5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

背筋が寒くなる怖い話 第2夜

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/24(月) 19:25:35 ID:SD0s7lgI
これを読み終わった後、背筋が寒くなるはずです

背筋が寒くなったのなら、貴方の後ろには……

■ローカルルール
1.長文を投稿する時はメモ帳等で全部書き終えてから一気に投稿すること。
2.「あまり恐くないかも」とか「作り話だが」等の前置きは厳禁。
3.オリジナルを投稿する時は、その時点で著作権を放棄臭いです。
4.投稿内容は実話や自作でなくても可だがコピペはわかるようにすること。
5.書籍や映画などの引用は、引用元を示して下さい。
6.人の話に点数をつけたりしない。


前スレ
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1051964702/
http://mimizun.com:81/log/2ch/gender/love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1051964702
http://snapshot.publog.net/dat.php?url=http://love.2ch.net/test/read.cgi/gender/1051964702/

2 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫様 ◆UugWaBSxJg :2006/07/24(月) 20:43:16 ID:bKNxTLjY
歯ブラシと思って思いっきり歯磨いてたらカミソリでした^^

3 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/26(水) 16:56:22 ID:c1lTLjdX
在日の友人に聞いた話。

戦後間もないころはまだ北朝鮮がどんな国か分からず、
「北朝鮮は天国みたいなところだ」といううわさも流れていたらしい。

そんなある日、友人の母親の知人(北朝鮮国籍だったらしい)が
周りがとめるのも聞かず、北朝鮮へと単身渡った。

それからしばらくして定期的に家族の下へ手紙が送られてくるのだが、
いつも通り一遍のことしか書かれていない。
いわく、私は元気にやっています、ここはすばらしいところです、
皆さんもぜひ来てください、等々。

ところが、そこには詳しい日常のディーテイルは書かれていない。

彼の家族がおかしいな、と思い始めたあるとき、
その封筒にはられている切手がハラリ、と落ちた。
それを拾ってふと裏返してみてびっくり。

その切手の裏の白い部分に小さな文字でびっしりと
ここはひどいところだ、みんな絶対にくるな、
などといったことが書かれていたのだ。

4 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/26(水) 22:07:43 ID:mNElcVdm
一昨年の夏。会社帰りに上司と飲んで電車に乗り帰宅していました。
終電だったので地元に着いたのは午前0時をまわってました。
トボトボ歩いて家の近くまできました。
アパートに一人暮らし。安い物件だったので住宅街の奥の方に私のアパートがあるんです。
アパートまで行くには車もギリギリはいれるような狭い道を通らなければいけないのです。
その道に差し掛かったとき道路に人が倒れてるのに気づき、
ちょっと怖かったのですが、声をかけてみました。
返事はなくどこか変だと思いました。
なぜならうつ伏せになって「きをつけ」をして道を塞ぐように倒れてるからです。
中年の男で紺色のスーツを着てました。
もう一度声をかけようと近くに寄ると男は何かぶつぶつ言ってました。
少し怖くなり素どうりして行こうと思ったのですが
道いっぱいに男が寝ているのでまたいで通るしかないのです。
しかたなく男の足のほうをまたいで男を踏まないようにびくびくしながらまたぎました。
すると男が起き上がり私を睨み付けながら
「お前、俺の影を踏んだな。お前のせいで全部台無しだ!」
と叫び、いきなり追いかけてきたのです。
わたしは悲鳴をあげながら死に物狂いで家まで逃げ鍵を掛け警察を呼びました。
5分くらいすると警官が2人きたのですが、その不審な人物は見つからなく
夜道の女性の一人歩きは危険ですと説教するとすぐ帰っていきました。
警官が帰った後も私は怖く電気をつけてその日は寝ました。
翌日、会社に出勤する用意をしドアを開けると紙が張ってありました。
汚い字で書き殴ったように
「あなたを一生恨みます。絶対許さない」と書いてありました。
その後その男を見ることはなくなりましたが引越ししました。
とても怖い出来事でした。みなさんも気をつけて。


5 :ヽ( ・∀・)ノ ◆UNKO/CECm2 :2006/07/28(金) 20:16:56 ID:8o5UoDZN
http://www.youtube.com/watch?v=uzrweX2WrZU



6 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/30(日) 22:37:06 ID:msgls6vx
納涼あげ

7 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/02(水) 09:57:08 ID:EFuf+IRO
【これからの流れ】
『日本の特アへの開国=属国』を小泉周辺が残り期間に道筋を付ける
【特アの不法滞在者数は万博後'05・7月以降一切発表なし=何を意味するかは解るハズ】
(3/1〜韓国人ビザ免除・恒久化決定済)
(→なんと中国全土にまでビザ発給を拡大する動きも。国交省と大臣+外務省のゴリ押し)
(→次期・国連事務総長が韓国人?日本外務省も常任理事国入りを認めるかもと吹聴しゴリ押し?)
→マスコミ+D通(+SB?)主導のネット自主規制団体誕生
→ネット自主規制
(→ネットでの実名表記義務化)
→日本向けという言葉を入れて、2chとブログも規制=言論抹殺
→人権擁護(=男女平等・市民オンブズパーソン・苦情処理)法案成立
→特アに主権移譲+沖縄の領土共有
→特許の共有
→日本は特アへの開国=属国


8 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/02(水) 10:02:23 ID:YFaQeu/0
男女板ならではの話が聞きたいな。

9 ::2006/08/03(木) 15:34:46 ID:xg0/6nbx
高校の時、隣のクラスの奴が退学した。
デブで根暗でヲタク系の奴だった。
自主退学って話だったけど、なんかそいつが学校に放火したかららしい。
放火って言ってもそんなに燃えてないから俺は全然知らなかったんだけどさ、
まあ、そんなことでそいつの机を同じクラスの奴等が片付けてたときだった。

「チャリーン」

何かが机の中から落ちてきた。
数本のメスと血の付いたティッシュュだった。
片付けてた友人はかなり怖がってた。

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/05(土) 01:23:36 ID:Hym+jJq2
zxこの件、つまり、男性論・女性論に特化した話題で?









背筋が寒くなる怖い話 第2夜
これに関しては、封印されていて、他の誰にも・・・・・・・・・・・・・・・・



やっぱ、これはまずいよ
知らない方が・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・いくらなんでも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・おれ、責任が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
も・・・・・・て・・・・・・・・な・・・・・い・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/05(土) 01:32:07 ID:Hym+jJq2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい

ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい
ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい・ごめんなさい

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



12 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/05(土) 01:42:53 ID:Hym+jJq2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・すると、鏡に映った自分の顔が、横顔を向けて、微笑んでいる
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



13 :野次馬:2006/08/05(土) 20:03:32 ID:hjEiK1MA
その日も男は度重なる残業で疲れていた。ため息をつきながらトボトボとマンションへ歩いていく。
ふと、おかしなことに気付いた。俺の部屋に電気がついている。
まあ、朝出るときに消し忘れたのだろう、と男は考えた。
しかし、いざ部屋に着きドアを開けようとすると、鍵が空いていた。
瞬間的に男は理解した。“泥棒”だ。男は怯えてカバンを盾のように構えながら、足音を立てぬようにそろりそろりと廊下を進んだ。
リビングには誰もいなかった。何故だかいい匂いがする。キッチンを調べてみるとホワイトシチューがたっぷり10人分は鍋に作られていた。
“何故俺の家で泥棒がクリームシチューを作っているのか”
男は言いようのない不安を感じた。以前読んだ小説を何となく思い出したのだ。
亭主が外で浮気をしている、そしてその妻は家でシチューを煮込んでいる。そこに夫を殺して入れるために。
男はとりあえずトイレへと向かった。広いリビングに居ると急に後ろから誰かに襲われそうな気がして怖かったのだ。
トイレのドアを開ける瞬間、そこに血走った眼をした強盗が血まみれの包丁を持って待ち構えているような恐怖に襲われたが、そんなことはなかった。
落ち着け、と男は腰を下ろして自分に言い聞かせた。
恐らく泥棒はこの家に盗みに入って余裕しゃくしゃくシチューを作っていたが、途中で帰ってくる俺に気付いて逃げ出したのだ。そうに決まっている。
とりあえずあのシチューは捨てよう、そう思った刹那、トトトト、と誰かの足音が聴こえた。
心臓が高鳴り、恐怖で汗が吹き出してくる。
“まだ泥棒は家にいる”
男は長らくトイレに籠って思案した末、ようやくリビングへと向かう決意を固めた。
いざリビングに向かうと、そこには見知らぬ女がこちらに背を向けて立っていた。
まな板に向かって何かを包丁で刻んでいる。やけにフリルのついた服を着ていて、それが狂気の度合いを示しているような気がした。
「俺の家で何をしている?」
男は精一杯の虚勢を張って声を出した。
女はピクリと反応した後、ゆっくりとこちらを振り向いた。虚ろな眼で包丁を片手に。
そして口の端を歪めて虚ろな眼のまま言った。
「お帰りなさいませ、ご主人さま」

14 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/06(日) 10:12:20 ID:/l6t13oy
怖い話

 テレビで見たから、単なるやらせかもしれんが…。
 あるテレビ番組で「とても大切な告白をしたいけど、どうしても出来ない」ヒトに協力する、
というコーナーがあって、ある女の子(Aさん)が応募した。彼女は親友(Bさん)の彼氏と浮気して
いて、そのことを親友に告白したいということだった。
 で「大事な話があるから○○に来て欲しい」と、テレビスタッフと一緒にBさんと彼氏を呼び出
した。ふたりとも、何の用なのか知らされていない。だがさすがに彼は、何かを感じて固まっていた。
 で、「え…なんでテレビ局のヒトが?」ときょとんとする親友を前に、Aさんは突然泣き出して、
「私たち、親友なのに…ごめんなさい」を連発しながら、簡単にまとめると

「もう、彼はあんたを愛していない。彼は私のことが好きなのだ。それが証拠に、もうあんたに
隠れて幾度も寝たのだ。それを理解したらさっさと消えろ」

 と、こういう意味のことを言い、さらに彼に「何度も自分と寝た」ことをBさんの前で認めさせ
た。Bさんは混乱し、しかし「ごめん、許して。親友なのに」を連発するAさんと、テレビカメラ
を前に…「うん、分かった。幸せになってね…」と泣きながら…。彼はただ呆然として…
 そして番組はこれを「美談」として放送していた。寒気がした…。

15 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/06(日) 13:16:07 ID:+g9tHyAp


16 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:04:35 ID:XuqgYlkd
あまりの、恐怖に、チンポも立たず
背筋が寒くなる怖い話

こ、こ、こわいよぅう
か、かあちゃ〜ん〜〜〜!!!!!

と、青年Aは、同じ、バンガローの、巨乳な同級生の
胸に飛び込もう
と、硬く決意したのでありやした・・・・・・・・
だって、そんなにも怖いと、トイレにいけないんで
おしっこもれちゃうしぃい。
もく、おねしょしちゃうしぃいい
一緒に手握ってててくれないと、もれちやうかもしないなしぃいい
あ、や、やめて、これ以上やめて

乙女の、もくの胸が、どきどきぃ(どこが、乙女だ)

たくましい、おねえたまに、守っていただかないと
壊れてしまう、純情な、もくたん

17 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:11:37 ID:djj8SqHl


そろそろ予定調和ネタ行こうか?
どれがいい?

・学歴
・ハルヒ
・妹
・肉便器
・嫌韓
・土曜の晩に何で糞2ちゃんやってんだろう?




18 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:13:47 ID:47OMtcXh
妖怪めりこみをご存知か?

19 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:14:38 ID:BIl3F3as
エイズに感染した女が、隠して一人でも多くうつしている現実。
バイで男女関係無し。自我崩壊中。

20 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:20:36 ID:XuqgYlkd
お題は、学歴 、ハルヒ 、妹 、肉便器 、嫌韓
土曜の晩に何で糞2ちゃんやってんだろう?

だってさ。
んもぉううう、考える方の身になってよねぇえ
失礼しちゃうわぁあ、ぷんぷん
色々と、ネタも仕込みも大変なのに
き、きみたち、くちを開けてただ待っている
だげぇ〜〜〜
き、きみたち、ほんでもって、つまんね

と言う
だけぇえええ〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜


だったら、ネタもっこいや、おらおら


21 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/12(土) 22:45:18 ID:+PFjBcdl
>>14
怖いって言うか汚い話だな。

じゃ俺もひとつネタを↓
http://moemoe.homeip.net/static/3223.html

22 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/13(日) 14:52:20 ID:0lSHcQzp
 昔、ものすごい話を読んだことがある。

 ある精神科に恋人同伴で若い男性がやってきた。極度のウツ状態で、もう一切の自信を
喪失している。こんなきれいで献身的な恋人がいて、まだ若いのになぜ?、と医師は首を
傾げながらも何日も診察するうち、やっと彼が重い口を開いた。
 彼女と知り合い、その美貌にも女性らしい配慮にも虜となった彼は、思いがけず彼女が
交際を許してくれたことに有頂天になった。ところが何日かするうちに、彼女が彼の生活
面について「だらしがない、約束を守らない、この間の休日はどこにいたのか」とことあ
るごとに非難するようになった。日ごろの優しい彼女からは信じられない変貌ぶりだった
が、彼が青くなって許しを請うと、またいつもの魅力的な女性に戻る。
 彼女を手放したくない気持ちから交際を続けるうち、幾度も同じことが続き、だんだん
彼は自分が、彼女にふさわしくない、すべてにおいてダメな人間なのだと思うようになっ
ていく。

23 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/13(日) 15:00:19 ID:0lSHcQzp
 で、ある日「あなた、最近おかしいわ。精神科に行ってみない?」と彼女に
言われて、通院し始めたというのだ。話を聴いた医師は、むしろ彼女の方に、
なにか精神的な問題がありそうだと考え、「彼の治療の参考としたいから」と
彼女に個別に話を聞いた。そして、驚くべきことが分かった。
 魅力的な彼女に交際を申し込んだ男性は過去、何人もいたが、全員が今回と
まったく同じ状況で、精神科に通院していたというのだ。はじめは実に魅力的
で男は有頂天になる。が、私生活のことを激しく非難され、かといってすぐに
もとの魅力を取り戻す彼女から離れられず、やがて精神を病み…ある日、彼女が

「あなた、最近おかしいわ。精神科に行ってみない?」

 医師は事実かどうかを確かめたくて、過去の男たちと連絡を取り、何人かには
会うことができた。彼らは「ボクがいけなかったんです。ボクが彼女にはふさわ
しくなかったんですよ…」と、誰一人彼女を非難しなかったそうだ。

24 :野次馬:2006/08/17(木) 22:31:33 ID:NJAWs3Xe
蒸し暑いので

25 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/22(火) 23:34:02 ID:P4Yy/tLf
16 名前:名無しさん 〜君の性差〜 :2006/08/22(火) 23:24:35 ID:Orj1lGFz
>>12
存在しないはずの2Fへ続く階段が見える。
彼女の手をとり二階にあがると、そこはAVフロアだった・・・
何かに導かれるようにAVコーナーに入ろうとすると、
やけに顔の青白い店員が現れて引き止められた。

「・・・女性のお客様は・・・ご遠慮・・・ください。
これ以上先に進みますと・・・現世に戻れなくなります・・・」

という都市伝説を語るスレはここです。

http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1156253693/

26 :九条 氷雨:2006/08/22(火) 23:48:41 ID:Qaj2tysC
22
その女オモシレーな。
オレが会ってみたい。
ズタズタに傷心して潰れんのはどっちかな、と。

27 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/23(水) 00:01:25 ID:AjNkgDNj
氷雨がsageでカキコしてる
怪奇じゃw

28 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫四郎様 ◆manko/yek. :2006/08/23(水) 00:02:29 ID:49tsM0dL
怖い話っつたら
やっぱあれだろ
ほら
寝ぼけて歯みがいてて何か口ん中が鉄っぽいなあとか思ってたらそれは歯ブラシでなくカミソ(ry

29 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/08/23(水) 00:06:14 ID:P4Yy/tLf
>>2と同じやんけw
のろけスレに晒したろか!w


30 :氷雨:2006/08/23(水) 00:12:42 ID:l/VTTIc7
27
まぁオレも、宣伝ばかりしているわけではないんだよ。

28
>鉄っぽい
金属萌え
あははは
つーか、鉄分…
イイのさ。血は美味のさ。
今飲んでる氷結ブドウより美味いのさ(笑

31 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫四郎様 ◆manko/yek. :2006/08/23(水) 00:45:43 ID:49tsM0dL
>>27
(((゜Д ゜;)))

32 :九条 氷雨:2006/08/23(水) 01:22:00 ID:l/VTTIc7
>天草
フハハハ
次はオマエの半ズボンをsageてやろう。

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★