5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

レイプは犯されるバカな女が悪い 4

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/23(日) 20:26:14 ID:8RE3uH+2
露出度の高い格好をしといてレイプされて文句言う女がウザイ!
学生の頃、同じクラスの女が犯されてて知らん振りして逃げたら次の日に学校でクラスの女から椅子を投げつけられた。
自分の彼女だとしても普通は見捨てて逃げるだろ?
それに犯される女が悪い!

【前スレ】
レイプは犯されるバカな女が悪い3
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1145072811/
レイプは犯されるバカな女が悪い2
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1143392579/
レイプは犯されるバカな女が悪い
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1143212492/

952 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/09/30(土) 19:45:11 ID:g+iCZA+9
そもそも露出はやってないしなぁ。
姫系、エレガント、大人可愛いとかのコンセプトで、
スカート丈は去年から長めが流行りだし。
>>949は十五年はたっぷり前の、Tバックブームとかのことを
言っているのか?

953 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/09/30(土) 20:55:07 ID:LKpmWNq/
あげrt

954 :まりんが応援するスレ♪:2006/09/30(土) 20:56:48 ID:Bgl4SkxB
    / :::/:://   / /    ノ / i ト、   ヽ ゙ 、
    / .:/:::::/:  /../  ..::/,イ:ノ .ノ ,イハi::: i iヽヽヽ
    i .::i:::::/  i:::ノ ...::::::::/ .ィイ :/_}___i:::.i: i ト 、i゙、
    | ::i:::::i::.  イ, -'" / / /ノノ ,ノ  }i: }: } l::. } }
    ! ::i:::::i::   レシンラミ<"// シテミ;メリ::,イ l:: ノ ノ
    | ::i ::ri:::..::..|' l::;;゙ '}        l:;;゙;:} ソ:/i:レ::/
   |::l:::{ハ::::::::i 、ゞ:;;'ノ        ゞ;シ /イイ:リ/   レイプなんかされた使用済み汚物女なんか死刑でいいよ
     Vノ:}::ヽゞ;::ハ `"::::::::. __'  :::: ノ,イ:} レ'
    //::ノ:/イ::l::トゞ、    ヽ__ノ   ,.イ;}::リ     そろそろ次スレたてる?
   ノ/::/:/::ハ::kハ. . . ゙ヽ、 ___ , ィ/::ノノ:ハ
 //イ:/:/⌒ハ::::V ̄ニヽ\/  rー'^ヽ、リハ
 /イ:::::ノ, へ  Y<    、〉r ヽ {Y/i  `}\
『まりん ◆nDhyX38WTc』


955 :まりんが応援するスレ♪:2006/10/01(日) 10:08:09 ID:5YqaWEHr
    / :::/:://   / /    ノ / i ト、   ヽ ゙ 、
    / .:/:::::/:  /../  ..::/,イ:ノ .ノ ,イハi::: i iヽヽヽ
    i .::i:::::/  i:::ノ ...::::::::/ .ィイ :/_}___i:::.i: i ト 、i゙、
    | ::i:::::i::.  イ, -'" / / /ノノ ,ノ  }i: }: } l::. } }
    ! ::i:::::i::   レシンラミ<"// シテミ;メリ::,イ l:: ノ ノ
    | ::i ::ri:::..::..|' l::;;゙ '}        l:;;゙;:} ソ:/i:レ::/
   |::l:::{ハ::::::::i 、ゞ:;;'ノ        ゞ;シ /イイ:リ/   レイプなんかされた使用済み汚物女なんか死刑でいいよ
     Vノ:}::ヽゞ;::ハ `"::::::::. __'  :::: ノ,イ:} レ'
    //::ノ:/イ::l::トゞ、    ヽ__ノ   ,.イ;}::リ
   ノ/::/:/::ハ::kハ. . . ゙ヽ、 ___ , ィ/::ノノ:ハ
 //イ:/:/⌒ハ::::V ̄ニヽ\/  rー'^ヽ、リハ
 /イ:::::ノ, へ  Y<    、〉r ヽ {Y/i  `}\
『まりん』


956 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/10/01(日) 15:25:13 ID:RkugIrxQ


11 名無しさん 〜君の性差〜 2006/07/24(月) 23:23:05 ID:mOgWV7Zy
そもそも女が挑発的な格好をして男を惑わすのは、生物としての本能である。
そしてレイプされる事を本能で望んでいるのである。






957 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:00:51 ID:qbzAbAl+


958 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:01:28 ID:qbzAbAl+
☆★ちんぽっぽ物語★☆
むかーし昔、あるところに、ちんぽっぽ王子という王子がおりました。

959 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:05:01 ID:qbzAbAl+
その王子は、生まれつきちんぽっぽがありませんでした。
特に気にしてなかったのですが、オマンコ姫とエッチができなくて困っていたので、ちんぽっぽがほしかったのでした。
ある日、召使に、黄金のちんぽっぽというものがあると聞きました。
王子はその黄金ちんぽっぽが欲しくなりました。しかし、黄金のちんぽっぽは、はるか遠くのレイプ王国というところにあり、その国にいくと
レイプされてしまいます。しかし、王子は黄金のちんぽっぽがほしかったので、荷物をまとめて旅に出かけました。
仲間は、うんこっことまんこっこです。

960 :匿名です:2006/10/02(月) 15:05:38 ID:J1d3vZZ+
レイプするやつは
ただの欲求にまけた
負け犬

961 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:06:55 ID:qbzAbAl+
ちんぽっぽ、うんこっこ、まんこっこの3人は城を出て、地図をもとに東のほうへ歩き続けました。
3人はしばらく歩いていると、森に入りました。森はどんどんどんどん奥深くなってきました。
するとそこに泉がありました。3人は駆け寄っていきました。しかしその泉は変な臭いがします。
ちんぽっぽが勇気を出して泉の水を飲みました。それはおしっこだったのです!

962 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:10:14 ID:qbzAbAl+
3人はおしっこを飲みました。するとそこの泉の支配者、そう、魔物が現れたのです!
魔物は精子ミサイルを売ってきた!ちんぽっぽは長剣で刺そうとしたが、距離が遠くて届かない!
うんこっこは、銃で魔物を撃った!見事に命中!魔物に50ポイントのダメージを与えた!
まんこっこは、弓をはなった!見事に命中!魔物に49ポイントのダメージを与えた!
ちんぽっぽは、石を投げつけた!見事に命中!魔物に1ポイントのダメージを与えた!
魔物を倒した!


963 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:37:23 ID:qbzAbAl+
3人は疲れたので休憩して、また歩き続けた。すると
うんこっこ:「地図がない!」
ちんぽっぽ:「何をやっているんだうんこっこ!」
うんこっこ:「泉のところで落としてしまったらしい。。。」
ちんぽっぽ:「お前なぁ!」
まんこっこ:「今は言い争ってる場合じゃないわ。早く地図を取りにいくのよ!」

964 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:53:29 ID:qbzAbAl+
うんこっこが真っ先に走り出し、その後にまんこっことちんぽっぽもついて行った。
しかし、地図がない!あの地図がなければ、目的地にはつけないのだ。
すると頭上から、鳥の鳴く声がした。低い、澄んだ泣き声だった。
まんこっこは頭上を見上げた。すると、その鳥の口ばしに、地図がはさまっているではないか!
うんこっことちんぽっぽもまんこっこに、つられて頭上を見上げた。
すると、その鳥が西へ飛んでいくジャマイカ!
まんこっこ:「急いで、追いかけるのよ!走って!!」

965 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 15:56:59 ID:qbzAbAl+
うんこっこは走った!そのあとに、まんこっこ、ちんぽっぽも続く。
西へ・・・西へ・・・。
ちんぽっぽが走っていると、突然足元が消えた!ちんぽっぽは暗い闇の底へと落ちていった。
うんこっことまんこっこは気付かない。どうなる、ちんぽっぽ!!

966 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:05:52 ID:qbzAbAl+
ちんぽっぽは気を失っていた。気付くと暗闇の底にいる。頭上にかすかな光が見える。
ちんぽっぽは体中が痛かった。すると隣にはなんと!!まんこっことうんこっこがいるではないか!
ちんぽっぽ:「まんこっこ!うんこっこ!」
まんこっこ&うんこっこ:「良かった。気付いて。さ、こっちに出口はあるよ。壁を登るよりトンネルを通ったほうがいいだろ」
そして3人は迷路のようなトンネルを歩き始めた。
ちんぽっぽ:「そういや・・・地図は・・・?」
うんこっこ:「ちゃんと持ってるよ」
ちんぽっぽ:「地図を見せてくれ」
うんこっこ:「ちょwwwwwwおまwwwwwやめww」
ちんぽっぽ:「どうして見せてくれないんだ!早く見せるんだ!」
ちんぽっぽは無理やりうんこっこから地図を無理矢理奪いとった。
ちんぽっぽ:「東に行って・・西に行って・・・あれ、おかしくないか?俺たちは今ここらへんにいるはず・・・なんかおかしいぞ・・・。」
するとみるみるうちに、うんこっことまんこっこの顔がゆがんで、魔物の姿が現れた。
そう、偽者だったのだ!

967 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:11:28 ID:qbzAbAl+
ちんぽっぽは慌てふためき、急いで元きた道を走りだした。
トンネルを抜けた。するとそこは緑に囲まれた、泉のある空洞になっていた。
そこには妖精がいた。
妖精:「あなたを癒してあげるわ。疲れているでしょう。ゆっくりお休み・・・」
ちんぽっぽは、どんどん癒され、溶け込んでいく。しかし、ちんぽっぽは我に帰った。
次の瞬間、また妖精が魔物の姿に変わった。
頭上には光が見えている。ちんぽっぽは壁を登ろうとした。すると
巨大な鳥が来て、ちんぽっぽを掴んだのだ!その鳥は、ちんぽっぽを荒地の上まで運んだあと、ちんぽっぽを離した。
ちんぽっぽはどんどん落ちてゆく。するとうんこっことまんこっこがこちらへ向かってきている。
うんこっこはちんぽっぽをキャッチ!そしてうんこっこは、その鳥から地図を奪った。
そう、その鳥とは、さっき地図を奪った鳥だったのだ!

968 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:17:50 ID:qbzAbAl+
その鳥は、南の方へ飛び立った。3人は安心した。
ちんぽっぽは、念のため地図を見せてもらった。地図は会っていた。
まんこっこ:「ちんぽっぽが無事でよかったわ。さあ、今日はお腹もすいたところだし、食事にしましょう。」
うんこっこ:「そうだ、飯にしよう。それより、ウゼーちんぽっぽが戻って来て、嫌になる罠(藁」
まんこっこ:「それは言い過ぎよ(笑)」
3人は、持って来ていたパンとチーズを食べたあと、落ち葉で布団を作り、寝床に入った。
うんこっこ:「そうだ、交代で見張りをしよう。」
そして、ちんぽっぽ→まんこっこ→うんこっこの順に見張りをすることにした。

969 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:22:13 ID:qbzAbAl+
ちんぽっぽは起きた。目線には怒った顔のうんこっことちんぽっぽの顔がある。
ちんぽっぽ:「あぁっ!?あぁぁぁぁ!?」
そう。ちんぽっぽは、見張りをしているときに寝てしまったのだ。
うんこっこ:「ヘタしたら俺たち、死ぬとこだったんだぞ!」
まんこっこ:「ちんぽっぽ、今度から気をつけるのよ」
うんこっこ:「今度またしたら・・・」
まんこっこ:「いいから!とにかく先を急ぎましょ!うんこっこ、地図は?」
うんこっこは地図を手わたした。まんこっこは地図を見た。あれ、おかしいわ。ここは荒地よね。でも、この地図には荒地なんてのってないわ。」
ちんぽっぽ:「じゃあ、地図外ってことか?」
うんこっこ:「なんてこった・・・」
そして長い沈黙が続いた

970 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:27:04 ID:qbzAbAl+
3人は途方にくれた。
ちんぽっぽはふと、記憶をかすかに感じた。
ちんぽっぽ:「ここ・・・いつか来たことあるぞ。確か・・・とても幼いころだった・・・。」
ちんぽっぽ達は、今13歳。10年前だったかな・・・3歳の頃・・・。
次の瞬間、ちんぽっぽの記憶が蘇った。
―それは、母上のオッパイーヌと散歩しているときのことだった。


971 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:33:01 ID:qbzAbAl+
オッパイーヌと、ちんぽっぽは歩いていた。
するとどうやら、道に迷ってしまったらしいのだ。
すると、ちんぽっぽは、大きな鳥に身体を掴まれ、この荒地にやって来たのだ。
ちんぽっぽは、耳をすませた。
空の音、風の音、雲の声・・・。
すると、いつのまにか、ちんぽっぽは空に浮かんでいたのだ!
ちんぽっぽは、気付くと猛スピードで地上に落ちていた。
気付くとオッパイーヌと一緒に、お城に戻っていた。

972 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:45:15 ID:qbzAbAl+
ちんぽっぽは、目をつぶった。
空の色、風の音、雲の影・・・。←971もコッチに修正しといて下さい
うんこっこ&まんこっこ:「おい、ちんぽっぽオマエ何やってんだよwww」
ちんぽっぽ:「いいから、目をつぶるんだ。心の荷物を捨てて、全ての音を聞け。」
うんこっこ&まんこっこ:「ちょwwおまww何いってんだよ。そんなことしてる場合じゃないだろ?な?」
しかし、ちんぽっぽは何も答えない。すると、ちんぽっぽは消えていた。
うんこっことまんこっこは驚いた。二人も真似をしてみた。
すると、ちんぽっぽが待っていた。3人は地上の世界に戻ったのだ!
ちんぽっぽ:「あの荒地は、地上で悪事を犯し、死んでいったものの世界だった。何かの弾みで俺たちは、そこへ行ってしまったらしいんだ。」
うんこっこは地図を見ている。地図を確認した。目の前にはとても小さな小人の家が集まった村がある。
うんこっこ:「俺たちは今ここにいる。城から東に向かってきている。大丈夫だ。小人の家で休養させてもらってそのまま真っ直ぐ行けばいい。」
3人は、小人のいる村へ入って行った。

973 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:51:21 ID:qbzAbAl+
村の前には小さな門があった。ちんぽっぽはその門を開け、3人は中へと入った。
すると、1人の黒ひげを生やした小人がやって来た。
小人:「おい!勝手に入ってくんじゃねぇ!!今は危ない。急いで、わしの家へ来るんじゃ!」
3人は小人に案内され、小人の家に入った。小人が作った家は、小さいので、くぐって入らなければならなかった。
天井も近かった。しかし、とても頑丈な家だった。
特に窓ガラスは物凄く頑丈で、ドリルで削っても割れなさそうなガラスだった。

974 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 16:59:56 ID:qbzAbAl+
3人が家を見渡していた。
小人:「何をしているんだね!早く早く!!」
3人は小人にせかされて、地下室に入った。
地下室には、小人の奥さんと子供2人らしい人がいた。
その中で7人が、せまくるしく閉じこもっていた。
小人は明かりをつけた。
小人:「いいかい、この村は、怪物のロリヲータに狙われておるんじゃ。毎日昼の3時に来るんじゃがな、その時間帯は絶対に地下室に
    非難するんじゃ。よいな?」
うんこっこ:「は、はい。」
ちんぽっぽ:「私達は旅人です。休養をさせてもらうためにこの村に来たんです。どうか、一泊だけでも・・・」
小人:「そうか、良いぞ。わしは村長だ。ゆっくりしていくんだぞ。3時17分になったらロリヲータは必ず去る。もうすぐじゃ。」
3人は3時17分に外に出た。そこには、何も無かった。

975 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:09:31 ID:qbzAbAl+
家や野や花や木や畑、全てが焼きつくされてしまったのだ。
小人:「ロリヲータめ!何十年ぶりに、またやりおったな!!許さん!!」
うんこっこは地図から目線をそらし、小人を見た。
うんこっこ:「小人さん。私はどうしてもこの地図がわかりません。次の目印は、海なんです。しかし・・ここらへんがよくわからないんです。
        そこで小人さん。もしあなたが、この海がどこにあるのか教えて下されば、私たちがぜひ、ロリヲータを倒してみせましょう。」
小人はうなずいた。
小人:「この地図は大事な部分が消えとるんじゃ。いいか、ここから真っ直ぐ行けば草原がある。そこにはレイプの木という
    バイブのような木があるんじゃ。そこが目印だ。その木には枝がない。しかし、一本だけ枝があるんじゃ。その枝の方向に行けば
    海がありますぞ。」
うんこっこ:「ありがとうございます。では、私達の出番は明日の3時17分ですね。おまかせください。」
それを聞くなり、小人はうなずいて去っていった。
まんこっこ:「ちょっと!地図がわからないって本当?ってか無理よ!私たちなんかに!」
うんこっこ:「これを見るんだ」
ちんぽっぽ:「本当だ。一部が消えている。まんこっこ、プラス思考になる。俺たちならきっとできる。」
3人は一緒にうなずいた。

976 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:20:40 ID:qbzAbAl+
そして次の日の3時17分になった。
ちんぽっぽ:「よし、まんこっこ、うんこっこ、行くぞ!」
ちんぽっぽは堂々と歩く。うんこっこはキョロキョロしている。まんこっこは不安げな表情を浮かべながら2人の後をついていった。
ついにロリヲータが現れた。
ちんぽっぽは長剣で刺そうとしたが、距離が遠すぎて届かなかった。
うんこっこが銃で撃った。50ポイントのダメージを与えた。
まんこっこが弓を持った瞬間、ロリヲータがまんこっこに精子爆弾攻撃をしてきた。まんこっこは20ポイントのダメージをくらった。
うんこっこは、すかさず銃で撃った。
ちんぽっぽは、石を投げつけた。
ロリヲータをたおした!

977 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:25:32 ID:qbzAbAl+
小人たちが一斉に集まった。
小人:「私達を何十年も苦しませてきたロリヲータを倒していただき、本当にありがとうございます!乙!おわびに、この巻物を差し上げます。」
ちんぽっぽは、巻物を受け取った。
小人:「何に使うのかは、自分たち次第じゃ。がんばるんだぞえ!」
3人は小人たちに見送られ、小人の村を去って行った。

978 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:32:43 ID:qbzAbAl+
3人は小人に言われたとうりに、真っ直ぐに歩いていると草原があった。
どんだけ歩いても、草原・・・草原・・・草原・・・永遠に続いていた。
うんこっこ:「ここは大きな空白になっている。草原はよほど遠いのだろう。諦めるな。がんがれ」
ようやく木が見つかった。
まんこっこ:「これがレイプの木ね。枝があるわ。北に向いてるんだから北に行けばいいのよ。」
3人は、北へ向かっていった。

979 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:40:09 ID:qbzAbAl+
3人は、道を歩いていた。しかし、暗くなってきた。
まんこっこ:「今日は、あの木の下で寝ましょう。」
ちんぽっぽは、うなずいた。
うんこっこ:「まんこっこ、おまいは落ち葉で寝床を作れ。それから、ちんぽっぽは、薪を集めて来い。俺は火をおこしておく。」
ちんぽっぽが薪を探していると、鳥がいた。ちんぽっぽは、その鳥も持って帰った。
3人は、木の下で焚き火をおこし、ちんぽっぽが見つけた鳥を焼いて食べた。
うんこっこ:「今夜も交代で見張りをするぞ。ちんぽっぽ→まんこっこ→うんこっこの順だ。ちんぽっぽ、寝るなよ。」
ちんぽっぽ:「ああ、わかってるよ。さ、寝た寝た。」

980 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:42:47 ID:qbzAbAl+
まんこっこの澄んだ歌声が聞こえる。鳥が鳴いている。風が吹き、花のいい匂いとともにミツバチの羽音が聞こえる。
ちんぽっぽは目を覚ました。どうやら、昨日はちゃんと見張りができたようだ。
まんこっこ:「おはよう、ちんぽっぽ。」
うんこっこ:「おはよう。昨日はちゃんと見張れて良かったな。」
ちんぽっぽ:「ああ、よかったwおはよう、まんこっこ^^」
そして3人は、ふたたび歩き始めた。

981 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:49:45 ID:qbzAbAl+
風がだんだん強くなってくる。海に近づいて来たのだ。
まんこっこ:「みんなの分水着持ってきてるの。泳ぎましょ!」
ちんぽっぽ&うんこっこ:「お、おい!」
海についた。そしてみんな着替えた。
まんこっこ:「キャハハハハッ!!」
まんこっこは、ダラーンと寝そべっている2人に水をかけた。
ちんぽっぽ&うんこっこ:「元気だねぇぇぇえええぇえぇえ〜。」
まんこっこ:「はぁー、疲れた。もうそろそろ先を急ぎましょ。」
うんこっこ&ちんぽっぽ:「この、自己中女め!!」
まんこっこ:「あはは(笑)」

982 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:54:15 ID:qbzAbAl+
うんこっこ:「この海を渡って無人島にいくんだろ。そこがレイプ王国だろ。」
まんこっこ:「でも、泳いでいくには遠すぎるし、服が濡れたら重くて早く走れないわ。」
ちんぽっぽ:「よし、イカダを作ろう」
うんこっこ:「ちんぽっぽ、その長剣で木を切れ。俺はその木を運ぶ。まんこっこは、設計図を描いてくれ。」
ちんぽっぽ:「おk」
まんこっこ:「わかったわ」
うんこっこ:「いくぞ、ちんぽっぽ」
3人はそれぞれ作業に、とりかかった。

983 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 17:57:33 ID:qbzAbAl+
ついに、イカダが完成した。
うんこっこ:「さぁ、船をこぐんだ。俺は指導をするから、まんこっこは左、ちんぽっぽは右に座れ。」
3人は位置につくと、船をこぎ始めた。
うんこっこ:「まんこっこ、もうちょいがんばってくれ。船が傾いてる。」
ちんぽっぽ:「がんがれ」
そして、ついに、レイプ王国についたのであった・・・

984 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:02:50 ID:qbzAbAl+
お城は、見事な壁に囲まれていて、中心に頑丈な門があった。両サイドには、2人の門番が立っている。
その様子を、3人は木の陰から見ていたのだ。
黄金のちんぽっぽは、レイプ城の横にある、レイプの塔の中に隠されているのだ。
うんこっこは、木の影から思い切って、2人の門番に銃で撃った。
玉は見事に命中。門番を倒した!
しかし、ここからが問題であった。鍵がかかっている門を、開けなければならない・・・。

985 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:09:28 ID:qbzAbAl+
門の上はとがっているし、壁は高く頑丈でとても上れそうにない。ちんぽっぽは途方にくれた。しかし、まんこっこは鍵穴を見つめている。
まんこっこ:「弓よ!弓だわ!」
ちんぽっぽ:「はぁ?」
まんこっこ:「この弓の先を見てちょうだい。ほら、鍵穴に指すと・・・」
ガチャッ という音とともに、鍵が開き、まんこっこが門をゆっくりと開いた。
城から、レイプ魔の声がした。
レイプ魔「なんだ、今の音は。チョン、見てこい。」
チョン:「はは。かしこまりました。
レイプ魔は、レイプ王国の魔王だ。チョンは、レイプ魔のお気に入り。
うんこっこ:「急げ!おまいら、さっきの木の陰に隠れるんだ!」
3人は木の陰で息の根を止めてじっとしていた。だんだんと足音が大きくなってくる。
後からレイプ魔の足音も続く。
チョン:「誰もいませんよ」
レイプ魔:「じゃあ、なんで門番が死んで門が開いているのだ!侵入者だ!放送しる!!」
チョン:「緊急事態発生!緊急事態発生!侵入者が入り込みました!急いで見つけだして捕まえるのだ!」
3人は、息をのんだ。

986 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:17:32 ID:qbzAbAl+
キモヲタ:「おい、ここに船があるぞ。きっとあっちから来たんだ。」
チョン:「いいから中を探せキモデブ!」
いつまで待っても、騒ぎはおさまらない。3人は焦った。
うんこっこ:「よし、猛スピードで塔に駆け上がって黄金のちんぽっぽを取ってくればいい。みんな行くぞ!」
ちんぽっぽ:「おい、ちょっと待てよ!」
3人は猛スピードで走った。しかし、囲まれてしまった!
絶対絶命!そのとき、まんこっこが舌打ちした。
「巻物よ!巻物!」

987 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:22:34 ID:qbzAbAl+
舌打ちした→耳打ちした に変更ヨロ
ちんぽっぽは、はっとした。
うんこっこ:「ここは俺らに任せろ。早く巻物を読め!」
ちんぽっぽ:「レイプは犯されるバカな女が悪い?ハァ?100%犯した男が悪いに決まってんだろ。レイプ魔は餓死刑じゃ!!」
と、巻物の呪文を唱えた。すると、ちんぽっぽ、まんこっこ、うんこっこの3人は、いつのまにか塔のてっぺんに立っていた。
うんこっこ:「ちんぽっぽ、黄金のちんぽっぽを取るんだ!」
ちんぽっぽは、黄金のちんぽっぽを、箱の中から取り出し、アソコにくっつけた。すると
アソコが物凄い光を放った。そして3人は、いつの間にかお城に戻っていたのだ。
そして、黄金のちんぽっぽをつけることができた、ちんぽっぽ王子は、オマンコ姫とエッチすることができるようになったので、
ヤリマンになりましたとさ。めでたしめでたし。
 
                                  ― E N D ―

↓以下から感想ドゾ↓

988 :りすか ◆idlCYn/fKE :2006/10/02(月) 18:26:42 ID:gRIlZ8ew
まりんさんは流し屋さんなんですか?

989 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:31:40 ID:qbzAbAl+
そうですよ。
でも流しだけじゃつまらないのでダラダラ小説にしました

990 :りすか ◆idlCYn/fKE :2006/10/02(月) 18:35:45 ID:gRIlZ8ew
なるなる。
面白な流し乙でした!

991 :りすか ◆idlCYn/fKE :2006/10/02(月) 18:36:37 ID:gRIlZ8ew
名前の下品さには退いたけど、最後にはちゃんと意見が書かれているように見えたので、すごいです。

992 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:37:02 ID:qbzAbAl+
ありがっとー

993 :りすか ◆idlCYn/fKE :2006/10/02(月) 18:40:41 ID:gRIlZ8ew
賛美ついでに私も協力なの。

994 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 18:41:09 ID:qbzAbAl+
それより他の人の感想がほしいの・・・小説の・・・

995 :__ノ ̄乙(、ン、)_三毛猫四郎様 ◆manko/yek. :2006/10/02(月) 18:42:58 ID:sf++UVwd
いや…オマンコ姫て……名前からもうやりまんそのものじゃねえかwwwww

996 :りすか ◆idlCYn/fKE :2006/10/02(月) 18:43:17 ID:gRIlZ8ew
>>1さんみたいな男がいるという事実が男としての恥だそうだからもう一つ流してみるの。

997 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/10/02(月) 19:28:41 ID:FsuJ8UGr
へたくそな自演乙w

レイプされる女はさっさと死刑にした方が世の為だな

998 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/10/02(月) 19:34:06 ID:sbi5ad4Y
かってに男を作り上げるな、馬鹿女。

男は女を助けるもの、だぁ?

ばーか、誰が助けるか。

999 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 19:37:25 ID:qbzAbAl+


1000 :まりん ◆nDhyX38WTc :2006/10/02(月) 19:38:44 ID:qbzAbAl+
>>997-998
死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね死ね
トラックに引かれて死ね窒息死で死ね餓死で死ね病死で死ね凍死で死ね焼け死ね衰弱死で死ね大量出血で死ね呪われて死ね

1001 :1001:Over 1000 Thread
♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀

(゚Д゚)<このスレッドは1000を超えたぞゴルァ!!
(゚ー゚)<もう書けないので、新しいスレッドを立ててね。。。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

女性論、男性論、セクハラ@2ch掲示板
http://love3.2ch.net/gender/

♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂♀♂

264 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)