5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【真実】 男≒チョン 【真意】

1 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 09:27:11 ID:0zh4dYMQ
男≒チョン

・義務や責任を果たさず、権利ばかりを主張。(ニートばかりで未婚率激増)
・悪いことはすべて女(日帝)のせいにする。
・論理的思考ができず、偏見に走る。
・すぐキレる。ヒステリー(火病)
・自分の功績ではないのに、いい結果はすべて男の手柄にする。
・山ほどの恩恵を受けているくせに、女(日本)を憎悪し蔑視する。
・「過去に受けた男性差別」(それも捏造)を持ち出し、「現在の特権」を要求する。
・自分たちだけでやらせると何もまともにできず、悲惨な結果になる。
・昔の男たちは偉大だったと過去を捏造する。(実際は戦争や環境破壊を繰り返していただけ)
・近い将来女(日本)を抜いてみせると常に言っている。しかし実際には追い付くこともできない。
・女(日本)を強姦したり、暴力を振るうことが平気である。しかし痴漢冤罪などで自分たちが少しでも迷惑を受けると
 狂ったように騒ぐ。
・実は自分たちこそ差別意識の塊で、男同士(朝鮮人同士)での差別が熾烈である。
・三次元女(日本)は酷いと言うが、自分たちも三次元である。(自分達の方が醜いと気づかない)
・自分たちより圧倒的に弱い相手に対しては猛烈に残酷になる。

2 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 09:28:30 ID:7Uvfflry
ついにスレ立てに及んだかー!

3 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 09:29:05 ID:1Wcbsuvl
おいおい、朝からお笑いスレ立てるなボケ

4 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 09:34:37 ID:YdGG0fnt
>>1
男性を女に読み替えたら正しいが・・・
何でそういう嘘八百を書き込むのだろうか?

5 :|´顔の作りが不自由)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/26(月) 09:47:30 ID:0/9BR/Xy
>>1
半島に帰れ

6 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 09:56:23 ID:0zh4dYMQ
おとこはちょうせんじん

7 :|´顔の作りが不自由)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/26(月) 09:59:52 ID:0/9BR/Xy
>>6
If it dies immediately now, there be Ryo, and it is a female pig

8 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 12:33:11 ID:Lv1TrUbp
>>1
元ネタが女のやつをどこかで見たな。暇だから俺が正しく直してやる。

女≒チョン≒動物以下のポンコツ

・義務や責任を果たさず、権利ばかりを主張。(ニート、家事手伝いばかりで未婚率激増)
・悪いことはすべて男性のせいにする。
・論理的思考ができず、偏見に走る。
・すぐキレる。ヒステリー(火病)
・自分の功績ではないのに、いい結果はすべて女の手柄にする。
・山ほどの恩恵を受けているくせに、男性(日本)を憎悪し蔑視する。
・「過去に受けた女性差別」(それも捏造)を持ち出し、「現在の特権」を要求する。
・自分たちだけでやらせると何もまともにできず、悲惨な結果になる。
・昔の女たちは偉大だったと過去を捏造する。(実際は戦争や環境破壊を仕組んだだけ)
・近い将来男性(日本)を抜いてみせると常に言っている。しかし実際には追い付くこともできない。
・男性(日本)を強姦したり、暴力を振るうことが平気である。しかし痴漢冤罪などで自分たちが少しでも迷惑を受けると
 狂ったように騒ぐ。
・実は自分たちこそ差別意識の塊で、女同士(朝鮮人同士)での差別が熾烈である。
・三次元男(日本)は酷いと言うが、自分たちも三次元である。(腐女子、自分達の方が醜いと気づかない)
・自分たちより圧倒的に弱い相手に対しては猛烈に残酷になる。

とまぁこんな感じか。

9 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 13:27:46 ID:EgvQPXGD
1 名前:名無しさん 〜君の性差〜 投稿日:03/06/26 23:08 ID:Dzdk6WUE
ハングル板を巡回していたら、非常に興味深い意見を多数見かけました。
以下、一般的に両者に共通する特質をあげてみます。

@現実原則よりも自分の願望、エゴ、我侭が優先される。

A現実が自分の思い通りにならない場合の韓国人の火病 = 女特有のヒステリー発作

B国民が飢えに苦しんでも全く気にしない北朝鮮指導部の残酷さ = 世界史における女帝の特徴

C起源の捏造が得意。性犯罪の捏造が得意。

D「全て男社会と日帝が悪い」。つまり被害者意識が大好き。

E自意識過剰(←誰もおめえなんかに興味ねえよ)

F口臭がキツイ = マンコ臭がキツイ

10 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 13:28:19 ID:EgvQPXGD
      ☆
   λ  / :。
  < ゜-゜>ρ  ‥
σ(   )    ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
  υυ     、’                              ・゚
          ・   チョンって不思議!!                ‘.
         。:     作:ファンシー乙女                ;
            …                                `。
          ;   チョンって不思議!能も無いのにいばってばかり 。 ‘
         ∵                               ‘.
          ・   その自信は何を拠り所にしてるのかしら?   ,‘.
         `。                             。
         ‘.  チョンって不思議!苦し紛れに嘘ばかり。  ‘.
         。:                               ;
         …  その妄言の発想はどこから来るのかしら?    `。
         ` ;                                 ゚ ・
         ` ;  アイゴー、アイゴーと壊れたラジオのようね     :・
          ’。                               ‥
          ‘・∴ 。’∵ 、 ; 。…. ・ ” ,・` 。・ ; ’ 、∴ ・・ ゚、 ,` : ’

チョン → 女
アイゴー → 差別  

たったこれだけ、それ以上変えないで読んでください。

11 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 13:30:15 ID:EgvQPXGD
参考資料
「現代韓国人の国民性格」(李符永・著)による韓国人の欠点
(1)依頼心が強い
(2)すべきことをせず他人に期待し裏切られると恨んだり非難する
(3)相手も自分と同じ考えだと思い「違う」と分かると裏切られたと思う
(4)せっかちで待つことを知らず「今すぐ」とか「今日中」とよく言う
(5)すぐ目に見える成果をあげようとし効果が出ないと我慢せず別の事をやろうとする
(6)計画性がない
(7)自分の主張ばかりで他人の事情を考えない
(8)見栄っ張りで虚栄心が強い
(9)大きなもの・派手なものを好む
(10)物事を誇張する
(11)約束を守らない
(12)自分の言葉に責任をもたない
(13)何でも出来るという自信を誇示するが出来なくても何とも思わない
(14)物事は適当で声だけ大きくウヤムヤにする
(15)綿密さがなく正確性に欠ける
(16)物事を徹底してやろうとしない
(17)“見てくれ”に神経を使う
(18)「世界最高」とか「ブランド」に弱い
(19)文書よりも言葉を信じる
(20)原理・原則より人情を重んじ全てを情に訴えようとする


題を「現代日本人女性の国民性格」に変えても見事に当てはまるw

12 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 13:32:31 ID:EgvQPXGD
女と朝鮮人の共通点。
これは前々から私があちこちのスレで指摘していたことで、問題の核心です。
ざっと挙げられるだけでも、

・女/朝鮮人は悪いことはすべて男/日帝のせいにする。
・自分たちの義務や責任はすべて回避する。
・男/日本のおかげでいい暮らしができているくせに、いい結果はすべて自分たちの手柄にする。
・山ほどの恩恵を受けているくせに、男/日本を憎悪し蔑視する。
・自分たちにだけ都合のいい制度を山のように作らせる。
・「過去に受けた差別」(それも捏造)を持ち出し、「現在の特権」を要求する。
・自分たちだけでやらせると何もまともにできず、悲惨な結果になる。
・昔の自分たちは偉大だったと過去を捏造する。
・近い将来男/日本を抜いてみせると常に言っている。しかし実際には追い付くこともできない。
・マスコミや市民団体は全面的に女/朝鮮人の味方である。
・男/日本に暴力を振るったり迷惑をかけることが平気である。しかし自分たちが少しでも迷惑を受けると
 狂ったように騒ぐ。
・実は自分たちこそ差別意識の塊で、女同士/朝鮮人同士での差別が熾烈である。
・自分たちより圧倒的に弱い相手に対しては猛烈に残酷になる。
・男/日本は自分たちを助けて当然だと思っており、助けないのは許されないと思っている。

といった具合で、見事なまでに類似しています。
男女板のみなさん、しばらくハングル板を読むことを強くお勧めします。
朝鮮人の問題と、女の問題が見事に共通であることが良く分かります。

13 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 15:25:28 ID:Rb9DdVMO
http://www.geocities.jp/hananeko51/yomoyama5.htm

↑ここ読んでタラ、マジで日本男も韓国男と変わらないのねと思った(ニヤニヤ

14 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 15:26:11 ID:Rb9DdVMO
誤解の無いように、「この板の一部、つまり高齢童貞ちゃん」♪

15 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 15:34:36 ID:Lv1TrUbp
>>13
そうか?基本的にブスどうこうをこの板で問題にしてるんじゃないだろう。
俺はむしろ韓国女のさらに劣化したバージョンが日本女だと思うが?

16 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 15:51:46 ID:Rb9DdVMO
15
一方的に自分の考えが絶対だと思ってる石頭&意見するとキレて手が付けられない

ソックリw

17 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 15:55:36 ID:0zh4dYMQ
 その番組をゆうべ見ていて、私も大笑いしてしまった。
 テーマは「美人とブス」で、会場には美人組の女性達とブス組の女性達が集まっていた。
話題が美容整形に及んだ折、韓国人の男が立ち上がって悪態をつきはじめた。ブスは最低だからみんな整形しろ。
きれいな方がいいに決まっている。ブスはモテない、いいことない、性格悪い。

 どう見てもバカである。その時その韓国男の隣に座っていた女性が「やめてー」と叫びながらそのバカ男の腕を叩いていた。
どうやら韓国の女性らしく、同じ韓国人として恥ずかしい〜と顔を覆って嘆いていた。


wwwww

18 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 15:59:03 ID:phFdBAV8
51 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/22(木) 14:32:44 ID:LK9Q7ncb
栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk=パリス☆キントン ◆OS8WR1dsUk

栗都☆有栖は男性にちんこ画像を必死に見せろと喚いてた淫乱女
こいつは、ある男性に自分のまんこ画像と引き換えに、その男性のちんこを見せろと要求してたんだが、ちんこだけ見てまんこ見せなかった卑怯な女
HNを変えて逃げたつもりだったんだろうがなw

詳細は以下のスレにて

【復活】男の価値はチンポのデカさで決まるのよ
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1149484059/l50


19 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 16:01:00 ID:Rb9DdVMO
↑スケベで変質者の韓国男w

20 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:28:31 ID:phFdBAV8
人に話しそらせて逃げてもだめ♪

生まれつき異性とまともにコミュニケーションもできないカタワのレズちゃんがそんな子といっても滑稽よw

21 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:34:47 ID:Lv1TrUbp
>>16
石頭かね?自分の意見を言うことが。
絶対だと思ってる自信過剰なのは女のほうに多いぜ。
キレて手がつけられない、つかファビョるのも。

22 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:34:56 ID:0zh4dYMQ
ハングル板を巡回していたら、非常に興味深い意見を多数見かけました。
以下、一般的に両者に共通する特質をあげてみます。

@現実原則よりも自分の願望、エゴ、我侭が優先される。 = 美少女アニメ、エロゲなど

A現実が自分の思い通りにならない場合の韓国人の火病 = 男特有の“キレる”“暴力”など

B国民が飢えに苦しんでも全く気にしない北朝鮮指導部の残酷さ = 世界史における男の特徴。世界大戦の時も・・・

C起源の捏造が得意。

D「全て女と日帝が悪い」。つまり被害者意識が大好き。

E自意識過剰 = 誰も男なんかに興味ねえよ

F口臭がキツイ = 体臭がキツイ

23 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 16:43:16 ID:Rb9DdVMO
21
あら?この板では圧倒的にそういう男ちゃんが多いみたいだけど?w


24 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:46:06 ID:npaklYzP
>>23
灯台下暗し、もしくわ、自分棚

25 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 16:47:41 ID:Rb9DdVMO
24
それはお互い様のようね(笑)

26 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:49:01 ID:Lv1TrUbp
>>23
気のせいだろ、明らかに。
あまりに根拠の無いことを抜かすから正論もって答えてるだけなんじゃね。

>>22
わざわざパクッてんなよ、この暇人w

27 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:49:31 ID:R/kSoJ6d
>>1
むしろ女だろ、それを言うなら。

28 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:50:33 ID:npaklYzP
>>25
結果的には、お互い様になるのかも知れないが、
お互い様であることを自覚して、その行為を行っていたかどうかという点で、ちょと違う。

29 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 16:53:37 ID:npaklYzP
>>14
>誤解の無いように、「この板の一部、つまり高齢童貞ちゃん」♪
の範囲指定が、極めて不明確。

30 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 17:19:10 ID:Rb9DdVMO
26
己を客観視できないのも特長ねw
28
どうあろうと相手と同じ事やってしまったら示しになrたないという点でアウト♪

31 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:21:03 ID:R/kSoJ6d
>>1
そもそもひろゆきという男性が作ったネット掲示板で何でかいこと言っちゃるわけ?
って感じなんだが・・・

32 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:21:49 ID:npaklYzP
>>30
意味が分からんが、自己否定?

>>25
>それはお互い様のようね(笑)

33 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:21:59 ID:R/kSoJ6d
>>31訂正
言っちゃ「って」る

34 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 17:23:52 ID:Rb9DdVMO
32
上げ足取りもバカ女の特徴&専売特許wそれを見事にお株奪う高齢童貞は
朝鮮人かオカマってことねw

35 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:26:16 ID:Lv1TrUbp
>>30
客観視できてないのも女なんですがw

36 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:30:32 ID:npaklYzP
>>34
なるほど、つまり、海外の女性優位な制度を持つ国のようになる方がいいと思ってるんだな?
例えば、男子徴兵云々のように。

37 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:33:05 ID:VnD85Jw8
51 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/22(木) 14:32:44 ID:LK9Q7ncb
栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk=パリス☆キントン ◆OS8WR1dsUk

栗都☆有栖は男性にちんこ画像を必死に見せろと喚いてた淫乱女
こいつは、ある男性に自分のまんこ画像と引き換えに、その男性のちんこを見せろと要求してたんだが、ちんこだけ見てまんこ見せなかった卑怯な女
HNを変えて逃げたつもりだったんだろうがなw

詳細は以下のスレにて

【復活】男の価値はチンポのデカさで決まるのよ
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1149484059/l50


38 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 17:34:43 ID:Rb9DdVMO
貴女フェミとフェミもどきごっちゃにしてない?(笑)

まるで全ての女性がジェンフリであることが前提のような物言いね?
因みにあたしはジェンフリは否定的なほうだわw

39 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:40:21 ID:npaklYzP
全員をジェンフリとは思ってないが、確実に増えてきてるとは思ってる。
まぁもっとも、この板で喚いてもどうなるものでもないが。

40 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:40:28 ID:VnD85Jw8
ごちゃごちゃ言わずに小汚い粗マン晒して行動で示しつけなさいよw

どんな言い訳しても示しがつけられないならフェミとおんなじ♪(ブ

41 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 17:51:09 ID:Rb9DdVMO
↑変質者の朝鮮男性(しかもオネエw)

42 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 17:58:05 ID:VnD85Jw8
人に話しそらせて逃げてもだめ♪

朝鮮人だって子供作れる分レズより生物学的にましなんだから、そんな事言ってると謝罪と賠償請求されちゃうわよw

43 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 18:46:00 ID:Rb9DdVMO
↑変質者の朝鮮男性(しかもオネエw)

44 :貞淑な女性だけど♪:2006/06/26(月) 18:53:57 ID:tuh25qjQ
まだ、やってるぅ〜^^;

もぉ〜オマソコ魅せちゃえばぁ〜♪ww

45 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 19:33:19 ID:bXIwg7t4
人に話しそらせて逃げてもだめ♪

生まれつき異性とまともにコミュニケーションもできないカタワのレズちゃんがそんな子といっても滑稽よw

46 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆OS8WR1dsUk :2006/06/26(月) 19:42:35 ID:Rb9DdVMO
44
やーよw
45
ほいw
http://www.h5.dion.ne.jp/~maxx/GRP_0012.JPG

47 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 19:45:55 ID:uK3tlN90
・・・・まァこんな糞スレ立てた>>1 のようなヴァカメスは、
これを捨てて下記のどれかの板で好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのスレッドを立てて
そこで好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのレスをしている方がお似合いみたいだな!!

女性板 http://human5.2ch.net/wom/

独身女性限定板 http://human5.2ch.net/sfe/

femalemews+板 http://news18.2ch.net/femnewsplus/

痛いニュース板 http://news18.2ch.net/dqnplus/

バカニュース板 http://tmp5.2ch.net/bakanews/

最悪板 http://tmp5.2ch.net/tubo/

難民板 http://aa5.2ch.net/nanmin/

なんでもあり板 http://tmp5.2ch.net/mog2/

厨房板 http://tmp5.2ch.net/kitchen/

主義・主張板 http://society3.2ch.net/shugi/

電波・お花畑板 http://etc3.2ch.net/denpa/

ニュー速VIP板 http://ex14.2ch.net/news4vip/

48 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 19:46:36 ID:uK3tlN90
・・・・おっと>>47 にこれも足しておくか・・・・!!

ぴんく難民板 http://sakura02.bbspink.com/pinknanmin/

ピンクニュース板 http://sakura02.bbspink.com/hnews/

えっちねた板 http://sakura01.bbspink.com/hneta/

PINKのなんでも板 http://pie.bbspink.com/eromog2/

PINKな学問板 http://pie.bbspink.com/eroacademy/

お下品板 http://pie.bbspink.com/ogefin/

SM板 http://pie.bbspink.com/sm/

アダルトサイト板 http://pie.bbspink.com/adultsite/

ウェブマスター板 http://sakura03.bbspink.com/webmaster/

pink秘密基地板 http://pie.bbspink.com/erobbs/

ニー速(pink)板 http://sakura03.bbspink.com/neet4pink/

童貞板 http://sakura01.bbspink.com/cherryboy/

49 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/26(月) 19:47:13 ID:uK3tlN90
・・・・あ、そうそう>>47-48 の他にこの板も出しておかないとなあ・・・・!!

過激な恋愛板 http://love3.2ch.net/kageki/

同性愛板 http://love3.2ch.net/gay/

同性愛サロン板 http://love3.2ch.net/gaysaloon/

801板 http://sakura03.bbspink.com/801/

おかま・おなべ板 http://sakura03.bbspink.com/okama/

レズ・百合萌え http://sakura02.bbspink.com/lesbian/

>>1 よ、この糞スレを捨てて>>47-48 と上記に表してやった板のどれかで
好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのスレッドを立ててそこで好きなだけ
男性罵倒や男性冷やかしのレスをしてろよ。そして二度とこの板に来たらダメだよ!!

50 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/06/26(月) 22:09:24 ID:RlnPK5qG
また友達がいない無職引きこもりの嫌韓厨が糞スレをたてたのか。
いいかげん首をつればいいのに。

>>49
削除されると思う。

51 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 04:26:40 ID:H7LHr8rK
オックスフォード・ブルックス大学は、1996年以降7年連続でタイムズ紙刊行の『グッド・ユニバーシティ・ガイド』で
“ベスト・ニュー・ユニバーシティ”に選ばれるなど、内外から圧倒的な支持を受けています。
近年では、その学術研究の評価でも注目を集めています。

ツーリズム、ビルディング、美術史、不動産管理、都市計画は、ガーディアン紙・タイムズ紙のランキングの10位以内に選ばれており、
特に不動産管理は2位、ツーリズムは6位にランクされています。

学内には質の高い研究グループがいくつもありますので、研究を遂行するに当たっては、しっかりとしたサポートが受けられる環境を提供しています。
また、社会に出て役立つ人材育成を教育理念の一つとして掲げる当学では、卒業後の就職率も非常に高く、英国内でもトップ10にランクインする結果を出し続けています。

大学内の雰囲気は非常に国際色豊かで、総学生数の20%が留学生です。英国にいながらにして、
英国以外の文化に触れ、世界中に友情の輪を広げる機会が用意されていると言っても過言ではありません。
これに伴って、留学生に適切なケアを提供できるよう、学内にはアドバイザリー・サービス・チームがいます。
入学から卒業まで、学生生活のあらゆる側面で行き渡ったサポートを提供できるよう、アドバイザーが皆さんをお待ちしています。


総学生数 17703名
男女比 男40.5% 女59.5%
http://www.oxfordbrookes.jp/intro2.html

52 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 06:47:35 ID:rQGp8mIa
>>39
ジェンフリというのは男女の区別なく扱うことで、女性優位は正反対だと思うんだがw

53 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 09:04:07 ID:rQGp8mIa
 その番組をゆうべ見ていて、私も大笑いしてしまった。
 テーマは「美人とブス」で、会場には美人組の女性達とブス組の女性達が集まっていた。
話題が美容整形に及んだ折、韓国人の男が立ち上がって悪態をつきはじめた。ブスは最低だからみんな整形しろ。
きれいな方がいいに決まっている。ブスはモテない、いいことない、性格悪い。

 どう見てもバカである。その時その韓国男の隣に座っていた女性が「やめてー」と叫びながらそのバカ男の腕を叩いていた。
どうやら韓国の女性らしく、同じ韓国人として恥ずかしい〜と顔を覆って嘆いていた。
http://www.geocities.jp/hananeko51/yomoyama5.htm

日本人男≒チョン

54 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 09:36:05 ID:NN0TdXWj
男に喧嘩売ってる時点で母性のない証拠 = 女か?

55 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 09:53:39 ID:H7LHr8rK
>>54
m9(^Д^)プギャーッ

56 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/27(火) 10:32:02 ID:WjgK3rq+
馬鹿便器は早々に死ねば良いよ

57 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 11:32:48 ID:H7LHr8rK
日本人男≒チョン

58 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 15:10:50 ID:H7LHr8rK
男ってすぐファビョるし、偏見で他人を叩くことしかできないし、ほんとチョンだと思う。

59 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫四郎様 ◆UugWaBSxJg :2006/06/27(火) 16:02:50 ID:6Xa4cK1Z
まああれだとりあえず携帯ビッパー死ねよと

60 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 16:15:35 ID:H7LHr8rK
男はマジでいらね

61 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫四郎様 ◆UugWaBSxJg :2006/06/27(火) 16:21:38 ID:6Xa4cK1Z
そうそうやっぱ行き着くさきは女同士での飲尿プレーにローションプレーですよね^^

62 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 16:28:27 ID:47GK1VYp

女ほど陰険じゃないから、無問題。

63 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/27(火) 16:29:49 ID:WjgK3rq+
マヌケな馬鹿便器共は早々に死ねば良いと思うよ

64 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 16:45:33 ID:rQGp8mIa
>>61
スカトロというのは、親への甘えが極端に不足した人にあらわれるらしいですね。

65 :Ъ(σ`_σ)天草三毛猫四郎様 ◆manko/yek. :2006/06/27(火) 16:47:15 ID:6Xa4cK1Z
なるほどするとローションは?

66 :わんこなショッピング:2006/06/27(火) 17:30:04 ID:3FBHczEQ
おんなはかちく

67 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 18:16:07 ID:rQGp8mIa
男はアイドル女性や仮想世界の女性でセンズリばかりしてないで、現実を見なさい

68 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/27(火) 18:17:53 ID:WjgK3rq+
>>67
そっくりそのまま生産性の無いお前に返したらぁ。

69 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 18:32:12 ID:rQGp8mIa
センズリほど生産性のない行為はない

70 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 18:46:18 ID:rQGp8mIa
女性上位の時代よ!
ノルウェーの調査で、セックスにおける男女の役割分担がなくなってきていることが分かった。
7年間にわたって約2700人の若い男女を対象にしてきたこの調査は、
オスロ大学で社会学を教えるウィリー・ピーダーセン教授が率いるチームによって行われた。
調査の結果は、20代の女性は、同世代の男性や20代以上の女性よりもセックスで積極的になっていることがクッキリ。
性生活の中でも男性的な役割を果たすようになってきている。
また、若い女性が外に出て自由なセックスを楽しむ傾向があるのに対して、若い男性は自室にこもってオナニーに耽る傾向がある。
同国では女性の社会進出が進んでおり、政府機関や警察職員の40%が女性という事実とも深い関係があるようだ。(AP)
(2005.12.18)
http://www.ohayo-sanspo.net/news/data/hilight.cgi?f=./2003/2003_09_18_16_01.html

>若い女性が外に出て自由なセックスを楽しむ傾向があるのに対して、
>若い男性は自室にこもってオナニーに耽る傾向がある

m9。゚(゚^Д^゚)゜。プギャーッヒッヒッ

71 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/27(火) 18:47:27 ID:WjgK3rq+
マンセーばかりするところは
チョンと変わらねえなカス便器

72 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/27(火) 19:22:50 ID:CyLQTZka
とりあえずこういうスレって・・・・・

>>1が彼氏持ちなら、>>1はチョンの彼女
>>1がチョンの彼女でないなら、>>1はもてない女の僻み

ってことになるんだよなぁ
おもしろいねっ!^^


73 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/28(水) 02:06:17 ID:sFTXTU7J
女と朝鮮人の共通点。
これは前々から私があちこちのスレで指摘していたことで、問題の核心です。
ざっと挙げられるだけでも、

・女/朝鮮人は悪いことはすべて男/日帝のせいにする。
・自分たちの義務や責任はすべて回避する。
・男/日本のおかげでいい暮らしができているくせに、いい結果はすべて自分たちの手柄にする。
・山ほどの恩恵を受けているくせに、男/日本を憎悪し蔑視する。
・自分たちにだけ都合のいい制度を山のように作らせる。
・「過去に受けた差別」(それも捏造)を持ち出し、「現在の特権」を要求する。
・自分たちだけでやらせると何もまともにできず、悲惨な結果になる。
・昔の自分たちは偉大だったと過去を捏造する。
・近い将来男/日本を抜いてみせると常に言っている。しかし実際には追い付くこともできない。
・マスコミや市民団体は全面的に女/朝鮮人の味方である。
・男/日本に暴力を振るったり迷惑をかけることが平気である。しかし自分たちが少しでも迷惑を受けると
 狂ったように騒ぐ。
・実は自分たちこそ差別意識の塊で、女同士/朝鮮人同士での差別が熾烈である。
・自分たちより圧倒的に弱い相手に対しては猛烈に残酷になる。
・男/日本は自分たちを助けて当然だと思っており、助けないのは許されないと思っている。

といった具合で、見事なまでに類似しています。
男女板のみなさん、しばらくハングル板を読むことを強くお勧めします。
朝鮮人の問題と、女の問題が見事に共通であることが良く分かります。

74 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/28(水) 09:53:27 ID:ibiRJ6xb
日本人男≒チョン

75 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/28(水) 09:55:57 ID:tfe2jBcY
>>74
粘着馬鹿便器乙

76 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/28(水) 17:03:33 ID:F0h4PMpQ
>>74
反論もせずに、ただ言葉を繰り返すだけ・・・・・・
俺も小学生の頃やってたなぁ・・・だいたい相手は泣きそうになってくる・・・・大人には意味無いけどねっ^^

77 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/28(水) 17:31:11 ID:Y5rJhzyq
思考停止してるからなw

78 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/06/28(水) 21:43:58 ID:OUvJGMcA
        /::::)(:::)(:::::::::::)(::::::^::::::::::\
      (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::::\
     /::::::::::/ノ::::::::ノ::::::::ヽ:人::::::::::ヽ:::::::::::::::)
     (::::::::::/  ):::ノ::::ノ ) ソ ヾ::::::::::::丶::::ヽ
    (:::::::::/ 彡  ノ   ノ  :: 彡:/)) ::::::::::)
   (::::::::::/彡彡彡彡彡   ミミミミミミミ :::::::::::)
   ( :::::::// ̄ ̄ ̄ ̄ヽ===/ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ |:::::::::)
     | =ロ   -=・=-  ‖ ‖ -=・=-   ロ===
     |:/ ‖    / /ノ  ヽ \     ‖ ヽ|ヽ       _________
     |/  ヽ`======/ .⌒ ` ========ノ.   ..| |     /
    .( 。 ・:・‘。c .(●  ●) ;”・u。*@・:、‘)ノ  /
   ( 。;・0”*・o; / :::::l l::: ::: \ :。・;%:・。o ) <俺達嫌韓厨は美形でかっこいいんだぜ。
    (; 8@ ・。:// ̄ ̄ ̄ ̄\:\.”・:。;・’0.)   \
   .\。・:%,: )::::|.  ̄ ̄ ̄ ̄  | ::::(: o`*:c /..    \_________
    \ ::: o :::::::::\____/  ::::::::::   /
      (ヽ  ヽ:::: _- ::::: ⌒:: :::::::: -_    ノ
       \丶\_::_:::::_:::: :::::_/::::  /
        | \ \ ::::::::::: :::::::::: ::: ::__/ |
    ̄ ̄\ 丶  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄


79 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/28(水) 22:41:25 ID:tfe2jBcY
>>78
正にそういうツラしてますがなんか文句でもありますかねぇ?

80 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/29(木) 05:24:20 ID:yTrNCrIM
>>79
m9。゚(゚^Д^゚)゜。プギャーッwwww

81 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/29(木) 09:49:41 ID:h1XKNTqT
 その番組をゆうべ見ていて、私も大笑いしてしまった。
 テーマは「美人とブス」で、会場には美人組の女性達とブス組の女性達が集まっていた。
話題が美容整形に及んだ折、韓国人の男が立ち上がって悪態をつきはじめた。ブスは最低だからみんな整形しろ。
きれいな方がいいに決まっている。ブスはモテない、いいことない、性格悪い。

 どう見てもバカである。その時その韓国男の隣に座っていた女性が「やめてー」と叫びながらそのバカ男の腕を叩いていた。
どうやら韓国の女性らしく、同じ韓国人として恥ずかしい〜と顔を覆って嘆いていた。
http://www.geocities.jp/hananeko51/yomoyama5.htm

日本人男≒チョン

82 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/29(木) 10:00:50 ID:kmopxi3K
>>80
それだけか?
語意の少ない奴は嘲笑くらいしかできないのか?
(´,_ゝ`)何の為高等教育も受けたんだよカスがw

83 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/29(木) 10:01:43 ID:1LHYP4QD
>>82
大丈夫。あなたは美しいよ。

84 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/29(木) 10:03:23 ID:kmopxi3K
>>83
何を根拠にお世辞を仰ってるのか解りません。

85 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/29(木) 10:10:41 ID:1LHYP4QD
>>84
根拠なんて無くてもいい。感じるよ。
あなたは醜形恐怖症なだけですよ。


86 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/29(木) 10:16:51 ID:kmopxi3K
>>85
ご馳走様です、
お世辞は耳にタコが出来るほど聞いてきました。
私は高所恐怖症です

87 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/29(木) 15:42:23 ID:yTrNCrIM
ヒトラーの「我が闘争」その他における「日本国及び人、日本帝国主義論」によると

 概要「太陽のごときアーリア民族に比すれば、日本は模倣のみに優れ、反映によってのみ輝く月のような存在としての二流民族である」

88 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/06/29(木) 22:49:24 ID:/SyKzr2r
>|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI さん

貴方はこの地上のあらゆるものよりも醜く、ゴキブリでさえも
貴方の前では美しく見える。
これでいいですか?

>>81
友達いない臭がプンプンするぜ。

>>87
しょせん操り人形の戯言

89 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 06:14:54 ID:4p3FCOee
>>88
キモイ

90 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 10:32:12 ID:JuUtorRb
女=ニート=ネット右翼

91 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 10:57:06 ID:uXYEUNfZ
http://www.sometime-waseda.com/ue/wana.html

92 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 13:34:01 ID:q7gpkiiF
男=ニート=ネット右翼

93 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 13:37:00 ID:TOs8ebB8
女=ニート=ネット左翼=便器=産廃=反社会性人格障害

94 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:18:21 ID:ExtukPZ4
つまりキムタクもチョン?

95 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/30(金) 16:25:28 ID:dAs0UBgm
>>88
なにがいいですか?
回りくどいので言いたい事が解りません。
言いたい事は単刀直入に言ってくれませんか?

96 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:29:31 ID:4p3FCOee
老若男女誰もが、男にうんざりさせられている

97 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:30:38 ID:03NV2zPU
>>96

ソース

98 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:32:44 ID:ExtukPZ4
反町もチョン?

99 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:36:52 ID:JBh8EuhS
この板の住人は極論に走りすぎ
男だからクズだとか女だから無能だとか、これじゃただの暴論じゃないか
男女共に優秀な奴はいるし、それこそ基地外みたいなのもいる、要するに千差万別なわけよ
それともお前等は異性叩きのことしか頭の中にないのか?

100 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 16:45:34 ID:4p3FCOee
>>99
2ちゃんねるだからしかたないw

101 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/30(金) 16:51:39 ID:dAs0UBgm
       /.⌒ヽ
      /    .\   
    ../      ヽ. \  
    (./       ヽ. ) 
    /        l" 
   .ノ          l  
   l  ●   ●  ..| 
   l   一      |  
   ヽ.._____       _,ノ  
.   丿ノ ノ 丁丁 ̄l\ 
  . く_(__(_(_._」____)ノ 

102 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 19:19:16 ID:q7gpkiiF
経済発展と工業化によって男の給与はうなぎ上りに上昇した。
すべての男が必ず嫁(専業主婦)をもらえるようになり、王様のように振舞えるようになった。
しかしそれはわずか1世紀足らずで破綻した。
豊かな生活と引き換えに環境が破壊され、地球規模の戦争が起きた。
わずか数世代の男の幸福のために、地球全体が甚大な被害を被ったのだ。

103 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/06/30(金) 19:20:34 ID:TOs8ebB8
>>102
マルチするなw あといつも人のせいにするな。

104 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/30(金) 19:21:25 ID:dAs0UBgm
>>102

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´∀`) < オマエシネー
 (    凸  \_______
 │ │ │
 (__)_)


105 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/06/30(金) 21:47:42 ID:2taKouxv
>>89
本人乙

>>95
わかったよ。
クズブスのド低脳
これでいいんでしょ?

106 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/30(金) 23:52:48 ID:dAs0UBgm
>>105
その根拠は?

107 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/06/30(金) 23:54:16 ID:dAs0UBgm
低脳と思った理由を是非説明してもらいたい

108 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 00:04:47 ID:WOZRxWyG
>>107

>>101>>104みたいなAA貼ってるから

109 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 06:28:04 ID:Vd5AxJxj
40代ニッポン男児 童貞率10%のなぜ? (ゲンダイネット)

 驚愕のデータだ。社団法人「日本家族計画協会」の「男女の生活と意識に関する調査」によると
40〜45歳男性のセックス未経験者は7.9%。「無回答」の5.0%を加味すれば、童貞率が10%を超える可能性もある。
ニッポン男児の10人に1人が、一度も女性と交わらずに「不惑」を迎えているとは……。
なぜ、こんな結果になったのか。
http://news.www.infoseek.co.jp/society/story.html?q=02gendainet05016958

つまり1000万人近くいる40代のうち100万人が童貞ということに・・・

110 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 07:22:09 ID:IiBcWh23
このコピペ改変だよな。
男の猿真似しかできないということを露呈してしまった訳だ。
そういえばかの国も猿真似が国技だったね。
どこまでもよく似てらっしゃる。w

111 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 08:20:15 ID:Vd5AxJxj
男性ホルモンの作用・はたらき
骨格や筋肉の成長促進
テストステロンは、筋肉量の増加を促します(注:もちろん、適切な食事と運動が前提です)。
それから、若干の程度ですが、テストステロンには塩分など尿の排泄を抑制するはたらきがあるので、その結果、血圧を上げる可能性があります。
なお、思春期に急に背が伸びて、骨格と筋肉が成長するのは、成長ホルモンと男性ホルモンが関係していると言われています。

性欲・性衝動の亢進
いわゆる「性欲」「性衝動」は、テストステロンの作用です。
フェロモンを発生させて、ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を増やします。
そして、骨盤神経に作用して勃起を起こすなど、男性がセックスを行うために必要な「興奮」「勃起」などのスイッチを次々と立ち上げて行くはたらきがあるのです。
http://www.daito-p.co.jp/reference/testosterone_action.htm


【女性ホルモンの働き】
女性ホルモンは、女性らしさを保ち、子孫を残す機能を授けられる以外に、
一人の人間として生きていく上に必要な多くの効果がもたらされています。
たとえば骨、血管、筋肉を強くしたり、脳や神経の働きをよくしたり、
肌や髪を艶やか にしたりさまざまに働いているのです。
健やかに、そして女性らしく美しく生きるために女性ホルモンは大きな役割を担っています。

【女性ホルモンと記憶力】
 年齢を重ねると物忘れがひどくなったり、時には痴ほうになることもありますが、
これには女性ホルモンも関係しているといわれています。
アルツハイマー型痴ほうの方が女性ホルモン剤を服用すると、
痴ほうの程度がよくなることが認められいます。

更年期障害の治療で使われた女性ホルモン剤によって、
記憶力や計算力がよくなることも知られるようになりました。
http://www.e-medinavi.com/horumon/m1-horumon.htm

筋力、性欲:男
頭脳、計算力、外見:女

112 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 08:22:18 ID:IiBcWh23
>それは、女性ホルモン剤が脳のなかの血液の循環をよくし、
>脳細胞自身の働きを活発にさせる以外に、女性ホルモン剤によって更年期障害、
>不眠、うつ状態などが軽くなり体調がよくなるなどと、いくつものことが重なるためと
>考えられています
ここを抜くなんて恣意的だな〜w
要するに頭脳の性能を高めるんじゃなくて、状態を良好にするということ。
痴呆で落ちた記憶力や計算力を改善するだけであって、女の頭が悪い事にはかわらん。

113 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 08:29:43 ID:Vd5AxJxj
男性ホルモンと女性ホルモン

「男性ホルモン」「女性ホルモン」が、体内でどんなはたらきをしているかを見てみよう。


■男性ホルモン                     ■女性ホルモン
・男性特有の筋肉質な体のラインにする      ・女性特有の丸みをおびた体のラインにする
・たんぱく質を筋肉や内臓に変える助けをする  ・女性の生理や妊娠をコントロールする
・皮脂の分泌を促す                   ・肌や髪を美しく保つ
・体毛の発育を促す                 ・骨を丈夫にする  
・性欲を高める                    ・自律神経を安定させる
                             ・記憶力を保つ
                             ・食欲を抑制する
http://www2.health.ne.jp/library/3000/w3000886.html

114 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 08:40:37 ID:IiBcWh23
■女性ホルモン
・脳の状態をよくし自律神経を安定させる
・脳の状態をよくし記憶力を保つ。

結論。
元の構造が劣っているため、女性ホルモンをいくら投与しても
女が男を逆転するのは不可能です。

115 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/01(土) 08:52:01 ID:UYbydPOi
>>108
退屈凌ぎや、102の様な暴論を唱える奴に
AA張っただけで低脳?
凄い理論だね、そんな事書いていて平気かね?
差別主義丸出しで恥ずかしいよ。

116 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 09:35:20 ID:Vd5AxJxj
>>114
意味不明w

117 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 10:24:10 ID:7KRbp4oe
以前、学生を対象にイスラーム世界のイメージについてアンケート調査をしたことがある。
過激、遅れている、女性蔑視、神秘的、信仰熱心といったような回答が上位を占めた。メディアを通じてお茶の間に届けられるイスラーム関連の記事は、
戦争、テロ、大量破壊兵器、女性差別といった話題が多いことを考えれば、当然かもしれない。
しかし、メディアは、事件性の高いものや非日常的なものを取り上げているのであって、大多数の人々の日常を報じているわけではない。

教育の普及
  西側の規準からみれば、確かにイランの政治体制は、民主主義とはいえない。
しかし、国民を搾取するだけの独裁体制だったのかといえば、そうではない。現政権はイスラーム革命のスローガンであった「社会的公正」を重んじ、
王政時代に開発の恩恵から取り残された人々の生活を改善し、教育機会を提供してきた。
こうした政策の結果、現在、イラン人口の6割を占める24歳以下の若年世代は、親世代とは異なる特徴を持つにいたった。
この世代は、現政権が教育の普及に力を入れた結果、9割以上の人が基礎教育を受けることができただけでなく、
親世代に比べて男女ともに教育年数が格段に長くなっている。町から何時間も車を走らせなければ到達しないような
村々にまで小中学校ができ、国境付近の辺境州にも大学ができた。

女性の進出
 一般にイスラーム圏では、女子の就学率は男子のそれよりもかなり低いが、イランでは、そうした傾向がなくなりつつある。
イランで女子の就学率が伸びた理由は、実は現政権のイスラーム重視政策にある。革命後、学校でのイスラーム教育が重視されたことや
男女別学や女子の服装規定が徹底されたことで、これまで娘を学校に通わせると西洋にかぶれ、宗教心が薄れると警戒していた保守的な家庭でも、
娘を就学させるようになったからである。イスラーム重視政策は、女性に新たな就業機会を提供することにもなった。
女子校で働けるのは女性教員という原則ができたことから、女性教員の需要が伸びた。医療機関でも男女別が望ましいとされたために、
女性の医療スタッフの雇用が増えた。女性向けの専門職の増加は、女性の高学歴化を促進した。2003年の統計によると政府系大学の女性比率は、
医療系70%、基礎科学56%、人文52%、農業・獣医46%である。イランの教育政策をみるかぎり、
イスラームは女性蔑視の宗教であると単純に決め付けることはできない。
http://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion138.html

118 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 12:25:53 ID:Vd5AxJxj
>>117
日本なんかよりよっぽど進んでいるじゃないか

119 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 12:30:58 ID:okxGC5H7
>>117
>>118
もうすっかり名物だねその自演w

120 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 13:52:02 ID:2lxYLAsf
クルアーン第4章 『女』より抜粋


男たちは女たちの上に立つ管理人である。
アッラーが一方に他方以上に恵み給うたものゆえ、また、彼らが彼らの財産から費やすものゆえに。
それゆえ、良き女とは、従順で、アッラーが守り給うたがゆえに留守中に守る女である。
おまえたちが反抗を恐れる女には、諭し、寝床で彼女らを避け、そして、彼女らを打て。
もし彼女らがおまえたちに従うなら、彼女らに対し道を求めるな。
まことにアッラーは崇高にして大いなる御方であらせられた



男女平等など笑止、まことアッラーは偉大にして大いなる御方であらせられた

121 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 15:57:39 ID:7KRbp4oe
【統計数理研究所調査】
子供を一人だけもつとしたら、男の子の方がよいですか、女の子の方がよいですか、それとも、どちらでもよいですか?

女性   女の子   男の子   どちらでもよい
1988年  40%      22%       37%
1993    50%      22%       26%
2003    64%      16%       19%
2006    79%      10%       11%

男性   女の子   男の子   どちらでもよい
1988年  15%      45%       36%
1993    19%      45%       34%
2003    29%      40%       30%
2006    35%      38%       27%
http://www.ism.ac.jp/kokuminsei/data/data/html/ss6/6_2e_female.htm

122 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 17:11:56 ID:Vd5AxJxj
> 女性   女の子   男の子 
> 2006年   79%     10%

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

123 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 17:14:48 ID:MlFyufhz
230 名前:名無しさん 〜君の性差〜 :2006/07/01(土) 12:33:48 ID:Vd5AxJxj
>>229
知ってるが何か?あと俺は男だw

  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・



124 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 17:21:19 ID:ZzAg5Dhy
>>123
!?!?
マジデスカ?w
どこのスレか教えてくれ。

125 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 17:26:54 ID:k+vPSjb7
      >>1
      ↓
   / //   丿丿 人   
  /  // ノノ   ,,"  i
 l  //    _,,...彡''"   |    
 i _,,,..--―''"        .|
 | }ヾ、、      ,,,...="゙  |   
 | ( _ `        _    |
 | `~`tゥ、、      /、'゙ー' >-{  
 .| i:: "~  ヾ          |  
  | |::   /"  、      |
  .| .|:::  {、 ,_ 入      |       
  |  i::   .:::ノノ       ,|  
  .| `i::  :/^-^_ヽ_   ,,7|
   |  `ヽ:: ゝこニノ    ノ    
   .|    ` 、..___,,,... '

126 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/01(土) 17:45:05 ID:7KRbp4oe
・人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
byディスレーリ

127 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/01(土) 20:23:03 ID:UYbydPOi
>>105
107について答えて貰おう

128 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/01(土) 21:22:35 ID:8Kjbr/ZH
相手の事をわかってるつもりになってるから。

129 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/01(土) 22:54:28 ID:UYbydPOi
>>128
意味不明だ、
日本語を正確に書いて貰いたい。


130 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/02(日) 02:49:37 ID:ruivTStE
これは酷い糞スレだ

131 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/02(日) 22:11:35 ID:ehjOkXB+
>>129
まるで相手の事をわかっているようなレスをしている。

132 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/02(日) 22:15:34 ID:nPgWg8uR
クルアーン第4章 『女』より抜粋


男たちは女たちの上に立つ管理人である。
アッラーが一方に他方以上に恵み給うたものゆえ、また、彼らが彼らの財産から費やすものゆえに。
それゆえ、良き女とは、従順で、アッラーが守り給うたがゆえに留守中に守る女である。
おまえたちが反抗を恐れる女には、諭し、寝床で彼女らを避け、そして、彼女らを打て。
もし彼女らがおまえたちに従うなら、彼女らに対し道を求めるな。
まことにアッラーは崇高にして大いなる御方であらせられた

133 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/03(月) 10:23:43 ID:xIuA+T21
>>131
見ず知らずの人間の事がネットで解るかボケ!
手前のそのコメントこそ解った気で居るだろうが
低脳という語を調べてからモノを言え下衆。

134 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/03(月) 12:52:30 ID:6dp74D/M
・男性はどこから見ても下劣であり、男性固有の領域においても全くの低俗であるにもかかわらず、
いぜんとして男性がハバをきかしているのは、結局は女性が愚鈍だからである。
byモンテルラン

135 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/03(月) 14:30:36 ID:27QsA/gu
クルアーン第4章 『女』より抜粋


男たちは女たちの上に立つ管理人である。
アッラーが一方に他方以上に恵み給うたものゆえ、また、彼らが彼らの財産から費やすものゆえに。
それゆえ、良き女とは、従順で、アッラーが守り給うたがゆえに留守中に守る女である。
おまえたちが反抗を恐れる女には、諭し、寝床で彼女らを避け、そして、彼女らを打て。
もし彼女らがおまえたちに従うなら、彼女らに対し道を求めるな。
まことにアッラーは崇高にして大いなる御方であらせられた



男女平等など笑止、まことアッラーは偉大にして大いなる御方であらせられた

136 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/03(月) 22:39:08 ID:kdsvdrO5
>>133
レスの内容で頭のよさとかはわかるよ。

137 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/03(月) 23:13:16 ID:xIuA+T21
>>136
でそれが証明できてるのか手前は?
過去ログ見てたら主観しか出てねえじゃねーか
それが普通か?それが頭のよさか?

138 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/04(火) 10:22:14 ID:8o8w4UW9
・人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
byディスレーリ

139 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/04(火) 22:26:56 ID:u2drYTld
>>137
私以外にもいるんだし。

140 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 00:52:52 ID:J7PZofOa
おとこはくさい

141 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 00:57:34 ID:vgbjq9y0
>>140
よう、M男くん。
自虐して興奮すんのもほどほどにな!

142 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 00:58:26 ID:wc3BGuWJ
>>141
M男じゃないよ
ルークだよw
まぁM男でもあるがw


143 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 11:55:53 ID:RjtJLYNz
・男性はどこから見ても下劣であり、男性固有の領域においても全くの低俗であるにもかかわらず、
いぜんとして男性がハバをきかしているのは、結局は女性が愚鈍だからである。
byモンテルラン

144 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 12:01:07 ID:wc3BGuWJ
>>143
お前が来ると途端に男叩きスレがほとんど上位に上がってくるよな


145 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 14:25:44 ID:J7PZofOa
自分は共学だったので、よくわからないが、女子高出身の人はよく「本当に楽しかった!」という人が多い。
男子校出身者は、あまりそう言わない。

146 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 14:32:58 ID:wc3BGuWJ
>>145
お前が来ると途端に男叩きスレがほとんど上位に上がってくるよな

147 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/05(水) 17:07:18 ID:Z+AYJzFn
>>139
どの点に返事してるんだ?
で、その後はなんだ?低脳よ。
クソ餓鬼はな一生ROMっとけ
それか書き込むときは広辞苑手元に置いて書き込め低脳。

148 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 19:51:22 ID:wc3BGuWJ
男も女も大して変わらないという記事がここにwwwww これじゃぁ今の男児は性的トラウマになるよね☆
http://cgi.merumo.ne.jp/cgi-bin/i_backnodb_view_list.pl?id=00361100&page=1

勤務先の保育園の男児達が、遠足で行ってる山で遭難して暖め合えばいいとか
銭湯でみんなお〇にーすればいいとかほも妄想かなりきもい

一歳児のちんちんの皮を剥いではぁはぁしてたり
べろちゅうや耳舐めはしゃべれない子にしかしない等に至ってはもう犯罪

本人に性的虐待の意識はまったくなく
日常的に園児に猥褻行為を行っている模様
こんなことできるから保育士になろうと犯罪を助長させるようなことを言っている

すべて妄想話かもしれないが、もし本当ならば今日も被害にあっている幼児がいる
絶対ゆるせない
以下メルマガの一部

>いやいや大丈夫です!喋れない子にしかベロちゅうも耳舐めもしてませんから!(確信犯)
>ホンマはいろいろしたいけど(止めれ)
>では、最近1歳さんのチ●コを剥くのがマイブームなUcoでした(死ネ☆)
>最近のマイブームは鉄棒(地面に固定されていない持ち運び可能なもの)の端にしゃぶりつくRた君(1歳半)を視姦することです(爆)
>そう!まるでフ●ラしてるみたいなんですょね!ゞ(≧∀≦*)〃
>しかも1歳半は涎が半端ないから!余計にェロい(爆)
>マジで!ホンマに!!
>湯舟に入ったらチ●コ触っててもバレないょ!(死)扱き合っててもバレないょぉ!!(変態)
>是非みんなでおなにー大会でもしてて欲しいものです!!


149 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 20:05:51 ID:Kka1EAuV
>>1さん 私も激しく同意です
女同士って何かと足の引っ張り合いに嫉妬に疲れますよね!
ぶっちゃけ女に友情とかないと思います
その点男性って皆さっぱりしてて、本物の友情を築いている
って感じであこがれます
さらに歴史上を考えてみても主要な政治家や革命家、発明家は殆ど男性
なのに対し、女は家事とセックスくらいしか役目が無いw
なのに男性とやけに張り合おうとする女性って要るけど
わかってないなぁ〜って思いますねww


150 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 20:10:54 ID:wc3BGuWJ
男性のセクハラが大々的に報道される反面、水面下で女性の犯罪はこんなにも深刻化していた!
子供に対する暴力・殺傷。猥褻な行為等、世の偏った報道に目立たなくされた犯罪は今も進行している!
男も女も同じ人間だもんなwww


10月22日(水)  4歳児を蹴殺す

毎日のように異常で異様な殺人事件が起きる(殺人はすべて異常で異様だが)。しかし、これは何だ!
名古屋で4歳の男児が蹴り殺された。蹴ったのは男児の母親(27)の愛人で、18歳の高校3年生。
以前から男児に暴力をふるっていた。母親は最初男児の死因についてウソの供述をしていた。
ホントのことを述べると彼に会えなくなると思ったから…。
 男児はよくアザをつくっていたので、保育園長が児童相談所に相談していた。
しかし相談所は踏み込んだ調査をしなかった。男児は保育園の保母に「お母さんに抱いてもらいたい」と言っていたという。

151 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 20:46:46 ID:WRBhrPDs
・・・・まァこんな糞スレ立てた>>1 のような馬鹿メスはこれを捨てて
下記のどれかの板で男性罵倒や男性冷やかしのスレッドを好きなだけ立てて、
そこで男性罵倒や男性冷やかしのレスを好きなだけしている方がお似合いみたいだな。

女性板 http://human5.2ch.net/wom/

独身女性限定板 http://human5.2ch.net/sfe/

もてない女板 http://human5.2ch.net/wmotenai/

femalemews+板 http://news18.2ch.net/femnewsplus/

痛いニュース板 http://news18.2ch.net/dqnplus/

バカニュース板 http://tmp5.2ch.net/bakanews/

ニュー速VIP板 http://ex14.2ch.net/news4vip/

最悪板 http://tmp5.2ch.net/tubo/

電波・お花畑板 http://etc3.2ch.net/denpa/

失恋板 http://love3.2ch.net/break/

152 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 20:47:31 ID:WRBhrPDs
・・・・おっと>>151 にこれも足しておくか・・・・!!

人生相談板 http://life7.2ch.net/jinsei/

なんでもあり板 http://tmp5.2ch.net/mog2/

難民板 http://aa5.2ch.net/nanmin/

厨房板 http://tmp5.2ch.net/kitchen/

主義・主張板 http://society3.2ch.net/shugi/

ニー速板 http://ex13.2ch.net/neet4vip/

過激な恋愛板 http://love3.2ch.net/kageki/

同性愛板 http://love3.2ch.net/gay/

同性愛サロン板 http://love3.2ch.net/gaysaloon/

×1板 http://that4.2ch.net/x1/

153 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 20:48:11 ID:WRBhrPDs
・・・・あ、そうそう>>151-152 の他にこの板も出しておかないとな・・・・!!

ぴんく難民板 http://sakura02.bbspink.com/pinknanmin/

お下品板 http://pie.bbspink.com/ogefin/

SM板 http://pie.bbspink.com/sm/

801板 http://sakura03.bbspink.com/801/

おかま・おなべ板 http://sakura03.bbspink.com/okama/

大人の同性愛板 http://sakura02.bbspink.com/gaypink/

レズ・百合萌え板 http://sakura02.bbspink.com/lesbian/

pink秘密基地板 http://pie.bbspink.com/erobbs/

ニー速(pink)板 http://sakura03.bbspink.com/neet4pink/

童貞板 http://sakura01.bbspink.com/cherryboy/

>>1 よ、この糞スレを捨てて>>151-152 と上記に表してやった板のどれかで好きなだけ
男性罵倒や男性冷やかしのスレッドでも立ててそこで好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのレスでもしてろよ
(・・・・それか2chの外に男性罵倒や男性冷やかしを目的としたホムペでも自分で作って、
好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのカキコでもしてろよ)。・・・・そして二度とこの板に来たらダメだよ!!

154 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 21:30:29 ID:J7PZofOa
>>148
このメールマガジンは、
まだ発行されていない
バックナンバーデータベースのメンテナンス中
などの理由により、バックナンバーを読むことができません。


満たされない男児への愛を、捏造記事で満たそうとしたんだね・・・。
かわいそうに・・・。

155 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/05(水) 21:44:07 ID:36P6ZyBa
>>147
ついに根拠のない中傷をしてきたか。

156 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/05(水) 23:58:10 ID:AmcE8Dgn
http://www.uploda.org/uporg436231.jpg

157 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/06(木) 00:01:05 ID:Z+AYJzFn
>>155
話の噛み合わない返答した奴は手前の中では普通なんだな?
全く異常では無い訳だな?

158 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 00:03:46 ID:M3RNIuU8
>>1
     ___ ___
       / ̄     ||      ̄\
      /       _____||_____    ヽ.
     ,/    / ̄ ̄ ̄ ̄\    ヽ.
      |    /          ヽ    |
    |    /           ヽ、   |
    .|   | __ ヾ、 l l , /'  __ |   |
    |   .|< o ヽ ::|  !  / o >|   |     _________
    |   |:. `ー-` :|     ''-−'' |   |    / ギャーーーーーー
    |   |:::::.     |   |.       |   |  <  なんでうまれてきやがったぁーー
   .|   |:::::::.   /   ヽ.     |   |   \
   |    .|ヽ.    `' ` ' '      ./;|   |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ..|、:::::.. //ニ=ニヾ   .::;|.   |
   |   :| 'ヽ:::: :i|:::::::::::::::::::::|i  :/' |   |
   /   |  |ヽ::::..ヾ⌒―⌒/  /| |   ヽ
  ,/     | | ヽ::::.ヽニニ/  /'' | |    ヽ
 //      |.  `ー--━--─'   .|    `ヾ



159 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 15:05:27 ID:PX4UpGoj
男同士って何かと足の引っ張り合いに嫉妬に疲れますよね!
ぶっちゃけ男に友情とかないと思います
その点女性って皆さっぱりしてて、本物の友情を築いている
って感じであこがれます
さらに男は見た目も醜いし臭いし最悪。
女性とやけに張り合おうとする男性っているけど
わかってないなぁ〜って思いますねww

160 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 15:07:49 ID:jQ23SYK9
>>159
___ ___
       / ̄     ||      ̄\
      /       _____||_____    ヽ.
     ,/    / ̄ ̄ ̄ ̄\    ヽ.
      |    /          ヽ    |
    |    /           ヽ、   |
    .|   | __ ヾ、 l l , /'  __ |   |
    |   .|< o ヽ ::|  !  / o >|   |     _________
    |   |:. `ー-` :|     ''-−'' |   |    / ギャーーーーーー
    |   |:::::.     |   |.       |   |  <  なんでうまれてきやがったぁーー
   .|   |:::::::.   /   ヽ.     |   |   \
   |    .|ヽ.    `' ` ' '      ./;|   |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |   ..|、:::::.. //ニ=ニヾ   .::;|.   |
   |   :| 'ヽ:::: :i|:::::::::::::::::::::|i  :/' |   |
   /   |  |ヽ::::..ヾ⌒―⌒/  /| |   ヽ
  ,/     | | ヽ::::.ヽニニ/  /'' | |    ヽ
 //      |.  `ー--━--─'   .|    `ヾ

161 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 16:47:41 ID:0ASoUO43
>>159
おれもそう思う。
精神年齢低くて、嫉妬で攻撃心強かったりして最悪。
表面はいい男気取り、中身まるでなし。
単純なことを評価の基準にしたがる。
てめえが単純だからね。

162 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 17:00:07 ID:0ASoUO43
あげ

163 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 17:01:56 ID:jI7FDUUr
■男に貢がせる事意外に楽しみのないバカ女♪さすが最も優れた完璧な生物ですね☆■

543 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/27(火) 18:11:22
貢がせたもの勝ち
どうせブサやきも男なんてそれくらいしか価値ないよ

544 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/27(火) 19:12:35
当然 不細工デブ男や年増オヤジが高望みすんな 偉そうにする資格ないんだから身分弁えろ

545 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/28(水) 14:08:41
自慢だけど、私こないだ、車買って貰っちゃった!!!
別にお水でもないし、体を使った訳でもない。
デートは五回ほど、相手は39歳既婚者、パチンコ店とスナックを経営。
「車ほしいな。」でホントにOK。
さーて、これからどうやって切るか・・・・
誰かいい作戦ない?

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/wom/1135324994/l50

164 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 18:39:27 ID:apIjD6mC
>>159
何でもかんでもパクるなw 元ネタ投下

女同士って何かと足の引っ張り合いに嫉妬に疲れますよね!
ぶっちゃけ女に友情とかないと思います
その点男性って皆さっぱりしてて、本物の友情を築いている
って感じであこがれます
さらに歴史上を考えてみても主要な政治家や革命家、発明家は殆ど男性
なのに対し、女は家事とセックスくらいしか役目が無いw
なのに男性とやけに張り合おうとする女性って要るけど
わかってないなぁ〜って思いますねww


おれもそう思う。
精神年齢低くて、嫉妬で攻撃心強かったりして最悪。
表面はいい女気取り、中身まるでなし。
単純なことを評価の基準にしたがる。
てめえが単純だからね。

165 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆1Qhw8aSW2A :2006/07/06(木) 20:18:52 ID:uv/fVSCe
http://www.geocities.jp/hananeko51/yomoyama5.htm

↑ここ読んでタラ、マジで日本男も韓国男と変わらないのねと思った(ニヤニヤ


166 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 20:23:25 ID:PX4UpGoj
みてください。強制わいせつと強姦件数の上昇っぷり。何処が犯罪が減ってるんだ
http://www.gender.go.jp/whitepaper/h16/danjyo_hp/danjyo/html/zuhyo/fig01_05_07.html

167 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 20:32:06 ID:jI7FDUUr
■男に貢がせる事意外に楽しみのないバカ女♪さすが最も優れた完璧な生物ですね☆■

543 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/27(火) 18:11:22
貢がせたもの勝ち
どうせブサやきも男なんてそれくらいしか価値ないよ

544 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/27(火) 19:12:35
当然 不細工デブ男や年増オヤジが高望みすんな 偉そうにする資格ないんだから身分弁えろ

545 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/28(水) 14:08:41
自慢だけど、私こないだ、車買って貰っちゃった!!!
別にお水でもないし、体を使った訳でもない。
デートは五回ほど、相手は39歳既婚者、パチンコ店とスナックを経営。
「車ほしいな。」でホントにOK。
さーて、これからどうやって切るか・・・・
誰かいい作戦ない?

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/wom/1135324994/l50

505 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/06(木) 20:27:09 ID:PX4UpGoj
誰もがみな、女のバカぶりにうんざりさせられている

168 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/06(木) 21:56:53 ID:7d0vuuO/
>>157
君が噛み合ってないよ。

169 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 00:54:08 ID:edQGwvu2
一人でも気に入らない女性がいると怯えきって女性をたたきはじめる男共
自分の存在危機を感じているのだろう

170 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 00:55:55 ID:NhOyXHj5
■これが女の本性☆さすが優れた生物である女性様ですね♪■

537 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/22(木) 17:44:15
ある程度持ってる人じゃないとバックなんかは無理だよ。若い普通のリーマンは無理。無い所から無理矢理取ると刺されたりするのでまず持ってそうな男を探すべし。

538 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/22(木) 17:54:19
せいぜい若いうちに貢がせとけよ
25超えたら馬糞以下の燃えないゴミクズになるんだからな

539 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/22(木) 18:10:37
やっぱ、相手に気があると思わせるのが基本。
免疫ない男がいいんだろうけど、ストーカーになりかねない。

540 名前: Ms.名無しさん 投稿日: 2006/06/22(木) 19:24:35
確かにそうだね。
貢がせるには相手をよくみないと面倒な事になりかねないし。

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/wom/1135324994/l50

171 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 00:58:15 ID:vljOTkes
男はなんで女性の社会進出に反対すんの?その子(5
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/wom/1150096374/


おまつりですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜w

172 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 01:18:38 ID:edQGwvu2
グロく諸悪の根源であるペニスはあまねく切断されるべきである。


チンコ主義というのは主にセックスの場面において、とくにチンコで快楽を得る人の事を言います。
彼女ら(彼ら)は、いかに丁度良いサイズのチンコであるか??
という論点をとても重視します。

私は個人的に、チンコで絶頂を得られないタチなので(もっとも感じる場所が膣ではないため)
チンコの大きさは、コレくらい以下(デカイと痛いだけなので)・・・・というようなマイナス公差で評価するのですが、
チンコ主義の方々は、コレくらい以上を評価する!!
と言うパターンしか見たことがありません。
そして、彼らの定める規定長以上のチンコを持ち得ない男に関しては、
とてもアシザマに罵るのが特徴です。

Commented by 見由 at 2006-02-26 18:21 x
あんなに気持ち悪くてグロいのにいばってるなんて
男の昔と分からないチンコの価値パワーはすごいわ!
付き合ってる女がちょっとチンコ(本音まじりの冗談で)を罵っただけなのにインポになる男すらいるので精神的効果もすごいねー
チンコ(汚物)に左右される生き物、それはオ・ト・コ

Commented by raityou_2004 at 2006-02-26 20:29
ヨーコ・オノが
「私にあんなもの(チンコ)が付いてたら、笑っちゃうわ」
とか言ったらしいですね。
・・・・なんとなく、自分のチンコを誇らしげにしてる男って、
そういう話したくなります。

Commented by 見由 at 2006-02-27 20:08 x
日本のどこかの地方ではチンコの形の作り物を崇拝する祭までも存在するらしいですね。ニュースで少し報道されてて参加している村人が気持ち悪かったわ〜
こんなの日本だけ。下品な国・・・チンコ崇拝大国日本。
(そんなにチンコが好きならばいっそのこと性欲処理もチンコ(男)相手にすればいいのにと・・・それもキモ)
http://manhater.exblog.jp/4178597/

173 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 01:20:04 ID:NhOyXHj5
■フェミナチさんがまたクソスレ立てるつもりですよ〜☆■
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/qa/1151919513/l50

352 名前: ひよこ名無しさん 投稿日: 2006/07/07(金) 01:05:43 0
【板名】男性論女性論
【板のURL】http://love3.2ch.net/gender/
【タイトル】↓
未婚女性の7割超が、結婚しなくても1人で幸福II
【名前】
【メール欄(省略可)】
【本文】↓
 読売新聞社が行った「結婚観」に関する全国世論調査(面接方式)で、
「結婚しなくても1人で幸福」と思う未婚女性が7割超に上っていることがわかった。
 2003年の前回調査より10ポイントも増え、独身女性の間で、
未婚を否定的にとらえない傾向が強まっていることを示している。
 結婚しなくても、女性は1人で十分に幸福な人生を送れると思うかどうかに対し、
未婚者では「そう思う」は69%で、既婚者の50%より多かった。
特に、未婚女性では73%に上り、「そうは思わない」は24%にすぎなかった。
未婚男性は「そう思う」は67%で、未婚女性の方が“独身願望”がやや強い。
 晩婚化が進んだことが社会的に大きな問題と思うかでは、
「そう思う」が58%で、「そうは思わない」40%を上回った。
 晩婚化の背景(複数回答)については、「女性の社会進出が進んだから」67%が最多。
以下、「適齢期などにこだわらない人が増えたから」52%――などが続いた。
 一方、結婚相手の条件を男女別にみると、男性では「容姿や外見」59%、
女性では「収入や資産」78%、「職業や勤め先」77%がそれぞれ目立っている。
トップは、男女ともに「人柄」の98%だった。

http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20050225sw21.htm

174 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 02:47:32 ID:CxSzgNVW
糞はおまえw

175 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 07:44:40 ID:NhOyXHj5
氏ねフェミw


176 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/07(金) 10:04:39 ID:6n5n+rYJ
>>168
過去ログみてると1行返答で話が噛み合わないのは
明らかに手前のせいだろうが低脳。
人に責任を擦り付けるなクソ
手前の責任じゃないなら137からの1行毎の返答をだせ。

>>169
馬鹿便器しか居ないから話が通じると思ってねえし、
何より毎回クソスレ立てといて
「女性をたたき始める」じゃねえよ!
被害者ツラするな下衆。

177 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 14:13:20 ID:CxSzgNVW
便器とかいってるけど、男が嫌いだったら男に近寄りたくもないんじゃね?w

178 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 15:49:36 ID:edQGwvu2
自分の嫌いな人間像を無理やり押し付けてるんでしょう。

179 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 17:26:26 ID:CxSzgNVW
・どんな男の人と一緒になってみても同じ事だろうと私が言うと、
「そんな筈ないわ、石鹸だって、 十銭と五十銭のじゃずいぶん品が違ってよ」
by林芙美子「放浪記」

女から見て男の最大の難点は彼らが男であることだ。
男から見て女の最大のねうちは、彼女たちが女であるということだ。
byアンリ・ド・レニエ

・男というものは……家ではまったく邪魔になります!
byギャスケル夫人

・私は男性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、
全能の神は女性につりあうように男性を作られたのです。
byジョージ・エリオット

・自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
byニーチェ

・これが男というものです。計画だけはみんな悪者ですが、
そのくせ実行となると、弱気になって、それを誠実だというのです。
byランクロ

・この地上には、男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
byリガリエン

・人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
byディスレーリ

・男性はどこから見ても下劣であり、男性固有の領域においても全くの低俗であるにもかかわらず、
いぜんとして男性がハバをきかしているのは、結局は女性が愚鈍だからである。
byモンテルラン

180 :不思議な国の♪栗都☆有栖 ◆1Qhw8aSW2A :2006/07/07(金) 17:38:06 ID:+5dNDopJ
↑みてると、異性愛者も大変ねw

どっちがどうのって言うより、求める度合いの多い側が不利になるってのが如実にw
一概にはどっちがとか言えないだろうけど、この板に於いては圧倒的に男が不利。
不利な状態はその男性自体が招いていると言うことにほかならないw
女性に過剰な思い入れがあることを本人たちは気付いて無いみたいだし(笑)

そういう状況で、女性にそっぽ向かれてたらさぞかし辛いだろうねぇ♪

ありがとうございました♪


181 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 18:10:51 ID:edQGwvu2
女性とゴリラを足して2で割ると男ができあがる。

182 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 20:05:32 ID:I0Vb5wYc


183 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 20:21:17 ID:CxSzgNVW
男性は、もう少し他人への言動を気をつけろ!
誰もがみな、男にうんざりさせられているのだ。これ以上失望させるな。

184 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 21:22:31 ID:edQGwvu2
男ってすぐファビョるし、偏見で他人を叩くことしかできないし、ほんとチョンだと思う。

185 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/07(金) 21:24:43 ID:6n5n+rYJ
馬鹿便器共は進歩しねーなw

186 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/07(金) 21:51:01 ID:1dP4GjqU
>>176
また罵倒か。

187 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 23:30:30 ID:PQvTUGI5
・・・・まァこんな糞スレ立てた>>1 のような馬鹿メスはこれを捨てて
下記のどれかの板で男性罵倒や男性冷やかしのスレッドを好きなだけ立てて、
そこで男性罵倒や男性冷やかしのレスを好きなだけしている方がお似合いみたいだな。

女性板 http://human5.2ch.net/wom/

独身女性限定板 http://human5.2ch.net/sfe/

もてない女板 http://human5.2ch.net/wmotenai/

femalemews+板 http://news18.2ch.net/femnewsplus/

痛いニュース板 http://news18.2ch.net/dqnplus/

バカニュース板 http://tmp5.2ch.net/bakanews/

ニュー速VIP板 http://ex14.2ch.net/news4vip/

最悪板 http://tmp5.2ch.net/tubo/

電波・お花畑板 http://etc3.2ch.net/denpa/

失恋板 http://love3.2ch.net/break/

188 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 23:31:44 ID:PQvTUGI5
・・・・おっと>>188 にこれも足しておくか・・・・!!

人生相談板 http://life7.2ch.net/jinsei/

なんでもあり板 http://tmp5.2ch.net/mog2/

難民板 http://aa5.2ch.net/nanmin/

厨房板 http://tmp5.2ch.net/kitchen/

主義・主張板 http://society3.2ch.net/shugi/

ニー速板 http://ex13.2ch.net/neet4vip/

過激な恋愛板 http://love3.2ch.net/kageki/

同性愛板 http://love3.2ch.net/gay/

同性愛サロン板 http://love3.2ch.net/gaysaloon/

×1板 http://that4.2ch.net/x1/

189 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/07(金) 23:32:30 ID:PQvTUGI5
・・・・あ、そうそう>>187-188 の他にこの板も出しておかないとな・・・・!!

ぴんく難民板 http://sakura02.bbspink.com/pinknanmin/

お下品板 http://pie.bbspink.com/ogefin/

SM板 http://pie.bbspink.com/sm/

801板 http://sakura03.bbspink.com/801/

おかま・おなべ板 http://sakura03.bbspink.com/okama/

大人の同性愛板 http://sakura02.bbspink.com/gaypink/

レズ・百合萌え板 http://sakura02.bbspink.com/lesbian/

pink秘密基地板 http://pie.bbspink.com/erobbs/

ニー速(pink)板 http://sakura03.bbspink.com/neet4pink/

童貞板 http://sakura01.bbspink.com/cherryboy/

>>1 よ、この糞スレを捨てて>>187-188 と上記に表してやった板のどれかで好きなだけ
男性罵倒や男性冷やかしのスレッドでも立ててそこで好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのレスでもしてろよ
(・・・・それか2chの外に男性罵倒や男性冷やかしを目的としたホムペでも自分で作って、
好きなだけ男性罵倒や男性冷やかしのカキコでもしてろよ)。・・・・そして二度とこの板に来たらダメだよ!!

190 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 04:15:31 ID:RFDZ9Er+
>>187-189
誰も読んでないから必死に貼らないでいいよ

191 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 07:12:10 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

192 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 07:12:47 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

193 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 07:59:09 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

194 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 07:59:45 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

195 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 08:09:52 ID:r4Lj3fX1
男性権力から聖女崇拝の時代へ

『占星術の視点に立つと、2000年に及ぶ魚座の時代が幕を閉じました。
 魚はイエスの記号でもあるのです。
 魚座の理念は「人間は自分では物を考えることが出来ず、より高度な存在からものを教わることが必要」です。
 しかし水瓶座(アクエリアス)の時代に入りました。
 その理念は「人は真理を学び、己の力で考える」です。
 イデオロギー上の重大な変換が今起こっているのです。
 キリスト教会はこの移行期を終末の日と呼んでいます。(ダヴィンチ・コード・下48ページ) 』

『混迷する現代において、キリスト教会は大きな救いになっています。
 しかしキリスト教会が欺瞞と暴力に満ちていた時代もありました。
 異教徒や聖女崇拝者を再教育するための容赦なき粛清運動(魔女狩り)は、三世紀に渡り続けられました。

 教会によって魔女とみなされた中には、女性の学者、祭司、ジプシー、神秘主義者、自然崇拝者、薬草収集家、
 さらには自然界と一体化した疑いのある、あらゆる女性が含まれていました。
 この間に殺された女性の数は500万人に達するそうです。
 この虐殺の歴史が女神崇拝の伝説を崩し、母権的な異教徒社会から父権的なキリスト教社会への
 転換のエネルギーとなりました。(ダ・ヴィンチ・コード・上174ページ)』
http://mandalaya.com/da.html

196 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 08:16:19 ID:ritvTi51
神がかり的な事ばかりコピペして反論しているんだけれど
これだったら笑い袋のコピペの方が芸があって理論的だね〜

197 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:17:03 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

198 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:17:52 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

199 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 08:19:55 ID:ritvTi51
処で、こういうスレが立つという事は、
女性でも内心朝鮮人を差別したり
見下したりしているっていう事だよな あれ?平和主義じゃなかったっけ?
当然、女性は差別をしたりしないんですよね〜 優しい生き物ですから

200 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:31:55 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

201 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:32:41 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

202 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:46:05 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

203 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:46:41 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

204 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:48:10 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

205 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 08:48:55 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

206 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:04:44 ID:sBfPyXWq
今日は学校お休みですかと煽ったら必死になった件www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

207 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:05:31 ID:sBfPyXWq
今日は学校お休みですかと煽ったら必死になった件www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

208 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 09:14:28 ID:r4Lj3fX1
必死なのはどう見てもおめーーーだろwwwwwwww

209 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 09:17:34 ID:ritvTi51
>>208
いや 消化試合のために潰しているだけでしょ
あほな論議なので・・・

210 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:20:49 ID:sBfPyXWq
フェミ厨保身に必死だなwwwあーお前のレス見えないからw煽っても無駄www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

211 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:21:35 ID:sBfPyXWq
フェミ厨保身に必死だなwwwあーお前のレス見えないからw煽っても無駄www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

212 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 09:33:12 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

213 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 09:33:49 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

214 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:36:37 ID:sBfPyXWq
フェミ厨保身に必死だなwwwあーお前のレス見えないからw煽っても無駄wwwじゃあこれからデートだからw精々ガンガレクソフェミ厨www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

215 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:37:22 ID:sBfPyXWq
フェミ厨保身に必死だなwwwあーお前のレス見えないからw煽っても無駄wwwじゃあこれからデートだからw精々ガンガレクソフェミ厨www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

216 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:52:39 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

217 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 09:53:27 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

218 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:09:59 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

219 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:10:53 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

220 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 10:20:20 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

221 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 10:20:59 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

222 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:27:48 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

223 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:28:38 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

224 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:45:24 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

225 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 10:46:13 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

226 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:02:35 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

227 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:03:27 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

228 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 11:07:53 ID:SnVHTdma
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

229 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:19:53 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

230 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:20:42 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

231 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/08(土) 11:20:45 ID:iuNU9dHw
>>186
やれやれ、文字も碌に読めないか?
「過去ログみてると1行返答で話が噛み合わないのは
 明らかに手前のせいだ。
 人に責任を擦り付けるな
 手前の責任じゃないなら137からの1行毎の返答をだせ。」
上の文章の意味が理解できるか小僧?
理解出来ないのに2chをやりたがるのなら隣に先生か保護者に付いて貰え。
手前が中学生以下の脳みそだと言うのはよく解った、
もし手前が社会人だと言うのなら今直ぐ会社辞めてさっさと死ね
文章も満足に読めず主観のみの発言しか出来ない役立たずは世の中の大迷惑だ。
唯でさえ給料泥棒だというのにオマケに年金まで貰おうとしやがるとは無礼千万

232 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:37:04 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

233 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:37:54 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

234 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:54:17 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

235 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 11:55:07 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

236 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 12:11:59 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

237 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 12:12:47 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

238 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:17:59 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

239 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:18:49 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

240 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:34:30 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

241 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:35:17 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

242 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:50:45 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

243 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 13:51:34 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

244 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 14:07:22 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

245 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 14:08:10 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

246 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 14:23:41 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

247 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 14:24:29 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

248 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:36:51 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

249 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:37:39 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

250 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:38:28 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

251 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:39:16 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

252 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:40:05 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

253 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:40:53 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

254 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:41:41 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

255 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:42:31 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

256 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:43:19 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

257 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:44:09 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

258 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:44:58 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

259 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:45:48 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

260 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:46:37 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

261 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:47:25 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

262 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:48:13 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

263 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:49:00 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

264 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:49:53 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

265 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:50:40 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

266 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:51:27 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

267 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:52:13 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

268 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:53:01 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

269 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:53:48 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

270 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:54:36 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

271 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:55:23 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

272 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:56:10 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

273 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:56:57 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

274 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:57:44 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

275 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:58:32 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

276 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 16:59:20 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

277 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:00:09 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

278 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:01:01 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

279 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:01:49 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

280 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:02:37 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

281 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:03:25 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

282 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:04:13 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

283 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:05:01 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

284 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:05:48 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

285 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:06:34 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

286 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:07:21 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

287 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:08:08 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

288 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:08:55 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

289 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:09:41 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

290 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:10:29 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

291 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:11:17 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

292 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:12:04 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

293 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:12:50 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

294 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:13:37 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

295 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:14:24 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

296 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:15:11 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

297 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:15:59 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

298 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:16:46 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

299 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:17:34 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

300 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:18:23 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

301 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:19:10 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

302 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:19:57 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

303 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:20:44 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

304 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:21:31 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

305 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:22:17 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

306 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:23:03 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

307 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:23:50 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

308 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:24:36 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

309 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:25:23 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

310 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:26:09 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

311 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:26:55 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

312 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:27:42 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

313 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:28:28 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

314 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:29:15 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

315 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:30:01 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

316 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:30:54 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

317 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:31:42 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

318 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:32:29 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

319 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:33:17 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

320 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 17:33:34 ID:r4Lj3fX1
・男性はどこから見ても下劣であり、男性固有の領域においても全くの低俗であるにもかかわらず、
いぜんとして男性がハバをきかしているのは、結局は女性が愚鈍だからである。
byモンテルラン

321 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:35:46 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

322 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:36:38 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

323 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:38:28 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

324 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:39:14 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

325 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:40:04 ID:sBfPyXWq
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

326 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:40:52 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

327 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:44:17 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

328 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:45:05 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

329 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:45:53 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

330 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:47:29 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

331 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:48:18 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

332 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:49:07 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

333 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:49:56 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

334 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:52:47 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

335 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:53:37 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

336 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:54:27 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

337 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:55:15 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

338 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:56:03 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

339 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 17:56:52 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

340 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:10:41 ID:sBfPyXWq
煽りくれてもあぼーんだから見えないw乙www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

341 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:11:29 ID:sBfPyXWq
一生懸命手貼りで荒らし乙ww人生相談板でもご活躍www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

342 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 18:24:07 ID:RFDZ9Er+
    / :::/:://   / /    ノ / i ト、   ヽ ゙ 、
    / .:/:::::/:  /../  ..::/,イ:ノ .ノ ,イハi::: i iヽヽヽ
    i .::i:::::/  i:::ノ ...::::::::/ .ィイ :/_}___i:::.i: i ト 、i゙、
    | ::i:::::i::.  イ, -'" / / /ノノ ,ノ  }i: }: } l::. } }
    ! ::i:::::i::   レシンラミ<"// シテミ;メリ::,イ l:: ノ ノ
    | ::i ::ri:::..::..|' l::;;゙ '}        l:;;゙;:} ソ:/i:レ::/
   |::l:::{ハ::::::::i 、ゞ:;;'ノ        ゞ;シ /イイ:リ/   男って生きてて恥ずかしくないの?
     Vノ:}::ヽゞ;::ハ `"::::::::. __'  :::: ノ,イ:} レ'    さっさと死んだほうがいいよ♪
    //::ノ:/イ::l::トゞ、    ヽ__ノ   ,.イ;}::リ
   ノ/::/:/::ハ::kハ. . . ゙ヽ、 ___ , ィ/::ノノ:ハ
 //イ:/:/⌒ハ::::V ̄ニヽ\/  rー'^ヽ、リハ
 /イ:::::ノ, へ  Y<    、〉r ヽ {Y/i  `}\

343 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 18:24:50 ID:8/Lfz50L
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1147391149/l50

糞スレあげるな

344 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:25:09 ID:sBfPyXWq
一生懸命手貼りで荒らし乙ww人生相談板でもご活躍www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

345 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:26:04 ID:sBfPyXWq
一生懸命手貼りで荒らし乙ww人生相談板でもご活躍www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

346 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:40:12 ID:sBfPyXWq
男女板・女性板・人生相談板・ニュース板とご苦労さんwww大変だねぇwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

347 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:41:01 ID:sBfPyXWq
男女板・女性板・人生相談板・ニュース板とご苦労さんwww大変だねぇwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

348 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:54:50 ID:sBfPyXWq
女は劣等生物である男を生み出す悪しき存在wwwなんつってwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

349 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 18:55:44 ID:sBfPyXWq
女は劣等生物である男を生み出す悪しき存在wwwなんつってwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

350 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:04:47 ID:sBfPyXWq
女は劣等生物である男を生み出す悪しき存在www環境破壊も女の為www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

351 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:05:35 ID:sBfPyXWq
女は劣等生物である男を生み出す悪しき存在www環境破壊も女の為www⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

352 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:19:20 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

353 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:20:07 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

354 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:33:36 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

355 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:34:23 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

356 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:47:45 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

357 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 19:48:32 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

358 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:02:09 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

359 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:02:56 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

360 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:16:28 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

361 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:17:15 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

362 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:30:51 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

363 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:31:39 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

364 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:45:15 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

365 :粘着フェミのコピペはもう飽きますた('A`):2006/07/08(土) 20:46:02 ID:sBfPyXWq
女はこの世で唯一劣等生物「男」を生み出せる悪魔wwwおぞましいwww⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン
>⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃ブーン⊂二二二川´・ω・`川二⊃

366 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 21:57:43 ID:VesqMrFO
◆ 逃がすな 許すな 甘やかすな これが犯罪者予備軍ニートの正体だ ◆

      |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (6     (_ _) )< ボキュは格差社会の被害者なんだ!もっと優しくしろよ!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_______________________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ 自立しろって言うな!
      / ヽ| |賊 国 | '、/\ / /   

大阪府豊中市の主婦辻森早苗さん(58)が自宅で殺害された事件で、7日、犯行を認めた
大阪大工学部4年の三男(24)は、教育熱心だった母親の期待を一身に受けて育った。
しかし最近、大学には通わず、昼間からパチンコ店に入りびたっていたという。 「母にしかられ、
かっとなって殺した」と供述。母子の間に何があったのか。知人や大学関係者は言葉を失った。

【大阪・母親殺害】 "大学通わずパチンコ三昧" 阪大工学部の三男、母親の期待を受けて育つも…★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152293838/

367 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 22:16:20 ID:r4Lj3fX1
>>366
男に甲斐性を求めることは、もはやタブーなのだ

368 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 23:02:37 ID:SnVHTdma
女は劣等生物である男を生み出す悪しき存在
それはフェミですら認める事実である
女は絶滅すべきなのか・・・

369 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:21:47 ID:SnVHTdma
−神は偉大である−
男と女はそれぞれ陽と陰として、創造主の中では心情の力を中心として合性一体をなしていた。
その陽性と陰性が創造と共に男性と女性に分立されたのであり、従って心情によって、一体をなしていた本来の姿に戻ろうとする衝動が生じるのである。
本然の世界では愛の秩序が厳格に守られるようになっている。
家庭において祖父と祖母、父と母、息子とその嫁等、各代の夫婦の間にだけ異性の愛(すなわち性行為)が成立する。それ以外は父母の愛、子女の愛、
兄弟姉妹の愛があるだけである。また不倫の愛も絶対にありえない。この家庭の愛の秩序を破壊したのがサタンである。サタンはアダムの配偶者となるはずの
エバを被原理的な性的愛で誘惑して堕落させ、天道の秩序を破壊した。
全ての被造物は神の個性真理体であり、従って全てが神聖であり、そこに汚らわしいものは何もない。
とりわけ人間は神の完全なる似姿であり、それ故に人間は被造物の中で最も高貴で神聖である。従って人体の構成部分はいかなるものでも高貴なものである。
人体の器官の機能は神の創造目的を実現させる目的をもっている。その中でも性器官は次世代の生命を創造する器官であり、神が創造した最も神聖な器官である。
愛の完成を結び間違い、結婚を誤ったので、神を中心として正していくべきである。

370 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:27:14 ID:SnVHTdma
−神は偉大である−
男と女はそれぞれ陽と陰として、創造主の中では心情の力を中心として合性一体をなしていた。
その陽性と陰性が創造と共に男性と女性に分立されたのであり、従って心情によって、一体をなしていた本来の姿に戻ろうとする衝動が生じるのである。
本然の世界では愛の秩序が厳格に守られるようになっている。
家庭において祖父と祖母、父と母、息子とその嫁等、各代の夫婦の間にだけ異性の愛(すなわち性行為)が成立する。それ以外は父母の愛、子女の愛、
兄弟姉妹の愛があるだけである。また不倫の愛も絶対にありえない。この家庭の愛の秩序を破壊したのがサタンである。サタンはアダムの配偶者となるはずの
エバを被原理的な性的愛で誘惑して堕落させ、天道の秩序を破壊した。
全ての被造物は神の個性真理体であり、従って全てが神聖であり、そこに汚らわしいものは何もない。
とりわけ人間は神の完全なる似姿であり、それ故に人間は被造物の中で最も高貴で神聖である。従って人体の構成部分はいかなるものでも高貴なものである。
人体の器官の機能は神の創造目的を実現させる目的をもっている。その中でも性器官は次世代の生命を創造する器官であり、神が創造した最も神聖な器官である。
愛の完成を結び間違い、結婚を誤ったので、神を中心として正していくべきである。

371 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:34:32 ID:SnVHTdma
−神は偉大である−
男と女はそれぞれ陽と陰として、創造主の中では心情の力を中心として合性一体をなしていた。
その陽性と陰性が創造と共に男性と女性に分立されたのであり、従って心情によって、一体をなしていた本来の姿に戻ろうとする衝動が生じるのである。
本然の世界では愛の秩序が厳格に守られるようになっている。
家庭において祖父と祖母、父と母、息子とその嫁等、各代の夫婦の間にだけ異性の愛(すなわち性行為)が成立する。それ以外は父母の愛、子女の愛、
兄弟姉妹の愛があるだけである。また不倫の愛も絶対にありえない。この家庭の愛の秩序を破壊したのがサタンである。サタンはアダムの配偶者となるはずの
エバを被原理的な性的愛で誘惑して堕落させ、天道の秩序を破壊した。
全ての被造物は神の個性真理体であり、従って全てが神聖であり、そこに汚らわしいものは何もない。
とりわけ人間は神の完全なる似姿であり、それ故に人間は被造物の中で最も高貴で神聖である。従って人体の構成部分はいかなるものでも高貴なものである。
人体の器官の機能は神の創造目的を実現させる目的をもっている。その中でも性器官は次世代の生命を創造する器官であり、神が創造した最も神聖な器官である。
愛の完成を結び間違い、結婚を誤ったので、神を中心として正していくべきである。

372 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/08(土) 23:39:29 ID:r4Lj3fX1
◆ 逃がすな 許すな 甘やかすな これが犯罪者予備軍ニートの正体だ ◆

      |ミ/  ー◎-◎-)  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (6     (_ _) )< ボキュは格差社会の被害者なんだ!もっと優しくしろよ!
      |/ ∴ ノ  3 ノ  \_______________________
      \_____ノ,,    ∩_
     /,|┌-[]─┐| \  (  ノ 自立しろって言うな!
      / ヽ| |賊 国 | '、/\ / /   

大阪府豊中市の主婦辻森早苗さん(58)が自宅で殺害された事件で、7日、犯行を認めた
大阪大工学部4年の三男(24)は、教育熱心だった母親の期待を一身に受けて育った。
しかし最近、大学には通わず、昼間からパチンコ店に入りびたっていたという。 「母にしかられ、
かっとなって殺した」と供述。母子の間に何があったのか。知人や大学関係者は言葉を失った。

【大阪・母親殺害】 "大学通わずパチンコ三昧" 阪大工学部の三男、母親の期待を受けて育つも…★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1152293838/

373 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:41:13 ID:SnVHTdma
1、創造原理

1-1、神における両性論
統一原理は神の本質的な性質を理解するための主要な手がかりとして、両性論的事実から出発する。
19世紀シェーカー(Shakers)の教祖アン・リー(Ann Lee)やキリスト教科学の創始者メアリー・ベー カー・エディ(Mary Baker Eddy)が神は男性と女性の両方の
性質を持っておられる方であると教えたとき、彼らはしばしば異端者として非難された。

○人間存在に見られる両性論的事実
精神的側面と肉体的側面、男性と女性
人間の両性における関係性は神の本性から来たもの
人間本性の二重的性質は、神の実在と性質に関して何かを示しているはずである。
統一原理によれば、アダムとエバが一対として創造されたということは神の両性論的存在を外的、かつ客観的に顕示するものである。
神は両性論的存在としておられ、神はその本性の中に、完全に調和された男女二性の性質を所有しておられる。

○イマニュエル・スウェーデンボルグ(Emannuel Swedenborg, 1688-1772)
1)神の本性は神智と神愛との二元的な本質から構成されている。
神智は神の本性の男性的な側面、神愛は女性的な側面
  幸福な結婚をしている夫婦の根本的な両性は、神の全体的な本性を最高に表現する
2)神の内であれ、また被造世界のどこであれ、神の形状的側面と性相的側面の両性が存在する。
3)霊的実在の世界とこの地上の世界との間に、基本的な対応関係が存在する。

374 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:47:57 ID:SnVHTdma
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!

375 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/08(土) 23:54:39 ID:SnVHTdma
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!

376 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:01:21 ID:SnVHTdma
スウェーデンモデルが破綻していることは、疑う余地はない。
ではスウェーデンモデルはなぜ破綻したかのであろうか。
それはスウェーデンモデルを産み出した思想が間違っていたからである。
その思想とは「子育てや老人介護を家庭の中でやると、必ず女性が損をする、だから社会(公的機関)が行うようにすべきだ」
というものである。その背後には、男女の役割分担は悪である、なぜなら役割分担をすると必ず女性が損をするから、という思想がある。
だから女性も外で働いて、それらの家庭内労働はできるだけ公的機関でやるか、いわゆるアウトソーシング(外注)に出すべし、というのがその基本的な考え方である。
この考え方の中にこそ、スウェーデンモデルが破綻した根本原因が潜んでいる。
第一の間違いは男女の役割分担を得か損かで見るという発想。損か得かという発想そのものが貧しいと言うべきだが、その上にそもそも男女の異なる種類の仕事を得か損かという視点から見て、
女性のほうが損だと簡単に決め付けること自体がおかしいのではなかろうか。女性の介護は地獄だとよく言われるが、男の仕事だってたいへんだったのである。
もちろん男女の役割は人生の中でいつも同じたいへんさではなく、子育てや介護というような仕事はある時期に集中してたいへんになる。そういう時期には、家族の一人にしわ寄せがいかないように、
家族皆で協力し合わなければならない。またよりたいへんな方を、他の者が助けなければならない。役割のどちらかだけが不利になっていいわけはないのである。
その意味では、家族内の仕事の分担は、できるだけ公平でなければならない。そしてそれが公平に分担されていないなら、公平にするように粘り強い運動をしていかなければならない。
しかしそれが絶対に不可能だという前提に立ってはならないのである。少なくとも、今すぐには実現しなくても、だからといってただちに家族単位の原則を捨てればうまくいくというのは、根本的に間違っていたのである。
その過ちをしてしまったのが、スウェーデンモデルだと言うことができる。スウェーデンの女性たちは権利と損得と公平とを、それだけを第一のものとして性急に要求して、じつは最も大切なものを破壊してしまった。
最も大切なものとは家族と、その中における心のあり方、愛情や情緒や優しさ、思いやり、等々である。

377 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:08:15 ID:StLCEPbR

家庭教育は軽視され、子どもは早くから自立を強制される。H・ヘンディン教授の報告書によると、スウェーデンの女性は「子どもに対する愛着が弱く、
早く職場に戻りたがり、そのために子どもを十分構ってやれなかったことへの有罪感があるといわれる。
つまり彼女にとっては子どもは楽しい存在ではないというのである。幼児のころから独立することを躾るのも、その背景からとするのである。
しかし子どもにとって、これは不安と憤りの深層心理を潜在させることになる。
男性の自殺未遂者の多くは、診問中母のことに触れると「とてもよい母だった」と言ってすぐに話題を変えるのが共通だった」。
ヘンディン教授は「母性の希薄さを中心に生まれる男女関係、母子関係の緊張という心理的亀裂ないし深淵」を指摘している。

スウェーデンと日本の女性達は母性をも失ってしまったのか!
おお!神よ!罪深き女性達に慈悲を・・・

378 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:14:58 ID:StLCEPbR

家庭教育は軽視され、子どもは早くから自立を強制される。H・ヘンディン教授の報告書によると、スウェーデンの女性は「子どもに対する愛着が弱く、
早く職場に戻りたがり、そのために子どもを十分構ってやれなかったことへの有罪感があるといわれる。
つまり彼女にとっては子どもは楽しい存在ではないというのである。幼児のころから独立することを躾るのも、その背景からとするのである。
しかし子どもにとって、これは不安と憤りの深層心理を潜在させることになる。
男性の自殺未遂者の多くは、診問中母のことに触れると「とてもよい母だった」と言ってすぐに話題を変えるのが共通だった」。
ヘンディン教授は「母性の希薄さを中心に生まれる男女関係、母子関係の緊張という心理的亀裂ないし深淵」を指摘している。

スウェーデンと日本の女性達は母性をも失ってしまったのか!
おお!神よ!罪深き女性達に慈悲を・・・

379 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:21:41 ID:StLCEPbR
■ハーロウの代理母実験■
アカゲザルの赤ちゃんを母親から引き離し,針金でできていてミルクが出る代理母と,ミルクの出ない布製の代理母のどちらを好むかやってみたものです。
アカゲザルの赤ちゃんは,布製の代理母に抱きつき,おなかがすいたときに,隣に身体を伸ばしてミルクを飲みました。この実験は,アカゲザルの赤ちゃんが,
栄養だけを与えてくれる冷たいものよりも,栄養を与えてくれなくても皮膚感覚の柔らかいものの方を好むことを示した実験と評価されています。
常には母親と一緒にいて,栄養摂取は一時的ですから,どちらを優先すべきかは自ずと明らかです。生命維持のための合理的な判断の構造ができているということです。
アカゲザルの赤ちゃんの合理的な判断の構造をみてみると,おそらく,柔らかい触覚という体験を構成する脳内の要素と,安心感を構成する要素とが強く結びついているのでしょう。
先に挙げた,ヒトの性的な関心と基本的には同じであろうと思います。

動物の子供ですら温もりを求める。
現代の女性はそんな当たり前の本能すら否定出来るのか・・・
まさに悪魔!

380 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:28:24 ID:StLCEPbR
■ホモ・ゲイも母親が原因?■
医学的にはホモは、生育歴といった心理的要因ではなく、胎児期のアンドロゲンシャワー不足による脳の男性化の障害であるらしいんです。
つまり自閉症と同じく本人にも生育環境にも問題はないという。もともと人間は「女」なんですが、胎児期にホルモンシャワーで男ができます。
しかし母体のストレス等の原因のためホルモンシャワーを出せないと、脳の男性化に失敗するんだそうです。
その証拠に男性に黄体ホルモンを注射しても脳は全く反応しないのに、女性とゲイの脳は同様に反応するとか。つまりゲイの脳は女性脳なんですね。
経験則では、男性兄弟の男らしい兄の下にいる弟にゲイは多いと私は感じますが、それは娘を欲しかった母親の願望が、息子を娘にしてしまう現象だと
思ってたんで複合的要因もありそうな気がします。

同性愛は母親が原因だったのか・・・
女は罪を背負えばよいのか・・・

381 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:35:43 ID:StLCEPbR
■ホモ・ゲイも母親が原因?■
医学的にはホモは、生育歴といった心理的要因ではなく、胎児期のアンドロゲンシャワー不足による脳の男性化の障害であるらしいんです。
つまり自閉症と同じく本人にも生育環境にも問題はないという。もともと人間は「女」なんですが、胎児期にホルモンシャワーで男ができます。
しかし母体のストレス等の原因のためホルモンシャワーを出せないと、脳の男性化に失敗するんだそうです。
その証拠に男性に黄体ホルモンを注射しても脳は全く反応しないのに、女性とゲイの脳は同様に反応するとか。つまりゲイの脳は女性脳なんですね。
経験則では、男性兄弟の男らしい兄の下にいる弟にゲイは多いと私は感じますが、それは娘を欲しかった母親の願望が、息子を娘にしてしまう現象だと
思ってたんで複合的要因もありそうな気がします。

同性愛は母親が原因だったのか・・・
女はどこまで罪を背負えばよいのか・・・

382 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 00:43:09 ID:StLCEPbR
■ホモ・ゲイも母親が原因?■
医学的にはホモは、生育歴といった心理的要因ではなく、胎児期のアンドロゲンシャワー不足による脳の男性化の障害であるらしいんです。
つまり自閉症と同じく本人にも生育環境にも問題はないという。もともと人間は「女」なんですが、胎児期にホルモンシャワーで男ができます。
しかし母体のストレス等の原因のためホルモンシャワーを出せないと、脳の男性化に失敗するんだそうです。
その証拠に男性に黄体ホルモンを注射しても脳は全く反応しないのに、女性とゲイの脳は同様に反応するとか。つまりゲイの脳は女性脳なんですね。
経験則では、男性兄弟の男らしい兄の下にいる弟にゲイは多いと私は感じますが、それは娘を欲しかった母親の願望が、息子を娘にしてしまう現象だと
思ってたんで複合的要因もありそうな気がします。

同性愛は母親が原因だったのか・・・
女はどこまで罪を背負えばよいのか・・・

383 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:01:23 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


384 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:08:42 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


385 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:16:02 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


386 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:23:20 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


387 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:30:39 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


388 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:37:57 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


389 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 01:45:54 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


390 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:00:48 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


391 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:08:12 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


392 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:15:34 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


393 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:22:57 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


394 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:30:16 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


395 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:37:41 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


396 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:44:59 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


397 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:52:16 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


398 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 02:59:34 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


399 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:06:52 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


400 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/09(日) 03:06:59 ID:F+67nIV0
ベビーブーマーたちは、抑圧者である男性を厳しくけなす。「権力、人の上に立つ者、父親への反抗が、我々の秘訣だった。
男らしさの放棄で、我々は永遠の子供でいることができるようになった」 ベビーブーマーの息子たちは、子供っぽく軽い、哀れな、不満を抱いている若者である。
映画「アパルトマン」に出演したヴァンサン・カセルはこう分析する。「自分の役が典型的な男であることに僕は興味を持った。
2時間以内に3人の女性を愛し、自分が世界の中心だと思い込んでいる無責任でエゴイストな若者。彼はひとりで突っ走るんだ」
男性の評価は、つねに決まっているとは限らない。今日は昨日ではない。男性は、自分たちが負けたと感じている。
http://bavarde.exblog.jp/1665733/

401 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:14:10 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


402 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:21:30 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


403 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:28:47 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


404 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:36:05 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


405 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:43:21 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


406 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:50:38 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


407 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 03:57:55 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


408 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:05:12 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


409 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:27:19 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


410 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:34:34 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


411 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:41:49 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


412 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:49:07 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


413 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 04:56:22 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


414 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:03:38 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


415 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:10:54 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


416 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:18:09 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


417 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:25:44 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


418 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:33:00 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


419 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 05:47:33 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


420 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 06:09:18 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


421 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 06:31:03 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


422 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 06:38:20 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


423 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 06:45:36 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


424 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 06:52:56 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


425 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 07:00:14 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


426 :こんな板は潰すべきだ('A`):2006/07/09(日) 07:07:30 ID:StLCEPbR
「人類最古の職業は売春」だと言うけれど、実際は猿やチンパンジーの世界にも売春はある。
人類に最も近いチンパンジーのボノボはオスが食料をメスに与えて、メスはそのお礼にオスと交尾をする。
猿だった頃からすでにメスは売春して生きていたのである。
何十万年と続く歴史の中で絶えず売春が行われていたのならすべての女性は売女の血を色濃く受け継いでいて、
「売春」が本能としてDNAに組み込まれていると考えるべきであろう。
小学生が援助交際をするのは本能としか思えない。
女性向けメディアなどの影響もあるだろうが、そのメディアを支持しているのもまた女性なのである。
メディアが人間を作るのではなく人間がメディアを作るのだ。
女性が売春本能を持っているから、
文化もそれに合わせて変化する。要は文化と遺伝子が「共進化」しているだけなのだ。
女は放って置くと本能的に売春する先天的な犯罪者、生まれながらの罪人なのだ。
罪人には罰を、与えなくてはならない・・・

女はやはり劣等な男を生み出してしまう悪魔だったのか・・・
こうやって劣等な男が作られていくんだな・・・おぞましい!


427 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/09(日) 14:54:56 ID:cAomeuKQ
>>186
231よんどけ

428 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/09(日) 19:17:46 ID:q+Q1fY8f
なぜ女は朝鮮人が好きなんだ?

429 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/09(日) 21:45:27 ID:Ayw1eVRW
・どんな男の人と一緒になってみても同じ事だろうと私が言うと、
「そんな筈ないわ、石鹸だって、 十銭と五十銭のじゃずいぶん品が違ってよ」
by林芙美子「放浪記」

・女から見て男の最大の難点は彼らが男であることだ。
男から見て女の最大のねうちは、彼女たちが女であるということだ。
byアンリ・ド・レニエ

・私は男性が愚か者であるということを否定はいたしませんが、
全能の神は女性につりあうように男性を作られたのです。
byジョージ・エリオット

・自己侮蔑という男子の病気には、賢い女に愛されるのがもっとも確実な療法である。
byニーチェ

・これが男というものです。計画だけはみんな悪者ですが、
そのくせ実行となると、弱気になって、それを誠実だというのです。
byランクロ

・この地上には、男性だけがその費用をひきうけるにしては、あまりに美人が多すぎる。
byリガリエン

・人生にはいやなことがいっぱいある。中でも一番いやなものは、男同士の晩餐だ。
byディスレーリ

・ライオンの雄にはたてがみがあり、孔雀には豪勢な羽があるが、
人間の男には三つボタンの背広しかない。
byJ・G・サーバー

・男性はどこから見ても下劣であり、男性固有の領域においても全くの低俗であるにもかかわらず、
いぜんとして男性がハバをきかしているのは、結局は女性が愚鈍だからである。
byモンテルラン

430 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/09(日) 23:49:45 ID:StLCEPbR
性器が体の外側に飛び出ている醜い男は欠陥生物なのか・・・
男はどこまでも醜い存在なんだな
そんな劣等種である男を生み出せる唯一絶対無二の存在である女は呪われた亜種なのか・・・
女はまるで悪魔のような存在なんだな
悪魔のような女から生まれた男が醜いという話も頷ける
そんな悪魔は人類にとって滅ぶべきかもしれない・・・

431 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 01:06:00 ID:EVcUnYpF
低脳ナショナリズムもチョンと似てる

432 :ヨタの途中ですが正論でつ:2006/07/10(月) 02:37:02 ID:IAIYXFvY
チョンとは、朝鮮の朝の字のチョン読みでつ

朝鮮人はずーーと昔から馬鹿にされてきました。バカでもチョンでもと江戸時代からいわれていました。


433 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 03:51:27 ID:EVcUnYpF
フランス人だから個性が強いとかアメリカ人だから陽気だとか、そういう低脳なナショナリズム。

434 :マドモアゼル☆キュプルン♪ ◆EsYYDq5F0U :2006/07/10(月) 04:00:33 ID:SohdigR/
そうね何処の国にも似た様なのは居るわねw

435 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 17:21:40 ID:GN9Zarvx
男は個体だと弱いから個性を認められないんだよ

436 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/10(月) 21:42:42 ID:IPQMmShv
>>427
ありがとう。おかげで探す手間が省けた。
>>231
そんな妄想文で真面目に相手にされようとしてるのが間違い。

437 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 21:58:52 ID:GN9Zarvx
自分の気に食わないものは、なんでもフェミ扱いし
規制したがる、バカ男

438 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 22:02:18 ID:aFiTQCb9
>>437
事実お前はフェミじゃんwwwwwwwwwwww
そんな事と、バカコピペと妄想以外できないのか?

439 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 22:16:53 ID:r/DUMSs5
ポンコツ便器の妄想が激しいなw

やたらと男性を馬鹿にしてるが、
自分の手は汚さない、不平不満ばかりたれる、そのくせなんでも男性のせいにする、
身勝手、寄生根性丸出し、差別意識、被害者意識むき出し、無反省、卑怯・・・etc
何より役に立たないw

こんなのがよく人間様に文句が言えるもんだなw
便器女は間違いなくチョンそのものだな

440 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/10(月) 22:29:17 ID:IPQMmShv
嫌韓厨はニートのくせになんでいばってるの?

441 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/10(月) 22:31:48 ID:aFiTQCb9
しかし、一方では男は差別主義者と喚き、もう一方ではこうだもんな。
フェミや日本女のダブルスタンダードってヒデーな。

442 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/11(火) 12:16:01 ID:6n6QMidC
>>440
激しい文盲なんだな。
とりあえず嫌韓厨嫌韓厨と五月蠅い低脳、
板違いだからハングル板に逝け池沼。
主観垂れ流しの低脳チョンに付き合うのは止めだ。

443 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 19:39:07 ID:aG2HngSS
【社会】従来のキャバクラ嬢だと怖くて口もきけない…「萌え」系メイド喫茶の拡大は客の男が弱ってる証拠
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1152593354/

★「萌え」系の拡大は客が弱ってる証拠
最近、「萌え」系のメイド喫茶、加えてコスプレキャバクラのたぐいが増えてますなあ。
実は秋葉原、神田を中心に勢力をかなり拡大している。

今までキャバクラというと、髪をくるくるセットしてドレスを着たお姉さんがメーンだったが、
それがどうも最近になって変わってきている。
そもそもドレスやキャミソールを着て髪をセットするのは、男の客が喜ぶからであり、
そういう嗜好の客が大半だという考えで成り立っていた。

ところが、コスプレキャバクラに行くと、また一風違ったスタイルのコがいる。白いひらひらの
メイドの格好とか、エヴァの綾波の格好とか実にいたいけな少女たちって感じなのだ。
これはひとえに、客の男たちが弱り切っている証拠である。大人の女を演じている、従来の
キャバクラ嬢だと、怖くて口もきけないわけだ。

そんな矢先、目をうるうるさせながら「ご主人様、お帰りなさいませ」といわれたら、なんか
立場がすごく優位になったような気がして、うれしいじゃありませんか。
これが「萌え」系のからくりなのだ。とまあ考えたら、普通のキャバクラに通っている男性は、
健全ってことですかね。(トレンドウオッチャー)
2006/07/07付け サンケイスポーツ紙面から
http://www.sankei-sports.com/ohayo/jiyuujizai/20060707.html


m9。゚(゚^Д^゚)゜。 男=バカ プギャーーーッ

444 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/11(火) 22:27:58 ID:jUaSEVUs
>>442
事実を言ったらダメなのか。

445 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 22:32:03 ID:AdG53Vo4
現代の女性は少女愛に満ち満ちています


【統計数理研究所調査】
子供を一人だけもつとしたら、男の子の方がよいですか、女の子の方がよいですか、それとも、どちらでもよいですか?

女性   女の子   男の子   どちらでもよい
1988年  40%      22%       37%
1993    50%      22%       26%
2003    64%      16%       19%
2006    79%      10%       11%

男性   女の子   男の子   どちらでもよい
1988年  15%      45%       36%
1993    19%      45%       34%
2003    29%      40%       30%
2006    35%      38%       27%
http://www.ism.ac.jp/kokuminsei/data/data/html/ss6/6_2e_female.htm

446 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 22:43:39 ID:aG2HngSS
母親に溺愛され、父親を憎み育った女児はレズビヤンになり易いらしい。
少女大好きな母親が増え、離婚件数が爆発増加している今、レズビヤンの増加は免れないだろう。

447 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 22:53:13 ID:zWFXEAFm
>>1
男じゃなくて女がそうやな。

女とか自己中ばっかやん

448 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 22:56:46 ID:aG2HngSS
それはおとこ

449 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/11(火) 23:08:18 ID:q0M0VJWb
>>1
日帝を支配していたのは男なんだが・・
女は弾圧されていましたよ。

450 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 00:11:53 ID:j8dQ2f0u
ニートや引篭もりは、なぜ最近はやりの「ネットウヨク」に走りがちなのか?

第一に、右寄りの言動により、自分を強く見せることができるからだ。

ニート・引篭もりは、周囲から、弱い人間であるが故に無職や引篭もりになったと
見られがちだ。だが、右寄りの言動をとることで、強い考え方を持つ、強い人間で
あると周囲にアピールし、自分が弱い人間であることを否定しようとするのである。
いじめられっ子が、いじめられているにも関わらず、そのプライドからか、
強がっていじめられている事実を否定するのと、同じようなものなのだろう。

第二に、国家や社会を何より大事にする人間と思わせることができるからだ。

ニート・引篭もりは、自分の殻に閉じこもって国家・社会に無関心な、自分勝手な
存在と周囲からみられがちだ。しかし、私よりも公を優先させる右寄りの言動で、
いかにも国家・社会を大切にする人間であると、周囲に思わせることができる。
また国家としても、そうした思想の持ち主なら、ニート・引篭もりであっても粗末
には扱えない。ネットウヨクとなることは、ニート・引篭もりには自己防衛の手段
なのであり、彼らなりの知恵なのである。

第三に、ニート・引篭もりにとって、国家は手軽な帰属先であるからだ。

ニート・引篭もりは、どこにも所属していないので、帰属意識の求め先がない。
学生のように所属するゼミやサークルに帰属意識を求めることもできないし、
社会人のように所属する部署や派閥に帰属意識を求めることも不可能だ。
しかし、一見何も所属がなさそうな彼らも国籍を持つ。日本の国民なのだ。
つまり、心の拠り所を求め、帰属意識を持つとすれば、彼らには国家しか
残されていない。言わば国家は彼らにとっての駆け込み寺なのである。

自らが置かれた境遇に対する不満を、右寄り思想という形で爆発させる
ネットウヨク達。彼らにとって2ちゃんは、外ではちょっと極端で危険と思われる
思想でも、家に居ながら安心して吐き出すことができ、また、外に出なくても
思想を共有する者と一緒にサヨク叩きができる、貴重な時間と場を与えてくれる。

451 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 00:13:48 ID:RFTFaPKV
矛盾を指摘されて逃亡した毛唐ゴミ屑女のマキンコ=マドモアゼル☆キュプルン♪ ◆EsYYDq5F0Uが再度降臨

でも、やっぱり自分が問うた疑問のレス番を上げる事も同じ質問をする事もできないらしいw

無様な煽りとコピペの連投を繰り返す負け犬毛唐女を嘲笑おうw

詳しくは↓のスレ>>620以降を参照
アナスタシア・オチソコヴナ・オマソコスカヤ ◆OS8WR1dsUkの発言集
http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1148507660/l50

452 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 07:10:18 ID:Lq1uGyJH
>>450
低脳だからだよ

453 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 09:36:10 ID:sgayF1TY
男性は、男にも女にも嫌われるに値することをやらかしてきた。
これからは、男性は報いを受けることとなるだろう。

454 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 09:38:19 ID:TmujLyK2
男女共同参画か
それもう廃案近いよ
無駄な煽りはやめたら?w

455 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 09:49:17 ID:Lq1uGyJH
>>454
なに臭い妄想してんの?

456 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/12(水) 10:54:08 ID:BzYmZxTe
>>444
主観をぬかすなと言っている。

457 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 15:48:57 ID:RFTFaPKV
ID:aG2HngSS=ID:Lq1uGyJHは捏造すら厭わないゴミ屑です

458 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 21:03:19 ID:sgayF1TY
10代で性欲の塊と化し、家庭内暴力を振るい
20代でDQNと化し、他人に迷惑をかけ事件を起こし、
30代で3次元は糞だと嘆き、美少女アニメにはまる。
既婚なら家庭では豚のように生き、邪魔扱いされて暮らす。
これが男。

459 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/12(水) 21:56:53 ID:XFEKKiRH
友達いない 職業がない 信用もない
君は見たか無能 がいきがる様を
暗い部屋で 怨念を書き散らす
親から見捨てられ
無職の孤独
韓国をたたくことが 俺の生き甲斐
たたくことが好きさ 醜い容姿
友達いない 職業がない 信用もない
周りから嫌われ 涙ながす くりかえす日々に
嫌韓厨
嫌韓厨

460 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/12(水) 22:13:49 ID:Lq1uGyJH
母親に溺愛され、父親を憎み育った女児はレズビヤンになり易いらしい。
少女大好きな母親が増え、離婚件数が爆発増加している今、レズビヤンの増加は免れないだろう。

461 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/13(木) 11:12:29 ID:iTqNoxl0
>>459
442がよ     ぶんもう
442が読めないのか文盲。
いたちが  き
板違いだから消えろ
げす
下衆

462 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/13(木) 21:01:49 ID:bjPltYOf
自分は男ですが、確かに男は世界に必要ないと思います。
今死ねと云われても死ねませんが、次にこの世界に命を授かれるなら
女性に産まれることを強く願います。
若しくは、男のいない世界になっているか、
男のいない世界に産まれたいものですね。
正直男なんて生殖器以外世の中の何の役にもたたないでしょうし。
総合的な能力も女性の方が圧倒的に勝っていると思います。

463 :|´顔面不自由者)ノさん ◆OTL..lWczI :2006/07/13(木) 22:41:55 ID:iTqNoxl0
>>462
下衆便器乙。

464 :ザ・智クロン ◆GiSXqxf9G2 :2006/07/13(木) 23:07:59 ID:ekS99TA3
ちなみに>>459はBLACKのOP。

465 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/13(木) 23:11:09 ID:bjPltYOf
男がいなければ、今日まで世界各地で
これほど紛争は起こっていない

女性は創造者
男性は破壊者

466 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/13(木) 23:14:10 ID:slGlmaCm
(´・ω・`)知らんがな

467 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/13(木) 23:18:26 ID:FJ2ztOqa
女がいなければ、今日まで世界各地で
これほど紛争は起こっていない

女性は搾取者
男性は被害者

468 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/13(木) 23:18:45 ID:slGlmaCm
(´・ω・`)知らんがな

469 :名無しさん 〜君の性差〜:2006/07/14(金) 00:47:43 ID:qkXk6z/C
http://2-10.jp/up/src/up17530.jpg
http://2-10.jp/up/src/up17531.jpg
http://2-10.jp/up/src/up17532.jpg
>そうか解ったぞ!悪いのは邪教だったんだ!ボクが結婚できないのも恋人が出来ないのも可愛い娘がいないのもみんな敵のせいだ!
>ボクらを辱めた憎むべき敵!
>フェミファシストの台頭やジェンダーフリー男女共同参画もみんな敵の策謀!!
>児童ポルノ禁止法も少子高齢化も人口減少もボクをバカにしたような女の視線も
>全部敵の仕業!


  /'           !   ━━┓┃┃
-‐'―ニ二二二二ニ>ヽ、    ┃   ━━━━━━━━
ァ   /,,ィ=-;;,,, , ,,_ ト-、 )    ┃               ┃┃┃
'   Y  ー==j 〈,,二,゙ !  )    。                  ┛
ゝ.  {、  - ,. ヾ "^ }  } ゚ 。
   )  ,. ‘-,,'   ≦ 三
ゞ, ∧ヾ  ゝ'゚       ≦ 三 ゚。 ゚
'=-/ ヽ゚ 。≧         三 ==-
/ |ヽ  \-ァ,          ≧=- 。
  ! \  イレ,、         >三  。゚ ・ ゚
  |   >≦`Vヾ        ヾ ≧
  〉 ,く 。゚ /。・イハ 、、     `ミ 。 ゚ 。 ・

470 :女の脳は劣等脳(プッ (^○^) ◆KYAHA/emlo :2006/07/14(金) 00:49:21 ID:qUzbO5GO
                                                                
                                                              
                                  ★★★  これが男女差の現実(男>>女)  ★★★
                                                              
    女に生まれた時点で負け組やね(プッ 〜♪    東京大学      男 12,468    女 2,790  (桁違い)
                                京都大学      男 10,744    女 2,530  (桁違い)
                                大阪大学      男  9,139    女 3,247
             ,─- ̄`v ̄ ̄Z_             一橋大学      男  3,443    女 1,302  
           ∠          \            東京工業大学   男  4,425    女 1,302
        /   /7 ハ\_    l           北海道大学     男  7,789    女 2,847
        〈 /       \   >           東北大学      男  8,419    女 2,197
        (`V    ∩∩    V7)           九州大学      男  8,374    女 3,309
         Y    ┌──┐   Y            神戸大学      男  7,997    女 4,251
              l     丿               電気通信大学    男  3,170    女    281(桁違い)
                                横浜国立大学    男  5,703    女 1,946
                                東京農業大学    男  3,038    女  1,230
   キャハハハハハハハハハ 〜♪         慶応義塾大学    男  19,348    女 8,678 (桁違い)
                                早稲田大学     男 30,011    女 11,768
                                同志社大学     男 13,256    女 7,099 (桁違い)
                                立命館大学     男 19,677    女 11,598
                                名古屋大学     男  6,958    女  2,980
                                筑波大学       男  5,637    女  3,478
                                東京都立大学    男  2,721    女  1,221



471 :女の脳は劣等脳(プッ (^○^) ◆KYAHA/emlo :2006/07/14(金) 00:50:25 ID:qUzbO5GO
                                                                
                                                              
                                  ★★★  これが男女差の現実(男>>女)  ★★★
                                                              
    女に生まれた時点で負け組やね(プッ 〜♪    東京大学      男 12,468    女 2,790  (桁違い)
                                京都大学      男 10,744    女 2,530  (桁違い)
                                大阪大学      男  9,139    女 3,247
             ,─- ̄`v ̄ ̄Z_             一橋大学      男  3,443    女 1,302  
           ∠          \            東京工業大学   男  4,425    女 1,302
        /   /7 ハ\_    l           北海道大学     男  7,789    女 2,847
        〈 /       \   >           東北大学      男  8,419    女 2,197
        (`V    ∩∩    V7)           九州大学      男  8,374    女 3,309
         Y    ┌──┐   Y            神戸大学      男  7,997    女 4,251
              l     丿               電気通信大学    男  3,170    女    281(桁違い)
                                横浜国立大学    男  5,703    女 1,946
                                東京農業大学    男  3,038    女  1,230
   キャハハハハハハハハハ 〜♪         慶応義塾大学    男  19,348    女 8,678 (桁違い)
                                早稲田大学     男 30,011    女 11,768
                                同志社大学     男 13,256    女 7,099 (桁違い)
                                立命館大学     男 19,677    女 11,598
                                名古屋大学     男  6,958    女  2,980
                                筑波大学       男  5,637    女  3,478
                                東京都立大学    男  2,721    女  1,221



502 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)