5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

←↑↓→矢印工房←↑↓→

1 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/25 00:08 ID:+kXhHUkk
 厨房→工房              ↑↑↑
        清     潤ゥmicro
        \    ↓         
   ↓      \   macro  →↑ (-_-)→(^-^)
 ←≒→      ☆      ↑  
                apathy
          ん?           軒→→
          ↓  

2 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/25 00:09 ID:+kXhHUkk


3 :ノし:04/03/25 00:54 ID:C8ipqqgX
>>1
ちょっと貴方、何者?
次スレは要らないっていうのが住人の相違で決まったでしょ!

4 :ノし:04/03/25 01:08 ID:C8ipqqgX
* これまでのおはなし
いつものよう雑巾をツヤ出ししていると、僕の秘密パソコンから緊急指令!

「ピーポーピーポー。ミスター・キッド・ナイトノし、雑巾のツヤ出しなんかしている場
合じゃないぞ!」
「一体なにがあったっていうんだ? ミス・キッディング・スーリー。僕の雑巾ツダ出し
に惚れなおしたってわけじゃないだろうネ!」
「インターネッツで困ってる人がいるぞ! いますぐ緊急発進だ」
「ウワァー! なんてヘビーな移転の連続なんだ。なんか矢印落ちてるし。レス番号760で
514k超られないぞ! これはマズい、ちょっと非常にマズいよ」
「さー、君の無駄に速い日本語入力速度と私の日本語わかち書き検索機能の見せ所だぞ。
ファインド・エンド・アクション・レボリューションだ」
「ヘビーだぜ、これは朝からたいして美味しくもないラーメン屋に行列して、たいして美
味しくもないラーメンを食うくらいヘビーだぜ! 勘弁してよ!」

そんなこんなで、僕は駄目板でなんか文化的っぽい事とか、なんかバナナ味のモナカアイ
スが美味しいとか、山下清への熱い想いを書いてるわけさ。
さー、誰でも書き込み大歓迎だ。

5 :風ノし格:04/03/25 01:15 ID:C8ipqqgX
おはよう、今、起きた・・・

>>3相違でなく、総意だ、アホ。
総意は相違を相殺だ。

相違は総意を黙殺だ。

>>4はバナナ味のモナカアイスが美味しいと言ってるな。その意気だ! 堂々としてろ、堂々と!

その他の人、堂々といけよ!堂々と!

さで・・・コンビニエンスストアァに行ってくるぞ!堂々と!

堂々とバナナ味のモナカアイスを買占め、堂々と3日で食らい付くすぞ!

じゃあ、堂々と道の真ん中を、堂々と胸を張り・・・行ってくるぞ!

6 :風格:04/03/25 01:22 ID:C8ipqqgX
2get!

寝起きなので、上手に書けませんでした。
おやすみzzz...

7 :ノし:04/03/25 12:03 ID:C8ipqqgX
大学卒業出来なかったよー!!!!!!!!!!!!!!!!!
ヘコみまくりってなわけでもなくて、当然か……

8 :ノし:04/03/25 12:07 ID:C8ipqqgX
で、俺の友人の人が半年分の学費を出してあげても良いよと言ってくれた。
一年位前に、中国の株の相談を受けて、アドバイスをしてあげた。ちょうど中国のメディ
アとか調べてた時期だったんで、それなりのアドバイスが出来たんだけども、それが学費
の半分程度利益を出したそうな。これはマジで嬉しい申し出だった。

もちろん、金を貸してくれるというのも嬉しかったんだけど、それ以上にそういう事を言っ
てくれたというのが、嬉しかったよ。彼はお金持ちではあるんだけど、金を持っているか
らって、そういう事を言ってくれるとは限らんつーか、普通そんな事してくれんだろう。
で、嬉しくはあったんだけども、卒業出来る自信がなかったわけですよ、18単位のこって
るし。俺ってば、7回生なのにYo!

9 :ノし:04/03/25 12:18 ID:C8ipqqgX
政治の学部で勉強してたわけだけど、まぁあんまし知らんわけですな。政治思想みたいな
は、文学がらみで本は読んでたりするんだけども、人よか多少は知ってる程度。
中江兆民とか大杉栄とかは出てこないし。外人の翻訳なんかも読んだりしてるんだけども、
なんかあんまし単位とかには関係ないっぽい。学校とかよーわからんし。
なんか水飲み百姓が、領主に対して一揆を起す感覚にとても似ていた。
負けるに決っているのだけれども、しかたなしに一揆を起こすみたいな。

ところが、ところがですよ!!! なんか文学部の授業を受ける事が出来るみたいなんですよ。
政治関係の授業は2単位分でオーケーみたい、あとの16単位は文学関係でオーケーみたい
ですよ。これはスゲーことです。

例えるならば、水飲み百姓の家にアメリカ人がやって来て、「俺ン家の原子力潜水艦あ
まってんだけど、使わね?」と申し出てくれたみたいなもんですよ。
ざっと文学部のシラバスを読んでみたら、鴎外の「青年」を読む、みたいな講義が目白押
し。そんなの、高校の頃に読だし、三四郎との類似性とか、都市文化がなんちゃらとか試
験に出るんかなー。

ムヒョー、とにかく卒業するよ、半年で。目隠しして試験受けても卒業出来そうな勢いで
すよ!

10 :けし:04/03/25 23:40 ID:1G9ElId+

 ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (´∀`*// <  今、起きた。リアルで。
    ⊂二     /    \_____________
     |  )  /
    口口/    ̄)
      ( <⌒<.<
      >/

11 :けし:04/03/25 23:44 ID:1G9ElId+
Da Sein!!!

工房になりますた。
いろんなスレが落ちてますね。教会がなくなってショーック!!

12 :けし:04/03/25 23:52 ID:1G9ElId+
>>8
オメです!!!
持つべきものは友なんでしょうね。

政治の人だったんですか。
文学じゃないのはなんとなくわかってましたが、何の根拠もなく経済系かと思ってました。
俺は勉強が苦手なのですが、特に「これをやれ」となるとやる気がなくなりますね。
好きなものでも勉強という形になるとダメです。

>水飲み百姓の家にアメリカ人がやって来て
いやぁー、その潜水艦はアメリカ人が持って来たようでいて、
実は百姓の家で作られていたわけじゃないですか。アメリカ人の役割は、
「おいおい普通に釣りしてるけど、それ潜水艦なんじゃね? 使ったら超ツエーヨ」と指摘するだけで。
凄いと思いますよ。

>「青年」を読む
これは楽しそうですね。俺も高校の時に読みました。
晩年に青年のモデルになったという人が出てましたよね。あれは面白かったです。

新スレ早々あれですが、忙しかったらいつでもやめてくださいね。
目隠しするよりはそっちの方が良いと思います(w

13 :ノし:04/03/26 00:01 ID:HJT11Wv3
小学生の頃、マジで目をつぶってテスト受けたよ。
皆そゆこと言うけど実際やった人がいなかったから、実験してみた。
なんかテストの時に「心頭滅却すれば、火も又涼し」とか叫んだ。

名前欄に近づくことすら出来なかった。
だらか僕、もう失敗しないんだ。

先生そういう生徒は病院に入れろたほうが良いよ!

14 :ノし:04/03/26 00:04 ID:HJT11Wv3
まぁ、今からビール飲んでから、フライパン洗うけのだけど。
実は一応経済とかも学校では教えている様子です、街作りとかも。
なんか官僚を養成するプチ東大みたいにしたいみたい。
コンピュータ入門は、3回程受けても合格出来ません!

15 :けし:04/03/26 00:23 ID:ZIEWH9o/
チハ!!!

>心頭滅却すれば火もまた涼し
狼に育てられたアヴェロンの野生少年は、
煮えたぎった水の中のジャガイモを手づかみしたり、
熱い木炭に直に触れたそうですよ。しかも火傷や外傷が残らないんですね。
グラップラーバキや風格スレにも似たようなエピソードがありましたが、
思考形態の変革なんですな。皮膚の強さや我慢という問題ではなく。
そうなると言葉の問題になるのですが、
音を聞いたことのない人に音の概念を伝えるのが不可能なのと同様に、
音を聞いたことのある人が音の概念を抜かす事は不可能なんですよね。
同様に言葉で考えてしまった人間は言葉を抜かす事が出来ない。
なので、思考が形成される以前の幼児期からの訓練がないと
心頭滅却は難しいんじゃないかなーと思います。
逆に言えば幼児期から訓練すれば余裕っぽいですが。
大人になっちゃうと風格さんの蛇修行みたいなのが必要になりますね。
超能力が第六感と呼ばれるのも何となく説得力がある気がします。

16 :けし:04/03/26 00:30 ID:ZIEWH9o/
コンピュータは出席しないのでダメでした!!!
インドのマハヴェット・ギーターに全ての秘密が隠されている気がします。
晩年のニールス・ボーアは二進法つながりで易にはまり、
自分の墓にも陰陽マークを刻み込むほど熱中したそうですが、
コンピュータの時代はインドになりつつあるようです。

17 :ノし:04/03/26 00:33 ID:HJT11Wv3
いや、実は気功が使えたりするんですよ、俺は。
これは手袋をなくして、手を熱くしようとするうちに、使えるようになったんですね。理
論とかは本で読みましたが。
>煮えたぎった水の中のジャガイモを手づかみしたり、
これは多分、どうしてもジャガイモをつかむ必要があって、それが理論として自然な事だっ
たんでしょうな。まぁ、同じ事を言ってるわけですが。

ところでインド人は出席しないような気がしますが、どうなんでしょうか?
インドの大学は出席なしでもオールオーケーなんかな。

18 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/26 00:40 ID:khTwGJLF
>コンピュータの時代はインドになりつつあるようです。

科学の最先端やコンピューターサイエンスじみたものを
インドっつーか東洋思想に結び付けるブームはとっくに終わったよ。
昔流行ったじゃんか。ニューサイエンスとかトランスパーソナル心理学とか。
ボーアっつったら、クリスナムルティですな。

19 :けし:04/03/26 00:52 ID:ZIEWH9o/
バガヴァッド・ギーターですた・・・

>>17
インドで大学に行く人はみんなエリートである気がするので、
サボったりはしないんじゃないかと思います。

>ブームはとっくに終わったよ。
そうなんですか。
科学とスピリチュアルっぽいものって結びつきますね。
科学からしたら行き詰まりの打破、
スピリチュアルっぽい方からしたら権威かな。
折衷はダメですね。

20 :ノし:04/03/26 01:21 ID:HJT11Wv3
>>18
>クリスナムルティ
おー神秘なんちゃらの教祖だっけ?
ブラバッキーの弟子?
クリスナムルティは、インドの美少年だったらしい、ブラバッキーは物凄い虚言癖のある
人。男のカリスマ足り得る人と、女のそゆ人って性質が違うみたいね。
デルはインドの人をサポート要員にしてるみたい。
英語が話せて、コンピュータ関係の覚えが速いそうな。
ブームとは別に、コンピュータが好きだったりするんじゃないかなー?
>>19
>インドで大学に行く人はみんなエリートである気がするので、
サボらんのかなー、サボって欲しいよ、マジで。

21 :ノし:04/03/26 01:25 ID:HJT11Wv3
神秘とかインドとはちょっと違うけども、科学と芸術って昔はそんなに離れてなかったみ
たいね。遠近法とか、小説の視点とか、科学なしには書けなかったらしい。まぁ、詩人が
科学の実験をすると、水銀で病気を直すとか言い張ったりしてロクデモなかったみたいだ
けもど。

あと、面白かったのが、シェークスピアが、自然そのものだったって話。
人間とは離れた場所で舞台ってものがあったのだけども、シェークスピアは生き物をその
まま舞台に出しちゃった。俺はテンペストとかしか読んだことないんだけども、なんか適
当で面白かった。
文学は適当なほうが良いんだけど、科学は適当だと怒るよね、怒りん坊め!

22 :ノし:04/03/26 01:28 ID:HJT11Wv3
今日は沢山書いたなー、エロゲースレで文章講座までしてしまった、テヘ。
明日は午後5時から、夜11時まで引越しのバイトをします。家に帰れるのかどうかよくわ
からんけど、頑張る。
それで筋肉ムキムキにして、そこらの棒とか折ってみる。

23 :けし:04/03/26 02:26 ID:ZIEWH9o/
>>18
ちょっと勘違いしてますた・・・
名前欄を見てなかったので、18の人はノしさんかと思ってました。
ちょっと前に昔のインド仏教が論理っぽいという話があったので、
ギーターに全ての秘密がとか時代はインドとかはその延長線上の冗談です。
意味不明な事書いて申し訳ないです。

24 :けし:04/03/26 02:31 ID:ZIEWH9o/
>>21
昔の科学者だとケプラーは占星術、ニュートンは錬金術が好きだったりしますね。
ケプラーの研究は占星術の精度を上げるのが目的だったような気がします。
ニュートンは聖書の暗号だったかな?
水銀は占星術だと水星にバッティングしてます。そこから神経とかに。
星で森羅万象を分類しているので、
錬金術と繋がってそれぞれに効く症状にはコレ!みたいなのがあったみたいです。

哲学の人は科学が哲学の領域に入ってくるとプンプンですね。特に実証系の。
諸学の女王の城の前には立ち入り禁止の標識が立っているようです。

シェークスピアは汚い物や狂気も平気で出してくるから画期的だったと
誰かが書いてた気がします。詳しい事は忘れましたが(w

25 :けし:04/03/26 02:34 ID:ZIEWH9o/
>>22
乙です!
引越しバイトはやった事ないですが、夜逃げ後の回収は何度かやった事があります。
置き去りにされた物を貰えるので、扇風機とか置物とか貰っちゃいました。
引越しだと盗みになっちゃうんですよね(w

26 :ノし:04/03/28 22:00 ID:R+TnAMGy
>置物
これは熊の置物ですか?
俺は熊の置物が何故が好きです。

バイトですが、「ノしの人はこういう仕事はしたことないですよね?」とチーフの人に敬
語で聞かれました。古物商でとか説明するのが面倒だったので、引越し屋で冷蔵庫担いで
ましたと答えましたが。

ちょっと思ったのですが、疲労を溜めないほうが作業は効率的に出来るはずなのに、何故
か皆疲労を溜めるような行動を取ります。重たい物はひとりで持つよりも、二人で何度か
に分けて運んだほうが、最終的な効率は上ります。

理由はよくわからないのですが、そっちの方が他人からの評価が上るというのと、己の筋
力の示威する行動なのかもしれません。
本来は教育でそういった行動は抑止するべきだと思いますが、優秀な官僚を作るという主
目的があるために、そこまでは手がまわらないのでしょう。
官僚になる人よりも、肉体労働をする人のほうが多いはずなのに、これもまた差別的な制
度なのかもしれません。

ここで重たいものを運ぶさいのコツです。
1.とにかく手で持てる場所を探す。(タンス等は扉を開ける等手段を選ばない事)
2.なるべく一人で持たない。
3.バラす事が出来るならば、バラす。
4.台車を有効活用する。
5.腰で持ち上げる、腕はなるべく使わない。
以上です。

27 :ノし:04/03/29 07:01 ID:TNlvbzu9
さて、昨日は件の友人を古書店に連れていきました。
新聞関連の資料を集めたいとのこと。
価値がわかってんだか、わかってないんだか、彼は10冊程購入して帰りました。
その中には、俺がおすすめした、「林美一著江戸看板図譜」もありましたが、正直クヤ
チかったです。俺が買おうと思ってたのにー! まぁ、一冊2万円代になると、俺が買うの
は厳しいですが。
とにかく、オヤジさんは嬉しそうだったので、良かった、良かった。
で、その日、俺の買ったのは、銀河ヒッチハイクガイドのみ、「無料で良いけど、いち
おう100円」ということで、100円で購入。まだ、半分程度しか読んでないっす。

28 :けし:04/03/30 00:58 ID:AGEG12Xd
こんばんは

>>26
>これは熊の置物ですか?
多いのはディズニーの人形です。
魔女を模した70cmくらいのがあって邪魔で邪魔でしょうがないです。
ネットで調べてみたら二万円でした。

>何故か皆疲労を溜めるような行動を取ります。
これは若い人が多かったんじゃないですか?
性格的な問題もあるのでしょうが、
概して若い人は何でも手をかけてやろうします。
逆に、ホワイトカラーをリタイアしたおじさんとかは緩くやろうとします。
昔からこういう仕事をしているおじさんはキチンと緩急をつけてます。
慣れると大体そこに収束されていきます。収束されない人もいますが(w
意味ないところに力を入れすぎると疲れるし、ますます意味ないです。

>重たいものを運ぶさいのコツ
何でもかんでも腕だけでやろうとする人がいますが、
物が汚くないなら体全体で支えた方が圧倒的に楽ですね。
俺は産廃のバイトを一年半くらいやってましたが、
引越のような精密さが必要ないので楽でした。
ぶっ壊したり引きずったりしてもいいので。

29 :けし:04/03/30 01:10 ID:AGEG12Xd
>>27
新聞関連の資料とは渋いですね。
新聞と江戸看板図譜とがどう繋がるのかちょっと気になります。
一冊2万円代はきついですね。二万円あれば個人全集が買えますね。

>銀河ヒッチハイクガイド
オメです。
俺はどうもSFは苦手です。特にハードSFはダメです。
推理小説好きとSF好きはかぶるみたいですが。
多分、子供の頃にロボットや宇宙人に憧れなかったからだと思います。
ホームズは好きでしたが。

久しぶりにクリスティーを読んだのですが、面白かったです。
モナミ、チョコレートは神経を休めてくれる。

30 :けし:04/03/30 01:42 ID:AGEG12Xd
子供の時の嗜好で、

アニメ好き → 軍事、歴史、コンピュータ
SF好き → 哲学、精神
ホラー好き → 精神、宗教
童話好き → スピリチュアル系
推理小説好き(男) → 科学
推理小説好き(女) → 文学

という流れを思いつきました。適当ですが。

31 :ノし:04/03/31 00:13 ID:AHK8tCLt
授業登録をしてますが、あいかわらずワケわからん。
シラバスには、いつどこで授業がなされるのか記されていない。
時間割には、シラバスのどこに記載されているのか書いていない。
二つ合せてひとつの情報はずなのですが、リンクされるのは名前のみ。

名前のみを検索の対象として、受講科目を搾っていうという作業なのですが、これが昔か
ら苦手です。

これ作った人頭が悪いと思うんですわ。
まず時間割表は基本的に情報を収集する為のインターフェースではありません。
あくまで、情報をまとめあげた一覧なので、そこから情報を選び出すというのはバカバカ
しいわけですよ。冷凍した氷で湯を沸かすみたいな。
シラバスについてですが、興味を持った授業が時間的にかちあう場合が多いので、いつど
こで行われるかという情報は記載しておくべきです。
このわずかな手間とスペースを省いたために、何万人という人間が、無駄な時間を使用し
て、時間割表から情報を読み取らねばならない。
受講の登録に既に30分かかってますが、この時間があれば俺はくだらない小説なら一冊、
学術書っぽい本ならば、100p程読めます。

32 :ノし:04/03/31 00:16 ID:AHK8tCLt
上の文章、あらくてごめんなさい。
あまりに頭にキたので、来週あたり学生課辺りに、文句を言いに行くつもりです。
ついでなので、Word と Excel と IE を強要するWEBページについてもケチをつけるつも
りです。一企業の技術を学生に強要するのは、中立の立場にいるべきである大学としては、
恥ずべき行為でしょう。
まぁ、そんなのは建前ってのは分ってるんだけどね。

33 :ノし:04/03/31 00:21 ID:AHK8tCLt
>>28
ディズニーは好きじゃないので、必要ないですね。
熊が鮭をくわえている置物は好きです。
あれの70cm台の置物であれば、俺が2万円で購入したのですが。

>昔からこういう仕事をしているおじさんはキチンと緩急をつけてます。
これはありますね。全ての行動を緩くやると逆に疲れます。
疲労に対する教育は必要でしょう。

>ぶっ壊したり引きずったりしてもいいので。
これは楽ですね。バラすのは良いのですが、気をつかわなければならないと困ります。
古物商に元家具工場で働いていた人がいましたが、この人は凄い人でした。
なんでもバラしてしまう。
モノを見ると構造が理解出来るそうです。人をバラすのも得意ですかと聞きたかったので
すが、恐くて聞けませんでした。
ちなみに家具屋はシンナーの臭いで脳味噌が溶けてきたので辞めたとか言ってましたよ。

34 :ノし:04/03/31 00:29 ID:AHK8tCLt
>>29
>新聞と江戸看板図譜とがどう繋がるのかちょっと気になります。
江戸看板図譜は俺が勧めたわけですが、狙ってたモノだけにかなり悔しかったです。

何故に関連するかと言うと、江戸時代に看板は文盲の人でも理解出来るように、象徴的な
形で作られていました。つーわけで、江戸文化は見立ての文化でもありわけであります。

翻って新聞ですが、あれも字を読んでるわけではなくて、新聞というコードの中で情報と
らしきモノを受け取ってるわけです。
不定形な情報を新聞記事に見立てるわけですね。

もうひとつ、新聞の記事は一応記事ですが、宣伝でもあるわけですね。
初期の頃、新聞記事の中心になったのは、港に船が到着したという情報だったとの事です。
これは同時にコマーシャルのはじめでもあります。

彼は新聞自体を研究するのではなくて、新聞を作るっぽいので、江戸看板図譜をお勧めし
ました。

ヒッチハイクガイドはかなり変な小説です。イギリスの皮肉がたくさん。
SF ってのは小説の技法というか突飛な粗筋が多いので、勉強なるというか、自分の貧弱
な発想を再認識出来るので、好きです。
たまに、俺の勝ちだな、と思ってしまう部分がありますが、自惚れというのは恐しいもの
だと思います。

35 :ノし:04/03/31 00:32 ID:AHK8tCLt
まぁ、コーヒー飲みながら、文字を撃ち込んでたら、なんとなく気持が落ちついて来たか
も。受講登録はムカつきますが。

>>30
これ、残念ながら当てはまるものがないので、検証出来ませんでした。
プラモが好きだったけど、下手糞でしたね。俺は手が不器用です。器用なら職人してたん
だろうなー。

36 :ノし:04/03/31 01:43 ID:AHK8tCLt
やっと終了、無駄に時間がかったよ。
マジ頃すぞ、大学。

37 :けし:04/04/02 05:01 ID:9CU0bMpC
サンマが安かったので焼いて食べたら部屋が魚臭くなりました。
気持ち悪いです。何故か腰が痛いです。

>>31
授業登録は全く記憶にないです。
いわゆる中の人が自動的にやってくれたんだと思います。

話は違いますが、俺は接続すると勝手に音楽が鳴るホームページが嫌いです。
トップページが動画なのもそうですね。おいおい、こんなの見たくねぇよと(w
デザインが悪いとか見にくいとかはその人の趣味、技術なのでしょうがないと思いますが、
強制的に音楽を聴かされるとムキーです。せめて選択式にしてほしいです。
ブラウザやモニタサイズが設定されているサイトもそうですが、
こういうのは無自覚な暴力だと思います。

38 :けし:04/04/02 05:11 ID:9CU0bMpC
>>33
ディズニーは映画もアニメも見たことないです。
名前はわからないですが黒い犬が好きです。
モニタの上にはとっとこハム太郎の人形が乗ってます。
餌をあげなくても死なないので楽です。

>江戸時代に看板は文盲の人でも理解出来るように(ry
なるほどです。盲点でした。

>新聞というコードの中で(ry
これは記号ということですよね。
新聞を取ってないのでよくわからないですが、
感心の無い事が軽く目にはいるのは少し役立つかなー程度の認識です。
ネットでニュースを読んでも興味がないところは見出しをチラッと眺めるだけですが、
新聞は金を払ってるので一応興味ないところも読もうかという。

イギリスの皮肉は大好きです。女性の方が上手い気がします。
セイヤーズとかクリスティーを読むと、嬉しくて嬉しくて涙が出そうになります。
イギリスの皮肉はアメリカと比べると自虐的でウェットな気がします。
例えばハメット、チャンドラーという二者をとると同じ私立探偵小説でもチャンドラーは圧倒的に
自虐的ですが、青年期をイギリスで過ごしたという事が影響してるんじゃないかと思います。

39 :けし:04/04/02 05:32 ID:9CU0bMpC
>発想
おっこりゃすげーなーと思うのは、大体知らない分野から出てきてるものなんですよね。
2chやっててアニメ好きな人や思想好きな人のカキコを見ると、
初めはスゲー発想だなーと思うんですが、その人のバックボーンを辿ってみると、
あーこれの事言ってたのねというのがわかっちゃってショボーンです。
「何とかを読め。話はそれからだ」というのがありますが、
そういう事を言う人はホントに読んだだけで、こっちがそれを読めば、
話はそれからだもなにも話は終っちゃうんですよね。
せめて言葉遣いやテーマを変えてくれれば面白いんですが。

ペーパーバックSFの人はホントに頭で考えに考えたというよりは、
事前に見たテレビや新聞記事、その日の食事なんかがかなり影響してるんじゃないかと思います(w
ところで、突飛な発想って方法的に出来ますよね。
極端な話、コンピュータにランダムに作らせてもいい。ツァラの「帽子の中の言葉」と一緒ですね。
もちろんその良し悪しを判定するのは自分で、そこが一番肝要ですが。
大塚英志という人がいて、この人は小説スクールで生徒にタロットを使わせて、
ランダムにプロットを作らせてそこから書かせていくという事を試してみたそうですが、
それでも流通してる最低ライン程度の物は出来たそうです。
なんだかなーというのはありますが、その作法の正否以前に、
方法的にやってもそれなりに出来ちゃうという事を無視しちゃいけないんじゃないかと思います。
でもやはり読んでる側は面白い作品を読みたいという部分と並立して作者を見たいという部分があって、
そのどちらかを切り捨てちゃうと、詩は帽子の中の言葉で良い、小説はタロットで良い、
あるいは好きな作者ならつまらなくても良いになっちゃうんですよね。
関係ない話になっちゃいましたが。

40 :けし:04/04/02 05:48 ID:9CU0bMpC
ちょっと脱線を。
ホントにアニメや小説の登場人物になりきってるんじゃないかという人が2chにいて、
初めは冗談だと思ってたんですが、レスが返ってくると普通に返してるんですよね。
生涯や過去のくだりはホントにそのまんまの引用なのに特に引用だという事も書いてない。
よくある「超美人☆」とか「東大卒の天才!」「大金持の令嬢よ☆」あるいは、
「綿谷りさだけどなんか質問ある?」「ビル・ゲイツですがなにか?」というレベルじゃないんですよね。
骨肉化されてる。的確なレスを返すので冗談なのかイッちゃってるのか判別がつかないのですが。
素のレスと空想のレスの境界線が曖昧なんですよね。
まともなレスの合間にポツンとおかしなのが出てくる。
そのおかしさってのも溶け込んでいて一見わからない。
冗談やイッちゃってる以前に頭は良い人だと思います。
微妙な矛盾がたくさんあるので俺はほとんど嘘なんじゃないかと思ってますが、
周りの人はそれなりに信じてるっぽいです。ここが一番不思議なのですが。
冗談でやってて周りの人が信じたからそのまま続けたのか、
それとも初めから自分でも信じ込んでるのかが微妙なんですよ。
たぶん前者だと思いますが。

>>35
軍事とアニメは結構繋がっている気がします。
アニメ好き→軍事&歴史好きじゃないですが、
軍事&歴史好き→アニメ好きは結構確率が高いです。歴史というのはだいたい日本史オンリーですね。
晴れた日に絶望が何とかというエロ漫画がその展開をよく表してました。
面白くはなかったですが。

41 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/04 18:27 ID:94Qn+caE
ノシ

42 :ノし:04/04/04 20:35 ID:/R6mkOE8
>>41
保守、熱烈乙です。

ところで私は、実家に帰ってました。
パソコンが動かないので直せとのこと。ついでに、デジカメの使い方等も教えてきました。

母親に教えるたびに思うのですが、パソコンは使いにくいですね。
Windows では、互換性の為か、そこかしこでインターフェースが異る為に、場所や手順で
操作方法を記憶している母親は混乱してしまうようです。操作の為の標準語はあるにしろ、
方言や死後、古語が強いというような感じですね。
OS を作っている人はプログラムは詳しいかもしれませんが、言語に関しては素人だとつ
くづく思った日々でした。


43 :ノし:04/04/04 20:39 ID:/R6mkOE8
>>37
俺はサンマが好きです。
サンマや鰯のサシミはかなり美味しいですよ。
まぁ、なかなか食べる事ができないわけですが。

>こういうのは無自覚な暴力だと思います。
その通りですよ。
個人のページであれば、別になにしてもかまわんと思うのです。
必要な情報があれば、こちらが我慢して見れば良いわけですし、なければ見ない。
ただ、公共的なページでも酷いモノがありますな。
大人の癖にショモないことするなよとか思いますよ。

44 :ノし:04/04/04 20:45 ID:/R6mkOE8
>>38
34はわかりにくくてごめんでした。
深く考えてない事を書くとああいう感じになっちゃいます。
>不定形な情報を新聞記事に見立てるわけですね。
>新聞社は不定形な情報を事件(センセーション)に見立てるわけですね。
のが伝わりやすいかな? よーわからんです。

新聞は時代遅れですね。でも時代遅れなものは強いです。
書物なんかもその系統かな?
なんのためにるのかよくわからんけども、たしかに存在しているものってのは恐くて面白
いです。

ハメットは山下清系の思考方法ですね。
実はハメットとチャンドラーならハメットのが、僕は好きなんですよ。
目の前にあることはあることで、それ以上のなんでもないみたいな感じ。

45 :ノし:04/04/04 20:52 ID:/R6mkOE8
>>39
>おっこりゃすげーなーと思うのは、大体知らない分野から出てきてるものなんですよね。
おー、そういう傾向はありますね。
今までの生涯で一度だけ、凄い発想をする人だなーと思ったことがありますが、知ってい
る事柄の対象が異るというのが、そう思った強い理由だった気がします。
二人の共通項が Appleコンピュータを好むという点だったのだけど、その話題で会話をし
ちゃうと、彼の輝きは消えてしまいました。
知ってる事柄だと同じ位たくさん思い付くことができちゃうわけです。

意外性のある発想のしかたの手順がありまして、
その話題に関連する2つの方向性の異る対象を見付ける→その対象を組合せる
以上で完成です。


46 :ノし:04/04/04 20:54 ID:/R6mkOE8
>>40
>骨肉化されてる。的確なレスを返すので冗談なのかイッちゃってるのか判別がつかない
>のですが。
読みてーですね。モトネタが分るか微妙ですが……


47 :けし:04/04/06 22:40 ID:nCvQ3NjA
(;´Д`)コンバンワニ
季節柄、蔚の嵐に襲われてます

>>42
機械おツです
>場所や手順で操作方法を記憶している
そういうのありますね。家の人もそうです。
何かの手順を一つ覚えても、そこから応用がきかない。
俺は機械類はあまり興味が出ないので、
初めに説明書をチラッと読むだけで後は適当にやってます。
トラブっても適当にいじると直ります(w
それでも特に問題はないので、母親にも一々説明書を読まないで適当にやればと言うのですが、
どうも上手くいかないみたいです。
再生・録音だけのカセットデッキみたいな簡単パソコンが中年に流行るんじゃないかと思います。
機能を増やしてリッチにするんじゃなくて極限まで減らした方が良いですね、きっと。
キーボードも携帯と同じであ行、か行・・・の連続押しでキーを合計20個くらいにして(w

48 :けし:04/04/06 22:45 ID:nCvQ3NjA
>>43
俺もサンマは好きです。
魚は閉店間際のスーパーでよく買いますが、
特に食べたくなくてもパック寿司が半額になってるとついつい買いたくなります。
回転寿司より安いです。

>公共的なページでも酷いモノがありますな。
そうですね。困ったちゃんプンプン
これもまたリッチにするんじゃなくて極限までソリッドにした方が良いと思います。
俺のパソコンは通信速度が遅いので、
でかい動画かまされると止まっちゃうんですよね(w
壁紙と文字色が被って字が読めないのは最悪です。

49 :けし:04/04/06 22:58 ID:nCvQ3NjA
>>44
>新聞社は不定形な情報を事件(センセーション)に見立てるわけですね。
わかりました。全然違う事を考えてました(w

前はチャンドラーの方が好きでしたが、今はハメットの方が好きです。
犯罪小説では、最近ジェイムズ・エルロイを六冊一気読みした。
ハードボイルドよりもノワールの方が俺には向いてるみたいです。

>>45
>知っている事柄の対象が異るというのが(ry
それはありますね。
やっぱり、人間みんな野蛮人というやつでしょう。
たかだか一回きりの人生で、スーパーマッチョにはなれないと思います。
平面の中の一点みたいなものですね。
場所がちょっとズレるぐらいで、点の大きさはほとんど同じだと思います。
自分から近いか遠いかの違いだけで。

>その話題に関連する2つの方向性の異る対象を見付ける→その対象を組合せる
>以上で完成です。
これは俺も同じような事を考えてました。
俺の場合は、その話題に関連しない二つの事柄を組み合わせるですが。

50 :けし:04/04/06 22:59 ID:nCvQ3NjA
>>46
これは微妙なんですよね。元ネタは俺もちょっとしかわからないです。
書くと差し障りがありそうなので詳細は内緒で・・・

51 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/07 14:17 ID:tUdP75Yf

|  ≡  ∧_∧
|≡   ( ^^   ) ひゃっ!
|  ≡ /  つ_つ
|≡  人   Y
|  ≡し'ー(_)      山崎渉(^^)


52 :けし:04/04/11 00:20 ID:dKA7Woqj

| ( ・ω・)   | | ガッ   ≡∧_∧
|と    )    | |   ≡   (;´Д` ) ひゃっ!
|   Y /ノ   | |    ≡ /  つ_つ
|    / )  //. _≡  人   Y
|  _/し' //.      ≡し'ー(_)     
 (_フ彡 

53 :けし:04/04/11 00:30 ID:dKA7Woqj
cygwinをインストールしてみますた。
タダでプログラム組めるので(・ω・)イイ!ですね。
大した事するわけじゃないですが・・・

54 :ノし:04/04/11 14:24 ID:WPFKU1/z
なんか毎日学校にパソコンを持ち運んでるんですが、昨日 5.1>5.2にアップデートしたら
ば、えらい面倒な事になって、今まで設定しなおしてました、疲れた。

Cardbus でPC-CARD の扱いが変化したみたいで、 pccard.conf は読みにいきません。
rc.confに
devd_enable="YES"
inetd_enable="YES"
を記入、 start_if.wi0 (ディバイスによって違います) に ifcnfig 関係の設定を適当を
書いて、実行権限を与えてください。

55 :ノし:04/04/11 14:30 ID:WPFKU1/z
>>48
最近、次世代テレビの普及がテコ入れされつつあります。
田舎にいると、ハァ? ってな感じなのですが、東京では次世代テレビの為のインフラが進ん
でるみたいです。メーカーの開発者の人は東京に住んでるので、なんの疑問も持たずに、
最新のインフラに合せて商品を設計するみたいです。
迷惑な話ですよ。

>>49
海外小説読書計画は頓挫中です。
一昨日、女の子から「時間と空間を扱った論文を紹介して欲しい」と聞かれたので、タイ
ムマシーンを紹介しておきました。
人から難しい事を聞かれた時に大衆小説やSF小説を紹介すると、なんとなくインテリっぽ
い印象を与えられるような気がしないでもないです。

>>50
数時間の間はかなり気になってたのですが、今日はあまり気になってないみたいです。
人間の記憶とか感情って好い加減ですな。
最近は頭に来ると、100年たったらどうでも良い事だよな、と考えるようにしてます。

56 :ノし:04/04/11 14:36 ID:WPFKU1/z
>>53
前にも書きましたが、俺はプログラムは全然駄目です。

実はプログラムとかコンピュータの仕組みとか分ってないので、ショムない事に莫大な時
間をかけちゃいますよ。
メモなり学習なりすれば良いんですが、その時上手に動いてりゃそれでオーケーみた
いな感じなので、俺は多分永遠にコンピュータを制出来る人にはなれないと思います。

最近PowerBookが欲しいです。
何故かアップルからキャンバスバックが送られて来ました。
アップルストアで、一度も買物をした事のないのになー。
リンゴマークがダサいです。

57 :ノし:04/04/11 14:53 ID:WPFKU1/z
さて、大学ですが、文学の授業は結構楽しいです。

比較文学の教授に、蝦夷浄瑠璃の事を聞いたら「ハァ? なんの本にのってたのそんなモン?」
とか聞かれました。いちいちそんなモノ覚えてないです。

江戸時代ユーカラを日本人も聞いてたみたいで、それを蝦夷浄瑠璃と呼んでいた様子です。
内容は謎です。知りたいですが、本高そう。

口承文学について勉強しましたが、日本のと比較するとヘボいですね。
外国だと、どうしてもその場で楽しむというのに留まってしまい、講談とか落語みたいに
その国の高い文化を享受している人間が楽しんだりということは少ないみたいです。

日本は漫才なんかも、凄いです。
エンタツアチャコの漫才を聞いた事がありますが、リズムが凄いんですよ。
笑えるというよりも、聞いてて心地良いです。

58 :ノし:04/04/11 14:55 ID:WPFKU1/z
蝦夷浄瑠璃は本格的に聴かれてたモノではない様子です。
話を楽しむというよりも、言葉のリズムを楽しんでたっぽいですね。

59 :ノし:04/04/11 14:59 ID:WPFKU1/z
もうひとつ。
http://www.lib.hokudai.ac.jp/riyoannai/hoppo2/index.html
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/detail/index.html
結構面白いです。
これが絵が綺麗ですよ。
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/kyuki.cgi?magoid=0A022650010000000&page=1

60 :けし:04/04/12 00:31 ID:xcF1et43
わんわん
めっきり暖かくなって半袖の気分です。
気分だけですが。

>>54
アップデートは面倒くさいですね。
俺はどうしても必要にならなければ何も更新しないです(w

>次世代テレビ
たしか数年後には全部デジタル放送になるんじゃなかったでしたっけ。
がっぽり儲かりそうですね。

61 :けし:04/04/12 00:31 ID:xcF1et43
>>55
>海外小説読書計画は頓挫中です。
そうですか。しょうがないですね。
最近見つけたのですが、ここは良いですよ。
ttp://homepage1.nifty.com/y_nakahara/siryousitu.html
特にハメットが詳しいです。数年後に計画が再起する事があれば多少役立つんじゃないかと思います。

>大衆小説やSF小説を紹介すると(ry
それはありますね。これもまた方法的に出来ちゃうというのが面白いですね。
2chで、「どーせおまえらにはわかんねーだろーけどな」という感じで、
専門用語や人名、書名がオンパレードされてるのを見ると、
 必 死 だ な w  と書きたくなっちゃいます。
基本的に用語や人名は出さない方が論駁される可能性は減りますね。
道筋があるので、ただ知っているというだけで論駁の形が出来る。
「アホか。○○の××からこうなんだよ」
「アホはおまえだ。○○はもう終ってる。時代は△△だ」だけなのを見ると笑っちゃいます。

62 :けし:04/04/12 00:32 ID:xcF1et43
SFではベスターの「虎よ!虎よ!」やヴォネガットの「スローターハウス5」なんかが面白いと思いますよ。
推理小説にはなんかあるかと考えて思いついたのが「時の娘」ですが、これは時間ではなくて歴史ですね。
おっさんおばさんが読む推理小説もありますが、同様に空間じゃなくて旅行ですね。

カントの主著やハイデッガーの有名なやつ、
岩波文庫のアインシュタイン辺りが妥当なんですかね。
「ゾウの時間 ネズミの時間」というのもありますね。
ちょっと違いますが、朝永振一郎の「光子の裁判」(岩波文庫「量子力学と私」収録)は、
ミステリー仕立てなので読みやすいんじゃないかと思います。
ちょうど今日見つけたのですが、これ面白いですよ。
ttp://mira.bio.fpu.ac.jp/tadas/cgi-bin/dye_boots/showpage.cgi?OhtaniNakamura

>>50は大した話じゃないです。
最近はあまり見かけないですが、この板の人のことなので、
その人を知っている人や当人が万一詳細を読んだ場合、
誰の事を指しているのかわかっちゃいそうなので。

プログラムと言っても、簡単な計算をしたりグラフを描いたりするだけです。
プログラムって結構得意で、500ページくらいの○○言語入門とかなら
三日もあれば大体読めてなんとなく使えますが、実際に使う機会がないのであっという間に忘れちゃいます。

63 :けし:04/04/12 01:07 ID:xcF1et43
ホームページ見てきました。ズームが鮮明でびびりますた。
江戸時代の妖怪図鑑みたいなのを見たことがありますが、
絵柄は蝦夷漫画とほとんど同じです。
漫画に式というがありましたが、あれはfunctionとほぼ同義で、
関数、テクニックなんだそうです。
式をたくさん知ってる人が良い霊能者だったそうです。
能力云々じゃなくて技法なんですね。

ところで、URLのambitiousというのはクラーク博士からきてるんだと思いますが、
大志を抱けよりも、「校則は一つでいい。be gentleman」の方が格好良いと思います。

漫才は生で見たことないですが、リズムやテンポ、間(ま)が大事みたいですね。
そんな事をダウンタウンが言ってました。

ふと思い出しましたが、綾辻行人の「時計館の殺人」は時間を扱った良い推理小説です。

64 :ノし:04/04/14 15:19 ID:+lHsTeZF
テス!

65 :ノし:04/04/15 00:13 ID:21CwzVmR
最近ホットドックを食べてます。
パンの部分が6個で104円、ソーセージが10本399円、キャベツが104円。
かなり適当な計算ですが、ひとつあたり60円程度なので、結構お勧めです。
ケチャップのかわりにトマトをスパイシーに炒めたものを使用すると美味しくなりますが、
トマトは高いので、贅沢気分の時にでも。

>>61
そのサイト凄いですね。
暇な時にでも順番に読んでみようかな……
>2chで、「どーせおまえらにはわかんねーだろーけどな」という感じで、
これはあんまし格好良くないっすね。
世間的に評価(教養)が低いとされているものを大見得を切ってお勧めするのは格好良いで
す。ただし、かなりその分野に自身がないと出来ませんけども。

66 :ノし:04/04/15 00:20 ID:21CwzVmR
>>62
おー、やはりプログラミングが得意な人でしたか。

詩関係の文章を読んだ時に、なんとなくそうじゃなかろうかと思ってましたが。
金子光晴はプログラミングは出来なさそうですが、山之内獏はかなりプログラミングが上
手そうです。小説家では横光利一なんかもプログラミングが得意っぽいですね。

俺は一度 Mac でどうしてもテキスト処理がしたくなって perl を勉強した事があります
が、全然駄目でしたね。正規表現とかもやっとかっとみたいな感じ。
覚えないと絶対に使えないってのが駄目なんですよ。
覚えなくても使えるが、覚えるとなんとなく便利ってのは得意なんですが。
良い霊能力者にもなれないっぽいですね。

時計館の殺人はなんとなく読んだ事があるような、ないような。
高校生の頃、推理小説が好きな人から借りた記憶があります。
あの頃は小説関係に自信がなかったので、おおっぴらに推理小説を読む事が出来ませんで
した。馬鹿馬鹿しいプライドですけども。

67 :ノし:04/04/18 23:46 ID:1hzhk2Tw
ども。
最近やたら眠いです。

68 :けし:04/04/19 03:18 ID:c1+htBlV
こんばんはです。ちょっと参ってます。
ここ数年は大体一年のバイオリズムが決まっていて、
4月から6月くらいは混乱の時期と決まっています(w

ホットドッグ、早速作ってみました。(・ω・)イイですね!
最近はサンドイッチに凝っていたので、同列の系統で美味しいです。
あのサイトは俺も全部は読んでないです。かなり力が入ってますね。

プログラムは森鴎外が凄いんじゃないかと思います。
俺は何事も抽象的に考える癖があるので、
抽象的なことの方がわかりやすいです。
逆に、小説を読むのは時間がかかります。
小説の方が読みやすいという人もいますが、
単純にスピードの面からだけなら俺は理論的な本の方が大分早く読めます。

全然関係ないのですが、大分前になんかのスレに現役国語教師という人が登場して、
「自分は芥川のトシシュンがわからない」と書いてました。
何を言っているのか全く理解できないと。
で、その人はトシシュンについての感想を述べていたのですが、本当に読めてない。
大体小説を読む人は、一般的な読み方を解した上で自分の感想?を展開していくのだと思いますが、
その初めの段階すら出来てなかった。
別にそれが悪いとか、今の教師は云々と言いたいわけでは全くないのですが、
それが何故かしこりとして俺の印象に残り続けてます。
まだそれを自分でも整理できてないので、意味不明ですが(w

69 :けし:04/04/19 03:48 ID:c1+htBlV
「俺は感性ありまくりだから批評やってまーす」と呑気な事を言う人がいましたが、それは話が逆で、
なにか有り余るものを感じてどうしようもない苦しみを感じた人が、
死にそうな気持ちで批評を書いてるんじゃないかと思います。
落とし切れないものを無理やり何かに落とし込む、
そうしなければ苦しくて仕方ないという感じで。
それは勿論たった一つの正解というわけでは全くなくて、
自己に沿った形式、本と自分の苦しみをかけたものというか。
対象が本じゃなくて現象であったり人であったりしても同じですが。

論理で語るという事は何も感じていないという事ではなくて、
逆に発散して何処にも収束しない感情を無理やり収束させるためという側面もあるんじゃないかと思います。
そういった意味合いで論理を使っている人も世には結構いるのじゃないかなと。
また、自分の直観は信じているけどそれは無前提に
他人に通じるものじゃないと骨の髄まで理解したところで論理がでてくる。
格好つけるためにどっかから借りてきた杓子定規で堅苦しい規定を押し付けるという事ではなく。
そういうのは最悪だと思ってます。

70 :けし:04/04/19 04:38 ID:c1+htBlV
ところで、最近自分の言葉の通じなさを痛感しました。
無遠慮な経験主義は軽蔑していますが、
なんだか離れすぎちゃったという気がします。
世間との乖離が怖くなることがあります。
乖離というのはフィジカルな意味ではなく。
その責はもちろん全て自分にあるのですが。
こういった感情は誰もが時に抱く事だと思うのですが、
その時に、世間を見下したり他者をバカにしたりする、
あるいは特権意識を持ったりする人を常々羨ましいと思ってました。
皮肉ではなく。俺の考えはいつもその逆を志向しています。

71 :けし:04/04/19 04:46 ID:c1+htBlV
上のレスは、「その時に」の後に「無根拠に」が抜けてました。
根拠と熟慮あって考えを組み立てる人は常に尊敬しています。

頭が疲れてるので、
意味不明だったかもしれないです。
ごめんです。

72 :ノし:04/04/19 07:56 ID:ndA6qV1R
おはよう。

>4月から6月くらいは混乱の時期と決まっています(w
俺は一年中同じです。
気温とかで物理的に行動が規制されちゃったりしますが。
鴎外はたしかに凄そうだけど、彼の書いたプログラムは使いたくないですね。
設定が殺人的に多かったり、ある操作をする為に4つくらい手順があったりしそうです。

あんまし関係ないですが、鴎外の翻訳が変なのは、あまりに正確に翻訳しようとしたのが
原因っぽいです。二葉亭四迷なんかは、ある時期から適当に翻訳してるかな?
あいまいな記憶ですが。

>大体小説を読む人は、一般的な読み方を解した上で自分の感想?を展開していくのだと思いますが、
>その初めの段階すら出来てなかった。
これは沢山読むことによってクリア出来ちゃうんですよ。
自分の持つ経験とか、その結果産れたコードとは別のものがそこでは展開されるのはしょ
うがないので、そのままそれを読むようになる。
ただし、頭には全然入って来ません、本当に読むだけ。
俺は小説に出てくる登場人物の名前とかってほとんど覚えてません。
どうやらその人物の行動で区別してるみたいです。

73 :ノし:04/04/19 08:00 ID:ndA6qV1R
季節が良いので、眠いけど元気です。

>>69
>死にそうな気持ちで批評を書いてるんじゃないかと思います。
あんまり関係ないけれど、日本の伝統で、苦悩をするのが偉いというのがあります。
小林秀雄はじめいろんな人がカッコよくそれを文章にしちゃったので、未だに残ってる感
じです。
本当に苦悩するのは良いことですが、それがポーズになっちゃうとダさいですね。

>他人に通じるものじゃないと骨の髄まで理解したところで論理がでてくる。
清さんはそういうのを理解してた気がします。
ただ、それをしゃーねーものとして認識してたので、暗さがないわけで。
ただ明るいのは馬鹿ですが、暗さを越えた明るさは好きです。

なんか69の書き込みとは全然関係ないんですが。

74 :ノし:04/04/19 08:08 ID:ndA6qV1R
>>70
>その責はもちろん全て自分にあるのですが。
これは大事ですよ。自分をどうやって教育するのか、決めたのは自分ですから。
環境なんかに依る所も大きいですが、最終的に決めたのはやっぱし自分なんですよ。

前も書きましたが、俺はある部分では貴族ですが、ある部分では未開の国の住人です。全
てにおいて貴族な人は存在しません。

他者の全てをバカにするのはよくないですが、その人に敬意をはらいつつも、馬鹿にする
のは良いことだと思います。

75 :ノし:04/04/19 08:37 ID:ndA6qV1R
俺の書き込みもなんかアレですね。
全て気候が原因です。

家に5年前に発売されたデジカメがあるんですが、写真でも撮って遊ぼうかなーとか思っ
てます。
なんかあんまり興味ないことをすると楽しかったりしません?

76 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/19 15:59 ID:YTdEzSSs
コトばを吐き出す人間は
すべからく苦悩せぬ事なし

77 :けし:04/04/19 23:57 ID:AE5LLmyn
ども。

>>76
おー、そうかもしれないですね。
「すべからく」が分からなかったので検索しちゃいました。

>>75
そういうのはありますね。新鮮で。デジカメは楽しそうですね。
俺は鬱々としてたので久しぶりにパチンコしてきました。
いい加減なモンで、今日は元気です。

78 :けし:04/04/19 23:58 ID:AE5LLmyn
>>72
>鴎外の翻訳が変なのは(ry
そうなんですか。鴎外の翻訳は読んだ事ないです。
内実をいじるより逐語的に訳す方が楽ですね。マルクスは字が物凄く下手だったそうで、
彼の文字はエンゲルス他数名くらいしか解読できなかったらしいのですが、
そのためにドイツ版よりも他国語の方が著作を早く印刷に回せたそうです。
自国語で意味を考えて解読するよりも逐語の方が楽なので。

>これは沢山読むことによってクリア出来ちゃうんですよ。
うーん、俺もその人の事を詳しくは覚えてないのですが、
ほんとに「ネタか?」というくらいのレベルでした。
国語教師であるならそれなりに本読んでるはずなのに、
これはないだろという感じで。

俺も名前はあまり覚えてません。
名前は文字面で読んでます。
なので、ずっと苗字だけだった人がいきなり
ファーストネームで出てきたりすると混乱します(w

79 :けし:04/04/20 00:00 ID:UbOTtoeK
>>73
>日本の伝統で、苦悩をするのが偉いというのがあります。
最近、吉本隆明の初期作品集という若い頃に書き溜めた断片集みたいのを
読んだのですが、これはほんとに染みました。
こんなにダイレクトに伝わってきたのは久しぶりです。

俺は発言は全てが程度の差はあれポーズだと思ってます。
「確固とした自分を持ちたい」というのがオカシイと思うのは、
場面場面でキャラクタをみんな切り替えてる。
最低限の了解の範囲は誰にでもあり、
それがあるという事は本当にポーズでない事は不可能じゃなかろうかと思います。
計算高い人なら言葉を介さなくても行動にポーズをもたらせる。
ポーズといったらちょっと違いますね。最低限の意識化は必ずあるというか。
言葉を捨てたいと言う人もいますが、その考えに行き着くぐらいの人なら、
それが無理だということはわかってるはずなんですよ。
アポリア。清さんは凄いですね。

暗さや苦悩というのはある種の免罪符に成り得ると思います。
自己防衛といういうか。相手に沈黙を強いる効果?
それが嫌なら常にハイな振りをしてれば良いということになりますが、
そうもいかないわけで。心底ダークになる事もある。困ったちゃんですプンプン
そういう時は黙って寝た方が良いですね。と気付きました。

80 :けし:04/04/20 00:03 ID:UbOTtoeK
>>74
俺は最近憂鬱で、それは久しぶりに高校の友達に会った事とか、
吉本隆明の初期ノートを読んだ事とか人質事件への様々なリアクションを見たとか
に大体還元できるのですが、少し時間が経てば気分は良くなってくるわけで、
いい加減なモンです。環境とか肉体条件とかも頭に影響しますね。ようわからないですが。

>他者の全てをバカにするのはよくないですが、その人に敬意をはらいつつも、馬鹿にする
>のは良いことだと思います。
それは俺もそう思うのですが、聞き手が介在する場合、これは結構危険だと思うんですよ。
その対象に対して、話し手と聞き手とが同じような認識を持ってる、
あるいは聞き手が話し手をある程度わかっているのなら問題ないですが、
そうじゃないところでこれをやっちゃうと、
その聞き手は対象が本当にただの馬鹿だと思っちゃう。
また、聞き手が話し手に対して盲目的崇拝を持ってると同様に無媒介に通っちゃう。
で、これもポーズに成り得るのでその対象をよく知りもしないのに
受け売りの批判をしても、それが疑問符を通過せずにストレートに聞き手に通っちゃう。
連鎖していくその運動がどうしようもなく嫌です。
何を言っても良いとは思ってますが、他者に対して本気で何らかの批判をしようとするなら、
自分に出来る限り対象を調べなくちゃいけないと思います。

芥川の人もそうなんですが、通じない領域というのは確かにあって、
そこでは冗談だったりニュアンスだったりが消失しちゃうんじゃないかと思います。
そういう領域は場所の違いはあれ誰にでもあると思うのですが、そこに踏み込んだ事に
気付かずにこちらを通しちゃうと、トラブルが発生する。貴族、未開人と同じ事ですが。

81 :ノし:04/04/20 08:45 ID:pefKJY0a
ポーズとか人との摩擦に関して。最近ちょこっと大学職員と喧嘩しちゃいましたよ。

立川文庫テキスト化計画なんだけども、大学に通ってるので、機械だけでも貸してもらえ
んかなーとか思ったけど駄目みたい。

コンピュータとかを扱ってる場所に聞きに言ったら、なんかそういう機械はないので、駄
目って言われた。
奨学金をくれる場所に行ってみたらば、自主ゼミとかいうのを作ればお金をあげることは
出来るよと言われた。「別に使った後は機械は必要ない。なのでそのお金で機械を購入、
でその機器みたいなのを学校にあげれば、他にこういう事をしたくなった人がこういう事
が出来ちゃうので、良いじゃんかよ」とか言うと、
「うんじゃ、学部の事務室で自主ゼミを作りたまえよ、頑張れ!」
と言われたので、学部の事務室へGo!

で、学部に行って
「たてまえで自主ゼミを作ろうかと思うんだけどもとか」
言うと、事務室の青山さんがいきなり怒り出したんですよ。
「君は金を大学から分捕ろうとしてるのか!」とか。
なんか青山さんは頭がよろしくないみたいで何回説明してもわからんのですよ。
青山さんは、君の話は理解出来ない、順を追って説明しろという。

別に順を追って説明しても良かったんだけども、立川文庫の成立の過程とか、無料のテキ
ストデータを公開する意義とかから説明しなくちゃならん。説明しだすと時間もかかるし。
なんで無料でそんな説明を、別に好きでもなんでもないむしろ嫌いな一個人にしなくちゃ
ならんのよ。面倒になったので、じゃー文書にして提出しても良いけど、そういうのを受
け付ける場所があるんかと聞いたら、無いとの答え。つーか、たてまえで自主ゼミが作れ
るかどうかを聞きたいだけなんだけどなー。

「えーっと要するにADFを登載したスキャンが学生の使用出来る施設にはないらしいので、
ないなら内緒で貸して欲しいんですが」とか言うと、それも駄目とのこと。

つづく。

82 :ノし:04/04/20 08:50 ID:pefKJY0a
なんか青山さんの話はよくわからんのだけども、彼の主な主張は、それは君が良いと思っ
てるだけであって、他の人が良いと思ってるわけではないとかいう非常に曖昧なものだっ
た。

「じゃー、大学にあるどう見ても趣味の悪い建物とかは、皆が良いと思ってるんっすか?」
とか聞くと「君は何を言ってるんだ」という返事でした。

なんか「君は何を言ってるんだ」というフレーズを20回くらい聞かされましたよ。

青山さんの駄目な所は、自分が価値判断出来ない領域に踏み込んでしまったことだと思う。
要点だけ説明すると怒るし、細かい説明すると理解出来ないし。事務的に出来る事、出来
ない事を教えて欲しかっただけなんだよね。

で、結論すると、大学では集団の活動であれば金とか出すのはオーケーだけども、個人的
な活動は駄目らしい。あんまし期待してなかったから別にかまわんのだけど、これってか
なり危険だと思ったりもする。

個人でゴミ拾いするのは駄目だけども、集団で人殺し活動はオーケーみたいな。これは極
端な例だけども、極端な時代がやって来た時、その人間は普段の規範によりそいつつ、極
端なことをしちゃうわけだし。

83 :ノし:04/04/20 08:58 ID:pefKJY0a
で、俺の計画は失敗したわけなんですが、以下のようにしたら良かったような気がしない
でもないです。

1.その辺りの教授にたてまえを交えて、丁寧に話しつつ賛同してもらう。
2.文学作品をテキスト化している集団のなかに個人的な知合いがいるので、その人たちの
協力を取りつける。
3.しかるべき場所で、なんか手続をする。
4.青山さんに申請する、青山さん大満足、みたいな。

でもさ、こういう事出来るんなら、8年も大学にいないというか、なんというか。
あと、人が沢山介在すると、たいがいのことはツマらんくなっちゃう。
自分勝手にやるからこそ、その結果が面白いものになるわけで。

ぶっちゃけた話をすると、大学で機材を借りたとしても、俺は10万程度の出費が必要なわ
けで、その上なんも得しないわけですな。
理由とかいっても、立川文庫をオッサンとかが読んで若者に説教するとオモロイからとか
だし、多分近代人の考え方とかじゃないっぽいです。
そういう人(未開人?)がいきなりやってきて、ツケツケ話をしたので、青山さん的には気
味が悪かったのだと思います。

ちょびっとだけ悪かったなーとか思ったりしますが、あんまし反省とかはしてないんです
けどもね。

84 :ノし:04/04/20 09:04 ID:pefKJY0a
俺の立川文庫計画について知らん人も読んでるかもしれんなー。

なんか昔、立川文庫つーバチクソ面白い小説群があったの。
でも、面白すぎるんで、誰も相手にしない。
読むには多少苦労をしなくちゃならない。

なんで、テキスト化して全世界に公開したいなー、とかいう計画です。

著作権の切れた、文学作品や評論各種のテキストデータ化はいろんな場所で進められてる
けども、比較的重要なモノから着手されてく事が多いです。

多分10年以内には、10冊程度公開出来ると思うので、読みたいけど金出すの嫌な人はもう
ちょっと待ってね。

85 :ノし:04/04/20 23:56 ID:pefKJY0a
さて、上のお話ですが、今日スキャナを無理矢理借りる事に成功したっぽいです。

ウチの大学には、なんか国から金出してもらって、デジタルアーカイブを作ってる場所が
あります。そこでボランティアとして仕事をしつつ、機材を借りる予感。

ただ、かなり機材がショボいので、多少不安です。
一分間に12枚程度スキャン出来るのかな?

まぁ、本来の目的は果したわけですが、本当は学部の事務員の人に紹介して欲しかったで
す。直接偉い人とか、その場にいる人と話をする方が楽に決ってるんですが、多分俺以外
の人がそういう事をしようと思った時、俺みたいな方法を取れるとは限らないわけで。

大学はカリキュラムから外れた人間の受け皿も作るべきだと思うですよ。

2回生とかから目の色変えて就職活動をしている少年を見掛けますが、将来ストレスで死
ぬんとちゃうかのぅとか心配しちゃいますよ。

86 :ノし:04/04/21 00:02 ID:G3Hqzz40
>人質事件への様々なリアクションを見たとか
これですが、俺は誘拐された側も誘拐した側も堕落したなーという感想です。
両者ともに、真面目さがないんですよね。

日本人は中国の革命の時なんかに、結構大陸に渡ってるんですよ。
浪人なんかも用心棒とかで。
北一輝もたしか行ってた気がします。
彼等は誘拐されるなんていうマヌケなことはされなかったし、死ぬ時は黙って死んでいき
ました、とか書きつつ、結構命乞いしたり裏切りまくったりした奴もいるに決ってるよなー
とか思ったりもしました。
ただし、少なくとも真面目だったわけですよ。

文学者では、中江兆民が漢文で翻訳したルソーの文章ですね。
その文章も革命に協力してます。

87 :けし:04/04/21 23:52 ID:UWGrhexs
おツ&オメです。
交易には通訳が必要ですね。

88 :けし:04/04/24 13:12 ID:hbLaYwox
事件自体への感想はあまり書きたくないので、
それを見てる側への感想を。というかマスコミとか、中傷手紙とか。

俺は、なんかあまりにも良い人を求めたり、
あまりにも悪い人を求めたりするのが嫌です。
理由はともかく、そこいらのニーちゃん、ネーちゃんが
イラクに行って捕まりましたという話だけなのに、
それを見てる側が、詩的なピュアネスだったり散文的な利己心だったりだけを見ようとするのが。
使命感でも人類愛でも利己心でもマネーでも名誉でも何でもいいんですが、
そんなワンワードで言い表せるようなものは多分当人にもないんですよ。
もっと錯綜としてるはずで。
なのに、「あなたは人類愛で行きました。でもそんなのは人類愛じゃないです」
あるいは「あなたは利己心で行きました。それは最低です」
また、「あなたは人のために行為をしようとしています。
    なら、捕まって私たちに迷惑がかかるので死ねますよね?」
という風に、自分によく分かるシンプルな理由に還元してそこから批判しようとする。
そんな話をすれば、批判に耐えうる人間なんて一人もいないわけで。
人のためにたって、ただ生きてるだけで人はみな間接的に人を傷つけてるし殺してる。
黙って餓死するしか正しい道はないということになる。
もちろん、それすらも批判されますが。
陰謀史観も同様で、スッゲー陰謀だったり、スッゲー悪を想定したりする。
それが漫画みたいにわかりやすくて批判しやすいからという理由で。
一枚裏を覗きました(コピペだったりおっさんのたわ言だったりを)というだけで安心して、
自分が正しいポジションに立ったと錯覚してメチャクチャな事を言い始める。
私は正しい、あなたは間違ってる。だから私はあなたを無制限に中傷しても良いんですと。
誕生から現在までの全てを否定する全否定。
政治は置いといて個人として見るときにも、自分のスタンスを正しいところに置こうとしてる。
汚れなき正義という自分のイメージのためには、汚れた悪の他者が必要になるわけで。
自分自身の曖昧さを考慮せずに、他者の曖昧さを徹底的に排除しようとするというか。
そういう欲求、というか風潮が嫌です。

89 :けし:04/04/24 13:17 ID:hbLaYwox
ようするに僕達はコンプレックスを病んでいて、
治療のために正しさが欲しいんです

90 :けし:04/04/24 14:03 ID:UwcdvdDq
白ワインって、うめーですね。
スーパーで一番安いの買ってチビチビ飲んでます。

北一輝と中江兆民は読んでみます。
最近はマルクス関連を読んでました。

91 :のし:04/04/27 20:12 ID:MuhWwTAD
ただいまアクセスを規制されてます。
北一輝の文章は凶悪なので注意。
兆民は続一年有半、がおもろいです。
会社のパソコンから。

92 :けし:04/04/27 23:59 ID:irQYT06P
アク禁だったんですか。
たまたま他のスレでバイトカキコを読んだので心配してますた。

>続一年有半
了解です。岩波文庫であるみたいですね。

俺は結構前から日記をつけているのですが、
18の時の日記を読み返してみたら笑いました。
言葉は違えど今と同じような事を考えているので(w
考え方の癖みたいなのがあって、あまり変化しないみたいですね。

世にある様々な誤解や錯誤は、
自分というパラメータの組み入れ方の度合いに起因している気がします。
他者への理解度は自分への理解度に依存しているので。

最近、個人の革命アジテートスレみたいなのを読んだのですが、
反逆や革命の根っこは個人的な屈辱で、そういった個人的な屈辱を
皆の屈辱に結びつけるのは罪だという様な事を言った人がいたのを思い出しました。
集団蜂起の事じゃなくて職業革命家みたいな人達の話ですね。

ところで、「の」がひらがなで新鮮でした。
そのハンドルネームは「もし」という人にインスパイアされたんじゃないかと
予想しているのですが、いかがでしょうか?

と、とりとめのない事をつらつらと。

93 :ノし:04/04/28 12:11 ID:fwwdEyJC
解除されたっぽいっす。
昔の日記を触発されて読んでみたんですが、面白いですね。
俺は昔からやたらに焦ってたみたいです。
最近落ち着いてきました。

>反逆や革命の根っこは個人的な屈辱で、そういった個人的な屈辱を
>皆の屈辱に結びつけるのは罪だという様な事を言った人がいたのを思い出しました。
北一輝はモロそういう人ですね。
ただ、文章が一種の文学作品として読んでも充分に鑑賞に耐え得るものなので、オーケー
だと思います。

もしとのしの関係はあんまりないです。
熨斗袋とかとはちょっと関係あるです。
ひびきが好きなんですよ、熨斗袋の。

94 :けし:04/04/28 22:21 ID:kBScZ+Sn
解除オメです!!!

>日記
7年で人間の体細胞は完全に入れ替わるそうですが、
俺のは焦りというか周りと自分への怒りと倦怠が強かったです。
近くの敵は弱すぎる、遠くの敵は強すぎるという感じで。我ながら暗くてびびりますた。

>兆民
一年有半はなかったので、三酔人なんとか問答を読みました。
前口上の割には先生が普通の人で面白かったです。

そういえば、尾崎翠をパラパラと読み始めました。第七官界とか。
調べてみたら、薦めてもらったのは三ヶ月も前ですね(w

ところで、女性作家って俺はどうもわからないです。
感心したり面白かったりはするんですが、全体としては?という。
なんかモヤーとしたものがかかってる感じで。
漫画もそうで、女性漫画家はほんの少数の人しかよくわからないです。
推理小説だとむしろ女性の方が面白いと思うのですが。
逆に、エッセイとか2chの文だとよくわかりますね。
物語になると?になる。漠然として捉えきれない。
人によっては、そういうわからないという感覚が面白いのかもしれないですが、
俺はどうも苦手です。ざっと辺りを見回してみたところ、
ミステリーの人を除いたら女性作家の本は百冊に一冊くらいの割合でした。
男だと同族のよしみで一冊読めばなんとなくどういう人かはわかるのですが。

熨斗は文字面が好きです。
書生っぽい侍って感じですね。「熨」の後に「斗」が続くのが絶妙で。

95 :けし:04/04/28 22:49 ID:kBScZ+Sn
北一輝はそうみたいですね。
タイトルは忘れましたが、俺は啄木の小説が好きです。
「なんだか凄そうな奴がいるぞ!」「あれ? やっぱり普通の人なの?」
という。

上のはあまり正確じゃなかったですが、
エッセイとか素の文だと、どういう人で何を言いたいのかはわかった気になれます。
現実と大差ないので。
でも物語になると「これは一体なんなんだ?」とサッパリな事が多いです。

96 :ノし:04/04/28 23:55 ID:fwwdEyJC
>>94
三酔人経綸問答乙。
高校の頃の俺は豪傑君が好きでした。
あれは音読すると面白いですよ、2ページで飽きましたが。
多分、兆民は、知識階級の人(大学生)が、下町のオッサンとかに読み聞かせることを想定
して書いてると思います、そうに決ってる、あいつはそういう奴だ、駄、Da!

俺はほとんどの少女漫画は好きくないのですが、たまに良い人もおりますね。
前にも書きましたが、谷川史子は良いですよ。
尾崎翠はかなり癖のある文章を書きますので、まぁまぁ好きです。
俺が嫌いな女流作家は、浅知恵の小刀細工で、知恵ある人振る傾向がありますね。
小説、漫画に限らず。
感性だけでムチャクチャ書いているように見せかけて、実は勉強してるみたいなのが一番
好きです。

97 :ノし:04/04/28 23:58 ID:fwwdEyJC
>>95
雲は天才であるかな?
子供がジャコバン党とかの真似をするみたいなヤツ。

とりあえず寝よう。

98 :けし:04/05/01 15:45 ID:mVW1haf8
いつの間にか履修届の提出期限を超過しまくってたので、
始末書みたいなのを書いて謝り謝り提出してきました。
この度は、私の手落ちのために○○教授はじめ事務の皆様方に多大なご迷惑をおかけして、
大変申し訳なく思っておりますetc.
「君は一体何をしてるんだ!?」と怒られました。
何もしてません。

>>97
「我等の一団と彼」でした。
ハイネによると、カントはロベスピエールでヘーゲルはナポレオンだそうです。

99 :けし:04/05/01 15:45 ID:mVW1haf8
>>96
>豪傑君が好きでした。
そんな気がしました(w オイラは紳士君派です。
>あれは音読すると面白いですよ を読んで、一人で会話してみようと思い立ち、
一時間くらい一人で声を出しながら自分と会話してみたのですが、
発狂しそうになったのでやめました。

谷川史子は以前古本屋で探してみたんですが、
少女コミックがどういう並びになっているのか今一理解できず見つけられませんでした。
みんな同じような背表紙なので。今度またチャレンジしてみます。
俺は山下和美が好きです。
今、少年誌青年誌で連載してる人の中では一番スゲーと思います。
といっても最近はあんまり漫画雑誌は読んでないんですが。

女性の純文学?はあまり読んだことないっす。
岡本かの子くらいで。

>感性だけでムチャクチャ書いているように見せかけて(ry
俺はカウンターが美しいと思います。
「えっ!?」みたいな。

100 :けし:04/05/05 00:44 ID:LVRj156I
ε= (=゜ω゜)ノ 100ゲトhosshu

最近、ハゲてきた気がします・・・

101 :ノし:04/05/05 11:02 ID:s5Hkd1MC
>>100
デコは前からハゲてきてます。
年をとってるんですね、普通に。
>>99
>山下和美
柳沢教授の人ですね。
最近、教授の若い時の話を連載してて、あれは面白かったです。
なんとなくですが、なんか長い話よりも短い話のが得意な気がしますが。

最近、音読が流行してますが、あれはあやしいですね。
基本的に、漱石作品を音読させようとする奴は駄目人間ですよ。
目で読んだほうが気持が良いです。

102 :けし:04/05/06 21:48 ID:T9bc38nz
煙草をやめたくなったので、腕立て伏せはじめました。
イライラして余計吸っちゃう悪循環。

俺はこめかみがキてます。
髪切ったんでワックスでおっ立てようとしたら((゜Д゜))キャーですた。

>長い話よりも短い話のが
そうですね。俺もそう思います。
最近では「不思議な少年」という連作短編集があります。
教授以前に書かれた漫画は普通の少女漫画なのであまり面白くないです。

太宰治のエッセイは音読すると面白いんじゃないですか。独特なリズム感があって。
やたらぶつ切られているので、ギクシャク感がたまらないです。
なんか声が聞こえる感じで。
某スレ1の人の文章も、この感じに似ていると思います。

一石二鳥、これ、実に嬉し、と思うのだが、どうか。
ああ、いけねえ、止まらない、神よ、禁煙させてくれまいか、駄目か。

103 :ノし:04/05/07 00:41 ID:k1J4riPH
>>98
>「君は一体何をしてるんだ!?」と怒られました。
>何もしてません。
俺はこういうことを、ついつい言ってしまうんですよ。
昔オバQで、本音と建前がテーマになったお話があって、それが異常に衝撃的だったわけ
ですよ、理由は分りませんが。
なんかパパが「建前よりも本音が大切だ!」みたいな主張をして、オバQ反省みたいな。
で、それ以来本音で話す練習を積んだので、ついつい本音が出てしまいます。
正直そろそろ大人の人なので、これ言ったらマズくね? 程度は分るんですが、条件反射
みたいな感じで、口から出ちゃうわけですね、本音が。

恨むぜ正ちゃんのパパ。

>>102
煙草は定期的に止めたくなりますなー。
昔の映画やら漫画を観ると、煙草に対するイメージが最近、随分変化してきたのがよくわ
かります。
運動した後に煙草を吸うと非常に美味しいですな。肉体労働してた時の煙草の味が忘れら
れませんですよ。

>不思議な少年
これたまに読んでますよ。
ソクラテスとかなんかそういうのが出て来たのが変な話でした。

正ちゃんのパパなんかは、普通に不思議な少年と晩飯を食いそうで恐いですな。
パパ「君は本当に不思議な少年だなー」
オバ「不思議な少年なんだからあたりまえじゃないかー」
パパ「はっはっは、そりゃそうだ」(ビールを飲む)
つーわけで、煙草でも吸います、(゚д゚)ウマーーーー

104 :けし:04/05/08 00:30 ID:L3IJvIk3
(゚д゚)y-~~ ウマーーーー  (以下略w

>本音と建前
おー、これは興味深い話ですね。この辺でちょっと迷ってたので参考になりました。
俺は真逆で、建前に頼ってきました。なので、真面目な人に見えるらしいです。
自分が嘘吐きで疑り深く、それを人に敷衍するため常に深読みしようとする癖が抜けません。
別に真面目なんじゃなくて、読まれないようにガードしてるんですね。
実は意外にみんな正直で素直なので感動してコロッとなります。
俺が常に想定してる屈折率を満たしてる人はほとんどいませんでした。
最近、超楽しい超可愛いを連発してみたら、
「けし君の言ってることはすべて嘘に思える」とか言われちゃいました。アハー
「本音がわからない。素を出そうよ!!」とかもよく言われます。
あたい、綺麗になりたかっただけなんよ

恨むぜオバQ

目的は難く手段は易し。
普通は少年という異人とのコミュニケートが目的になるのでびびっちゃうわけですが、
パパはQという名の化け物と毎日暮らしているので、
磨耗というかその部分はオートメイト化されてる。ビールでほろ酔い、つまみ(゚д゚)ウマーー、
さて目の前にいる奴に上司の愚痴でもこぼしてやるか、というのが多分目的で、
異邦人コミュニケートの部分は置換可能な手段に過ぎない。
ミュージシャンは専門外の楽器でも習得が早いそうですが、
おそらくこれは才能とかじゃなくて、それが目的ではなく曲作りのための手段だからなのですね。
意識の上で。これも才能ともいえますが。
これに反して、楽器教室に通う人たちは目的なので挫折が多いです。
つまり、摩擦を減らすには目的を別の所に移して目前にあるものを手段化すれば良い。
ようするに信仰と同じメカニズムですね。
しかしこれは結構難しいので、他人の目的と手段の境目を見極める事の方がメソッドとしては有用ですね。
至るところにこの構造は見出されるので、確かに有効だという事を証明しています。
逆に文学は、手段化されて埋没したものを目的として甦らせるというのがある鴨。

105 :けし:04/05/08 00:55 ID:L3IJvIk3
>運動した後に煙草を吸うと非常に美味しいですな
そうですね。朝一も良いですね。
びびってる時は不味いのにチェーンスモークになる悪循環。

関係ないですが、俺は煙草のファッション性があまり好きじゃないです。
アル中やギャンブル中や退廃に憧れたりするのも同様で。
こういうのを売り物にしようとしている漫画家とかは苦手です。「昔はワルでした」みたいな。
全部、納豆が好きです嫌いですくらいの違いしかないと思ってます。
貧乏だからピンセットで服を縫うとかは大好きですが。
さくらももこが「私は健康マニアです。なぜなら煙草を美味しく吸いたいから」
みたいな事を書いてましたが、流石だと思いました。
前にも書いたような気がしますが。

106 :ノし:04/05/08 10:00 ID:D7plRjBP
>「本音がわからない。素を出そうよ!!」
これって結構無責任な発言で、そういうこと言う人に限って本音で話すと怒るんですよ。
「オメー俺の本音はスゴいよ? マジ逝っちゃうよ」とか答えると吉でしょう。

>ミュージシャンは専門外の楽器でも習得が早いそうですが、
>おそらくこれは才能とかじゃなくて、それが目的ではなく曲作りのための手段だからなのですね。
>意識の上で。これも才能ともいえますが。
これ、愉快な話ですね。なるほど正ちゃんのパパは不思議な少年にビビらないわけです。

パパ「うん、君も大人になったら分るよ」

107 :ノし:04/05/08 10:08 ID:D7plRjBP
>関係ないですが、俺は煙草のファッション性があまり好きじゃないです。
>アル中やギャンブル中や退廃に憧れたりするのも同様で。
実は俺もそういうのはあんまし理解出来ないんですよ。
アル中やヤク中の文学者や、狂気に近付いた画家はオーケーだけど知恵遅れの清は駄目と
かいうのが納得出来ない。

そういうのに憧れるのであれば、24時間年中キマってる清さんは最強なわけなんですが。

全然関係ありませんが、清さんの言葉に
「精神病院は珍しいので、明日精神病院に行くのが楽しみです」
というのがあります。
強制連行されてるのに、楽しみにしてるんですな、ムヒョー! カッチョ良い!

>「私は健康マニアです。なぜなら煙草を美味しく吸いたいから」
これは僕も関心しました。ももこは建前の人だけども、たまに良い事を書きますね。
エッセイは「もものかんづめ」が一番好きです。「幕の内弁当」とかいうのもなかなか面
白かったですよ。
恐らく昆虫のエッセイ辺りで文章の勉強をしてたっぽいんですが、それ以来ちょっと文章
の魅力がなくなっちゃいました。

108 :けし:04/05/09 23:12 ID:HtIuoXHl
こんばんは

>そういうこと言う人に限って本音で話すと怒るんですよ。
そうなんですよね。(*・∀・)間違いない!!
>「オメー俺の本音はスゴいよ? マジ逝っちゃうよ」
ほんとに頃しちゃいそうです。。。
あるいは殺されるか(w

「もものかんづめ」は良いですね。俺も初めの方が面白かったと思います。
特に後半の文章で書かれた少女時代の話(まるこ)とか動物系のは面白くないです。
生活エッセイが一番良いと思います。
さくらももこは、なんか奇妙に接続してますね。
基本的には物凄くロジカルで怜悧なのに、
夢想的なファミリーや少女趣味的なものに本気で憧れたりする。
その二つが接続される部分が抜け落ちている気がするのでいつも不思議に思います。

>アル中やヤク中の文学者や、狂気に近付いた画家はオーケーだけど(ry
自分も行けそうで尚且つリターン可能な事じゃないとダメなんじゃないですか。
自分が行き着けないくらい遠いのは嫌だし、
本当に不可逆なところには誰も行きたくないという(w

109 :けし:04/05/09 23:35 ID:HtIuoXHl
全く関係ないですが、至るところで距離感がせめぎあってますね。
いわゆる悟りとか眼から鱗、「視界が開けた」などのチェンジの瞬間は
誰でもうんざりするほど経験してるわけですが、
そんなの全て一瞬であって1時間、長くても3日もたてば元に戻ってる(w
元に戻ってるというか、戻ってないけど不安や不満は変わらない。転化するだけで。
その基礎的な状態は多分そうそう変わらない。
そのため、ある状況における自分の感性を観察したいという目的のためにだけ行われる
旅行、放浪、殺人などのパーフェクトに観念論的な行為、
あるいは空もどきとかエセ弁証法的回顧、自己である特権意識などに代表される
(2ch等で見かける悟りっぽいのは大体この3つの変奏だと思います。あとは無償の愛w)、
こっちの世界に帰ってくる事が想定されているのはどうも詰めが甘いです。

こういった近い達成に飽きると遠い所に行きたくなる。
例えば、終わりが自分の死に設定されている即身仏は完結しているので見事な概念だと思います。
自死テロリズムとかもそうですね。
いつの時代にも末法観が栄えるのも同じ理由だと思います。
終わりが怖いんじゃなくて終らないのが怖い。
皆、「悟りますた。何も変わらず明日はきますがなにか?」だという事を知っているから。
なんらかのきっかけとなんらかのチェンジが誰かにあったとしても、
それは当人における多層的な要因によるもので、
他人にシンプルに伝達できるものじゃないと思います。
何を書きたかったかというと、おっさんの説教はムキーという事でした(w

ちなみに、吉本タッキーはこんな事を書いてます。
「僕は自分が狂人であることを病理学的に承認してはならない。
 それは僕自身に対する敗失であり、あの長かった人間の精神史に対しての、僕の冒涜でもある」
ウヒョー、カッキー!! 

110 :ノし:04/05/12 08:47 ID:wOUZT8z1
さて、最近めっきり学校に行ってなかったんですが、久し振りに訪問してみることにしま
す。

>その二つが接続される部分が抜け落ちている気がするのでいつも不思議に思います。
これは確かに不思議ですね。
僕はまるこの連載が始まったころから読んでたんですが、当初りぼんにおいては、岡田あー
みんと並んで変な漫画の筆頭だったんですよ。
小学生ながらさくらももこは絶対にブームになると予想はしてましたが、これ程まで世に
受けいれられるとは思いませんでした。

>自分も行けそうで尚且つリターン可能な事じゃないとダメなんじゃないですか。
>こっちの世界に帰ってくる事が想定されているのはどうも詰めが甘いです。
なる程、確かに清はリターン不可能ですね(w
清の知らないアメリカで、清が取り上げられ、日本の似非文化人が清を捕縛したわけです
が、その際に彼は、
「ゴッホなんて人は知らない。俺は今までルンペンして来て、これからもルンペンして、
多分野垂れ死にするだろう」
とコメントしてます。リターン不可能ですな。

111 :K.NOIR ◆misty.GQ9Y :04/05/12 11:45 ID:nbgrf81t
 

112 :けし:04/05/13 00:56 ID:FKC8DSA4
最近、自転車があればとても便利だという事に気付いたのですが、
それに三年近く気付かなかった僕です。
ここのところ、上昇宮と体型の関係を調べてました。結構役に立つ予感。

>>110
>まるこの連載が始まったころから読んでたんですが
おー、凄いですね。俺は一度も読んだことないです。
メシ食いながらアニメ見たくらいで。たまちゃんが好きでした。

今日たまたま山下清のエピソードを見つけたので、
ご存知かもしれませんが一応コピペしときます。特に変哲のない話ですが。

以下コピペ
まれですが、本当にアガらない人が存在する事もまた事実です。 典型的な例をひとつ紹介します。
少し古い話ですが 徳川夢声さん(トーキと呼ばれる無声映画の時代の代表的な活弁士)と
山下きよしさん(知的障害を持ちながら、数々のすばらしい風景画などを世に残した天才画家)が、
天皇陛下の前で表彰を受ける事になりました。徳川夢声さんが非常にアガったのに対し、
一方の山下きよしさんは、何の動揺もなく平然としていたそうです。こと話に関しては、
徳川夢声さんはプロの職人であり、山下きよしさんは素人のはずなのに、結果はまったく逆に出たのです。
このことからうかがえることは、「人前で良い格好をしよう」とか、「自分はその道の達人だから・・・」 
などといった人の思いが、アガリに大きく関係している、ということです。

山下清は多分、蟹タイプですね。サインも魚なので水っぽい人です。
大体、風っぽい人は水っぽい人が好きです。

113 :けし:04/05/13 01:00 ID:FKC8DSA4
コピペ読み返してみたら、
これ比較としては全然意味ないですね(w
魚は泳ぐけど象は泳ぎませんと言ってるようなもので。

114 :けし:04/05/13 01:04 ID:FKC8DSA4
遅ればせながら学校乙です!!
俺は(ry

115 :ノし:04/05/14 12:37 ID:dzBteinW
結局今週も学校に行かなかったよ……

>>112
清はいろいろ賞を貰ってるんですが、マジに人に自慢してたのは、小学生の時のダンボー
ル細工で貰った銀賞だったという話があります。
清的には、「オメーラ俺を知障だと思ってナメてね?」とかいう気持があったっぽいです
ね。
清は天皇陛下が好きなんですが、戦争中の写真は修正しまくりで実物とかなり違います。
なので気付かなかったという可能性が高いですよ。

まるこは3巻あたりが一番面白いんじゃないんでしょうか? おぼろげな記憶ですが。

116 :ノし:04/05/14 12:45 ID:dzBteinW
最近は講談本が大流行です!

伊藤痴遊とかいう奴はある意味最強の講談師ですよ。
基本的に明治大正の政治家を講談仕立てで語りまくりです。
平凡社全集が出ていて、堂々30巻です。
そのうちの2つしか持ってないですが。
かなり好き勝手な奴で、大久保利通の本では、その80%が島津藩についての記述です。
あと西郷偉いとか走り書きしてます。
星亨という巻では、かなり星を誉めたたえてますが、なんか知合いらしく、あの時、俺様
が星を助けたとかいう自慢話もありありで良い感じです。

どうも翻訳小説には講談筆記本の影響が色濃く出ている様子です。
黒岩涙香は既に読んでるので、もうちょっとロクデモない翻訳者の本を読んだ後、ようや
く海外大衆小説に辿りつけそうです!

ついでにこの間、豪傑文庫というのを購入しました。
豪傑の文庫だから豪傑文庫、ウルトラシンプルな命名ですが、感動はしませんでした。
なんか速飛猿助とかいう忍者本があるらしいですが、誰か俺にくれ!

117 :けし:04/05/15 19:20 ID:Cs3RWuuz
パチでショボ勝ちしたので古本屋に行ってきますた。
アルチュセールの自伝が目当てだったんですが、
なかったので150円のジョー・ゴアズ本を二冊購入。ヴェンダース「ハメット」の原作者です。

俺は本が汚れていたりシミだらけでも全然気にならないのですが、
ちょっとでも書き込みがあると非常にむかつきます。
特に図書館の本に書き込みする奴は。
この前本借りたら「我、日本国を憂う」みたいな文章が長々書かれていて、
あまりにも頭にきたので買ってきたばかりの卵を割っちゃいました。

町に施設があり小学校に知的障害者クラスがあったので、
知的障害者が「素敵に夢幻的な物語を紡ぐ」みたいな幻想はありませんが、
思ったのは顔が結構パターンになってますね。大体3パターンぐらいで。
特に重度になるほど非個性化していく傾向があると思います。
薬の影響なのかもしれませんが。

玉音放送より、天皇とアメリカ人が同等に並んで映ってる写真の方が衝撃だったみたいですね。
一枚の写真に納まってるというのが。

118 :けし:04/05/15 19:24 ID:Cs3RWuuz
>>116
講談は全然わからないですが、涙香は乱歩にも影響を与えたみたいですね。
涙香が翻訳したのを更に翻案したという。
乱歩は名前からしてそのまんま翻訳ですが(w
夢野久作や埴谷雄高も、少年時代に涙香を読んでどうのこうのと書いてたような気がします。

119 :ノし:04/05/15 19:34 ID:Et+bGHbR
こんばんは。

120 :けし:04/05/16 11:58 ID:cTEJM9RJ
ども、おはようございます。

121 :ノし:04/05/16 13:24 ID:yeGoqvdH
けしさん、おはようございます。
誰かいませんか?

>>117
117というと117クーペを思い出しますが、どうでも良いですね。

アルチュセールの自伝は愚痴と自慢の連続で、電光石火目にも止まらぬ其の早業、パンパ
ンパンと打ち払い打ち払い上段下段丁発止、突けば開き、打てば払い、虚々実々の秘術を
盡す、みたいな感じです。

公共の本への書き込みはムカつきますね。
こんな事を書くとなんですが、公共の本に書き込む人間は低能なのだと思いますよ。
あれって何の意味があるんでしょうか?
記憶への助けにはならない気がしますし、参照する為であれば、別紙に纏めて書くべきで
あると思いますし。情報整理スレの住人としては、10日くらいかけ、情報を纏める大切さ、
またそれを参照可能にしておくことの意義等を語り尽したいものであることです。

>思ったのは顔が結構パターンになってますね。大体3パターンぐらいで。
これはそうですね。ただ、パターンをどこから取って来るかってのが個性なのだと思いま
すよ。彼らに限らず、僕らも。
3人くらいそういう人を知ってたのですが、一人は怒るとツバを吐きました、キタネー、
もう一人は大声を出すのですな、ウルセー、もう一人はショボンとします、スマン。
ショボンとする人は結構好きでした。

陛下は体格があまり良くないので、アメリカ人と比較しちゃうと駄目でしょうね。
関係ありませんが、皇太子のこの間の発言をどっかで読みました。
今の皇太子は結構頭の良い人なんじゃないでしょうか?
あれは、一種の天皇から宮内庁へのクーデターですよ。

122 :ノし:04/05/16 13:27 ID:yeGoqvdH
>>118
昨日平家物語を適当に読んでたんですが、これって講談のモトネタですね。
太平記やら難波戦記等々、そういうものから表現を適当に持って来て、組合せて読みまく
るというのが講談みたいです。今で言う所のDJみたいなモンかな?
黒岩涙香は登場人物の名前がムチャクチャで面白いですよ。
金山堀尾みたいなかんじで、暴走族みたいな感じです。
悪人は悪人っぽい名前、善人は善人っぽい名前みたいな。

123 :けし:04/05/16 21:18 ID:CyzPjiLJ
ノしさん、こんばんは。
WEB anって新しくなりました? 
j23@u4waiojeaeaあうぇrじゃうぃeowajreiwjああああーーーーー

クーペというとビーチボーイズのlittle deuce coupeを思い出しますが、
実物は見たことないです。

>>121
>>自伝
なるほどです。格ゲー系の攻略本なんですね。
秘密のコマンドがたくさん載ってそうですね。

>記憶への助けにはならない気がしますし、
>参照する為であれば、別紙に纏めて書くべきであると思いますし。
まさにその通りですね。
フィーリングなんじゃないですか。あたい、努力したよーという(w
俺は頭なんて根本的には良くも悪くもならないし、そんなの大して意味ないと思ってるんですが、
勉強すると頭が良くなると思ってる人は結構いますね。塾の弊害なんじゃないかと思います。
そういえば、大分前に古本屋でプラトン買ったら、
女の子文字で愛についての書き込みがたくさんあって、これは唯一感動しました。

ショボンとする人は少ないですね。大体、大声で。

>皇太子のこの間の発言
知らなかったので探してみます。

124 :けし:04/05/16 21:27 ID:CyzPjiLJ
>>122
>悪人は悪人っぽい名前、善人は善人っぽい名前
これは分かり易くて良いですね。
よくわからないんですが、小説を書く時って名前をつけるのが結構難しいんじゃないですか?
なんか白々しいというか上滑りしちゃう感じで。
高橋源一郎とか村上春樹は登場人物の名前がカタカナだったり、
中島みゆきソングブックだったりしますが、
これも普通の名前をつけちゃう上滑り感への抵抗のような気がします。

サイモン&ガーファンクルをリピートしまくってたら頭が痛くなりました。
I wish that I could be Richard Cory

125 :けし:04/05/16 23:09 ID:CyzPjiLJ
>あたい、努力したよー の追記
書き込んだり線引いたりしないと、勉強したという実感が得られないんじゃないですか。
中、高の時はなんで皆、黒板に書いてある事をわざわざノートに写すのかと不思議でした。
そんなの全部教科書に書いてあるから読めばいいだけなのに。
個々の能力は違うので、費やした時間の過多で満足を得るのもナンセンスだと思いますが、
これも同様に実感を得るためなんでしょうね。
体験主義も同様で、量的なスケールでしか見ていない。
誰かと同じ時間だけ同じ事したからといって、同じ結果がでるわけではないのに。
過程が拠り所になってるんですよね。わかり易いし、プロセスは誰にでも出来るから。
スッゲー量なんかやったりスッゲー体験をしさえすれば誰でも別モノになれるという信仰の蔓延。
努力幻想ですね。

126 :ノし:04/05/16 23:17 ID:yeGoqvdH
けしさんこんばんは。
鬱です!
>>129
>格ゲー系の攻略本なんですね。
おー、あの文章は講談からの引用、改変なんですが、確かに格ゲーっぽいですな。
漫画なんかには、講談からの孫引き引用がちょくちょく発見出来ます。
格ゲーは新発見です!

>俺は頭なんて根本的には良くも悪くもならないし、そんなの大して意味ないと思ってる
>んですが、
これはそうですね。ある程度、生まれつきで決っちゃうので仕方がないです。

>皇太子発言
雅子の個性がどうのこうのとかいうやつです。
あれは聞きようによっては、クーデターですよ。
天皇は本来武人なので、特に吃驚はしませんでしたが、なかなか天皇だなーとかは思いま
した。

無職の読書スレでけしの人を見付けましたけども、仏教関連の文章が面白かったです。



127 :ノし:04/05/16 23:19 ID:yeGoqvdH
最近清の講談を書いています。

文章の切れ目がかなり好い加減で真似しつつ、現在の人が読みやすく手直しするのは難し
いですね。

目見張る山の奥ふかく、咲きにけらしなさくら花、吹き来る風のにおわずば、雲か雪か
と見すごさむ。

往古より名人英傑と呼ばれる画家の世に現われたる事は、その数枚挙するに遑まあらず、
其れは何づれも牽強付会の説にして、強いて英傑たらしめる者が、又た少々では無い。
素より大和魂とか武士道とか云えるは、吾が大和民族特有のもので、迚も外国の民族に
は、この真似をすることは出来ないものでございます。

されば、技と云い、心延えという事は、吾が国絵画道の精華にして、此の心を如何なく発
揮したのは、大正から昭和という動乱の時代に、北から南へ日本全国1万kmを歩き尽し、
貼絵をさせれば天下に及ぶもの無し、柔術をとりますれば霞新流の達人と言う稀世の英傑、
実に我が国芸術道の模範とすべき、山下清先生でございます。

128 :ノし:04/05/16 23:21 ID:yeGoqvdH
>文章の切れ目がかなり好い加減で真似しつつ、現在の人が読みやすく手直しするのは難し
>いですね。
日本語変ですね。

以下、正しい文章。
講談本は、文章の切れ目がかなり好い加減かつ文章表現が特殊であるため、現在の人が読
みやすく手直しするのは難しいですね。

129 :けし:04/05/17 00:49 ID:3uSVvBuO
>>127
これ凄いですね。吃驚しました。

2ch読みすぎて異常に疲れたので寝ます。
俺も私的スレでノしの人を見つけましたよ。
黒澤明の侍映画みたいで格好良かったです。意味不明ですが。

130 :ノし:04/05/17 01:57 ID:YF5QnnMF
ネむいのでネますが、コレハ便利です。
http://www.sankei.co.jp/news/sokuhou/sokuhou.html

131 :けし:04/05/18 01:27 ID:kvYaE0Lt
こんばんは。 
Down for me is Up.

>>130
これは(・∀・)イイ!ですね。産経はzakzakを読んでます。
ネット新聞の中では一番バカっぽいので好きです。

>雅子の個性がどうのこうのとかいうやつです。
読んできました。山口六平太に出てきそうな話だと思いました。
宮内庁に六さんがいたら解決してくれるんですけどね。

六さん、ちゃんちゃんこ着てデンデン太鼓を手に登場
デンマーク女王「オー、これがダサいということなんですね!!」
六さん「そうです。これが日本の心です」

ノしさんがいるスレをたまに見つけるんですが、
僕達は多分ここ以外では一度もレスを交わしたことがないですね。
1の人の個性が強いスレでよく見かける気がします。

132 :けし:04/05/18 02:27 ID:kvYaE0Lt
上のニュースサイトのこれ、笑いました。

新潟駅前交番で爆発物騒ぎ。「不振なポットがあった。爆弾のようだ」と通報。
処理班出動要請も爆発の可能性はない。

揺れてないなら全然怪しくないじゃんと。

133 :ノし:04/05/18 23:31 ID:KhEycpUb
こんばんは、けしさんいますか、ノしです。

>>131
>六さん、ちゃんちゃんこ着てデンデン太鼓を手に登場
>デンマーク女王「オー、これがダサいということなんですね!!」
>六さん「そうです。これが日本の心です」
六さんならやってくれそうだなー。
俺はああいう実力があるんだかないんだかよくわからない人が好きだったりします。
ちなみに六さんはお酒は弱いですよ。


134 :ノし:04/05/18 23:39 ID:KhEycpUb
講談ですが、パターンの連続なので、真似するのは簡単です。
現代の日本人がなんとなく懐しいような感じに修正するのが大変ですのう。
そういう意味では、>>127は駄目ですね。
ところで、下は障害児の学園で教師同士が決闘をする場面です。

渡「私もちょっとは剣の道を修行したこともあり、いやそれとてやっとかっと木刀を振れ
るかどうかといった腕前ではありますが、どうでしょう島津先生、御教導願えませんかな?」
島「ホゥ、それは武道熱心な心掛け、他流試合は禁止されておるものの、園児にも手本に
なることではあり、一本お手合わせを願いましょう。どうかそれにある木刀を取りくださ
い」
渡「やぁ、それは有り難きお言葉、ときに島津先生、けっして侮るのではないが、私は何
処へまいっても試合の際には、この扇をもってお相手をする次第であるから、どうか悪し
からずご承知を願いたい」
と長さ1尺3寸の鉄扇で、親骨には剣法の歌として、
降る時は積もらぬ前に拂えかし
雪には折れじ青柳の枝
黄金を以って象眼してある。島津先生、心中にこやつ俺を少々馬鹿にしておるな、と思いましたから、
島「ハッハッハ、よろしい、私は身は寸鉄も帯びずにお相手しよう」
と答える。それを聞いた渡辺先生、こやつ少々慢心しておるな、一撃ちに打ち取ってくれ
ようと、黙してズイッと道場の中央へ出る。島津先生も、道場の中央に進みいで、充分身
構えにおよんでおる。


135 :けし:04/05/20 00:23 ID:6HndOc93
こんばんは。僕でよかったらいますよ。
rainがdownしてます。

>>133
六さんは、ミステリアスですね。いつも動機がいまいち不明なところが渋いです。
微妙に悪者っぽいというか。直截的に書かず仄めかすテクニックが上手いと思います。
俺は、六さんが総務課の皆に禁煙を強制させられてブチ切れてた話が面白かったです。
片岡さんに「俺の前で煙草を吸うな!!」と激怒し、
係長になにか頼まれても「僕は知りません!!」と怒鳴ってました。

父親が「山口六平太」と「ボーダー」を集めていたので、
この二つは昔から読んでました。変な組み合わせですが。
中学の頃はやっぱり六平太ツマンネーなーと思ってたんですが、
その後、面白さを再認しました。

あの作者は推理小説好きだと思いますよ。
犯人探しとか語り手不明(最後に明かされる)とか動物視線というふうな
明らかにミステリー仕立ての話がたまにあって、上手いなーと感心してます。
スカートを用いた男女判別トリックとか。本格系ですね。

>>134
>現代の日本人がなんとなく懐しいような感じに修正するのが大変ですのう。
なるほどです。
こういうの見ると、本当にたまげますよ。スゲーなぁと。

136 :けし:04/05/20 01:52 ID:6HndOc93
山六の長編読んでますた。「青葉寮風雲編」「松山立志編」を。ハードボイルドでした。

読み返したら、125はなんか偉そうですね。
努力なんて無駄だからしない方がいいと言いたかったわけではなく、
「これだけしました。でもダメでした。努力ってクソですね」とか、
「それは努力が足りないんだよ」的な発言にたいするアンチのつもりです。
たまたま、そういうレスをたくさん読んだので。
もちろん自分ではしなくてはいけないと思ってますが、
誇ったり、人に押し付けたりするようなものじゃないと思ってます。
努力してどうなるかなんて誰にもわからないわけで、
どうにもならないことはあるし、当人が望んだ結果が出ない事はあるので、
教育ママとかの努力しさえばすれば100%何でも到達出来るというような認識は残酷な事だと思います。
努力は、自分への言葉であって他人への言葉じゃないと思います。

137 :けし:04/05/20 02:00 ID:6HndOc93
教育ママといってもテレビでしか見たことないんですが(w

朝、回収車がもう行ってしまったかどうかわからない状態でゴミを捨てに行く場合、
手ぶらで行くのとゴミを持っていくのはどっちが無駄が少ないか考えてました。

期待値を計算したところ、回収車がまだ来ていない確率をx、
ゴミ捨て場まで手ぶらで行く疲労度を1(片道),
ゴミ袋を持っていった場合の疲労度を1+α(片道)とすると、
(1/x)>(1+α)の時にはゴミを持って行く方が無駄がないです。
なので、ゴミを持つことで手ぶらの二倍以上疲れるのでなければ、
半々くらいの確率の時は、ゴミを持っていった方が良いです。

で、流石に今はまだ回収されていないはずなので、
今のうちにゴミを持って捨ててくることにします(w

138 :ノし:04/05/25 23:28 ID:qN4k+2S+
あああああああああ知らなかったあああああああああああああああああああああああああ
山口六平太が長期連載漫画だったとはあああああああああああああああああああああああ
ああああああ山口六平太ネクタイ緩め過ぎあああああああああああああああああああああ

>>136
>>>125は特にエバっては読めなかったです。
俺は努力つーか苦労みたいなのってしない方が良いと思うんですよ、しんどいし。
他人から物凄い努力だとか苦労だと思える行動を本人はなんも考えず採っているというの
が素晴しいことなのだと思います。

目的が頭の上にあって、それに向って行動するってのが、現代人の正しい行動のパターン
であるわけですが、なんかカッチョ悪いような気がしないでもないですよ。
目的と手段が入れ違うと実生活では困るわけですが、とても楽しいです。

>>137
なんかそういうのを授業で習ったとがありますが、忘れました。
なんか教授にそんなモンそん時の気分で決めればいいじゃんかよ、責任逃れの手段です
か? みたいな事を聞いたら、僕もそう思うよ! と答えてくれました、良い人だ。

ウチはゴミ捨て場の近くなので、朝起きてベランダからゴミの存在を確認することが出来
るんですよ。ゴミ捨て場の近くに引っ越すというのが正しい回答だと思います!



139 :ノし:04/05/25 23:36 ID:qN4k+2S+
けしさん、ただいま。
実はアクセス規制されてました。
先週末なんかもう一つ、長文のスレを書たのですが、アクセス規制で消えちゃいました。

>>134
ウチの親父は漫画を積極的に読むということがないんですよ。
そこにあればそれを読む、みたいな感じで。
中学生の頃にはそういうのが厭だったのですが、最近は悟ってるみたいで良いなーと思い
ます。

140 :けし:04/05/28 01:10 ID:bcMpoB/6
おはようございます。
カレー食べてホットコーヒー飲んで煙草吸ったら異常に気分が良いです。

>>138
ご存知かもしれませんが、あの緩々ネクタイをネタにした話があります。
後輩「山口さん超格好良いっすよ!! あれは管理社会へのレジスタンスっすよね!!」
一同「(゜д゜)ポカーン」
有馬「そういえば課長、あのバカはいつからネクタイ緩めてたんですか?」
課長「入社してすぐだったかなー。当時の課長に叱られまくってたよ」
一同「へー、やっぱりレジスタンスなんだああーー!!」
六登場
六 「いやー、首におできが出来て痛かったんですアハハ」
みたいな。
桃子が「本当かしら?」と突っ込んでましたが。

>目的と手段が入れ違うと実生活では困るわけですが、とても楽しいです。
なるほどと思いました。
俺は自分でも吃驚するほど目的がないので、
行き先不明の電車に飛び乗りたいなぁと思ってます。
(c)ルイ・アルチュセール

>ベランダからゴミの存在を確認することが出来るんですよ。
話のネタになる科学トリックとか算数トリックは大体こういう境界条件の外部を隠す事で成り立っています。
上の式は状態を視認出来ず、さらに捨てた後に家に戻ってくるという前提のもとでの計算なので、
条件が変われば式も変わります
数式とかに抽象すると万能っぽく見え、条件内では確かに成立するんですが、
伝達されるうちに初期条件が隠蔽され、適用範囲が広がっていく傾向があります。
曖昧に拡散していく「○○が言ってたから絶対にこーなんだよー」という理屈と原理は一緒です。
「ベランダから見る」という風に、疑ってかかる態度は大事だと思います。
と、小学校の先生のような事を書いてみました。

141 :けし:04/05/28 01:11 ID:bcMpoB/6
家族で積極的に読書する人はいなかったです。
俺なんかは薬として享受してる気がしますが、
毒にしかならないのを無理に飲むのも体に悪いので、
読みたくない人は読まないほうが格好良いと思います。
俺も野球やサッカーはしたくないですし(w
読書は趣味としてスポーツや生け花と同一平面で見るのがクールだと思うんですが、
なかなかそこまで悟れないです。
誰かが「本を読まない人間は信用できない。本を読む人間も信用できない」と書いていましたが、
これは的を得てるなーと思いました。

142 :けし:04/05/28 01:22 ID:bcMpoB/6
「本を読まない人間は信用できない。本を読む人間はもっと信用できない」の間違いでした。

143 :ノし:04/05/28 22:05 ID:ndgPBsD6
>>140
こんばんは。
>ご存知かもしれませんが、
ご存知じゃないですw
六さんはいつか読破したい漫画ですね。
特に理由はないですが。
理由とか目的はドブに捨てれば良いんですよ。
ないと捨てることも出来ませんが、そっちのが本物かもしれないですね。

俺にとって読書は飯を食うみたいな感じですね。
食うと疲れるけど、食わなきゃ寂しいみたいな。

144 :ノし:04/05/28 21:57 ID:ndgPBsD6
>>140
こんばんは。
>ご存知かもしれませんが、
ご存知じゃないですw
六さんはいつか読破したい漫画ですね。
特に理由はないですが。
理由とか目的はドブに捨てれば良いんですよ。
ないと捨てることも出来ませんが、そっちのが本物かもしれないですね。

俺にとって読書は飯を食うみたいな感じですね。
食うと疲れるけど、食わなきゃ寂しいみたいな。

145 :ノし:04/05/28 21:59 ID:ndgPBsD6
>>140
こんばんは。
>ご存知かもしれませんが、
ご存知じゃないですw
六さんはいつか読破したい漫画ですね。
特に理由はないですが。
理由とか目的はドブに捨てれば良いんですよ。
ないと捨てることも出来ませんが、そっちのが本物かもしれないですね。

俺にとって読書は飯を食うみたいな感じですね。
食うと疲れるけど、食わなきゃ寂しいみたいな。

146 :ノし:04/05/28 22:43 ID:ndgPBsD6
三重書き込みしてしまった。
最近オセロばかりしてます。
強いプログラムとやると、絶対勝てないですね。
人間相手に勝負したいですよ。

147 :けし:04/05/29 00:39 ID:nnejehuL

S.O.S
   S.O.S
      S.O.S

こんばんは。

六平太は28巻の「青葉寮風雲編」が面白いかもです。
ダンプで襲撃されたり暴漢に襲われたりする大日版「赤い収穫」です(w

最近、アルチュセールという人が好きでチョボチョボ読んでるんですが、
この人は偶然の唯物論というのを提唱してます。
真理や目的を求める観念論やそれと鏡像関係にある唯物論から離れて、
偶然と出会いこそが唯物論なんだという感じで。
過去の偶然の唯物論者は、デモクリトス、エピクロス、マキアヴェッリ、
ルソー、スピノザ、ニーチェ、マルクス、ハイデッガーだそうです。
この基準でいくと、たぶん孔子も偶然の唯物論者ですね。

148 :けし:04/05/29 00:41 ID:nnejehuL
オセロはたしか軽い定石がありましたよね。
四隅の一個斜めには自分から置くなという。
初めて親父に将棋を習った時、
二回目で勝ったら機嫌を損ねてもうやってくれませんでした(w
俺は定石とか戦法を覚える気が全くないので弱いですね。
ポーはこんなことを言っています。
「優れたチェスのプレイヤーは必ずしも優れた分析者ではない。
 優れたチェスのプレイヤーになるためには定石と記憶力があればいい」
関係ないですが、探偵の中ではポーのデュパンが一番好きです。
小学生の時に「モルグ街の殺人」「盗まれた手紙」を読んで激しく感動しました。
ホームズよりツエーじゃんと(w
そういえば、日本にはあまりデュパンっぽい探偵はいないですね。
笠井潔の矢吹駆や有栖川有栖の江神二郎がなんとなく近いかな。
ホームズ系の代表者には島田荘司の御手洗潔がいますが。

149 :ノし:04/05/29 01:34 ID:/csQUDtn
こんばんは。
>>147
アルセチュールは理屈っぽいのに理屈になってないのが好きです。
自伝以外は読んだことないんですけども。

日本の哲学者はイマイチっぽいですが、三木清は比較的強いと思います。
牢獄で死んでますから。

南方熊楠のミナカタズムや中江兆民のナカエニスムとかは、ハッタリが効いてて好きです。
インチキですけども。
南方熊楠の宇宙の絵とかは中学生の妄想っぽくて良いですよ。
ただ、どこで読んだのか覚えてないんですよね。
兆民に至っては、俺はこういう事を考えてる、癌でもうすぐ死ぬから教えてやんねーけど、
みたいな感じで、かなり卑怯で素敵です。

>>148
定石はかなりあるみたいですよ。
覚えるのが大変なので、調べてないですけども。

最近仕事で若桜木とかいう人の小説教室みたいな本を嫌になるくらい読みました。
この人ここ20年位、一日原稿用紙50枚書く生活を続けてるみたいです。
小説はいくつか読みましたが、全部同じでした。
これが著書一覧みたいですが、これ以外にも違う名前で書いてるみたいです。
http://members.jcom.home.ne.jp/wakasaki/W-TYOSAKU.htm
プラモとか作ったほうが良いような気がしないでもないです。

150 :ノし:04/05/29 16:43 ID:t0lAjXHS
デュパンは趣味と頭の良い感じの人ですよね?
笠井さんや島田さんの本は読んだことがないです。

ところで、鰹節に醤油をかけると、おかかになります。
おかかで飯を食っています。
ダイエットスレが多くありますが、何を食べてるんだろ。

筋肉を付けようとしてますが、なかなかムキムキになりません。
身体の密度は増えたようですが。

俺の想像なのですが、けしの人は身長が高そうですね。
180cmくらいはあるであろうと予想しております。
体重は標準で。

151 :けし:04/05/29 23:50 ID:6MtggVxB
こんばんは。

>>150
デュパンは妄想型のヒキコモリです。

今日はご飯に目玉焼きを載せて食べました。×2
鰹節をかけるとちょっと美味しくなります。

>けしの人は身長が高そうですね。
俺は180,62,猫背です。
星の御告げによると、ノしさんは175,50くらいだと出ています。
どちらかというと色黒な予感。

152 :けし:04/05/29 23:51 ID:6MtggVxB
>>149
>理屈っぽいのに理屈になってないのが好きです
そうなんですか。楽しみです。
アルチュセールの周囲に手を伸ばしてみたら、
精神分析の人が「盗まれた手紙についてのゼミナール」というのを書いてました。

三木清は読んだことないんですが、
上に書いた笠井潔という人の探偵は三木清の孫という設定です。

>南方熊楠の宇宙の絵
山口雅也という人の「奇偶」という本に、
一つだけイラストが載っていたような気がします。
宇宙だったかどうかは失念しましたが。

>定石
大昔に団鬼六が書いた小池重明の伝記を読んで将棋指しになりたくなったんですが、
教本に載っている定石の多さのためにあっという間に挫折しました。

>若桜木
見てきました。新本陣殺人事件というのは聞いたことあります。
評判悪かったような気がします。

153 :ノし:04/05/30 14:37 ID:1BYhxlEK
日清のカップヌードルにソーセージと炒めたキャベツをブチコんで食べました。
ホットドックの材料ですが。

>>151
やはり身長高めでしたな、文体が背の高い人の文体です。
俺は実際の身長体重は 172,54 といった所ですが、人からは 178,49 程度の少し高く、少
し軽い体型だと思われます。お星様も勘違いしたのでしょう。
これは常に背中を延して歩いてるからだと思うんですよ。
タバコを吸いはじめて以来、顔は青黒いですが、身体は白いです。

>>152
哲学は最近ほとんど読んでません。
最近は、講談以外では、ハヴロック・エリスという人の性の心理シリーズを読みました。
全巻読破は未だしてませんが。
俺は分類が適当な時代の書物が好きだったりします。

>上に書いた笠井潔という人の探偵は三木清の孫という設定です。
ムヒョー渋い設定ですな。
三木清はムチャクソ悪文を書く人です。しかし津田左右吉には負けます。
悪文では津田左右吉が最強でしょう。

154 :ノし:04/05/30 14:51 ID:1BYhxlEK
>152
>>大昔に団鬼六が書いた小池重明の伝記を読んで将棋指しになりたくなったんですが、
これ読んだことあるですよ、小池さんは、カッチョ良いです。
定石を越えた所に本当の強さがあるんでしょうが、越える為には定石を覚えなくてはなら
ず。オセロはチョット飽きてきました。

>新本陣殺人事件
これも仕事の関係で、強制的に読んでますが、結末が全然気にならない本です。
よくわからんけど、雪密室のお話です。

最近、旅風俗というシリーズを読んでますが、早く歩く人の話が面白かったです。
一日30里、120kmですね、歩くオッサンがおるのですよ。
観察した人によると、速度的な差はあまりなかった様子です。

以下が速歩行きのコツです。
速歩きの時に役立ててください。
* 軽く一定のリズムで歩くのがコツで、その調子を変えてはいけない
* 曲り道では、常に内側を歩く
* 休憩は疲労が去ったら止める。

の場合は、1年から2年という長期的な旅行を想定していた為、一日に3里から4里程度し
か歩かなかったそうです。体力が落るのが最も恐しいという事を身でもって知っていたの
でしょう。疲労の研究みたいなのが流行していた時期があったと思うので、どこかでそう
いう話を読んだのかもしれないですな。

昼間は服を着てない、つまり裸の大将なんだけども、夜は盗難への備え+体温の維持の為
に、服を5枚から6枚着ていたそうです。

以上は放浪のコツです。放浪の際に役立てて下さい。

107 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)