5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ツンデレ】ブルー21 ◆BLUE/21u/. 2Aカップ

1 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 03:35:40 ID:/uSASjey
ブルー21 ◆BLUE/21u/.氏はツンデレのAカップ。
この人で遊びましょう。
マンコ(特にビラビラ)が汚いと言われるブルー氏。
真相を確かめるんだッ!ビラビラ画像をうpさせろッ!
ブルー氏をおもちゃにするネタスレです。

こんなブルー21 ◆BLUE/21u/. タンに萌えそうだ!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1165683931/

2 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 03:38:11 ID:/uSASjey
寝るからな。

3 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 03:42:47 ID:d/pgwtSQ
朱雀タンハァハァ…

4 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 05:31:02 ID:crumAf3C
>>1
また入院した方がいいよ。ヤバイよお前。

5 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 13:48:32 ID:k0Fb9Fcn
>>1せめてりすかたんに萌えるスレにしとけ

6 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 14:00:42 ID:/uSASjey
>>5
りすかたんスレも立てましょうか?

7 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 14:02:10 ID:/uSASjey
っていうか、立てられるのかなぁ。このスレ立てたばかりだが。

8 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 14:03:54 ID:/uSASjey
りすかたんなら俄然やる気が出るってものだ。
中古のブルー氏とは大違い。彼女は聖処女だ。

9 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 14:08:03 ID:woNXYgWc
とりあえず練炭焚いて2,3時間篭っとけw

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 14:23:35 ID:crumAf3C
>>8
糞スレageんなカス。

つか、りすかのスレ立てる前にこのスレの削除依頼出しとけボケ

11 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 14:40:30 ID:/uSASjey
いや、このスレは残すべきだ。
だって前スレ埋まっちゃったんだもん。新スレ立てるのは当然じゃあないか。

12 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 14:55:57 ID:utZFF+fF
>>11 セレネース氏

立ててしまったのはしょうがないとして
雑談スレだからsageたほうが良いと思う。

13 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 15:08:16 ID:/uSASjey
>>12
申し訳ない。

14 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 15:13:28 ID:/uSASjey
関連スレ

【聖処女】りすか ◆idlCYn/fKE を彼女にしたい!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1165815748/

15 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 16:37:23 ID:P905x+uI
前スレが埋まったのはガノタ話に花が咲いただけでは・・・。

16 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 17:05:11 ID:/uSASjey
私はガンダム苦手なくせに、私が火をつけちゃった。

17 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 18:13:27 ID:/uSASjey
Aカップの胸をりすかたんのAカップの胸に押し付け、誘惑するブルー氏。

18 :ミケーネ・クリストフ ◆manko/yek. :2006/12/11(月) 18:28:45 ID:BTp4SA6U
>>15
このスレはガノタ対キャラ萌え種厨
で燃えあがれガンダム

19 :朱雀にセレネース@神聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 18:31:16 ID:/uSASjey
ブルーさん、りすかを抱いて欲しいの。

20 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 18:44:40 ID:/uSASjey
ブルーさん、私のビラビラとブルーさんのビラビラをこすり合わせるの。

21 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 18:50:02 ID:BTp4SA6U
>>20
屑粉も可哀想だから交ぜようか

22 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 18:53:15 ID:/uSASjey
>>21
クズ子さん、私と気持ちいい事するの。
私のお尻の穴を舐めて欲しいの。お願いなの。

23 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 19:00:06 ID:/uSASjey
んんぁ…クズ子さん…いいのぉ……お尻の穴が感じちゃうのぉぉぅう……。
んぁっ…んんんんっ!!!

……うんち……でちゃったの……。

24 :クリストファー・ミケーネ ◆manko/yek. :2006/12/11(月) 19:05:19 ID:BTp4SA6U
(´_ゝ`)…。

25 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 19:16:44 ID:I1dzL9rR
>>1
やめときなさいよもうw 心底嫌がってることは・・・

26 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 19:33:03 ID:/uSASjey
>>25
心底嫌がってるの?
私にはそうは見えなかったの。

27 :水戸肛門:2006/12/11(月) 19:40:05 ID:P7VTbaUO
>>25
嫌がり恥らう姿を装うことで、清純な乙女を演じてるだけのブルー氏なの。
本当はモテモテの人気者になれて嬉しいブルー氏なの。

28 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 19:41:20 ID:xlftBVHn
>>27
お前りすかちゃんに告られてるよ

29 :水戸肛門:2006/12/11(月) 19:45:35 ID:P7VTbaUO
>>28
その告白はりすかたんの純白パンティへの口づけでさせてもらおう。
その口づけがOKのサイン♥

30 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 19:47:09 ID:/uSASjey
肛門さん…。
私のミニスカの中に頭を入れて欲しいの。
今日のパンツは白なの。

31 :水戸肛門:2006/12/11(月) 19:47:33 ID:P7VTbaUO
>>29の訂正。
その告白の返事は、りすかたんの純白パンティへの口づけでもってさせてもらおう。
その口づけがOKのサイン♥

りすかたんに告られ動揺して間違う俺。


32 :水戸肛門:2006/12/11(月) 19:49:12 ID:P7VTbaUO
>>30
りすかたんのパンツに顔を擦りつけたい気分なの。

33 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 19:50:19 ID:/uSASjey
>>32
擦り付けて欲しいの…。

34 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/11(月) 19:50:34 ID:tGh/OPtv
ここまで来ると流石にキモスw


35 :水戸肛門:2006/12/11(月) 19:58:26 ID:P7VTbaUO
>>33
ついでにパンティをめくって、マンコを触ってクリトリスを刺激してみたいの。
本当は中出ししたいけど、俺が中出しすると聖処女じゃなくなっちゃうから我慢するなの。

あっ!!ブルー氏が嫉妬してこっちを見てるなの。
ブルー氏の心情「ここ私のスレなのに〜!!(←ハンカチをかみ締めながら)
私を忘れないでよ!!おのれ〜、りすかぁ〜・・許さなくてよ!!」

36 :野次馬:2006/12/11(月) 19:59:06 ID:LI3WgSsx
こんなスレを立てられて、嫌なんだけど
どこか自尊心をくすぐられて嬉し恥ずかしくもあるブルー氏

37 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:00:17 ID:xlftBVHn
>>35
ワロタ

38 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:01:22 ID:crumAf3C
ageんなっつーのが解らねえのかこのメンへラーのカス童貞が!!
てめえ、段々殺意覚えてきたぜ

39 :朱雀にセレネース@聖処女 ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 20:02:03 ID:/uSASjey
>>35
クリちゃん捏ね回して欲しいの。
おまんこもべろべろ舐めて欲しいの…。

40 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 20:03:56 ID:/uSASjey
私がメンヘラで童貞だと何で知ってるんだ?

41 :水戸肛門:2006/12/11(月) 20:05:17 ID:P7VTbaUO
>>38
ブルー氏とりすかたんの人気に嫉妬ですか。

42 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:06:39 ID:YfzuW24v
sageでお願いします。

43 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:07:06 ID:crumAf3C
図に乗るなよカス!さっさと入院でもしとけ!

44 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 20:07:26 ID:/uSASjey
>>42
あなたもあげてるよ。ネタでしょ?

45 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:17:25 ID:crumAf3C
ずっとsageとけ!引き篭りのカスが。ageんぢゃねーぞ!!

46 :水戸肛門:2006/12/11(月) 20:26:30 ID:P7VTbaUO
>>45
それが人に物を頼む態度か?この礼儀知らずが!

47 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/11(月) 20:27:39 ID:/uSASjey
sage

48 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/11(月) 20:50:11 ID:crumAf3C
おう、解りゃいいんだよ。

49 :駁目(`ー^) ◆U.BBOl0ojk :2006/12/12(火) 16:27:38 ID:smwVaYUt
   ( ゚д゚ )  そもそもこのスレ自体イラネ
 _(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
旦  \/ Windx/

50 :前スレの1:2006/12/12(火) 19:28:17 ID:fn3AZmeU
前スレ、まさか一日で使い切るとはwwww

51 :前スレの1:2006/12/12(火) 19:35:47 ID:fn3AZmeU
>>12
雑談スレではない!

こんなブルー21 ◆BLUE/21u/. タンに萌えそうだ!
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1165683931/

の継承スレならここはネタスレw


52 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 19:49:26 ID:MQwaAXgK
ネタスレならageていいのか

普段はパンティをはかないブルー氏

53 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 19:57:36 ID:fn3AZmeU
ネタスレはageないと過疎りやすいみたいだよ。
それで保守に苦労してるネタ職人がいるとも聞くし・・・w

 Aカップオパーイに肉球もついてるブルータン

54 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:06:13 ID:MQwaAXgK
スレタイの2Aカップてなんだ?そんなカップがあるのか

クリスマスに着るブラとパンティを今日買いに行ったブルー

55 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:09:07 ID:fn3AZmeU
「2」は、たぶんパート2の意味だろうw

56 :水戸肛門:2006/12/12(火) 20:09:16 ID:kDvIMql2
>>54
ブルー氏は自分でドラえもんのパンティをはいてるって言ってたよww

57 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:14:16 ID:MQwaAXgK
>>55
Aカップより小さいサイズを2Aだと俺はふんでいる

見栄をはってBカップのブラを買ってしまったブルー氏

58 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:16:20 ID:MQwaAXgK
>>56
それはさすがにまずいと思ったので今日新しいのを買ってきたブルー氏


59 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:20:58 ID:fn3AZmeU
>>58
そのパンツがプリキュアだったブルータン

60 :水戸肛門:2006/12/12(火) 20:28:42 ID:kDvIMql2
ブルー氏は前スレでこうも言っていた。「毎日が勝負パンツ」だとw

ドラえもんパンツで彼氏に挑むブルー氏。

61 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 20:31:06 ID:MQwaAXgK
>>59
そのつもりで買ったら実はゲゲゲの鬼太郎だったことに気付いてないブルー氏

62 :水戸肛門:2006/12/12(火) 20:33:05 ID:kDvIMql2
>>61
さすがにそれは嫌だと思い、鬼太郎の顔の部分だけ切り抜いて穴が開いたパンツをはくブルー氏。

63 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/12(火) 21:08:38 ID:LGZoqpHF
>>54-55>>57
スレタイの2は「パート2」の2だが、
実際ブラのサイズはAの下は2A、3Aとなっているらしい。

肛門周辺だけではなく、臀部も毛だらけのブルー氏。

64 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 21:15:08 ID:fn3AZmeU
>>63
そうか。
ブルータンのバストは2Aにしぼんでしまったか・・・w

65 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 21:42:35 ID:fn3AZmeU
>>60
>ドラえもんパンツで彼氏に挑むブルー氏。

 そしたら彼氏はドラミちゃんブリーフで兄妹相姦になっちゃったブルータン

66 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:12:44 ID:unanwVqP
>>64
そのうち陥没したりして(ry

67 :メン同盟(メアドにURL) ◆nZRWcmU8z. :2006/12/12(火) 23:14:44 ID:2miTq5Ku
初心者の家庭麻雀の誤ロンに
8000点を要求する無邪気なブルー

68 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:17:49 ID:unanwVqP
麻雀よりポンジャンがやりたいと駄々をこねるブルー

ドラえもんだとドンジャラか・・・

69 :メン同盟kiyomitu:2006/12/12(火) 23:18:05 ID:2miTq5Ku
ルービックキューブの下一列が合わせられなくて
すねるブルー

70 :メン同盟 ◆9qgXR2rLxQ :2006/12/12(火) 23:19:34 ID:2miTq5Ku
メン同盟がIDをかえるハメになって笑うブルー

71 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/12(火) 23:21:46 ID:UFt6BYtp
>>67
代わりにオープンリーチに振込んで32000点放銃するブルー氏

72 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:25:42 ID:unanwVqP
テストしてみるブルー

73 : ◆nZRWcmU8z. :2006/12/12(火) 23:26:54 ID:unanwVqP
テストに失敗したブルー

74 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/12(火) 23:27:43 ID:LGZoqpHF
>>70
ご愁傷様。

>>66
実は陥没乳首のブルー氏。

75 :メン同盟menmen:2006/12/12(火) 23:28:56 ID:2miTq5Ku
みかんを食べるときは
しろい繊維を綺麗にとってから食べるブルー

76 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/12(火) 23:30:41 ID:2miTq5Ku
またやってしまうメン同盟を哀れむブルー

77 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:32:42 ID:unanwVqP
>>74
でも刺激されると乳首が5kmまで突起するブルー

78 : ◆9qgXR2rLxQ :2006/12/12(火) 23:33:54 ID:unanwVqP
再試験するブルー

79 : ◆9qgXR2rLxQ :2006/12/12(火) 23:34:23 ID:feUvvwAQ
テストしてみるブルー

80 :ブルー21 ◆BLUE/21u/. :2006/12/12(火) 23:34:32 ID:w175dE47

ID:unanwVqPとID:2miTq5Kuが同一人物がどうか分からないで悩むブルー

81 :ブルー21 ◆BLUE/rIMOc :2006/12/12(火) 23:36:29 ID:w175dE47
負けず嫌いなのでテストで競うブルー

82 :ブルー21 ◆BLUE/71TaQ :2006/12/12(火) 23:37:43 ID:w175dE47
再試験もうイッチョ

83 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/12(火) 23:38:50 ID:UFt6BYtp
トリップ解析はなかなかに怖いということを知らないブルー氏

84 :ブルー21 ◆BLUE/71TaQ :2006/12/12(火) 23:39:19 ID:w175dE47
あーすげぇ・・・・
これだと ブルー71にしないといけないと悩むブルー

85 :ブルー21 ◆BLUE/21u/. :2006/12/12(火) 23:40:48 ID:w175dE47
>>83
えっ!?何かマズいですか。

86 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:41:05 ID:unanwVqP
シウマイ氏の為にハンネを229と変えるブルー

87 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/12(火) 23:44:11 ID:LGZoqpHF
陥没乳首にシウマイを収納するブルー氏。

88 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/12(火) 23:45:19 ID:UFt6BYtp
>>85
俺もこんな感じのスレたってやたらトリップ解析されたことあるけど
かなり酷似した奴が出て来て面倒だった。
その当人は特に問題なかったがやたら他スレで騙りも増えたし。
まぁ楽しめてるうちは問題なし。

89 :シウマイ ◆N8k9owAF1o :2006/12/12(火) 23:46:42 ID:feUvvwAQ
 

90 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/12(火) 23:47:37 ID:2miTq5Ku
どうやってそういう狙ったトリップ付けられるか
気になっているメン同盟

91 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:48:08 ID:unanwVqP
>>88
柊の方がいい?

92 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/12(火) 23:49:33 ID:ONAU6U7t
さっきからメン同盟氏のレスに笑いを禁じえない私w

93 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/12(火) 23:51:17 ID:UFt6BYtp
>>89
お ま え か!

>>90
俺もよく知らんけどソフトがあるらしいです

>>91
後者で。

94 :シウマイ ◆N8k9owAF1o :2006/12/12(火) 23:52:39 ID:feUvvwAQ
>>93
シウマイスレの時は確かウンコさんだったよね。
もう少し頑張ってみるかw

95 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/12(火) 23:55:20 ID:UFt6BYtp
>>94
頑張るんじゃねぇ!

96 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:56:19 ID:unanwVqP
いつまでもスレが立たない元傍観者さんに勝ち誇って高笑いするブルー

97 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 23:57:45 ID:feUvvwAQ
元傍観者さん、立てたら立てたで全レスしそうだからなぁ…w

98 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/12(火) 23:58:08 ID:LGZoqpHF
元氏のスレが、何か申し訳無くて立てられない私。

99 :ブルー21 ◆BLUE/21u/. :2006/12/12(火) 23:58:17 ID:w175dE47
>>93 >>94
うわぁっ!!すげぇー
こんなコトって出来るんだぁwと感心するブルー

100 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 00:00:44 ID:unanwVqP
>>100を取り損ねて地団駄ふんで悔しがるブルー

101 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 00:05:52 ID:unanwVqP
元傍観者さんのスレを立てちゃうブルー

102 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/13(水) 00:08:41 ID:tQnng1t8
スレ立ててやろうか?元氏よ。

103 :100:2006/12/13(水) 00:10:22 ID:NXjak384
こんなん見つけた
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1155437175/l50

759 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/12(火) 21:49:23 ID:fn3AZmeU
>>754
ああ、いいなぁ、その反応・・・
ブルータンの1スレ目立てたのは俺様だが、元傍観者タンのスレも立てたくなってきた。
こんな感じで・・・w

【スレタイ】元傍観者 ◆yl9eJeHHJM タンをカスタマイズしよう!

【序文】
元傍観者 ◆yl9eJeHHJM タンを好みのままに改造してみてくださいw

  ネコ耳としっぽをつけてみる。

104 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:14:58 ID:QOPAcN5b
同窓会で10年前のジュースのお釣りを
請求したくなってしまうブルー

105 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 00:20:50 ID:NXjak384
ブルー印のラブジュースを発売するブルー

106 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:24:25 ID:QOPAcN5b
コーヒーにお砂糖とミルクを入れないで飲める
大人なブルー

107 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:25:22 ID:QOPAcN5b
居酒屋のおとおしをハッキリ断わる強気なブルー

108 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:27:17 ID:QOPAcN5b
ゴティバのチョコレートより
明治の板チョコのほうがおいしいのにと
思いつつバレンタインにゴティバのチョコを買う
健気なブルー

109 :ブルー21 ◆BLUE/21u/. :2006/12/13(水) 00:28:25 ID:Swq6XYGq
チョコレートとかと一緒に飲むとブラックコーヒーが飲めるようになると
友達から教えられて練習したブルー

110 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:30:25 ID:QOPAcN5b
702 14800〜 
501 8800〜
の時にそっと「501」を押してくれる
やさしいブルー

111 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 00:32:06 ID:NXjak384
メンちゃんとブルーちゃんの水入らずを邪魔したくないので落ちますねw

112 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:34:48 ID:QOPAcN5b
>>111
わざわざ発言して水刺さないでくださいよw

ガリガリ君があたっても体重を気にして交換しないブルー

113 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 00:41:14 ID:KozlPEyo
嫉妬w

114 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:42:11 ID:QOPAcN5b
自分で押したのに501にマッサージチェアがないことに
不満を漏らす肩こりが激しいブルー

115 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/13(水) 00:49:01 ID:CZKs5rtK
マッサージチェアはなくてもジェットバスがあるからと納得するブルー氏

116 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 00:51:19 ID:QOPAcN5b
>>113
そっか。じゃあかわいそうだから

今日、バイトを終えて家に帰ったら、何故か台所にブルーがいた。
ブルーは、チャーハンを炒めながら俺(NXjak384)に
「あ、おかえり〜」と微笑みかけた。
俺(NXjak384)は、なぜ俺(NXjak384)の家の台所に
ブルーがいるのかわからずに当惑したが
「た・・・、ただいま」
とぎこちなく微笑みかえした。
その後、ブルーが作ったチャーハンを一緒に食べた。
うまかった。

そんだけ。


そんだけ。

117 :シウマイ ◆N8cbngaF1o :2006/12/13(水) 00:57:51 ID:CZKs5rtK
そんだけ




いいなぁ

118 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 01:05:43 ID:ML17gYGA
メン氏を必死に擁護しようとするウブなブルー氏
男女板の恐ろしさを知らないらしい


939 :ブルー21 ◆BLUE/21u/. :2006/12/12(火) 08:47:41ID:w175dE47
>>933


私のここのスレでの発言に対して様々な解釈をする人がいて
その為に批判が起こった。
タイミングが悪いとするならば、そのタイミングを作ったその原因は私のレスにある。
メン氏はたまたま疑問に思ったことを質問しただけなのだから、
タイミングのことでメン氏を責めるのは筋違い。


119 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/13(水) 01:24:22 ID:tQnng1t8
今、私とアナルセックスしてるブルー氏。
あー、ブルー氏の肛門締りが良すぎ♪
あと、結合部分からうんこのニオイが漏れてくる。
臭い!臭すぎるッ!!
さてはブルー氏便秘だなッ!?
後で私のチンポをきれいにしゃぶってもらうからなッ!

120 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 01:53:45 ID:QOPAcN5b
下ネタでも面白ければと思うメン同盟

121 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 19:39:19 ID:PEcHULo3
>>97
立てないようにw

>>102
だが、断る!w

>>106-108
ワラタw


122 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:08:47 ID:4FFyTjpK
拙者の目覚め時に、寝床の傍らの水差しから、口移しで水を飲ませてくれるブルー21者。

123 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/13(水) 22:11:16 ID:/N976HcK
立ち読みでしか本を読んだことがないブルー氏。

124 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:19:49 ID:4FFyTjpK
酔っ払うと電話をかけてきて、
拙者に「愛してるよー♥」と、ラブコールを繰り返すブルー21者。

125 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:22:55 ID:4FFyTjpK
がぁぁぁぁぁっ!!
こんなネタを書いていたら、拙者の身が持たなくなっちまう!
拙者はのろけ体質じゃね〜んだ! このべらぼうめ!!

…と暴れる拙者の喉元を撫でて、なだめてくれるブルー21者。

126 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:28:00 ID:4FFyTjpK
他のネタスレにも遊びに来てくれるブルー21者。

127 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 22:31:02 ID:PEcHULo3
>>126
実は他のネタスレ宣伝が主目的で書き込んでいる北者w

128 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:31:46 ID:4FFyTjpK
元者と組んで

 ♪モスラ〜や モスラ〜

…と熱唱するブルー21者。

129 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:33:25 ID:4FFyTjpK
>>127
そんなことは、とっくにまるっとお見通しのブルー21者。

130 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 22:34:38 ID:PEcHULo3
>>128
更にドンガッカサクヤ、イドム〜ンと続きを歌うブルー氏。


131 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 22:42:57 ID:QOPAcN5b
あと一歩でデスピサロをやれるのに
何故かパルプンテを唱えてしまうお茶目なブルー

132 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 22:45:33 ID:QOPAcN5b
カラオケで連続で曲を入れてしまうノリが良過ぎるブルー

133 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:47:10 ID:4FFyTjpK
10分程度の間に、2回もトリップを晒してしまったブルー21者。

そういえば、婆者はどこへ行かれてしまったかのう…(遠い目)?

134 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 22:48:18 ID:QOPAcN5b
カニを食いに言ったらいくらなんでも無言過ぎるブルー

135 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 22:53:09 ID:PEcHULo3
信号を渡るときは手を上げて渡る基本に忠実なブルー氏。

136 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/13(水) 22:54:35 ID:/N976HcK
ピンポンダッシュが得意なブルー氏。

137 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 22:55:15 ID:4FFyTjpK
一緒にプラネタリウムを観賞しに行ったら、途中で拙者の肩を枕に眠ってしまい、
そのあと駐車場まで拙者におんぶさせるブルー21者。

138 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 22:56:18 ID:PEcHULo3
>>137に一つまみの現実味を感じて照れるブルー氏。


139 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 23:06:03 ID:QOPAcN5b
突然神社にお参りしに行きたいとブルーが言い始めた。
あんまりしつこかったので、仕方なく近所の神社に連れて行った。
俺はとりあえず5円玉投げて、ご縁がありますよーに。と願っておいた。
ブルーは5百円玉を入れて熱心にお願いしてたから、後で何お願いしてたのか聞いた。
「アンタが合格するようにさ。」って笑顔で言うから、本当のこと言えなかった。

俺受験生でもないし、まだ年も明けてないよって。

140 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 23:06:07 ID:4FFyTjpK
のろけスレに改竄コピペを貼り付けにいくブルー21者。

141 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 23:10:42 ID:PEcHULo3
虫歯の原因はムシバラスだと信じている純真なブルー氏。

142 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 23:13:00 ID:9YdKq38p
数々のお馬鹿さん発言にブルーが激怒
―EXAMシステム発動―

143 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 23:14:54 ID:QOPAcN5b
真っ先に瞬殺されるメン同盟

144 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 23:20:22 ID:ML17gYGA
ブルーよお前を徹底的に叩き潰してやろうか
980 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 20:25:00ID:0WmRvdJ6
他スレで話題になってるブルー。コイツは最高に食えない女。
表向きのいい顔している度合いが違う。
それでいてハラの中では自分がいちばん最高に有利になることを考えている。
これだけオモテとウラに格差がある女もそうそういない。
どういう育ちをしたらこのような女が生まれるのか・・・


983 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/13(水) 20:44:01ID:5Xj5kMdj
>>980
ブルーの性質悪なのは、一見もっともっぽい発言をして、根底に女優遇、女擁護の
思想を混ぜているところ。コイツ俺も最初はまともかと思ったけど、妊婦スレで正体が
解って叩きのめした。

145 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 23:21:47 ID:4FFyTjpK
拙者の世代だと「V−MAX」システムだな…と一人ごちる拙者に、
「何を物思いにふけってるの?」と、ありったけの笑顔で問いかけてくるブルー21者。

146 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/13(水) 23:33:00 ID:4FFyTjpK
ネタを書き疲れて寝てしまった拙者の背中に、そっと毛布をかけてくれるブルー21者。

…というわけで、今日はここまで…zzz

147 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/13(水) 23:39:04 ID:PEcHULo3
>>146
乙であります(^^)

148 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/13(水) 23:40:00 ID:uh/ksRE8
>>146
そして北斎氏を簀巻きにして東京湾にドボンするブルーちゃま。

149 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 23:41:11 ID:QOPAcN5b
今日、バイトを終えて家に帰ったら、何故か台所にブルーがいた。
ブルーは、料理を炒めながら俺(北斎)に
「あ、おかえり〜」と微笑みかけた。
「今日は腕によりをかけたから」というブルーの料理を
楽しみに俺(北斎)は待ったが、
食卓に出されたのは何故かチャーハンだった。

何故チャーハンかわからずに当惑したが
「お・・・おいしいよ」
とぎこちなく微笑みかえした。
確かにうまくはあった。

そんだけ。

150 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/13(水) 23:42:52 ID:uh/ksRE8
>>149
>俺(北斎)
ここが、シウマイだったらチャーハンにシウマイは付くのでしょうか?

151 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/13(水) 23:49:25 ID:QOPAcN5b
>>150
今日、バイトを終えて早めに家に帰ったら、何故か台所にブルーがいた。
ブルーは、俺(シウマイ)に
「あ、おかえり〜。今からご飯作るわね。」と微笑みかけた。

俺(シウマイ)は思い切って
「今日は、たまには違うものが食いたいな〜」
と、消極的に提案した。
ブルーは「そうね〜」といいながら料理を炒め始めた。
食卓にでたのは赤いチャーハンだった。

やはりチャーハンかと当惑したが
「きょ・・・今日はキムチチャーハンだね」
とぎこちなく微笑みかえした。
ピリ辛でうまかった。

そんだけ。


152 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 18:59:38 ID:dRj69zEL
ノロウィルスを瞬殺するブルー

153 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 19:11:56 ID:F+k21R8g
「Aカップのブルー21」っ奴そんなに萌えんの??

154 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 19:46:13 ID:dRj69zEL
>>153
いまは2Aカップですw

155 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 19:52:54 ID:F+k21R8g
まだまだ子盛りだが,頑張って欲しいですねw

156 :すふ ◆pZQz/M/82. :2006/12/15(金) 19:56:59 ID:agqtw2Da
>>151
ワロタですー(w

157 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 21:06:57 ID:dRj69zEL
実は例の♀車AAの右下の女性がブルーだった

158 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/15(金) 23:26:57 ID:dRj69zEL
12月25日を勝手に振替休日にして仕事を休んでしまうブルークリヌマヌ

159 :朱雀にセレネース ◆WoeQ8bq8Ug :2006/12/15(金) 23:29:40 ID:xIZjUVoh
股間をぶつけ、クリトリスが内出血して24日はブルークリトリス。

160 :水戸肛門:2006/12/16(土) 13:20:07 ID:egDa3h/Q
>>159
うまいこと言いますなぁ。

161 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/18(月) 21:32:07 ID:9BL9gble
>>149
できることなら、海老チャーハンにして欲しいw

162 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/18(月) 21:32:58 ID:9BL9gble
激しい雷雨の夜に、一人では怖くて寝られないと言って、
拙者の寝床に逃げ込んでくるブルー21者。

163 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/18(月) 21:49:22 ID:LXWb2Na7
>>161
今日、仕事を早めに終わらせてスーパーで海老を買い、
それを冷蔵庫に入れてブルーを待った。
ブルーが来て「今からご飯作るわね」と冷蔵庫を眺め始めた。
料理を炒め始めたブルーを見た俺(北斎)は
海老チャーハンを期待した。

食卓に出て来た料理は、
エビチリとチャーハンだった・・・。

チャーハンはとてもおいしいのに
エビチリは何故かまずくて当惑したが
「お・・・おいしいよ」
と無理に微笑みかえした。

そんだけ。

164 :甘粕 ◆HAFu5EDcoE :2006/12/18(月) 21:52:34 ID:D7m8YTch
>>163
よろしくね。
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1166428501/146-147n

165 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/18(月) 21:56:13 ID:9BL9gble
>>163
海老チリも好きなのでOK。
まずいというのが問題だが…w

166 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/18(月) 21:57:13 ID:LXWb2Na7
>>164
ネタスレで無粋だなぁ。

167 :北斎@休養中 ◆XoZX4w02Ig :2006/12/18(月) 22:02:31 ID:9BL9gble
トウモロコシを食べると、魔法の本の登場人物になってしまうブルー21者。

168 :甘粕 ◆HAFu5EDcoE :2006/12/18(月) 22:24:10 ID:D7m8YTch
部屋のタンスからツマブキが出てくるブルー21氏。

169 :('A`) ◆/3LZLGDsxY :2006/12/18(月) 23:03:31 ID:FWxbRt0L
漏れのち○こをなんの抵抗もなくしゃぶってくれるブルー21氏。
に感謝、お風呂はいってきますブルー21氏が一緒に入ってくれればいいのですが('A`)

170 :メン同盟 ◆3FwOd6PnI. :2006/12/18(月) 23:11:48 ID:LXWb2Na7
                             / ̄ ̄ ̄ ヽ
               __           /ヽ)―- 、   l  
          ,―γ ___ヽー、       q`´ハ ミ ヽ  }   ('A`)が、なにやら
      | ̄ ̄|  | |(/),(ヽ)|    | ̄ ̄|   <_))_,  |  /   楽しそうな夢をみているよ…
     |   ヽ  (6  ー  )  ノ    |    ヽ ___/_ノ   
     -――  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄――-    (t) ̄ ̄ ̄|
    |  ,―  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ― 、    |    (/_ )/ / |
   |  |                |    |  ( ) ○    |-o

171 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/18(月) 23:16:08 ID:VbpNeqzZ
男女板 モテそうなコテランキング
http://www.37vote.net/2kote/1166082643/all-50-10
ご参加宜しくお願いします。

今のところ、
1位 四郎
2位 某
3位 わんこ
です。

172 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/19(火) 19:17:24 ID:yq6bX/vy
まぁクズ子がもてないヒキ女ナンバー1なのは間違いなさそうだがww

173 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/19(火) 19:25:08 ID:yq6bX/vy
ブルーは何にも分かってない社会に出たことすらない学生→主婦タイプのお子ちゃまニート(子なし専業)女。20代前半〜30はいってない。まず間違いないと予想。

174 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/19(火) 22:15:01 ID:Yl3egSzo
男女板 モテそうなコテランキング
http://www.37vote.net/2kote/1166082643/all-50-10

現在↓
1位 四郎
2位 わんこ
3位 某

わんこが某を抜きました

175 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/19(火) 22:32:53 ID:3QgV7UTg
>>174
入れてほしそうだなwぷw

176 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/19(火) 22:54:36 ID:Yl3egSzo
うるせーチンカス。

177 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/21(木) 00:56:54 ID:BLr2GA/K
脱ぎ上戸のブルーちゃん

178 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:34:44 ID:w2iaGmL8
ブルーを全裸で立たせておいた
「ねぇ。縛ってみようか?」
「えっ・・!」
ブルーが目を丸くした。
でも,まんざらでもない様子。
右の足首と右の手首,左の足首と左の手首をそれぞれ縛った。
手は足の内側を通す。
仰向けにすると,ブルーは足を持ち上げたまま閉じれない。
無様なカエルがひっくり返ったみたい・・
「あ〜あ。丸見えだよ。」
「きゃぁ・・解いてぇ・・」
追い討ちをかけるように,ブルーの腰の下に枕を入れた。
「いゃあ・・恥かしい・・」
おまんこ全開で,ケツの穴まで開いている。
「イタズラしてあげるね。。」


179 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:43:53 ID:w2iaGmL8
オマンコに息が吹きかかるぐらいに顔を近付けた。
いつも・舐めたり吸ったりしているオマンコだけど,まじまじと見るのは初めてだった。
すでに陰唇は開いて,穴を晒していた。
縛っている事を良いことに部屋の明かりを点けた。
「いやぁぁぁぁ・・見ないでぇ・・ああ」
真っ赤な顔を背けるブルー

鮮明な・どピンクの割れ目。
尖ったクリトリスから延びる赤黒く茶色味ががったビラビラ・・
女の子の穴から,お汁が垂れてアナルまで濡らしていた。
いつもは澄ましたブルーも,股間にはこんなに猥雑なモノを付けて暮らしてるんだね。
そぉっと,クリトリスの皮を剥く。
尖ったお豆の全貌・・つややかに光っていた。
ふうっ・・。
息を吹きかける。
「あんっ!じらさないでっ・・入れてっ。」
「ダメだよ。今日のお前はおれのオモチャだよ。」


180 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:46:35 ID:w2iaGmL8
クリトリスにお汁を塗りつけて,指先で潰して円を描いた。
ビラビラを両手で広げて,指4本で内側を引っ掻いた。
「あっ・・・ああぁぁっ・・んっ・いぃぃっ・・」
ブルーの声が止まらない。
指二本を入れて天井のザラザラを撫でる。
指を出し入れしながら,親指でクリトリスを潰した。
膣が締まり,中がうねる。。
指先に当たる子宮口のこりこりした感触。
白くねばる淫水が噴き出していた。
イク瞬間に指を抜く。。
絶頂の寸止め。
「ああん。。はぁ・はぁ・・」
まだだよ・・
テッシュを裂いて,コヨリを作った。
唾を付けて,滑りを良くする。
ブイの字に陰唇を開くと,つつましやかな尿道口を見つけた。
思い切り開いて,コヨリの先をねじ込む。
回しながら,少しづつ。。
「いやぁ!何してるの?」
抵抗するブルーの尻を抱えて・コヨリをオシッコの穴に入れた。
(女の子の一番,恥かしい穴が,犯されてるよ。。)


181 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 12:48:09 ID:6Nw3JV4p
と、いうお話でした。めでたしめでたし。

182 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:49:53 ID:TfD3z+Pt
クズ子はバイブ買うといいよ。
それもぶっといやつなw

183 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 12:50:35 ID:6Nw3JV4p
嫌だよ!!

184 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:51:33 ID:TfD3z+Pt
なんでだよ。きもちいいぞw

185 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 12:56:27 ID:TfD3z+Pt
クズ子にバイブは早かったか。
ピンクローターあたりがいいかw

186 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 13:15:43 ID:w2iaGmL8
>>180続き
手を離しても落ちない。
コヨリはオマンコの中心に突き立っていた。
「はぁ・ひぃっ・・ダメっ・・じんじんするっ・・」
「ああっ!オシッコ出ちゃうよぉ。。」
コヨリを入れたまま,クリトリスを吸ってあげた。
オマンコの穴に指を入れながら・アナルを親指で刺激した。「ああっ。。だめっ!・・イカせてっ!イカせてねっ!」
気が狂いそうな程のおねだりをするブルー21

クックックッ…ブルーよ。おちたな



終わり

187 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 13:16:43 ID:6Nw3JV4p
そして>>186は死にました。めでたしめでたし

188 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 13:24:51 ID:TfD3z+Pt
クズ子実は濡れているんじゃね???

189 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:22:46 ID:w2iaGmL8
下着姿のブルーを秘密の部屋に案内する。
部屋の真ん中に設置されている・・・自分専用の磔台を見つめながら恍惚の表情を浮かべているブルー。
物置に眠っていた「ぶら下がり健康器」に、手枷と足枷を取り付けただけの簡素なものだ。
背中側のパイプの骨組みはちょっと工夫じて上の方にずらしてある。これで前後どちらからでも磔にされた人間を触ることができる。
ブルーを磔台にうながして、まずは手首に手枷を取り付ける。
・・・それにしても細い手首だなぁ^^;・・・一番細いホールで締めて、ようやくしっかり固定できた。
手首の太さは肉付きとは関係ない。要は骨の太さである。

次は足枷。
本来はコレ、足首にはめるものなのだろうが・・・あえて私はふくらはぎの上の方で締めることにした。
こうすることで強制的にガニ股に脚を開かせることができる。
このあと使う「ある物」のことを考えてもこの方が都合がよかった。


190 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:24:47 ID:6Nw3JV4p
そして、>>189は死にました。めでたしめでたし

191 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:26:51 ID:w2iaGmL8
「はい。磔完了w どう?ブルー。痛くない?」
「あ、うん・・・大丈夫・・・」
その返事はうつろな感じだ。
「ほら、自分の格好見てみるといいよ」
おれはこの部屋にあった全身鏡をブルーの正面に持ってきてやった。


192 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:28:00 ID:6Nw3JV4p
しかしその全身鏡は壊れていた。

193 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:28:54 ID:w2iaGmL8
ぶざまな格好で立たされ、痩せた自分の裸を見せられて、ブルーは何を思うのだろう・・・
普段の男まさりな性格との対比がおれのS心をくすぐる。
「なんかさ・・むかし理科室とかに吊るされてた・・・アレ・・骨格標本て言うんだっけ?・・・」
私のサディスティックな言葉責めが始まる・・・
「胸周りなんてとっても骸骨っぽい・・・骨と皮だけだし・・・」
実際はそこまでひどくはなかったが、胸や背中に関して言えばそれに近いものがある。



194 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:31:39 ID:w2iaGmL8
自分の姿が映った鏡をうつろな眼で見つめていたブルーに、目隠しをした。
ここからは暗闇の世界だ。
「んじゃ・・・とりあえず写真とっとこか^^」
私はデジカメでいろんな角度から撮影を始めた。
裸で立たされた姿を撮られていることに羞恥心を感じているのか・・・ブルーの呼吸が少し荒いようにも見える・・・
「今撮った写真、あとで2ちゃんで晒してあげるから
どんな反応が返ってくるか楽しみだね^^」
その言葉に反応してさらに呼吸が荒くなる。

もうこのときおれは楽しくてしょうがなかった。ブルーの姿が・・・自分の発する言葉が・・・・

195 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:31:40 ID:6Nw3JV4p
しかし>>193はとうとう我慢できなくなって、野糞をしてしまったが、警察に通報されて、全国にモザイク無しで中継されて>>193は赤面した。

196 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:38:05 ID:6Nw3JV4p
しかし>>194はブルーの裸写真を2ちゃんに晒そうとするときに間違えて自分のチンポを晒してしまって、祭りになった。

197 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:41:06 ID:w2iaGmL8
ひとしきり撮り終わってから椅子に座ってちょっと休憩。ペットボトルのウーロン茶を口にした。もちろん休憩するのはおれだけw
この部屋、暖房は少し高めに設定してある。お互い裸同然なわけだから寒くないようにと・・・
少し暑くなってきたかなと思ったが、汗ばむほどでははなかった。ただしおれは・・・だが。


198 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:41:43 ID:TfD3z+Pt
しかしクズ子はアソコにバイブをつっこんだままだったw
クズ子のアソコはぐしょ濡れて愛液まみれだった。
ピンク色のバイブは白濁色の液でヌルヌルになって糸をひいていた。



199 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:43:00 ID:w2iaGmL8
ふと目の前のブルーに目をやる。
中腰の状態で立たされているブルーの体には、すでに汗が粒となって浮いてきている。
もう少しで流れそうだった。
「ブルー、のど渇いた?」
と聞いてみる。コクッとうなずいた。
おれはブルーに近づき、
「ほら、口あけて・・・。今飲ませてあげる・・・」
おれはブルーの顎を片手で持ち上げて、口に含んだ唾を開いた口の中に垂らしてあげた。
・・・ゴクリ・・・と喉を鳴らせて飲んだ。
「どう?おいしい?」
「・・・うん・・・おいしい・・・です」
いつの間にか敬語になっているブルー。


200 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:43:23 ID:TfD3z+Pt
>>196
そのチンポに驚嘆したクズ子はアソコに指をつっこんでいたw

201 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:43:42 ID:6Nw3JV4p
しかし>>197は自分のチンポにお茶をこぼしてしまったので寒かった

しかし>>198はハミチンしたままだったw
>>198のハミチンはぐしょ濡れて愛液まみれだった。
それをみんなに見られて笑われていることに本人は気付いていない。

202 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:45:11 ID:w2iaGmL8
「そw・・・カワイイ子・・・んじゃご褒美ね^^」
今度はウーロン茶を含んで垂らしてあげた。
・・・ゴクッ、ゴクッ、ングッ・・・
口からこぼれたお茶が首をつたって胸に流れていった。
「・・・こぼしちゃダメじゃない・・・」
おれはブルーの乳首の上をつたったお茶と、吹き出ていた汗をペロリと舐め取ってやった。
・・・んんっ;;・・・
ブルーがかすかに喘ぐ。


203 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:45:43 ID:6Nw3JV4p
しかし>>199は飲ませるのが面倒臭いのでブルーを開放した。

そのチンポに驚嘆した>>200はチンポをシコシコしていたw

204 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:46:00 ID:TfD3z+Pt
>>201
その愛液まみれの俺のチンポにクズ子が食いついてきやがった。
だが俺は必死に逃走したのであった。

205 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:46:26 ID:aEnptNUY
性愛教師、中1男子ヌード撮影 車内連れ込み『見せて見せて』

 男子中学生二人をナンバしたうえ下半身の猥褻写真を撮影したとして,茨城県の県立高校男性教諭(32)が
24日逮捕された。この同性愛教師は、スカウトを名乗り「モデルにならないか」などと,言葉巧みに二人に接近,
その後、ワゴン車の中で,上半身裸―短パン姿―下半身の順で撮影。勤務先の高校では「ハンサムでまじめだったの
に」とかあきれた性癖に驚いている。調べでは,7日午後6時頃,牛久市内の駐車場で,同市内の中学1年の男子生徒
二人(いずれも12才)を、ワゴン車に連れこみ,下半身などを写真撮影した疑い。同署などによると,この数日前,同
市内のゲームセンター前で,この生徒二人が出てきたところを「ナンパ」、僕はスカウトなんだけどとモデルになら
ないかなどと言葉巧みに声をかけ、その際は数日後に会う事を約束していったん別れた。7日,二人と再会した〇塚
容疑者は、ふたりをフィルムが張られたワゴン車に乗せた。そのまま近くの運動場の駐車場まで運転して連れていき,
二人を上半身裸にするなどして撮影。その後,「風呂場のシーンを撮るから」などと言って。短パン姿にして撮影した
という。興奮した容疑者は,下半身の撮影をもくろみ,二人に,見せて見せてと懇願、ふたりがパンツを降ろすと数枚撮
影したという。二人の生徒はその日は帰宅したが,写真を撮られたことを両親に報告。両親が21日になって警察に届
けでた。同校では,『まじめで温厚で指導熱心だった。ハンサムでバレー部の指導をしていた。事情を調べた上で処分
をしたい。』と話している。自宅には多数の同性愛雑誌が見つかっており同署では余罪を調べている。(日刊スポーツ,
 平成10年9月25

206 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:47:30 ID:TfD3z+Pt
しかしどこまでも追ってくるクズ子。
俺はとうとう捕まりクズ子に咥えられそうなになったそのとき・・・

207 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:47:47 ID:6Nw3JV4p
しかし>>202はペロリと舐めたので口内炎が余計に痛くなった。

しかし私は走っていただけなので、>>204は自意識過剰だとみんなが笑っていた。

208 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:50:54 ID:TfD3z+Pt
クズ子はなんと俺の目の前で下痢クソをブリブリとしたのであった。
クズ子はその下痢クソを鷲づかみにして楽しんでいる。
おれはあっけにとられ・・・

209 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 14:52:10 ID:6Nw3JV4p
しかしそれはクズ子ではなく、ただ>>206をタイーホしようとしていた女警察だった。

しかしそれは>>208のウンコを回収しようとしていただけだった。

210 :189からスタート:2006/12/22(金) 14:56:24 ID:w2iaGmL8
>>202続き
今度はここを責めてやろうか・・・
おれは指先でブルーの乳首をころがしてやった。
胸自体の大きさは今さら言うまでもなくほとんどないが、乳輪の大きさはけっこう大きかった。



211 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 14:56:41 ID:TfD3z+Pt
クズ子はそのクソを自分の顔に塗りたくっていた。
ヒヒヒとクズ子が不気味な顔をしていたそのとき・・・


212 :189からスタート:2006/12/22(金) 14:59:24 ID:w2iaGmL8
いや〜〜んwなんてかわいそうなオッパイw

・・・あっ、あ、あんっ・・・

気持ちよさそうに喘ぐ。私はブルーの胸に浮いたアバラを両手でさすりながら、
「・・・でも・・・ホント・・・ペチャパイ・・・こんなにアバラが浮いちゃって・・・洗濯板みたいになってる・・・」

このあと、ありとあらゆる言葉でブルーのコンプレックスを責めた。

・・・よし・・・そろそろ「アレ」を使おうかな・・・

「アレ」とは二つの小道具のこと・・・
ひとつは・・・これは強制開口器というものらしい。
もともと歯医者さんが使う医療器具らしいのだが、SMの世界では結構メジャーな物だ。
金属製で、口を限界まで開いたままにできる。
これをブルーの口にはめてやろう・・・。

213 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:00:52 ID:TfD3z+Pt
>>212
お前も官能小説読みすぎだ!

214 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:01:27 ID:6Nw3JV4p
しかし>>210の乳輪はブルーの10倍大きかったw

しかしそれはクソではなく化粧だった。>>211はヒッキーなので化粧というものを知らなかったw

しかし>>212は間違えて自分のチンコに強制開口器をつけてしまった。

215 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:01:31 ID:w2iaGmL8
顔面拘束というやつだ。
「ほら、ブルー、口開けて・・・」
それをブルーの口にあてがってカチン、カチンと開かせていく。
「んあっ;;、ハガッ、あガ、あガガッ;;・・・」
・・・あははw いい顔してるよw のどチンコまで丸見えですw・・・

そして最後の小道具・・・
まあ、これがなくては始まらない。
バイブレーターである。

小道具を選ぶ際に一番時間(と費用;;)をかけたのがコレだった。
とある輸入物のバイブレーターを扱っているネットショップで見つけたコレは、オーソドックスな物とは一線を画すものだった。


216 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:03:13 ID:6Nw3JV4p
しかし>>215はネットショップで買う際にお金を払っていなかったので、タイーホされた。

217 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:03:21 ID:TfD3z+Pt
>>214
お前はもっと官能小説よめ。
おもろくない。


218 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:07:36 ID:w2iaGmL8
・・・いろんな形のイボイボがついて恐ろしくグロテスクで真っ黒な擬似男性器。
サイトの説明書きにはこんなことが書いてあった・・・
・・・ドイツ○○社製、リモートコントロールバイブレーター。
・・・内部三重層構造による独特なムーブメント機構によりうんたらかんたら・・・
・・・外皮には同社独自開発による特殊素材、○○テックスを使用。これにより気密度、安全性、耐久性、その他うんたらかんたら・・・

ん?^^;・・・なんのこっちゃwさっぱり分かんないんですけどw
とにかくスゴイ物らしかった。



219 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:09:22 ID:6Nw3JV4p
しかしその商品は不良品だった。

220 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:12:32 ID:w2iaGmL8
おれはブルーの目を隠しを少しずらして、このバイブレーターを見せてあげた。
「今からコレをブルーのお腹の中に入れるけど・・・いい?」
え!?・・・こんなものがホントに入るの?・・・というようなブルーの表情。
それでもコクッとうなずいた。もうブルーのマゾヒズムがおれの言葉にノーとは言えなくしているのかもしれない
「もし無理だったら首を横に振るんだよ?」
口はもうきけない・・・それで意思の疎通を行うことにした。

再び目隠しをして、おれは背後にまわってブルーのパンツをおろした。
ちっちゃくて白いお尻が目に入る。


221 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:13:35 ID:TfD3z+Pt
ひとついえるとこ。
それはクズ子は処女だったw

222 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:13:47 ID:6Nw3JV4p
しかし童貞の>>220はこの次どうしていいかわからなかった。

223 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:15:40 ID:TfD3z+Pt
もいひとつ
クズ子のイーピンは臭かったw

ちゃんと拭け。

224 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:15:58 ID:w2iaGmL8
おれはその凶悪な見た目と「安全性」ってとこに惹かれてコレを購入した。
だが現物が届いてみてビックリした。
ドイツ語でなにやら書いてあるパッケージから取り出したそれは・・・想像よりも・・・遥かに大きいものだった。
たしかMサイズを注文したはずだったのだが・・・いや、パッケージには「M」と書いてある。
あ、そうか・・・これが欧米人サイズなのね^^;
う〜ん・・・やってしまったなぁ・・・^^;
今更言っても仕方なかったので、とりあえずバッテリーを充電してからスイッチON。
・・・確かにどういう機構になっているのか分からない独特な動きだった。
このバイブ、結構多機能で、動きの激しさを3段階で調整できるようなスイッチがリモコンについている。

一応マックスまで試してみた・・・
・・・・・「3」はちょっと危険かもw
ブルーには「2」くらいまででやめておこう^^;・・・そう思った

225 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:17:13 ID:TfD3z+Pt
>>224
お前いまバイブ片手にしてるだろw

226 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:17:50 ID:6Nw3JV4p
>>224しかしバイブは動かなかった(不良品なので)

227 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:18:13 ID:w2iaGmL8
・・・やんw なんてカワイイお尻w・・・思わずキスしたくなってしまった。
ガニ股に開いているブルーの脚の間に手を伸ばす。既にアソコはピタピタに濡れていた。
背後からブルーの下腹部に手を当てながら、少しずつ・・・ゆっくりとゆっくりと・・・バイブの先っぽをねじ込んでいく。
ホントにこんな薄いお腹に入るんだろうか・・・
・・・ズズ・・・ズル・・・
「ウッ・・アゥァ・・アッ・・ウァ;;」
無理やり開かされたブルーの口から声がもれる・・・
・・・ズ・・・ズルズルッ・・・ズルリッ・・・
入ってしまった・・・かなり奥まで・・・
・・・ホント・・・女体の神秘だわ^^;・・・デジカメで撮っておこう・・・
そのままパンツを上げてやった。バイブが抜け落ちないように・・・



228 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:19:57 ID:6Nw3JV4p
しかしそのバイブは折りたたみ式なので実は入ってるのではなくただ折れているだけだった
しかしデジカメは壊れていた

229 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:22:34 ID:TfD3z+Pt
折りたたみ式のバイブなんてねーよw

230 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:23:38 ID:w2iaGmL8
「じゃ・・・ブルー・・・いくよ?・・・」
とりあえず「1」にしてスイッチON。
ブルーの薄いお腹あてた私の手のひらに、中でバイブがウネウネと動いている感触が伝わってくる・・・
「あぁ〜・・・あうぅあっ;;・・うぅああぁ〜;;うぁぁぁ〜〜〜;;」
いつもの可愛らしい喘ぎ声とは違う・・・低い・・・うめき声のようだ。
・・・いい声で鳴くなぁw・・・ブルー・・・・



231 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:26:04 ID:6Nw3JV4p
しかしその声はブルーのアエギ声ではなく隣の部屋でオナニーしてる中年オヤジのアエギ声だった(^ω^;)

232 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:37:32 ID:w2iaGmL8
おれは、ブルーの正面の椅子に腰を下ろす。
・・・ああぁ・・・いいなぁ・・・ブルーの格好・・・
自由のきかない腕をひきつらせて細い体をくねらせる・・・・
拘束されていない首だけがやたらとよく動いていた。
口から垂らしたヨダレを辺りに撒き散らしている。
おれはそんなブルーの姿をデシカメに撮り続けた。
・・・もっと・・・おれを楽しませて・・・
そしてリモコンのスイッチを「2」に上げた・・・
「んゴァ!!・・かっ!;;はっ!!;;;」
ひときわ激しい反応・・・
体中の細い筋肉と骨を浮かび上がらせてのたうちまわるブルー。
・・ギチッ、ギチギチッ・・・
手首をつないでいる鎖を今にも引き千切らんばかりの勢いだ。
既に汗が滝の様に流れ始め、床に飛び散っていた。

おれは時折、スイッチのON、OFFを繰り返しながらこの姿を楽しんだ。
・・・そしてとうとうスイッチを「3」に入れた・・

233 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:39:10 ID:6Nw3JV4p
しかしあえぎ声が激しくなったのは隣の部屋でオナニーしてる中年オヤジのアエギ声が激しくなっただけで、
その商品は不良品なので3はムリだった。

234 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:39:30 ID:w2iaGmL8
強度「3」通常の女なら、ものの数秒ともたないだろう・・・
「痛い」という感覚ではない。なにか別の生き物が腹の中でのたうちまわるような感覚・・・
それはある種の快感であるのかもしれない。
・・・マゾヒズム・・・そう・・たぶんブルーなら・・・

「;;ハごァ!!;;んぐォォォォォァァぁぁぁああああああーーーーーー!!」
もはやうめき声ではなく叫び声だった・・・
全身をのけぞらせて体を痙攣させるブルー。
指がなにかをかきむしる様な形でピクピクと動いている。
そして・・・叫び声さえ出なくなったところでスイッチOFF。


235 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:40:51 ID:6Nw3JV4p
ここで>>234は夢から覚めたw

236 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 15:44:57 ID:vT9AMj4j
うん

237 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:45:56 ID:6Nw3JV4p
>>234は自分のあまりのアホらしさに泣いてしまったw

238 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:52:53 ID:w2iaGmL8
おれはブルーに歩み寄って、目隠しと開口器をはずしてやる。
涙と汗とヨダレでグチャグチャになったブルーの頭を持ち上げてやった。
そのうつろな目は虚空をさまよい、口は半開きのままだ。
「ははw・・・ブルーイイ顔してる・・・美人が台無しだよ・・・」
言い終わる前にスイッチを入れた・・・
「ぃひゃぁぁぁああ〜〜〜;;ああああ〜;あ;あ〜〜〜!!」
空気の抜けたような声でブルーが叫ぶ。
おれはその姿を真近で見ていた。
しばらく続けていると、ブルーの目が何度も白目を剥きはじめた。
もうそろそろ絶頂が近いのだろう・・・


239 :189からスタート:2006/12/22(金) 15:54:47 ID:w2iaGmL8
・・・そして・・・
ガクン、ガクン・・・とひときわ大きく体を痙攣させたあと、
ブルーはぐったりとうなだれて動かなくなった・・・
・・・どうやら果てたらしい・・・
ここでリモコンのスイッチをOFFにした。

そのとき・・・・
ブルーの股間から黄色い液体がビチャビチャとしたたり落ちてきた・・・
・・・失禁してしまったのだ。
いつもは気丈なブルーが・・・こんな格好で・・・
人前でおしっこ漏らしてるなんて・・・
あははw とっても笑える・・・



240 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 15:54:52 ID:6Nw3JV4p
>>238はどうやら、エロゲの登場人物をブルーだと思っているらしい。

241 :甘粕 ◆HAFu5EDcoE :2006/12/22(金) 18:34:22 ID:waPk6LcE
正直なところ、クズ子はもうちょっとでも気のきいた反応できないかなとw

242 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 18:36:30 ID:tHajIazA
>>241
つ 何で女ってマジレスしか出来ないの?
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1154368572/

243 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/22(金) 18:42:14 ID:6Nw3JV4p
甘粕は男やろ

244 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 18:43:35 ID:tHajIazA
>>242
お前が頭が悪いという事は良く知ってるから、今更馬鹿を宣伝せずともよろしい。

245 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/22(金) 18:45:23 ID:tHajIazA
アンカーミスった。
>>244のアンカーは
×>>243
>>242
クズ子にあてたものね。

246 :甘粕 ◆HAFu5EDcoE :2006/12/22(金) 20:14:42 ID:waPk6LcE
>>245
ヲイヲイw

247 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/23(土) 15:31:45 ID:gAwK8IG0
どうでもいいが肝心のブル公見かけないな。

248 :189からスタート:2006/12/23(土) 16:17:53 ID:KpaIIBjk
>>239その後

もうすでにパジャマに着替えたおれはベッドに寝そべりながら
ノートパソコンをいじっていた。
2ちゃんねるへの書き込みを終え、たくさんの画像ファイルをアレコレと整理していると・・・
バタン・・・と、バスルームの扉を閉める音がした。
ブルーがやっと出てきたらしいおれがお風呂に入れてあげてからもう一時間以上経っていた。
キッチンの向こうでチラチラとこちらの様子をうかがっているブルー。
「やっと出てきたの^^;お風呂の中で寝ちゃったかと思ったよ〜・・・」
そう声をかけると、ようやくパジャマ姿のブルーが姿を見せた。


249 :( ゚∀゚)⊂彡⊂彡 ◆U.BBOl0ojk :2006/12/23(土) 16:18:39 ID:Fp2iFY0p
  _  ∩
( ゚∀゚)彡オワタ!オワタ!
 ⊂彡

250 :189からスタート:2006/12/23(土) 16:23:15 ID:KpaIIBjk
>>247
最近あちこちで叩かれてたような…
ファビョって自爆しとったでなぁ

251 :189からスタート:2006/12/23(土) 16:26:26 ID:KpaIIBjk
「あ・・・ゴメン・・・なんだか・・・ちょっと恥ずかしくてさ。
なかなか出てこれなかった^^;」
バスタオルで顔を隠したまま、ベッドの上にゴロンと転がってきた。
・・・今日のブルー・・・なんだかカワイイなぁw・・・

「今、2ちゃんの例のスレに書き込みしてたとこ。・・・コレねw」
ノーパソでその内容をブルーに見せてやる。
「キャーーーー;;」
画像を開いてやると、顔を真っ赤にして枕にうずめた。
「うあーーーー;;はずかしすぎるっ^^;;」


252 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/23(土) 16:38:36 ID:8mKLNf8M
そして>>251は死にました。めでたしめでたし

253 :189からスタート:2006/12/23(土) 23:33:40 ID:KpaIIBjk
ブルーは気絶しちゃったから・・・おそらく最後にお漏らししちゃったことは知らないんだろうなぁ^^;
明日教えてやろう・・・どういう反応するのか楽しみだったw

「さてと・・・今日は遅いからそろそろ寝よっか・・・」
おれはノーパソの電源を切ってパタンと閉じた。
あ、寝る前に歯磨きだ
ベッドを立って洗面所の方へ向かった。
戻ってくるとブルーは既にスヤスヤと寝息をたてていた。
今日は疲れただろうから・・・ゆっくりおやすみ。

254 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/23(土) 23:52:39 ID:dtBoopdU
おまいら、元ちゃんのスレ立てても荒らすなよw

255 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/24(日) 00:44:32 ID:yUaAC2T3
>>254
リクエストにお応えして元傍観者ネタ次いこかw

目が覚めると白い天井が見えた・・ぼ んやりした頭で必死に考える・・
何故?私は仕事中に寝てしまったんだわ・・・元傍観者の顔が天井を見つめる視界の中に現れた。
「あら、お姫様のお目 覚めよ、ふふふ」
「ほ〜う。どれどれ?」
複数の男達の声が聞こえて、みなが菜々子の視界の中に入って来た。
「ご気分は如何ですか?」
にやにやしながら、元傍観者の部下にあたる甘粕が聞いた。
そう聞かれて元傍観者は改めて自分の状況を確認しようとした、だが、身体が重くて動かない・・・
いや、重いと思ったのは勘違いだとすぐに気づいた
元傍観者の身体は会議室のテーブルに縛り付けられていたのだ・・・
手首を合わせて縛られ、その手首を頭の上の方に引き上げられた状態でテーブルに固定され
足首も縛られてその反対の方に引っ張られて固定されていた。
さらに、ウエストの辺りにも縄が掛けられ、丁度テーブルに対して一文字の状態で
元傍観者の身体は固定されていた。
「な、なに?どうしたの?これはどういうことなの?」
自分の状況が不利だと判っても、元傍観者は気丈に振る舞った。

256 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/24(日) 00:49:15 ID:3ec8qFKL
甘粕wwwww

てか菜々子て

257 :255:2006/12/24(日) 00:55:05 ID:yUaAC2T3
「ふふふ、貴女にそんな事聞く権利があると思ってるの?こんな事になっても強気なんだから・・どう思う?ねぇ?」
とクズ子がさも可笑しいという素振りで周りの男達を見回した。
みな一様ににやにやと含み笑いをしながら・・元傍観者を見下ろしていた。
その中に一段といやらしい笑いを浮かべている人物を発見した時、元傍観者に怒 りがこみ上げて来た。
そこには、元傍観者の部下の福原がいつもと違い目 をぎらぎらさせて、睨みをきかせていた。
福原は、昨年元傍観者の下に配属された部下で、この一年菜々子が一生懸命仕事を教えて来たのだ。
「さてと、お目 覚めになった事だし始めましょうか?」
とクズ子が男達に同意を求めると歓声ににたどよめきが男達から沸き上がった。
「まずは、このお姫様にご自分の立場をわきまえて貰う事から始めましょう」
とクズ子が嬉しそうに元傍観者の顎 を指先でつまみ上げながら言った。
「なにをするつもりなの?」
元傍観者が首を振って顎 先のクズ子の指を振りほどきながら言った。
「そうですね・・先ずは元傍観者さんの身体をみなで品定めさせて貰いましょう」
そう福原が冷たく言い放った。

258 :255:2006/12/24(日) 00:56:18 ID:yUaAC2T3
256
元傍観者の名前は奈々子

259 :255:2006/12/24(日) 01:02:46 ID:yUaAC2T3

福原の手が元傍観者の胸元に伸びて制服のボ タンを上から順にゆっくりと外し始めた
「やめなさい!そんな事をしてどうなるか判っているの?」
元傍観者が悲鳴にも似た最後の良識を求める声を上げた。
「はい判っていますよ、こうしてボ タンを外すと元傍観者さんが裸になるんですよ」
と福原がいつもの仕事の時の口調で言った。その間にも手は休められず、
あっという間に制服のベストのボ タンは全開になってしまった。
そこには、白いブラウスに包まれた元傍観者のそれ程大きくはないが、
女で有ることを誇示するかのような胸元が晒されていた。
男達のごくりと生唾を飲む音が聞こえて来た。
「おい、俺にもやらせろよ〜」
と甘粕が福原を押しのけて元傍観者のブラウスの第一ボ タンに手を掛けて来た。
「しょうがねーなー、じゃ、ブラウスだけだぞ」
とにやにやしながら甘粕が反対側に回る。その間に第一ボ タンは外された。
「ほ〜、思った通り白いきれいな肌ですね〜」
と甘粕が第一ボ タンを外したブラウスを一杯まで広げて胸元を露出させる。
「まだわからないぜ、そこまでならいつも見えてる所だからな〜」
と福原が冷やかすように言う。

260 :255:2006/12/24(日) 01:26:12 ID:yUaAC2T3
「それじゃ、第二いきま〜す」
甘粕がさも嬉しげに第二ボタンに手を掛けて、あっという間に外してしまう。
「では・・」
もったいつけて、甘粕が徐々にブラウスの胸元を開いていく。
「ひゅ〜〜、ほらこんなに白いぜ、そして・・今日の元傍観者さんのブラは?・・・ピンクでした〜〜」
と、甘粕によって押し開かれた胸元から覗いたブラを指さして福原が声高にみなを見回した。
元傍観者はこんな風にみなの好奇心にさらされる事に我慢ならなくなってきた。
これだけ大勢に囲まれて、おそらく戒めを解かれた所で逃げる事は不可能だろう、
このまま、じわじわと屈辱を味合わされるのなら・・・同じ結果になるのなら、さっさと済ませて欲しい
そう考え始めていた。
「縄を解いてちょうだい、自分で脱ぐわ」
自分では精一杯気丈に言ったつもりだった。だが・・語尾の「脱ぐ」という
言葉がどうしても小さくなっていた。
「はぁ?ご自分でどうされるって仰いましたか?こうやって女性の服を剥ぐのは結構楽しいな〜
なんて思い始めてるんですよね〜」
と福原が皮肉たっぷりな口調で言った。
「う〜ん、俺も良く聞こえなかったな〜」
甘粕が同調して言った。
「触らないで!自分で脱ぎます!」
元傍観者は、あまりの後輩達の傍若無人な態度に腹を立てて怒鳴ってしまった。
「おや?ご自分の立場がお解り頂けてないようですね?この縄を誰かが解かない事には、
何一つご自分ではできないんですよ?お解りですか?」
「そうですよ、『自分で脱ぎます』なんて、もう言える立場じゃないんですよどうしても、自分で脱ぎたければ
言い方を変えないと、モノを頼む立場の言い方ってものがあるでしょ?ふふふ」
元傍観者は悔しさに下唇が切れてしまう程噛みしめていた、だが、どうしようもないのだ
彼らの言うとおり先ずは縄を解いて貰わねば・・・
「縄を・・解いて・・くだ・・さい・・」
何故だか、目頭が熱くなった、どうして?何故?こんなにも屈辱を重ねなければいけないのだろう・・


261 :255:2006/12/24(日) 01:30:58 ID:yUaAC2T3
「え?なんの為に解くんですか?せっかく楽しんでるのに〜」
福原がすぐさま意地悪な口調で聞き返す。
「自分で・・・・脱ぐ・・ため・・です」
元傍観者はもう涙があふれてきそうだった。
「それじゃ、駄目 ですね〜、単なるわがままじゃないですか、ふふふ」
甘粕が冷たく言い放つ・・
「それじゃ、どう言えば・・」
元傍観者には甘粕の否定の意味が判らなかった・・・
「仕方ないな〜、飲み込みが悪くて、今回は教えてあげますけど、次からは自分で考えてちゃんと言えないと
罰を与えますからね?いいですか?
『元傍観者のストリップを皆様にご覧にいれる為に縄を解いて下さい』ですよ!」
元傍観者は自分でも顔から血の気が引くのが判った、まさか・・そんな・・・
しかし、ボ タン一つ外す毎に嬌声をあげられ、冷やかされ続ける屈辱をこのままずっと続けられるよりは・・・
二つの屈辱を選択させられる羽目 に陥った。迷っていると甘粕が
「おや?ちゃんと答える気がないんですか?それでは、ふふふ」
と三つ目 のボ タンに手を掛けて来た
「待って!・・・・言います・・言いますから・・・・・・・・・
元傍観者の・・・ストリップ・・を皆様に
ご覧に・・いれる為に・・・縄を・解いて・・・下さい・・」
一瞬、場が静まりかえった・・・
「ふははははは・・・・そうですか、見て欲しいんですね、ふふふ」
甘粕がこらえ切れないといった様子で笑いながら言った。
「恥ずかしい人ね、うふふ、そんな趣味があったのねぇ〜」
とクズ子までが蔑む様な目 をしている。元傍観者は止めどなく涙が溢れてくるのを感じていた、
言い表しようのない屈辱感が元傍観者の心の中を占めていた。
自分で自分の言った言葉が信じられなかった、泣きながら放心していた。
「おやおや、感極まって泣いてますよ、そんなに見て貰いたかったんですね」

262 :255:2006/12/24(日) 01:45:14 ID:yUaAC2T3
立ち上がったものの元傍観者はどうして良いのかわからなかった。
しびれの残る手をのろのろとブラウスのボ タンに持っていき、うつむいたままボ タンを外し始めた。
「そんなんじゃ駄目 ですよ、みんなに見えるようにちゃんと顔を上げて!」
元傍観者ののろのろした態度にいらついたのか、福原の語気も荒くなってきた。
それでも、こんな状況で顔などあげられる訳がない。元傍観者が躊躇していると
「駄目 だな〜こんなんじゃ、元に戻すか?」
と甘粕のいらついた声に元傍観者ははっとした。元に戻される・・・机の上に無防備な姿で縛り上げられ
じわじわと衣服を剥がされてゆく自分の姿を思わず思い浮かべてしまった。
それはとても耐えられそうにない・・・
「待って!脱ぐわ、脱げばいいんでしょ!」
精神的動揺を見透かされないようにと思わず追いつめられて言ってしまった
「おやおや、ま〜だお姫様気分だよ、少し罰を与えてやらないと駄目 だね」
と甘粕が机の上に上がって来て元傍観者の両手を後ろ手にねじ上げた、元傍観者は手を後ろで
交差するような形で押さえ込まれ、さらに、髪を捕まれて無理矢理顔をあげさせられた
「い、痛い!やめなさい!」
「何がやめなさいだ!これでも自分の立場がわからねーのか!」
甘粕は乱暴に髪を後ろに引き、元傍観者の顔は上を向かされてしまった。それでも必死に
抵抗する元傍観者を見て、福原もすかさずテーブルに上がって来て、前から喉元をつかみ顔を押さえつけた、
そして、上から顔を覗き込むようにしてこう言った。
「おい!いい加減に素直にならねーと、このまま素っ裸にひん剥いて外にほっぽりだすぞ」
もう二人には上司に対する言葉使いなど微塵も残っていなかった。
「手を、手を離して・・」
それでもかろうじて、上司の威厳を保とうとする元傍観者のその言い方が二人を余計に苛立たせてしまった。
「ふざけるな!あんたはもうそういう口の利き方はできないんだよ!」
と言うと同時に福原がブラウスの胸元に手をかけ一気に両側に引き裂いた。
元傍観者のブラウスは残りのボ タンを弾けさせながら両肩をさらして、肘の所まで引き下ろされた。
「い、いや〜〜〜!」
恐怖のあまり元傍観者は思わず叫んで再びもがき始めた。しかし二人の男の力で押さえ付けられては、
逃れられるはずもなかった。

263 :甘粕 ◆HAFu5EDcoE :2006/12/24(日) 02:19:47 ID:kyrYE6q7
俺はリアルではかなりノーマルw


264 :255:2006/12/24(日) 02:30:40 ID:yUaAC2T3
「少しは判ったかな?ん?それとも・・・」
と福原がこんどはスカートのウエスト部分に手を伸ばして来た。
「ま、待って・・・くだ・・さい」
元傍観者は危うくまた命令口調で話しそうになるのをこらえて言った。
「ほ〜〜う、少しずつ自分の立場が判ってきたかな?これからはそうやってちゃんと自分の立場を
わきまえて口をきいてくれなくちゃね?元傍観者・さ・ん」
福原が最後の「元傍観者さん」をわざと強調して言った。
「ほら、待てって言うから待ってやったんだぞ、どうしたいのか早く言えよ!」
背後で甘粕が髪を引く手にさらに力を込めて言った。
「自分で・・服を・・・脱がさせて・・・ください」
かろうじて、元傍観者がそう言うと、
「・・だって、どうする?」
と甘粕が福原にこれみよがしに聞いた。
「どうするかな〜?・・・ま、ストリップは見たいし・・させてやるか」
「但し!さっきの態度の罰は受けて貰わなきゃな!もう、一度警告してあるんだから」
え!?菜々子は再び困惑させられていた。
「と言うことで、もうあんたの自由には服は脱げないんだよ、俺達の注文通りに脱いで貰うよ」
さらりと福原が言ってのけた、あまりに普通に言われたので、元傍観者も意味がよく飲み込めなかった。
「良いですね?」
今の状況で逆らえば、もう何をされるかわからない・・・元傍観者には答えは一つしか残されていなかった。
「・・・はい・・・・」
元傍観者は剥がされ掛けたブラウスを戻す事もできずに、ただ胸の前で腕を合わせるようにして、
今では、下着を完全に露出させている上半身をかばいながら立ちすくんでいた。
「さてと、それでは、これからは俺の言うとおりにやってもらいましょうかね、ふふふ」
福原が意地悪く言うと、みなを見回してこう言った。
「さあ、みなさん、ようやく準備が整いました、どうぞお席についてお近くで良くご覧になって下さい」

265 :255:2006/12/24(日) 02:42:14 ID:yUaAC2T3
「それでは、これから俺の言うことにちゃんと従って下さいよ。もし言うとおりにできないと・・・・
ふふふ、それはもう判っていますよね?」
福原が執拗に脅してくる、元傍観者には、これは本気だぞ、と意思表明しているように聞こえた。
「・・・・はい・・・」
「それでは、先ずはその手をどけて、気を付けの姿勢をとってもらえますかね?」
にやにやと、福原が言う、予想はしていたが、今更ながらブラだけの上半身を晒す事は心細い、
肘にかかったブラウスがせめて背中の半分を隠してくれるようにと・・腕を突っ張った姿勢でようやく
気を付けの姿勢を元傍観者はとった。6人が一斉に無遠慮な視線を浴びせて来るのが判った。
「顔は上げたままですよ」
この方が効果があると悟ったのか、一時の乱暴な口調はなりを潜めて、再び慇懃な言葉使いで福原が言った。
その言葉は元傍観者には少しの救いに思えた、正面の3人と視線を合わせないで済むように、
俯く変わりに少し上を見るようにして顔を上げ続けた。
「ふふふ、頑張ってますね〜、もうそのブラウスは役に立ってませんよ、そのまま、袖のボ タンを
 外して、腕の力を抜いてもらおうかな?」
やはり・・仕方なく元傍観者は袖のボ タンを外すと、今度は腕の力を抜いたまま気を付けの姿勢に
戻った。ブラウスは、するすると元傍観者の腕を伝って落ちていきふくらはぎをかすめて、テーブル
の上に落ち着いた。後ろで誰かの手が伸びそのブラウスを取り去って行った。その行為が元傍観者に
何故か後戻りできない絶望感を与えた。そして、それは現実のものとなって元傍観者に突き付けられた
ビリビリビリッ!背後でブラウスの引き裂かれる音がしたのだ。思わず元傍観者は耳を塞いでしまった。
「さて、みなさんお待ちかねのようなので、どんどん先にいっちゃいますか?ふふふ」
元傍観者が顔を真っ赤にしているのを見て、福原が嬉しそうに言った。
「いやいや、こんな機会は滅多になからゆっくり楽しみたいですな、へへっ」
余計な事を・・今まで黙っていたセレネースが、余程元傍観者の反応に気を良くしたのかいつもの如く
調子の良い事を言い始めた。こんな男にまで・・元傍観者はまた唇を噛みしめる事になった。
「では、ご希望にお答えして、じわじわいきますか、ふふふ」

266 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 10:12:45 ID:Hyt+vYiI
なんで私が入っとるんや!
そして>>265は死にました。めでたしめでたし。

267 :鬼ノ目発進号(メール欄にブログのURL):2006/12/24(日) 12:16:12 ID:CQidsfyp
色々と卑猥な事を思いつく事で。
・・・続きが気になってる私も同類か?


268 :255:2006/12/24(日) 13:10:17 ID:yUaAC2T3
「それでは今度は、スカートにいきましょうかね、ふふふ、じゃ、俺が良しと言うまでゆっくり
 スカートをたくし上げていってもらいましょうか?」
「!!!」元傍観者は予想もしなかったこの言葉に驚いた、人前で服を脱ぐというだけでも勇気のいる事、
それでも恥じらえば男達を喜ばせるだけ日常の着替えのように平然と・・・とそんな風に思っていた所に
スカートをたくし上げろ・・と、日常では自分からするはずのない行為を、
しかもこんなに周り中から視線を浴びた状況で・・・
「さぁ、早くしてれませんか?ほら、女子高生がやるみたいに一折りずつスカートを短くして
 いってもらえますか?まずは一折り目 !」
福原がせかすように言った。仕方なく元傍観者は5cm程の折り目 を作った。
元傍観者のスカートは元々それ程長くはない、普段の状態で膝頭が完全に露出するほどだった。
「おお〜〜、良いね〜、でもまだ見えないな〜、へっへ」
背後でセレネースの嬌声が上がった。
セレネースは机の上に身を乗り出して両手で頬杖をついて元傍観者のスカートの裾を覗き込むようにしている。
「ふふふ、いくらジワジワと言ってもこれじゃ、時間がかかりすぎるな〜、そうだ!次ぎからは
 一折りの長さを倍 にしてください、それでは二折り目 !」
非情にも福原が折り目 の長さまで指定してきた、今で膝上5cmこれをさらに10cmもたくし上げろと
言っているのだ。テーブルの周りに座っている皆の視点はテーブル上に立つ菜々子の膝のあたり・・・
セレネースのように身を乗り出さなくとも皆にどんな光景が映るのか、容易に想像が付く。
「ああ・・・」
思わず元傍観者の口からなんとも言えぬ溜息にも似たうめき声が漏れた。それでも、従わなくてはならない
元傍観者は勇気を振り絞って、10cmを一度には折れないので5cmを2度折り上げた。
「あ〜〜あ、こりゃたまらね〜、チラチラっと見えたり見えなかったり。この位が色っぽいんだよね〜。
いっつも、この位が良いんだけどな〜、しかも、ガーター着用ですか、へっへっへ」
相変わらずセレネースが下品に調子の良い事を言う。しかも、見えると・・こんな男にスカートの中を黙って
覗かせるなんて・・元傍観者は辛くなって涙を浮かべていた。

269 :255:2006/12/24(日) 13:19:25 ID:yUaAC2T3
「ほんとだ、元傍観者さん、いつも上下おそろいなんですね?・・・ほら、ちゃんと答えて下さいよ」
甘粕が調子を合わせて聞いて来る。その言葉に元傍観者はハッとした。
「・・・・はい・・・」
「はい、それじゃ大サービスです。踊り子さんが舞台の縁を一周しま〜〜す」
福原が良い事を考えついただろうと言わんばかりに得意気に言う。テーブルの真ん中に立っているから
良いものを縁を一周となれば、この短いスカートでまともに真下からの視線を受ける。
ストッキングを穿いているとはいえ、元傍観者のスカートの奥の状態を確認するには充分だった。
「ほら、皆様がお楽しみになれるようにゆっくり歩いて下さいね?」
福原が脅しの意味も込めて、念を押すように言った。覚悟を決めて、それでも少しの抵抗にと気を付けの
姿勢で下がっている手でスカートを押さえながらゆっくりと歩き出す。
「そうか、スカートを押さえられちゃ面白くないな、手は頭の上で組んで下さいね、ふふふ」
福原は、こういう時に限って目ざとい、些細な抵抗の手段も空しく取り払われた。仕方なく手を頭に乗せて
組むと、先ず真っ直ぐ歩いてクズ子の前に着いた。クズ子は「ふんっ」と小さく鼻で軽蔑したように笑った。
それが、何よりも元傍観者には辛い事に思えた。軽蔑の眼差しに見送られながらゆっくりと先へ進んでいく。
男達は一様に身を乗り出して机に頭を擦りつけるようにしてなるべく下から覗き込もうとする・・・
それでも、スカートを押さえる事すらできない。
「ちょっと、止まってクルッと回って下さいよ、へへへ」
セレネースの前に来ると案の定下品な声を掛けて来た。今まで注文は福原からだけだったので無視しようとすると、
福原が咳払いをした。福原の方を見ると顎 で注文通りしろと指図する。
後輩に顎 で使われ、下請けの嫌な中年男にスカートの中を念入りに晒すような事をさせられる。
堪らない気持ちになり、それでもスカートがなるべく揺れないようにとそろそろとその場で回って見せた。
「うへへへへ〜、たまんね〜な〜〜〜、普段が普段だからこの人がこんな事するなんてね〜」
自分でさせておいて何を・・元傍観者は恥ずかしいという気持ちより悔しくてたまらなかった。


270 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 13:19:42 ID:Hyt+vYiI
そして>>268はノロウイルスに感染しました。めでたしめでたし。

271 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 13:20:25 ID:Hyt+vYiI
そして>>269はエイズに感染して死にました。めでたしめでたし


272 :255:2006/12/24(日) 13:46:44 ID:yUaAC2T3
少しでも早くセレネースの前を去りたくて、回り終わるとすぐに先に進もうとした。ピカッ!
歩きだした瞬間にフラッシュの光りが元傍観者を包んだ。光の元は鬼ノ目の持っているデジカメだった。
「写真は・・写真はやめてください!」
元傍観者はこんな時でも言葉使いに気を付けるようになってしまった自分に疑問を感じながら言った。
「駄目だね、それにもう撮っちゃったみたいだし、ま、この決定的な写真を消して欲しければ
 良い子にして、俺達の言うことを聞いている事だね、ふふふ」
そうだった、窓際鬼ノ目の唯一自慢できる趣味が写真だという事はわかっていたのに・・・
抵抗できる立場でもなかったし、それに、もう鬼ノ目の持つデジカメには
ブラを晒して頭に手を置き、スカートをパンティーが見える迄たくし上げて歩き回る自分の姿が
納められてしまったのだ。
絶望感に打ちひしがれながらやっと最後の福原の前まで戻って来た。すると福原がいきなり立ち上がり、
折り目 の溜まったスカートのウエストに手を掛けて来た。
「ふんっ、まだ余裕があるな、もう一折り出来るだろう?」
その言葉の意味を正確に理解した時、菜々子は思わず叫び声を上げたくなった。
「それじゃ、真ん中に戻ってください。そして、三折り目 !」
最後の「三折り目 」は拒絶を許さないぞと、さっきまでとは違う厳しい口調になっていた。
元傍観者はびくっとして、福原に懇願の目 を向けたのだが、
「そんな目 をしても駄目 ですよ、どうせならこの際徹底的に変態になってくださいよ、ふふふ」
とあっさり否定されてしまった。
折り目 の厚み分もあって30cmはあがってしまった、もう皆の視点の高さからすると膝上というより・・・
「うほ〜〜〜、こりゃ絶景だ〜〜、お尻が丸見えですよ〜」
セレネースの下品な叫びとともに、ピカッ!と鬼ノ目のカメラのフラッシュがまた光る。
思わず元傍観者は膝を抱えてしゃがみ込んでしまったのだが・・・
「ぐふふふふ・・・肉付きの良いお尻ですね〜・・こりゃいい眺めだ」
しゃがんだ事でぎりぎりまでまくり上げていたスカートのお尻側は生地が足りなくなり
ピンクの生地に包まれたお尻が剥き出しになってしまっていた。

273 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 13:49:47 ID:Hyt+vYiI
そして>>272は燃え死にました。めでたしめでたし。

274 :255:2006/12/24(日) 15:37:19 ID:yUaAC2T3
「あ〜あ〜、もっと見てたかったけど、写真も残ったし、まぁ良いでしょ。ほら、元傍観者さん
 もうそれだけ晒しちゃったらスカートは用済みでしょ、さっさと脱いじゃって下さい」
笑いながら福原が追い打ちをかける。元傍観者はもう立ち上がる気力もなく座ったままスカートの折り目 を
戻して、ジッパーを降ろすとそろそろと脚から抜き去った。
「さ、それじゃもう一度立ち上がって気を付けですよ、もたもたしないでください。」
そうは言われても、この姿で立ち上がるにはそれなりの覚悟というものがいる、6人もの人間に360度囲まれて、
しかも下から見上げられ、上半身はブラだけ、下半身はパンティーにガーター、ストッキング・・・。
「ほら、さっさとしないと、また罰を受けてもらうわよ」
やはり、クズ子は要所を心得ているようだ、元傍観者のつらい気持ちを見透かしているのだ。
「立ち上がったら、その場でぐるりと3回まわってください。」
福原から容赦ない指示が飛ぶ。これ以上待たせると何を言われる事か・・・元傍観者は立ち上がると、
気を付けの姿勢になりその場で3回まわった。特に後ろ側に陣取っている中年男達にこんな姿を正面から
長々と見られるのは嫌だったので、少し早く回った。
そのせいでシャッターチャンスを逃したのか珍しく鬼ノ目のカメラのフラッシュが光らなかった。
「もっとゆっくり回ってくださいよ、うへへ、その股間のくい込みもっとじっくり鑑賞させてくださいよ」
後ろに回った瞬間にちらりと見たセレネースの視線はその言葉通り、元傍観者の股間に集中していた。
「もう、嫌!こんな事をさせて、私の身体が欲しいのならさっさと済ませてよ!」
考えがよくまとまらない内に元傍観者はこう叫んでしまっていた。
「おやおや、開き直りましたね、そんな風に言っても良いんですか?それじゃこちらも言わせてもらいましょう、
もちろん元傍観者さんの身体は頂きます、ふふふ色んな意味でね、でもそれはこのお楽しみが済んでからですよ、ははは」
妙にひっかかる言い方だったが、元傍観者にしてみれば、それみたことかとも取れる発言だった
「もう、これ以上貴方達のお楽しみに付き合う気はないわ!」

★★★気の強い女性の精神破壊を存分にお楽しみください。

275 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 15:41:26 ID:Hyt+vYiI
そして>>274は飛び降り自殺しました。めでたしめでたし。

276 :255:2006/12/24(日) 15:46:08 ID:yUaAC2T3
考えがよくまとまらない内に元傍観者はこう叫んでしまっていた。
「おやおや、開き直りましたね、そんな風に言っても良いんですか?それじゃこちらも言わせてもらいましょう、
もちろん元傍観者さんの身体は頂きます、ふふふ色んな意味でね、でもそれはこのお楽しみが済んでからですよ、ははは」
妙にひっかかる言い方だったが、元傍観者にしてみれば、それみたことかとも取れる発言だった
「もう、これ以上貴方達のお楽しみに付き合う気はないわ!」
「ふふふ、そんな格好でよくまあ・・ま、それくらいの方がやりがいもあるか、ははは」
格好の事に触れられて、元傍観者は、はっとした、急いでうずくまって福原をにらみ付ける
「それが・・まだまだ、付き合ってもらわないと駄目 なんですよ。写真の事お忘れですか?」
元傍観者も写真の事は承知していた、でも、それは・・・
「写真なんて、デジカメの写真なんて合成かもしれないし・・誰も信じないわ」
「それじゃ、写真の身体の特徴と実物とを並べて社内の人みんなに検証してもらいますか?」
福原が笑いを噛み殺しながら言う。
「そ、そんな馬鹿なこと・・社内で許される訳ないでしょ!」
「ふふふ、それはまあ冗談です、でもね、動画は素人では簡単に合成できないのは誰でも
 知っていますよ、さっき、鬼ノ目さんのカメラ、フラッシュしなかったでしょ?ふふふ」
元傍観者は顔から血の気が引くのがわかった。驚きの表情のまま振り返ると、鬼ノ目が嬉しそうに
下着とストッキングだけを身につけた元傍観者がテーブルの上で気を付けをして回っている映像
を再生して、カメラのモニターに写してこちらに見せていた。
「・・・・」
「それをね、明日一番に社内LANにのせて配信してもいいんですけどね〜?」
元傍観者の頭には社内LANの回覧ページで再生されている自分の映像が浮かんだ。そして、その後の社内の皆の様子が・・・
「どう・・すれば・・・良いの?」
なんとか、それだけは避けねば・・・答えは一つしか残っていなかった。
「皆さん、どう思います?俺は今の言動は改めて貰わないと駄目 かな〜って思ってますけど」
しらじらしく、福原が声を張り上げて言うと、皆も、もっともらしく頷く。

277 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 15:47:23 ID:Hyt+vYiI
そして>>276はタイーホされて死刑になりました。めでたしめでたし。

278 :255:2006/12/24(日) 15:51:52 ID:yUaAC2T3
「せっかく気分が乗って来てたのに、こう何度も駄々をこねられちゃな〜」
と甘粕が皮肉たっぷりな口調で応じる。
「簡単よ、もう二度と駄々がこねられなくなって貰えば、良いんでしょ?」
クズ子があっさり言い放ち、甘粕と福原に目配せをした。
「そうですね、それじゃ・・・おい、甘粕・・」
二人は頷きあって、部屋の隅の紙袋を持って来て、テーブルの端に置くと、再びテーブルの上に上がって来た。
菜々子は、怯えながら二人の行動を見守っていた。
「さ、またテーブルに寝てもらいましょうか?」
と、隆が元傍観者の腕を掴むとそのままテーブルに最初の時のように一文字に横たえた、そして再び手首に縄を掛け・・
頭の上に引き上げて固定し、下半身の方へ回り込む。
「ほら、そっち頼むぞ」
足首が乱暴に捕まれて、甘粕と福原が別々に縄を掛け始めた、
「良いか?出来たか?」
福原が確認すると甘粕が頷く、二人は左右に別れてテーブルから降りるとそれぞれの縄尻を別々の方向へと引き始めた
「はぅっ・・」
股を開かされる!そう元傍観者が気づいて思わず股間に力をいれるが男二人に別々に引っ張られては、とても耐えられない。
「おいおい、世話やかせるなよ〜」
と二人はテーブルの端一杯に元傍観者の脚が掛かるほどに引くと縄を固定した。元傍観者は丁度「人」の字の形に
テーブルに固定されてしまった。元傍観者は精一杯膝を内側に折ってみたものの、腿 を合わせる事が出来ずに、
最も恥ずべき股間を晒してしまった。
「う〜ん、まだ動けるかな?」
二人は今度は膝の辺りにもう一縄かけると、それも左右に引き寄せた・・なんとも不格好な
がに股の「人」の字にさせられてしまった。
「よ〜し、元傍観者さんの大股開きの出来上がり〜〜、ははははは」
「良い格好ですね〜へっへっへ」
ピカッ!いつのまにか、足元に回り込んだ鬼ノ目がフラッシュを炊いている
「いやぁ〜〜〜あああ〜〜」
元傍観者はまた一つ屈辱を重ねた・・

279 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 15:53:01 ID:Hyt+vYiI
そして>>278は北朝鮮に拉致されて死にました。めでたしめでたし。

280 :255:2006/12/24(日) 16:00:33 ID:yUaAC2T3
「さて、残り3枚・・もう踊っては貰えませんが、別の楽しみ方をさせて貰いましょうか」
福原が衣服剥ぎ取りの再開の口火を切った・・・足首だけでなく膝をも割られて、元傍観者は殆ど身動き出来なくなっていた。
かろうじて首を起こして周りの様子を伺う事以外は・・福原がなにやら身体の後ろに隠して元傍観者の視界の中に入って来た。
「さてと・・・こうして、縛ってしまったので、残りの衣装は普通に脱いで頂くわけにはいかなくなってしまいました。
コレで取り除かせて頂こうと思うのですが、如何ですか?」
わざと慇懃な態度で福原が手にしたモノを元傍観者の目 の前に差し出した。それは、普段元傍観者が書類や封筒を開けるのに
使っている、黄色い握りのついたハサミだった。
「ひぃっ!」
そのハサミを頬に押しつけられて、元傍観者は、思わず悲鳴をあげてしまった。
「ま、嫌と言われても、これしかないんですけどね、ふふふ」
ハサミのヒンヤリとした感覚が、元傍観者の頬から顎 に・・・そして首筋をつたって・・鎖骨をなぞる様にして
先ずはブラの右の肩ひもをハサミはくわえ込んだ・・・・シャキッ!・・・一瞬、ぞっとする感覚に元傍観者は捕らわれた
切られた肩ひもが勢いで耳元をかすめて肩から落ちた・・・ヒンヤリしたハサミを鎖骨に沿って今度は左の肩ひもに・・・
シャキッ!元傍観者は思わず首を縮めてしまう。そして、ハサミはブラのカップの間をくわえて止まった。
「さて、いよいよバストを拝めますね〜、乳首は何色かな?ふふふ、皆さん良いですか?」
あ〜、いよいよ、普段は絶対人目 に晒す事のない部分を、この下品な男達の前に晒すのかと元傍観者は思わず目 を閉じて
横を向いてしまう・・・シャキッ!・・・背中のホックを外していないので、勢いよくブラは左右に開いてしまった。
「ひゅ〜〜〜!綺麗な乳首じゃん」
福原がハサミを持ったまま口笛をならし、身を乗り出して覗き込む。
「いや〜〜〜、この位が一番感度良いんですよね〜たまんねーなー、へっへっへ」
皆、口々好き勝手に元傍観者の乳房の品評をしながら代わる代わる覗き込む。元傍観者は手の自由が利かず、隠す事も出来ず、
かといって、ここで弱気な発言やなにかを言えば、余計に男達を楽しませてしまう事になると思い、恥ずかしさに顔を
真っ赤にして耐えていたのだが・・・

281 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 16:11:54 ID:Hyt+vYiI
そして>>280はサメに食われて死にました。めでたしめでたし。

282 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/24(日) 16:13:26 ID:xMRIKJEr
元傍観者って男でないのかよ・・・?

283 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 16:17:59 ID:Hyt+vYiI
↑女

284 :255:2006/12/24(日) 16:38:58 ID:yUaAC2T3
ホラ!
やっぱ、282みたいなヤツがいるからブルーネタでいけば良かったよ・・・
今更、変えられねぇよなぁ。
続きはまた後程。

285 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/24(日) 16:39:09 ID:xMRIKJEr
今晩の予定。

ブルー→彼氏とデート
元傍観者→旦那とお食事
くず粉→2ちゃん

セレネース→精神病院でパーティー

286 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/24(日) 16:41:15 ID:xMRIKJEr
>>284
つーか全部作ってから一気に貼ってくれ。

287 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 16:42:10 ID:Hyt+vYiI
>>285
ブルー21は結婚してるよ

288 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/24(日) 16:42:24 ID:3ec8qFKL
ブルーさんは既婚
元さんは独

289 :福原の雄猫 ◆WBRXcNtpf. :2006/12/24(日) 16:46:05 ID:xMRIKJEr
>>287>>288
なるほど、なるほど。
では、
ブル公は不倫デート
元傍観者はカップルウォッチング
くず粉は2ちゃん

セレネースは隔離病棟でクリスマス。

290 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 17:14:13 ID:Hyt+vYiI
なんで隔離されてんだw

291 :255:2006/12/24(日) 22:32:15 ID:yUaAC2T3
>>280の続き(都合によりここからブルーネタに変更)
「せっかくですから、ちょっと触ってみますか、へっへっへ」
そのおぞましいセレネースの一言にはさすがに、耐えかねた。
「いやっ!」
ブルーは、思わず首を振って、嫌がる素振りをしていた。
「ほ〜〜、可愛いね〜〜、真っ赤な顔して、いやいやだ〜たまんね〜」
かえって、余計にセレネースを悦ばせてしまった。調子に乗ったセレネースがブルーの胸へと手を伸ばす、
ピシッ!クズ子がすかさずセレネースの手をはたく。
「セレネースさんは、まだ駄目 よ!ブルーも女性の私なら良いでしょ?うふふ」
セレネースよりは・・それでも、6人もの人間に見られながら、同性に乳房を弄ばれるなんて・・・
「私は結構上手なのよ、うふふ、気持ちよかったら声を出しても構わないわよ」
と、クズ子の手がブルーの身体に伸びて来た、いきなり乳房を掴まれるものと覚悟して身を固くしていたブルーの首筋に
クズ子の爪の先がつ〜〜っと這った。予想外の部分に触れられて、ブルーは思わず、びくっ!と身体を震わせた。
「おお〜〜〜〜」
その反応に男達から歓声が上がる。ブルーは耳の後ろまで顔を真っ赤にして身体を硬直させた、歯をくいしばり、
今度こそは、男達を悦ばせる反応はするまいと身構えた。
「あらあら、身体に力が入っちゃてるわ、可愛いわね〜、うふふ、無理しないで素直に反応したら良いのに。
みんなが期待してるわよ、ブルーの淫らに悶える姿を見たいって、ふふ、そんなに身体に力を入れたらかえって
敏感になっちゃうわよ・・」
クズ子のその言葉がブルーを迷わせた、確かにこうして身体に力を入れ続けるのは余計に刺激に対して敏感になりそうな
気もした、かといって力を抜いて受け入れてしまったら・・・ブルーはこの男達のいやらしい視線に晒されて、
淫らに感じてしまう自分を想像して、身の毛がよだつ思いがした。
駄目 ・・絶対に駄目 ・・・そんな所を見られたら・・・いったいどんな冷やかしを受ける事になるのか・・
ましてや・・男達の大歓声を受けながら・・イッてしまうような事があれば・・・なんとしても、ここは耐えなければ・・・

292 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 22:32:53 ID:Hyt+vYiI
そして>>291は猛犬病に感染して死にました。めでたしめでたし。

293 :255:2006/12/24(日) 22:37:45 ID:yUaAC2T3
しかし、クズ子の責めは容赦なかった、指の腹と爪を巧みに使い分け、首筋から鎖骨を、そして乳房の稜線をなぞるように
ソフトに・・・じわじわと・・頭の上に引き上げられた両腕の脇の下へ・・・そこから乳房の頂点に向かって何度も・・・
指の腹を使って撫で回したかと思えば、爪を立てて引っ掻くように・・ソフトな刺激というものは、耐えようと思って
耐えられている内はそれ程でもないのだが一度、刺激として感じてしまうと、どうしようもなくなり、今度は耐えようと
すれば、する程刺激が増幅していくものである。ブルーも最初の内は身体に力を入れ、頭の中で怒 りを燃やし、
この淫らな状況を受け入れる事を拒否し続けていられた。だが、クズ子の方が一枚も二枚も上手だった。
首筋、鎖骨、脇の下、乳房、同じ手順で何度もソフトな刺激を繰り返し・・・ブルーが手順になれてきたある時
ヒョイと乳首を親指と人差し指でつまみ上げ、キツク捻り上げた。
「い、痛い!」
「あら、ごめんなさい、ちょっと強すぎたかしら、うふふ」
一瞬ブルーの意識が乳首に集中し、じ〜〜んとしびれるような感覚が乳首に残り、それが解けていくのがはっきりと
感じられた。痛みが取れてほっとした瞬間、刺激に対する感覚のバランスが崩れた・・・元の手順通り首筋を這う指先が
くすぐったいような気がして・・・やがて鎖骨に触れる爪の固さが、心地よくなり・・・脇の下から這い上がってくる
指先の軌跡が熱く感じ、なんとか修正を試みるが、クズ子の指先が通ったあとが・・全て熱を帯びているような感覚が
止まらなくなってしまった。それでも、歯をくいしばり、動揺を見透かされまいと、顔を背け目 を閉じ・・・!!!・・・
ブルーはここで大きな間違いを犯してしまった、今までは怒 りの矛先をクズ子に向けるべく、目を見開いてクズ子を真っ直ぐ
見つめていたのだが・・・
目を閉じてしまった・・目を閉じた事によってクズ子の指先の刺激に対して却って敏感になってしまった。
熱い・・触れられた部分だけでなく・・身体中が・・どうして?我慢しなくちゃ・・抵抗すればする程に・・
特に下半身が・・・股間の中心が熱くなっていった。


294 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 22:39:40 ID:Hyt+vYiI
そして>>293はみんなに笑われて逃げました。めでたしめでたし。

295 :255:2006/12/24(日) 22:44:49 ID:yUaAC2T3
「うふふふふ、どうしたの?ホントは声を出したいんじゃない?遠慮しなくていいのよ?」
ブルーの動揺を感じとって、クズ子が責め手を変えて来た・・・両手で下から乳房を包み込むように揉み上げる・・・
揉み上げたまま止めて乳首を親指と人差し指で摘んでクリクリとこねる・・・手を乳房から離して脇腹を
爪でつ〜〜っと・・・これを繰り返す・・
「・・・ん・・・んん・・・・・・ふ〜〜〜〜〜っ!」
感覚が研ぎすまされてしまったブルーにとって、これはかなり効いた・・思わず喉の奥で唸ってしまい、
あわてて否定するように、大きく息を吐いた・・・これまでにないブルーの変化に男達は再び身を乗り出してきた。
「おやおや?いよいよブルーさんの喘ぎ声が聞けるかな〜〜?」
四郎が嬉々として言った。
「うへへへへ、ブルー嬢の喘ぎ声はどんなですかね〜?」
水戸肛門はいやらしい好奇心を剥き出しにしていた。
「もう!余計な事言わないで黙って見てらっしゃい!」
せっかく高ぶってきたブルーの気をそらせまいとクズ子が四郎を制した。だが、ブルーはこの一言で頭にまた怒 りを
維持する事ができた。クズ子の指先の動きの感覚よりも、四郎や水戸肛門に対する怒りが勝り再び身体が醒めていくのを
感じていた。大きく目 を見開き怒 りの目でクズ子を睨みつけた。
「ほらみなさい・・せっかく良いところまで来てたのに・・・」
一時責めが中断され、ブルーはほっとしていた。一時のあの身体の火照りもおさまりつつあった。
「でも、ほら・・クズ子さん・・ここ、ここ!・・ねっ!へへへ〜」
???ブルーの視界の外で四郎が何かを指し示している。
「あら、ホント!うふふ、はしたないわね〜」
クズ子も四郎の声の方に消えて・・何をしているのかとブルーが必死に頭を起こして声のする方を
見てみると、いつのまにか全員がブルーの足元に集まり何やらニヤニヤとブルーの股間を見つめている。

296 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 22:48:11 ID:Hyt+vYiI
そして>>295はひったくりに会って大泣きしてしまいました。めでたしめでたし。

297 :255:2006/12/24(日) 22:48:31 ID:yUaAC2T3
「ブルーさ〜〜ん、ずいぶんと気持ちよかったんでしょ、へへへへっ!」
四郎が自分の手柄だと言わんばかりに、得意気な顔をして言う。もしや!・・・・
「濡れやすいんだね〜、うへへへ・・ブルー嬢は感度抜群なんですね〜」
「ちょっと・・なんか臭ってきてませんかね?・・残念だな〜カメラに臭いは写らないからね・・ひひひ」
「ずいぶん大きい染みですね・・そんなに汚して・・恥ずかしくないんですか?ぐふふふ」
男達が鬼の首を取ったように、大喜びで囃し立てる・・そして・・最後に・・・
「ブルーったら・・うふふ・・・パンティーに染みがついてるわよ!はしたないわね〜、ほら!」
クズ子が自分の化粧バッグから少し大きめの手鏡を出してブルーの大きく開かれた脚の間を映して見せる。
そこには、どう見ても色の濃さの違いがはっきりわかる程の親指大の染みがくっきりと・・・
思わず目をそらすブルーに残酷な宣言が言い渡された・・・
「それじゃ、こっちも開いて中の様子を見てみましょうか」
福原がいとも簡単に言ってのける。パンティーを剥ぎ取られる・・・ただでさえ屈辱的な瞬間でもあったが・・・
今の状態では、それは、ブルーにとっては最も訪れて欲しくない瞬間であった。


★★★いよいよですか・・最後の砦を破られる瞬間は次回です!

298 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 22:51:25 ID:Hyt+vYiI
そして>>297は永遠の眠りにつきました。めでたしめでたし。

299 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/24(日) 22:58:23 ID:ct/PEUch


http://sports2.2ch.net/test/read.cgi/entrance2/1165828216/321



youtubeのエロ動画集めました

300 :255:2006/12/24(日) 22:58:24 ID:yUaAC2T3
クズ子もそろそろ濡れてきただろう…クックックッ

301 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/24(日) 23:02:33 ID:Hyt+vYiI
>>300
なんやお前怖いなぁw

302 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/24(日) 23:39:10 ID:FdrhvKWT
>>300
なかなか面白いけどどっかで聞いたパターンが多いな

303 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/25(月) 00:17:36 ID:QwiVdo/K
>>300 
呼ばれたので来てみれば…
不快ですねぇ。ネタスレとはいえ、不快な物は不快です。

今までは、ブルー氏が何も仰らないので私が口を挟むのも筋違いかと思って
ましたが…途中までは私でしたし、今回は口を挟んでも良いでしょう。

そんな訳で話の腰をおりますよっと。邪魔する事にします(笑)
えぇっ単なる意地悪です(笑)
誰も読まない長文投下してやるww

304 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/25(月) 00:19:27 ID:QwiVdo/K
>>274 続き(改変)
>「あ〜あ〜、もっと見てたかったけど、写真も残ったし、まぁ良いでしょ。ほら、元傍観者さん
> もうそれだけ晒しちゃったらスカートは用済みでしょ、さっさと脱いじゃって下さい」
元傍観者はゆっくりと立ち上がり、周囲を確認した。どうも正体がバレテいるのは間違いない。
大人しくしていても、どうせ身包みはがされて最終的には東京湾に浮かぶか…
「ふん。」元傍観者の態度が急変した。さっきまでの弱々しく涙を見せていた顔は消えた。

「まどろっこしいねぇ。どうせ私がある組織からの刺客だと気が付いているんでしょう?」
元傍観者はふてぶてしくニヤリと笑った。
それを見た福原は、遊びはここまでかとわざとらしく、残念そうに首をすくめてみせた。
だが、次の瞬間には組織の幹部「ジェノサイド=福原」の顔になっていた。

ジェノサイド=福原をはじめ、カタストロフィー=甘粕・デンジャラス=セレネースなど
暗黒外ではその名を知らない者は無い、そうそうたる面々。
この秘密組織を束ねるのか通称女将こと、クズ子だ。因みにこの組織は開業100年を誇る
老舗組織で、クズ子は3代目女将になる。世襲制だ。組織名物「元祖、組織まんじゅう」は
2003年からネット予約も可能になった。
拘り派、女将クズ子による「お客様あっての老舗組織」との訓示から、昔ながらの製法で
一つ一つ職人さんの真心篭った手作り、一日限定300個とあって3ヶ月先まで予約待ちが
入っている幻の銘菓である。

「あんた…何処の組織に雇われたんだ?俺たちの名を知らないド素人か?」嘲りの笑みで
元傍観者を見つめる甘粕。確かに、このメンバー相手に一人きりでは全く勝ち目が無い…。
「まぁ…この依頼を受けた時から命懸けなのは覚悟していたんだけどね…」力なく笑う元傍観者。
「正体がバレたら潔くしてもらおうか?どうせ抵抗したところで徒労に終わるのはそっちも承知
しているんだろ?」裏打ちされた実力が福原の尊大な態度となって現れていた。



305 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/25(月) 00:19:59 ID:QwiVdo/K
「……えぇ…確かにこの状況で私が出来る事はほとんど無い……かもねぇっ!」次の瞬間
豊満な(もぅ一度)豊満な(リピート)豊満な、胸の谷間に隠し持っていた銃を抜き、ためらう事
無く、目前に居た鬼ノ目の額めがけて引き金を引く。
銃声と同時に崩れ落ちる鬼ノ目…一瞬の出来事だが、流石は修羅場を潜り抜けてきた
猛者たちである。瞬時に身を翻し距離をとった。

その一瞬の隙を突いて出口に駆け込む元傍観者、だがこの程度でやすやすと逃がすような
連中ではない。目の前に福原が立ちはだかった、刹那に飛び退る元傍観者。
「ほ〜〜俺の攻撃を知っているのか?」ニヤニヤと不敵な笑みで福原が出口の前に陣取る。

福原は近距離戦では無敗だ。彼の技は相手の耳元でなにか囁くだげである。それだけで
面白いように人がバタバタと倒れていくのだ。強烈な毒舌。これが彼の武器である。
尋常ではないその毒舌に通常は脳の血管が耐えられない、仮に耐えたとしても廃人同様の
致命傷を与える恐怖の呟き。彼の一族でしか伝えられない一子相伝の業である。

「存じてますよ、福原さん。でも、あなたの技は近距離でしか使えないわね。距離さえ保てば
特に怖い事はないでしょ?」元傍観者は余裕の微笑を見せた。

正確には元傍観者の作戦では防げない。大きな声で毒舌を撒き散らせば一掃出来る。
多少の犠牲は厭わない冷徹な福原だが、彼は徹底した現金主義である。月々のお給料も
女将クズ子に頼んで手渡しで貰っている。
この場にクズ子がいるのは元傍観者も計算済みだ。福原は大声では毒舌をいえない。
クズ子が居ないと給料は振り込みになってしまう。しかも、自分のせいで女将が死んだとあっては、
支払われるのかさえ怪しい。
福原は収入にならない事は指一本動かさない人物。その情報も元傍観者は掴んでいた。

福原は一瞬眉間にシワを寄せた。ド素人なんてレベルじゃない。こいつ知り尽くしてる…。
チラリと甘粕に視線を送った。

306 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/25(月) 00:20:29 ID:QwiVdo/K
甘粕は中遠距離戦、なんでもこなせるタイプ。彼の技は福原のような一撃必殺的なものでは
ないが、ロックオンをすると決して逃がさない。ジワジワと敵を追い詰めて殲滅する。
彼の特徴は敵の武器を使ってその武器で相手にダメージを与える事だ。
彼に狙われて生き延びた者はない。持論…(失礼)、自分の武器が自分にとっての恐怖に…
その精神的苦痛から自我が崩壊してしまうのだ。彼の前で不用意な言動は許されない。

甘粕は警戒する事無く元傍観者に近づく。どうせ元傍観者の武器は自分の武器となると
知っているから。

元傍観者は甘粕を見据えると高らかに宣言した。
「互いの組織の威信をかけた、真っ向勝負ですねっ!」その目は期待に溢れている。

甘粕は弄るのが好きなのである。真っ向からのガチ勝負をしたいのではない。
逃げ惑う敵を追い詰めていくのが、相手のおたつく姿が、また、それを隠して頑張って
いるのを突き崩すのが大好きなのである。
逆に言えば、そうでないとモチベーションの維持が出来ない。

前面に真剣勝負とか、真面目に勝負とか、そんなの出されると途端にやる気が失せる…
しかもよりによって組織の威信…まっったく興味が無い、湧かないのである。
元傍観者の一言で甘粕の脳裏では組織の対立など既にどうでもよくなってしまった。
早く帰って一っ風呂あびて、ビールの一杯でも飲みながらテレビでも暢気に見ましょうかっ
てな雰囲気。最早やる気ナッシングである。勿論、元傍観者は計算済みで吐いたセリフだ。

女将クズ子は相手が素人ではないこと、妙に組織のメンバーの情報を抑えている事を
不可解に思った。この老舗組織に逆らおうとする組織など、無いに等しい。
身の程知らずな新参組織が、何も知らずに刺客を送りつけた…そう思っていたのである。


307 :元傍観者 ◆yl9eJeHHJM :2006/12/25(月) 00:25:26 ID:QwiVdo/K
飽きた…もぅ十分邪魔出来たでしょうから消えますね〜〜

では、お邪魔しましたw

308 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 00:26:57 ID:Jw9hlCPR
>>304-306
映画化決定!!


309 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 00:43:14 ID:NZfBUCQ1
>「……えぇ…確かにこの状況で私が出来る事はほとんど無い……かもねぇっ!」次の瞬間
>豊満な(もぅ一度)豊満な(リピート)豊満な、胸の谷間に隠し持っていた銃を抜き、ためらう事
>無く、目前に居た鬼ノ目の額めがけて引き金を引く。
迂闊にもワロタ
流石だな・・・長文独女w
しかし、興味のない文章というのは読む気が失せるものだ。
性癖や好みによってはつまらんかもしれんなが・・・・続きをドゾ

310 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 00:44:01 ID:kgksGvqj
____   r っ    ________   _ __
| .__ | __| |__  |____  ,____|  ,! / | l´      く`ヽ ___| ̄|__   r‐―― ̄└‐――┐
| | | | | __  __ |  r┐ ___| |___ r┐  / / | |  /\   ヽ冫L_  _  |   | ┌─────┐ |
| |_| | _| |_| |_| |_  | | | r┐ r┐ | | | /  |   | レ'´ /  く`ヽ,__| |_| |_ !┘| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|‐┘
| r┐| |___  __|. | | | 二 二 | | |く_/l |   |  , ‐'´     ∨|__  ___| r‐、 ̄| | ̄ ̄
| |_.| |   /  ヽ    | | | |__| |__| | | |   | |  | |   __    /`〉  /  \      │ | |   ̄ ̄|
|   | / /\ \.   | |└------┘| |   | |  | |__| |  / /  / /\ `- 、_ 丿 \| | ̄ ̄
 ̄ ̄ く_/   \ `フ |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |   | |  |____丿く / <´ /   `- 、_// ノ\  `ー―--┐
           `´ `‐' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄`‐'     ̄          `  `´          `ー'    `ー───-′


311 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 02:23:34 ID:NZfBUCQ1
>>297 の続きを勝手に進行させて頂きますw

 ブルーはすでにテーブルの上で裸同然の姿にさせられていた。手を縄で頭の上に引き上げられ、ストッキングと
下着だけの下半身は、足首と膝を別の縄で左右に割られ股間の中心をおしげもなく晒していた。その格好だけでも、
誰かに見られるのは耐えがたい事のなに、同僚のすふによって裸の上半身を責められ、不覚にも身体を火照らせた上に
パンティーの股間に愛液をにじませてしまい、それをすふの部下のセレネースに発見されてしまったのだった。
 ブルーにとって最も訪れて欲しくない瞬間・・こうして、テーブルに縛り付けられて衣服を引き剥がされてゆくにつれ、
いつかは、最後の一枚を剥がされ全裸にさせられるであろう事は想像できたのだが・・・まさか、その前にこのような
辱めを受け、自分の中に淫らな気持ちが芽生えた証拠を残してしまうとは・・さらには、それを確認すべく最後の一枚を
引き剥がされようとは、思ってもみなかった。
「それじゃ、四郎 さん、いよいよ出番ですよ、ふふふ」
福原が意味ありげに笑いながら言った。
「うむ、コレをやってみたかったんだよね、初めての相手がブルーさんとはね〜、ぐふふ」
ブルーの下半身を覆うストッキングとパンティーを脱がそうというのには違いないのだろうが、この四郎の意味ありげな
笑いはなんだろう?ブルーはその笑い方に背筋が寒くなった。
「この脚たまらんね〜、ぐふぐふふ、こういう脚の女性のストッキングをビリビリに引き裂いて見たかったんだよね〜」
四郎がテーブルに上がって来てブルーの左右に割られた脚の間に入ってきた。無様な姿を上から見下ろされ、ブルーは
恥ずかしさと悔しさで、身を捩って何とかこの状況から逃れたいともがいてみたが、どの縄もブルーの間接 の限界まで
引かれていてどうにもならなかった。
「そうやって、抵抗されると燃えるんだよね〜、ぐふ」
四郎はブルーの脚の間に膝をつくと、手をストッキングの左脚の太股のあたりに伸ばして来た。
「いやぁ〜〜〜〜!」
菜々子は絶望感から思わず悲鳴を上げてしまった。四郎は左太股の正面の生地の薄い部分に
手を掛けると力任せに左右に引っ張った・・・
「やめてぇ〜〜〜」

312 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 02:29:25 ID:NZfBUCQ1
四郎の力があまりに強かったので、菜々子の腰がテーブルから浮いて、ストッキングに大きな裂け目が出来た。
続いて右の腿の辺りをつまみ上げるとまたしても、力任せに・・・
「ぐふふふ。こりゃ、楽しいわ・・・・」
次から次へと四郎は、ストッキングをブルーの脚から引き剥がしていく。ついには、ガーター
の留め口から弾け取れ、膝と足首の縄の掛けられた部分に絡まるように僅かに残っているだけになった。
「ふふふ、もうそれ以上は手では無理ですね」
と福原がすかさず四郎にハサミを差し出す。
「そうだな・・でも、充分堪能したよ」
四郎はハサミを手にストッキングの残骸を全て切り落とし最後にガーターベルトを丁度半分に切り落とした。
ブルーはショックで身体が硬直していた。自分の素肌に身につけているものが、普通に脱がされるのではなく、
引きちぎられていく感覚は、ブルーの想像をはるかに超えるショッキングなものであった。破かれる度に付近の肉が
締めつけられ、布の裂けるのと同時に開放され、空気が肌に直接 かんじられる・・・
なんとも言いようのないおぞましい感覚だった。
「ぐふふ、このままハサミは俺が使ってもいいかな?」
放心状態のブルーはこの一言で現実に引き戻された。
「ふふふ、そうですね、ま、仕方ないかな・・ゲストだし」
福原がいかにも残念という表情をしてみせた。
「あ、その前に一枚いいかな?ほら、証拠の写真、生脚だとさっきよりずっといやらしく見えるし」
と鬼ノ目がカメラを手に四郎の背後から言った。
「おお、そうでしたね、ぐふふ、じゃあ場所をあけましょう」
と四郎は一旦テーブルから降りた。鬼ノ目がブルーの大きく開かれた脚の正面に立ち、フラッシュを
一閃させた、声にして叫ぶと男達を喜ばせるばかりなのでブルーは心の中で、何度もやめてと叫んでいた。

313 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 02:53:38 ID:NZfBUCQ1
「さて、いよいよ最後の一枚ですねブルーさん、ふふふ、残念ながらこれも縄が邪魔で普通には
脱がせてあげられないんですよ、ふふふ、ハサミで切らせてもらいますよ?」
ブルーには拒否する権利がないのは、明らかなのに、わざと慇懃にメン同盟が断りをいれる。
「それじゃ、ご開帳といきますか、ぐふふ」
今度はメン同盟 が前に出てきて言った。
「あ、ちょっと・・」
「なんですか、さっきから随分邪魔が入るな〜」
言葉とは裏腹に、邪魔をされるのも楽しそうにメン同盟 が言う。今度声を掛けたのは、セレネースである。
「いや、このままじゃ、せっかくのご開帳も、もう一つ見えづらいかな?って思ってね、へへ、
 このクッションを腰の下にあてがってやったらどうかな?って・・へへへ、へへへ」
いつのまにか、休憩用ソファーにあったクッションを手にセレネースが提案する。
「そりゃ〜いいや、腰を浮かせて開帳すれば、何もかもが丸見えだ〜、うひひひ」
カメラを手にその瞬間をのがすまいとブルーの正面に居たシウマイが賛成する。何もかも・・・この言葉がブルーに重く
のしかかった・・このままでもこんなに脚を開かされて、女性として最も恥ずかしい秘部を晒してしまうかも知れないと
思っていたのに、この上腰を浮かされたら、秘部は完全に露出して・・・それどころか・・・
「じゃあ、俺が腰を持ち上げるからセレネースさんクッションを入れて下さいね」
メン同盟がテーブルに上がってきて、ブルーの腰をひょいと持ち上げる・・・
「さ〜〜て、今度こそ・・ぐふふ、・・・・おっと、ここは残しとかないと駄目 か・・」
とメン同盟がハサミをブルーの太股にあて、一度股間に差し込みかけてから手を引いて言った。
「そうですよ〜、証拠品ですからね〜、ふふふ、ウエストの両サイドを切って股間を引っ張ればとれちゃいますよ」
と水戸肛門が、さも自分ならこうしますよとばかりに得意気にアドバイスする。メン同盟はそれを聞いて、頷きながら、ハサミを
先ずは、ウエストの右側に差し込んだ、忘れかけていたヒンヤリした金属の感触が再びブルーの肌に触れた。

314 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 02:59:55 ID:Bw4Ibb+R

「255!255!あんた何やってるの!
学校に遅刻しちゃうでしょ!!」

はっ

「いくら毎日夜中まで2chしてるからって…。」

えっ、ゆ、夢…?

「ったく、もぅ。
6浪目なんだから、いい加減、生活正して予備校に行きなさいっ!!」

うぁぁぁあぁぁぁ。
(255布団から引きずりおろされる。)

「こんなんだから、いい年して彼女もできないのね。
お父さんも心配してたわよ。
息子がイブもクリスマスにもどこにも出かけずに部屋にこもってるなんて…」

あぁ。いつもの朝が始まった…。
汚い4畳半の部屋。お袋の怒号。更新されてゆく彼女イナイ歴。
こんな人生いつまで続くのかな、俺…orz

12月25日、クリスマスの朝から落ち込む255であった。

                         〜FIN〜


315 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 11:13:54 ID:NZfBUCQ1
ブルーの神経はその一点に集約された。メン同盟がゆっくりとハサミを閉じていくのがわかる、それと共に、パンティーの
着衣としての締め付けが少しずつ緩んでいく事も・・・プツッ!・・・・肌に触れる金属に衝撃が走る・・・それと共に
ブルーのウエストの右側が開放され、直に空気に触れる・・・その感触がおよそウエストの右半分・・股間に近い位置に
まで到達しているのがわかる・・・・・
「おおおおお〜〜〜〜」
見ている男達から一斉に歓声が・・・
「オケケが見えて来ちゃいましたね〜、ふっふっふ、以外と濃いんですね〜」
シウマイがブルーが気にしている事をあまりにずばりと言ったので、ブルーの顔は恥ずかしさで余計に上気して、真っ赤だ。
「へっへっへ・・・とうとう、ブルーさんのアソコが見られるって訳だ・・どんな色かな〜?」
「そりゃ〜、社内一の気品を誇るブルー様だから、当然ピンクでしょ・・ふふふ」
「以外と遊んでて・・真っ黒かもよ・・うへへへ」
「開いちゃう前に、ヒントだけでも、貰えませんか?ぐふふふふ」
男達が興奮の頂点に達して、思い思いに下品な予想をブルーに吐きかける。耳を塞ぎたくなるが、手は遠く頭の上に引き
上げられて居る。
「それでは、仕上げの一切りを・・・」
メン同盟がハサミで布を捲ってしまわないように、そっと左側に差し入れる。
今度は、右側にヒンヤリした感触が・・・そして、また着衣としての
締め付けが開放されていった・・・ああ・・いやっ・・・・見られる・・・プツッ!・・・とうとう外気の
感触が秘部の奥まで直に感じられた。
「おおおおおおお〜〜〜〜〜!」
今までで最大の歓声が男達から沸き上がる、そして、暫くの間無言で男達は一点を見つめていた。この沈黙はブルーに
とって長く長く感じられ、屈辱を噛みしめるには充分すぎる程であった。

316 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 11:17:28 ID:Jw9hlCPR
そして>>315は北朝鮮に追放されました。めでたしめでたし。

317 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 11:25:33 ID:NZfBUCQ1
「へっへっへ、こうなってたんだね〜〜〜」
やはり、最初に口火を切ったのはセレネースであった、しみじみと言われ、あ〜こんな男に見られている、自分でも想像も
つかない、恥ずかしい姿を・・・こんなに脚を開かされて、しかも腰を浮かせて・・・この男達の目にはいったいどんな
浅ましい姿に映っているのか・・
「ちょっと、光ってますね〜、やっぱり随分濡らしたんですね〜、ぐふふふ」
「綺麗だ・・・たまらん・・」
男達は、口々に感想を述べあい・・にやにやと頷き合っている。こんな鑑賞会の様な事をこれ以上続けられては
堪らない・・・・だが、ブルーにはどうする事もできなかった。どれどれ?というようにブルーの悔しげな顔を
満足そうに見つめていた元傍観者までが、男達の側に回って覗き込んだ。
「あらやだ・・・ブルー?わかってるの?お尻の穴まで丸見えよ!うふふ、恥ずかしいわね〜」
やはり・・・そう言われてブルーは先ほど腰を浮かされた時に感じたかすかな不安が的中したのを知った・・・男達の
目に映っているものは恥ずかしい状態の秘部だけではない・・追い打ちをかけるように、また元傍観者が鏡をとりだして
こちらに向けて鼻で笑った。まさか・・そんな・・・どんなに好きな人にも晒したくないような所を・・・さっきから
光続けている鬼ノ目のカメラにはこんな所までも・・・外気のわずかな流れがお尻の穴を撫でつけているのが判る・・
「いや〜〜〜〜!見ないで〜〜〜〜!もう・・・やめて〜〜!見ないで〜〜!」
思わず取り乱した、ブルーの動揺ぶりに男達は大喜びだ・・
「見ないでって言われてもね〜、こ〜〜んなに大股開きで見せつけられちゃね〜〜、へっへっ」
ブルーのこの発言に皆がにやにやと頷いている。ブルーは早くこの姿を開放して欲しくてこう言った。
「縄を解いて・・早く・・・私を犯したいのならそうすればいいわ・・・こんな格好じゃ逃げられないし・・縛っておく
必要はないでしょ?・・・ほら・・・さっさと犯せばいいのよ!」
こんな風にお尻の穴まで観察されて、晒し者に成っているよりは、どうせ、この状況なら犯されずに済むわけがないの
だから、早く目的を達成させて、開放されたい・・・犯されている間だけじっと心と身体を閉ざしていれば・・・

318 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 11:27:26 ID:Jw9hlCPR
そして>>317はテロに巻き込まれて死にました。

319 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 11:31:22 ID:Jw9hlCPR
コテが登場してるのが気にいらない!!きもい!!

320 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 12:45:04 ID:NZfBUCQ1
「変ですね〜、それが人にモノを頼む態度ですか?先程ちゃんと言葉遣いをお教えしたはずなんですけどね〜、
残念だけどまだ、お仕置きが足りないようですね・・・」
甘粕が皮肉たっぷりにしかも満足気にそう言った。ブルーは後悔していた・・・浅はかだった・・・やっと、気づいたのだ・・・
男達はわざと挑発していたのだ・・・今までの全てが逆だったのだ・・男達はブルーに素直に従われては面白くないと・・・
「さてと・・それじゃ、また新たなお仕置きを考えますか、ふふふ」
「ま、待って・・・待って・・下さい・・・・」
悔しさの為に思うように声がでない・・蚊の鳴くような声で菜々子が・・・甘粕に哀願した。
「ん?なんですか?」
「あ・・あやまります・・」
もう、ブルーにはひたすら謝って許しを乞うしか方法が思い当たらなかった。逆らい続ければ、これからどんな酷い
仕打ちがまっているのか・・次から次ぎに打ち出す甘粕の屈辱の手段には際限が無いように思われたのだった。
「ほ〜う、謝る・・とおっしゃいますと?」
この時点でブルーは甘粕のサディストとしての巧みな話術にすっかり嵌ってしまっていた。何かを含むような甘粕の言い
回しに怯え、考え得る限りに丁寧な言葉でこう言ったのだ。
「自分の・・立場も・・わきまえず・・・失礼な事を・・言ってしまって・・お詫び・・致します」
「そうですか、自分の立場がわかりましたか・・で?」
「縄を・・・縄を・・解いて・・・頂けませんか?」
こんな人達に何故屈服しなければならないの?そんな悔しさで、ブルーの胸は張り裂けそうだった。不自由な姿勢のまま
丁寧な言葉で懇願するブルーの姿は傍目には滑稽なのだが、他の者達は笑いを堪えてこの甘粕とブルーの奇妙な会話を
黙って見守っていた。

321 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 12:50:28 ID:Jw9hlCPR
そして>>320は整形手術に失敗して死にました。めでたしめでたし。

322 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 13:01:05 ID:NZfBUCQ1
「おやおや?立場を心得たのなら・・・ただ縄を解いて貰えるとは思ってはいませんよね?」
この質問にブルーはたじろいだ・・・・一体どう答えたら良いのかわからなかったのだ。暫くの間重苦しい無言の時が
続いた。暫くして、勘の悪いブルーにあきれたのか甘粕が苦笑いをしながら言った。
「縄を解いても、ちゃんと言うことを聞くって約束してくれないんですか?」
この言葉がサディストとしての甘粕の罠だったのだが、もうそれに気づく余裕はブルーにはなかった。
「あ・・は、はい・・約束します・・・」
「そうですか、でもこんな口約束じゃ信用できないな〜」
なんとか、この状況を打開できそうな気がしてきていた、ブルーにとってこの話し合いを成就させる事がいつのまにか
最優先事項になっていた。甘粕の言葉の意味を深く考えている余裕もなく・・
「どうすれば・・信用・・して頂けるんですか?」
「そうでね〜・・・・・・・じゃ、鬼ノ目さんのカメラに証拠を残しましょう、カメラに向かって約束してください。
できますか?」
「はい・・・・」
もう成り行きに任せるしかない・・逆らえばお仕置きとしてまた何か企んでいるに違いない・・・従順にしていれば・・・
もうここまで来たら、犯される事は間違いないだろうし・・こんなにも大勢の男に・・という不安はあったが・・・
とにかく何をしようが、されようが・・精神的に屈しなければ・・・まだ耐えられる・・・と・・・・


★★コメント★★
自分では崩壊していないつもり・・・追い詰められてしまいました・・・ブルーはどうなるのでしょう?

323 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 13:05:49 ID:Jw9hlCPR
そして>>322は鬼に追いかけられて死にました。めでたしめでたし。

324 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 13:44:36 ID:NZfBUCQ1
細木クズ子さんいつもご愛読およびご出演ありがとうございます。
では次回は細木クズ子さんが屈辱的に鳴かされます。
ご期待くださいww

325 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 13:45:22 ID:Jw9hlCPR
ご愛読してねぇよ!だからやめろ&氏ね!

326 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 13:53:21 ID:NZfBUCQ1
(突然ですが、気まぐれによりクズ子ネタに変更です)

会議室のテーブルの上に無様ながに股人の字型に縄で固定されたクズ子は、甘粕の返事を待っていた。甘粕はというと、
元傍観者となにやら、部屋の隅に行きぼそぼそと話し合っていた。その間にも四郎、福原、水戸肛門、はニヤニヤと美紀の股間を
指さしながら勝手なことを言い合いながら笑っている・・・
「ほら・・逆三角形が縦長でしょ?あれは普段からよく手入れしている証拠ですよ・・ぐふふ」
「うんうん、お尻の穴の周りなんて・・どんな格好して剃ってるんだろうな〜」
「後で、あそこの毛をお守りに貰いたいですね〜へっへっへ・・」
あまりの下品な言葉にクズ子は、キッと男達をにらみつる。怒りの感情だけがクズ子をこの恥辱の宴から開放して
くれる・・恥ずかしいと思ってしまったら負けだ・・そう思って耐えていた。
「ふふふ、やっと誓いの言葉がきまりましたよ」
『誓いの言葉?』クズ子には意味が判らなかった・・・福原はニヤニヤしながら元傍観者とテーブルの方へ戻ってきた・・
2人は逆らわなくなったクズ子に打つ手が無くて悩んでいるのかと思っていたがそうではなかった、何を言わせようかと
楽しんで居たのだ・・何をやっても彼らを楽しませてしまう・・悔しい・・打つ手がないのはクズ子だけだったのだ。
「それでは、撮影を開始しましょうか。ふふふ、では主演女優さんにセリフを覚えてもらいますかね」
福原がなにやらメモを出してクズ子に突き付けた・・その内容を見てクズ子は驚愕の表情を禁じ得なかった。
そこにはこう書かれていた。

327 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:00:34 ID:Jw9hlCPR
>>326が教室に入るとこんな声が聞こえてきた

ゴミゴミ  かかわるな 臭いぞ きもいぞ くたばれ 死ね
悪臭が漂う・・・ わっ。やめろ。公害病にかかる。
くるなくるな やめるんだうううう きんもぉぉぉぉぉぉぉぉ
うんこ食ったほうがいいわぁぁぁ やめろ書き込むなこのウイルスが
うわぁぁぁお前がいるなんてぇぇ 屈辱だ いや、俺の生きる術とは?
ぎゃあああ 臭すぎてさっきそこにいたカメムシがぁぁぁ 死んでる
お前のせいだぞおおお 命を大切にぃぃぃ うわっ臭う くるな
うんこが恋しいぃぃぃ >>326きいんも アフリカ行け 
うわぁぁぁぁ 苦しいいいい  のわぁぁぁぁ 何か発疹が出たあああ
吐き気がする トイレぇぇぇぇぇ 臭い 我慢できなぃぃぃぃぃぃぃぃのっ
ヴオオアェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェェ
ああ 昼間食べた 牛丼がぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
くそおお >>1死ね でも臭くて殺せないぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ
ぬっ ゴキブリもドブネズミも皆逃げているうわああああああああ
臭い臭い 気絶しそうだ ぬわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ
きもいくさい 死ね >>326 臭い臭いよぉぉぉ誰か助けてぇぇぇぇぇぇぇ
がぁぁぁぁぁ しょうがない 便器のなかに入るぞ 名案だぁ
うわっうんこのいい臭い やっと脱出した でも外でも臭うわあああ
人が倒れていくううう >>326が殺したああああああああああ
この公害が! 死ねうんこ いや、それ言ったらうんこが可哀想
やばい 意識が朦朧と・・・気持ち悪い・・死にそう ぶはっ。
ぐわあああ 全世界が蝕まれていくぅぅぅ 助けてヘドロぉぉぉぉ
うんこ助けてぇぇぇ うぶぁわあああ 口から血が泡が・・・
下痢でも血便でもいいから助けて 俺はおかされるが・・やばい
死ぬ 核爆弾落としてぇぇぇ 楽に死にたいぃぃぃぃぃぃぃぃ

>>326はいつもの事なので慣れていたが、泣きそうになった。

328 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 14:01:06 ID:NZfBUCQ1
『私、細木クズ子は、元傍観者様、甘粕様、福原様、鬼の目様、セレネース様、メン同盟様、四郎様、水戸肛門様に対し、
今までの非礼をお詫びするとともに、今後、どのようなご命令を頂こうとも逆らうこと無く従う事を誓います。
又、私、細木クズ子の身体はこれより皆様の共有物となり、如何なる時も提供致します。万が一この誓いに反した場合、
皆様がお持ちの細木クズ子の淫らな姿を晒した画像をどのように処分されても、異議申し立てはいたしません。
どうかこの哀れな肉奴隷を末永く可愛がって下さい。  淫乱メス奴隷 細木クズ子』

この人達は・・クズ子は心の整理が付かなかった・・これを読んでしまったらこの場だけの事では済まされない、
今まで鬼の目のカメラは今回の事でクズ子の口を塞ぐ為だけに撮っているのだと思っていたのに、今後も利用しようと
いうのか・・この誓いの言葉を言うべきなのかどうか・・言わなかったらどうだろう?彼らもここまでの事をするから
には、きっとそれなりの覚悟はできているのだろう・・あくまでも逆らい続ければ、延々と陵辱され続けやがて朝には
画像と共に、この姿のまま他の社員の前に・・・それだけは避けなければ・・・その後彼らが警察に捕まろうとも自分の
晒した姿は永遠に社内に残るのだ・・・等と考えを整理していると
「しっかり、覚えて、間違えないように言うのよ、うふふ、間違えたらお仕置きよ・・」
突き付けられたメモの横から元傍観者が蔑むような目 つきで言った。『間違えたらお仕置き』その言葉がクズ子に重く
のしかかった・・そんな事聞いてない・・と言いたかったが、逆らえばまた・・・彼らにとっては、初めから同じ事、
クズ子を辱めたいだけなのだ・・クズ子にとってせめてもの抵抗といえば、この長い文章を間違えずに言ってのけて・・
ガッカリさせてやる事のみ・・

329 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:01:58 ID:Jw9hlCPR
>>327
×>>1死ね
>>326死ね





 
\ゴルァ! >>326 逃がさんぞ!!                      
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ドッカン  
           _m,      ドッカン        ☆
=======) ))               ./ ゴガギーン
     ミ∧_∧ | |               /               ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     .(   .). | |        ,_r_''''''''''''''''''''''''''''''ー---ュ、.   (^Д^ ) < おらっ!>>326 でてこい!
     「  ⌒  ̄_ ,|      /∧_∧口 ゙゙゙̄'''''ーr' r''"if ̄ ゙ヾヽ   / 「    \  \__________
    |     /  ̄      r;;x'" (;´Д` )>>1     ;/   ||   |)`ー.| |    /\\
    |    .|      _,../_ // ⌒ ヾ)       /,-‐、 ,.i|r: '' " . へ//|  |  |. |
    |   .i  |   ,. -''"     ゙゙̄'''''ー-- ...,,,,_ / r--'' . (\/,.へ \|  | ::( .)
    |  ∧. | ∠.,_              ,. -       .\//::; \    |  ''~
    |  | | |,..{ : : : i `''''oー--..___ ,. - '"  ,..、   _,. -'"  /; リ|' .Y ./
    |  | | |. { `''ート二_:: /_;_;_;_/ : :}  /  | -''"   _,.,-‐':;,ゞ._リ | .|
   ./ / / ./ ヾヾニ[ ̄`'! 、  _  ̄ _/ /⌒l;|_,... -‐'''"    ヾ--''   | .|
  . / ./ ./ ./    ヾ二> ー-- ....,,__,,,...ノ::{ :;! リ             | .|
  (_) .(_).                ヾ:;;;;ゝシ             ,(_.)

330 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:03:01 ID:Jw9hlCPR
>>329
×>>1
>>326

                   _ _     .'  , .. ∧_∧
          ∧  _ - ― = ̄  ̄`:, .∴ '     (    )  >>326
         , -'' ̄    __――=', ・,‘ r⌒>  _/ /
        /   -―  ̄ ̄   ̄"'" .   ’ | y'⌒  ⌒i
       /   ノ                 |  /  ノ |
      /  , イ )                 , ー'  /´ヾ_ノ
      /   _, \               / ,  ノ
      |  / \  `、            / / /
      j  /  ヽ  |           / / ,'
    / ノ   {  |          /  /|  |
   / /     | (_         !、_/ /   〉
  `、_〉      ー‐‐`            |_/

331 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:03:48 ID:Jw9hlCPR
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\
  /∵∴∴,(・)(・)∴|
  |∵∵/   ○ \|
  |∵ /  三 | 三 |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |∵ |   __|__  | < 
   \|   \_/ /  \_____
      \____/    |      
   /⌒    ⌒ヽ     |||
  / _イ    /⌒\    ||||
  (___つ/     \   |||||
    / /   イ\   \  /\グシャッ
    |     /|   \  \∧ │ ☆   
    \_/  |     \<  >/   ●  ●
       │  |    ☆ \∨;:":; l;:;  ●● ●
       /  ノ       :;:;从:.,,从从*;+● ●
      /  /      Σ l,,;;l;l*゜;l::;,゚:;.。,.,:;;;;:;;+;,,;  
     丿 /         |     x x   |  ごめんなさい
    (  (__         |     )●(  |
     ヽ_ノ        . \     Α   ノ
                  \____/ >>328


332 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 14:24:41 ID:NZfBUCQ1
「どれどれ・・こりゃ長いね〜、間違えないで言えるかな〜、うへへへ・・」
セレネースはお仕置きと聞いて、早くも間違えるのを期待しているように言った。
この男の期待どおりになんて絶対に嫌だ、そう思って改めてメモを見つめる。とはいえ、こんなにも屈辱的な内容を
頭に叩き込まなければならないとは・・・自分で自分が情けなくなってくる・・・
「さて、もういいでしょう?では、鬼の目さんカメラお願いします、ふふふ」
「そうだな〜、このアングルが良いかな〜、へっへっへ」
と鬼の目がカメラを構えたのは、クズ子の股間に丁度正対する位置だ・・・予想はしていたものの・・
おそらく、さっき元傍観者に鏡で見せられたのと同じものが・・あのカメラに・・・と思うとクズ子は情けなくなってきた・・
「おやおや〜〜?これじゃ顔が判りづらいな〜・・誰か頭を上げさせてもらえないかな〜」
鬼の目がカメラを覗きながら言う
「じゃ、もう一つのクッションを頭にいれますか・・へへへへ〜」
セレネースが乱暴にクズ子の頭を上げさせるとクッションを差し込んできた。かなり無理な姿勢になりクズ子は息苦しさを
感じていた。
「うんうん、それで良い・・顔も良く判るし・・・・ひひひ・・・あそこもお尻の穴もばっちりだ」
「さ、それじゃ・・言ってもらいましょうか?」
甘粕がそう言うと・・会議室は静かになった・・・全員が息をのんで注目していた。こんな中で屈辱的なセリフを言わ
なければならない・・・間違えれば・・・とにかく早く終わらせよう・・・
「私・・・細木クズ子は・・・・元傍観者・・様、甘粕・・様、福原・・様、鬼の目・・・様、セレネース・・・様、
メン同盟・・・・様、四郎・・・・様、水戸肛門・・・様・・・に対し・・・今までの非礼をお詫びするとともに・・・」

「駄目ね・・全然感情がこもってないわ、ホントに詫びる気があるのかしら?」
すぐに元傍観者が遮った

333 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:35:32 ID:Jw9hlCPR
           _∧_∧
        / ̄ ( ・∀・)⌒\
   __    /  _|     |   |
   ヽヽ   /  /  \    |   |           ,,,,,,,iiiiillllll!!!!!!!lllllliiiii,,,,,,,
    \\|  |____|   .|   |           .,llll゙゙゙゙゙        ゙゙゙゙゙lllll,
     \/  \       |   |           .|!!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!!|
     | ヽ_「\      |   |、         |  ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙ .|
     |    \ \――、. |   | ヽ         .|     .゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙     |
     |   / \ "-、,  `|  |  ヽ       |               |
  _/   /    "-, "' (_  ヽ  ヽ      .|               |
/    __ノ      "'m__`\ヽ_,,,, ヽ      |               |
`ー― ̄          ヽ、__`/ー_,,,, ゙゙゙゙!!!!!!!lllllllliii|               |
                    \゙゙゙゙゙゙゙!!!!!lllllllliiiii|               |
                      \   ヽ   |               |
                       ヽ   \  |               |
                        |     \.|               |
                        `ヽ、,,_ノ|               |
                              ゙゙!!!,,,,,,,,       ,,,,,,,,,!!!゙゙
                                   ゙゙゙゙!!!!llllliiiiiiiiiilllll!!!!゙゙゙゙
                                /.// ・l|∵ ヽ\ ←>>332

334 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:38:29 ID:Jw9hlCPR
ボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコ
コボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコ
ボコボコボコボコ∧_∧ ∧_∧∧_∧ボコボコボコボコ
ボコボコ∧_∧´・ω・)(´・ω・`)・ω・`∧_∧ボコボコ
ホコボコ(´・ω・)∧_,∧lll ∪)∧_∧・ω・`)ボコボコ
ボコボコ∧_∧ ´・ω∧∪∧(・ω・∧_∧⊂)ボコボコ
コボコ(´・ω・)≡つ);;)ω(;;(⊂≡(・ω・`)___\ボコボコ
ボコボ(っ  つ=つ(っ>>332⊂)⊂=⊂≡ ⊂) \ )ボコボコ
ボコボコ/∧_∧∧_∧ ∧ ∧_∧∧_∧\ボコボコ
ボコボ( ( ´・ω)(  ´・)(    )`  )(ω・` ) )ボコボコ
コボコ(っ  つ/    )(    )   \ ⊂)ボコボコ
ボコボ/   )`u-u'. バ∪ ̄∪バ`u-u'   \ボコボコ
ボコ( / ̄∪ボコボコボコボコボコボコボコ∪ ̄\ )ボコボコ
ボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコ
コボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコボコ

335 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 14:44:36 ID:1gjC6ZQ+
ツンデレ女=わがまま女

336 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 14:44:38 ID:NZfBUCQ1
「目が冷めてるし、こんなの残しても全然面白くないわ!」
「そうですね〜、へへっ、元傍観者さんのおっしゃる通りですね、もっと感情込めて言ってもらわないと!」
まったく、腰巾着なんだから・・元傍観者の言った事を繰り返すセレネースにクズ子はなんだか無性に腹が立った。
「じゃ・・先に感じを出す練習してもらいますか・・・・うへへへへ」
とセレネースが、いやらしい視線をクズ子の股間に向けたまま、また余計な事を言う・・・どうせ元傍観者にピシャリとやられて・・・・
「そうね・・・それがいいかもしれないわね・・・うふふふ」
元傍観者がクズ子の思惑とは反対に、珍しくセレネースの発言に賛成した・・・
「!!!」
クズ子は動揺した・・せっかく、この恥ずかしい姿勢からもう少しで逃れられると思っていたのに・・・
「言います・・ちゃんと・・言いますから・・もう一度・・・」
「駄目よ、あんなに冷めた目で一度言った癖に・・そんなにすぐに変われる訳ないじゃないの!」
クズ子の必死の願いも元傍観者にピシャリと押さえられてしまった。
いやらしい笑いを連発しながらセレネースが嬉しそうに、クズ子の身体を隅々まで舐めるように見直している・・・
「うふふふ、そうねぇ〜・・クズ子が一番嫌がるだろうし・・それはそれで、ちょっと面白い見物かもしれないわね、
うふふ・・だけど、ちゃんとできるの?・・・セレネースさん・・」
一体セレネースに何を?・・・まさか・・・とうとう・・犯されるのか・・・ああ・・よりによって・・・
「心配いりませんよ・・うへへへ・・・この為に道具を買って来たんだから・・・うへへへ」
とセレネースはそそくさと、部屋の隅に行きなにやら紙袋を取ってくると、クズ子の脚の間に置いてにやにやしながら・・
クズ子に一つ一つ見せて確認させるように取り出し並べ始めた。
「いったい・・何を?」
それが・・大人のオモチャと言われるものだと言う事ぐらいはクズ子にも判断がついた。しかし、ただ犯されると思い
込んでいたクズ子は思わず・・呟いていた・・

337 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:48:13 ID:Jw9hlCPR
    ( ^ω^)     ∧_∧
   /    \      (    ) 死ねって
__| |>>336| |_   /    ヽ
||\  ̄ ̄ ̄ ̄   / .|   | |
||\..∧_∧    (⌒\|__./ ./
|||.  (    )     ~\_____ノ|   ∧_∧.
  _/   ヽ は?死ねよ  \|   ( ´_ゝ`) 何だコイツ?
.  |     ヽ          \ /    ヽ.
.  |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
.  .|    ヽ \∧_∧   (⌒\|__./ ./
   ヽ、___ (    ) プッ  ~\_____ノ|  ∧_∧
.         _/   ヽ          \|  (´Д` )きめぇ
.         |     ヽ          \ /    ヽ、
.         |    |ヽ、二⌒)       / .|   | |
.         .|    ヽ \\       (⌒\|__./ ./
.         ヽ、____ \\       ~\_____ノ|


338 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 14:50:49 ID:Jw9hlCPR
  . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::::::::: ::::|. . : : : :: : : :: : ::: :: : :::: :: ::: ::: :::::::::::::::::
      ∧_∧ . . . .: ::::::::: ::::|  . . . : : : : ∧_∧:::::: :::::::::: ::::★:
     /彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::::::::::::|      (;;;::::::  ) . . .: : : ::: : :: :::::::
     / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .:: :::::::|      /⌒:::::⌒\:. . .: : : :::::: ::::::::
    / :::/>>336ヽ ヽ ::l: : : : ::::|     /;;;;;:::::::::::::  \. .:: :.: ::: . ::::::::::
 ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ::::::  |     |;;>>336;;;;;ノ\ .\::. :. .:: : :: :::
             .┌───┴───┐
             .│              │
────────┤    終 了     ├────────────
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: │              │:::::: :::::::::::: : :::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: └───┬───┘:::∧_∧ . . . .: : : ::: : :: ::::::: ::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: ::: :::::::::::|     :::(,-‐、_,‐-、 . . . .: : : ::: : :: ::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::: :::::: :::::|     :::/ , >>336 \ . . . .: : : ::: : :: :::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: : :::::::::::: ::::::|     :::/::::/ヽ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/::
::::::::::::::::::::::∧_∧::: ::::: :: :::::::::::|     :::(_二 / ペンキ塗りたて  /::::
:::::::::::::::/⌒ ̄⌒ヽ)'ヽ:::::::::::::::::: :|      :::l⌒/________/:::::::
::::::::::::/;;;;;;;;;::   ::::ヽ;; |::::::::::: :::: :.|   ::::::|| ̄i ̄||   | ::|   ::|| ::::::||:::::::::
:::::::::::|;;;;;;;;;::  ノヽ__ノ: :::::: :: : :::::|   ::::::||:::_,| :::||   | ::|   ::::|| ::::::||:::::::::
 ̄ ̄l>>336/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::: ::|   ::::::||(_,ノ||. (__)  ::::|| ::::::||:::::::::

339 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 15:27:52 ID:NZfBUCQ1
「あら?わからないの?うふふふ、クズ子はこれから・・セレネースさんにいっぱい感じさせてもらうのよ、うふふふ、
セレネースさんの手で・・Hなクズ子を引き出してもらって、いい表情ができたらもう一度誓いの言葉を言ってもらうのよ、
うふふ・・良かったわね〜」
「へへへっ・・・どんな声で鳴くのかな〜・・それに・・どんな顔してイクのかな?・・・へへへっ」
セレネースの言葉で、やっと元傍観者の意図することが判った・・・皆の前であられもない姿を晒させて・・・
クズ子を追い込もうというのだ・・・絶対に思惑通りには・・・嫌な男の手はどんな事があっても嫌なのだ・・・
そんな手で自分が感じてしまう訳がない・・・私の反応がなければ・・沢村が恥をかくはず・・・意地でも・・
耐え抜こう・・そう思っていると・・セレネースがにやにやと何かの容器を取り出して、
クズ子の視界に現れた・・・・この男の媚びたいやらしい笑い顔は何度見ても・・背筋に悪寒が走る・・
「うへへへへ、可愛がってあげますよ・・ほら・・まずは・・こいつで・・うへへへ・・」
そう言うとセレネースは手に持った容器をクズ子の胸の上でゆっくりと傾けた・・・容器からは透明のトロンとした液体が・・・
ほどなく・・クズ子の右の乳首に冷たい液体の感触が・・・・セレネースはそのまま容器を左の乳房のほうへ・・・
両胸を冷たい液体の皮膜が覆い尽くしていくのが判る・・・
「ほ〜〜ら、うへへへ・・たっぷり垂らしてやるぞ〜〜、うへへへ・・・」
醜い・・こんな醜悪な笑い顔の男に・・クズ子は身動きの出来ない自分を呪った・・・胸を満たした液体は・・・
冷たい軌跡を残しながら・・脇腹に垂れていく・・・言い表しようのない、くすぐったいような感覚が・・クズ子を襲う・・・
「ほ〜ら・・おへそにも・・・それから・・・うへへへへ〜〜」
と嬉しそうに・・セレネースは次々と・・・ヒンヤリとした軌跡をクズ子の身体に描いてゆき・・・・遂には・・その瞬間
思わず・・クズ子は・・身体に力が入り・・・ぴくりと・・だがセレネースはお構いなしに・・・・股間に・・・大量に注ぎ
始めた・・大きく脚を開かされ・・・腰を浮かされている・・狙いすましたように・・中心部に・・・直接 ・・・・
そして・・・あふれ出した液体は・・・戸渡りからお尻へ・・・・

340 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 15:30:47 ID:Jw9hlCPR
         ,..-‐−- 、、
       ,ィ":::::::::::::::::::;;;;;:ii>;,、
        /:::::::::::::::;;;;;;;;iii彡" :ヤi、                  ゴミのようだ
       i::::::::::::;:"~ ̄     ::i||li
        |:::::::::j'_,.ィ^' ‐、 _,,. ::iii》               ゴミのようだ
      |:::i´`  `‐-‐"^{" `リ"
        ヾ;Y     ,.,li`~~i         ゴミのようだ
          `i、   ・=-_、, .:/
        | ヽ    ''  .:/
ー-- ,,__,,, |   ` ‐- 、、ノ                ゴミのようだ
;;;;;;;l;;;;;;;ヽ_ ̄``''‐- 、 , -‐}
;;;;;;l;;;;;;;;;;;ヽ ̄`''‐- 、l!//{`‐-、                      ゴミのようだ
l;;;;;;`''=‐- \‐-ッ'´ ', ' ,ヽ;;;;ヽ\_                       ゴミのようだ
;;;;;;;;;;;`'‐ 、;;;;;;;;;;;>'   ', ' ,ヽ<;;;;;; ̄`'‐、           メ / )`) )
l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐ /     ,   ' ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ        メ ////ノ
;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l      ,    l;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;l!      メ /ノ )´`´/彡    ゴミのようだ
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;-‐`‐-‐i''‐-、   _ ,, l;;;;;;;;;;;l::::::::::::l      /   ノゝ /
;;;;;;;;;;;;;;;;;;‐'´-‐''' ´ {_,,r'' _,,r''-‐'';;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;;l     /| 、_,,ィ '__/>>339
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;_,,_;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l;;;;;;;;;;l   /;;;;;;\ _/  |ニニニニ|

341 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 15:32:19 ID:Jw9hlCPR
             ドンドコドンドコ!ドンドコドンドコ!
 ずーり        ∧_∧       ∧_∧
            ω・   丶.    ω・   丶.         ずーり
      ∧_∧   ヽ___丶...  ヽ___丶... ∧_∧
     (・ ω ・ )                     (    丶
     ヽ____丶      ∧_∧    ∧_∧     ヽ___\   ご〜る〜ふ 〜
   ∧_∧  ずーり   /   ・ω  ./  ・ω         ∧_∧
  (・ω・ 丶      ∧_∧__ノ...../____ノ ∧_∧   (    丶
  ヽ___\   /    )          /  ・ω・)    ヽ___ヽ     ご〜る〜ふ〜
  ∧_∧     ∧_∧ _ノ  ヒ、ヒィー   ...../_∧_∧      ∧_∧
 (・ ω ・ )     (    )   ('A`≡'A`)     ( ・ ω ・ )     (     )
 ヽ___ヽ    ヽ ∧_∧   人ヘ )ヘ  ∧_∧__ノ    ヽ___ヽ
   ∧_∧     (・    ヽ   >>339  (・ω・  \      ∧_∧
  ( ・ ω ・ )     ヽ_ ∧_∧   ∧_∧___ノ     (     )    ご〜る〜ふ〜
  ノ____ノ        ω・   \ ω・   \       ノ___/
        ∧_∧    ヽ____\ヽ___ノずーり ∧_∧_
      /  ・ω・)                   /    ・)
     ノ____ ノ   ∧_∧      ∧_∧  /___/  ずーり
              /   ・ω    /   ・ω
 ずーり       ...ノ___/   .../____/

342 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 15:36:50 ID:Jw9hlCPR
   /⌒⌒γ⌒ 、
  /      γ   ヽ
  l       γ   ヽ
 l   i"´  ̄`^´ ̄`゛i |
 |   |         | |
 ヽ  / ,へ    ,へ ヽ./
  !、/   一   一 V  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |6|      |     .|  | さぁ、>>339
  ヽl   /( 、, )\  )<|  死刑でしょうか!?
   |   ヽ ヽ二フ ) /  |  史上最強の弁護士軍団の答えは!?
   丶        .ノ    \_________________
    | \ ヽ、_,ノ
   . |    ー-イ
        ∧_∧    ((((( ))))    ∧__∧    ∧_∧
       ( @∀@)   ○(( ´∀`)    (□∀□)   ( ・∀・)
       (     )   (    )   (     )   (    )
     ┏━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┳━━━━━┓
     ┃┏━━━┓┃┏━━━┓┃┏━━━┓┃┏━━━┓┃
     ┃┃ 死刑 ┃┃┃ 死刑 ┃┃┃ 死刑 ┃┃┃ 死刑 ┃┃
     ┃┗━━━┛┃┗━━━┛┃┗━━━┛┃┗━━━┛┃
     ┗━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┻━━━━━┛
 /    バ   ー   ー   ー   ー   ー  ー   ー   ン   \

343 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/12/25(月) 15:39:46 ID:NZfBUCQ1
「よ〜〜し・・・こんなもんかな・・うへっうへへ・・それじゃ・・ほら、力抜いて下さいよ・・うへへ」
いよいよだ・・・この醜悪な男の手が・・身体を這いずり回る・・・悔しい・・・クズ子は無骨なセレネースのグローブの
ような手のごわごわした感触を想像して・・防御すべく身を固くした・・
にゅるっ!・・・いきなり両乳房を下からすくい上げるように・・・セレネースの手が揉み上げた・・・
「ううっ・・」
あまりの悔しさに・・思わず食いしばった口元からうめき声がもれる・・・・
「うへっうへっ・・・うへへへへ・・たまらね〜な〜柔らかくて・・・適度に張って・・・うへへ・・」
嬉しそうに・・・セレネースが皆を見回しながら・・・胸を揉み続ける・・・液体を塗り伸ばすように・・・大きく乳房を包み
込むように・・何度も・・・そして時に・・・脇腹にこぼ れていく液体をすくいまた乳房に・・・その感触はグローブの
ような手からクズ子が想像していた荒々しい感触とは程遠く、乳房を揉む強さも液体により微妙に拡散されて気持ちよい
のだ・・どんなにクズ子が身体に力を入れて拒もうとも・・コントロールし得ない・・・
「うへへへ・・気持ちいいでしょ〜?・・このローション・・風俗でも使ってる優れものなんですよ〜」
言いながらセレネースの手は次第に・・大胆に広範囲に這い回りだす・・・殆ど身動きのできないクズ子だが・・
あまりの感触にじっとしていられない・・腰を捻って何とか敏感な部分に触れられないようにと・・・
「うへへへ・・・段々気分が出てきたんじゃないですか〜?・・うへへ・・それにしても・・触り心地の良い肌だな〜・・・
ほ〜〜ら・・ぷりん・・ぷりん・・・」
セレネースが、口調に合わせて乳房を手のひらで揉みながら揺する・・・皆にみせびらかすように・・クズ子の乳房を弄ぶ・・・
こんな男に触り心地の感想など言われて悔しい。しかも徐々に身体が再び熱くなっている自分が判り情けなくもある・・・
「おや〜?なんだか、乳首が固くなってきてるみたいですけど〜〜?うへっうへへっ・・うへへへへ」
クズ子にはどうしようもなかった・・・ヌルヌルとした肌をこう執拗に撫で回されては・・・頭の中のセレネースに対する
憎悪とは別に・・・反応すべき所は反応し始めて居た・・・

344 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 15:42:48 ID:Jw9hlCPR
       ____,....
  ,. ‐';ニ"´ニイ:i!:、ヽ:.:`ヽ、_
/.:///:.イ:.|:|:|i:.:ヽ:.、ヽ:、ヽ、
:.:/:/./://:|:.:|:!:|:|i:.:.:゙,:.:.:.リ:.ヽ\
./:.:/:/:.:.//ハ:.:i:.:l:.:.i:.:.:i:.ヽ`:|:!:.:ヽヽ
:.:/.:/:.:./:.l!::.:.ハ:.V:.;、:i:.:.|:.:.ヽ|:.i:.i:.:.',:.゙:,
/l!:/.:.:/|!.|:.:./ハ:',:|:ヽ:、|!:.:.:.ハ:.||:.',:.i:、:',
!|l,:!:.:.:.:|.| |レ/∧:l:メ!:.ヽ:.:|:.|/:.i:.リ:、',:|:.i:.i
:|l.|:.:.:.:|!.:|:.//¬i:.{‐、.:|.ト、:l:|、:.!:.:.i:ヽ|:.|:|
i:.:| |:.:.|l:.:.l/ィ示ヽミ !.メ| 〉ヽ!:|_!:.|:i.:N:.|
:.:.l!:l、.:.:l、:l`ヽ::ノ_, ' リ |i |.,.ィl、.|::!||:.メ:リ
、:.l!.N、:い!.        !く:::ソ } |:.:|/:/
!:i、.i!リ ヽ!         , `~ /|:ノ:/
:.i|:iN  `      .: ノ  /:!レ/′
:、l:|ハ     、____    /::i/'′
小| ヽ     `''ー‐`''  /|/l
:.:トヽ  \       /                      r‐-、r‐-、r‐-、r‐-、
N|`ヽ   ヽ、    , '´      ┌───────┤  ||  ||  ||_..._|‐───────┐
``'''‐- ..,_   iT"´           | ー──────‐ |_...._||  ||_...._|ヽ_,ノ. ─────── |
、_    ``''‐N、           | DEATH NOTE .ヽ_,.ノ|.-‐.|ヽ_,ノ                   |
 `ヽ、      i          | ─────────. `ー' ー‐─────────‐ |
、   `ヽ、   |           |  >>343             :                 |
、`ヽ、   \  |          | ──────────‐ :. ──────────‐ |
 \ \   ヽ.|ヽ         |                   :                  |
   ヽ ヽ   |  \          | ──────────‐ :. ──────────‐ |

345 :細木クズ子 ◆TrOSwnMb2Y :2006/12/25(月) 15:57:45 ID:Jw9hlCPR
ボコッ
   てめえは死んだ方が   . ,.'彡'・  グハァ!!!
    世の中のためになる ∧_∧';' ; ..  ∧_∧
         ∧∧/)、`二<ヽ;;゚`;;A´;;> ,;.゚. (´∀` ) 劣等人種は消えちまえ!
        (#゚Д゚/^)∴;'|;';.'/.;' '´。 ::;:,(    つ
        と  ´ //`W( ヽ(;;;((⌒ ̄ ̄ ̄_  )
         (  ノ`´//  ヽ Y ノ''::;;;;::'''"´ ̄ヽ \
         (__)彡  〈フ_フ ドカッ\\   (__)
>>343

154 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)