5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女は腹黒い 第三黒

1 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:41
腹黒は死んだらええのにね

2 :さくらたん ◆VCSAKURAe. :04/05/29 23:42
ほっちゃんおこと?

3 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:43
>>1
氏ね
>>2
ついでにおまえも氏ね

4 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:43
4なら国会議事堂を爆視する

5 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:46
コンビニとかでちょこっと可愛い女にかぎって
一瞬目が合うとあせったみたいな態度で
うわもうちょっとで告白されるとこやった風な
ほくそ笑みかたで逃げていきよる腹黒は
死んだらええねん

6 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:48
日本語しゃべれよ

7 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:49
スレてるかスレてないかによるんじゃね?
田舎に逝け。
んで、適当にバイトでもして、バイト仲間のオナゴに告白。

8 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:51
日本語しゃぶってるのにね

9 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:53
田舎の娘もスレてるけどな。

10 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:55
>>7
女の腹黒さに気づきつつ、
すれてない、きったない女に告って、
さらに島流し的に、格下の女を
押しつけられんのは確実のにね

11 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:57
腹黒は生皮はがれてオークションで無限に再出品されといたらええねん

12 :Mr.名無しさん:04/05/29 23:58
態度や口には出さないけど
内に秘めているものが大きい女はけっこういる
個人的には別にいいと思うよ。単純すぎるのもおもしろくない

13 :Mr.名無しさん:04/05/30 00:03
380 :Mr.名無しさん :03/12/28 00:00
女の場合、腹黒さを墓場に行くまでしらばっくれるから憎たらしいねん。
腹割って話そうとしても「何のこと?自意識過剰なんじゃない?
男の癖に神経質でキモイ」とか抜かすのを、女であるだけで許し続けないと
いけないのは不条理ねん。

14 :Mr.名無しさん:04/05/30 02:17
腹黒なナオンは
マンコも黒い
間違いない。

15 :Mr.名無しさん:04/05/30 03:32
4年くらい前、まだ大学生やってた頃、出会い系とかそんなんでホントに出会えるのか?
半信半疑でメール交換してた子がいた
もう内容すら覚えてないが、普通に音楽好きな子で、趣味が同じだったことでマメにメールするようになった
なんか分からんが、ドキドキしてた、恋だったんだろうな・・・・・
まだ会ったこともなくて、メールっていう文字だけのつきあいなのに、多分恋しちゃってたんだと思う
あんまし女の子とも話すこともなくて、ホントに必要なことだけを、自分から伝えるだけだった俺には刺激が過ぎたようだった

メールしてるうちに電話で話してみようか、とかいう話になったりして、電話で話すようにもなった
耳元で女の子の声がする、もう心臓は破裂せんばかりに高鳴ってた

そんなやりとりも1ヶ月ほど続いた頃、会ってみない?という話になった
断る理由もなく、ふたつ返事で返す俺・・・・・

16 :15の続きですけど・・・・:04/05/30 03:46
彼女は看護士さんで、不定休なんだとか。
だから一番近い休みの日に、ってことになった
その日から、メールをするのも電話をするのもすっごい緊張してどうしようもなかった

さて、当日になって、時間の過ぎるのがすごい遅い
多分俺の中ですごい待ち遠しくて、10秒が1分にも10分にも感じられてたんだと思う
一人暮らししてる俺のうちに来るということで、部屋の片付けやら出かける準備やらで忙しかったが
意外とやることなくて、待つ時間がダラダラ過ぎてった

まぁ、それでも確実に時間は過ぎるもので、約束の時間になった
待ち合わせの場所について、約束の時間まで彼女とメールしてた
もう心臓が別の生き物であるかのようにバクバクしてた

待ち合わせの駅についたということで、電話しながらお互いがどこにいるか確認する
俺が場所を説明しながら誘導すると、電話しながら待ち合わせの場所に来たのは彼女だけ
そんなに可愛い、ってわけでもないが、ブサイクでもない、ごく普通の子だった

17 :16の続きですけど・・・:04/05/30 04:02
近くにある少し背伸びした感じのダイニングバーに入った
オシャレな感じと、昼間表を通った時とのギャップに少しビビりながら注文する
彼女も結構飲める方だということで、俺はビールと、彼女はカクテルを頼んだ
まぁ会話もそこそこ盛り上がってたとは思うんだが、今考えるとなんか彼女ソワソワしてた

食べるものとかも注文して、1時間くらいした頃だったろうか
彼女が「ねぇ、誰か友達呼ばない?二人だけじゃ緊張して話が・・・・」
彼女はこっちに初めて出てくるというので、こっちに友達がいるわけがないが・・・・
俺の友達を呼んでくれ、ってことだとすぐ察知し、当時路上ライブとか一緒にやってたヤツがフットワーク軽いから呼ぶことにした

電話したら、バイト中で30分くらいであがるからそのくらいでもよければ、と言われた
彼女に確認すると、OKだそうで、来てもらうことにした
今考えると、それから彼女のソワソワが加速した感じがした

18 :17の続きですけど、書いてたら空しく・・・:04/05/30 04:13
そんなこんなで登場したY(友達)だが、なんで呼ばれたか事情が飲み込めない様子だったが
彼女の緊張をほぐそうと、二人で必死に盛り上げた

そんなこんなで夜も更けて、そろそろ帰ろう、ということになった
俺が学生で、彼女が働いてるということで、彼女がおごってくれることになった

Yとは帰り道が別なので店の前で別れて、二人で俺の部屋に向かう
冬だったんだが、寒いからと肩を寄り添って手を繋いであるいた
俺は普段使わない暗めの道を選んだ
途中で立ち止まって、調子にのってチューとかしちゃったりしたかったから
その頃には口下手な俺の話題というものも尽きてた
ふと襲った沈黙とともに、彼女の唇をそっと奪った

19 :18の・・・・:04/05/30 04:25
その日はチューだけして寝てしまい、次の日駅まで送っていって別れた
なんか彼女がよそよそしい感じがした、と気づいたのは後になってからだった
メールをしながら家路についたんだが、それまでと違い返事が来るのが遅かったような気がした

それからもメールは続いたんだが、やっぱり少し遅いような気がした
仕事が忙しいのかな、とか単純に考えて仕方ないと思う俺がいた

そんなこんなで数日後
突然彼女からメールがきた
「私、Y君のことが好きになったみたいなの。あなたとは友達として会うこともあるかも知れないけど・・・・」
確かに俺とYを比べると、Yの方が断然モテるとは思うが・・・・・・
あまりに残酷な現状を理解するために、俺のCPUはどんだけ働いてくれただろうか・・・・

20 :19の・・・・もう最後にしよう・・・:04/05/30 04:36
つきあってたかどうか、と言われればよく分からん
が、確実に踏み台にされたような気がした

後日Yと話したら、その女にしつこいくらい迫られていたそうだ
Yにその話をしたが、元々そんな女には興味がないとかで、すごい迷惑だったそうだ

Yと話すと、今でも笑い話としてあがるくらい深く刻まれた出来事だった
今となっちゃどうでもいいけどね・・・・・・

21 :Mr.名無しさん:04/05/30 05:58
腹黒なナオンは
マンコも黒い
間違いない。



22 :うまのり:04/05/30 07:38
女は腹黒いって、どゆこと??? \(?_?)/
理解ふの〜ん。

23 :Mr.名無しさん:04/05/30 12:19
>>20
腹黒にはそんだけ酷い仕打ちされても女という立場上
役割上無罪放免で釈放するしかないねん
なぐったら今度は弁護士とかの法の犬に媚びて
100%男がわるもんにされんねん
せやから死んだらええねん

24 :>>15-20なんだが:04/05/30 19:07
腹黒いっつーか
満員電車でミョーに意識してチラチラ見てきやがる女
触る気もねーし、第一そんな度胸ねーんだが
勘違いも氏んでほしいな

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)