリガトウ

604 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 00:08:43 ID:9c9BEZqU
私たちは この幾千の星に生まれたの
君に出会えた奇跡

ずっと昔に 見た夢の続き 幼い頃は 全て信じていた
もう一度 会いたい もう二度と 君には会えない

流れ星に 願いかけてた 約束をしてた 凍える夜
私たちはこの幾千の星に生まれたの
君に出会えた奇跡 二人だけのもの

眠りから覚めて それが幻でも 心にはきっと生き続けてるよ
どうしても 伝えたい もう一度 君には伝えたい

願い星は今ごろ どこの街を見守るの? 今夜もそっと
めぐりめぐる 歴史の中で 与え合う出会いが 一番 宝物

廻り続けている 地球の片隅で 君を待ち続ける人が 今もいる

思い出して 心見つめて 忘れかけていた 夢を描いて
この世界に君と出会えた 君が来てくれた 聖なる夜

流れ星に 願いかけてた 約束をしてた あの日のまま
私たちは この幾千の星に生まれたの
君に出会えた奇跡 私たちのもの

We need the holy light, waiting for the silent nights.

605 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 04:38:34 ID:9c9BEZqU
Silent night Holy night 愛を鳴らそう
Ding dong ding dong 同じこと 共に祈る歓び
Ding dong ding dong dang ding dong 終わらない夢をみよう

君といる不思議を 手探りの未来を
哀しみや 歓びが 彩るのなら
僕が伝えられるモノはどれくらいだろう
押し込めた せつなさが 胸を揺らすよ

Ding dong ding dong 信じ合い 生まれていく奇跡を
Ding dong ding dong dang ding dong 終わらない夢をみよう

ふたり歩く速度 少し落としながら いくつもの きらめきを 瞳に映すと
君は僕の指に 冷えた指をからめ この街に 振りだした 雪を知らせる

Ding dong ding dong おなじとき 感じあえる奇跡を
Ding dong ding dong dang ding dong 終わらない夢をみよう

僕らの地球に今夜無数の夢が灯る
Silent night Holy night 愛を鳴らそう・・・鳴らそう

Ding dong ding dong 同じこと 共に祈る歓び
Ding dong ding dong dang ding dong 終わらない夢をみよう
Ding dong ding dong 信じ合い 生まれていく奇跡を
Ding dong ding dong dang ding dong 終わらない夢をみよう

606 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 04:52:18 ID:9c9BEZqU
白い雪景色
幸せを数える ベルの音が響くよ
今宵こそは 君を誘い二人だけのとき いつも言えないから
小さなKISS 時間を止めて このまま Need your love tonight

探していた 運命の瞬間を 出逢った君と 二人
思い出す 駅のホーム 君の影が 小さくなる

ずっと あなたにあげるよ ウィンター・ベル
窓に積もる雪が 二人を近づけるよ Day by day
今 抱きしめて・・・

通り過ぎる風に 臆病になってたよ
大切な君だから 今でも Need you love tonight

ライトが光る瞬間 未来を 信じていたい 二人
揺れている キャンドルが 眩しく この時を照らす

ずっと ずっと待っていた ウィンター・ベル
静かに降る雪が 二人を優しくする Day and night
今 抱きしめて・・・

冬が過ぎ 新しい 季節が来る 君を連れて

Oh yeah 夜空に届くよ ウィンター・ベル
煌く 星空に この想いを叶える Sweet Starlight
星振る夜に そういつまでも・・・

Winter Bells La La La La Stay Forever I'll be with you
Winter Bells La La La La Stay Forever Forever with you

607 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 10:51:19 ID:l9iK2Ly/
おーおーおー

テキワナタイン!

608 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 13:57:20 ID:aMGKFUci
アスファルト照り返す 真夏の日差し
人ゴミに消えてゆく歌

「オレハ未来ヲ信ジテル」
街を出てゆく 夏の朝
お前の最後のつぶやき 二人操車場

今日もまた ガナッているか
ちっぽけなボロアンプ 灯をともし

アスファルト照り返す 真夏の日差し 人ゴミに消えてゆく歌
かじかんだ指先で 握る缶コーヒー 木枯らしに負けてゆく歌

語るだけの夢ならば 誰もみんな描いてる
お前を止めたりできない 馬鹿なやり方でも

忘れるな 俺たちのこと
わずかでも分かち合った あの時を

それぞれのやり方で 生きるこの人生 道標探してく歌
つら抜いた気持ちだけ ギターケースに詰め 志す者だけの歌

桜舞う地下道に 響くストローク 雑踏に踏まれゆく歌
学祭を打ち上げた お気楽たちに からかわれ笑われる歌

アスファルト照り返す 真夏の日差し 人ゴミに消えてゆく歌
かじかんだ指先で 握る缶コーヒー 木枯らしに負けてゆく歌

609 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 15:02:25 ID:coALMYiU
君と出会って もうどれくらいたつのだろう
いつの日にか二人で 歩いていく
いくつものstory

いつだってそう君が 僕に光をくれる
どんな運命(サダメ)でも ずっと…

永遠に続く君への思い
記憶から消えることはないから
たとえ君が選んだ人が
僕じゃなくても 忘れないだろう
永遠に…

610 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 20:12:31 ID:8VzbLmIu
心に決めた事がある
もう2度と君のせいで傷つかない

611 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 20:42:29 ID:FYRh+Kor
手紙に添えた電話番号
かけてくれると信じてるわ
貴方はシャイな人だから
きっと勇気がないのね

今まさにこれだ

612 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 21:19:46 ID:u4kfnBaj
途切れないように keep it going, baby
おんなじ気持ちじゃないなら tell me
無理はしない主義でも
君となら してみてもいいよ


613 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 21:25:06 ID:BgCUq6ka
>>611
妄想日記が出るとは思わなかったw

614 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 21:57:05 ID:FYRh+Kor
>>613
まさにこうなるとは自分もおもわなかったよwww

615 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 22:00:07 ID:fapYnWDb
永遠は何処にもない
誰も触れることはない
でも君が笑うとその先を
信じてみたくなる手を伸ばしたくなる

答えなど何処にもない
誰も教えてくれない
でも君を想うとこの胸は
痛みを抱きしめるそれだけは真実

616 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 22:01:03 ID:g98wYf9U
名前のない明日 ”みらい”と名付けはしゃいだ
あの頃が意味のない日々だなんて
けして思わない 僕は

617 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 22:54:57 ID:BgCUq6ka
>>614
まさかこんなのが本当にあるとは…w
オマイすごいなぁwww


618 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 22:55:44 ID:gS0r2qP4
また春に会いましょう

619 :名無しさんの初恋:2006/12/22(金) 23:06:35 ID:FYRh+Kor
なんか一方的な想いだからさwww
hideも大好きだお

620 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 00:23:26 ID:slDgDErV
会う度にまた惹かれてくこと
知ってて会いに行く…

621 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 00:46:42 ID:x+b416/R
重ねた季節と強く願う気持ちが二人を繋ぐよ
溢れ出すmelody数え切れないほど記憶の中映し出すよ

622 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 02:20:53 ID:ijbpM/Pw
この瞬間の僕の全てを
君に捧げよう


623 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 06:03:48 ID:arnYqAft
ちぎれた赤い赤い糸 結べないけれど
さびついて こぼれ落ちてく 砂の時間
I'm still waiting for you

街には子供達の 笑い声が溢れ
これから始まってく パレード眺めていた
ほら 隠してきた 空廻る想いが
新たに 生まれてゆく 私を映し出すよ

ありきたりなんて 平凡すぎて
あの頃何かを求めていた

ぼやけた あなたの姿が 遠く消えていく
行き場のない 心だけが すれ違って
迷子になる

解いたその手のひら せつなさを感じて
彼方へ飛んでいった 風船眺めていた

手放した後に 後悔する程
こんなに愛しくなっていたの

押し隠してた情熱は いつ 抱きしめていい
仮面の中でそう 密かに 笑いながら
見失って

ぼやけた あなたの姿が 遠く消えていく
行き場のない 心だけが すれ違って

ちぎれた赤い赤い糸 結べないけれど
さびついて こぼれ落ちてく 砂の時間
I'm still waiting for you

624 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 08:19:45 ID:arnYqAft
誰だって一度は 大空を飛べるさ
今日から君の限界目指せ For the future

やりたい事を我慢してたり よせばいいのに大人ぶったり
断ることもできなかったり 本当の君はどこへ行ったの?

教科書通りの 人生なーんて ウンザリするでしょ さぁ 行こう!!

誰だって一度は大空を飛べるさ
今日から君の限界目指せ For the future
溜め息つく暇なんてないのさ
フルスピードで限界目指せ For the future

人生という名のストーリー このシナリオは君が主役だ
何か不安があるのだったら どーぞ勝手に書き直しちゃえ

何もやらないで つべこべ言うのは 楽しくないでしょ さぁ行こう!!

誰だって一度は大空を飛べるさ
ホントの君を今見せてよ For the future
あと少しでまた強くなれるさ
輝く瞬間を駆け抜けよう For the future

僕等 自由なんだ さぁ 行こうよ

誰だって一度は大空を飛べるさ
今日から君の限界目指せ For the future

さぁ一度はあの空を飛ぼうよ
今日から君の限界目指せ For the future
さぁ一度はあの空を飛ぼうよ
フルスピードで限界目指せ For the future

625 :名無しさんの初恋:2006/12/23(土) 20:44:39 ID:9w1Td6MH
ゆっくりと12月のあかりが灯りはじめ
慌ただしく踊る街を誰もが好きになる

僕は走り 閉店まぎわ 君の欲しがった椅子を買った
荷物抱え 電車の中 ひとりで幸せだった

いつまでも 手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた
喜びも悲しみも全部 分かちあう日がくること
想って微笑みあっている 色褪せたいつかのメリークリスマス

歌いながら線路沿いを 家へと少し急いだ
ドアを開けた君はいそがしく 夕食を作っていた

誇らしげにプレゼントみせると 君は心から喜んで
その顔を見た僕もまた素直に君を抱きしめた

いつまでも 手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた
君がいなくなることを はじめて怖いと思った
人を愛するということに 気がついたいつかのメリークリスマス

部屋を染めるろうそくの灯を見ながら 離れることはないと
言った後で急に 僕は何故だかわからず泣いた

いつまでも 手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた
君がいなくなることを はじめて怖いと思った
人を愛するということに 気がついたいつかのメリークリスマス

立ち止まってる僕のそばを 誰かが足早に
通り過ぎる 荷物を抱え 幸せそうな顔で

626 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 02:20:13 ID:JA6ZyhCV
ぼんやりと空に浮かぶ月を見上げて
夏の終わりを風にきいたね
消えかけた懐かしい青い記憶が蘇ってく

こんなにも優しさが痛いことなど
知る術もなく過ごしていたね
とめどなくあふれてた教室でのあの笑い声も

眩しい程輝いたまなざしも
いつの間にか置き忘れた夢を
思い出して

やわらかな風に吹かれ
夢中で駆け抜けた遥かなる日々よ
どんなにつらくたって
愛してくれる人達がいること
忘れないで

627 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 02:23:30 ID:ijqUqLhA

下弦に変わりゆく月を 君も見てる?
あの日君が話してた彼(ひと)と

誰かの代わりでも 僕はよかったよ …ずっと
あの時君は泣いてた?「ごめん」と僕に告げて

浅い眠りで 見る夢は切ない
君が哀しく微笑(わら)うから

just for me
季節が 見せつける理論
愛は 欠けるから美しい、と
…十六夜の月

628 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 03:28:39 ID:aHruhkkx
柄でもないけど
会えると嬉しいよ

629 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 09:16:31 ID:NJs65ybp
春の風が木漏れ日の中
すり抜けてく 私までも
青い空で泳ぐ雲たちに
ただ見とれて 居眠りして

Ah 季節を感じたら Ah 心が踊りだす holiday

何だかほら始まる 恋の予感
寄り道して帰ろう 口笛吹こう

好きな曲で過ごす日曜
悲しいコトも 忘れましょう
今日も 赤い自転車に乗って
素敵な場所を 見つけに行こう!

Ah このまま どこまでも Ah ペダルを こぎ続けていたい

長い坂と橋を越え 左に行こう! 芝生が見えるよ

ジャニスと唄いながら ビール開けよう
明日も晴れるように 口ずさむよ

何だかほら始まる 恋の予感
寄り道して帰ろう 口笛吹こう

630 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 10:56:46 ID:NJs65ybp
気にしないで 人の目なんて 無理しないで 過ごせる時があって
また新鮮な気持ちになって また前進で 大きくなって

見えてくる 見えてくる 自分の生き方が
見えてくる 見えてくる

何しよう? とかは無しにしよう 今日はダラダラただ馬鹿な日にしよう
仕事は休み 辛い事は明日に こなすし 過ごす今日はただ楽に
時計の針すら気にしない そんなもんは俺に何も意味しない
外は晴々 俺のためかね ぶらり散歩も行き先あてはねぇ
から帰ったら即寝 朝まで飲んで 仕事で飛んでも
別にめげずに 自分責めずに こなす休日すごく充実
ナマケモノ たわけ者 俺にとっちゃ 全部 褒め言葉なの
何もしない日 わりと意外に大事 脱力こそ活力になる

何も無いようでそこにある 幸せな大切な1日が
いつもと変わらない日になる 明けて暮れても俺の1日

631 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 10:57:38 ID:NJs65ybp
まず目覚まし余裕で消し 起きる気持ちあるようでなくて二度寝
身も蓋も無いような夜明け 昼過ぎには腹減って目覚め
外が晴れなら寝起きからカレー 覚めた目 冴えた頭で立てる予定は未定
ならばなんてまた金 握りしめて
向かう先 自転車でパチンコへ あっ きっとね勝ちまくってね
晩御飯は豪勢にね なんて勝つ気満々に後悔しねぇ
外はいい天気 なのに能天気 それが俺的 休日するべき
そんな目的 果たす喜び のびのびと休みの日

何も無いようでそこにある 幸せな大切な1日が
いつもと変わらない日になる 明けて暮れても俺の1日


632 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 10:58:51 ID:NJs65ybp
昼下がりの午後の太陽に起こされとどめの目覚ましの音
眠気まなこ こすりそろそろと 起き上がり眺める窓の外
どこ行こう何しよう まず テレビ昼ドラ そのままダラダラワイドショー
これでいいの自問自答 暗くなる前 ジムでも行こう
鍛え上げて流す雨やめられない 隣り走るハゲたオヤジには負けられない
だらしない腹見て仕上げサウナ 鏡の前少しは締まったかな?
外は気持ちいい夜風吹かれ 我慢できない家までお酒どこかで
流した汗だけならなんて 飲んで食って結局朝まで

気にしないで 人の目なんて 無理しないで 過ごせる時があって
また新鮮な気持な気持ちになって また前進で 大きくなって

見えてくる 見えてくる 自分の生き方が
見えてくる 見えてくる

何も無いようでそこにある 幸せな大切な1日が
いつもと変わらない日になる 明けて暮れても俺の1日
何も無いようでそこにある 幸せな大切な1日が
いつもと変わらない日になる 明けて暮れても俺の1日

633 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 14:02:59 ID:Xrfs84xc
君と出会ってからの日々はまるで薔薇色そのものさ

634 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 14:30:07 ID:rUsuEd8P
あなただけ
あなただけ
僕のものになればいい

635 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 16:15:04 ID:/8j22bOl
キャンドルも十字架も 愛に力を与えてよ
聖なる夜まで堕天使は 恋に遊ぶ

636 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 16:57:32 ID:yyrJBDsL
あなたは今どこで 誰といるのでしょう?

637 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 18:47:32 ID:te+gtR6k
午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった
ベルトに結んだラジオ 雨は降らないらしい

二分後に君が来た 大袈裟な荷物しょって来た
始めようか天体観測 ほうき星を探して
深い闇に飲まれないように 精一杯だった
君の震える手を 握ろうとした あの日は

見えないモノを見ようとして 望遠鏡を覗き込んだ
静寂を切り裂いて いくつも声が生まれたよ
明日が僕らを呼んだって 返事もろくにしなかった
「イマ」というほうき星 君と二人追いかけていた

638 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 18:49:24 ID:te+gtR6k
気が付けばいつだって ひたすら何か探している
幸せの定義とか 哀しみの置き場とか

生まれたら死ぬまで ずっと探してる
さあ 始めようか 天体観測 ほうき星を探して
今まで見付けたモノは全部覚えている
君の震える手を 握れなかった痛みも

知らないモノを知ろうとして 望遠鏡を覗き込んだ
暗闇を照らす様な 微かな光 探したよ
そうして知った痛みを 未だに僕は覚えている
「イマ」というほうき星 今も一人追いかけている

背が伸びるにつれて 伝えたいことも増えてった
宛名のない手紙も 崩れる程 重なった
僕は元気でいるよ 心配事も少ないよ
ただひとつ 今も思い出すよ

予報外れの雨に打たれて 泣き出しそうな
君の震える手を 握れなかった あの日を

見えてるモノを見落として 望遠鏡をまた担いで
静寂と暗闇の 帰り道を駆け抜けた
そうして知った痛みが 未だに僕を支えている
「イマ」というほうき星 今も一人追いかけている

もう一度君に会おうとして 望遠鏡をまた担いで
前と同じ午前二時 フミキリまで駆けてくよ
始めようか天体観測 二分後に君が来なくとも
「イマ」というほうき星 君と二人追いかけている

639 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:05:49 ID:te+gtR6k
ずっと一緒にいた 二人で歩いた一本道
二つに分かれて 別々の方歩いてく

寂しさで溢れたこの胸かかえて
今にも泣き出しそうな空見上げて
あなたを想った…

君がいない夜だって そう no more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって
君も見ているだろう この消えそうな三日月
つながっているからねって 愛してるからねって

冷えきった手を一人で温める日々
君の温もり 恋しくて恋しくて

どれだけ電話で「好き」と言われたって
君によりかかる事はできない
涙をぬぐった…

君がいない夜だって そう no more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって

今度いつ会えるんだろう それまでの電池は
抱きしめながら言った あなたの愛してるの一言

君がいない夜だって そう no more cry もう泣かないよ
がんばっているからねって 強くなるからねって
君も見ているだろう この消えそうな三日月
つながっているからねって 愛してるからねって

三日月に手をのばした 君に届けこの想い

640 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:12:22 ID:WlRm81/Z
訪れるあの泣いたあの時間がまたよみがえる
僕の待つ約束の場所に来なかった クリスマスの日

頬寄せた恋人たち 色あざやかな電球が切なくさせる
降りつもる粉雪の中で ぼんやりと空を眺める

君の姿は見えない 吹き消した一瞬の灯りのように
暖かな心の中で かげながら声援をおくるよ

今はもう二十歳も過ぎて忙しく時に追われ
ふと見るとサイドミラーに映るイルミネーション懐かしい夜

突然車が止まって 一人きりの僕をショーウインドウが映す
降りだした粉雪の中で ゆっくりと息を吐き出す

君の姿は見えない ふき消した一瞬の灯りのように
暖かな心の中で かげながら声援をおくるよ

君の姿は見えない 年に一度のイヴの夜に
たとえ君がいなくても 僕は幸せになる

641 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:16:54 ID:te+gtR6k
目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる
初めて一途になれたよ 夜空へ響け愛のうた

大親友の彼女の連れ おいしいパスタ作ったお前
家庭的な女のタイプの俺 一目惚れ
大貧民負けてマジ切れ それ見て笑って楽しいねって
優しい笑顔にまた癒されて ベタ惚れ

嬉しくて嬉しくて 柄にもなくスキップして
「好きって言いてぇ」 おぼろげな月を見つめる君に釘付け
守りたい女って思った 初めて
まじめな顔して ギュッと抱きしめた

目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる
初めて一途になれたよ 夜空へ響け愛のうた

642 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:17:57 ID:te+gtR6k
あれからずっと一緒だよな お前と俺
最近付き合い悪いと言われるけど
なんだかんだ温かく見守ってくれてる 優しい連れ
「なぁ」変なあだ名で呼ぶなよ 皆バカップルだと思うだろ
でもいつも落ち込んだ時
助けてくれる お前の優しい声

きっとお似合いな二人 共に解り合って 重なり合っても
折り合いがつかない時は 自分勝手に怒鳴りまくって
パチンコ屋逃げ込み 時間つぶして気持ち落ち着かせて
景品の化粧品持って 謝りに行こう

目を閉じれば 大好きな星 あんなに輝いてたのに
今では雲がかすめたまま それが何故かも分からぬまま

会いに 会いに行くよ…
会いに…
会いに行くよ…

643 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:19:03 ID:te+gtR6k
桜並木照らすおぼろ月
出逢った二人の場所に帰りに一人寄り道
変わらぬ景色 変わったのは俺ら二人
全て見えてたつもり 目に見えないものなのに…

馴れ合いを求める俺 新鮮さを求めるお前
お前は俺のために なのに俺は俺のため
春の夜風に打たれ 思い出に殴られ
傷重ねて 気付かされた大事なもの握りしめ

今すぐ会いに行くよ 手を繋いで歩こう
絶対離さない その手ヨボヨボになっても
白髪の数喧嘩して しわの分だけの幸せ
二人で感じて生きて行こうぜ

LOVE SONG もう一人じゃ生きてけねえよ
側に居て当たり前と思ってたんだ
LOVE SONG もう悲しませたりしねえよ
空に向け俺は誓ったんだ
LOVE SONG ヘタクソな歌で愛を
バカな男が愛を歌おう
一生隣で聴いてておくれよ
LOVE SONG 何度でも何度でも

LOVE SONG… 何でも話そう
LOVE SONG… 約束しよう

目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる
初めて一途になれたよ 夜空へ響け愛のうた

644 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 19:44:39 ID:te+gtR6k
If you haven't change your mind
そばにいてほしいよ Tonight
強がることに疲れたの
幼すぎたの
Every time I think about you baby
今なら言える I miss you
It's hard to say I'm sorry

たとえば誰かのためじゃなく
あなたのために 歌いたいこの歌を
終わらないstory 続くこの輝きに
Always 伝えたいずっと永遠に

Memories of our time together
消さないでこのまま don't go away
あたたかく溶けだして 確かめるの
優しさのしずく この胸にひろがってく
切ないほどに I'm missin' you
重ねた手 離さないで

たとえば叶うなら もう一度
あなたのために 歌いたいこの歌を
終わらないsotry 絶え間ない愛しさで
tell me why 教えてよずっと永遠に

たとえば誰かのためじゃなく
あなたのために 歌いたいこの歌を
終わらないstory 続くこの輝きに
Always 伝えたいずっと永遠に

645 :名無しさんの初恋:2006/12/24(日) 21:49:49 ID:VPXHAh3u
ああ死にそうだ 僕らの町に雪がこんこんと
落ちた 溶けた 消えた 僕らの心に沈んだ
ああ 神様はこんな泣き虫な僕をきっと笑うだろう
宇宙の果ての城にあの娘は囚われたまま
クリスマスイブまでにあの娘に告白できるかなあ
この命と引き換えにこんなに美しい世界を送ろう

ああ凍りついた僕の指は死んだじいちゃんの指と同じ色だ
頬張るつららはしょっぱくて
ああお星様はこんなちっぽけな僕をきっと笑うだろう
世界が眠る夜には僕は長靴を履いて飛び出した

クリスマスイブまでにあの娘に告白できるかなあ
この命と引き換えにこんなに素晴らしい世界を送ろう

ウサギも 猫も 蛇も カエルも 天使も
高層ビルも 羊飼いも ストラドレイターも
恋人たちも 星座も みんな みんな眠ってしまった
メーテル さよならなんだね メーテル
あなたが僕に言ってくれた言葉きっと忘れないでしょう
あなたはきっと幸せになれるわ だって私を幸せにしてくれたもの

クリスマスイブまでにあの娘に告白できるかなあ
この命と引き換えにこんなに素晴らしい世界を送ろう
クリスマスイブの日はあの娘が隣にいてくれたらなあ
この声と引き換えにこんなに美しい夜を送ろう

646 :名無しさんの初恋:2006/12/25(月) 00:03:15 ID:68KUvD2P
遠い空の下で もしも君が独りでも
僕にあげられる物は 何も無いんだよ
この手には

でもこの唄は僕から 心を込めた
君への 君達への贈り物

きっときっと届く それを信じて唄うよ
そっとそっと響け 夜を越えて
メリークリスマス

でもこの唄は僕から
君への 君達への贈り物

きっときっと届く それを信じて唄うよ
夜を越えて メリークリスマス

真っ白な雪が降り始める
冷たい冬の夜空から
クリスマス 僕らの約束
君に届け Love Song

真っ白な雪が降り始める
冷たい冬の夜空から
いつの日か きっと逢えるよ

君に届け Love Song

夜を越えて メリークリスマス

647 :名無しさんの初恋:2006/12/25(月) 15:03:38 ID:l+3LdELp
身を焦がすような 恋にも憧れるけど
傷つくことには ひどく敏感な君さ
だれにも触れさせない心の影を

ロマンチスト・エゴイスト・ツナグ・コバルトブルーのアーチ
甘く揺れる あのアプローチ

もう恋はしない… くちにだして言ってみた
すぐに切ない気持ちにおしつぶされて
お気に入りのバラードで泣いたりしてさ

ロマンチスト・エゴイスト・ツナグ・コバルトブルーのアーチ
甘く揺れる あのアプローチ

「始まりと終り」
埋めがたいギャップが恋で
君はそう知って泣き濡れた夜をすごしてた

臆病な猫をつれて帰ろうかな
あたたかいベッドで寝かしつけようかな
僕の前じゃムリして笑わなくていい

身を焦がすような 恋にも憧れるけど
傷つくことには ひどく敏感な君さ

涙はいつかひやりとした風の中
ひとつ咳をして踵ならして歩こう

ロマンチスト・エゴイスト 恋にも憧れるけど
ロマンチスト・エゴイスト ひどく敏感な君さ

648 :名無しさんの初恋:2006/12/25(月) 15:24:56 ID:WTSNJplL
ねえ、電話も盗聴?W

293 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)