5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゲイと三島由紀夫

1 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 00:49:10 ID:suSv0wmY
ゲスごっこしたいわ

2 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 00:50:28 ID:pihOOGJs


3 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 00:50:56 ID:gc13q3t3
あーん

4 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 00:52:44 ID:XJ6xzFa1
ゔ〲〰

5 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 01:48:47 ID:9X9sH1HZ
三島先生
先生で何回か抜きました。ごめんなさい><

6 :ポムポム▼・ω・▼ ◆5LC.4lW2UM :2006/09/23(土) 01:52:11 ID:jA/tERDn
金閣寺

7 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 07:34:18 ID:UO49Pz7V
工房の頃「午後の曳航」でヌキますた。

8 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 11:29:25 ID:4rlxePqO
個人的には森田必勝氏の方に興味があるわ。
この人、写真によっては目が(細いのはそうだけど)一重の時と
どうも奥二重に見えるときがあるね。

9 :陽気な名無しさん :2006/09/23(土) 15:56:45 ID:lghK5t7t
「奔馬」の勲で抜きました。さわやか剣道少年→国の将来を憂えて、クーデタ
ーを計画→逮捕され全裸でチェックされる→不起訴後、伊豆で人を刺し切腹し
て自害

10 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 16:11:16 ID:uCk3MNwd
工房の頃、「禁色」の南悠一でヌキますぃた

11 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 16:17:54 ID:mdw62BT/
この人の本読んだ事ないや。何がおススメなんでしょうか

12 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 16:34:45 ID:7gRvjkV8
>>11
オカマ度高めな人には「愛の渇き」がお奨めよ。


13 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:23:07 ID:uCk3MNwd
「獣の戯れ」なんかも、通俗的な軽さで読めるよ。
ヌキたいなら
「午後の曳航」「仮面の告白」「禁色」「奔馬」「天人五衰」
「憂国」「殉教」あたりを。勃起だの腋毛だの彫刻的肉体だのの
詳細が微に入り細に入り。

三島との同性愛を赤裸々に描いて発禁になった
「三島由紀夫―剣と寒紅」(福島次郎)はベッドでの三島の様子が
逐一詳述されていて、そりゃ遺族も激怒するわの内容っす。

14 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:30:04 ID:VjApgTAH
ここじゃ何度立ててもすぐ落ちるんだよなあ。三島スレは……

15 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:31:47 ID:AjXFiwuV
笑いたいときは「美しい星」よ!!

16 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:33:05 ID:uCk3MNwd
だってそもそも、スレタイ自体が今更・・だもの。
ゲイとは三島であり、三島はゲイであるなんつーこと、
今日び、平凡社大百科事典や広辞苑、クラウン英和にも書いてあるわよw


17 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:42:52 ID:5fTpaiC9
ウィキペディア読んだら面白かった。
コンプレックスのかたまりじゃんw
ビフテキ食べられる胃腸とか、ボディービルとか、受験失敗なしの嘘とか…。

ちなみに三島はあんま好きじゃないけど、太宰はもっと嫌い。
あの「自分だけにしか分からない悩み」みたいのが大っ嫌い。
だったら気持ち悪いけどまだ三島の方が可愛げがある。

18 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 17:44:04 ID:5fTpaiC9
>>16
三島はゲイでいいけど、ゲイは三島だなんて戯言は冗談でもやめて欲しいわw

19 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 18:35:50 ID:uCk3MNwd
あらごめんあそばせ、姐さんと一緒くたにしちゃってww
でもさ〜ぁ
筋肉偏愛、自己顕示、高度な美意識、好悪ハッキリ、
ヒスると甲高くなる声、球技苦手、恨み深い性格、
などなどを鑑みるとまさに、彼はゲイ要素の集合体だと思うの。

20 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 18:58:45 ID:lMA4AsX8
昔、代々木ゼミナールの模擬試験の現代国語で
三島の「金閣寺」の文章が出され
私はいつも現国が苦手なのにそのときに限って
出来がよく、偏差値72も取ってしまったわ。

21 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 19:01:59 ID:4rlxePqO
そういえば写真ではあまり気にならないけど、プロポーション的には
頭部が極端にデカいんですってね。

以前、養老先生を東京駅のホームで見かけて(頭があまりにでかくて)
度肝を抜かれたけど、多分そんな感じだろうと想像するわ。

22 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 20:08:45 ID:VjApgTAH
>>17
それ見て驚いた。三島は一高、兵隊、第一勧業って三度も落ちてるんだね。
あの死に方を選んだのは、兵隊に落ちたのが劣等感になってて
(当時は兵隊に行って初めて一人前の男といわれた時代だから)
自分が男であることを命をかけて証明しようとしたって説もあるね。

23 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 20:20:11 ID:taHVgWIh
「お気の毒なくらい」ソチンだったのよね〜〜〜www

24 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 20:24:26 ID:4rlxePqO
>23
小さくはないけど、すごく臭いってのはどこかで読んだことあるわ。
当時は、セクールする前に一風呂浴びる習慣がなかったのかしら...

25 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 20:28:21 ID:taHVgWIh
>>24
男臭さを強調するあまり、わざと汗だくになったあと、
お風呂にも入らず、黒褌一丁で、どたーっと布団で開脚待機したそうよ。
そんで黒褌をめくった人は、あまりの小ささに気の毒になって、
そっと褌を元に戻したんですって。

26 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 21:00:03 ID:mX7sZxBS
三島の作品の「潮騒」のアニメ、ちらっと見た
ことあるけど、男が萌えたわ〜全裸で焚き火を
飛び越えるヤツ

27 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 21:02:56 ID:taHVgWIh
>>26
あら、アニメでは全裸なの?
歴代の映画では、白六尺褌よ。

28 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 21:05:35 ID:mX7sZxBS
>>27
モノは映ってないけどね。女に褌も取れって
せがまれるのよ

29 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 21:10:09 ID:eXJQNq6Y
友和バージョンをYOUTUBEで見れるよ

30 :陽気な名無しさん:2006/09/23(土) 23:58:34 ID:4rlxePqO
つ ttp://nekoserver.dip.jp/gazou/data/shiosai.jpg
うpしたよ。

31 :陽気な名無しさん:2006/09/24(日) 02:34:09 ID:9/AJAVVx
で、美輪様とは何処までやっ(ry

32 :陽気な名無しさん:2006/09/24(日) 03:12:05 ID:9nqWOGGn
「死人に口ナシ」で、美輪様が勝手に膨らませすぎてるキライもあんのよ、
三島との”特別な関係”ってのを。
確かに「黒蜥蜴」での丸山明宏を、三島は、諸手を挙げて礼讃したけど。

33 :陽気な名無しさん:2006/09/24(日) 09:57:51 ID:NguuDqgZ
美輪明宏も、石原慎太郎も、福島次郎も、みーんな、文学者としての三島は
リスペクトしているのに、肉体派を演出しようとする三島には、尊敬どころか
軽蔑の薄ら笑いさえ浮かべている。よほど、見ててイヤだったんだろうな。

34 :24:2006/09/24(日) 10:05:50 ID:5yieU61U
>25
ありがとう。そういうエピソードもあるのね。
「み、見なかったことにしましょ(汗)」っていう臨場感が伝わってくるわw

>32
美輪さまは、
・三島と初めて会った時だか、「胸板が薄い」か「華奢な体つき」のような旨のことを言って、
三島が「ムッキーッ!」ってヒス起こした話。
・被爆したとき、部屋中窓ガラスが散乱しているのに自分だけ無傷、そこから脱出する時、
恐らく踏んづけてたであろうはずなのに、裸足でも傷ひとつなかった話
をことあるごとに仰るわね。

35 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 02:08:09 ID:qbz1muib
三島由紀夫理解出来てんの?あんたたち

36 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 02:19:15 ID:oQCLTdGB
>>35
あんたの周りにも居ない?
こういうナルシストな姫。

37 :jyo so:2006/09/25(月) 02:28:28 ID:qa6dnFj2
     ▲_▲  
    [゜┷ ゜]
   ∪|_|⊃鹵  4頭身ぐらいだよね。潮騒はすきだな。
     ┛┗

38 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 05:05:38 ID:xmCmmn+3
三島の首画像よく2ちゃんに流れてたよね
白黒だしあんまり衝撃ないけど

39 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 14:12:38 ID:FejuVK7t
「憂国」なんて
三島自身が”究極の陸軍美青年将校”を演じててもう、ナンだか・・・・ww
アングルによっては、3頭身に見えんの。


40 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 14:35:38 ID:j9rcmR8D
ゲイじゃなくてバイだよな。

41 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 15:07:29 ID:ndeIF+pY
>>40
世間体を気にして母親を安心させたかっただけじゃない?
結婚はまだ早いと言っていたのに、母親が余命いくばくかという宣告(誤診だったけど)を受けた時、
急に結婚したみたいだし。
母親が「あの子が結婚したのは私のためだったの」って語ってるらしいし。

42 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 19:08:39 ID:K+ZGNA5g
そうですよ、三島が結婚したのは
母・倭文重さんの願望に沿うためと
文壇や大手出版社の世話(というか圧力)があったためです。
最終的に、「社会経験の無い箱入りで、芸術的理解のある
実家で、かつ文学に無知、いっさい仕事にクチを挟まない、
ボクより小柄な女」という条件に適ったのが
杉山寧画伯令嬢瑤子だったの・・・・。

1958年初頭に、正田美智子嬢と関東倶楽部で見合いしたのは
有名な話(1対1じゃないけど)ね。

瑤子と交わった際、初の女子体験ゆえ一部始終をメモしたとか(笑)

43 :陽気な名無しさん:2006/09/25(月) 19:33:32 ID:03YWvJyK
でも、三島は気の毒。
三島は三島を愛した人に取り囲まれたんじゃなくて
三島から愛されたい人にばかりに取り囲まれてた。

44 :陽気な名無しさん:2006/09/28(木) 01:04:24 ID:/cd9H0Jr
だから三島は文学に全てを捧げられたのよ。恋愛も文学でし、セックルも文学でしたのよ
まさに武士道だわ

45 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 04:59:09 ID:cbiobhYD
悠ちゃんをブッキーがやればいいのに。あたしはバーの客で出演するわ!

46 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 05:06:23 ID:Dwkqk83Z

ふさわしくないわ。ブッキーじゃ軟弱過ぎるわよ。

47 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 05:28:43 ID:CS1jVzRJ
同感。悠ちゃんは、ギリシャ彫刻のように均整のとれた
美しいマッチョなんだから。ガリ貧ブッキーじゃwwwwww
カオも、庶民的童顔ブッキーじゃ役不足よ。
絶世の美男子(古典的正統派の)でなきゃ。そうそういないわ。

48 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 05:52:53 ID:fz3iGOTU
あいつでいんじゃね、たつひこさん

49 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 21:43:57 ID:g6APGxhY
>47
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%BF%85%E5%8B%9D

ということらしいんだけど...
上記の定義で行くと目を細く切れ長にした品川庄治の品川みたいな気がするわ。

50 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 22:55:10 ID:eB4/CbGk
品川祐が悠ちゃん??
あなた、『禁色』を読んでから発言なさってね・・・・・・
ってか「たつひこさん」って誰よ、山上たつひこ????

51 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 22:57:56 ID:RAFA7HCw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E7%94%B0%E5%BF%85%E5%8B%9D



52 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 23:02:02 ID:/1IctSv7
>>50
姐さん、加齢臭かおるわね・・・

53 :陽気な名無しさん:2006/09/29(金) 23:33:30 ID:EU/mzbIl
森田必勝氏は、「禁色」の南悠一より、むしろ「仮面の告白」の近江のほうが
イメージ近いなあ。そっくりではないけど。
しかし、新しい皇族の男子殿下のお名前にすぐ南悠一を思い出したよ

54 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 03:25:39 ID:0qlTZiKz
あたし禁色が長くて断念したわ。確かからぶき夫人が覗くあたりまで

55 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 03:48:28 ID:YxuWyqxT
>>26
アニメ化もされてたんだね。

>>27
締めていた六尺褌をほどいて外し、フルチンになってから
焚き火を跳び越えるんじゃなかったか?

56 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 04:06:22 ID:n8+tbRtZ
あーびっくりした!!
>>54>>55だけ続けて読んで
「え〜!!?? 『禁色』がアニメ化!!??」って(苦笑)。

57 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 09:22:32 ID:ww83/hTj
>56
今なら大人向けに深夜帯にやるアニメもあるからまったく実現不可能という
わけではないわね。

58 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 09:26:44 ID:PusQnCw3
>>57
いや、大人向けというのではないと思うw

59 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 11:10:35 ID:0qlTZiKz
もちろんテレビ神奈川よね

60 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 12:28:33 ID:8MOPtzRm
>>55
三浦友和版でもほどいていたよね?
テレビ放送見た時は小さかったから、記憶曖昧だけど、
「おちんちん出して女のとこにいってるー」って百恵ファンの母に言ったらしいんだ。俺。
んで、母に軽くホッペをぶたれていたって父が数年前思い出話をされたよ。
母が大好きなシーンだったそうな。


61 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 18:58:12 ID:esg/w7QD
でも三島って結局、俺は男だ。俺は切腹だってできるんだ。こんなに
勇気のある男。国を思ってる武士だ。って証明したいがために
死んだんだろうな。
でも、結局、それほど過激な証明手段が必要だったってことは
事実は逆だったってことだね。

62 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 19:09:40 ID:u7w+uo6w
二つの意味で、頭でっかちだったわね。

63 :陽気な名無しさん:2006/09/30(土) 19:33:06 ID:h9lKmK1g
『仮面の告白』等の作品を読んでも、告白とか言いつつ要所要所に自分を男らしく見せかける工夫が見受けられるよな。
もっと、本当の自分をさらけ出して書いて欲しかった。
まあそこが評価されたって言われればそれまでだけど。

64 :陽気な名無しさん:2006/10/01(日) 02:47:22 ID:Lu+y4hHx
肩肘張って”男らしさ”を見せようと躍起になること・・・
学習院時代から自刃までずっと、一貫した三島の生き様だわよね。
 隠しても隠しきれない素のゲイゲイしさと
 死ぬほど恋焦がれる”男らしさ”への願望
この二面性がファンを魅了してやまないって説もあんのよ。


65 :陽気な名無しさん:2006/10/01(日) 02:56:48 ID:Hb852Nb2
三島が今の二丁目を見たらどう思うかしらね?W

狂ってると思うか、、・・

ハジケテしまうか・・・(笑)

66 :陽気な名無しさん:2006/10/01(日) 05:33:54 ID:rOwAfDKH
興ざめすると思うわ。
手に入らないから美しいのであって、今見たいにゲイがオープンな時代には
何一つ美はないわ。
見るまでが華なゲイビデオみたいに、欲しいと思ううちが華。

67 :陽気な名無しさん:2006/10/01(日) 11:09:32 ID:OYSA52DM
俺、初めて、三島が自衛隊で切腹前に演説してる写真見たとき、
この人は、いい歳こいて、「サイボーグ009」のファンなんだと
思ったけど、今考えると、当たらずとも遠からずだわ。

68 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 03:35:58 ID:DJQMofHK
何言ってんのあんた

69 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 11:51:40 ID:/6RYYoGO
いや、昔の少年が兵隊さんに憧れたように、009とかに憧れた時代もあって
それが同質に見えるってことさ。

70 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 12:52:47 ID:i6vpmwy/
三島は劣等感のカタマリだったようだゼッ!


71 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 13:42:39 ID:WaX82Rb0
福岡翼に似てるわ

72 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 16:59:27 ID:8yBv9fWJ
ゲイの悩みなんて体を鍛えれば全部解決すると思っているようなタイプか

73 :陽気な名無しさん:2006/10/02(月) 19:13:49 ID:2+gu9PUW
あら、あたし、そう思ってたわ。ラモッテ・オサム。あ寒。

74 :陽気な名無しさん:2006/10/03(火) 05:06:54 ID:4dj5Cvkd
三島由紀夫好きな人は他にどんな本が面白かった?

75 :陽気な名無しさん:2006/10/03(火) 13:16:12 ID:WFdiJoOm
オリンポスの果実

76 :陽気な名無しさん:2006/10/03(火) 17:13:23 ID:K66VzGY1
>>67>>68 テラワロス

77 :陽気な名無しさん:2006/10/04(水) 01:59:13 ID:+FlRjS7P
潮騒のあの名シーンを野郎同士版で再現してもらいたいなあ。
三島さんが描きたかったのもたぶん本当は・・・・

78 :陽気な名無しさん:2006/10/04(水) 04:55:02 ID:ZjcX6atm
あたしは野郎同士の描写が嫌。ゲイのあたしがゲイを客観視してるような心地なの。
三島の女の嫉妬とか好きだわ。

79 :陽気な名無しさん:2006/10/04(水) 08:24:10 ID:OrXUQm3N
三島はノンケの男の方が好きじゃないの?

80 :陽気な名無しさん:2006/10/04(水) 22:15:02 ID:kvj1WfoF
>>72
ゲイじゃなくて太宰でしょw
「太宰の悩みなんて朝に完膚摩擦すれば解決する他愛のないものだ」


81 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 10:55:59 ID:EmAUtvM3
つか、三島はバイ、女好きでもあったと思う。そうでないなら、なんで「禁色」で
醜い老作家が、自分をふってきた女に復讐するってストーリーになるか分からない。

82 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 11:19:43 ID:UpWK0l+3
バカねww
執念深さはゲイの特徴でしょ。
ときどき、三島ヘテロ説を強く強く信奉する輩が登場するけど
事実はどうしたって変えられないのよw

83 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 11:20:00 ID:nKR2/ISQ
>>75
三島ぢゃないがなw
息子の光二がなんかの本で「端艇漕手」だったか「青春の河」
だったか忘れたけどオリンポスより精液の匂いがするって
言ってた 気になってるけどまだ読んでない


84 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 11:21:53 ID:+xcNhO27
読み手が情念とかを投影しやすいようにでわ
全読者がオカマじゃないんだもの

85 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 12:05:43 ID:EmAUtvM3
でも、「仮面の告白」の後半部では女と恋して破れてるからねえ。
女も好きで、それに対する気後れってのもあったんだと思う。
だから、後半部はかなり嘘の告=仮面の告白というところがあったと思う。
本人自身、後半は書いてて苦しかったので、自分でも弱いと思うと言っている。


86 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 12:52:35 ID:b8OG/sQS
三島事件の時に自衛官のヤジが「このブスガマ!」とかだったら、歴史が変わっていたかもしれないわ。

87 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 12:53:39 ID:B8NH1zyV
三島由紀夫が徹底したドゲイだったコトも知らねえドアホウが居るようだゼッ!



88 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 16:44:23 ID:C3wNokPz
堂本正樹の『回想 回転扉の三島由紀夫(文春新書)』が面白かった。

特に三島の家で、『午後の曳航』のカットされた処刑シーンの原稿を見せてもらった件。


― この後が七、八枚あったのである。猫の解剖に照応して、手術用のゴム手袋を嵌めた少年たちは、
龍二の灰色の徳利のセーターを剥がし、英雄の全裸を解剖する。

― その残酷な解剖の描写は、輝く海洋や珍しい異国の風物の比喩が沢山で、さながらアラビヤン・ナイト
の物語のように酔わせた。陰毛は真珠貝を包む海藻、男根や亀頭は回教寺院の円塔や屋根となって、
金色の夕陽に燦然と煌きながら裂かれ、剥かれる。荘厳なる崩壊による完成。

89 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 17:29:51 ID:EmAUtvM3
>>87
ドゲイだったって証拠は?

90 :陽気な名無しさん:2006/10/05(木) 17:39:02 ID:DvemGqbJ
>>80
ゲイに対しても同じように考えてそうじゃないか?

91 :陽気な名無しさん:2006/10/06(金) 03:08:05 ID:qdVg7/LS
>>74
草の花

92 :陽気な名無しさん:2006/10/06(金) 22:26:52 ID:Ivx9JZt1
ナッちゃん降臨w

93 :陽気な名無しさん:2006/10/07(土) 15:38:10 ID:gqjYCSWO
三島みたいな作家は今いないわ

94 :  :2006/10/07(土) 15:41:01 ID:jtGOrwcN
未発表作?
http://megaview.jp/imageout.php?m=org&ty=901&pt=c3%2F20060912%2Fimg%2Fzyhguksn12144110.jpeg&ctv=17

95 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 14:08:06 ID:wo4WnRCs
いやしい人間の溜まり場ですかここは?レベルが低い、ただそれだけですね。

96 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 18:32:34 ID:hUZ68SkO
>>85
三島は夭折した妹の同級生と見合いをして
結婚をする手筈まで整っていたことがあるの。
その顛末を、『仮面〜』の後半部に投影しているだけよ。
>>95
同じ穴の狢よ。悔しかったら高尚なテーマでも掲げて御覧なさい。


97 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 18:40:56 ID:xh45WVaI
なにしったかぶってんだコイツ ワロタ

98 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 18:41:19 ID:f/buyXvR
三島は、美輪明宏に身体が貧弱なことをからかわれたのに、
本気で腹を立て、身体を鍛えようと決意したという。

二人でダンスをしたとき、
美輪「あなた、どこにいるの? 見えないわよ、あんまり小さいから。
パッドしか手に触れないわ」
三島「じつに不愉快だ」
と言って飛び出していった。

他の人は三島が高名な文学者である事をはばかって、
軽口でも、身体の貧弱さについてはあえて触れなかった。
だが、皮肉屋の美輪明宏はそれをズバリと指摘した。
三島が、ボディビルを始め、身体が逞しくなるにつれ、
だんだん言動もおかしな方に行き始め、最期は自決に至る。
そのきっかけを作ったのは、実に、美輪明宏であったのだ。

99 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 18:42:59 ID:xh45WVaI
はいはい良くなんでもしってるね ウヒ

100 : 1 0 0  :2006/10/08(日) 18:44:16 ID:X5K2U8V+


101 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 18:58:27 ID:yw4OcySQ
『五哀の人●三島由紀夫私記/徳岡孝夫』いい本よ。読んでみて。


102 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 19:00:19 ID:f/buyXvR
「三島由紀夫―剣と寒紅」(福島次郎)では、三島は巨根であったような記述があるが
これに対して、当時の薔薇族に、同じく三島と肉体関係があったという人の寄稿があり
三島のモノは小さかった、短小コンプレックスが、三島が男らしさに過剰に
拘るようになった原因だと書いていた。
これにもまた反論があったりして、それを、伏見憲明が、三島のチンポの大きさなんてどうでもいいじゃん、と言っていた。確かにその通りではある。

103 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 20:30:09 ID:kbCOpY7r
>>98
それは違う。いちいち、高名な文学者の体が貧弱かどうかなんか
普通気にしない。三島を知ってた多くの人が
「ボディビルやる前の三島さんが特に貧弱とは思ったことない。
体を鍛えて、それを見せびらかすようになってからひ弱に見えた」
つうてる。

104 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 20:47:01 ID:f/buyXvR
>>103
ちょっと説明不足だったかな。
「他の人」とは普通の人という意味ではなく「美輪明宏以外の三島のゲイ相手」
という意味。
裸を見せるわけだからね。

鍛えた三島の身体が、じっさいは写真で見る程はすごくなかったというのは
>>102のエッセイの人も言っている。

福島次郎氏は、すごかったと言っているが、かなり美化して書いてる様子もある。

105 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 21:30:03 ID:kbCOpY7r
>>104
普通だろうがゲイだろうが、人の体の見えないところを
本気で公の場でどうこう言うほうがどうかしている。

106 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 23:04:12 ID:hUZ68SkO
↑それはゴモットモな正論だけど
三島自身は
「逞しくなった俺を見てくれ!」「軟弱卒業の俺を見よ!」
ってな見て見てモードのまま、生涯を閉じたのだから
性的な部分を云々されてもある程度は許容範囲だわよ。

107 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 23:04:41 ID:H4rAIwhp
武勇伝

108 :陽気な名無しさん:2006/10/08(日) 23:21:17 ID:kbCOpY7r
>>106
じゃあ三島もどうかしている。

109 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 00:55:59 ID:HaoXQdzA
三島由紀夫の評伝を何冊か読んで見たけど、
「歳より若く見られることを喜んでる」
って記述があったわ。ノンケでも若々しくみらるのを喜ぶの
確かにあるけど、「若々しく」と「若く」じゃ似て非なるものって
思ったわw
この点でやっぱりゲイなのねって思ったわよ。

110 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 04:34:31 ID:ehD7PPkF
老いる前の肉体をもった自分のままでこの世に決別したかったんだろうか。

111 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 13:23:39 ID:1IFbDJk4
石原慎太郎、野坂昭如、福島次郎、等生前の三島と直接交流のあった人の
三島論はそれぞれ納得できるんだけど、
橋本治の三島論は、表面をなで回しているだけで、核心部に行かない感がある。
なんとか賞を取る程すごい評論だとは思わなかった。

112 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 14:36:25 ID:14x9sMO4
お寒姐さんは岸田臭が下敷きになってんのよ

113 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 14:41:58 ID:9ViOlPLS
>>109
仮面では早く脇毛が生えるのを切望していたわ。
由紀夫さんの理想の年齢は21くらいかしら?21に早くなりたい、21より老けたくない

114 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 14:50:09 ID:5niCoRuq
21ではちょっと老いすぎかもだわ。
由紀夫姐さん的には、美少年の香りが残る16〜18くらいと
陰毛脇毛ボーボー&筋肉充実の19〜20くらいを
足して2で割ったあたり?

115 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 14:57:25 ID:VY6BsOTM
結構チンポの小ささ
のコンプレックスって大きかったんじゃないのかしら?

カラダを鍛える
箱入り娘を選ぶ
ってのも、そのつながり

116 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 14:59:11 ID:5niCoRuq
ああ、箱入りならリアルチンポ未見だから
大小の評価もしようがないわねw

117 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 15:04:01 ID:1IFbDJk4
野坂昭如の三島についての評論では
小学生の頃の三島はひ弱な体質だったから、チンポもひ弱だろう、と
同級生にからかわれた時、「見て見て」と言って自慢げにチンポを晒した。
それが、大人のような剥けチンポだったから、同級生たちは色を失った
とあった。
このエピソードの真偽は不明。

118 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 15:43:56 ID:9ViOlPLS
>>114
胸毛を惜し気もなく晒していた頃はもう、開き直ったのね

119 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 16:10:45 ID:jPBDKjDy
なんかチンポの大小のコンプレックスじゃないと思う。
ただ貧弱な肉体で十分理解できるし、そうだろう。

>>111
三島が推した稲垣足穂の少年愛の美学だって、なんでこんなのが
賞を取るのかと思えるが。

120 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 16:18:05 ID:7CUNTcSv
逞しくなった後の三島ってほんとイカホモだね
短髪、マッチョ(ガチムチじゃないが筋肉質)、体毛(胸毛)、褌
かつての「さぶ野郎」そのもの
日本のゲイのスタイルを完成させた先駆者じゃないかな

121 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 16:33:35 ID:jPBDKjDy
ゲイ=右翼という回路があると一部の人に信じ込ませた罪もあるが

122 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 16:35:17 ID:MLu+6QMi
ゲイ=左翼って偏見を振りまいてる社民やら人権団体連中の罪に比べたらマシかな

123 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 16:59:43 ID:VY6BsOTM
>>119
なんで決め付けできるのかしら?????

124 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 17:00:41 ID:1IFbDJk4
三島は、右翼的なものにしか日本の男の美を見出せない、と言っている。
映画出演して、やくざ役で主役をやったり、勤王の志士になったり、
切腹小説『憂国』を書いて、映画化して自ら切腹を演じたり。
そういうのに、強く憧れていた。
でも『奔馬』の主人公の右翼テロ少年の描写なんかは、
必ずしも全面肯定的ではない。晩年には迷いもあったのだろうか。
その迷いを、クーデターまがいの事件を起こし、切腹自決という形で清算したのかな。

三島が変名でホモ同人誌に書いたホモ小説が最近発見され、全集に収められたそうだが、
機会があったら読んでみたい。



125 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 17:06:15 ID:jPBDKjDy
仮面の告白では筋骨たくましい青年を生贄にして傷つけて血まみれにして
マスかいたって描写があるが、多分それが三島の最大のエロシチュエーションなんだと思う。
切腹小説「愛の処刑」も同じ傾向。
それで自分が筋骨になったら、自分で自分が生贄にされるという想像になって
それが切腹という行為とつながったんだと思う。

126 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 17:10:49 ID:JSsyrRbD
三島先生が褌で寝そべっている画像をみた記憶があるのだけれど
とっても立派なふくらみだった気がする。
あれは本物のふくらみだったのかしら?
ちなみに下の画像だともっこりは確認できません。

ttp://homepage2.nifty.com/weird~/saint.htm

127 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 20:30:19 ID:TzaCHzHK
>>126
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4770029039/ref=dp_image_text_0/250-0312032-4037861?ie=UTF8
英文版太陽と鉄の表紙なんてどう?

128 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 21:05:48 ID:1IFbDJk4
比較的有名な写真だね。もっと大きいのもあるよ。
この写真じゃいろんな意味で誤解を受けそうなのによく使ったね。
それとも誤解じゃなく正解なのだろうか。
ttp://lookinside2-images.amazon.com/Qffs+v35leo8LYTM9hys1al8Y33nSm3q+8/wYnZs7HVuxlnOEjRaErQuYXzwjaIr

トレーニング中の三島。まだ始めたばかりの頃らしくかなり貧弱に見える。
ttp://www.vill.yamanakako.yamanashi.jp/bungaku/mishima/nenpu/19651970/s_42.gif

石原慎太郎によると、
三島の肉体はボディビルによって作られた奇形的な肉体というのに過ぎず、
剣道何段・柔道何段・空手何段というのもようするに作家としての名声によって、
お情けで貰ったに過ぎず、実力は全く無かったとか。とにかく体の動かし方自体が
ヘタクソだったそう。
三島のスポーツ論も、頭で組み立てた理屈を飾った文章で書いただけで、
実践的裏付けは全く無かったという。
作家としての石原の三島への妬み半分の意見かもしれないが、それなりにスポーツマン
だったらしい石原の言うことだから半分は真実だろう。

129 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 21:36:34 ID:RH/qefS1
英文版太陽と鉄の表紙の写真、吹き出す直前にガマンしてる顔みたいね。

130 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 21:37:40 ID:RH/qefS1
>それなりにスポーツマンだったらしい石原


エセスポーツマンなのに。

131 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 22:38:07 ID:OwUFaQ0w
127、128の写真を見る限り粗チンというのは嘘のような気がする。
かなり立派なふくらみ。

もっとも、詰め物をしたいたら別の話だけど(笑)

132 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 22:46:27 ID:HaoXQdzA
ま、ヨットに乗っかってただけだし...>石原

ジョン・ネイスンだかの本だと、多少武道の心得のあったジョンから見ても
変だったみたいだし>三島
あと、誰かと海だかプールだかに行っても一緒に泳がないみたいなエピソードを
読んだことあるわ。

余談だけど...
あたし、どちらかって言うと運動音痴だけど、幸い小学校の頃スイミングスクールに
通わせてもらったし、(高校の頃は体育の柔道が苦手だったけど)大学の体育で
柔道を選択してみたら意外と面白かったわ♪

133 :陽気な名無しさん:2006/10/09(月) 23:23:29 ID:RH/qefS1
寝技をかけられるのが嬉しかったんでしょ。

134 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 00:42:53 ID:bKSm2/DK
>133
まぁね♪十字固めの練習は楽しかったわ。
でも、へたっぴだったのが(それなりに)上達していくのも、とても楽しかったのよ。
よくわかんないけど、三島ってそういう少しづつ習熟していくことへの楽しみって
あんまり重要視していなかったって気がする...とにかくインスタントに男らしくって
感じがして...なんというか積み重ねによる重みが感じられないのよね>三島の言う
男らしさ

135 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 00:54:40 ID:ITCSYce6
三島の言う男らしさって、コンプレックスの裏返しよね。

136 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 00:57:51 ID:OpfuKE8K
>>128

オレの大学時代の先生、剣道やってた人なんだけど、
三島の昇進試験を見ていたらしいけど、、下手だったと、
いってたよ。お情けだったって・・すごい古い話だけどね・・

137 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 00:59:33 ID:yRGIGKra
ほんと運動なんか全く興味ないくせに
バレーやバドミントンは嬉嬉としてやるオカマと同じ神経構造よねw


138 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 01:19:53 ID:ITCSYce6
バドミントン???

バドミントン好きなオカマなんて聞いたことないわ。テニスの間違いじゃないの?

139 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 02:02:19 ID:fK7a/57J
あら、アタシはテニスもバドミントンも卓球も好きよ。
バスケット、サッカー、ラグビーは苦手なの
体がぶつかると吹っ飛ばされちゃうから。

140 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 02:14:27 ID:ITCSYce6
ガリなのね、キモイわ。

141 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 02:17:31 ID:X/3W46BU
由紀夫の亡霊よぉー皆逃げてー

142 :139:2006/10/10(火) 03:32:41 ID:fK7a/57J
正直、三島とアタシは共通点があると思うわ。

143 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 07:36:17 ID:wHMtKe6o
哀れね、あんた。

144 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 09:13:15 ID:lAwER6dW
オネエ漫才、オモシロイ!

145 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 10:27:16 ID:AcD8z449
どこがよ?

146 :陽気な名無しさん:2006/10/10(火) 21:22:28 ID:qPlVVqQU
三島にしても石原にしても「日本、日本」って騒いでるのがウザイ。
なんか、ママのおっぱいにすがりつく赤ん坊みたいだ。ww

147 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 05:29:56 ID:mLH9JcBb
その喩え、間違ってるわ。「チンコにしゃぶりつくホモみたいだ」が正解よ。

148 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 11:50:31 ID:uChdU73x
まぁ、マッチョ志向とヒモセクシュアルは
表裏一体だものねぇ

149 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 11:51:16 ID:uChdU73x
↑きゃ〜☆ 「ホモセクシュアル」の打ち間違いよ! ネタじゃないわ!

150 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 13:12:24 ID:RTY41S4n
あら、ツッコミ損ねたわ。      チッ

151 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 13:14:11 ID:px3bfoiD
ヒモセクシュアルwww

152 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 14:02:20 ID:ZcVKbgVL
今wiki読んで勉強したんだけれど、三島と森田必勝は肉体関係あったの?あったら完全に援交チックだけど・・・

153 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 14:35:23 ID:32KBCNRC
三島はネコ
死体を検視したとき、肛門性交の痕跡がはっきり認められたという

154 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 15:39:20 ID:tUKIbqtr
福島さんはタチみたいなこと言ってるけど、まあアナル使ってるとは
必ずしも限らないわけで。それ相当クンレンいるよ。

155 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 16:16:45 ID:uChdU73x
>>153 ちょっとちょと
どうして割腹自殺の検死で、肛門を調べなきゃなんないのよ〜〜w
目的がはっきりしている覚悟の自決だし、首と腹以外を
ついでに検視するなんて在り得ないわ! ソースあんの?

156 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 16:44:37 ID:sQNOY1Mm
長渕剛さんもいつのまにか三島さんっぽく変身しちまったな

157 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 17:20:43 ID:ymBvhNjG
金閣寺は面白いけど、幸福号とか夏子の冒険は嫌いなの。
どうしてこんな太宰みたいな読みやすい作品書いたのかしら?
切腹と同じで
俺でもこういう書ける!
を狙ったのか?それとも
万人受けの作品を狙ったのかしら?

158 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 17:50:21 ID:tUKIbqtr
基本的にはお小遣いかせぎでしょう。
楯の会の制服だって当時で一着八万円とか記事読んだことあるもの。

159 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 18:00:17 ID:32KBCNRC
あのダサい制服が8万か
今の金額なら20〜30万くらいかね
人一倍美意識に優れていたはずの三島が
あんなやすっぽい「戦隊モノ」みたいな制服を着て得意がってたのは
理解に苦しむな

160 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 18:02:22 ID:tUKIbqtr
それは逆じゃない?三島の美意識ってすごく通俗的な感じがするもの。

161 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 20:59:44 ID:d8+flNuZ
わかりやすい豪華さが好きみたいな感じよね。
自前の野戦服なんて持ってなさそうだし(野戦服の写真もあるにはあるけど、
多分体験入隊のときの借り物だろうしね)。

>135
色々な本にあたるとどっちともとれるのよね。三島自身はガチだとしても
森田氏がどうだったかは...
・彼女(ないしは定期的にあっている女性)がいた(らしい)
・大学の友人と冷やかし半分でエレベータガールをナンパした
・自決前夜、三島とセクールしたは状況証拠的に無理があるみたい
 (夜行で実家の肉親のお墓参りをしたらしい。証拠として、前日の
  実家の地域で発行されている新聞が遺品にある)
が、否定的な方で、肯定的なのは
・公安関係者(幹部クラス)のオフレコで付き合っていたことを肯定
(生前の三島がちょうどジョン・レノンがFBIに監視されていたみたいに、
監視下にあって誰とどこにいたかとか、泊まっているホテルの部屋の
出入りが記録されていたとか)
・岸恵子だかが、ピンときたwって言ってた
ってところみたいね。

162 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:00:28 ID:uChdU73x
>>157
女性週刊誌の依頼で書いたからよ。
読者層に合わせてのこと。

163 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:00:44 ID:d8+flNuZ
アンカーミスだわ...orz
>152さんへです。

>135さん、失礼しますた。

164 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:08:40 ID:ymBvhNjG
>>162
やっぱり!
やっぱりなのね♪あたし三島の作品だけは共感があるの。
他の作品なら
「ははーん、こう思ったのね」
と予想したら全然違うけど、三島だけはあたしの予想通りがくるの。
あたし三島の生まれ変わりかもしれないわ(^^)


……もちろん思考だけよ、文学の人物考える思考だけ。

165 :162:2006/10/11(水) 21:27:28 ID:uChdU73x
木村拓哉や黒木瞳の演技みたく
どの作品でも「オレオレ!」「あたしあたし!」的に
ワンパターンの自分しか押し売りできない大根と違って、
三島は、難解な新思想提言から軽〜い通俗小説まで、
読者層に合わせて変幻自在に書き分けられるのよね。
作家として当たり前の姿勢かもだけど
これができる書き手って、実は希少よ。昨今じゃ特に。
そういう意味でも天才だとは思います。

166 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:36:33 ID:SkXaF5DU
俺憂国の切腹シーンでオナッたよ。
最高!

167 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:38:02 ID:e9xeMknC
>>157
松子の冒険もおもしろいじゃない。
こーいうのがあるから、逆に難解めいたものも際立つんじゃない?

168 :陽気な名無しさん:2006/10/11(水) 21:39:06 ID:e9xeMknC
間違えたわ
「夏子の冒険」だわね

松子だと嫌われちゃうわねw

169 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 06:49:12 ID:uu13X5Zv
禁色、読み終わったわ。あ〜面白かった。
発表当時にあれを読んだらさぞかし衝撃だったでしょうねぇ

170 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 08:18:29 ID:HnUeGhO/
三島作品読んでみたいんですが、手始めはこれ!ってあります?

171 :中森 邪気菜:2006/10/12(木) 08:47:49 ID:7xdFXQ3L
ふた周りも違う恋人にオタチさせてたミシマ、あつかましいわ。。。

172 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 11:09:21 ID:hXe39nMC
>>170
金閣寺

173 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 13:27:39 ID:fdw13G2w
>>170
「もし忙しい人が三島のいいところ悪いところすべてを凝縮した
エキスのような作品を読みたいと思っていたら「憂国」の一編を
読んでもらえればいいと書いたことがあるが、その気持ちは今も
変わりない」(新潮文庫「花さかりの森・憂国」の自作解題より)

174 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 13:38:18 ID:XVb89sQf
>>167
確かに面白いわ。
でもね、面白いのカテゴリーを分けた時、夏子はストーリーと読みやすさ
そして同サロに似た、何と言うか女の上品の裏側のいじわるさ。
あたしは金閣寺や盗賊のような、何と言うのかしら?
人間の裏側を現した作品が好きなの。
大袈裟に言えば金閣寺はストーリーより、
金閣寺の美を考える主人公さえいればいいくらいなの。
ごめんなさい意味不明文で。

175 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 13:54:57 ID:NG5R9EGd
あたしは豊穣の四冊を読んで欲しいわ
ペンを持ったオカマってイヂワルなんだわって感心したもの
禁色は二十年前のウブなアタシはオカズに出来たわ
けど発表当時だと情報ないし
絵空事みたいな扱いなんじゃないかしら、一般には

176 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 14:26:40 ID:NFimlkB4
『禁色』には、ゲイバーの様子が詳細に描かれてるからね。
当時、都会の遊び人だったらそういうものの存在を知っていたかもしれないけど、
知らない人にはビックリだったろうね。
さらに、どこかの公園のハッテン場の公衆便所の描写まであるんだから。

177 :中森 邪気菜:2006/10/12(木) 14:32:45 ID:7xdFXQ3L
金閣寺ー主演 緒方 堅
音楽 ミッシェル ナイマン

178 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 15:39:01 ID:NG5R9EGd
↑マイケルでそ?

179 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 16:23:22 ID:HnUeGhO/
禁色と金閣寺読んでみます(^-^)古本屋に置いてるかな?

180 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 16:24:19 ID:zdHufyPm
>>179
ブクーオフにいくらでもあるわよ。

181 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 17:02:58 ID:HnUeGhO/
dクスです(^-^)

182 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 17:37:31 ID:fdw13G2w
>>173
って本人が言っても誰も信じてないのよね(苦笑)
最後の切腹だって誰も男らしいなんて本気で思ってはいない。

183 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 17:58:26 ID:R+Pdzh2W
>>182
そうよ、噴飯モノよ。

184 :中森 邪気菜:2006/10/12(木) 18:21:14 ID:7xdFXQ3L
178>さすがネットオタク早いわね〜。
ミシマの姉ちゃん何才でいっちゃったの?


185 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 18:22:38 ID:HcsERYTw
『憂国』ほど、おかしな妄想の結晶というか
滑稽な作品もないわよね〜〜〜www
恐ろしく美男美女な青年将校夫妻ってのも陳腐でw
あるいは由紀夫姐さんの理想の姿だったのかも(って定説だわね)。

186 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 18:31:39 ID:NFimlkB4
三島事件をパロディにした映画
ttp://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2004/10/post_73.html

三島由紀夫の生首(ややグロ)
ttp://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2005/08/webdvd_503f_1.html

187 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 19:20:18 ID:03cDFRti
切腹が男らしいからとかそんな理由じゃなく
腹を切ることにチンポが起つ切腹マニアだったのよね。

188 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 19:25:56 ID:fdw13G2w
だったらゴッコだけしてマスかいてりゃよかったのに

189 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 20:51:30 ID:03cDFRti
だから最高の快楽を最後に手にいれたはずよ!

190 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 21:01:48 ID:fdw13G2w
うーん、そうかなあ……
最後の演説のときに浴びた野次は彼の計算外だったと思う。
「男一匹が命をかけて諸君に訴えているんだぞ!」
という叫びにはかなり本気と場違いが同居してる希ガス
最後は快楽というオチにはならなかった。
当人にとっても別の結果が出たと思うな。

191 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 21:09:40 ID:YN6OVX3Z
ふといおちんちんくだちゃい。。。
bikenori@yesyes.jp



192 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 21:14:08 ID:8utz/lal
切腹の時射精してたとか
肛門から5人の異なる男の精液とか

全部ネタだよね w

193 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 21:54:22 ID:3DKTQnAj
>>186
コッポラの「MISHIMA」がパロディ?
外人特有の変な日本観がはあるがマジメな伝記映画だと聞いたけど?
あと、三島の直腸ないし肛門から精子があったとのネタはマトモなソースが出たためしはないよ。
事件時の週刊誌が初出らしい。
肛門性交経験が認められたならリアルだったんだけどね。

194 :陽気な名無しさん:2006/10/12(木) 22:10:12 ID:NFimlkB4
>>186
はURLの説明が逆だった。
三島事件をパロディにしてるのは
「巨根伝説 美しき謎」というホモ映画。

195 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 00:21:56 ID:f6I+8Tpc
三島はもう少し素直だったらノーベル賞とれただろうに。
ここまで皮肉屋だと、ちょっと王道にはなれないよね。

196 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 00:57:20 ID:aFy1yjqU
切腹直前まではチンポびんびんだったはず!!
でも痛さで萎えたかも、、、

197 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 01:02:31 ID:5Zm1fmhB
>>195
素直だったら・・・と想像すると面白いわ

198 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 01:05:12 ID:9DpfWfMC
川端を御覧なさい?
すべてを受け入れて世間に同化できる感覚があったからこそですよ。


199 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 01:31:41 ID:7Gw5O7Ap
素直だったら兵隊行って戦死してたとオモ

200 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 01:52:51 ID:C3h1Qfqn
国を憂うというより

自分の衰え(外見・才能)を憂いた
恐れたって感じよね

三島ちゃん以外のホモ作家って
どんな人いたかしら?

201 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 01:59:03 ID:HfbM+/Zp
駒込の家、見てみたいわ。

202 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 09:06:39 ID:bYDek9I9
腹を切ることにチンポが起つ切腹マニア・・・
そうだな。連続殺人犯って人殺す時にチンポギンギンにおっ勃っているからな。
で射精。
靴下匂いフェチなんか可愛いモンだ。

203 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 13:35:23 ID:7Gw5O7Ap
つうか、筋肉マッチョ(=三島の憧れ)を傷つけて喜ぶって感じ。
「愛の渇き」でも三郎の筋肉の背中に爪を食い込ませるシーンがあるし、
金閣寺を焼くのもそのバリエーだわな。


204 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 13:39:02 ID:r2SsEt7T
チンコ小さくて、下手くそってのもばらされてたわね
デカチンだったら生きてたかしらね

205 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 14:48:35 ID:qfHNCGw8
>>201 駒込の家って、誰の家?

206 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 17:13:54 ID:YyrXmBSq
映画の「愛の渇き」では、悦子役=浅丘ルリ子、三郎役=石立鉄男
三島、がっかりしただろうねw

207 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 19:35:01 ID:eQdsH7MR
切腹マニアの方って自分の腹に刺した後も
ちんぽ起ってるのかしら?痛くないのかしら?

208 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 20:04:20 ID:vRzwhCGd
山本太郎もいつのまにかマッチョかしたよな

209 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 22:08:14 ID:QGb+gH+V
三島の割腹は内臓が飛び出ていたというが
武士の作法として確立された切腹は、そんなに深くは切らない。
せいぜい腹の脂肪層に達する程度までしか刀を突き立てない。
さらに介錯の森田がうまく首を落とせず、二刀三刀しても
首周辺に傷を付けるだけだったので、別の楯の会会員が代わって、
一刀のもとに首を落とした。
だから、三島は死に際にかなり苦しんだと思う。
それが快感だったかは分からない。

210 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 22:38:00 ID:A7asqXaW
>>200
同性愛指向を持つ作家はたくさんいるわね。
あたしが知ってる人だと、「草の花」の福永武彦、「虚無への供物」の中井英夫、
赤江瀑なんか有名よ。
あとこれはあたしの推測だけど、本格推理の島田荘司はホモじゃないかしらって思うわ。

211 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:02:02 ID:WAFby6PT
連城三紀彦も「ため息の時間」で、先輩(男)とのsexを暴露してるわね。

212 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:02:40 ID:fwTao+BY
売れないシンガー時代の高橋克典を援助していた宮本輝姐さんも
忘れないでいただきたいわ


213 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:04:35 ID:WAFby6PT
澁澤龍彦もじゃない?

214 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:07:03 ID:WAFby6PT
>>212
輝子ってそうだったの!?
好きな作家(本がよ)だからその話しを聞いてちょっと眩暈よ。
短編にゲイの話し、あるものね。

215 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:07:21 ID:7Gw5O7Ap
つうか、芸術家などは、みんな自分にこだわっているナルシストなので
多かれ少なかれ自己愛の延長として同性愛的傾向がある。
三島の弱点はむしろ自分にこだわっていたのに「天皇のため」とか言って死んだ点。
はっきり言って説得力ゼロだった。


216 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:08:13 ID:WAFby6PT
短編だけじゃなく結構あるわね。愉楽の園とか。。。

217 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:08:39 ID:vRzwhCGd
>>215
天皇バンザーイ!って言っている奴にかぎってナルシストなんだよ。

218 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:30:24 ID:fwTao+BY
>>214
軽井沢の別荘で数年に渡り育まれた輝姐さんと克典の交情は
今や、両者にとって絶対のタブーですけどね・・・・・
ケイダッシュって昔から、そういう女衒的な面もあるの。
ま、芸能事務所はどこだってヤクザですけど。

「オンナ」としての自分を抑圧し続ける高村薫女史も、ある
種のゲイだと思うわ。代表作『マークスの山』的ゲイシーン
挿入はお手のものですし。あたし、美貌の中国人と阪大生
との狂わしい愛を描いた『李歐』は大好きよ♪

219 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:39:58 ID:WAFby6PT
高村薫女史はマークスの山もそうだけど、デビュー作の
黄金を抱いて翔べから、 リヴィエラ、マークス、照柿・・・とゲイシーンが出てくるわね。
リヴィエラは801っぽいけどね。
黄金とマークス、特にマークスの、職場の警部署内の同僚、柔道有段者?の色白ガチムチがゲイだって言うクダリ、
その1行だけで、あたし萌えてオナヌーしてたわ。
あんな男臭い職場に、、って。

220 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:43:45 ID:QGb+gH+V
高村先生は容貌も男っぽいし、ひょっとしたらビアンのタチなんじゃ?

221 :陽気な名無しさん:2006/10/13(金) 23:45:05 ID:fwTao+BY
>>219
あら姐さんもなかなかの文学青年ね!
崔洋一監督による『マークスの山』では
誰が色白ガチムチゲイを演じてらしたんでしたっけ?

222 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:01:05 ID:oRMwQpVp
>>213
そうかしら?ちがうと思うわ・・・

駒込の家ってあの洋館かしら?悪魔の棲む家に似てるのよね

223 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:01:58 ID:X6s7hf/I
三島から離れちゃうんだけど、昔、白水社から出てた(今でもあるのかしら?)
「ジョバンニの部屋」って、いいわよ〜泣けるわ。
ノンケのアメリカ男がゲイのイタリア人とパリで出会って
恋に落ちて破滅する話。
あたしはこれ読んでパリに行きたくなったわ。
周囲にこの良さがわかる連中がいなくて今まで誰にも紹介できなかったのよ。

224 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:09:17 ID:fv9bQpf5
アメリカゲイ文学の古典『潮騒の少年』はどう?
新潮文庫にフツーに入ってるってのも驚きなんだけど、
セックスシーンが異常にリアルで、高校時代、
毎晩のように抜かせていただいたわ!!


225 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:09:27 ID:a79yXTlE
>>223
ボールドウィン、モロ姐さん顔よね。

226 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:21:58 ID:C5zKh5fC
駒込の家って篠山紀信の写真集がでてるわよね。


227 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:28:38 ID:o1wUO5e/
>>201>>226
駒込ではなくて馬込でしょう。
駒も馬も全く無関係な文字ではないから、
紛らわしい地名ではあるけれども。

228 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:30:13 ID:C5zKh5fC
アハハごめんなさい

229 :朝陽門院品子 ◆Z9TaEykyCQ :2006/10/14(土) 00:34:14 ID:o1wUO5e/
>>223
私も読んだことがありますよ。
客観的に考えると、悲惨極まりないお話ではあるのだけれど、
何となくロマンチックな風情があるわね。
読んでいると、自分自身も、パリの場末のアパルトマンに
住んでいるかのような気分にも浸れるし。
私の場合は、無性にお酒が飲みたくなったのには困ったけれど。

230 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:40:38 ID:JIMLTu7I
みなさん読書家ですね。
三島にも可愛がられた(可愛がった?)元祖やおい作家ともいうべき
森茉莉さんの世界はどうですか?

231 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 00:44:39 ID:fv9bQpf5
>>229
品子さんお久しぶりですわ♪
>>230
森茉莉でこのテのものなら『恋人たちの森』ね。
でもちょっとお耽美が過ぎて、いまいち感情移入は
できなかったわ。

232 :朝陽門院品子 ◆Z9TaEykyCQ :2006/10/14(土) 00:48:20 ID:o1wUO5e/
>>231
ごきげんよう。
『潮騒の少年』が文庫化されていたとは存じませんでした。
たしかに、情景描写が非常に具体的だったように思うわ。
主人公の少年が語るという体裁をとっていたから、
余計に生々しく感じられたのかしら。

233 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:01:31 ID:A7BjGE5P
なんで三島からこんな脱線するかな

234 :朝陽門院品子 ◆Z9TaEykyCQ :2006/10/14(土) 01:02:33 ID:o1wUO5e/
>>233
一通り語り尽くしたからではないの?

235 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:06:29 ID:A7BjGE5P
アホか

236 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:08:06 ID:fv9bQpf5
>>232
作品の内容自体は、主人公の回想と妄想が渾然一体で整理
されていず、もうひとつだった覚えがありますけど。
それにしてもしばらくお見掛けしなかった品子さんが
復帰して下さって嬉しいわ♪
>>233
そうかしら? 三島由紀夫を媒介に、ゲイ文学について
話が広がるのは悪いことではないと思うけど。
あなたはハラキリとか胸毛とかについて限定トークしたいの? 

237 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:09:20 ID:A7BjGE5P
その気持ちの悪いオバサン言葉やめい

238 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:12:48 ID:JIMLTu7I
三島由紀夫の時代はゲイでも結婚して、我慢して女とセックスして
子供を設けるのが普通だった。
三島も、子供が出来てからは可愛くて仕方ない、というようなことを言っている。

239 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:14:56 ID:A7BjGE5P
>>238
しかし、俺もそれちょっと不思議に思う。
どうやってモノをタテたんだろうかって。ま、性的に興奮してなくても
こすれば立つんだが、

240 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 01:46:43 ID:o4QsHfzD
元々は大蔵官僚だと思うと萎えるわ・・・

241 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 02:12:11 ID:uutZImxS
しかも、徴兵逃れの官僚となると・・

242 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 02:46:59 ID:YK03oNCv
ゲイでハラキリフェチ、、、
プレイに困ったでしょうね。


243 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 17:29:17 ID:A7BjGE5P
>>242
昔あったセクマイ雑誌の「奇譚」に匿名でハラキリマニアのお友達探したり
そうだよ。あるハラキリの絵を描いた人(素人)の絵を見て、是非
お会いしたいとかでその人の手記とかも雑誌で出てた。

244 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 17:41:06 ID:6NavG9/6
>ハラキリフェチ

(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

245 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 17:43:37 ID:VFR7fo5c
宮本輝はおすぎから、縁切られるくらいの煮え切らないオンナらしいわ

馬込の文士村行くと案内があって家は現存してるから
是非見ておくべし
今生きてたら、お宅拝見とかで笑いのネタになりそうな家だわねw


246 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 18:01:56 ID:oWw58Gz+
実際ハラキリフェチの人ってどんなプレイするのかしら?
まさか腹を刺したり内臓出たりとかそんなプレイじゃないのよね?

247 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 18:24:37 ID:A7BjGE5P
基本的に斬るマネみたいだよ。三島さんとやった人の証言では。
動物の血とかも使うときがあるとか。
ジョン・ネイスンも「日本の武士道文化を教えてやるよ」とか
三島に言われて腹切るマネさせられて、例の家で後ろから三島が真剣を
介錯のつもりで一閃したって記述残してる。

248 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 18:54:35 ID:o4QsHfzD
馬鹿じゃないかしら?
そんなプレィで盛り上がるなんてありえないわ

249 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 19:36:22 ID:4kg1Zq4a
>>248
あなたを基準に考えないで。
しかも、三島由紀夫と、ア ナ タ よ?

250 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 19:40:06 ID:OIx74zM+
>>239
あなたみたいなのに
「女とやれる時点でバイ」
と言われたことがあるけど、あたしはゲイよ。気持ちの持ちようよ

251 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 19:41:11 ID:6NavG9/6
ミリタリフェチとコスプレでやったことがあるyoww

252 :陽気な名無しさん:2006/10/14(土) 21:12:17 ID:iZEsubCS
ってかコスプレと、血だの内臓だのを愛好するのとは
基本軸がぜんぜん違うと思うわ〜〜
>>245
おすぎなんて鬼ブス、輝姐のほうから願い下げよっ


253 :陽気な名無しさん:2006/10/15(日) 16:24:52 ID:DM0zMOjh
金閣寺面白いわ

254 :陽気な名無しさん:2006/10/15(日) 18:12:16 ID:024vTUHd
金閣寺プレイはセットが大変そうね
現地ロケってわけにもいかないでしょうし

255 :陽気な名無しさん:2006/10/15(日) 18:16:54 ID:gdn1dZTb
映画のミシマって見たかしら
なんか張りぼてセットでシルエットだけなんだけど妙に坊主のヤソスケと
合間って、安く感じなかったわ

子供の頃に白黒で見た映画の金閣寺は何だか恐かったわ

256 :陽気な名無しさん:2006/10/15(日) 18:26:28 ID:DM0zMOjh
映画の金閣寺はTSUTAYA田町店にあるかしら?

257 :陽気な名無しさん:2006/10/15(日) 18:28:39 ID:yOaAVLaH
>>255
モノクロ映画で雷蔵主演の『金閣寺』はほんと、怖かった・・・
特に身体の不自由な脇役を演じてた仲代達矢が・・・・・・・

258 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 01:30:01 ID:IsaUJ4+q
映画の題名は「金閣寺」でなくて「炎上」でなかった?

259 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 01:31:50 ID:ZkwpYYAT
そう! 映画名は『炎上』だったわ! 市川崑の初期傑作よね。
カンジンの金閣セットが、やけに不恰好だった覚えもあるわw

260 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 01:36:43 ID:sj5Vhm1F
市川雷蔵が「溝口の 「炎上」と、篠田三郎が溝口の 「金閣寺」 、
どちらが良い出来?

261 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 02:04:59 ID:SBNllWI0
三郎のはポスターがキモいわね・・・
あたしは鬼気迫る感じが滲む雷蔵版かな・・・

262 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 11:20:24 ID:IsaUJ4+q
水上勉にも「金閣炎上」って小説があってややこしいね。

263 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 12:26:11 ID:JfDAArOH
あら〜年齢層高すぎで話に入ってけないわww


264 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 12:27:59 ID:IsaUJ4+q
三島だったらどうしてもそうなっちゃうよ

265 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 12:42:41 ID:4AmkZBlM
三島由紀夫全集にある創作ノートが面白いわね

266 :陽気な名無しさん:2006/10/16(月) 13:59:35 ID:G8laoUus
創作ノートは山中湖で自筆のも見たことあるけど
大学ノートの表紙までレイアウトして
(たとえば『暁の寺』のノートなら、赤鉛筆でタイ風寺院の
装飾を模したデザインを施したりと、凝ってるのよ〜)
創作士気を上げる彼の本気度が伝わってきたわ!

267 :陽気な名無しさん:2006/10/17(火) 17:24:36 ID:B8Tg5F2S
>>259
演出じゃない?あの不格好さは。
初めて金閣寺を見たとき、想像したものとはかけ離れていて、不調和な
落ち着かない印象の古い黒ずんだちっぽけな三階建てに過ぎなく、非常に
落胆したと原作にあるし。


268 :陽気な名無しさん:2006/10/17(火) 17:53:23 ID:fQI3GIbW
金閣寺は金箔を張ったのが風雨に晒されてるんだから
新しく張っても数年もすれば輝きも褪せてくるよ
俺も初めて見たとき想像してたより地味だと思った。

269 :陽気な名無しさん:2006/10/17(火) 20:13:26 ID:GGwQJkxZ
>>267 >>268
違うの、単純にプロポーションが悪いのw
うまく言えないんだけど、ずんぐりむっくりで
屋根の反り具合や軒端のデザインも、取って付けたようなチグハグさ。
ほら、欧米人が良く調べもしないで作った
”間違ったヘンテコ日本”を絵に描いたようなモンなのよ・・・。
ストーリーより何より、「え? こんな出来損ないなんかと
冗談でも心中したくないよぉ!」って思ったもの。

でも京都でオールロケしてるから美術陣は古都の社寺に精通している
ハズだし、>>267さんの言うとおり意図的な”醜さ”の演出
なのかもしれないわね。そうだとしたら改めて凄いわ・・・・・・。


270 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 02:13:28 ID:Vm/BAI2E
ウヨホモの末路ってこの人みたいなんだろうな

271 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 04:41:27 ID:SAzNBbSP
切腹マニアの人ってここ覗いてるかしら?

272 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 11:44:24 ID:1ychAf5N
由紀夫姐さんの祭り姿よ♪
昭和34年、自由が丘は熊野神社の祭礼に、
頼まれてもいないのに飛び入りしたときのもの。
http://www.ynet.co.jp/touyoko/film/Image20.jpg

三頭身なんて失礼だわよ。四頭身はあるわw

273 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 14:14:14 ID:Ws6T3Pp2
>>272
頭デカッ!wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

274 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 21:07:03 ID:cw5AvDUG
周りにいる人たちの方が立派な体つきしてるわね >272

275 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 21:13:17 ID:ST5ERBRO
>>272
三角筋・上腕二頭筋・上腕三頭筋を見ると、
まだまだ細いながらも、それなりにトレしてる成果は分かるよ。

276 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 21:16:49 ID:SZG4Lqzo
でも、上ばっかりで脚が・・・・・wwwwwwww

277 :陽気な名無しさん:2006/10/18(水) 21:20:30 ID:cZjdVKFF
赤ん坊おぶってたら似合いそうな顔だな。

278 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 18:51:29 ID:+r9CfAz2
>>269
日本建築史に多少通じた者から言わせてもらうと
もともと日本には多層建築という物は仏塔以外なかった。
鎌倉〜室町にかけて中国から禅宗とともに多層建築も導入された。
金閣寺などは要するに中国建築の真似がへたくそで
見た感じがどうもいまいち垢抜けない、という感じだろうか。

279 :朝陽門院品子 ◆Z9TaEykyCQ :2006/10/19(木) 18:58:24 ID:zmPWQTqU
そうかしら。私には十分美しく見えるわ。
ttp://www.terra-consulting.co.jp/kanesada/blog/wallpapers/kinkakuw.jpg

280 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 19:02:21 ID:X/lRlp7Z
由紀夫が飽きないものは、鏡で一日中自分の顔を見ることよ

281 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 19:10:46 ID:5peHyNrL
>>278
悪いけど論点がズレてるわ。
あたしは”映画『炎上』の金閣セット”についてモノ申したわけで
現実の鹿苑寺舎利殿(通称金閣)についてはどーでもいいの。

282 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 19:39:45 ID:de9nBLUV
やっぱ「炎上」の模型は、作った奴がヘタレにつきると思う。
日本建築は反りのとりかた、人間の視点での見え方とかいろいろ
考えて造るので難しいから。また図面どおり作るのも並じゃない。
でも>>269さんの意見は面白いと思うよ

283 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 19:55:09 ID:+r9CfAz2
なるほど、映画のセットの話か。
じゃあ安っぽくてもしかたないんじゃない。
現在の、歴史・時代ドラマのセットも、建築史をかじった者にとっては
何じゃこりゃ、と思うものばかりだし。

284 :朝陽門院品子 ◆Z9TaEykyCQ :2006/10/19(木) 19:55:11 ID:zmPWQTqU
映画『炎上』の金閣は、
主人公の青年にとって、犯すべからざる美の象徴であると同時に、
聖域たる寺に、俗世間の醜さを呼び込むホワイトホールでもあったのね。
単なる模型制作の不手際か、演出なのかは私も知らないけれども、
何らかの違和感を観客に印象付けることができたとしたら、
結果的に映画に含蓄をもたらしたといえるのではないかしら。

285 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 19:56:21 ID:8m+NRb3D
このスレタイ変。
三島はゲイなんだから『ゲイと三島由紀夫』はナイと思う。

286 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 20:20:56 ID:5peHyNrL
「あたしらゲイと三島由紀夫〜文化人学的考察〜」
の略なんじゃないの?

287 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 20:22:52 ID:xk+DQbMp
あたしホモでどもりで三島のある作品の主人公と同じ名前よ。
残念ながら、痩身でも精悍な外見は持ち合わせてないけどね。

288 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 20:39:04 ID:k5Jz8iws
『剣と寒紅』の著者福島次郎氏は、最近亡くなったそうだね。
ゲイとしての三島を知りたければこの本は必読だね。
あと、伏見憲明氏が『ゲイという経験』で三島について一章割いてる。
両者ともゲイ故の三島のホモフォビアを指摘している。

289 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:36:45 ID:gZa51TcZ
伏見の一言で、全て台なしだわね
このスレも

290 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:40:20 ID:de9nBLUV
でも三島の同性愛作品って少ないよね。
「仮面の告白」「禁色」それと「愛の処刑」ぐらだろう。
「殉教」「煙草」「女形」なんかは特にゲイっぽい香りしないし。

291 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:46:49 ID:gZa51TcZ
あたし三島は男女の話しが好きだわ
よろめきとか春の雪とかで、由紀夫自身が女になって
台詞を言ってる方が想像しても楽しいわ

292 :( ´∀`);y=ー(゚д゚)・∵. ターン:2006/10/19(木) 21:49:34 ID:aBJgSHvV
リアルにしてくれるタチさん募集。

293 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:50:01 ID:de9nBLUV
うん、自ら女になったというのでは「愛の渇き」が出色じゃないかしら。
ちなみに「愛の渇き」は、「緋色の獣」という題を用意してたのに、
それじゃ売れないから、「愛の渇き」に出版社に帰られたんだって。
ああ、まだ駆け出し時代の三島君w

294 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:50:54 ID:X/lRlp7Z
ここの板の笑い、切り替えしは由紀夫に由来しているわ

295 :陽気な名無しさん:2006/10/19(木) 21:53:33 ID:gZa51TcZ
へええ
渇きの方がいいわw
あたしはそんな言葉で何狙ってんの?由紀夫?って思ってた

296 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 00:13:56 ID:qNCx3HLE
>>291
由紀子姐さんの妄想炸裂w

297 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 00:25:18 ID:nJwcSl71
三島さんは小さいとき女言葉だったらしいけど20代前半まで
その癖が抜けなかったってね。どっかで急に「そうなのよ」って
三島さんが言ったので驚いたって人の記事見たことある。

298 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 00:29:01 ID:oPl9IFIA
おええぇ

299 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 01:20:43 ID:73jThuU2
一人っ子で家に昼間は母親とババァしかいないとそうなるんじゃない?
でも、20代前半まで癖が抜けないってのいかがなものかと思うわ。

ノンケといるときは男言葉、ゲイの友達といるときとはオネェのように演じ分け
できないとは...女優にはなりきれなかったのね、由紀夫姐さん。

それを考えると30歳ぐらい以降の異常なほどの男らしさへの固執とか、
それが何だか板についていない印象を受けたのも肯けるわ。

300 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 10:40:11 ID:eGxzkAWP
演じ分ける女優は真性オネエ。
ガキのころに女の子として育てられてそれが
本人にとって不本意に残ったというのは仮性オネエ。
本人はそのことにずっと苦痛を感じ、コンプを抱いている。
違和感を抱く方向が性同とはまったく正反対。

301 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 14:47:36 ID:8cr6YlRY
由紀夫姐さんは性同一性障害じゃないわよ。
単なるゲイ。
旧家の陋習や世間体、時代の気風、自尊心が
ゲイとして生きることを許さなかっただけ。
だからコクトォとかジャン・ジュネとかに憧憬したのネ

302 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 15:03:03 ID:nJwcSl71
てか、仮面の告白に、小さいとき神輿が倒れたときの担ぎ手の狂態と陶酔を見て
自分がそれから隔てられていて、とても悲しいって表現があるんだけど、
そのコンプレックスが大きいんじゃないかなあ。
男子なのに男の世界から隔てられ、軍隊から隔てられて小説の中だけに生きた。
最後に「本物」がほしかったんじゃないかな。

303 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 15:12:23 ID:OGc3kkTF
三島が生きていたら今81歳。
ボディビルで鍛えた身体も衰え、老醜をさらしていたことだろう。
三島はそれを何よりも恐れていた。
ぎりぎり壮年と言える45歳で自殺したのは
老いることに耐えられなかったからだろう。
「豊穣の海」で主人公の一人が、年を取ってのぞき趣味の助平老人に
成り下がってしまうのは、自分はこうはなるまいぞ、という決意だったのかも。

304 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 15:13:56 ID:OGc3kkTF
三島が生きていたら今81歳。
ボディビルで鍛えた身体も衰え、老醜をさらしていたことだろう。
三島はそれを何よりも恐れていた。
ぎりぎり壮年と言える45歳で自殺したのは
老いることに耐えられなかったからだろう。
「豊穣の海」で主人公の一人が、年を取ってのぞき趣味の助平老人に
成り下がってしまうのは、自分はこうはなるまいぞ、という決意表明だったのかも。

305 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 15:46:50 ID:8cr6YlRY
『豊饒の海』はほんとに含蓄深いわよね〜〜。
「天人五衰」で本多繁邦がのぞき爺に成り果てたのは衝撃だったわ。
「暁の寺」では「春の雪」の綾倉伯爵家老女・蓼科が、
敗戦直後の焼け跡で90余歳の老醜をさらけ出しながら
生卵をごくりと飲み干すシーンがあるのよね。アレもすごい。
老いの醜さを、これでもかこれでもかと炙り出す手腕には絶句よ。

306 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 15:58:06 ID:a7ufio36
そうよね
あたしも老醜てのが楽しみだわ
映画の大楠道代よかったわよね

307 :薔薇と百合の名無しさん:2006/10/20(金) 16:46:27 ID:wI0d68se
うつ爺は三島のチ☆コを食べたことあるって自慢してたよ

308 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 17:59:35 ID:nJwcSl71
若さの輝きと醜い老いという対比と言う美学そのものはすごく俗っぽいと
思うんだけど、それへの固執が並大抵じゃないよね。
やっぱり現実感、大儀、使命、男の生きる道という本物が
ずっと自分の人生には欠けてるという悲しみと屈辱があったんだと思う。
ただ老醜をさらしたくないから自殺したというのは違う気がする。




309 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 19:45:42 ID:TF7tYvIv
山中湖の三島由紀夫文学館に行ってみたいわ。
一日中時間をつぶせると思う。
興味が尽きないから。


310 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 19:53:02 ID:8Qr03ro0
あたしの父親、先生が割腹した時刻に
ゾクゾクっとしたら目の前に先生が見えたんだってさ
友達が楯の会に入っていて
父親も何度かお酒を飲んだことあるらしい
すっごくいい人だったってさ

311 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 19:56:23 ID:zfoslaaC
ステロイドでホルモン呆けしちゃったのよね。

312 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 20:03:46 ID:qNCx3HLE
>>310
お父様もホモかしら?父子でホモって微笑ましいわねw

313 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 20:05:54 ID:ES5hZt1n
三島にゲイの世界を教えたのは誰なんだろうね?
当時はゲイバーなんて気安く入れるようなとこじゃなかったろうし
ましてお坊ちゃん育ちの三島が自ら行動したとは思えない。
誰かゲイ世界への案内役がいて、その人物が三島の処女も奪ったのだろう。

314 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 20:24:48 ID:gRs7NBXR
既にこの辺りで、十分に醜いと思いますが。
ttp://homepage2.nifty.com/weird~/saintimage1.jpg

315 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 20:25:21 ID:wI0d68se
誰からも相手にされてないくせに、ひとりでレスするアホのプソンw  ↓

952:プソン◆3EPuso4AQc :2006/10/19(木) 03:07:41 ID:VJUjw1GS [sage]
>947
もしや以前面白いストーリーAAを作ってこのスレに貼った人では

>949
釣りでしょう

>951
はい はい

316 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 20:25:32 ID:YUhLRcVA
自然に、じゃない?
男らしくない自分に絶望して男らしい人を目指したんでそ?

317 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 21:37:58 ID:CXbJmnsA
『剣と寒紅』って、三島の遺族の抗議で裁判沙汰にまでなって廃刊されたんだよね。
これ、今売るといくらになるかしら?

318 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 21:42:25 ID:G0DTgyo3
安いよ。

319 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 21:45:56 ID:nJwcSl71
出版禁止になった当時はヤフオクで3000円ぐらいだった。

320 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 22:47:17 ID:G0DTgyo3
美輪 「だって三島さん、女性と初体験したときに やった!できた!
って大騒ぎだったんですもの。だから私は言ってあげたの。
私みたいなのを好きなのはバイセクシュアルの証拠って。そうしたら、
そうか、俺ホモじゃなかったんだ ってさらに喜んでた。」

ですって。

321 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 22:55:32 ID:nJwcSl71
なんか三島って抜けてるよねw

322 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 22:58:18 ID:8cr6YlRY
>>320
またまた美輪様ったら「死人にクチ無し」なのをいいことに・・・・(苦笑)。
で、ソースは?

323 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 23:10:36 ID:OGc3kkTF
三島はカミングアウト小説『仮面の告白』を書いたのに
自分が本当にゲイなのかは明らかにしなかった。
ゲイを思わせる色々な言動があるのに、それはジョークということで
曖昧にしていた。
特に結婚してからは夫人にホモだとバレるのを恐れていた。
夫人も三島がホモだということは否定したがっていた。
だから暴露小説『剣と寒紅』を出されたとき、遺族はそれを差し止めたかった。
ホモであることを暴露されたから、じゃ理由にならないので、
三島の私信を勝手に引用したのは著作権侵害だ、という理由をつけて。
隠すほどに現れるとはこのことである。

324 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 23:24:17 ID:8cr6YlRY
まぁ、まさに隠せば隠すほど却って・・・・の典型よね。
でも故瑤子夫人にしてみりゃ、やっぱ夫がゲイってのは
当然わかってはいても、認めたくないわよ。
自己の存在の否定につながるもの。

長男・平岡威一郎氏と長女・紀子氏がとにかく、差し止め
裁判に躍起だったのも印象的。子供としても複雑よね・・・・・。

325 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 23:32:03 ID:nJwcSl71
>>322
ネイスンの本に誰かが三島が結婚する前に「今、女と寝てきたとこだ」と
興奮して電話かけてきたって書いてあるね。これが福島の記録している「トライ」
かもしれないが、このときの相手はのちの夫人だったという説もあるね。

>>323
ゲイでなかったというのは微妙だよね。
しかし、少年期の同性への憧れの描写は、もしかたらそんなに当時は
珍しいことでもなかったと思うんだけど後半がなあ。
よくあんな作品が文学史に残る傑作と位置づけられてると思う。
仮面の告白」って
少年期に同性愛的経験があるから、女にふられたのに耐え切れず
俺はホモだ!ホモなんだー!って思い込もうとして自分のプライド守りました。はい。
って感じの作品に読めないこともない。

326 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 23:41:03 ID:OGc3kkTF
石原慎太郎は、三島がことさらホモを思わせる言動をしてみせたことを
演技にすぎないと言っている。
内面の弱々しさ女々しさを隠すため、ことさら男っぽく振る舞って男を誇示して
みせた行為の延長線上にすぎないと。
多少はそういう要素もあったのだろう。


327 :陽気な名無しさん:2006/10/20(金) 23:47:29 ID:nJwcSl71
うーん。確かに普通は作家でも、そういう傾向あったら、まず隠すからなあ。
フォスターだって「モーリス」が出版されたのは死後だし。
三島の場合はちょっと何か違う気がするね。男と寝たのは疑いいれないけど。
削除された「仮面の告白」の序文ではこんなことが書いてあった。
「これはSEXの落第生の論文だ」


328 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 00:42:54 ID:fGuCEG+F
三島由紀夫より斎藤祐樹君のほうがいい男

329 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 01:25:42 ID:Q7W6rEqX
はい次の方

330 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 02:32:28 ID:ya+pUhBU
三島事件当時の中曽根防衛庁長官は
楯の会について聞かれて
宝塚少女歌劇団の様だと答えて記者団を大爆笑させたらしいわw

331 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 02:52:13 ID:fS6h5vFT
結局切腹したかったんじゃないの?
老いるのが嫌だったとか言う前に、、、

332 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 04:07:46 ID:LRZZQunP
差別の激しい昔だったから、ホモがバレるのはとても嫌だったでしょう。
三島のウヨ的な発想も、行動も、実はみんな、
自衛隊員にお近づきになりたいという不純な動機からではないかと思うの。
しかも、三島はいいとこのおぼっちゃんだったわけでしょう?
そんなひ弱なおぼっちゃんが自衛隊員に近づくには、
一般の人から見て、変に思われないもっともらしい理由付けが
必要だったのよ。
左翼的な発想なのに自衛隊員と親しくしてたら変に思われるでしょう?
その前に、ハッテン場も無いような当時じゃ、左翼が自衛隊と
知り合いになりようもないわね。
だから、三島自身も気づいていなかったかもしれないけど、
思想までもがだんだんと、右翼的になっていったんじゃないかと思うのよ。

だから、三島が50年遅く生まれていたら、どんなに良家のおぼっちゃまでも、
バーでもハッテン場でもネットでも自衛隊と知り合えるわけだから、
思想まで右翼的になることはなかったんじゃないかと思うわ。


333 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 04:13:58 ID:LRZZQunP
だいぶ前に石原が、テレビでボディビルは精神を曲げるとか言ってたわ。
なんの話題について語っているときにそんなことを言ったのか、
よく覚えてないけど、スポーツについて語っているときだったような気がする。

でもそれって、三島のことを言ってるんだなあってピンと来たわ。
三島が自衛隊で割腹自殺をしたことを、石原は馬鹿なことをしたと思ってるようだけど、
それもこれも、ボディビルを始めたからおかしくなってのことと思い込んでるみたい。

石原って馬鹿ね。

334 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 04:16:54 ID:uD8SqkN1
別に自衛隊員じゃなくても、肥えかつぎの人にだって欲情できたじゃないさ。

335 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 04:45:31 ID:LRZZQunP
肥えかつぎの人に欲情してたのは子供の頃の話よ。


336 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 05:02:16 ID:uD8SqkN1
破滅の匂いのする人なら自衛隊じゃなくたっていいって話よ。

337 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 05:10:22 ID:LRZZQunP
あら、でも、ボディビル始めた三島のことよ?
破滅だけじゃ納得できないと思うわ。
やっぱり筋肉も必要なのよ。
そうすると自衛隊の他に何かあって?

338 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 05:12:39 ID:CaU0txw5
三島って、かなりのネコ好き(もちろん動物のネコよ)だったらしいわね
独身時代、煙草を吸いながら飼っていたネコを眺めている写真は、良い感じだわ
結婚後は、夫人がネコを嫌うので、近所に住んでいた母親が預かった
夜半に、皆が寝た後に、ネコが三島を訪ねて来て書斎の窓を叩く
机の引き出しに、こっそり隠しておいた煮干しをあげるのが楽しみだった
でも、それも見つかって夫人を怒らせてしまったので
自分から猫に会いにいったそうよ

339 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 05:15:52 ID:uD8SqkN1
アンタって職業で好きになんの?

340 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 10:15:41 ID:EaFcbuPU
>338
そこまで奥さんに配慮してたのに、その程度のことで
怒っちゃったのね...>三島の奥さん

341 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 10:44:54 ID:HfSsKtpy
書斎の窓を叩く猫って、可愛すぎ

342 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 10:51:21 ID:+cidEUTF
>>333
石原は今でもしょっちゅう、三島のスポーツ音痴、見せ掛け筋肉の
悪口言うよね。要は「三島は一生懸命そう見せかけているニセのスポーツマン」って感じ。
でも、これって、石原自身もそういうところがあるから気になるんだろうな。

343 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 11:22:02 ID:EMW/BDGy
三島は童貞だったと思うのはあたしだけ?もちろん男も女も。

344 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 11:25:47 ID:Q7W6rEqX
あたしは美輪様に何回か食われたとばっかり思っていたわ

345 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 11:48:21 ID:EMW/BDGy
あら、あたし金閣寺の美しさは金玉を想う美しさかと思っていたわ

346 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 12:03:23 ID:+cidEUTF
それを焼くのは考えただけでコワイ

347 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 13:23:14 ID:X54OjzES
そういう背徳的なスリルにエクスタシーを感じる輩もいるのよ
少年の首を落としながら射精したり・・・・・・・

348 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 13:29:08 ID:7OHnyWdQ
三島由紀夫があんな死に方をしたため
三島の恩師ともいえる川端康成はショックを受け
政治などには本来無関心だったのに
都知事選の応援演説をやったりして妙に政治に目覚めたが
柄にもない事をする無理が創作にもたたって書けなくなって自殺してしまった。
結果的に、三島は自分自身と川端、二人の文豪を殺したわけだ。

それに対して、石原慎太郎は早くから政治に関心を持ち
60年安保騒動の時は、反体制的な立場から
かかる条約を強引に通そうとする政府に対しては
自分の筆でもって読者をテロリストとしてかき立てる
などと物騒な発言をし、一部で顰蹙を買った。

でも、石原は三島事件の夜、TVで泣きながらコメントをしていた。
この二人の関係っていうのも興味深い。

349 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 13:33:49 ID:+cidEUTF
三島はノーベル賞をもらいたかったのに
川端氏がとって、あと50年は日本人からノーベル文学賞が出ないという
噂を聞いたからその絶望もあって自殺した
って三島のあの変な父が川端さんに言ったとか言わないとか
それで繊細な川端さんは三島さんにすごく申し訳ないことをしたという
罪悪感を感じてたとか感じてないとか

350 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 13:54:17 ID:X54OjzES
由紀夫姐さんは4度、ノーベルの候補に挙がったからね。
本人も獲る気まんまんだったし、少なくとも、姐さんの
後にも先にも、4度公式候補になった日本人作家なんていないし
それはすごい快挙だったと思う。
川端受賞でかなり落ちてたのは証言多数だよね〜。
本人も、駆け出し時代から恩義のある川端ってことで
露骨な不快感も示せず、それはそれはストレスだったかとw

351 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:05:30 ID:LRZZQunP
>>347
酒鬼薔薇聖斗って、それだったっけ?

352 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:05:45 ID:7OHnyWdQ
三島は、ノーベル賞の権威なんか下らない、
というような発言をしていたそうだけどね。
貰えない負け惜しみだったのか。
三島は何も賞は貰ってないしね。芥川賞が権威として確立された頃には
三島は偉くなりすぎちゃったから、今さら芥川賞でもないし。
晩年の三島なら、天皇から直々に賜る文化勲章は欲しかったかもしれない。

353 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:07:11 ID:LRZZQunP
>>343
それは無いわ。
大人になってからは、セックス相手には不自由してなかったと思うわ。
福島次郎もそのうちのひとりね。

354 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:08:12 ID:7OHnyWdQ

三島は、ノーベル賞の権威なんか下らない、
というような発言をしていたそうだけどね。
貰えない負け惜しみだったのか。
三島は何も賞は貰ってないしね。芥川賞が権威として確立された頃には
三島は偉くなりすぎちゃってたから、今さら芥川賞でもないし。
晩年の三島なら、天皇から直々に賜る文化勲章は欲しかったかもしれない。
それまで待てないから自殺したのかもしれない。

355 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:08:32 ID:LRZZQunP
>>339
"アンタ"じゃなくて、三島の話をしてるのよ。

356 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:12:49 ID:X54OjzES
文化勲章ねぇ・・・・・・・
晩年に、ンなもんのリストに挙がったとしても辞退したわよ。
だって、40歳のときから毎年、ノーベル候補に挙がったのよ。
川端の受賞なんて69歳、大江だって59歳での受賞。
村上春樹は初候補の今年、57歳。
もはや30代後半で世界的名声を確立した姐さん的には
年功序列で、ジジィになって授けられる文化勲章なんて
「いらねぇよ」ってカンジだと思うわ。



357 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:13:36 ID:EMW/BDGy
>>354
そんなこと言えば世間には
「負け惜しみ」
と言われるのくらい解ってたに決まっているじゃない。
敢えて言ったんじゃないかしら?なにかの実験的な意図を含めて

358 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 14:17:26 ID:ROj5C8bd
三島由紀夫ファンってDQNと893だけじゃないの?

359 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 15:02:50 ID:+cidEUTF
でも、福島さんの本読んでたら、人にお世辞言われたらすぐ喜んだり
筋肉見せたり、ああいう死に方したり
なんかすごく人の目を気にする人だなあって感じするなあ。

360 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 15:11:28 ID:EMW/BDGy
>>353>>359
ごめんなさいね。
あたし三島由紀夫全集を今6巻まで読み終わったところで
ただの妄想なのよ。
もっと勉強してから書き込むべきだったわ
惑わせてしまってごめんなさい

361 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 18:40:18 ID:X54OjzES
あらアータ、全集を読んでるの? 読書家ね!
でも平成版『三島由紀夫全集』って新仮名遣いでガッカリ。
装丁も安っぽいし。メリットは、未発表書簡&原稿が読めるのと
CD7枚入りの「音声」巻があることかしら。

でもあたしは、買うなら無理してでも昭和版がぜったいおすすめ!
自筆原稿に忠実な旧仮名遣いだし、本皮を使った黒装丁が美麗。

362 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 18:46:27 ID:ny2NmRPb
切腹することが全てだったのよ!!
ボディービルも右翼的思想を持ったのも、自衛隊と仲良くなったのも!
切腹する舞台を整えるために必要だったの!
おそろいまでの切腹フェチなのよ。

363 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 18:52:30 ID:LRZZQunP
三島はこれでオナったのよね。
http://hvanilla.sakura.ne.jp/dinkelsbuehl/image/dinkelsbuehl10.jpg
で、この絵が忘れられなくて、大人になってから
http://homepage2.nifty.com/weird~/saintimage1.jpg
こーんな写真集まで出しちゃったのよね。

364 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 18:55:10 ID:7OHnyWdQ
>>352だけど、ノーベル賞の権威を否定したんじゃなく、
白人(ノーベル賞を選出するスウェーデン人)には文化創造力がもう無い、
というような発言だったかもしれない。
手元にその資料が無く、記憶で書いてるので正確にはどうだったか。

365 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 18:55:12 ID:LRZZQunP
三島が割腹自殺を一緒にした、盾の会の森田必勝は
三島のセフレだったのよね。

366 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 19:10:22 ID:ny2NmRPb
三島のほんまもんの切腹ごっこに付き合わされた
森田君はかわいそうでしたよね、、、

367 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:15:29 ID:LRZZQunP
いあ、たぶん同じ趣味だったと思うよ。

368 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:20:58 ID:+cidEUTF
森田さんの腹斬りの深さは三島さんよりずっと浅くてかすり傷程度だったらしいよ。


369 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:41:13 ID:EaFcbuPU
>368
誰かがレスしてたけど、切腹の作法的にはそれが正しいんでしょ。
ちょっと血が出るぐらいでいいみたいよ。

370 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:43:32 ID:LRZZQunP
そうなの?
時代劇とかで見てると、縦に刺し込むような感じで切腹してるけど。

371 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:51:52 ID:fGuCEG+F
森田君の精子が三島センセの直腸から検出されたんだっけか?検死結果

372 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:54:49 ID:LRZZQunP
http://www.geocities.jp/kyoketu/6105.html

三島由紀夫の遺体(グロ注意)
http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/imgs0410/mishima_head.jpg
http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/imgs0410/mishima_body.jpg

373 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:55:53 ID:LRZZQunP
>>371
たしか、そう。

374 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 20:59:32 ID:+cidEUTF
>>369
本来的には、切腹は武士の勇気を示すものだから深く切るのが正解。
その後、江戸時代になって処罰として切腹の形式だけが残ったときは
介錯人がいるので、最後は扇を取るだけになったのが真相。

375 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 21:03:43 ID:ny2NmRPb
遺体の画像腸がはみ出てる?よく見えないけど、、、

376 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 21:13:30 ID:7OHnyWdQ
だいたい、腸が飛び出すくらい深く切ったら、後始末する人が大変だよ。
戦場ならともかく、室内でやったら。
三島は興奮のあまり、そんなことも考えられない精神状態だったのだろう。

377 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 21:49:06 ID:B3rNsWah
>>371
結局ガセなんでしょ。
法医解剖の結果が流出するなんてないと思うわ。
当時の左翼は下半身ネタで人格攻撃するのが常だったし。

378 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 22:00:55 ID:7OHnyWdQ
三島たちに人質に取られた益田総監は、
切腹劇の一部始終を見ていたのに、その詳細をマスコミ等で語ることは無かった。
(当局の事情聴取では話したのだろうが)
いざ切腹せんとする三島に「バカなことはやめろ」「考え直せ」と言ったらしいが。
いったい何が行われたのか一般市民には知る由もない。
だから色々な噂が囁かれ尾ひれがついていったのだろう。

379 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 22:03:17 ID:7OHnyWdQ
三島たちに人質に取られた益田総監は、
切腹劇の一部始終を見ていたのに、その詳細をマスコミ等で語ることは無かった。
(当局の事情聴取では話したのだろうが、公になっていない)
いざ切腹せんとする三島に「バカなことはやめろ」「考え直せ」と言ったらしいが。
いったい何が行われたのか一般市民には知る由もない。
だから色々な噂が囁かれ尾ひれがついていったのだろう。

380 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 22:16:41 ID:+cidEUTF
>>378
君のレスを見るたび、俺は酔っ払ってんのかな、と思うのだが……

381 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 22:22:08 ID:7OHnyWdQ
なんか知らないけど、うまく送信できなくなるときがあり
二重投稿になっちゃうんだよ。

382 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 22:31:33 ID:+i0cuBID
遺体画像、随分貧相ねぇ。これ本物なの?

383 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 23:06:13 ID:+cidEUTF
>>381
ああそう。まあ軽いジョークです。
益田総監は敗戦時も、軍の同僚の切腹に立ちあったことがあって
目の前で切腹を見るのはこれがはじめてじゃなかったんだってね。

384 :陽気な名無しさん:2006/10/21(土) 23:16:16 ID:f5hFNaI5
足がパドゥトゥ

385 :陽気な名無しさん:2006/10/22(日) 04:42:07 ID:J/KrBCp8
三島の切腹は深さ8センチにも及んでいたらしいから
当然腸ははみ出してるはず。

386 :陽気な名無しさん:2006/10/22(日) 04:50:03 ID:qpBJJMUv
鮟鱇をさばくときに、切り口から腸がヌルンと出てくる感じかしらね?

387 :陽気な名無しさん:2006/10/22(日) 05:02:39 ID:d5aFauga
勇気があるわね・・・

388 :陽気な名無しさん:2006/10/22(日) 19:58:44 ID:Tk1c97W6
っていうかそれで究極のエクスタシーを感じるんだから勇気も何も。
粘膜で快楽に溺れられるあたしたちは
ノンケ男女とおんなじsex快楽嗜好で生きてる、ノーマルな人種よw

389 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 00:33:40 ID:z878LOlg
「空虚に比べたら充実した悲惨な境遇のほうがいい。真空に比べたら、
身を引き裂く北風のほうがずっといい。」
このフレーズはグッと来たよ。


390 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 02:16:42 ID:634TQyzH
腹を切る痛みが快感なのかな?
足や手じゃだめだったのかな?不思議。

391 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 02:19:27 ID:B9FIR8ED
腹を切るのはスタイルだからね。

392 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 02:20:30 ID:giqx/6Wl
そこはあんた、おなかを斬らないと
「武士道」「男らしさ」という美学(=切腹)になんないからダメよ。
人体ならどこ斬ってもいわけじゃないのよ、切腹マニアは。
あくまで”腹”。”ハラキリ”=切腹=ますらを道。
こういう思い込みが、彼らを駆るのw

393 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 02:53:32 ID:giqx/6Wl
それに、映画『海辺の家』でもあったけど、首吊りながら
半窒息状態でオナニーすると「死ぬほど」気持ちいいらしくて、
古今を問わずハマる人も多いわよね。死の直前、脳内麻薬
か何かが過剰分泌されるらしくて、やたら気持ちいいらしいのよね。
切腹マニアがハマるのも、
死の前後に待ち受けるとんでもない快感なんでしょ。

394 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 02:58:56 ID:vdqB19x8
>死の前後
「後」はないと思う…。
それとも、逝った後も魂が感じる何かがあるのかしらん。

395 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 03:08:00 ID:GVrpjDgb
頸動脈が圧迫されて快感があるだけ。
単なる死の直前の感情は、快感ではないよ。

396 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 03:22:08 ID:634TQyzH
切腹マニアのプレイってほんとに腹切るんですか??
死んじゃわないの??
お腹の傷の痛みが快感になるってことですよね??

397 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 05:03:09 ID:giqx/6Wl
やったことないしやるつもりもないから憶測に過ぎないけど
想像を絶する恐怖と痛みが待ち構えている! というスリル自体も
射精モノの悦楽だと思われるの。
もちろん、刃を当てがって激痛と鮮血を感じた瞬間にドピュッだわね。
そういうギリギリのラインに性的快感を求める人たちにとっては
死と生なんて、曖昧糢糊なものかもしれないわね。


398 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 05:06:05 ID:giqx/6Wl
↑あ、「生と死の境界なんて」と言いたかったの。舌足らず

399 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 16:11:54 ID:tiO36p2S
にっぽん製面白いわね

400 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 18:48:34 ID:Po4VACAh
というか切腹マニアの喜びって、誰かのために死ぬって殉の快感じゃない?
痛いのは当然痛いと思うし。

401 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 18:55:11 ID:YuYJTbNl
うそおっしゃい、由紀夫姐さんは”自分のために”死んだのよ。
国を憂うとか天皇に殉ずとか文学的行き詰まりとかナントカは
すべ〜てあとづけに決まってるじゃない。


402 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 19:43:24 ID:Po4VACAh
だから、人のため、つうか大義のために死すってのに憧れてたんだろうね。
だから、最後は演説しても「おまえ、アホか?」って感じで罵倒されたんだね。


403 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 21:49:47 ID:yU9lGQzS
どっかに、ちんこを縦に真っ二つに切って喜んでる画像があったような・・

404 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 22:06:38 ID:GmKusw8e
三島は、当時の日本社会が抱えていた矛盾や醜さが
たまらなくイヤだったのさ。
自分の死を持ってしてでも
それに気付いてもらいたかったほどにね。
それが三島の自殺の真相さ。

405 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 23:12:32 ID:ev7EonSv
>404
ほんとうは、右がかった人たちよりも、ごく普通の人に
そのメッセージを気づいてほしかったんでしょうね。
ただ、伝え方が(少なくとも当時は)拒否反応が出るような
感じの手法だったしね。
てか、自分の性的な嗜好と絡めた時点でうまく伝わる可能性は
低いと思うんだけど...

406 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 23:23:13 ID:8pWLITwG
>405
仮面の告白のせいで切腹を性的嗜好と結びつけられがちだけど、
実はそうではなくて、切腹を崇高な死に方だと考えたからじゃないかなあ。


407 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 23:23:55 ID:Po4VACAh
死んだからって気づくもんでもないと思う。

408 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 23:40:48 ID:C98Mvyzx
この人は同性愛者で体も弱かったから、
エリートになりきれなかったんだろうね。
どこにも自分の居場所がなかったから死を選んだんじゃないかな。

409 :陽気な名無しさん:2006/10/23(月) 23:59:55 ID:Dd4JhMaG
切腹マニアさんはここにはいないかしら?

410 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 00:00:29 ID:Po4VACAh
一服マニアならいるかも

411 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 00:02:12 ID:waiW5NXJ
>>408
死んだ時点で、既に作家として大成してたんじゃないの?

412 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 00:51:38 ID:JFzpXbT2
また美輪様の番組に引用されてた
あの方もいい加減利用するの慎んで頂きたい

413 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 00:53:53 ID:cm3A6uP1
>412
でも名前を出してくれるだけで
少しでも三島を知ってもらえるかもね。

414 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 00:55:03 ID:tGSGbROK
美輪を通さないと三島は知られることない存在だと?

415 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 01:07:22 ID:ZiW57x5c
いんじゃない?二人ともオカマなんだし。
仲良かったんでしょ?肉体関係おあったみたいだし。

416 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 01:09:15 ID:2i5p20KL
それもナンだかねぇ・・・死人にクチ無しだし、
由紀夫姐さんも商売道具に使われ放題だわよ・・・・・

417 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 01:10:21 ID:cm3A6uP1
でも知的レヴェルはかなりの開きがあっただろうね。
大学に例えると、美輪は日大、三島は当然東大。。

418 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 01:43:25 ID:ZiW57x5c
三島なんて切腹マニアよ!?
切腹マニアの彼氏持ったらどうなるかしら、、、

419 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 01:45:45 ID:H2wiewoC
切腹マニア?
日常的に切腹プレイをしてたとでも言うの?
おなかが傷だらけだったとか?

420 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:05:24 ID:2i5p20KL
由紀夫姐さんの最晩年よ
http://faculty.washington.edu/kendo/mishima.jpg

421 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:17:03 ID:2i5p20KL
由紀夫姐さん最後のロングインタビューを見つけたわ。
1966(昭和41)年のNHK『宗教の時間』での収録で
最近、ETV特集で再編したものらしいの。
姐さんの死生観が垣間見られるわね。
http://www.youtube.com/watch?v=gvUNK8mt8TM&mode=related&search=

422 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:33:21 ID:BeVrE5N4
この人って何で大蔵省を1年足らずで辞めたんだろ?

423 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:39:33 ID:2i5p20KL
副業だった小説業がノリに乗ってきて
物理的に執筆時間が足りなくなってきたからよ。
サブ的な理由としては、銀行局長のスピーチ原稿などを
下書きする業務内容(新人だから下働きは当然なのだけど)に
嫌気がさしたってのもあるわ。

424 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:41:24 ID:BeVrE5N4
そうだったんだ。
てっきり勤め人が向かないから辞めたのかと思った。

425 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 02:48:25 ID:2i5p20KL
まぁ、別に、進んで大蔵省へ入ったわけでもないものね。
祖父・平岡定太郎は樺太庁長官を務めた内務官僚で、
父・平岡梓も農商務官僚。帝大〜宮仕え、は、平岡家の
常識のようなものだから、姐さんも親の意向に従ったまでよ。
帝大時代から既に小説をいくつも上梓はしていたけれど
まだ、筆一本で食っていく! ってほどの決意もなかったし。

426 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 04:16:56 ID:HfPQbr2b
>421
ズボンからティムポ出してるのかと思ったらマイクだったわ

427 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 04:52:29 ID:ZiW57x5c
三島と関係あった人たちってみんな
切腹プレイ(ごっこ)させられてるのよ。

428 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 10:37:21 ID:iyoK5mBK
>>425
三島の息子さんも東大→官僚なの?

429 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 12:12:13 ID:2i5p20KL
弟・平岡千之は東大〜外務省に入って
モロッコ大使、ポルトガル大使などを歴任し、
最後は総理府(現内閣府)迎賓館長を務めたわね。
でも長男・平岡威一郎の経歴はあたしもよくわからないわ。
近年こそ、由紀夫姐さんの遺作集・全集などの監修に
携わっているけれど、瑤子夫人の生前は、亡父の仕事には
いっさい関わっていなかったし・・・・・・。

430 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 12:43:06 ID:LgDG2xY/
41才の三島、かっこいいわー。

431 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 13:51:00 ID:LoRnLStI
三島の切腹姿にエロス感じるわ!

432 :名無しでなんなのさ:2006/10/24(火) 13:53:09 ID:6fcn1JpW
あれ以上生きてたらまちがいなく、ほりものするわよ。。。

433 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 14:05:14 ID:iyoK5mBK
掘るのはもうしたぜ

434 :陽気な名無しさん:2006/10/24(火) 18:33:04 ID:LoRnLStI
切腹間に合って言う変態っぷりに惹かれるわー。

435 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 00:43:45 ID:A/v/weso
威一郎さんは、メガネをかけた佐野史郎のような雰囲気よ。
神経質そうな感じの。紀子さんの成人後の顔は不明だわ。

436 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 00:53:16 ID:+Q0Vn2V6
来月wowowで何本か映画やるわね。
からっ風野郎が楽しみww

437 :名無しでなんなのさ:2006/10/25(水) 01:00:55 ID:oUdMrY2H
黒蜥蜴の三島さんロウ人形やくよ。おでしゃさんなんよ。
たしか横じまのマドロス風。。。

438 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 01:01:57 ID:5sRY4bBa
確か、からっ風野ろうでも切腹してなかったけ?

439 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 01:07:43 ID:SgJVvdYN
したのは、「人斬り」って映画。

440 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 01:27:06 ID:s0dy3eG0
>>421
この人は、戦場の死が華々しいと思っているけど、
実際はそんなことはないわね。
戦場で死ぬのって惨めったらしいわよ。
だいたい、例えばイラク戦争なんてブッシュの勘違いで始まった戦争だし。
今も生きてテレビで戦場の様子を見たら、何をどう思うのかしら?

441 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 01:37:43 ID:zrONzmWW
やっと同士(同姓の恋人)にめぐり合い、心中したって感じだと思う。

天才・秀才のひ弱さと、自分の性向の異質性が、この人の原動力だったが、
それは、独りよがりだな。

442 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 01:40:23 ID:SgJVvdYN
>>440
おいしいとこ取りしようとして最後間違いに気づいたと思う。

443 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 03:34:39 ID:yUNJhi6d
>>441
恋人の姓も「三島」だったの? 初めて聞いたわ。ソースは? >(同姓の恋人)

444 :444:2006/10/25(水) 03:43:35 ID:yUNJhi6d


445 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 03:55:30 ID:A/v/weso
誤解してるわよ〜〜
>>441さんが言いたかったのは
「由紀夫姐さんがイラク戦争などの様子を見たら、何をどう思う?」
とのifに対して
「あたかも捜し求めていていた恋人と心中するような心持ちでは」
と返したかったんじゃないのかしら?
よくわかんないけど、「Viva,War!!」ってなカンジ?

446 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 04:04:41 ID:px46NBTB
同性を同姓と間違えたんじゃない?

447 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 04:18:19 ID:A/v/weso
ちなみに姐さんの本名は「平岡公威」だけどね

448 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 04:23:52 ID:yUNJhi6d
>>446-447
知ってるわ。

449 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 04:38:46 ID:LvzKNli8
>>445-447 世話好きなおせっかいばばぁが書いたとしか思えないわね。

450 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 11:51:57 ID:q4ctmTgW
だって>>441の文章があまりにも独りよがりで不自由なんだもの。
もっと整理して、主述や事実関係も確認のうえカキコすれば
ムダな憶測を呼ばないで済むのよ。
たかが2ちゃん、されど2ちゃん。
文章力は試されるわ

しかもココは、研ぎ澄まされた文章で鳴らした三島由紀夫のスレよwwwww

451 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 16:02:04 ID:c3NVJhww
三島は'70年のあの事件で死ななくても、昭和天皇の崩御のときに
「殉死」していたと思う。

452 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 16:11:04 ID:q4ctmTgW
それはあり得たわね!

・・・・でも由紀夫姐さん、
敗戦後、うまく占領期を乗り切って
ちんまり”民主国家の象徴”に鞍替えしちゃった
第124代天皇裕仁そのものに対しては
かなりキビシイ意見を持っていたこと、無視できないかも。

453 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 18:02:10 ID:DbWwKTg1
>>451
もちろん手段は切腹よね!!!

454 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 21:53:47 ID:SgJVvdYN
>>452
「君、あんまり大きな声じゃ言えんが皇太子を三田明にしたらいいだろうね」
って言った事があるらしい。ここらへん、あまり本物の右翼っぽくない。
死んだからみんな騙されてるだけかも。

455 :陽気な名無しさん:2006/10/25(水) 23:00:49 ID:IYavM9Zt
三田明wwww
選択基準が、イカニモ由紀夫姐さん好みだわねw

456 :陽気な名無しさん:2006/10/27(金) 08:18:13 ID:b6Y2dZiH
ぬぷ

457 :陽気な名無しさん:2006/10/27(金) 13:31:46 ID:bQG2VAup
のぺっ

458 :名無しでなんなのさ:2006/10/27(金) 14:39:52 ID:BYPnmjzL
一服マニアって一服盛る方、一服吸うほう。。。

459 :陽気な名無しさん:2006/10/27(金) 20:49:55 ID:/mw8Jcmf
盛られるほうじゃない?
茶とか飲んでて突然、
「グガッッ!!!・・・この茶に盛られて・・いたと・・は・・・・」
とか苦しみで悶絶しながら射精するのよ

460 :陽気な名無しさん:2006/10/27(金) 22:03:10 ID:cMF6uUc0
最近の小説ってつまんないわね。

461 :陽気な名無しさん:2006/10/28(土) 21:57:19 ID:lng1cKww
ゲイから見た三島由紀夫論ってほとんどないね。
福島次郎のは発禁の上、三島論というより私小説だし、
橋本治のはあえてそのことは書かないと言ってるし
伏見憲明の小論がある程度かな。

462 :陽気な名無しさん:2006/10/29(日) 00:17:54 ID:liHkoRl/
>456
アナル挿入時の擬音ですか?w

>461
なんかみんな遠慮してるっぽいよね。
由紀夫姐さんが生涯独身だったらもしかすると話は変わっていた
かもね。

463 :陽気な名無しさん:2006/10/29(日) 17:08:38 ID:zLEG4QAz
晩年の三島の口癖は
「君、女房子供を言い訳にしたら男はおしまいだぜ」
だったみたいだね。この前も、なんかの雑誌で、いきなり三島センセーにこれを
言われて面食らったという人の話が載ってた。


464 :陽気な名無しさん:2006/10/29(日) 21:43:39 ID:wCgGgNoO
兵庫県の加古川市・被差別部落出身の家系。

地元には食肉業者が建立した慰霊碑が存在。

465 :陽気な名無しさん:2006/10/29(日) 22:03:11 ID:bCfoq0on
>>464
(三島由紀夫 wikipediaより) 
兵庫県にある平岡家(三島の本名は平岡公威)の墓には生涯一度も参らず
作品の中には敢えて故郷をとりあげず無視したため、一部からは批判の声も
あり、地元民の三島に対する評価は高いものでない。

三島が兵庫県という自らのルーツを殊更に無視しようとしたことには、差別
問題が関係しているとする説もある。たとえば梶山季之責任編集『月刊噂』
1972年8月号所載『三島由紀夫の無視された家系』がそれである。

この記事によると、平岡家の本来の居住地は志方村ではなく、西神吉村だった。
そして、志方村に移住したそもそもの理由は、太吉(三島の曾祖父)が領主から
禁じられている鶴を射るという不祥事を起こし、非人階級に落とされた上で
所払いにされたためだというのである。
(「過去帳には名前のそばに"非人""非人の子""番人""水番"という汚名の肩書も
ついている」と、この記事の筆者は述べている。)

その一方、村松剛『三島由紀夫の世界』(新潮社、1990年)35ページによると
三島研究家の越次倶子は、平岡家の菩提寺である曹洞宗真福寺の過去帳を写真に
撮影しており、さらに1964年ごろ平岡家の壬申戸籍の写しも入手しているが
いずれの資料も平岡家が被差別階級に属していたことを示す内容ではなかったと
主張する。その後、安藤武は真福寺の過去帳を実地に検証して、これらの情報の
真偽を確かめようとしたが、そのときは真福寺が過去帳の公開を拒んだため
ついに真相は不明のままとなっている。

466 :陽気な名無しさん:2006/10/30(月) 01:28:20 ID:oL2BFnZ9
平岡家のルーツには由紀夫姐さん、単に興味なかったと思うわ。
徴兵のとき本籍に1回行ったきりだし
丈太郎の代から東京住まいだから、そもそも記憶が無いもの。
非人とかどうとかも後付けの臭いが濃厚。

467 :陽気な名無しさん:2006/10/30(月) 16:44:57 ID:2xkpcwZS
しかし、明治がはじまってすぐに非人と武家の娘が結婚するかあ?
俺もそこらへんは、三島さん、あまり気にしてなかったと思う。
むしろ、 wikipedia見てたら、芥川に近い気質なのになんで
芥川をわざと無視するような態度をとるかといったら、三島が一高に
すべってるからだと分かった気がした。(芥川は一高に成績優秀のため無試験でパス)

468 :陽気な名無しさん:2006/10/30(月) 16:52:29 ID:ZcocYQv7
野坂昭如が、三島論的私小説『赫奕たる逆光』で、三島の出自に関して
思わせぶりなことを書いているね。

469 :陽気な名無しさん:2006/11/01(水) 01:07:14 ID:gPgPuo+G
三島って恋愛経験ないのに、よく書けるわね

470 :陽気な名無しさん:2006/11/01(水) 01:19:20 ID:4sPszjog
少女マンガ家なんか、恋愛すると描けなくなるっていうわよ。

471 :陽気な名無しさん:2006/11/01(水) 01:48:57 ID:6L3CEojQ
エロ漫画家も童貞の方がいいって言うね。

472 :陽気な名無しさん:2006/11/01(水) 02:01:32 ID:kXDt5Iq3
\(^O^)/

473 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 14:43:21 ID:xzr5cK8y
>>469 天才だからな

474 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 18:34:55 ID:jP2tTS8w
天才の書いた小説は凡人は理解出来るのかが問題。

475 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 18:48:16 ID:IMdPVpNN
天才は凡人に合わせる事が出来るが、凡人は天才に合わせる事が出来ない。


476 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 18:54:10 ID:BcQQOE/T
>>469
よく読んでみなさいよ。
三島作品のどこに幸福な恋愛が描かれてるかしら??
叶わない恋や卑屈な片思いは実体験に基づいているんでしょうけど、
それ以外は理屈で書いたものだってすぐわかるわ。

477 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 18:54:19 ID:0dbQbAO4
まさにヰタ・セクスアリスよね!

478 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 18:56:50 ID:YTs8srnA
三島の戯曲の最高傑作と言われる「サド公爵夫人」が自分にはダメだった。
台詞が大げさで、ごてごて飾られた美文調で、読んでてくどくなる。
右翼ぶっても三島の美意識は西欧のそれだな。
日本人の美意識はもっと簡素なものをよしとする。
三島も剣道じゃなく茶道でもやって、渋い年寄りになれば良かったのに。
老いによって、あるべき自分の姿を保てなくなる前に、死を選んでしまった。

479 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 19:03:47 ID:vlvvXYly
安永透ハァハァ
松枝はパス。

480 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 20:11:09 ID:fLa2wll5
>>476
そだね。「潮騒」は、本人いわく
「自分の気質と正反対のものを作ってみる企てに夢中になった」
って書いているし。

481 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 20:16:32 ID:jP2tTS8w
>>475
凡人が8割の日本では三島は評価されないわね。

482 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 20:20:57 ID:fLa2wll5
>>481
>8割
少ないなw

483 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 20:24:30 ID:dvV+Rk4d
チンコが猛烈に臭い三島萎え

484 :陽気な名無しさん:2006/11/02(木) 20:27:25 ID:jP2tTS8w
>>482
予備軍を抜いたのよ。U16のね

485 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 00:12:33 ID:SyWl0jTs
ねえ、三島の小説を読んでいると
昭和が魅力的に感じるの。

486 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 00:35:45 ID:dzl+Sjkh
最近の世の中は活力がないよね。

487 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 03:44:34 ID:Z5GZ8QNC
三島みたいな切腹好きな人って恋人は切腹する姿想像して
いくのかな??

488 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 03:48:49 ID:JKvAggM6
さあねえ。
切腹マニアなんて100万人に1人いるかどうかだろうから、
なかなか実情を把握するのは難しいだろうね。

489 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 08:03:29 ID:hEucX9Pd
由起夫姐さんてやっぱりマゾだったのかしら。

490 :平岡公威:2006/11/03(金) 08:46:44 ID:Sw6QpA3c
由紀夫姐さんって呼び方気持ち悪いから、由紀夫兄貴と呼んでくれ。


491 :アバタモ・エクボ:2006/11/03(金) 09:33:28 ID:asBtEXAE
レイディ由紀夫

492 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 10:16:11 ID:Ue+qLjmH
由紀タソがいい

493 :陽気な名無しさん:2006/11/03(金) 10:17:12 ID:pzvwYbSp
>>489
切腹フレンドに手紙で、小生、もともとS専だったのに、今はM傾向もすごいです。
って書いてあった。

494 :陽気な名無しさん:2006/11/04(土) 22:29:45 ID:4nyj2T7y
にっぽん製
すごく面白かったわ!金閣寺より好きだわ

495 :陽気な名無しさん:2006/11/04(土) 22:45:30 ID:BwussTKb
>>481
凡人は九割五分よ。

496 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 15:17:09 ID:vgQq4KTr
天才というか思考がボダっぽいのよね。
細木和子と同じ技術だと思う。相手の心を確実に捕らえるというか

497 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 16:19:48 ID:fn2XcoiA
今上陛下が皇太子のころ、学習院で三島を見かけて
思想が危険であると忌避なさったと新聞で読んだことがある。
これは、事実だろうか?

498 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 16:23:48 ID:MYsaHDXn
>>497
残念だけど、少年三島を怖がる人なんていなかった。

499 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 16:48:38 ID:Q9U7m5oe
大田区 馬込の 洋館は
まだ存在するのかしら?

清水建設が建てたのよ。(旧正田邸も)

500 :500:2006/11/05(日) 16:55:48 ID:R5hIokH6


501 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 17:01:57 ID:D8vJ93JG
三島由紀夫邸はまだ存在するよ〜。
新潮社のフォローもあり、ご遺族が定期的に空気を
入れ替えています。周囲はだいぶ建て込んじゃったけど。
94年末までは、渋谷区松涛の洋館も残ってたんだよね。
由紀夫姐さんが小説家デビュー&大蔵官僚の二足草鞋だった
ころの貴重な家。でも壊されちゃった・・・・・

502 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 23:02:38 ID:UjQux0BH
"MISHIMA"のレナード・シュレーダー氏、死去ですって。
ご冥福をお祈りします(-人-)
このひと映画「蜘蛛女のキス」にも関わってたのね。

503 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 23:34:44 ID:g64VtrN/
MISHIMAって遺族が反対して、未だに日本では上映もビデオ発売もできないんだよね。
そんなにお父さんの「恥部を暴かれる」のがいやなのかね。
文学者の家族なら芸術にたいしてはもっと寛容になればいいのに。

三島役が緒形拳というキャスティングは疑問がないでもない。

504 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 23:43:50 ID:MYsaHDXn
>>503
最初は、小林薫(俳優のだよ)が三島さんに似てるつうんで候補だったんだけど、
小林さんが「自信がない」って断ったんだって。
多分、本音は「三島を演るなんてエンギでもない」ってとこなんだろうけど。

505 :陽気な名無しさん:2006/11/05(日) 23:58:59 ID:UjQux0BH
今なら先を争うように飛びつきそうよね>三島役

506 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 00:05:43 ID:MYsaHDXn
どうかなあ。緒形も頭が一時期おかしくなったらしいよ。

507 :陽気な名無しさん :2006/11/06(月) 01:05:12 ID:7v0dGF96
今なら市川海老蔵なんかが演じたらよさそう。

508 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 01:13:28 ID:F13gETu0
ほとんどの役者は頭がからっぽだからなあ。

509 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 01:27:23 ID:N7xihO0c




510 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 04:42:13 ID:9gGO9g9f
萩原健一容疑者がやるべき

511 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 04:46:45 ID:Euz+Inu/
浜木綿子の息子が東大だったかしら

512 :陽気な名無しさん:2006/11/06(月) 04:50:33 ID:GBPxQkhK
中田姐さんしかいないわ

513 :陽気な名無しさん:2006/11/07(火) 21:36:19 ID:flW+CHoR
文学についての話題がスクナイワ!

514 :陽気な名無しさん:2006/11/07(火) 21:47:37 ID:pgVZDfBY
大藪春彦の小説を好む三島由紀夫

515 :陽気な名無しさん:2006/11/08(水) 00:53:02 ID:5suW/MBq
パンピーは生きろ。武士は死ね

516 :陽気な名無しさん:2006/11/08(水) 00:55:12 ID:SReUN/t9
三島って、武家よりも公家にシンパシー感じていたんじゃないかしら。
何となくそういう印象を受けるわ。

517 :陽気な名無しさん:2006/11/08(水) 10:11:30 ID:ebubbdVw
三島さん毛深くて素敵〜!!

518 :陽気な名無しさん:2006/11/08(水) 18:27:22 ID:USWwdZis
現代板、神田うのが配役に似合いそうだわ

519 :陽気な名無しさん:2006/11/08(水) 23:41:12 ID:ldg+0bJ+
須藤元気が適役だわ!

520 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 00:59:48 ID:/tvm7Z7t
>>521

521 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 01:19:03 ID:/jwhZN9C
>>520

522 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 02:33:24 ID:NpzPznqY
須藤元気の切腹シーンみたいなー。

523 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 08:12:10 ID:IfT2flBY
須藤が男と絡むシーン見たくない。

524 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 14:07:19 ID:6511QRhm
なんか南悠一とか城所昇のかっこいい系のヒーローって少女漫画の
ヒーローに対する視点みたいでちょっとイヤだな。

525 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 18:08:10 ID:4Nf57k5g
三島のように腹が硬く引き締まってないと
役は務まらんよね。

526 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 18:48:04 ID:R8o4Fm6c
恋の都

527 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 18:58:22 ID:a7kWD6aE
受験生の時代、
代々木ゼミの公開模試の現代国語で
三島の「金閣寺」の一節が長文読解で出題されましてね。
ふだん、現国の成績なんてたいして良くないのに
その時だけはどういう訳か高得点、偏差値72を記録したわ。
最初で最後の高成績でしたw

528 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 18:59:54 ID:FQVk/+SU
>長文読解で出題されましてね。

「されましてね。」って、おじいちゃんが話しているみたい。

529 :大家:2006/11/09(木) 19:12:02 ID:3rskF6Nv
青年期のミシマには、色白でソフトな美尻のイケメンを起用してもらいたい。
妄想の中で帝國軍人にカマ掘られるとか、大名の若様役になり、美少年小姓のカマ掘るとか、そんな映画を作って頂きたいのです。

530 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 19:34:59 ID:H8E8Bp8L
『仮面の告白』によると、幼少期の三島は糞尿汲取人に憧れていた、要するに汚れ専。
お坊ちゃん育ちだから正反対なものに憧れたんだろうな。

531 :陽気な名無しさん:2006/11/09(木) 19:49:26 ID:DU5dNE62
>>499
まだあるわよ
何年か前の芸術新潮で特集もやってたわ
本当に素敵なお宅だったわ
いまにも先生が出てきそうで

532 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 14:11:08 ID:uycc+upd
>>530
つまらない解釈ね、安いわ

533 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 14:32:16 ID:24MCviMk
誰かがこんなこと書いてたよ。
「この仮面の告白に出てくる糞尿汲取人に私は会っている気がする。
しかし、それは最近(昭和24年ぐらい)の話なのだ。
かなりハンサムな糞尿汲取人だった。場所は三島の家に近い。
もしかして、三島は最近見たこの糞尿汲取人の若者を幼少期に見たとして
脚色したのではなかろうか」
っての

534 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 18:23:23 ID:/WqsFqr8
あの時代に生きていたら盾の会に入りたかったわ
森田烈士とか凄くあこがれる

535 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 18:28:26 ID:i60lOqwi
おねえ言葉を使うようなゲイは三島が最も嫌うところだと思うよ
容貌性格態度も古武士のように男らしい男に掘られるのが三島の趣味だった

536 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 20:06:20 ID:gEYO85Es
単に森田君が巨根だったから良かったんじゃないの?

537 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 21:01:36 ID:/WqsFqr8
>>535
まあねw
実際はおねえ言葉は使ってないわ

こんなのみつけた
三島VS東大全共闘
http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc

538 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 21:11:05 ID:wcsTMJ3w
うかつにオネエは出さないけど、
ゴキブリが出てくると「キャ!」って叫んじゃうタイプね。

539 :陽気な名無しさん:2006/11/10(金) 21:33:45 ID:/WqsFqr8
>>538
バレテーラw

540 :陽気な名無しさん:2006/11/11(土) 01:08:25 ID:GpOh3sIT
ねえ、姐さんたちの中で由紀夫が生きてた時に生まれてた方いるわよね?
あたしすごく羨ましいのよ。
サインとかではないけど、由紀夫と話す機会はあったんでしょ?
あたしも由紀夫が生きてる時に小説読みたかったわ

541 :大家:2006/11/11(土) 01:52:17 ID:F0R2jHej
福島次郎氏の一連の著作を読むとミシマという人が少しだけわかる。

542 :陽気な名無しさん:2006/11/11(土) 02:14:06 ID:L+3PWLSy
どこまで本当か分からないわよ
あんなもん

543 :陽気な名無しさん:2006/11/11(土) 02:16:47 ID:dGIU8I1B
>>538
「キャ!」ならまだいいわよ。
あたしなら絶叫しちゃうでしょうね。

544 :陽気な名無しさん:2006/11/11(土) 03:01:39 ID:gASU/FQ7
>>534
あんたも切腹させられてるわよ!?

545 :陽気な名無しさん:2006/11/11(土) 22:18:55 ID:g4URViXy
太宰治と川端康成とかは、時々TVの教養バラエティ的な
番組で取り上げられる(エピソードの再現VTRとかもあるわよね)けど、
由紀夫姐さんは、さすがにムリポなのね...TVで取り上げるにしては
微妙なのかもね。

546 :雄野郎:2006/11/11(土) 23:15:43 ID:UNPShtff
三島兄貴って呼べよ
三島は’60年代以降はだんだん人気がなくなり、
最後の5年間は文壇の道化師みたいなキワモノ扱いだった
『豊穣の海』もまともに評価されなかった

『春の雪』が去年映画化されたことで三島再評価の機運でもくるかと思ったけど
全然ダメだったね

547 :雌野郎:2006/11/11(土) 23:27:47 ID:SbmUK8Yb
>>546
60年代後半に中学か高校生だった人が
「ボクは当時、三島由紀夫って売れない俳優だと思っていた」
と言ってたのに笑ったことがある。
はっきり言って三島作品は今の人らがつきあうには難解すぎると思う。
一般向けのもたくさん書いてるけど、それは時代遅れだし……

548 :雄野郎:2006/11/11(土) 23:38:05 ID:UNPShtff
宇多田ヒカルが『豊穣の海』は愛読書だとか言ってた
本当に読んだのか、人から粗筋だけ聞いてそう言ったのかはわからんが

549 :雌野郎:2006/11/11(土) 23:46:19 ID:SbmUK8Yb
ウタダと「豊饒の海」……なんだか全然、イメージ合わないな。
「奔馬」なんか読むのかね?
でも、「豊饒の海」は最後破綻しているというか、三島という存在がなくなったら
それ自身として自立できない作品のような気がする。


550 :禁断の名無しさん :2006/11/12(日) 00:50:45 ID:ynMeK/Oe
今日8:30から三島主演の「からっかぜ野郎」がWOWWOWでやるらしい。
予告編の由紀夫兄貴、かっこよかった!

551 :陽気な名無しさん:2006/11/12(日) 01:18:44 ID:X7ejOiZI
ウタダは芥川が一番好きと言ってたような

552 :陽気な名無しさん:2006/11/13(月) 21:01:15 ID:SvqF4ODw
三島あげ

553 :陽気な名無しさん:2006/11/13(月) 21:25:55 ID:EjNLMQCA
からっ風は痛かったー

なんか体の露出が結構あるんだけど
足なんか細くってガリ丸出しだったし
船越父の普通にハンサムな人の前では道化だったよ

554 :陽気な名無しさん:2006/11/13(月) 21:31:24 ID:+x6SBU02
最後の死体になった演技は抜群に上手だったが

555 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 11:16:27 ID:I2A+VvWE
三島ってよく見ると江頭に似てるよ
気をつけてみてね

556 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 11:39:53 ID:brzzlA6B
>>546
ツマブキがガラじゃなかったから。
竹内の鼻の穴がデカすぎたから。

557 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 15:22:34 ID:I2A+VvWE
三島といえば女の腐ったみたいなヤツで
存命中はしょっちゅう太宰の悪口を言ってたが
コレは好きな子を苛めてしまうという小学校低学年の心理
だという事は皆さんお分かりだと思う。

身長178センチあった太宰は、明治生まれの男にしては相当な巨漢
デ、そんな男が女々しい小説ばかり書いてるのに、勇壮な男マラ小説
を書くのに自分が160にも満たないチビ介の自分と見比べてみて
女のように嫉妬したに違いない。
太宰の下宿の前までわざわざ行って
「私はあんたの小説すかんのです」といったチビ釜に
乙女心を読む事にかけては達人の太宰は、ニヤニヤしながら
「そんなコたア、無いよな。嫌いな人間が、わざわざそんな事
こんな所まで言いに来ないよなあ?」と、周囲の人に同意を求めたという


558 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 15:29:39 ID:TuM/G+iH
>>557
もしかして、あなた「三島由紀夫の日蝕」を書いた方でつか?

559 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 18:10:44 ID:aJehIvZv
初期の三島は女々しかったよ。
『仮面の告白』だって全然男らしくない。
男性的なものに拘り始めるのは30過ぎたあたりから。その頃からボディービルも始めた。
でも、初期はタチで、男らしさに拘るようになってからは、ネコになったらしい。


560 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 18:15:30 ID:9oeNmRKa
若干の話題の反れをお許しいただければ、
怪文書「割烹料亭般若苑マダム」を所有
している同志はいないか確認をしたい。

561 :陽気な名無しさん:2006/11/14(火) 18:28:05 ID:BMenoiSs
みなさんのおかげでこのスレも1000までいけそうです

562 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 02:22:56 ID:hJshI49W
すくなくとも562までは逝けそうだな

563 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 10:05:23 ID:Dj1cXURe
からっ風の三島、体の動きがオネエまるだしだったね

564 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 20:07:38 ID:PYmijDO4
三島は空っ風野郎の主題歌まで歌ってたそうだけどそれは聞けた?
石原慎太郎によるとお題目でも唱えてるように一本調子の下手な歌だそうだけど

565 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 20:34:08 ID:uLM9Qh+v
まだ「空っ風野郎」の演技はマシ。「人斬り」の演技はひどい。
セリフ棒読みつうか、魂がこもってないつうか。切腹の場面だけが
見れる演技だったが、普通の人はエグイので目を閉じてたかもしれない。

566 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 22:34:12 ID:O/MtlIjq
家 ケーブルなんだけど・・・日本映画専門チャンネルでやってるのね
朝 早いんだこれが・・・・・
見逃して幸いだったのかな〜〜

155の三島なんか見たく無い!

567 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 22:55:33 ID:PYmijDO4
http://d.hatena.ne.jp/le-reve/20061019

これによると、三島の身長は163センチ、ベンチプレスの挙上重量は90キロ、
とあるけどほんとかな?
15年もボディビルやって90キロというのは少ないような。
自分も以前筋トレやってたけど、2年半でベンチ90キロ挙げられるようになった。
でもあの身体からすればそのくらいかもね。



568 :陽気な名無しさん:2006/11/15(水) 23:08:48 ID:niOfshOW
163位だったら、当時の人からすれば、
そんなに目立つようなチビじゃないんじゃないか?
嵐山こうざぶろうってオッサンが三島に会った時
「脳天見えた」って驚いていた。嵐山自体そんなに大きな人じゃないから
566の言うようにそんくらいだったんじゃないかと・・

569 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:06:33 ID:pjnvQi0i
今週の婦人公論で
森まゆみが生理的に受け付けないみたいなこと色々書いてる

570 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:18:36 ID:AYc9YPFY
三島って、作品はともかく、人物に好印象持ってる人って皆無っぽいね。
いろんな作家の写真を撮り続けた写真家が、ひとかどの作家になれば、
顔もそれなりに風格が出てくるものだが、三島にだけはそれがなかった、
と言っている。

571 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:20:04 ID:XMuvjNs6
>>570
まあ、最初から大物だったと考えることもできるのでは?

572 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:31:32 ID:oNn1VFsy
>>569
女性にはまずウケない顔らしい
女の誰だったかが、ドラキュラみたいで気持ち悪いと書いていた

573 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:37:21 ID:reFnn8Aq
エキセントリックな感じがするよね。
ちょっと過呼吸だったのかな。

574 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:38:10 ID:jXg0qvLV
>>570
やっぱり子供なとこがあったんだと思う。
今で言うモラトリアム人間の走りじゃね?
あの楯の会の制服にも子供っぽいヒーロー趣味が出てるw


575 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 00:42:34 ID:DyanSKPO
三島の生首写真、魅入るものがある。
森田は勢い良く切りすぎだな。
首が飛び跳ねるほどに切るなんて。
おまけに最初の一振りは肩に入ったんだよな。


576 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 01:24:53 ID:DHxD45w5
有名人って、実際にあってみると、やっぱすごいオーラがあるわとか、
思いのほか気さくでとてもいい人でしたってことがあるけど、三島って
そのどちらにも属さない感じ...
オーラがあるにしろ、気さくでいい人にしろ人間的な魅力があるってこと
なんだけどね。人間的な魅力で言ったら森田氏の方が比較にならない程
ある気がする。

うまくまとまんないけど、そんな感じです。

577 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 01:48:05 ID:QY/jf3tX
ドナルド・リチーの本を読んでたら、三島から男を世話されたけど、タイプじゃなかったんで断ったって話を書いてた。堂本正樹もパワーズとくっつけられそうになったって書いてたし、三島って世話焼き婆アだったんだね。

578 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 17:43:06 ID:9Swu+zUs
太宰の小説って何が面白いのかしら?

579 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 17:55:06 ID:4ERmhmBg
嵐山さんと堂本さんの本にも書いてあったw

御身 お小さかったのね♪

580 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 18:08:20 ID:PC1Lcibj
>>577
そういうことってリアル婆がやりたがるのに
さすが、三島ネエ

581 :陽気な名無しさん:2006/11/16(木) 22:12:49 ID:AYc9YPFY
>>574
三島は自我の塊で、幼児のようにボクちゃんが全て、のまま大人になった人。
日本精神やら天皇やらは、その自我を何とか理屈づけたいが故の小道具。
そして最期は究極の観念論とも言うべき唯識思想にすがった。

582 :陽気な名無しさん:2006/11/17(金) 00:37:45 ID:LqqIWoF4
誰か>>581を中卒でも理解できるように訳して!

583 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 11:36:06 ID:7b1PiwUE
>>577
  バワーズって歌舞伎界と縁の深いお方?

584 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 17:05:50 ID:JlfPayf0
>582
ワイドショー見学の”お嬢さん方”より 断然格上じゃんw

あの”お嬢さん方”に話すときは 幼稚園児に分るように話して下さいって
ご注意が有るそうなw

585 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 18:00:12 ID:aiPTbvOP
三島のご長男、威一郎氏は三島割腹後、学習院から横浜のインター(セントメリーか?)に転校。
大学はアメリカで出ました。
銀座和光にお勤めらしいです。

お嬢さんはそのまま大学まで学習院を出ました。
顔はぜんぜん似てなかったっす。
自分はキャンパスで会ってご挨拶したことあります。

586 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 19:04:51 ID:RlJyOVIW
ゲイ作家なら中上健次の方が三島より壮絶だな

587 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 20:07:57 ID:3Hb0wf2g
メリーは世田谷
横浜のはジョゼフ(つぶれたけど

588 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 20:19:59 ID:Jv3IsQoc
三島作品好きな方、最近の書店にある小説でお勧めあった?

589 :陽気な名無しさん:2006/11/18(土) 22:45:35 ID:fkgFyrW0
関孫六はニセモノだったのよね・・・

590 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 00:22:47 ID:BFXYsgqC
たんなる切腹フェチのホモ心中に過ぎないものを、
憂国の三島烈士、森田烈士と崇め奉る阿呆ウヨ

591 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 00:28:45 ID:y6edRIP0
右翼が賛美するのは分からんでもないけど、
三島に軍事的才能があったと思ってる奴だけは本当に阿呆かと思う。

592 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 00:32:29 ID:fwOGPCWt
愛人の堂本正樹もイヤなジジイ

593 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 00:35:49 ID:F+AR6ouy
愛人の堂本ってリアルフィルムの豚リロのこと?

594 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 00:56:24 ID:cQllZUj6
三島は軍国主義じゃなく、国粋主義者なんじゃないの?

595 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 01:54:30 ID:y6edRIP0
主義なんかないだろ

596 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 02:01:25 ID:wJ47xTVK
三島は病的な理想主義者。
あれだけ作家として成功したのに、不満だらけだったんだろうね。

597 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 09:13:55 ID:7t+9NIM7
終わり無き自己実現の人。
本当の満足を得ることが出来ない。
最後の実現目標は日本文化の「神、殉教者」にまで高まってしまった。

598 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 10:33:25 ID:eGAaPzGc
三島論というのは彼の思想のことを語るの?
個々の作品じゃなくて?

ひとつひとつの小説の出来不出来だけを考えてみると、
失敗作の方が多いと思うの。
たとえば「豊饒の海第三部・暁の寺」は情景描写が饒舌で
無駄が多い。凡作でしょう。

ま、それはともかく、ゲイ雑誌で書いている現役の作家さん
のエッセイとかはないのかしらん?噂によると、Gメンで
頻繁に描いている某漫画家は三島に陶酔してるとか。。。

ゲイ雑誌が三島特集をやったことってあるのかしら?

599 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 11:20:35 ID:1NrjFnHR
>>598
『薔薇族』ではやってたみたい。

http://bungaku.cocolog-nifty.com/barazoku/2005/11/post_2a20.html

600 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 11:21:12 ID:zzS9TLz+
三島由紀夫そっくりの方とお付き合いしてましたわ。

601 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 13:12:17 ID:d8XzRw7d
それ、ルー大柴じゃない?

602 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 13:50:36 ID:RXw4/j+I
>599
うんw これを見て 「薔薇族の人びと」を買って 「愛の処刑」が読めたのよ〜〜
「憂国」の本物?って感じがしたわ♪


603 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 15:37:18 ID:2oXY89mT
三島は元防衛施設庁長官の佐々淳行(あさま山荘事件の指揮をした人)に
「もし東京で暴動が発生したら(時節柄左翼革命のことだとオモ)
盾の会のメンバーに首都防衛隊の指揮をとらせてほしい」と真顔で頼んだんだって。
佐々の「危機管理のノウハウ」に書いてあった。
かなーり呆れたみたい。


604 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 16:42:58 ID:BFXYsgqC
三島の前面は確かに見事な筋肉だが、背中は本当にボディビルをやっているのか
と疑いたくなるように貧弱だったそうだ。
そのことをそれとなく尋ねた人に、背中は見せないからやらないんだ、と言ったらしい。
正面しか見せない三島。いかにもありそうなことだ。

605 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 16:54:11 ID:AE6YW34S
昔「憂国」見たけど、背中の方が良かった気がするわ…

606 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 17:08:04 ID:3u9USpGz
でもボディビルのポージングで背中見せるのあるよ?
僧坊筋とか後背筋だっけ。

三島にボディビル指導した玉利さんて、舘ひろしの若いころみたいなイケメンね。

607 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 17:21:12 ID:+iK8za85
テニスで優勝したセクシー禿(*´Д`)ハァハァ

608 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 21:31:19 ID:ul0vgoSW
>>604
それって日焼けじゃないかしら?
自宅のテラスでの日焼けは正面しか灼かなかったそうよ

609 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 22:01:31 ID:BFXYsgqC
>>608
ひょっとしたらそうだったかもしれない。
でも、作家の誰だかも、三島の後ろ姿を見て、
ひどく貧相に見えた、ボディビルには背中を逞しくする効果はないのだろうか?
のようなことを書いてた。
筋肉というより、もともとの骨格が貧弱だからそう見えたのかもしれない。

610 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 22:14:31 ID:50qV6p3u
三島の自宅テラスはいつもボディビルやってる若いのがうろうろして
オイル塗ったりポーズ決めたりしてて、瑤子夫人が泣いて抗議したんだって。

611 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 22:43:55 ID:F+AR6ouy
ケツ掘られてよがってる姿を目撃しちゃったのかしら?
トラウマねw

612 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 22:52:00 ID:eH0SpGKY
>>610
どんなに素敵な新居でも、マソコはそれじゃいやがるわ。
アタシは笑っちゃうけど。

613 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 23:11:18 ID:1NrjFnHR
とにかく、夫人は三島のホモを否定したかったんだよね。
もう分かってることなのに、絶対に認めたくなく、自分を騙し続けてた。

三島の友人、中井英夫の家に編集者が行ったら、半裸の若い男が出てきて驚いた、
という話もある。中井は生涯未婚。

614 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 23:46:40 ID:y6edRIP0
中井はホモつうよりナルシストという側面のほうが強い気がする。

615 :陽気な名無しさん:2006/11/19(日) 23:55:48 ID:ZZmIPJe7
裁判のときだって遺族側の主張は「三島はホモでもないし、切腹してもない」という
あまりにもご無体なもんだったもんなあ。

ダンナを男に取られたなんて、女が一番認めたくないことだよ。

616 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 00:15:18 ID:eoxud0ku
三島が結婚したいきさつは、母が病気になったので、
できるだけ早く孫の顔を見せて喜ばせよう、ということだった。
結婚相手を探すにあたって、
自分より背が低くて、自分の仕事に関心を持たない人、
という条件を付けて見合い結婚した。
だから、結婚前、夫人はたぶん『仮面の告白』『禁色』さえ読んでなかったか、
単なる創作としか思ってなかったかだろう。
で、結婚してこんなはずじゃなかったと気づいた。

617 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 00:20:04 ID:lMyOlLIR
平岡夫妻は女をあてがえばホモは治るんジャマイカと願ってたらしい。
おあいにく様でしたw

618 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 00:33:44 ID:VnqVo9p8
こんなこと言うとなんだけど、あの家に本当の笑いってあったのかね。

619 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 01:45:22 ID:bZjwnghO
奥さんからすれば自分が女として魅力に欠けるから旦那がオトコに走ったとか
思いたくはないわよね絶対w

620 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 01:49:32 ID:f/5DeRUe
絶世の美女だって女はごめんだわ、アタシならねw

621 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 18:10:14 ID:MPGA8E7K
>>620

女はそんなこと理解できない生き物なんだよ。

622 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 20:17:19 ID:eoxud0ku
瑤子夫人って美女だったのだろうか。
でも、夫人もある意味被害者だね。
三島はちゃんと自分の性癖を明かして理解してくれる相手と結婚すべきだった。
あの時代では困難だったかもしれないが。

623 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 20:19:36 ID:oVPkwzzD
ある程度裕福な生活ができたんだからチャラ。

624 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 20:24:06 ID:bZjwnghO
チャラどころか
サッサと死んで財産残してくれたんだから御の字よ

625 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 20:47:17 ID:7oiaOj7g
ベティ・ブープに似てる>瑤子夫人

彼女の晩年は趣味の宝石ビーズ手芸やってて、手紙もらったことある。
平岡じゃなくて、三島瑤子だった。

626 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 20:48:49 ID:OH9cs8UK
>625
え?あなたが手紙もらったの?
夫人と親交があったの?

627 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 22:40:05 ID:SF12HPf5
あ、ごめんなさい。
母が宝石ビーズ手芸をやってたので
個展のご案内なんかで手紙をもらいました。
背の小さい人よ。

いかにもいいとこの奥さまといった風情の。

628 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 22:46:39 ID:90KysJXr
ベティ・ブープに似たリアル人間って、
いまいちイメージがわかないけど、
丸顔で、肉感的な感じ?

629 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 23:06:20 ID:VsyU1vkr
背が小さくて色白丸顔でころんとしてて可愛いタイプ。
目が小さくてつりあがってるけど、なんかおっとりしてる人でした。






630 :陽気な名無しさん:2006/11/20(月) 23:28:56 ID:eoxud0ku
福島次郎氏によると冷たい印象があったそうだが >瑤子夫人
事件直後のことで、かえって気丈に振る舞っていたせいか、
福島氏を三島の「相手」と思って敵意を向けたせいか。

631 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 18:35:54 ID:uX/fye9E
ダンナの身近にいる男になら誰にでも敵意抱くでしょ。
美輪明宏が三島に「薔薇刑」もらって家を辞したあと、
夫人が追いかけてきてむりやり取り返そうとしたらしい。

福島次郎は亡くなったんですよね?

632 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 18:39:16 ID:HqkTgyqd
福ちゃん死んじゃったの?

633 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 19:06:05 ID:F7x3KSzc
福島氏は今年の2月に亡くなった。

三島と初めて遭った頃の、若い頃の福島氏は、ハンサムで体格もよく
美青年というか美丈夫だったらしい。
『禁色』の悠一のような感じだったそうな。

634 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 19:15:20 ID:VMOslHGY
禁色の南悠一は、ギリシアの青銅彫刻みたいな感じでしょw
福島さんは若いとくの写真見たら、外見はむしろ仮面の告白の近江を
連想したよ。あと森田必勝にも似てる。四角顔と丸顔の中間って感じ。
性格は違うけど。

635 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 19:49:44 ID:F7x3KSzc
『禁色』は悠一が大学生なのに結婚しているというのが奇異に感じた。
当時はそういうのは珍しくなかったのか。
悠一は美青年という以外、無個性な人物造形だけど、
彼を取り巻く人間の方が面白い。鏑木元伯爵とか。その夫人とか。
悠一のホモが妻や母親にバレたのを、鏑木夫人が火消ししてくれたりする
話の展開が今にして思うと少女漫画っぽい。

636 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 19:52:59 ID:VMOslHGY
>>635
いいとこ突いてる。なんか少女漫画と同じノリあるよね。三島作品って。
かっこいい男はあくまでかっこいいままだし。
やっぱり、そのへんオネエよねえww

637 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 20:14:22 ID:qvF4usX0
Wikiの森田必勝にもあるけど

『禁色』の美青年南悠一のモデルとなった実在の男性(戦後のある時期、三島と同性愛関係にあった)と
森田必勝は瓜二つだった。
(『文芸編集者 その跫音』木村徳三著・TBSブリタニカ・1982年刊より)

三島にとってはああいうのがギリシャの青銅彫刻なんだ・・・

638 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 20:33:01 ID:RqRXhKF9
福島氏にしろ森田氏にしろ、三島が本当になりたかった
姿なのかもね。三島自身も努力して鍛え上げたのは、
立派だとは思うけど、あちこちで脱ぎ散らかさないと
アピールできない肉体って感じで...一方二人は服を
着て普通にしていても肉体が感じられるって雰囲気だわ。

639 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 21:42:07 ID:oWFaR7iq
昔、『さぶ』の表紙を描いてた三島剛って、
三島由紀夫からペンネームを貰ったんだ。

http://www.gallery-naruyama.com/exibition/mishima.html

640 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 21:42:51 ID:5GdGAXm4
慎太郎になにかやりこめられるとすぐに「裸になって決めよう」って言うとこが
    ガ   キ   !

641 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 21:47:29 ID:wCXv3+6Y
林月光wwwwwwwww

642 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 22:11:19 ID:F7x3KSzc
>>639
この画廊、10年くらい前に、一回だけ行ったことがあるな。
雑居ビルの狭い一室で、主人は、相撲取りのような巨体で、
異様に物腰が女性的な人だった。当時30代くらいだったかな。

643 :陽気な名無しさん:2006/11/21(火) 23:17:17 ID:RqRXhKF9
>639
略歴のところ
「酒の飲みすぎ、肝臓炎で永眠」
ってあるけど、下の英文の機械翻訳っぽいわ。
「過度の飲酒による肝臓病で永眠」
って方がいい気がするわ...

644 :陽気な名無しさん:2006/11/22(水) 23:01:34 ID:Ij7u0uZA
三島の小説が青臭く感じるようになってきた。

そろそろ中年なのかな・・・

645 :陽気な名無しさん:2006/11/22(水) 23:50:43 ID:hG1Wvna/
三島はクーデター起こして現実にどうするつもりだったのだろう?
首相官邸やら国会を占拠したり、要人殺害とか具体的な計画はあったのだろうか?
どうもそうとは思えない。始めから失敗して自決することが前提だったのだろう。

憲法改正論も現実味を帯びてきた昨今、地下の三島は、やっと俺の時代が来た、と喜んでるのかな。

646 :陽気な名無しさん:2006/11/22(水) 23:54:37 ID:7l4ZKH7w
>644
川端はどう?

647 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 02:51:24 ID:oyhSYsbm
>>645
盾の会の生き残りは、クーデター計画は具体的には何も無かったと言ってる。
三島の誤算は、最後の大演説が自衛隊員にほとんど聴いてもらえなかったことだろう。
声が通らなかったとか、野次と怒声でかき消されたとか。
三島は予定の3分の2くらいで演説を止めてる。

三島はただ愛する男といっしょに大好きな切腹をしたかっただけだ。

>>646
うん、ありがとう。
川端読んでみるよ。

648 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 02:59:05 ID:zqbSctRL
やだ、どこがどう青臭いのよ!
レポートにして提出して!!!

649 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 03:03:17 ID:HhLqpxgs
青臭いかあ。なんとなくわかるわ。
三島は現実や生を汚らわしいものと考えていたんじゃないかしら。


650 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 08:32:27 ID:a+FbHR1t
昔は同性愛が当たり前のように行われていたから、同性愛小説書いたから
ゲイだとは限らないわよ。夏目漱石だってゲイ小説書いたけど結婚したし。
三島も奥さんのこと溺愛してたし、ノンケエロ小説も書いてたと思うんだけど。

651 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 08:37:24 ID:a+FbHR1t
ちなみに美和明宏さんと弱小さんの対談を載せた「ぴんぽんぱん二人話」って言う本で
三島さんの事について、すごく詳しく話されているから三島ファンの人は読んだ方がいいと思うわ。
二人とも酒が回ってるのか、ちょい暴走気味で面白いわよw

652 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 12:37:28 ID:5i+xu5LQ
ID:a+FbHR1tが何をいいたいのかさっぱりわからない。

三島はノンケエロ小説もゲイ小説も書いて結婚したけど、ゲイだし。
「ぴんぽんぱん」なんて三島について詳しいうちになんて全然入らない。
ファンになったばかりの人ならだまされるかもな。


653 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 12:57:11 ID:IDVyzoxQ
美和は煙幕に使われてただけだよ。


654 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 17:29:34 ID:ZqBgZCfd
三島由紀夫は本当のホモではない、美学として、ナルシシズムの一種として、
ホモを気取っていただけだ、という意見はたまに見るけど(慎太郎なんかもそういう説)
それは深読みしすぎで、やっぱり本質的にホモだったと思う。
当時はホモでも結婚するのが普通だったから、最大限譲歩してもバイ。

655 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 17:58:37 ID:f1t1SXYm
>当時はホモでも結婚するのが普通だったから、最大限譲歩してもバイ。

あの東郷健ですら結婚して実子が二人いる。
結婚や子どもがいるのはなんの証拠にもならんよ。

慎太郎は幻冬社の「老いてこそ人生」2002年で、三島を
「もっと思い切りゲイを追及していれば、人生半ばで逝くこともなくもっと偉大な作品を残せた」と書いてる。
同性愛を隠し通すのに疲れ、創作が荒廃し、死を選んだと思ってるのでは。
慎太郎は三島の割腹直後、コメントを求められて「キチガイだな」と吐き捨てるように言ったのが印象的だった。

656 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 19:57:46 ID:SWELJ3uM
>>655
あんた歳いくつよw

657 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:11:58 ID:ZqBgZCfd
戦前の男子校では、同性愛は日常茶飯事とは言わないけど、
いわゆる「お稚児さん」みたいな習慣もあったわけで、特殊なことではなかったのに、
三島が、そういう体験ができず、ただ一方的に同級生に憧れるだけだったのは、
よほど魅力のない、可愛くない子だったんだろうな、
そして、それもコンプレックスになっていたんだろうな、と思う。

658 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:23:22 ID:a+FbHR1t
このスレの人って事ある事に「三島ってゲイだよね〜」って確かめ合ってるのね。


659 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:30:19 ID:rAoiEH2Z
>>658って瑤子夫人の亡霊かしら?

660 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:31:24 ID:oE2/znIS
割腹後の検死で直腸から大量の精液がって話をよく目にするけれど、
ソースはあるのかしら?

661 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:38:09 ID:7GF638HN
堂本正樹著「回想・回転扉の三島由紀夫」(文春新書)を読んで
http://blog.livedoor.jp/naoh123/archives/50306318.html

「彷書月刊」3月号は「アドニス」の特集。
堂本正樹氏のインタビューは貴重。

662 :661:2006/11/23(木) 20:44:34 ID:7GF638HN
因に此処ね。
http://www3.tky.3web.ne.jp/~honnoumi/

663 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 20:45:33 ID:t+nFimUv
典型的フテ子よね、おマキ。

664 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 21:01:58 ID:1E8FPtpc
今だからゲイとか言えるけど、昔はホモだものね。
「ホモ」って何だか言われると痛いわ

665 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 21:56:46 ID:sU4wbMMp
昔は男色よ

666 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 21:58:44 ID:M4hJLabj
>>660
週刊誌ネタらしいけどね。

あの三島の生首写真はあきらかに鑑識課からの流出だし、
(瑤子夫人はそう抗議した)
解剖結果が流出していてもふしぎはない。

667 :茶娘☆小町▼・е・▼ ◆iKpZdxFuKc :2006/11/23(木) 22:01:21 ID:lq808vOJ
orz

映画
春の雪

見ていて欝になりますた

668 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 22:03:18 ID:t+nFimUv
昔ってか、つい最近まで、日本でゲイって言ったらゲイボーイなわけで、
ホモよりゲイの方が嫌だったわよ。

669 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 22:05:15 ID:sU4wbMMp
シスター坊や

670 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 22:06:40 ID:JKAnebB7
自分が何かで読んだのでは、肛門にアナルセックスでできたと思われる擦過傷があって、
それも、事件直前じゃなく、その前夜にできたもの、
ということだったけど、これに尾鰭がついて大量の精液という話になったのではないか?

671 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 22:24:55 ID:GeRROjLI
三島の命日はあさって11月25日だから、明日はその
「肛門にアナルセックスでできたと思われる擦過傷」記念日だな。
字あまりかw

672 :陽気な名無しさん:2006/11/23(木) 22:39:34 ID:GeRROjLI
ほんとかどうかわからんが、
1. 『堀の中の』安部譲二が盾の会に勧誘されてた話。
2. 三島ブランスウィックでもてずに懊悩、
3. ボクシングジムで手加減の3本です。

いずれも映画秘宝の安部譲二インタビューから

http://anarchist.seesaa.net/article/17283533.html

673 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 07:20:09 ID:G7qUZ2OK
明日は命日age

674 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 15:19:40 ID:oEXrvOg5
>>671
全レス読んでないけど、「肛門にアナルセックスでできたと思われる擦過傷」
って本当なの?

675 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 15:59:01 ID:ruN4yRN+
>>674
しっかりしたソースはないの
左翼の酒の席の与太話だわ

676 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 16:12:03 ID:Z6idGK7m
悪徳の栄えにそんなシーンがあるわね

677 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 18:12:57 ID:6dSDwWHM
三島が事件前夜にセックスしたとするなら、
当然、相手は森田必勝となるが、
森田が前夜、三島邸にいたのかはよくわからない。
楯の会会員たちは、朝、車で三島を迎えに来たということだから、
その中に森田もいたと思われる。
となると、セックスしたのはやはり自決直前、総監室となるが、
そんなことをしている時間はあったのか。
演説を切り上げた三島はすぐ割腹したようだし。
「何か」が行われたとしても、その一部始終を見ていたはずの
第三者である益田総監は、何も語らぬまま往ってしまったので、
真相は闇の中だが、やはり、一種の都市伝説のたぐいだろう。


678 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:21:46 ID:/rfIMKjm
このスレは

ゲイの三島由紀夫  でつか?

679 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:29:30 ID:Quy+k7g0
携帯で何書いてんだか

680 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:44:25 ID:mmdxGG4S
しかし切腹に対してマニアックな執着のあった三島が、
そんな千載一遇のチャンスを逃すとは思えないな。
明日はいよいよ決行日、しかも手が届くところに森田必勝がいる。
夢のようなシチュじゃん。

肛門の擦過傷が直前でないのはうっ血の具合でわかるだろうど、
前夜かその前かなんかはわからないと思うな。

681 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:46:34 ID:vNzLm2js
切腹マニアだったのは認めるが、前日にアナセがあったつうのはガセだろう。

682 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:48:29 ID:yM6cldP+
あなせ梨乃。

683 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:53:12 ID:yM6cldP+
あなせたかし

684 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 19:56:35 ID:/rfIMKjm

マスターベーション  でしょう?
人生そのものが
自己満足

685 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 20:00:00 ID:yM6cldP+
自己満足な人生って、
何か気の利いたことを言ってそうだけど、無意味な表現ね。
自己満足の中で生きられるほど、世の中甘くないわよ。

686 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 20:06:50 ID:yM6cldP+
株式会社アナセ

687 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 20:49:41 ID:8ABBhAWa
自分が聞いたのは三島は切腹の瞬間に射精してたというの。
こっちのほうがありそうかな。

688 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:01:42 ID:ZGTJNWfG
このスレ、とんでもなく気持ち悪いわよ・・・。

689 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:01:59 ID:vNzLm2js
写生してたかどうかなんてどうでもいいと思う。
そういうのをゲスのカングリと言う。

690 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:11:57 ID:3UGaTGsW
とんでもなく気持ち悪い人を語るスレだもの、しかたないわ…

691 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:22:02 ID:XdQ25yji
二人が関係をもった可能性があるのって、前々夜か、それより前な
気がする...

あと、このスレって美輪さんは話題に上るけど、矢頭保の話は出てこないね。

692 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:24:14 ID:ChsZFr0R
でも、やはり勘ぐりたくなるよ。
こういう映画さえ作られてるし。

http://hugo-sb.way-nifty.com/hugo_sb/2005/08/webdvd_503f_1.html

693 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:36:12 ID:AWGvZSbO
>>691

それほどディープじゃないってことかしら。

694 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:37:31 ID:/rfIMKjm
ゲイの勘ぐり

695 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 21:54:48 ID:wkAgnzha
三島は疑似切腹プレイの時、勃起していたそうだ。

696 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 22:03:02 ID:/rfIMKjm
脇がろくなのいなかったのね
ゲイだからかしら
三島の側近って ベラベラしゃべってさ



697 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 22:04:20 ID:ChsZFr0R
『憂国』では切腹の前に妻との性交場面があるけど、
よく、演じられたなあ、と思うよ。
ほんとは、若い男と交わりたかったのかもしれないけど、
さすがにそんな映画は作れなかったか。

698 :陽気な名無しさん:2006/11/24(金) 22:43:03 ID:IRDfi+2B
切腹映画を撮る喜びに比べれば、マソコなんてヘでもないわ。

699 :691:2006/11/24(金) 23:46:43 ID:XdQ25yji
>693
森田氏の死亡時の所持品に前夜か前々夜の実家の地域の新聞があったからよ。
知人か親族の推測ではお墓参りをするために夜行で帰郷して、その後東京にとんぼ
返りしたのではないかって話らしい。

700 :ノン気:2006/11/25(土) 00:46:06 ID:OGN3/1Sd
このスレの盛り上がりかたをみるとなんだかんだ言っても三島はゲイの方々のスターなんですね

701 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 00:47:39 ID:Tx5IGCtZ
この人のセックスライフに関しては根も葉もない中傷も多いと思うよ。


702 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 00:51:21 ID:iZCA9wC4
誰のセックスライフだってそんなものだと思うよ。

703 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 00:51:25 ID:sOfZLNRc
日付も変わったし、憂国忌よ

704 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 00:52:26 ID:iZCA9wC4
ああ、そうだ。
私は憂国忌とは言いたくないけど。

この日になるとウツっぽくなる。

705 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 01:09:12 ID:5QL46t2r
神道では「忌」じゃなくて「祭」を使うんだよね。

706 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 01:12:45 ID:2gLyXV5e
昨日がフレディ・マーキュリーの命日で、今日が憂国忌なのね...

707 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 01:15:01 ID:FsjOydJV
>>700
いや、そうでもないですよ。700超えるとは思わなかった。
いつも三島スレはレスがなくて落ちてましたから。
それに三島さんはゲイという枠内でおさまる人ではないし、
特にゲイで三島さんが好きって人も特別多い気しないです。

708 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 03:17:15 ID:zISa03ke
>>702
あなたみたいなレス好きよ

709 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 03:30:55 ID:LSlbVQXT
三島を快く思っていなかった人が多かったってことだよ。

710 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 07:48:57 ID:OZUNZtNx
とりあえず今日の昼は黙祷だ

711 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 08:19:19 ID:KZS4jKDW
昨日はフレディの命日だったのよね。
でも日本時間では今日になるのよね。
奇しくも偉大なゲイ、三島さんとフレディの命日が同じなのよね。


712 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 09:34:28 ID:+NoRBPj3
ぬぷ

713 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 16:42:57 ID:7OiVNGdO
ふ〜ん、こんな日に亡くなったのね、三島って。
死ぬことなかったのに。

才能が枯渇したからかしら。
だとしても、のんびり余生を送るという選択肢は、
この人にはなかったのかしらね。
もしかして、死ぬことで自らの天才を証明したかったのかしら。

714 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 16:49:37 ID:YVJfdN4j
切腹しちゃうなんて凄いわ〜
でもそんな自分に(*´Д`)ハァハァだったのよね〜やっぱり凄いわ〜

715 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 17:15:08 ID:RUmG6aA1
三島は理想主義者だったんだよ。
現実も小説のように物事が進めば自殺しなかったのかもねw

716 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 18:09:38 ID:+46wMexo
ランボーのように、夭折した天才と言われたかったのよ。
45歳じゃ夭折もなにもないけど。
本人的には十分許容範囲内だったんでしょ。

あ、スタローンじゃなくてアルチュールの方ね。

717 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 18:13:36 ID:7OiVNGdO
>>716
失礼、あんたのID目糞だわ。


718 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 18:22:27 ID:sho7Cw4w
>>717

じゃ鼻糞募集中w

719 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 19:57:25 ID:bnNdsQ/F
インフルエンザの予防注射すら痛がる自分 orz

720 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 20:23:06 ID:FsjOydJV
小さいときに自分を自分として愛してもらえなかったから
人に注目されたくてしょうがなかったんだと思う。
多分、最後にやじり飛ばされたのは、計算外だったと思う。

721 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 20:40:40 ID:NMDKhyNr
三島の最後の演説ってレコードになってたけど(古本屋で1000円くらい)
何言ってるのかぜんぜん聞こえないんだもん。
現場じゃなおさらわかんなかったと思うよ。

檄文も憤激した自衛官にちぎられちゃうし、壮烈な最期というにはあまりにも・・・ね。

722 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 20:57:03 ID:sOfZLNRc
命日・・・

( ̄人 ̄) 南無南無・・・

ん?三島は神道式なのかしら?南無南無じゃだめかしら?

723 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 21:03:57 ID:FsjOydJV
>>721
映画「MISHIMA」であの演説のリハーサルで立った俳優の人が
「下から野次られると、もう思考が完全に分断されて何言っていいのか
分からなくなった」って言ってたし、三島役の緒方拳も本番の途中で
「もう、俺は何がなんだか分からなくなってきた!」ってアドリブ
叫んだらしいよ(もちろん、その部分はカットされた)

724 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 21:24:47 ID:vP11YdA7
演説を文字に起こしたのがあるけど、
これ読むと、何が言いたいのかよく分からないね。
http://www.geocities.jp/kyoketu/61051.html

725 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 21:42:05 ID:fbt272cq
>>722
ご遺族は神式でやってるよ。

>>724
なぜ拡声器を用意しなかったのかなあ。
鳥肌実みたいで笑えるのに。

726 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 21:54:27 ID:lRPvBzbp
拡声器は美しくないからかしらね

727 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 22:15:53 ID:Z8q/HaaI
ガリレオ?
地球が回っているのを誰も信じなかったように、三島が正しいかもしれないわ。
世の中多数決っていうけど、それは正しいことも凡人の低脳によって消えてしまうのよ。

728 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 22:41:38 ID:EDp2xjJJ
三島の演説、低脳の凡人に理解させようなんて親切心はないみたいね。
でも憲法改正なんて低脳凡人を抱きこまなきゃできない相談よ。

市ヶ谷の演説だけど、ピンマイクで音拾って拡声器横に置いておけばいい話。
もうじき切腹するという事実に高揚していて、現実的なことは考えられなかったのかしら。
決起後のこともまったく白紙だし、三島のなにが正しいのやら。

だいたい最初は60年安保に反対して腹を切るはずだったんでしょ。



729 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 23:23:06 ID:GEL66Pmp
士官クラスならともかく、
一般自衛官なんて、今も昔も、食い詰めもんの、
頭もあんまり良くないアンちゃんがなるもんだしね。
三度の飯が保証されてるのに、なんで決起せにゃならんのかと思ったろうね。

730 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 23:35:17 ID:bPLhcfQh
食い詰めもんの、頭もあんまり良くないアンちゃん相手に
「諸君らは武士だろう!」と挑発する三島痛スギ
んなことぜったい考えてないって。

731 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 23:38:12 ID:7OiVNGdO
そうね。そういうところは甘かったわよね。
でも、理想に殉じることができたのは、凄いことだと思うわ。
ま、そうなると、その理想の是非如何が問われることになるんだろうけど。

732 :陽気な名無しさん:2006/11/25(土) 23:51:40 ID:Y+HgijjP
>だいたい最初は60年安保に反対して腹を切るはずだったんでしょ

この話知らない。

733 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 00:56:09 ID:K/zPHzIr
理想に殉じるなんて口実だよ。
切腹自体が目的だったんだから。

734 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 01:04:09 ID:jpqVcMzC
ハラキリしてまで注目されたかったのかなあ。
だとしたらかわいそう。。
リスカ常習者みたい。。

735 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 01:11:46 ID:m05ND7Wt
すごい痛いだろうね〜

736 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 01:36:48 ID:jpqVcMzC
かなり痛いだろうねー。。
でも腸が体外に飛び出すと、腹圧が急激に下がって
虚脱状態を引き起こすからあまり苦痛を感じる時間は長くないらしいね。

737 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 03:10:19 ID:wLPcFuvi
便秘の人とか、そうやって腸内をお掃除してから元に戻せばスッキリするでしょうね

738 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 03:31:31 ID:QDyTcWn6
帝王切開を麻酔無しでやるようなもんよね。

739 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 04:47:56 ID:9fPiFTkN
それが快感なのよ!切腹マニアのね!

740 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 04:49:29 ID:/HKEPrxB
>>729
目覚めさせたかったのよ

741 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 08:01:14 ID:qk8CMAIu
三島の小説って感受性強い人には最高のものよねえ。

742 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 11:02:37 ID:HH9g4ZPw
切腹と同時に舌も噛み切ってたんだから快感も二倍になるわ。

743 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 11:30:43 ID:y0j9bDBi
映画『戦場のメリークリスマス』のテーマ曲に、
歌を乗せたバージョンが「禁じられた色彩」というタイトルなのだが、
これはやはり『禁色』からとってるんだろうな、と思う。
ホモをテーマにした映画だし。
三島自身は、セックスの対象としては、外人は大嫌いだったそうだが。

744 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 11:44:08 ID:ceYZ/ftI
>>737-739
とってもいいお話ね。

745 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 12:12:46 ID:xOMNN2rc
>>743

Forbidden colorsね。
坂本龍一のavec pianoに三島の「禁色」がテーマとあったわ。

746 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 12:43:20 ID:4/mRStjm
Forbidden colorsなら、ずばり「禁色」の英訳題と同じだな。


747 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 13:31:51 ID:HkyBlCr0
三島が絶望で死んだのも世界の本当の黒幕を知ったからでは?
朝鮮人(創価、統一=自民党)の後ろにユダヤあり。
恐ろしい本当の歴史。見る価値あり。

上から順に見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=JitAbTrGnMg

http://www.youtube.com/watch?v=9U6VIwWgXOU

http://www.youtube.com/watch?v=LMqcXpjitF4

http://www.youtube.com/watch?v=Lnq2Xsk-r2Y

http://www.youtube.com/watch?v=7gDvEUjfSFY

http://www.youtube.com/watch?v=5j9JsBTaY98

http://www.youtube.com/watch?v=nKydmyygm1c

見て関心を覚えたら、コピペ推薦。

748 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 14:24:58 ID:/kofuUYc
「Forbidden colors」はココで無料ダウンロードできるわ。
http://mp3.baidu.com/m?f=ms&rn=&tn=baidump3&ct=134217728&word=Forbidden+colors&lm=-1
@「試聴」をダブルクリック
A「歌曲出処」を右ワンクリックし「対象をファイルに保存」

749 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 16:41:34 ID:LD1zR9gU
歌ってるのはデヴィシルちゃん?

750 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 17:15:01 ID:aQpuqctN
ケビンスペイシーみたいな偽装工作やってたのか

751 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 18:44:09 ID:kT4+I6LR
昼飯時のお腹すいてる自衛官にどんな高尚な演説したってムダ。
まず食べさせないと誰もついてこないよ。

752 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 19:31:51 ID:zwMbqlmf
http://www.youtube.com/watch?v=IluI_fsjVYQ

753 :陽気な名無しさん:2006/11/26(日) 19:58:19 ID:K/zPHzIr
本当についてこられては困るのだ。

754 :???:2006/11/26(日) 21:39:26 ID:yMBkDtJ9
男バレの斎藤が由紀夫姐さんに見えちゃってどうしようもないわWWWW

755 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 00:32:49 ID:6kuh5i5a
凡人を自分と同じレベルに引き上げようとしてもね…
そんな事でヒステリー起こして切腹する事ないのに…

756 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 00:50:43 ID:emPol3dQ
あたしは三島ファンだけど・・・お腹すいてるときに食べさせてもらえないで
バルコニーから武士のとるべき道なんて説教かまされたらブチ切れるわ。
絶対。

空腹にはとことん弱いのよw

757 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 02:08:13 ID:DAEt9L0P
だからね・・・
>>647の言ってることが全てだから。

758 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 07:24:32 ID:pLcGX7/C
三島って顔歪んでるよね。
正面から見ると、顔の造作が左上がりに見える。
原因はなんなのかな。歯の噛み合わせが悪い?

759 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 12:48:27 ID:0o+VlXQV
今、やってるバレーのJAPANチームに三島さんそっくりな人いるよね。

760 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 18:17:59 ID:F9LARHjB
サイトウ

761 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 18:40:12 ID:5ax7zV6/
男子バレーの人?

762 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 19:20:27 ID:5Ck2Bs3I
恐怖新聞の霊が似てる。

763 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 20:47:57 ID:N2lwJS4t
647 :陽気な名無しさん :2006/11/23(木) 02:51:24 ID:oyhSYsbm
>>645
盾の会の生き残りは、クーデター計画は具体的には何も無かったと言ってる。
三島の誤算は、最後の大演説が自衛隊員にほとんど聴いてもらえなかったことだろう。
声が通らなかったとか、野次と怒声でかき消されたとか。
三島は予定の3分の2くらいで演説を止めてる。

三島はただ愛する男といっしょに大好きな切腹をしたかっただけだ。

764 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 20:55:00 ID:OVwHuzos
もしそうなら二人だけでひっそりと切腹するんじゃない?
そのほうが葉隠れの精神に則っている感じがするし。

やっぱり日本社会に衝撃を与えて、国民の意識を少しでも変えたかった
んだと思うよ。

765 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 20:59:48 ID:dZkBMK9r
愛する男の方がクーデターに本気になっちゃったから、お付き合いで
って事は無いの?

766 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 21:03:03 ID:95ImPySD
愛する男を道連れに「悲劇のヒーロー」として死にたかったんだよ
自衛隊はダシに使われたに過ぎない

767 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 21:09:07 ID:0o+VlXQV
国民の意識を変えたいなら、小説でももっとそういうのを描くべきだろう。
俺は男なんだ!みんな見ろ!って感じじゃない!

768 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 21:13:44 ID:DAEt9L0P
>>764
ひっそり死ななかったのは、天皇という殉教の対象が必要だったからだと思う。
世間に伝えたかったのは、むしろ三島個人の死に様・・・
まず美意識が先にあって、思想的な面こそ仮面だったんじゃないかな?

行動の真意は、榊山 保 名義で書いた「愛の処刑」にヒントがあると思う。

769 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 21:21:28 ID:dZkBMK9r
当時の右翼の間じゃ、口先ばっかりって評判だったっていうじゃない。
追い詰められた部分もあると思うのよ。

♪方法論で成り立っても実践性に欠けているのよ観念的だわ ヘリクツboy

770 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:02:47 ID:TkocaG/b
>>768の意見は奇しくも松本清張が三島について述べたことと一致してるわ。

いわく、三島は書けなくなったから苦し紛れに右翼思想にしがみついただけ。
美学だの天皇だのは後づけの理屈にすぎない。

注:殉教の対象としての「天皇」も、昭和天皇のことではないからね。

771 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:15:18 ID:BUYo0Xa/
書けなくなったから右翼思想に傾倒するってのもよくわからないなあ。

772 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:20:40 ID:trr8Zopb
>三島は予定の3分の2くらいで演説を止めてる。

ここんとこ訂正。
演説時間を30分要求してたのに、三島の演説は7分で終わった、
というか演説を7分であきらめた。

三島の切れ切れの演説を筒井康隆がソラミミで復元したやつがある(そうだ)。
誰か教えて!


773 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:20:54 ID:95ImPySD
欧米のゲイはキリスト教で禁忌だった伝統があるので、
どっちかって言うと左寄り(共産主義という意味でなく、伝統文化に対する反逆)
日本の男色は武士の嗜みだった歴史があるので右寄り(伝統文化の保守)
三島が美学としての男色を突き詰めていけば必然的に右翼的なものに行き着かざるを得ない
三島は右翼的なものにしか男性美を感じないと言っている

774 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:24:13 ID:0o+VlXQV
三島は本当の軍隊行ってないからそれがコンプレックスだったんだと思う。
英雄、男、軍隊、こういうのにずっと憧れていて、俺だって男なんだ!
ってずっと世界に証明したかったんだと思う。(三島は幼少のころ女言葉だった)

775 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:24:45 ID:0o+VlXQV
それを命をかけて証明したかったんじゃないかな。

776 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:27:11 ID:57MvR0Lh
261 :陽気な名無しさん :2006/11/27(月) 01:40:30 ID:zdkBOiH3
荒らしてるのはななこ?


262 :K子 ◆p3GmEFf1ug :2006/11/27(月) 11:31:05 ID:GZtTeyt9
姫ゎいるかしらん?wwww


263 :マピミ♪姫 ◆pbxjSIwens :2006/11/27(月) 11:39:10 ID:MCCT1/AT
>>262
いつもの避難スレにいるわよ?wwwww


264 :陽気な名無しさん :2006/11/27(月) 12:58:59 ID:e+N3vNCV
隔離スレage


265 :マピミ♪姫 ◆pbxjSIwens :2006/11/27(月) 18:30:08 ID:9D77PiMU
このスレとゎ別にぁたしの日記帳専用スレを設けたゎん

ここゎceleb talk専用スレょん



266 :マピミ♪姫 ◆pbxjSIwens :2006/11/27(月) 18:50:00 ID:9D77PiMU
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060929-00000023-dal-ent

キモ


267 :もっちー☆ ◆Pn0C1JL8xs :2006/11/27(月) 19:01:14 ID:STnZrhpP
>>266

マピミ様は華原は嫌いなのかな?


777 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:35:23 ID:trr8Zopb
>三島の切れ切れの演説を筒井康隆がソラミミで復元したやつがある(そうだ)。

「ダンヌンツィオに夢中」 ?

778 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:35:38 ID:pLcGX7/C
ぶっちゃけ、三島はチンポが小さかったのがコンプレックスで、
ボディビルで身体を逞しくしたのも、その解消のため、
という説(実際に三島のチンポを見た人の話)もあるが、
いや、三島のチンポはでかかった、という人もいてよくわからない。

779 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:40:24 ID:DAEt9L0P
>>778
私のは通常時と勃起時の大きさの差が極端ですが。

780 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 22:55:41 ID:0o+VlXQV
>>778
どちらにせよ。その説は承服しかねる。
俺もそんなに小さい方だが、別に自衛隊に体験入隊してダブルの制服こさえて
カップクしたいとは全然思わない。

781 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 23:03:36 ID:bqaE7ria
ここでは作品論はあまり語られないんだね。

782 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 23:09:15 ID:pLcGX7/C
http://www.9-ten.co.jp/bookdata/1140.php
この本にその辺りの三島論あり

http://tigerbutter.jugem.cc/?day=20050805
三島のチンポうんぬんの話

http://www2u.biglobe.ne.jp/~fukuto/misima.htm
三島の最期の様子

783 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 23:31:39 ID:frYn4MpJ
>三島は本当の軍隊行ってないからそれがコンプレックスだったんだと思う。

徴兵忌避したんじゃねーの?

784 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 23:38:13 ID:DAEt9L0P
>>782
なるほど。こんなのも見つけましたが。

http://blog.livedoor.jp/planet_knsd/archives/50674140.html

785 :陽気な名無しさん:2006/11/27(月) 23:46:08 ID:frYn4MpJ
>>779
俗に言う、ちょうちん○らですな

786 :陽気な名無しさん:2006/11/28(火) 00:15:52 ID:51p6LzgP
生きてたらタモリと一緒にいいともにでてるようなアホ文化人になりはてていたかも

787 :陽気な名無しさん:2006/11/28(火) 00:35:35 ID:UDf2rLIG
1回、乙種か丙種かで合格したんだけど、召集されたときに
検査軍医に、嘘ついて入隊不可とされた。当時は喜んでたみたいだけど
あとで巨大な傷になった。

788 :陽気な名無しさん:2006/11/28(火) 00:37:53 ID:qXe4eJvt
あと10年遅く生まれていたらねー。。

789 :陽気な名無しさん:2006/11/28(火) 00:46:27 ID:ga7XvG89
権田原で遭遇できたかもしれないわね〜

790 :陽気な名無しさん:2006/11/28(火) 00:55:03 ID:VdMRFSZg
ブレイクで高田延姐に遭遇したみたいに権田原で三島先生に遭遇できたかも知れないのね。

791 :陽気な名無しさん:2006/11/29(水) 23:59:33 ID:tFQE57sO
急に止まったね。ageてみよう。

792 :陽気な名無しさん:2006/11/30(木) 00:25:34 ID:51KQCzbD
三島の作品の映画DVDがほしいわ

793 :陽気な名無しさん:2006/11/30(木) 01:03:50 ID:ymK164vL
http://dvd.eigaseikatu.com/dvd/179973/

794 :陽気な名無しさん:2006/12/01(金) 01:19:09 ID:z6OckUVQ
age

795 :陽気な名無しさん:2006/12/01(金) 04:04:19 ID:tlRdf02C
「午後の曳航」の筋肉の描写だけで抜けたあの頃…

796 :陽気な名無しさん:2006/12/01(金) 07:25:50 ID:5LeCSY3d
あれは名作だわ

797 :陽気な名無しさん :2006/12/01(金) 22:47:01 ID:i3wZIlF0
オペラになった。ザルツブルク音楽祭に上演される。

798 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 00:13:43 ID:/L0OAXzM
映画もよかったわ。
サラ・マイルズとクリス・クリストファーソン。

799 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 00:17:36 ID:dA7OMLo1
三島、顔が少し歪んでるわね。左右対称じゃない。

800 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 00:29:33 ID:kh5IwhYb
午後の曳航はでもちょっと観念的、図式的すぎるね。

801 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 08:42:53 ID:xxnZxjEO
>>795
どういうこと?今みたいにオカズが豊富じゃなかった頃の方?
それともガキだったの?

802 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 08:52:42 ID:NtPZ5k+3
>>799
バレーのノブコフを思い出すの

803 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 15:08:23 ID:EurPWC6I
せっかく綺麗にまとめたのに無粋な方ね。その両方+田舎ってカンジかしら。Tarzanやきたがわ翔のマンガでオナヌーしてたわ。

804 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 15:17:34 ID:EurPWC6I
>803は>801へのレスよ。

805 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 19:08:32 ID:O7choPdj
>>800
その臭さが鼻につくようになったら、三島卒業かしら。

三島は自分の作品が松本清張の社会派推理と並べられるのを恐れていたようだけど、
いかにもオコチャマの優等生な作文に見えてしまうのよね。
余裕がないというか頭で考えただけというか。

806 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 19:56:24 ID:kh5IwhYb
>>805
まあ、あんなガキいないわな。いや、あんなガキはいるかもしれないけど、
あんなガキのグループはいない。

807 :陽気な名無しさん:2006/12/02(土) 23:20:10 ID:DX59TurR
黒蜥蜴観てきたけど、やっぱり面白い戯曲ね。

808 :陽気な名無しさん:2006/12/03(日) 12:49:00 ID:tE1/Ms1y
オコチャマな作文も今の時代では難解文

809 :陽気な名無しさん:2006/12/04(月) 21:18:23 ID:GBsIm8xn
難解=大人と考えるのがすでにオコチャマ

810 :陽気な名無しさん:2006/12/04(月) 21:25:48 ID:9rR11Cvg
今こそ三島憲法を!

811 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 12:23:13 ID:9sIryoA0
鏡子の家読んでるんだけど、登場人物多くて分からなくなってくるわねw

812 :名無しでなんなのさ:2006/12/05(火) 12:27:12 ID:pdXpL0SX
807>笑えるでしょ三島のロウ人形、美輪さんあのころから
ぶっとんでるわね。。。

813 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 18:00:46 ID:36NQlFJU
「黒薔薇の館」も面白いですよね。両方とも西村晃さんの怪演が素敵。

814 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 21:31:45 ID:DPlsqglt
>>811
「鏡子の家」は人物の書き分けに失敗してるわね。

815 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:05:28 ID:Yn7mKL4Y
三島は小説も人生も肉体も思想もすべて人工物。
実生活の裏付けによるリアリティが無い。
唯一男が好きだったというのだけが本当だ。

816 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:07:49 ID:W3H+v5vr
まあ平均的なゲイそのものよね
あんたらも、そこに惹かれるんでしょうけど

817 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:33:04 ID:38iM0/w0
女と結婚して子どもまでつくっても、実生活の裏づけにはならなかった。


818 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:44:43 ID:PNpQEOzW
それを云うなら命を賭したことも実人生の裏づけにならなかったとも言えるかも。


819 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:46:45 ID:W3H+v5vr
飯食って糞してたらそれが生活ってもんだよ
実生活がないんじゃなくて、嘘の人生だったってことだろ
意味もわからずに「実生活」なんて空疎な言葉を使うな

820 :陽気な名無しさん:2006/12/05(火) 22:50:25 ID:PNpQEOzW
>>819
言語学者?

821 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 05:15:30 ID:UMevSgIV
どうしてもあたし、30ページ以上は一日読めないのよね。
他の人の小説なら読めるんだけど。
何ていうのか、頭が痛くなるのよ。
それでも毎日読んでいるけど

822 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 11:55:59 ID:St5/bWEK
三島の作品って急に哲学的な言い回しの世界観の説明が出てくるよね。
遺作の「天人五衰」の双眼鏡で見ることの意味の説明なんか長くて
唖然とさせられた。

823 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 13:09:27 ID:V7Jk8rYl
執筆中は哲学的、観念的思考で頭を巡らせつつも
夜は福島次郎の布団でオネエ言葉なのよw

824 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 20:19:56 ID:TbGA1zjC
先生の体毛が好きよ

825 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 20:38:31 ID:xNiIoBG4
阿頼耶識の説明がくどくど長くて頭痛くなったわ。

>>823
ぼく、幸せ・・・って言うんだっけ。
あれには萌えるわ

826 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 22:11:44 ID:e1l9Y8Ee
こういうのやるのね。観に行こうかしら。
ttp://www.syabi.com/details/hosoe.html

827 :陽気な名無しさん:2006/12/06(水) 23:55:55 ID:MVpYSAMj
>>825
そうよwww
「ぼく、幸せ・・・」
「ぼくを覚えていてくれた?」
「きみも罪だなぁ・・・」

いやん由紀夫姐さんたら甘えん坊なんだからぁ♪

828 :陽気な名無しさん:2006/12/07(木) 10:13:46 ID:q4T6fWs1
退屈な世の中だわ

829 :陽気な名無しさん:2006/12/07(木) 11:47:55 ID:QdpsJ5Ys
>>825
>あれには萌えるわ

腐女子w

830 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 02:09:29 ID:Nm245qqt
ボディビルダーにホモが多いと世間に広めたのも三島

831 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 09:15:53 ID:3HuZZveh
ホモなんかどこにでも多いわよっ

832 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 13:25:23 ID:sCgDV509
右翼にホモが多いと世間に広めたのも三島

833 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 17:56:56 ID:lV6FPCxG
三島好きにホモが多いと世間に広めたのも他ならぬ三島

834 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 19:47:19 ID:sCgDV509
三島ってあまりケンカ強そうじゃないね

835 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 19:56:45 ID:MpAAlaLI
空手何段、剣道何段、とかいうのも、作家の名声によって貰っただけだからね。
本人は本気で俺は強いと思ってた節もあるけど。
男と密着するのが好きなのに柔道をやらなかったのは、
あれだと誤魔化しがきかないから、と薄々思ってたのかな。

836 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 19:59:11 ID:sCgDV509
>>835
ああ、いいとこ見てますね。
柔道はポーズだけの写真ってなりませんもんね。

837 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 20:49:14 ID:SqIi23iQ
三島は素振りがちゃんとできないほど運動神経ゼロだったんだって。

あと3年生き延びてブルース・リーを見たら、ぜったいに拳法に行きそうだ。



838 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 21:05:32 ID:HR3I8sx5
日本人の男性同性愛者は150万〜210万人いるそうよ。凄い数よね。最近の読売新聞で読んだわ。
ホントどこにでもゲイはいるのよ。

839 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 21:09:22 ID:MpAAlaLI
ブルース・リーの真似をしようとしても、ヌンチャクさばきは無理だろうな。
普通の人にも難しいのに、運動神経0の三島にできるわけがない。

840 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 21:40:35 ID:J7kDZVPr
まぁ、水泳も苦手で、免許持ったらしいけど運転しなかったぐらいだから
さもありなんだね。>運動神経
自分も運動神経よくないけど...

どうどうと開き直ってた方が、端から見たら男らしいんだけど、やはり
プライドが許さなかったのね...

841 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 21:48:45 ID:oMgMgWeh
運転するにも
自然にではなくてものすごい頭を使ってロジカルに運転してそう

842 :陽気な名無しさん:2006/12/08(金) 22:12:36 ID:J7kDZVPr
>841
IDがちょっとカコイイねw > oMgMgWeh

もし三島が運転したとしたら、身体で感じる振動や
音とか感覚的なことよりもメーターばかりみて運転
してそうで、隣には乗りたくないかも...

843 :陽気な名無しさん:2006/12/09(土) 01:16:50 ID:Gq4S8uyL
クルマから降りたらどっと疲れそう

844 :陽気な名無しさん:2006/12/09(土) 08:15:36 ID:deytWznn
>>838
ゲイって8割くらいがネットしてそうよね。

845 :陽気な名無しさん:2006/12/09(土) 12:05:55 ID:PmYH6dG0
アタシもブルースリーは憧れよ。


846 :陽気な名無しさん:2006/12/09(土) 15:44:48 ID:9B6g/Bco
>>844
あたしはネットで救われたわ。
ネットがなければとんだところに行ってたと思う。

847 :陽気な名無しさん:2006/12/09(土) 22:26:17 ID:gBO3rNAk
一説に、人口の5%は同性愛者(バイ含む)と言われている。
日本人口1億3千万人として、650万人が同性愛者、男女半々として、325万人がゲイ。
東京の人口を1300万人として、32.5万人がゲイということになる。

848 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 00:19:02 ID:hoHKJhX9
柔道と空手をほんの少しづつかじったけど、個人的には
柔道の方が面白かった。だって、技の練習にしろ、乱取り(字あってる?)
にしろ、うまく技がかかった自分でもわかるから、次は
こうしようって工夫しやすかったから....
空手は、ヴォーグ(知ってる?)みたいな踊りっぽい練習を
させられて、本当にこれであってるのかやや不安なまま
だったな...最初から空手習えばそういうこともなかったのかも
しれないけど、先に柔道やっちゃたし...

ところで、ゲイ人口って、大雑把に言うとクラスで一人と学年で
一人とどちらでしたっけ?w

849 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 01:13:31 ID:OcpCQTcj
クラスに一人だよ。

850 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 09:55:05 ID:hoHKJhX9
>849
ありがとう、少々お酒が入ってたので、思い出せませんでした。

851 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 09:55:48 ID:Q8e7KlDt
クラスに一人はゲイというのは、40人学級の5%、2人が同性愛者、
ゲイ、ビアン一人ずつという計算にも合ってる。

852 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 15:17:06 ID:HL+aabMH
あたし、今後ゲイは増えると思うの。後天的ゲイが

853 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 15:32:56 ID:gY7qQj5l
差別さえ無くなれば同性愛は加速度的に増えそう。


854 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 15:56:21 ID:bjGX+INo
男の20-30%は同性もイケるって聞いた事あるんだけど

855 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 15:59:10 ID:Q8e7KlDt
カミングアウトする人は増えるかも知れないけど、
人口との絶対比では増えないよ。

856 :陽気な名無しさん:2006/12/10(日) 22:43:36 ID:Bl00Pz8I
>>845
むかしトラックスーツをオーダーメイドしちゃったわ…

857 :陽気な名無しさん:2006/12/11(月) 14:11:40 ID:7wQIeLJ7
>>855
俺もそう思う。ただ腐マンコはますます増えると予測せざるを得ない。OTZ

858 :陽気な名無しさん:2006/12/12(火) 04:03:57 ID:POGJko70
検察官が切腹自殺だって!

859 :陽気な名無しさん:2006/12/13(水) 17:31:48 ID:fbdqmzkZ
何よそれ

860 :陽気な名無しさん:2006/12/13(水) 18:14:06 ID:x34nFCAC

今が旬の出会い専門サイト!
http://www.117745.com/?86kbb

861 :陽気な名無しさん:2006/12/13(水) 22:17:36 ID:ICrEBbw4
>>856
じゃ「キル・ビル」のユマ・サーマンにはおおっと思ったわね。

862 :陽気な名無しさん:2006/12/13(水) 23:13:02 ID:947jM4Lf
女性も会員制でキャッシュバックがないからさくらがいない。
よって、会いたい女の子しか登録していない。
http://www.117558.com/?86kbb

863 :陽気な名無しさん:2006/12/14(木) 20:14:34 ID:SHGiw5Z8
この板って三島由紀夫の影響をかなり受けているわよね。
語彙や口調、そして斜めからの揚げ足…。でもその中にある優しさ

864 :陽気な名無しさん:2006/12/14(木) 21:08:25 ID:PpeVPQsf
僕は意地悪なんじゃない。他人の自己満足を許しておかないのが
僕の優しさなのだ。

865 :空っ風野郎:2006/12/15(金) 14:10:16 ID:jKswm4TQ
10代に出会った「金閣寺」「午後の曳航」等は衝撃だった。以来俺にとって三島は最大の文学者だった。
「金閣寺」は人類史上最高の文学作品だと思った。当時谷崎や川端に魅力を感じなかった、というより分からなかった。
30代も後半になって谷崎や川端の世界が理解できるようになった。すると途端に三島が青臭いというか理屈っぽく思えてきた。
谷崎は美を官能で描くが、三島は左脳で描く、と今の俺には思える。良くも悪くも法学部出身で高文官試験の影響だろうか。
海外で早く評価された=情緒的でなく論理的で翻訳しやすいということもあったろう。

この板で、三島がウケであったことを知り幻滅。侍だ、もののふだ、益荒男だ、と叫んでいた彼は、武士がお稚児さんを愛でるように
男を愛する、つまりタチだと思っていたよ。ノンケの俺には知り得ない流儀やマナー、風趣が有るのかも知れないけど。

866 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 14:56:50 ID:HPy/vmGf
この世界では、男ぶってる奴ほどネコって場合が多いよ

867 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 15:32:47 ID:4LsC+4is
オレ、みんなから男臭い筋肉美ビルダーだと云われるけど、
ネコじゃネエぞ!!!
ド太くて形のいいデカマラを、大勢のジム仲間や競泳グループ連中から
「しゃぶらせて下さい!」と、始終懇願されて困ってるんだ!


868 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 15:49:49 ID:OhAdlsaO
あたしの女友達が、最近三島にはまってるらしいわ。
なんでも「午後の曳航」に出てきた言葉
「そびえ立つ仏塔」てのがツボにはまったんだって。
あたしは「仮面の告白」と「憂国」しか読んだことないわ。
三島ってなんか反発したくなるわ。
マッチョぶったオネエって感じがいやなのかも。

869 :ハマグリホモ江:2006/12/15(金) 16:07:16 ID:FmbGatGB
866>よくわかってらっしゃるじゃない。。。

870 :空っ風野郎:2006/12/15(金) 16:41:50 ID:jKswm4TQ
女役のことをネコというの?
タチはネコに挿入してエクスタシーを感じネコの肛門へ射精するのだろうけど、
ネコはペニスを挿入された肛門にエクスタシーを感じ、それからどう絶頂を迎えるの?
やはり射精するわけ?どこに?
ノンケの素朴な疑問

871 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 16:52:26 ID:OhAdlsaO
ご自分で体験なさってみるとよろしいわよ。

872 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 17:00:40 ID:kvBvm7N3
三島って高校時代に読んだのが殆どで、ゲイチックな表現には
全く気が付かなかったわ。読み直すんだったら、新しい違う本に
時間をかけたいわ。
そうだ、実は仮面の告白だけがストーリーが分からなくて投げ出したままなの。
それ読むわ。

873 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 18:55:19 ID:8qVk0kAi
>>868
女友達なんて言葉使うゲイってキショイ。
まあ、どうせ腐だろうけど。

874 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 19:31:19 ID:UTvjlzbL
アタシは逆。
三島は大ネコだったと知ってものすごく腑に落ちたわ。
あのもののふ振りはちょっとオーバーアクションよw

875 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 19:36:32 ID:s7rsHTqz
>>865
30にもなれば社会に染まるから、平凡な自分の人生を肯定したいんでしょ。
斜めから見れる生き方をしたい限りだわ。
オカマじゃなきゃ平凡に生きるけど

876 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 20:15:51 ID:DYzPYcdj
年寄り釜のみさなんのおかげで何とか1000までいけそうです!

877 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 21:12:57 ID:OhAdlsaO
>>873
キショくて悪かったわね。女の友達を、じゃあなんて言えばいいのかしら?
マンコとでも言えばいいのかしら。
ゲイが使う以前に、普通一般の言葉を使って何が悪いの!

878 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 21:29:03 ID:ha8w9YZq
腐っていうヤツが腐なのよ

879 :陽気な名無しさん:2006/12/15(金) 22:22:12 ID:gJq8x5gW
腐、って先に告発しないと自分が腐認定されるのね。
哀れな>>873はスルーしておきましょう

880 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 15:50:50 ID:zKHt2gB6
まあ、少なくとも三島なんかは「女友達」なんて言い方、それこそ
死んでもしないだろうな。

881 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 16:06:11 ID:OvlBwO6D
三島って円地文子を評価してたよね。

882 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 16:42:47 ID:zKHt2gB6
評価はしてるよ。女でも。
森茉莉については、「小説とは何か」の中で、稲垣足穂と同列に並べて
「別格」って言ってる。

883 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 17:47:56 ID:61FtSMGQ
>>880
おあいにくさま。
三島がどんな言葉使おうが使わまいが、関係ないのよ。
あなたは、腹斬って死ねば男らしいとか思ってる輩かしら。

884 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 17:52:15 ID:3zh53n/q
×使わまい

○使うまい


バカは二度と書き込むな☆

885 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 18:21:26 ID:61FtSMGQ
>>884
うるさいわね、ちまちましたことで人をバカ呼ばわりしなさんな。
たまたま寄ったこのスレで「女友達」と書いただけで、
なぜ叩かれなきゃならないのかしらね。
あたしは三島ファンじゃないけど、
どこに何書こうがあんたの指図は受けないわよ。

886 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 20:25:35 ID:zKHt2gB6
>>885
>あたしは三島ファンじゃないけど

じゃあとっとと出ていきな。女言葉のオカマ野郎

887 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 20:58:06 ID:61FtSMGQ
>>886
お前も出てけよ、男らしさを勘違いしてる男言葉のオカマ野郎
いや、腐マンコだろうけどな。
冬厨の腐れガキマンコがいっぱしに三島語るんじゃあねーよ。
くだらないことでスレ荒らして悪かったな。
もう逝くよ。

888 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 20:59:33 ID:zKHt2gB6
>>887
通りすがりにしては、ずいぶんコマメにのぞく奴だなw

889 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 20:59:44 ID:JV+gTw5q
あら楽しそうね♪

890 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 21:01:06 ID:zKHt2gB6
ちょっとバカ腐がのぞてたんで追っ払った。

891 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 21:07:35 ID:61FtSMGQ
あなたも負けず嫌いねw

892 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 21:08:38 ID:zKHt2gB6
俺は100%男だもん。

893 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 21:22:14 ID:ywkk12lP
福島次郎氏の著書によると、
「僕幸せ」と言って、福島氏に甘えていた若き日のガリだった三島がタチで、
「おい、尻を触ってみろよ」と福島氏に命じた壮年になって男らしく逞しくなった三島は
ネコになっていた、というのはノンケから見ると非常に興味深いところだよ。

894 :陽気な名無しさん:2006/12/16(土) 21:46:45 ID:dPV0djTX
べつにフシギじゃないよ。
ガリだった三島は自分の男性性に自信が持てず、男性性をおびやかすような行動(化けネコ)はできなかった。
ビルドアップされた身体の持ち主になってからは、男性性についてはひとまず安心していられたので
心置きなく大ネコに化けただけじゃん。

895 :陽気な名無しさん:2006/12/17(日) 22:53:12 ID:98UIz7n/
>大ネコに化けただけじゃん

こわいな。ちなみに三島はすごい猫好き。

896 :陽気な名無しさん:2006/12/17(日) 22:55:32 ID:FXu0sZbg
福島が何を書こうが結局真偽のほどはわからないね。
すべて彼の作り話かもしれないし。

897 :陽気な名無しさん:2006/12/17(日) 23:05:19 ID:tr6pghLc
タチに特にこだわりがなきゃ、優位な方がネコってのは普通よね。
奉仕される側だもの。

898 :陽気な名無しさん:2006/12/17(日) 23:32:45 ID:nw8Rleru
関孫六の関って岐阜の関市のことだったのね
知らなかったわ

899 :陽気な名無しさん:2006/12/17(日) 23:44:04 ID:98UIz7n/
俺、闇孫六だと思ってたw

900 :中森明代 ◆Akiyo743PM :2006/12/18(月) 01:59:56 ID:OXJMc2rm
900akiyo!!!

901 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 02:55:06 ID:pzNVwQBa
鏡子の家、やっと藤子のシーン・・・年内に

902 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 07:21:03 ID:DkVqvmBS
三島由紀夫の雄姿

ttp://cyan.gazo-ch.net/bbs/14/img/200612/1136412.jpg


903 :陽気な名無しさん :2006/12/18(月) 09:22:56 ID:r1ukdKKo
大杉連主演の「巨根伝説美しき謎」というゲイポルノ、その世界では傑作らしいけど、
観たこと人いる?

904 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 09:24:20 ID:qNubEgge
三島さん、12センチってとこかしら?

905 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 09:36:54 ID:DkVqvmBS
三島由紀夫の雄姿 その2

ttp://cyan.gazo-ch.net/bbs/14/img/200612/1136456.jpg

906 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 11:30:19 ID:qNubEgge
三島さん、素敵www

907 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 11:43:27 ID:xmi5hEEC
薔薇をくわえた写真が好き。ないかしら?

908 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 21:20:04 ID:yedUMAkn
>>907
http://www.kmopa.com/hosoe/hosoe05.JPG

909 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 21:36:36 ID:G9gwdZ15
>>908
素敵!先生の毛っていいわ

910 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 22:55:08 ID:xmi5hEEC
あー、これこれ。頼んでばかりで悪いけど大きなのないかしら?
壁紙にしたいのよ。

911 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 22:59:07 ID:xmi5hEEC
ごめんなさい、自己解決したわ。拡大しても思ったより荒くなかった。

912 :陽気な名無しさん:2006/12/18(月) 23:19:22 ID:yedUMAkn
>>911
こっちの方が大きいけど・・・どう?
http://www.photographers.it/articoli/foto1/hosoe_ordeal_by_roses_32_1961.jpg

913 :陽気な名無しさん:2006/12/19(火) 22:17:24 ID:G5FKZrVg
止まっちゃった?

914 :陽気な名無しさん:2006/12/19(火) 22:55:21 ID:RJt2kb51
きっと先生に見惚れてるのよ。

915 :陽気な名無しさん:2006/12/19(火) 23:24:36 ID:7FFtvK9r
この写真を撮った人の写真展
つ ttp://www.syabi.com/details/hosoe.html

916 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 00:03:20 ID:OlXoTPQj
鏡子の家……くどくなってきたわ

917 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 00:15:07 ID:z+VEUKiM
鏡子の家は三島自身は思い入れがあって気に入っていたのに、
評判は悪くて、かなりスネてたらしいよ。

918 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 10:17:23 ID:5kOOr6Ht
だって清一郎ったら他人を演じてると言うところが言い訳に見えるのよ

919 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 10:20:22 ID:0NLrCep3
三島由紀夫って、本当に今の市川海老蔵にそっくりね。
彼を見るたびに彼を思い出してしまうのよ。

920 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 11:20:36 ID:z+VEUKiM
>>918
自分も「女方」って短編読んだときに、そう思った。
女方は演出家の男が好きなのに、演出家の男は女方を嫌っているんだけど
その嫌いな理由が作ってる、作ってる。

921 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 13:39:27 ID:KE6PmDUs
三島姐さん、もう少し(一般的な意味で)顔がよければ
伝説(もしくは神話)のホモ夭折作家になれたのに。

922 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 13:51:20 ID:I8/yOJN8
このスレの人は
倉橋由美子さん好きじゃないですか?

923 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 13:53:35 ID:z+VEUKiM
>>921
いや、ゆがんでいるけど、顔は悪いほうじゃないとオモ。

>>922
なんで同サロ板の三島スレに女の名が?つか誰よ。そいつ

924 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 17:31:35 ID:zR4aEIo4
倉橋由美子ねえ。この前、読み返したけど、小説家としては、ゴミよ。


925 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 18:14:42 ID:7l02mN8l
青島幸男死去 → 三島の割腹自殺に対して「あれは知的なオカマのヒステリーですね」とコメント。

岸田今日子死去 → 文学座で三島のオネエぶりをよく目撃。エッセーに回顧している。

また、ふたりも三島の実像を知る人たちが亡くなった。

926 :陽気な名無しさん:2006/12/20(水) 19:09:39 ID:fyU6wVJV
ついでに慎太郎も氏んで欲しい。
これ以上都知事やられたらタマラン。

927 :陽気な名無しさん:2006/12/21(木) 03:04:09 ID:yYCUJ/CZ
意地悪婆さんと三島の接点なんてあった?

928 :陽気な名無しさん:2006/12/21(木) 14:42:08 ID:1Iiropfc
プリンが好きなことくらい

929 :陽気な名無しさん:2006/12/21(木) 23:01:32 ID:YFdlR3rl
三島事件のときの青島のコメント

「おかまのヒステリー」

930 :陽気な名無しさん:2006/12/22(金) 18:48:00 ID:fKOBcbpZ
三島の作品って軽いものは本当に軽いのね。

931 :陽気な名無しさん:2006/12/22(金) 18:56:15 ID:85cR19eb
女性雑誌に連載された『夜会服』とか『お嬢さん』ね。
後者は映画になったそうだけれど。


932 :陽気な名無しさん:2006/12/22(金) 20:04:36 ID:/yLU7xTW
三島もそれなりに売れたかったんだよ。
ちょっと古い用語で云うと、中間小説を盛んに書いていた。
UFOネタの「美しい星」なんかもその一つなんだろうけど、
理屈っぽさが抜け切らないところがやっぱり三島。

933 :陽気な名無しさん:2006/12/22(金) 22:36:44 ID:klSrcqBW
「君は、自分の言いたいことをあくまで主張する作家になりたいのか、
それとも流行作家になりたいのか?」って訊かれたときの三島の答え

「流行の作家です」

934 :陽気な名無しさん:2006/12/22(金) 23:21:02 ID:kpawHOR3
三島の小説で会話で笑えたり、女のいじわるで笑えたりする部分は
売れたいっていう現われよね。
三島って小説では精神というか心理面を書きたかったけど、それだけじゃあ
売れないから『笑い』を故意的に含んだと思うの。

935 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 01:04:44 ID:vEYYSD6U
仮面の告白と金閣寺と潮騒だけ読んだ事ある。
どんだけ思いつくんだよってくらい比喩の表現が多彩なのが凄い。
それと、仮面とか金閣寺の歪んだ少年の心に妙に共感してしまったよ。私も異常なのかしら?って思った。

936 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 01:13:53 ID:1+ICCobj
仮面の告白と潮騒ってつまらなくない?金閣寺は楽しいけど。
恋愛物が好きだわ。

937 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 01:16:51 ID:bt9P7I2x
はぁ?
『仮面の告白』はともかく、『潮騒』って恋愛物じゃねえの?


938 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 01:18:45 ID:1+ICCobj
ごめんなさいね。潮騒も恋愛だけど、何ていうのか高飛車な都会の女
が出てくるのが好きなのよ

939 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 03:00:18 ID:D2tLHWNw
憂国(DVDね)でぬいたわ。

940 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 03:19:11 ID:0BUmXSUe
うそ、映画『憂国』って抜けるシロモノなの〜?
主演が由紀夫姐さんでしょ・・・?
原作で将校のカラダを描写してる部分のほうが抜けない?

941 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 14:10:27 ID:Q7Rb5o5q
特殊な性癖があれば抜ける。
その性癖が行き着くところが・・・

942 :陽気な名無しさん:2006/12/23(土) 14:33:32 ID:jfM5Q2OQ
仮面の告白はおもしろかったけどな。


943 :陽気な名無しさん:2006/12/24(日) 18:53:00 ID:+/Uh2YG7
三島由紀夫全集を買い揃えようとしたら一冊7000円なのね。
一冊ずつ買うしか財布が許してくれないわw

944 :陽気な名無しさん:2006/12/24(日) 18:56:32 ID:MMSuBc2k
「音楽」映画版観た方いるかしら??

945 :陽気な名無しさん:2006/12/24(日) 19:47:42 ID:7FiWiV0+
>>943
あなたぜったい平成版なんて買っちゃだめよ!
全集を買うならぜったい、格調高い昭和版にしなさいね!!!
平成の”決定版三島由紀夫全集”なんて装丁がチャチだし
(昭和版は皮使い布張りよ!)新仮名遣いなの〜〜〜!
作家を侮辱するにもホドが!
いいこと? 古書店で昭和版をまとめ買いするのよっ!
全36巻で美品なら相場は14万円だけど
5万円くらいで買える店もあるわ!

946 :陽気な名無しさん:2006/12/24(日) 23:37:19 ID:mlym6LoI
”趣味”「も」あったけど、それだけで自決できる動機付けになると思えないわ。

947 :陽気な名無しさん:2006/12/25(月) 13:30:46 ID:kdlwHoRF
わざわざ全集買わなくても主要作品はたいてい文庫化されてるのにな。
全集集めるなら、もっと根性出して単行本初版集めるとかしたら?

194 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)